二番目の女は本命彼女になれる?二番目の女を作る男性の心理とセカンドにされやすい女性の特徴
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

二番目の女は彼の本命になれるのでしょうか?

なかなか二番目の女から抜け出せないと悩んでいたら、二番目の女を作る男性の心理とセカンドにされやすい女性の特徴を詳しく解説した本記事をすみずみまでチェックしてください。

恋愛対象ではなく遊び相手?とガッカリするかもしれませんが、そのあたりの男性心理を知っておけばあなたの目の前に新たな道が開けてくるはずです。

 

復縁メニューはこちら

男性が二番目の女を作る理由

男は質より量!種まきが男性ならではのミッションだから

男性にとって女性は、言わば質より量。

女性が考える男性像とは大幅に違っていますが、1人の女性を愛する男性というイメージはあくまで幻想です。

男性が二番目を求めるのは、無意識に種まきをしようとしているから。

つまり男性にとって肉体関係は、子孫を増やすためのミッションなのです。

もちろん恋する感覚もないわけではないし、好きな人を自分の彼女にしたいという熱い思いもあります。

男性の恋愛観はさまざまな経験を積み重ねたいという男性ならでは欲求のひとつで、特に好きな人に対する熱い感情は性衝動とともに現れます。

恋愛対象を質よりも量と考えるのはごく一部の男性ですが、そのほとんどが浮気をものともしないタイプです。

彼に言わせれば「一夫多妻制の国もある!」でしょう。

これなら浮気を責められません。

なんなら彼は、一夫多妻制を取り入れたいとさえ考えています。

昔風で言うならおめかけさんや二号さんです。

しかしこのような関係は、男性に経済力がないと成り立ちません。

「でも本命彼女に見つからないように、二番目を作るならなんとかいけるかも」そんな甘い考えを持っていて、チャンスさえあればすぐにでも実行に移すのです。

 

彼女との倦怠期がイヤで、外に新鮮さを求めた結果

外に新鮮さを求めた場合の多くが、彼女と倦怠期になったのがどうにも我慢ならないほどイヤだったからです。

いつの世も浮気する男性は、相手が変わっても浮気し続けるものです。

なのでたとえ二番目の女性が本命になったとしても、それがいつまで続くのかは疑問です。

そういう男性のほとんどが飽きっぽい性格の持ち主です。

現状維持をとても嫌うのですが、女性に対しても同じことの繰り返しの日々が耐えられないほど苦痛なのです。

倦怠期になった恋愛関係なんて意味ないとさえ考えていますが、とは言え本命彼女と別れるつもりはありません。

現状維持を嫌うわりには、いざとなると本命彼女とは別れないのです。

彼の心の中は、執着と飽きっぽい性格とが同居しています。

かたや新鮮味を求め、かたや彼女を手放したくないし他の男に取られたくないという執着が渦巻いているのです。

このような男性がもし浮気がバレて本命彼女に別れたいと言われたら、慌てふためいて「浮気相手とは絶対にもう会わない!」と強く断言します。

そもそも本命と二番目女とでは、彼の中での優先順位が真逆に近いほど違うのです。

 

性欲が強いので、彼女だけでは欲求が満たされない

二番目の女を作るのは、性欲が強い男性に多いです。

彼女がいても性欲だけはまた別の話で、彼の性的欲求を満たすためには彼女だけでは全く足りないのです。

「かと言って風俗に行くのはちょっと」と考えます。

二番目の女と風俗嬢は似て非なり。

いくら性欲を満たしたいからと言っても、風俗に行くくらいなら我慢したほうがマシなのです。

なぜなら相手は仕事だから。

その点二番目の女性は、体だけでなく心も許してくれています。

つまり自分を好きかどうかも、彼にとって重要なポイントです。

自分を愛してくれているうえ性欲も満たせる、さらに本命ほど気を使わなくて済むとなれば、申し分ありません。

二番目とはいえ、彼は心身ともにどっぷり満たされるのを感じているのです。

 

浮気癖があるので、悪いと知りつつもどうしてもやめられない

浮気癖がある男性は、本命がいてもつい二番目を求めます。

悪いことと知りつつも、どうしてもやめられません。

良く言えば探究心旺盛、悪く言えば懲りない性格です。

浮気癖がある男性は、とかく彼女とのいさかいが起きやすいです。

いさかいを避けようとして秘密裏に浮気するので、バレた時にさらに大問題を招きます。

そもそもそういう男性は、特定の相手を作ることに問題があります。

二番目の女を作ることに賛成する本命彼女など、この世に1人として存在しません。

浮気した時点で、彼女というステイタスに傷がつきます。

一度は許されるかもしれませんが、二度目はないでしょう。

それでも浮気をやめられないとなれば、たとえ二番目が本命になる日が来たとしても、いずれまた浮気するのは確実です。

 

浮気でも自分を好きと言ってくれる女性と付きあえば、自己肯定感が高まる

二番目の女を作る理由として、自己肯定感が高まると考えている場合があります。

その多くが本命彼女と倦怠期を迎えたあたりです。

彼女からの愛情表現が激減すれば、彼の自己肯定感は高まることはないし、倦怠期を意識せざるを得ません。

そんな折、自分のことを「好き」と言ってくれる女性が現れたら、暗闇に一筋の明かりが見えたようなものです。

本命彼女がいるし浮気と知っていながら「好き」と言ってくれる女性に衝動的に飛びつくでしょう。

この時、彼の自己肯定感は一気に上昇しています。

大量のアドレナリンによってクラクラするほどいい気分を味わっているため、彼女のことなど一切頭にありません。

「後先考えない」

これが浮気に走る男性心理です。

たとえ浮気だろうが何だろうが彼を好きと言ってくれる女性が自分の好みのタイプなら、何も考えずに禁断の実を味わおうとしてしまうのです。

 

二番目は遊び半分で付き合えるので、気を使わなくていい

二番目の女性がいる男性の多くが、遊び半分で付き合えるという認識でいます。

本命彼女に比べそれほど気を遣わなくても済むうえ、責任が伴うこともありません。

彼氏彼女という決まり切った関係ではないので、気楽でいられるのがメリットです。

つまり付き合っているとはいえ、二番目は彼女というスタンスではありません。

完全なる浮気相手であって、本命とは一線を画しています。

それでも二番目女性と会っている時は、それなりに楽しみます。

そんな彼を見ながら二番目女性は「きっと彼女よりも私の方が好きに決まってる」と思うはずです。

これは、彼が巧みに両者をコントロールできているからこそ成立する関係です。

しかしどちらかが彼の態度に疑念を持ち、彼の行動を疑い始めた時点で一触即発の如く崩れ落ちます。

それほど二番目がいる恋愛関係は、リスキーでもろいものなのです。

 

男性が二番目の女にすることとは?

初めは積極的すぎるアプローチが特徴

男性が二番目女性にするのは積極的すぎるアプローチで、出会った直後からそれは始まります。

LINEを交換しようと提案したり、休日は何してる?などとプライベートな情報を聞き出そうとします。

あれこれ探りを入れてくるのは、彼氏がいるかどうかを確認するためです。

付き合うためには、相手に彼氏がいないことが条件ですから。

しかし彼が標的にする女性は、本命ではなくあくまで二番目です。

自分が彼女持ちということを隠す必要があるので、自分のプライベートなことをあまり話したがりません。

聞き出そうとしても、ごまかしたりお茶を濁すような態度を見せます。

「実は彼女がいる」と本音を吐き出せるようになるのは、二番目女性と本格的に付き合うようになってからです。

その頃にははっきりと男性のことを「好き」と告白するようになっているからで、それに安心した男性は本心を言わずにはいられないのです。

もはや、自分を気に入ってくれている男性を責める気など毛頭ありません。

「別れてくれるんでしょ?」と、優しく彼に問いかけるくらいでしょう。

彼の返事は決まっています。

「もちろん別れるよ!」です。

 

恋愛映画やドラマのような、ベタな甘いセリフを言ってくる

男性が二番目の女に言ってくるのは、恋愛映画やドラマ仕立てのベタで甘いセリフです。

つまり女性が恋愛モードに入るツボを心得ているのも、二番目を作る男性の特徴なのです。

どう言えば相手を落とせるか、またどんな風に接すれば身も心も委ねてくれるのかを知っているので、恋活中の女性なら間違いなくイチコロです。

恋愛したくてたまらない女性たちの多くは、理想の恋愛を夢見がちです。

恋愛映画や熱愛ドラマを食い入るように観るのは良いのですが、そこから学べるのは「恋愛には高揚感がつきもの」ということだけです。

しかしこれはあくまで幻想の世界であって、現実とかけ離れて過ぎています。

絶対に現実には起こり得ないことでもスッと受け入れられるのは、幻想に生きている証拠なのです。

しかしいったん思い描いた自分の理想は、そう簡単には手放せません。

自分を変えなければ、いつまでも夢みる夢子のままです。

そんな折、男性から甘い言葉をかけられれば、願いが叶ったとばかりに一気に理想の恋愛関係モードへと突き進みます。

二番目をゲットできて「してやったり顔」の男性は、もはや本命がいてもいなくても関係ないといった胸中です。

それどころか、かつてない新鮮な気分に1人ほくそ笑むことでしょう。

 

付き合う前なのに、頻繁にスキンシップしてくる

付き合う前なのに頻繁にスキンシップしてくるのも、二番目女性を作る男性の特徴です。

普通の会話の最中に、そっと肩に触れてきたり腕を触ってきます。

慣れてくると背中や腰に腕を回してきた、頭をポンポンするなど、会うたびにスキンシップしてきます。

それだけでも驚くのに、もっとびっくりするのが顔まわりに触れてくる時です。

両手で頬を包み込んできたり耳やあごに触れてきたりなど、これはもう立派な恋愛関係におけるスキンシップです。

誰が見ても恋人同士にしか思えませんが、問題なのは2人がまだ付き合っていないという点です。

これは彼の「既成事実を作ってしまおう」という魂胆が丸わかりです。

無理やり二番目になだれこませる作戦かもしれません。

一方でただ好きだからという理由で、無頓着にスキンシップしてくる場合もあります。

お互いに話があったりノリが一緒なら、必然的に会話も盛り上がるものです。

そういうシチュエーションなら、はずみでスキンシップされても仕方がありません。

それが自然な流れというものです。

別の見方をすれば付き合う前だからこそ相手のことをよく知りたい思いからのスキンシップもあるのですが、明らかに二番目狙いならそれまでにもよく彼の浮いた噂を小耳にはさんでいるはずです。

またスキンシップはごく自然に身についたものがほとんどなので、相手が違和感なくスキンシップしてくるようなら二番目狙いと見た方が良さそうです。

 

「彼女とは別れる」と言って安心させるものの、結局いつになっても別れようとしない

「いずれ彼女とは別れる」と言って安心させるのも、二番目女性を作る男性の特徴です。

二番目の女性は彼の言葉を信じますが、結局いつになっても別れようとしない現実が待っています。

「いずれ」という日はいつまでたってもやってこないので、待つだけ無駄なのです。

初めは「別れたよ」と言う彼の言葉を信じ、待ち続けるかもしれません。

自分が本当に幸せになるためには、待つしかないからです。

しかし待てど暮らせど彼は、別れたという言葉を発してくれません。

実は二番目女性とも別れる気がない彼は、当座「別れるよ」と偽って、二番目をなだめるしかないのです。

理由としては両者それぞれに良い面があるので、とても比べられないからです。

なので彼の心の中はほぼ決まっています。

「どちらの女性とも別れたくない」と。

2人のどちらが欠けても彼にとって不都合極まりないので、たとえ二番目に「彼女と別れてよ」と言われても、その場を取りつくろって相手を安心させることしか彼にはできないのです。

 

暇な時に急に呼び出すなど自分勝手な振る舞いが多く、都合のいい女扱いしてくる

二番目の女性を作るタイプは、何かと自分勝手な振る舞いが多いです。

たとえば自分が暇な時に連絡してきたり、急に呼び出すこともあります。

控えめに見ても都合のいい女扱いですが、二番目女性に対する行動の多くがそのような感じです。

しかし都合よく扱われてしまう原因は、二番目女性にもありそうです。

彼の自分勝手な誘いに憤然とするなら単純に断れば良いのですが、一度として断った試しがありません。

なぜなら「断ったらもう連絡来ないかも」と考えると、言い知れぬ不安に襲われてしまうからです。

自分のしたことで相手を不機嫌にさせるなら、あらかじめ断らなければ良いだけの話です。

ましてや二番目女性にとって、彼の誘いは少なからず嬉しいもの。

本命彼女を誘わずに自分を誘ってきたことが、かつてないほど強烈な幸福感を呼び起こすのです。

選ばれた自分というスタンスに酔いしれてしまえば、断ることなどとうてい無理でしょう。

都合よく扱われても彼を疑うことなく素直に聞き入れるタイプは、浮気性の男性にとってこれ以上ないほど都合のいい女性なのです。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

いつも本命になれない!二番目の女になりやすい女性の特徴

自己肯定感が低く、自分に自信がないネガティブな女性

本命になれずいつも二番目くじを引く女性は、自己肯定感が低く自分に自信がありません。

自信があれば良いというものでもないのですが、自分に自信が持てない人は「どうせ私なんか」という発想におちいりがちです。

「本命こそが私の生きる道!」と強く考えるまでに至らないので、いつも二番目に甘んじます。

その結果、本命になれずにいつも口惜しくつらい思いをすることに。

「隣の芝生は青く見える」ということわざ通り本命彼女は幸福そうに見えますが、実は本命は本命で意外に悩みが多いのです。

本命彼女を悩ませる原因の多くが、彼が浮き足立っていていつまでも落ち着かない点です。

遊んでばかりでいっこうに落ち着かない様子に「私の知らないところで浮気してるかも」と、彼を疑うようになるのは当然なのです。

いくら本命彼女とは言え、これではどう見ても幸せではなさそうです。

彼のマイナス面をカバーしようとして我慢する女性も多いのですが、さらに問題をややこしくするだけでしょう。

そんな関係なら本命と言えどもまったく意味をなさないし、むしろ二番目の方が気が楽というもの。

このように本命だから幸せということもないし二番目だから不幸ということもなく、すべては考え方次第と言えます。

 

男性に褒められても素直に喜べない女性

二番目になりやすいのは、素直に喜べない女性です。

物事を歪曲してみるのが癖だったり、相手の言ったことを純粋に受け取れません。

原因は幼少期から始まっています。

そもそも褒められたことが滅多になかったり、褒められるよりも叱られることが多かったので、褒められた時にどう表現したらいいのかわからないのです。

必要以上に笑顔になることもないので、成長期から大人にかけて初恋を体験する時期なのに周囲の男性たちからは遠巻きにされるがちです。

女性にとって笑顔は欠かせない魅力のひとつです。

男性たちのほとんどが惚れるのは、女性の憮然とした表情ではありません。

好きになるのは、確実に女性の笑顔なのです。

屈託なのない女性の笑顔にたまらない魅力を感じ、つい惚れてしまうのです。

モテる女性は笑顔を忘れません。

しかし顔は可愛いのにいつも無表情なら、当然ながら男性たちが理想とする恋愛の対象外なのです。

素直に喜べないのがその女性の個性だとしても、本命になれないのは確実でしょう。

二番目にしかなれないのは、このようにそれなりの理由があるのです。

 

男性に予定があったらそちらを優先し、自分は我慢する女性

二番目になりやすいのは、我慢は美徳と考える女性です。

そういうタイプは、男性の突然のリスケにも文句ひとつ言わずに従います。

彼を失うくらいなら自分の我慢なんて大したことではない、心からそう信じて疑いません。

ところがこのように「自分を出さなければうまくいくに違いない」という思考に、二番目になる要素が隠れています。

リスケに文句を言った方がいいということではなく、簡単にリスケできる人と思われてしまうことに問題があるのです。

大事にしてもらっていないのは確かでしょう。

本命の彼女なら「なんとか頑張ってスケジュールあけたよ!」と言ってくれるはずだし、彼女が喜ぶことが彼にとっての喜びだからです。

彼のリスケを我慢しつつも受け入れるのは決して悪いことではないのですが、スケジュールを簡単に変えてくるのがもし頻繁なら少なからず彼から軽く見られている可能性が高いです。

普段から人の言いなりになって我慢するシチュエーションが多いなら、恋愛関係も二番目を選ぶことになるのは確実でしょう。

 

おごるからと言われると、ついホイホイと誘いに乗ってしまう女性

おごるからと言われるとつい誘いに乗るタイプは、二番目の女になりやすいです。

一方でおごるからという甘い言葉には簡単に乗らない女性は、絶対に二番目を選びません。

相手の男性のことがいくら好きでも、もし自分が二番目なら「確実にお先真っ暗でしかない」と理解しているのです。

このようなタイプは、物事を目先のメリットだけで判断しません。

目先のメリットとは、本命がいても自分と関係を結んでくれたということ。

つまり相手から惚れられたという嬉しさだけです。

しかし現実が厳しいのは、体の関係を持ったとしても彼にゾッコン惚れられたわけではないということ。

心もしっかり繋がっているからこそ本命なのです。

男性はおごると言った時に相手がどういう反応を見せるかで、軽い女かそうでないかを見分けます。

男性たちの多くは軽く誘っておきながら、実はその先にある可能性を視野に入れていることも多く、誘いに乗った女性が自分の浮気相手になってくれることを密かに願っているものなのです。

 

ボディタッチしてもやめてとも言わないし、逆に触れられるのが嬉しそうな女性

男性の二番目になりやすいのは、ボディタッチしてもやめてと言わない女性です。

それどころか逆に触られるのが嬉しそうな態度なら、間違いなく二番目になるタイプです。

二番目になるタイプがとかく男性から軽く見られがちなのは、スキンシップに対する反応が他の女性と明らかに違うからです。

本命女性は簡単に触らせてはくれません。

ボディタッチをしたいとさえ思わせないほど、気高い意識を感じるので近づけないのです。

これが軽く見られるか、そうでないかの違いです。

軽く見られるタイプは、いとも簡単に近づけます。

それだけでなく接近する機会が増すにつれ「少しお酒を飲んで酔わせてしまえば」とあらぬことまで考えます。

男性にとってこれは、ゲームやチャレンジのようなものです。

ただし相手の女性が二番目でもOKというなら成り立つ話で、それ以外は頭の中で妄想を繰り広げているだけです。

 

ダメと分かっていてもつい男性に尽くしすぎたり、誘いを断れない女性

尽くしすぎはダメと分かっていても、つい男性に尽くしすぎる女性は二番目になりやすいです。

また誘いを断れない女性も同じです。

尽くしすぎるのは生まれついての性格や性分なので、自分で意識せずに尽くしてしまいます。

その結果なんだか訳もわからぬまま、いつのまにか二番目になっていることに気づくことも多いです。

尽くすことそのものは悪いことではないのですが、尽くしすぎれば一転、完全なるエゴへと変化します。

なぜなら相手が求めているかどうかも考えずに尽くすからで、一方的に尽くされても相手は迷惑なだけでしょう。

一方で本命になれる女性は、尽くすことはあっても尽くしすぎないように常々留意しています。

尽くしすぎは相手のために良くないし、怠惰な関係におちいりやすいからです。

仮に二番目の女になることがあっても、怠惰な関係になるかもしれないと危惧するので、速攻で関係解消します。

ところが尽くしすぎる人はそれらのことに気づきもせず、尽くして尽くして尽くしまくります。

焦れば焦るほど尽くすのですが、そんな自分にいっこうに満足しません。

もっともっとという欲望に変わり、さらにそれが相手に対する執着へと変化するのです。

本命彼女がこれなら男性はたまりませんが、ある程度距離をおける二番目女性なら執着されてもなんとかうまくやっていけるのです。

 

嫌われないようにと気を遣いすぎたり、あれこれ詮索してくる女性

嫌われないようにと気を遣いすぎる女性は、本命になれても長続きしません。

またあれこれ詮索してしまうタイプも、二番目の女になりやすいです。

相手に対する配慮は良いのですが、気の遣い過ぎはいただけません。

気を遣っているつもりでも、暗に人をコントロールしているのと同じだからです。

またあれこれ詮索するのは、相手を信用していない証拠です。

ありのままを相手を受け入れれば、そもそも詮索する必要などないのです。

しかし詮索して探りを入れたくなるのは、ひとえに相手を疑う部分があるからです。

そういう女性を本命にしたいかと聞けば、誰もが首を横に振るはずです。

気を遣いすぎる相手も詮索する相手も同じように、ただ一緒にいるだけで疲れるものです。

疲れる女性を本命にしたところで、後悔先に立たず。

顔を合わせるたびに疲れてしまうようでは、とても理想の恋愛関係とは言えません。

 

寂しがり屋でメンヘラタイプの女性

寂しがり屋でメンヘラタイプの女性も、二番目の女性になりやすいです。

率直なところ、恋愛を楽しめるタイプではありません。

何かと針小棒大にとらえるので、2人の間に問題が絶えません。

自分の寂しさを相手のせいにすることも多いので、関係性に亀裂が生じやすいのです。

会ってもつまらないことでケンカするので、別れたり復縁したりを繰り返します。

ひと言で言えば、面倒な女です。

面倒な女はたとえ男性の本命になろうとも、一時的なものです。

恋愛感情としては出会った頃に味わった初期段階の感情のみで、振り返ってみればごく上部の好意です。

本命から二番目に陥落するのも時間の問題でしょう。

メンヘラタイプは、男性にとって大変に面倒な存在です。

面倒なことをしたくない男性は、そんな本命と見誤ったメンヘラ女性を二番目に落とすしかなく、いずれ必ず他に本命を見つけます。

さて二番目にされるのは、男運がないからかもしれません。

詳しくはこちらの記事を参考に。

 

 

 

二番目の女から本命彼女に昇格できる?

本命になるのはかなり難しいと思っていた方が良さそう

二番目から本命彼女になるには、かなり難しいハードルが控えていると考えましょう。

絶対に本命になれないわけではありません。

しかし彼に本命がいる限り、あなたがどう動こうとも変化は起こせません。

それは2人の問題です。

むしろあなたが動かそうと頑張れば頑張るほど、状況はよくない方へと進みます。

それが彼女と彼とがうまくいってしまうこと。

本命になろうと必死になれば、ブーメランとなって返ってくるだけです。

「本命になれれば御の字」くらいに考えておいてください。

本命になれなくても彼と会っている時、キラキラ輝けるようであるなら、あるいは逢瀬を心から楽しめるなら良しとしましょう。

 

彼女がいるなら二番目の女は二の次。優先するのはやはり彼女

彼に彼女がいるなら、二番目の女は確実に二の次です。

彼があなたを心から愛しているように見えても、それはあなたと会っている時だけです。

彼の中での優先順位は明らかに彼女です。

そのあたりを少しでもわきまえていれば、彼はあなたを見直すはずです。

「都合よすぎ」とか「雑に扱われている」というように、彼の態度をネガティブにとらえないでください。

ネガティブにとらえるということは、あなたがあなた自身を深い谷底に突き落としているようなものです。

決して彼が谷底に落としているわけではないのです。

とは言え好きな人が別の女性を優先するような姿勢を見せたら、誰でも悲しくなるもの。

そういう時こそその場からすぐに離れ、自分が楽しめることをやっていきます。

彼の一切合切を忘れるよう努めましょう。

苦しくつらいのは、彼に対する執着が湧いて出てきているからです。

そんな時こそ執着を取り払うことが必要なのですが、それには忘れるしかないのです。

親友を頼って、心に溜まった悲しい思いをとことん聞いてもらってください。

つらい思いは、話すことで一気に解き放たれます。

彼女を優先することについては、彼も心苦しく感じていることが多いです。

そんな彼を責めるのは見当違いですし、今はただひたすら自分の感情に向き合うことが大切です。

 

彼女と別れても、別の恋人候補が現れる可能性も

本命彼女と別れて欲しいと願っても、それが果たしてうまくいくかは誰にもわかりません。

なぜなら、別の恋人候補が現れる可能性が少なからずあるためです。

やっと自分が本命になれる!と思いきや、またしても二番目女という現実にあなたは我慢できるでしょうか?

嬉しそうに新本命のことを話す彼に愛想が尽きたら、さっさと別れるべきでしょう。

それでも別れるのはちょっとと迷ったところで、最終的に決断を下せるのはあなただけです。

このままではお互いのために良くありません。

さらにあなたが引くことで違う展開が起き始める可能性もあって、それは彼があなたの良さを本心から理解した場合です。

これは物質的に離れてみないと、絶対にわかりません。

どんな結果になるかは、頭で考えるよりも実際にやってみなければわからないのです。

 

一緒にいるのが楽しいと思ってもらえるなら、本命になれる可能性あり

彼に「一緒にいるのが楽しい」と思ってもらえるなら、本命になれる可能性があります。

それを察することができるのは、彼の態度や言動です。

注意深く彼を観察してみてください。

彼はあなたの前で彼女に連絡することはありませんか?

もし平気で連絡するようなら、配慮に欠けた人と言えます。

たとえあなたが本命になれたとしても、過去あなたにしてきたことと同じように配慮に欠けたことをやらかされるのは明らかです。

一方で一緒にいる時の彼がとことん楽しんでいる風で、とても二番目とは思えない雰囲気なら、本命に近付きつつある証拠です。

しかしそれをどうしても確認したいからと言って、あからさまに彼に尋ねるのはやめておきましょう。

どちらを選ぶの?といった話題は、絶対に避けてください。

彼は成り行きを考えているかもしれません

自然のままにしたい、そう考えているのに二番目女性からそう言われたら完全に引いてしまいます。

 

わがままを言っても聞いてくれる彼なら、条件が整えば彼女に昇格できる

わがままを言っても聞いてくれる彼なら、本命彼女に昇格できそうです。

そもそも二番目女性はわがままを言わないのが特徴なのですが、理由は嫌われたくないからとかいい人に思われたいからでしょう。

でも本命彼女は、わがままなことでもはっきり言って筋を通そうとします。

簡単そうですが、今までわがままを控えていた人にとっては難関です。

もしチャレンジするなら、嫌われてもいいという覚悟で臨むべきです。

初めはギクシャクするかもしれませんが、それも次第に慣れてきます。

自分の考えをはっきり言えるようになるまで、頑張ってみてください。

変えられるのは他の誰でもなく自分だけです。

 

セカンドはもう嫌!二番目の女にされないようにするには?

すぐに誘いに乗ってはいけないし、彼の言いなりにならない

二番目にされないようにするには、彼の言いなりにならないこと。

すぐに誘いに乗ってもいけません。

今まで通りにしていても確実に大事にされないし、この先どうなるかさえわかりません。

彼の言う通りにするのは、一見楽かもしれません。

しかし彼にしてみれば、思い通りにならない操り人形のようなものです。

ぞんざいに扱っても文句ひとつ出ないし、本命がいるのに付き合おうとするその姿勢はまるでマリオネットそのものです。

彼との関係に満足しているなら変える必要はありませんが、二番目はもうイヤと考えているなら見直すべきでしょう。

 

付き合う前の体の関係はNG!彼女になる前にあっさり捨てられる

付き合う前に体の関係になることはありませんか?

きちんと付き合う前に体の関係になると、あっさり捨てられる可能性さえあります。

多くの男性はどんなに好きであっても、簡単に体を許す女性に相当がっかりします。

「もしかして男なら誰でもいいんじゃない?」と疑うのです。

そんなことはない!と否定しても、信じない男性がほとんどでしょう。

それほど体の関係を重要視しているのです。

本命になるためには、簡単に体を許してはいけないのです。

もし付き合う前にそうなってしまったら、大事にされることはないし本気で好きになってはくれません。

 

不倫にはリスクがつきもの。よく考えてから行動を

彼との関係が不倫なら、リスクはつきものと理解してください。

よくよく考えてからの行動を心がけましょう。

相手は家庭がある身です。

実際のところ不倫する男性のほとんどが、家庭を最優先します。

それどころか、不倫相手を優先することなど皆無と言っても過言ではありません。

これが不倫相手となるあなたに、多大なるリスクを生みます。

彼が必要な時に限ってうまく誤魔化しますが、彼にとって家庭は都合の良い逃げ場なのです。

その代わりに、経済的負担を担う主人としての責任が彼にはあるのです。

一方で不倫は、何の責任も発生しません。

楽しむだけ楽しんであとは知らんぶりでも、彼にとっては全く問題ないのです。

家庭を捨てて妻と別れる男性がほとんどいないのは、本命である妻との関係を捨てることこそが最大のリスクだからです。

不倫を続けているうちは甘く楽しい経験ばかりかもしれませんが「きっといつか家庭に帰る日が彼には来る」と思っていた方が身のためです。

 

LINEやメールはすぐに返信しないのが鉄則

LINEやメールはすぐに返信しないこと。

これが二番目女性にならないための鉄則です。

待ち構えていたかのような即返は、彼から薄気味悪いと思われる元です。

本命彼女の方は?と言えば、即返はもとより自分からLINEすることは滅多にありません。

既読&未読スルーもしばしば。

重要な連絡なのにすぐに返事がないとなっても、改善する気配すらありません。

このように連絡のやり取りに適当さがあるのが本命彼女の特徴で、そもそもLINEやメールを重要視していないからです。

そんな彼女に彼の方が気になってしまい、頻繁にLINEすることになるのです。

このように男性はLINEやメールをすぐ返信する人に対する興味は徐々に薄れていく反面、なかなか返信してくれない女性にはバンバンLINEしたくなるものなのです。

 

自分のことを最優先し、相手の誘いを断れる女性になる

「自分のことを最優先し、相手の誘いを断れる女性になる」

以上を今後の目標としてください。

とは言え、自分を最優先することに罪悪感を抱く人もいます。

そういう人は小さい頃から、周りの人たちに譲り続けてきたのでしょう。

他人から「この人って本当にいい人」と思われたい一心でそうしてしまうのです。

しかしこれは完全なる他人軸です。

人がどう思おうが、自分らしくいるべきでしょう。

それが自分軸というものです。

過去に生きてきた人々は、他人軸を良しとしてきた傾向が大変に強いです。

しかし現代人は、自分が幸福になるためには自分軸が必要とわかってきています。

恋愛関係においても他人軸でいること=悲しみや不幸の元凶なのです。

相手の反応によって自分を変えるのは、もはや自分が存在しないのと同じことです。

自分がなければ、周囲の人たちに左右されてばかりいる人生を送ることになるのです。

相手の誘いを断っても良いのです。

自分を優先しても良いのです。

むしろその方が良い結果を招いてくれると信じてください。

 

尽くしすぎるのはもうやめて、自分磨きに専念する

尽くしすぎるのはもうやめましょう。

尽くすのが癖になっていたら、今が癖を治すチャンスです。

自分のフィーリングを大切にしてください。

良い感じがしたらやってみる。

イヤな感じがしたら、絶対にやってはいけないこと。

そんな風に見極めていけば、確実に自分軸のバランスが取れるようになるでしょう。

そうなれば、今度は自分を磨くタイミングです。

自分のフィーリングに沿って、やりたいことをとことんやっていってください。

やりたくないことは、放っておいて良いのです。

仕事がやりたくないのなら、一つでもプラスの面を見つけてください。

そうやっていくうちに、あなたの周りにはどんどんプラスのエネルギーが集まってきます。

もう今までのあなたではありません。

二番目の女になることを選ぶ必要もなくなったのです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「二番目の女は今すぐ卒業!都合のいい女にならないで」

 

占い師 姫乃

都合のいい女にならないためには、二番目の女を今すぐ卒業するしかない!

はっきり言ってしまえば、二番目に飽き飽きしてるならもう終わりにするべきかも。

もう終ろう!別れよう!と決意した瞬間に、波動が変わる。

すると、そこから急激な上昇気流に乗れるのが波動の仕組みでもあるの。

現状に甘んじることなく、自分を変えていきましょう。

この人生を選んだのはあなた。

そしてその人生を豊かで幸せなものにできるのも、あなたなのです!

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事