シングルマザーで彼氏を作るときの注意点!彼氏に選ぶ人のポイントやもう一度恋をするときに気を付けたいこと   
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

シングルマザーで彼氏を作るとき、どんな点に注意すべきなのでしょうか?

本記事ではシングルマザーが彼氏を作るときの注意点と具体例を解説していきます。

周囲の人たちや子どもの反応についても紹介ているので、これから彼氏を作るという人も彼氏ができたという人もぜひ参考にしてみてください。

 

復縁メニューはこちら

シングルマザーが彼氏に選ぶ男性のポイント

器の大きさと包容力はマスト。シンママにとって何があっても彼女を守ろうとする彼氏は理想中の理想

シングルマザーが彼氏として求めるのは、人としての器の大きさです。

何があっても彼女を守ろうとする姿勢が見られれば、彼氏としての条件にぴったりでしょう。

夫がいない分、家庭から仕事まで守るものが多すぎるほど多いのがシングルマザーですが、特に守らなければいけないのは「子ども」です。

シングルマザーにとって子どもは自分の存在価値そのもので、子どもがいるからこそ仕事や家事に頑張れるのです。

そして守るべきNo.2は「家庭」です。

シンママと我が子になくてはならないのが、快適に過ごせる家庭=マイホームです。

自分のことはさておき、子どもと家庭を守るために必死でしょう。

経済的な面はもちろん、育児に関することなど全てにおいての管理者であり責任者でもあるのがシンママなのです。

そんな風に多忙を極めるシンママですが、少しでも頼れる人がいれば甘えることもできます。

しかしシンママにとって甘えは禁物です。

ある程度覚悟の上で、シンママを選んだかもしれません。

子どもを産むと決意した背景には「誰にも頼れない」と腹をくくっている部分もあったのではないでしょうか?

いずれにせよ孤軍奮闘な毎日のシンママですから、サポートの手はいくらあっても大歓迎です。

なので彼氏にも器の大きさと包容力を求めるのは当然なのです。

そんな彼氏なら何があっても彼女を守ろうとするので、いつのまにか彼女の子育てをサポートするのが当たり前になることでしょう。

このようにシンママにとってこれ以上ないほど理想的な彼氏が、わが身を呈してサポートしてくれる男性なのです。

長男気質で優しく、積極的に子育てしてくれる男性

シングルマザーにとって外せない彼氏の条件が、積極的に子育てをしてくれる男性です。

さらに長男気質の優しさや真面目さがある男性なら、安心して子どもを任せられることでしょう。

好きになった男性が喜んで一緒に子育てをしてくれるなら、これほど嬉しいことはありません。

これまで誰にも頼らず1人で抱えてきた苦労も、きっと一瞬で吹き飛んでしまいます。

また将来への展望も光り輝いて見えるはずです。

一方で好きになった男性がまるで育児に興味がなかったり子ども嫌いという場合、彼氏に選ぶのは問題を引き寄せるようなものです。

想像してみれば実に簡単なことです。

なぜなら子どもの存在そのものが彼氏にとって邪魔だからで、彼氏にしてみれば「子どもなんてどうでもいい」と思っている可能性もあるのです。

シンママとしてはこれはあってはならないこと。

彼氏に会っている時はいいかもしれませんがそれも最初のうちだけで、いつかは子どものことが理由で破綻するのは目に見えます。

彼が選んだのはシンママではなく、1人の女性なのです。

しかししっかり者の長男気質な男性なら、たとえ育児の経験がなくとも一生懸命子育てに取り組んでくれるのは確実なのです。

成長と共に子どもがますますなついてくれたなら、さらに頑張りを見せてくれることでしょう。

子どもに理解があり、子ども優先にしても感情的に怒ったり不機嫌にならない

子どもに理解がある男性は、シングルマザーの彼氏の必須条件です。

真に理解を持つ男性なら子どもを優先にしても感情的に怒ることもないし、取り付く島がないほど機嫌が悪くなることもないでしょう。

子どもは何かと手がかかりますが、年齢が低いほど母親の手が必要です。

この世に誕生して数年しか経っていない幼子ですから当然なのですが、中にはそれが理解できない大人もいるのです。

そういう男性は、会えない理由を子どもにしてくるのをとても嫌がります。

「誰か預かってくれる人はいないの?」

「俺より子どもが大事なんだ」

このように文句を言ってきたり不機嫌になれば、最後は必ずケンカへと発展する流れになるのです。

しかし子どもと大の大人である彼を比べることなど、とうていできるはずもありません。

そもそも子どもを敵対視したり、対等になろうとする時点で間違っているのです。

そういう思考の彼氏なら、付き合っていても徐々に重苦しくなるのは確実でしょう。

彼の考えを変えることは、ほぼ不可能と考えてください。

そうなれば必然的に、子どもに関する彼の不平不満はますます増える一方でしょう。

理性的かつ行動力がある男性。常に問題解決に奔走できるパワーを持つ

理性的かつ行動力のある男性は、シングルマザーが理想とする彼氏の条件のひとつです。

さらに問題解決に奔走できるパワーをいつも兼ね備えている男性なら、子育て期で忙しいシンママなら絶対にそばにいて欲しいタイプでしょう。

シンママが「いてくれてありがとう」と涙を浮かべそうになるのは、子どもが病気の時です。

子どもは大人たちに比べ、病院にかかる率が圧倒的に高いです。

それがたとえ真夜中であってもなんの前触れもなく突然発熱することもあれば、急な体調悪化も十分にあり得ます。

また抵抗力の弱い子なら、ちょっとした判断ミスが命取りになる可能性だってあるのです。

そんな時こそ頼りになるのが、子どもに理解がありかつ行動力に長ける男性です。

そういう男性は「子どもは熱を出して丈夫になる」と知っています。

いつ体調が変わってもおかしくないと考えているので、常に出動態勢でいてくれるのです。

シンママにとってこれほどありがたいことはないでしょう。

疲労困憊ながらもやっと微笑みが出てきた彼女を見て、彼氏もホッと一安心です。

このように彼が子どもに関する問題解決に奔走してくれるのは、心配顔の彼女を見るのがつらいしなんとか励ましたいからで「俺でできることなら」とか「どんどん使って欲しい」と、頼もしいばかりなのです。

一方で理性的でなく子どもに理解できない男性は、まったく頼りになりません。

体調面の配慮もなく、子どもの病気を「めんどくさい」「迷惑」としか思えないのです。

自分から動き回ろうともせず、シンママに任せっぱなしでしょう。

このような彼氏なら、いくら好きでもだんだん冷めていくはずです。

シングルマザーに彼氏が出来たときに考えておくこと

「大丈夫なの?」と心配する人多し。祝福する人ばかりではない。

彼氏ができた時「(子どもがいるのに)大丈夫なの?」と、人から心配されることが多いのもシングルマザーの特徴です。

やっと彼氏ができて嬉しい気分かもしれませんが、祝福する人ばかりではないことも覚えておいてください。

シンママとは言え、1人の女性です。

男性を好きになることも当然ながらあるのですが、周りを心配させるのは子どもがいるからです。

周りの人たちはどのような理由から心配してしまうのか、見ていきましょう。

・彼氏にばかり目がいってしまい、子どもを放置しないか

・変な男だったらどうするのか

・何か別の目当てがあって近づいてきたのではないか

・元夫との関係は完全に終わっているのか

このように心配の原因は主に相手の男性に不信感があるからで、特に親兄弟といった家族や親友などから心配されることが多いようです。

また心配しないよういくら相手に説明しても、理解されなかったり納得してくれないことも多いです。

子どもがどう思っているかその心情を察し、まずは今まで通り生活を優先する

ママに新たな関係の男性が現れたことについて子どもはどう思っているのか、その心情を察することが大切です。

まずは今まで通りの生活を最優先してください。

子どもは敏感に親の意識の変化を感じ取っています。

意味もなく突然何かが変わってしまうと、子どもに多大なる影響を与えてしまいます。

ところが表面上ではほとんどそれが現れないので、見過ごしてしまうことが多いのです。

ここは石橋を叩いて渡るように、慎重にいきましょう。

ママでなければ慎重になる必要はないのですが、しかしママであるからにはあらゆる行動に責任が生じます。

とはいえ好きな人ができれば、いつもその人のことを考えてしまうのが自然の摂理です。

それを証拠に、考えたくないと思えば思うほど頭の中は彼のことでいっぱいになってしまうでしょう。

自然に発露する感情にあらがうことなど不可能なのです。

しかしいつも彼のことしか頭になければ、ママの気持ちが自分に気が向いてないことを子ども心に悟ります。

たったこれだけでも「ママは変わってしまった」と愕然としていることでしょう。

このようなケースで顕著なのは「子どもがそんな風に思っているとは思いもよらなかった」と改めてシンママが気づくことです。

そんな風に子どもに思わせたくないなら、初めだけでもできるだけ子どもに自分の気持ちの変化を見せないようにしてください。

ポイントは、できる限りいつも通り過ごすこと。

スマホを手にして離さない…これは間違いなく子どもは異変ととらえるので絶対にNGです。

彼のことを考えて1人悶々とふさぎ込む…子どもが寝てからなら好きなだけ悶々としましょう。

こんな日常的なことでも、工夫一つで子どもに対する愛情へと変わるのです。

もし子どもがティーンエイジャーの時期に差し掛かっているなら、きちんと時間をとって説明してあげてください。

「気が合う友達ができたんだ」とサラッと言うのがベストです。

隠し事をするくらいなら、納得してもらえるよう話しておいた方が賢明です。

しかしそこからは絶対に子どもに隠し事をしてはいけません。

子どもは敏感に「隠し事してる」と察知します。

「黙っていればわからないだろう」と隠し事をすれば、いずれ親を完全に信頼しなくなるだけでなく、子どもも隠し事をするようになるのです。

そうなれば信頼を取り戻そうと必死になっても、話を聞こうともせずプイとそっぽをむかれるだけでしょう。

将来的に結婚したくても、いざとなると意外に踏み切れない

シングルマザーという立場上、彼氏との結婚に踏み切れないことも多いです。

もし将来的に彼と結婚を考えていても、いざとなると何らかの障壁がいくつも現れるでしょう。

結婚するためには、お互いの意思とタイミングが必要です。

そしてもっと必要なのが「子どもが結婚についてきちんと納得しているか」です。

ママが「子どもにパパは必要」と考えていても子がそれを望んでいるとは限らないし、子によく聞きもせずに良かれと思って結婚したカップルがのちの子どもとの確執を生んでしまうケースは枚挙にいとまがありません。

生みの親より育ての親とよく言われます。

しかし子どもにとって血のつながりのある父親はただ1人、ママにとっての元夫です。

多少厳しい見解かもしれませんが子どもにとって継父は継父でしかないいし、言葉は良くないですが「知らないおじさんが急にやってきた」というような印象は否めないでしょう。

そのような男性が大好きなママと結婚するとなったら、多少抵抗したくなるのも止む終えないと考えるべきです。

ある程度成長した子どもなら理解しようと努力もしますが、父親が大好きだった子や思春期の難しい時期の子への理解は相当な高さのハードルになるのは避けられないのです。

これがまず最初の障壁です。

続いて考えるべきなのは、彼との結婚に前向きになってくれる人ばかりではないということ。

反対の憂き目にあったり「あれほど信頼していた人から縁を切られる」なんていうことも出てくるでしょう。

シングルマザーの結婚とはこのように一筋縄ではいかないことばかりだし、それ相応の覚悟も必要なのです。

「こんなに複雑で面倒なことばかりなら、いっそこのままシングルでいい」

「結婚なんてもういい。この子さえいてくれれば」

好きな彼氏がいてもいざ結婚となるとおよび腰になったり、最終的に「無理に結婚しない方がむしろ楽」と思うようなら、今はまだその時期ではないのです。

結婚を考えるなら、引っ越しのタイミングや転校など子育ての環境まで考える必要がある

シングルマザーが結婚を考える時、引っ越しや転校など結婚後の子育ての環境まで考える必要があります。

もしかすると結婚によって起きる、もっとも厄介な問題点かもしれません。

彼氏が本気で父親として奔走してくれるならまだしも、母親に任せっきりになる可能性が高いです。

何もかも母親に任せてしまう理由を、彼はおそらく「子どものことはよくわからない」と言うでしょう。

よくわからないから、よくわかっている子どもの母親に任せるのです。

確かに子どもについて母親以上に詳しい人は滅多にいません。

実の父親でさえ子どもの事について知らないことが多いのですから、彼氏ならなおさらわからない事だらけなのは当然です。

ましてや保育園や学校については、言わずもがな。

自分が動くよりも、子どものことならなんでも熟知している母親に任せた方が話が早いというものです。

引越し先についても子どものために環境を重視するなら、選択権は母親にあるといって過言ではありません。

これらのことからよほどのことがない限り、父親としての彼氏は期待しない方が良さそうです。

結婚が決まり「パパができた」と喜ぶのも束の間、彼氏に抱いていた理想の父親蔵は見事に打ち砕かれることでしょう。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

シングルマザーが彼氏を作るときにしてはいけないこと

家族や子どもをないがしろにし、自分勝手な行動をとる

シングルマザーが彼氏を作るとき、家族や子どもをないがしろにしないよう十分に注意してください。

人は恋すると愛情という名のもとに、自分勝手な行動に走りがちです。

「それは十分にわかってる」「理解してるに決まってる」「子どもが大事」と言うかもしれません。

しかし「愛」という感情は、それをあっさりと邪魔してしまうのです。

また「肉欲」や「愛欲」という言葉があるように、相手と一度肉体関係を持って欲に溺れると、自分をコントロールできなくなってしまうのです。

「彼氏のためならもうどうなってもいい」と投げやりになれば、残された道は子どもをないがしろにすることしかないでしょう。

休日のはずなのにいつも朝から出かけて夜中まで帰ってこない状態が続けば、子どもの心は崩壊する一方です。

親と過ごす時間があるから子どもは安心して成長できるのですが、後悔先に立たずとはまさにこのこと。

子どもに影響が及んでしまったのは、欲に勝てず自分をコントロールできなかったためです。

とは言え、欲を持つことは悪いことではありません。

欲があるからこそ、向上心を持てるのです。

またより良い人生を創造するためには、欲あればこそなのです。

ところが肉欲だけは違います。

激しい肉欲を持つと、気が狂いそうなほど「欲しい」と感じることが日常的になるため、もはや相手無くしてはいられなくなるのです。

精神的にはかなりギリギリな状態なのですが、そうなると待っているのは「依存」です。

相手に依存すると、依存された方は相手の存在が重くなりそこから逃げたくなるのです。

シングルマザーがやってしまいがちなのが、育児から離れひと時の安らぎを求めたくて男性に依存するケースや、純粋に助けが欲しくて相手に依存するケースです。

しかし男性が本当に求めているのは「子どもを大事にする彼女」です。

子どもをないがしろにしてまで会おうとするのは、彼氏に依存しているからに他なりません。

彼にとってそんな彼女が、だんだんと色褪せて見えるようになるのは当然なのです。

シングルマザーであることを隠し、子どもがいることをなんとかごまかそうとする

シングルマザーであることを隠すのは、あまり良い考えとは言えません。

また子どものことをなんとかごまかそうとしたり嘘をつき続けるのは、波動的にもまったく良くないです。

自分を偽るのは、子どもがいるとフラれる可能性があるからでしょう。

しかし振る理由が子どもなら、所詮それまでの男性です。

かと言って出会った時から、シングルであることをしゃべりまくるのもNGです。

人はそれぞれに、その人なりの背景があります。

子どもがいる人生もその人が選んだ結果ですから、決して誰にもそれを否定することはできないし、どうとらえられようともそうある権利があるのです。

結局は自分がどうとらえるか、そこがもっとも大事なポイントでしょう。

ところが表面的にはシングルマザーである自分をポジティブにとらえているようでも、心の奥底では否定的だったりするものです。

否定的な思考の多くは「何かが足りない」という欠乏感です。

一度抱いた欠乏感が心の中を占めるようになると、さらに磁石のように欠乏感を引き寄せます。

この欠乏感は過去生のしがらみによって強烈に記憶に刷り込まれたものです。

なので自分でもなぜ何かが足りないと感じるのか、いったいなぜそうなるのかさっぱりわかりません。

シングルマザーを隠そうとする心理も、それと同じように過去生の記憶の一部です。

ですから子どものことを隠したくなったら、心の中で過去生の自分に「思い出させてくれてありがとう」と感謝してください。

子どもの魂はそういった過去生を背負った母親を選んで生まれてきますが、ほとんどの場合、親子は同じ魂のグループです。

たとえこの人生でシングルマザーになろうとも、実は子どもの魂にとってそれはあまり大したことではありません。

母親の立場がなんであれ、自分がやり残した経験を果たすためにこの世に誕生したのです。

親子とは言えそれぞれにミッションがあると知っていれば、シングルマザーであることも誇りなのです。

シングルマザーに後ろめたさを感じたり、ネガティブな考えを持つ

シングルマザーに後ろめたさを感じたりネガティブな考えを持っていたら、さっそく今日からその考えを改めてください。

なぜ後ろめたさを感じるのでしょうか?

多くの場合、他人と比較するからです。

他人と比較した時、何かが良い方へ変化するならもろてをあげて賛成しますが、他人と比較しても有利になることなど何もありません。

それどころか劣等感にさいなまれ、自分の何もかもが心から本気で嫌になってしまうでしょう。

そのくらい他人との比較はやってはいけないことです。

他人がどんなによく見えても、うわべだけということも多いです。

仲が良くて羨ましいと思っていたら、実は毎日が殴り合いの喧嘩という夫婦も存在するのです。

なので見かけだけで判断しないでください。

そして「自分は恵まれている」「自分はなんてラッキー」と、ことあるごとにつぶやくようにしましょう。

言霊パワーによって、着実にラッキーな運を引き寄せられます。

寂しさを埋めたいがために、よく考えずに彼氏を作ろうとする

「寂しくて仕方がない」という女性は、よく考えもせず彼氏を作ろうとします。

たとえばちょっと目が合っただけでソウルメイトと思い込んだり、絶対に運命の人に違いないと決めてかかります。

実は人生で出会う人は、誰もがソウルメイトです。

特定の男性がソウルメイトというわけではなく魂の伴侶的存在は、この世において自分と関連のある人たち全部なのです。

そして似たような周波数を持つ人同士が自然に引き寄せ合いますが、恋愛関係になるのは出会った男女ともに強烈な恋愛モードになっている時だけです。

そうでない人とは潜在的にきっちりと識別しているので、恋愛関係になることはまずありません。

よく考えもせずに彼氏を作ることは一見悪いことのように思えますが、その人にとって必要な経験なのです。

経験によって結果を味わい、そして今度はもっと良い結果を経験したいと切望する。

強いその感情が、やがては人生の成功を約束してくれるのです。

私たちはこのように経験によって魂を癒し、さらに満足いく人生を構築しています。

「寂しくて仕方がない」という感情は、そのための潤滑剤のようなものです。

しかしその感情によって引き寄せられる男性は寂しさを埋めてくれるどころか、さらに寂しさを味わう経験を招いてくれることでしょう。

はっきり言ってしまえば、男性によって寂しさは埋められないのです。

それがわかるまで、何度でも同じ経験をすることになるのです。

彼氏に尽くしたいからと、デートやプレゼントに費用をかけすぎる

彼氏に尽くしたいタイプは自ら進んでデート費用を出そうとしますが、これはあまりおすすめしません。

また彼が欲しいというものをすぐに買ってあげているなら、これもやめた方が良さそうです。

このようにデート費用やプレゼントにお金をかけすぎると、相手はありがたみを感じなくなってしまうのです。

確かに彼は助かります。

シングルマザーとは言えそれなりに収入があるなら男性だって頼りたくなるものですが、しかしこれは男性が誇示したい経済力を奪いかねない行動です。

男性たちの多くは「経済力=自分のパワー」と考えます。

お金周りの良さが女性に対する強みなので、そこだけが女性に勝てる唯一のポイントと考える男性も多いのです。

さてその点を容赦なく奪ってしまったら、彼はどんな反応を示すでしょうか?

少なくとも「彼女に尽くしたい」という気が失せるのは確実です。

もはや自分からお金を出す気にもなれないでしょう。

さらに欲しいものを言えばたいていなんでも買ってくれる彼女を、自分の立ち位置よりも間違いなく下に見るようになるのです。

シングルマザーで彼氏ができた時に周囲の人に話すタイミング

身内に反対されそうなら、交際を打ち明けるのは確実に結婚が決まってから

シングルマザーで彼氏ができた時、家族や親類に身内に反対されそうなら交際を打ち明けるべきか悩むところですが、もし彼氏とうまくいっていても打ち明けるのは確実に結婚が決まってからの方が良さそうです。

付き合っている段階で打ち明けない方がいいのは、万が一別れた場合を考えてのことです。

結婚が決まればあれこれと決め事も多くなるので、当然ながら身内を巻き込まざるを得ません。

びっくりされるのをあらかじめ想定しておけば、おめでたいことですから心から喜んでくれることでしょう。

一方で「どう考えても反対されそう」でも、きちんとした場を設けて報告してみてください。

そこまですれば、さすがに身内の幸せを邪魔することなどしないはずです。

結婚の段取りや日程についても事前に考えておき、そこで提案します。

大事なのは「2人はどうしたいか」です。

結婚に際し実際にどうするかを2人で決めておかないと「どうする?どうする?」で結論が出ないまま終わってしまいます。

タイミングを逃してしまうとまた振り出しに戻ってしまいますから、ある程度まであらかじめ2人で予定を組んでおきましょう。

晴れの日に向け、周囲の人たちもスケジュールを組み込んでくれます。

親友や姉妹なら理解してくれる可能性大

シングルマザーをいのいちばんに理解してくれるのが親友や姉妹です。

同じ女性として、またよき理解者としてお互いに信頼し合っていて、子どもとももちろん仲良しです。

ちょっとした用事がある時も「見ててあげるわよ」とお世話をかって出てくれることもあるでしょう。

最大限のサポートで接してくれるのは、誰よりもシングルマザーでいることを理解してくれているからです。

またシンママは本当に大変なことばかりなのもよく知っています。

祖父母の手を借りられるならまだ幸せですが、子どもと2人きりの生活を余儀なくされている場合、その苦労は並大抵ではありません。

しかしどんなに大変でも、子どもを大きくさせるのがシンママに与えられた役割です。

遊んでいる余裕もないし自分1人の時間すら持てないかもしれませんが、そんな苦労を吹き飛ばしてくれるような彼氏ができたらすぐにでも親友や姉妹に報告してください。

きっと手放しで喜んでくれるはずです。

職場の人たちには言わない方がベター。伝えるなら入籍の後に

彼氏ができたことについて、職場の人たちには言わない方がいいでしょう。

もし伝えるなら結婚が決まってからか、もしくは入籍後が適切です。

基本的に職場内では、恋愛関係に関する話はすべて避けた方が無難です。

彼氏について聞かれた時もうまくスルーしてください。

職場内は例外を除き、とかくうわさ話のるつぼになりがちです。

「人の口に戸は立てられない」と言われるように、うわさ話はあっという間に広がるものです。

しかも悪い方悪い方へと解釈され、拡散されてしまいます。

1人でもスピーカー的な人がいれば、何かあったと同時にすぐにうわさ話の標的になるのは避けられないのです。

特に彼氏についてのトピックなら、女性なら誰もが大好物なうわさ話ネタでしょう。

このような勝手なうわさ話のネタにされないためには、自分からネタをまかないこと。

これに尽きます。

彼氏ができたことを鼻高々に吹聴すれば、あっという間に良くない噂となって広がります。

なぜならそこに女性ならではの妬みが入るからです。

そんな面倒なことを避けるためにも、彼氏ができた程度で職場の人に話すのはやめておきましょう。

ママ友なら相手を選ぶこと。うわさ話好きなママ友がNGなのは子どもにも悪影響を及ぼすから

 

ママ友に報告したいなら相手を選ぶことが重要ですが、なぜなら子どもにも悪影響を及ぼすためです。

うわさ話が好きなママ友を見抜きましょう。

話が始まると止まらないような人が目安です。

おしゃべり好きは、あることないこと何でも語りたがります。

相手が驚いたり感動するのを見てテンションが上がるので、もっともっと驚かせよう感動させようとうわさ話ネタを仕込んでくるのです。

そういうママ友はたいてい感じよく接してくるのでつい彼氏について口を滑らせてしまいますが、そんなつまらないうわさ話ネタの餌食にならないよう十分に気を付けてください。

後で気づいたところで、その頃にはすっかり周囲に知れ渡っているという寸法ですから。

子ども同士の間でもうわさになるのは必至ですし、誤解されたり悲しい思いをさせないためにも注意が必要です。

シングルマザーに彼氏が出来たときの子どもの気持ち

年齢が低いほど不安や寂しさでいっぱい

シングルマザーであるママに彼氏ができた子どもは、年齢が低いほど不安や寂しさを抱えています。

子どもはどんなに小さくても、親の変化を察知します。

今まで知らなかった未知の領域ですから、子どもはただその状況を受け入れるしかありません。

自分にとっていいか悪いかの判断もできないけれど、親の気持ちが自分に向いていないことだけは確かでしょう。

そしてそれが不安や寂しさの感情へとつながってしまうのです。

たとえば「ママはどこかへいっちゃうかもしれない」とか「いつもと違うママになっちゃった」のように、変わってしまったママへの不安をどこに向ければいいのかわかりません。

子どもが思春期の世代なら、もっとその胸中は複雑です。

彼氏ができたのはまぁ仕方がないとして、急に親が自分の元から離れていくのを感じるのです。

シンママといえども好きな人ができれば、子どものことを気にしつつもいつしか夢中になってしまうものです。

出かけたきり返ってこなかったり、顔を合わせることすら激減するでしょう。

母親のその姿が何を表すのか、子どもの目にも明らかなのです。

高校生以上になればさほどこだわらず「母親だって1人の人間」と思ってくれることもある

高校生以上になれば、母親の恋愛事情にさほどこだわらなくなるでしょう。

たいてい「母親だって1人の人間」と思ってくれるので、恋愛中の母親のその変化をあまり気にしません。

出かけたまま深夜まで帰ってこない時などは多少気にかけてくれることもありますが、たいていは素知らぬ顔でしょう。

この時点で親子関係は逆転していると言っても過言ではありません。

シンママと子どもの関係は、まるで遊び呆けてる娘を見守る親のようです。

そんなママに対し「遊んでばかりいないで、家のこともやって!」と子どもから怒られることもあるでしょう。

シンママは真剣に付き合っていると思っていても子どもから見たら遊んでいるようにしか見えないし、何も事情を知らなければ子どもからそう思われるのは仕方がないことです。

ではいつ彼氏のことを話せばいいのでしょうか?

子どもには、できるだけ早めに言っておく方があとあと誤解させずに済みます。

「親の事情だから」と秘密にしないで、今どんな状況なのかざっくりでも子どもに報告しておいた方が良いのです。

親が素直さや正直さを見せれば、子どももそれを見習って隠し事をすることがなくなります。

学校行事に来てくれないだけでも、子どもは親からないがしろにされた思う

親が学校行事に来てくれないだけでも、子どもはないがしろにされたと感じます。

彼氏ができたら、それはそれはワクワクするような毎日でしょう。

子どもがいると思うように会えないので何とか会おうと苦心しますが、その代償は子どもへと向けられます。

今までのバランスが崩れるので、どうしたってそのしわ寄せは子どもに来てしまうのです。

ひどい時には放置やネグレクトになることもあるでしょう。

そんな気はなくても結果的に、心に傷を負うこともあるのです。

彼氏と子どもを両天秤にかけることはできないと分かっていても、恋心がそれを阻止するのです。

それほど恋愛感情とは制御が効かなくなるものなのです。

しかしそういう状態でも、子どもは文句ひとつ言いません。

次第に学校行事でさえも「行かなくてもいいか」となると、ますます子どもは落ち込むでしょう。

表には出さなくても、親のために我慢するのです。

一方で子どものことと彼氏のことを何とか両立させようと奮闘するシンママもいることは確かです。

が、この場合でもやはり子どものみに気持ちを向けることは不可能です。

ないがしろにされたとは思わないまでも、心ここにあらずな母親に一抹の寂しさを感じています。

ママが笑顔であれば不安や心配は激減。やがては安心してくれる

どんな時でも親が笑顔でいてくれることが、子どもの安心につながります。

しかし思い詰めたような暗い表情だったり、いつもイライラ怒っていると子どもは混乱します。

「親だって悩みはある」と言うかもしれません。

「神様じゃないんだから、いつも微笑んでいる親なんて変」と否定的に考える人もいることでしょう。

いつだって子どもは親の影響を受けて育ちます。

それが良い影響なら、子どもにとってこれ以上ないほど素晴らしい心の栄養となるでしょう。

しかしネガティブな影響という場合、子どもにとって毒でしかないのです。

言葉の使い方ひとつでも、栄養になるか毒になるかが決まります。

いつも微笑んでいられなくても、言葉にだけは気を付けてください。

感情的に怒りたくなった時も、グッとこらえましょう。

親として成長したいなら、注意すべきはそういう点なのです。

冷静に説明すれば、子どもは理解してくれます。

父親のように優しく大事にしてくれる彼氏なら、家族になることに抵抗を感じない

シンママにとっては彼氏でも、子どもには父親のように優しく大事に接する男性なら、いずれ家族になろうとも子どもは抵抗を感じません。

また子どもを1人の人間として認めてくれるような真の大人なら、問題が起きることもないでしょう。

もし家族になるなら、これから長い付き合いになる人です。

血の繋がりはなくても、子どもにとって尊敬すべき偉大な人物になる可能性も秘めています。

しかし大人になるまでは、子どもに選択権はありません。

親の決めた道を、後からトボトボとついていくしかないのです。

自分で何もかも決められるようになるのは、心身ともに自立した大人になった時でしょう。

それまでは親との関係の中で、自分はどうあるべきかを見極めているのです。

ママと一緒に現れるおじさんがいつしか父親になる日が来ても、母親との関係がうまくいってるならその移行もスムーズでしょう。

しかし親子関係に問題が生じていたり子どもをないがしろにする男性の場合、子どもにとっておじさんは所詮おじさんのままです。

またそうあってはならないのですが、憎むことも出てきます。

父親として心から認めることはないし、常に親との板挟みで悶々と葛藤し続けるのです。

すぐに彼氏をお父さんとは呼べなかったり、時間がかかることも多い

彼氏と結婚となった時、すぐに彼氏をパパと呼べなかったり、多少時間がかかることもあります。

だからといってそれを強制すれば、子どもは殻に閉じこもってしまうでしょう。

どう呼ぶかは、子どもに任せてください。

決めるのは子どもだし、決める権利があるのは子どもだけです。

どんな呼び方をしても父親に変わりないのですが、親としての理想を貫きたいところでしょう。

しかし理想は理想にすぎません。

この世に正しい形など何ひとつないのです。

「そうしたい」と思う子どもの考えを尊重しましょう。

もし殻に閉じこもるようなことがあっても、無理に考えを正そうとしたり、殻から引き出そうとしないでください。

兄弟姉妹がいるなら子ども同士で何らかの話し合いがあるはずなので、そのまま放っておいて大丈夫です。

それでも親の思い通りに子どもを動かそうとするのは控えましょう。

親子間で問題が起きる時、たいてい親が無理に子どもを動かそうとしています。

子どもに媚びる必要はありませんが、少なくとも1人の人間として対等の立場におくべきです。

何かして欲しいなら、お願いすること。

「こうしてくれると助かる!」と笑顔で言う母親なら「仕方ないか」と嫌々ながらも動いてくれるはずです。

シングルマザーで彼氏が出来たときのデート頻度

週末は必ず子どもを交えたデートを考える。ホームデートやファミリー向けデートを本気で楽しむ

週末や休日は必ず子どもを交えたデートを考えてください。

ホームデートやファミリー向けデートを、本気で楽しみましょう。

子どもだけが楽しめる企画ではなく、大人も子供に返って遊べるアクティビティもいいでしょう。

たとえば全国各地の遊園地を制覇する目標を立てたり、順番にご飯を作ってみんなにふるまったりなど。

前もって提案し合ったり、綿密な計画を立てておいてください。

多くの子どもたちは、大人が我を忘れて本気で楽しんでいる様子を見るのが大好きです。

そうやって一緒に過ごす時間が増えるにつれ、今まであった垣根がすっかり取り払われることでしょう。

このように同じ時間を共有することは、お互いの信頼関係をより深めることができる方法なのです。

長い時間よりも濃いひと時が重要。会える時に1~2時間程度

とは言え、2人で過ごす時間も考える必要がありますが、長い時間会うよりも濃いひと時を目指しましょう。

会ってばかりいるよりも、会える時に1~2時間程度会う方がお互いに「会いたい」という想いがつのるもの。

なのでいつまでも新鮮な気持ちでいられるのは「たまに会う」のがポイントなのです。

美味しいディナーも、毎日続いたら飽きてしまいます。

しかしたまの贅沢にいただくなら最高の幸せを感じますが、恋愛関係も同じです。

彼に飽きられないためにも、まずは子どもを優先にしましょう。

子どもに愛情を注げるのは、一生のうちのほんのわずかです。

その機会を逃したら、後悔することにもなりかねません。

子どもといるときは、彼のことを忘れるくらいがちょうど良いのです。

 

お泊りデートはハードルが高いと考えて。OKなのは周囲の人が快く協力してくれた時だけ

シングルマザーにとって、お泊まりデートはハードルが高いものと考えてください。

子どもが小さいうちは、いさぎよくあきらめましょう。

母親不在の夜に不安を感じない子はいません。

それでも「どうしても」というなら、可能なのは留守を預かってくれる人がいる場合だけです。

しかも快く協力してくれた時だけで、それもたびたびとなると確実に嫌がられますから、次のお泊まりまである程度の期間を空けてください。

留守を預かる人にも予定がありますから、最低2〜3ヵ月先がベスト。

また頼めそうな人には、なるべく早めに声掛けをしておくことが大切です。

このようにお泊まりデートを考えるなら周囲の人との連携が必要ですから、慎重な根回しを忘れなければうまくいきます。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「シングルマザーに彼氏が出来たときには慎重に交際すると祝福される」

占い師 姫乃
「彼氏ができたら慎重に」がシングルマザーのミッション。

そのためには感情に振り回されないこと。

衝動的に会いたくなった時こそ辛抱が大事だし、それを学ぶための機会ととらえてね。

感情をコントロールできるようになれば、シンママとしてまた1人の女性としてひと周りもふた周りも大きく成長できるはず。

最後にシンママと元夫の復縁に関する記事も紹介しておきますね。

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事