特定の人と「縁が深い」と感じている場合の多くは、魂レベルで繋がっています。

元彼との関係も同様です。

もし別れてしまっても、魂レベルで繋がっているなら十分に恋愛関係に戻れる可能性があります。

とは言え、どのような状態が「縁が深い」ということでしょうか?

また「魂が繋がる」とはどのような状況なのでしょう?

この記事ではあなたの魂が求める縁の深い相手についてわかりやすく紹介しています。

あなたが元彼との深い縁を感じているなら「必読」です。

恋愛関係に戻るための方法を実行すれば、何より大切な「魂の繋がり」を無駄にすることはありません。

さっそく読んでみてください。

 

復縁メニューはこちら

魂が求める相手とは

初めて会った時から他の人にはない「何か」を感じる

魂が求める相手とは他の人にはない「何か」を感じることが大きな特徴です。

あなたは知らない土地へ一人で旅することはありますか?

未知の世界を探訪する旅は、ワクワクすると同時に不安を覚えることもあるものです。

地図の通りに歩いても、なぜか迷ってしまうこともあります。

道ゆく人は誰も知らない人ばかり。

迷っている自分に声をかけてくれる人もいません。

そんな時、偶然向こうからあなたの知人が姿を現します。

ホッとしたあなたは、心からの笑顔を取り戻すことでしょう。

このように「ホッとする感覚」が、魂が求める相手に感じる「何か」です。

初めて会ったのに、以前から知っている知人にバッタリ会ったかのように感じます。

他の人には感じたことのない「何か」は、「懐かしさ」のようなものです。

初めて会った人にこの懐かしさを感じる理由は、あなたの魂が過去の記憶を呼び覚ますためです。

このように「初めて会ったのに懐かしさを感じる人」が、あなたの魂が求める縁の深い相手です。

魂が求めるのは前世からの繋がりがある相手

あなたの魂が求める相手とは、前世からの繋がりがある人です。

これが、いわゆる「ソウルメイト」で、お互いの魂同士が繋がっている間柄です。

ソウルメイトは特定の個人のことのように聞こえますが、実はあなたの両親や親戚、親友など、あなたに深く関わりのあるすべての人はソウルメイトに属します。

前世で繋がりがあった人たちとは、今世ではその関係や形を変えて繋がります。

元彼との繋がりはもしかすると「親子」かもしれません。

あるいはあなたが男性で、元彼が女性という可能性もあります。

前世で生きた場所も日本ではなく、中国だったり欧米という場合もあります。

しかしどのように変化しようと、ソウルメイト同士のその繋がりが切れることはありません。

潜在意識の奥底にある「目に見えないひも状のもので繋がっている」と考えるとわかりやすいでしょう。

一般的に「ソウルメイト」と聞くと「永遠の恋人同士」というようなロマンチックなイメージが湧くものです。

実際に過去にソウルメイトを題材にしたノンフィクション小説がアメリカで発売されましたが、全世界でセンセーショナルな旋風を巻き起こしたのも記憶に新しいところです。

「前世で悲しい別れをしたカップルが来世でも会う約束をし、無事今世で出会うことができた」という衝撃的なストーリーは、誰もが「一度は経験してみたい」と思ったものです。

しかし本来のソウルメイトは、そのようなロマンチックな関係ばかりではありません。

元彼とは「前世では憎み合った敵同士という可能性もある」というのがソウルメイトの摩訶不思議な点です。

これは敵同士が出会い身近な関係になったことが縁で「時代を超えてでもお互いにまだ学ぶことがある」と前世で決めて生まれてきたためです。

学ぶべき内容は、その人にしかわかりません。

このように魂が求める縁の深い相手は、前世からの深い繋がりがあるためです。

魂が求める理由は前世で残した課題をやり遂げるため

魂が縁の深い相手を求める理由は、前世でやり残した課題を今世で何とかやり遂げようとするためです。

私たちは誰もがこの人生を送る前に、今の自分とは別の人格を持った人生「前世」があります。

しかしその前世の記憶は、一切残ることはありません。

誰もが前世の記憶が無いまま、この世に生まれてきます。

しかし忘れ去られた魂レベルの記憶は、相手と自分との波長が織りなす中で「断片的によみがえる」ことがあります。

もちろん前世で起きたことなど、詳しい内容は思い出せません。

なぜなら今世を生きる私たちにはその記憶は必要ないのです。

その理由は、前世でやり残した記憶が具体的によみがえったとしても、時代背景や周囲の人間関係の違いなどから今世では役に立たないためです。

これを「神の采配」と考える人もいれば、自然の摂理と考える人もいますが、実際のところは闇に包まれたままです。

また、私たちが生きる地球のすべては、無限のループで成り立っています。

一見残酷なように見える弱肉強食の食物連鎖も、自然の法則による無限のループです。

そのループがあるおかげで、自然界に存在するすべての動植物たちの命が後世まで受け継がれます。

他にも無限のループにより維持されている自然界の物質に「水」の存在があります。

厚い雲が太陽をさえぎるとやがて雨が降り、川から海に流れ、太陽によって海水が蒸発しやがて雲になる。

「水」にもこのような無限のループやサイクルがあるからこそ、私たちの生命も永遠に維持していくことができます。

もし何らかの理由でこのループが途切れるようなことがあれば、いずれ地球のすべては消滅してしまうでしょう。

地球の生命と同じように「私たちの魂も無限のループで成り立っている」と考えるのはいたって自然なことです。

魂の無限のループには「やり残した課題」という、魂が背負ったタスクも含まれます。

多くの人がその人生の終わりを迎える前に「できなかったことに対する後悔」と「次に生まれ変わったら必ずこうする」という期待が入り混じったまま、永遠の眠りにつきます。

永遠の眠りについた時肉体は滅びますが、強い念を持った魂だけは滅びません。

肉体から離れた魂がいつ生まれ変わるかは判明していませんが、一つだけ言えることは「魂はいつでも次に生まれ変わるチャンスを狙っている」ということです。

なぜなら「成長したい」「生まれ変わりたい」と願う魂は、行列を成すほど存在しているためです。

そのように大勢の魂の中から、ひとたび生まれ変わりが決まった時が「前世から持ち越した課題にチャレンジできる時」です。

魂は嬉々として生まれ変わる準備を始めますが、母親のお腹に入った時点ですべての記憶を消去します。

この世に誕生したあとは、肉体の成長とともに「会ったことがある」という感覚だけを頼りにし、魂が繋がる相手を無意識に選別していきます。

「魂」は、このようなバックボーンによってその繋がりを求め続けるのです。
 

魂が求める縁の深い相手だと確信できる特徴

父親に似ているのが一番の特徴!または自分の一族の誰かに似ている

魂が求める縁の深い相手だと確信できるのは「父親に似ている」ということが一番の特徴です。

物心つく前から父親の印象は、幼きあなたのまぶたの裏側と心に焼き付いています。

父親の横顔、後ろ姿、歩き方、笑い声、不機嫌な様子や、好物を食べる時のご機嫌な様子など、その印象はさまざまでしょう。

幼少期から常に感じ続けてきた父親の印象は、まるで吸い取り紙のようにグングンとその脳裏に刻み込まれます。

このように子供の頃から脳裏に刻まれた印象は、記憶として深く残ります。

この記憶は大人になってからの記憶と違って仮に一時的に忘れることはあっても、心の奥深く「父親の残像」として永遠に残ります。

また父親から受け継いだDNAも影響しています。

父親のDNAは、そのほとんどを「子」が受け継ぎます。

「子」のDNAが反応する「魂の繋がり」は、すなわち父親のDNAと同様ということになります。

とはいえ、なかには父親との縁が薄い人もいるでしょう。

そのような時でも魂の繋がりがある縁の深い相手とは、DNAを分け合っているあなたの一族の誰かとよく似た印象を持っているはずです。

特に小さい頃から接する機会が多かった家族や親族たちに、そのような傾向がよくみられます。

ホクロの位置、背格好、立ち居振る舞いなど、魂の繋がりが深い相手と合致する点があまりにも多いのが特徴です。

今世で魂が繋がっていることが簡単にわかるように仕組まれたのが「相手との共通点」

魂の繋がりが深い相手だとすぐにわかるのが、偶然にしては驚くほどの共通点がある点です。

この共通点は「来世でも簡単に相手が見つかるように」と半ば仕組まれたようなサインです。

しかも共通点は一つだけではありません。

たとえば、近所に住んでいる、実家が近い、共通の知人がいる、同じ趣味を持っているなどの共通点がいくつか重複します。

お互いの共通点を探すとどんどん出てくるので、思わず笑いがとまらなくなることもあるでしょう。

またこの不思議な現象には「相手とはやはり特別な縁がある」としか思えないはずです。

「魂の繋がりとか、そんなことあるわけがない」と一笑に付しても、理屈では片付けることができないのが「縁」です。

「縁」をたどっていけば、おそらく前世での繋がりも必ず発見できるでしょう。

前世を知るには「前世療法」によって調べることができる

「前世はどんな人間だったのか」ということを調べることもできます。

「前世療法」をメニューに掲げている占い師なら、あなたの前世を解明することができるでしょう。

前世を調べるには、たいていの場合「催眠術」を使います。

眠りながらも意識があるウトウトとした状態で、潜在意識を活発化させます。

潜在意識の領域に入れば、前世のあらゆる記憶がよみがえります。

術者は「今何が見えるか」「誰がいるか」などの質問をします。

この誘導に従って、前世をたどっていきます。

おぼろげによみがえる記憶から、どのような時代に生きていた時の前世か、どんな人なのかを明確にしていきます。

その記憶のほとんどは、現在のあなたに影響を与えている強い記憶です。

古くは、戦争で人々が争う様子が現れる場合もあります。

また実際には行ったこともない海外の家で過ごす子供時代の記憶が出ることもあります。

このような前世療法は「療法」と名がつくだけあって、何かしら問題を抱えている時に前世を調べその原因を解明することができる方法です。

もし原因不明のトラウマがある時「原因は前世にあった」とわかることもあるでしょう。

またよみがえった記憶の中から「前世療法に現れた人はたぶんこの人」と特定できることもあります。

画期的な方法ですが、前世療法にもデメリットはあります。

まずは程よい催眠状態にならなければ前世のイメージは出てきません。

緊張してしまうとリラックスできないので、催眠状態に入るのが難しくなります。

前世療法は限られた時間枠の中で行うので、緊張のあまり催眠状態に入れないと時間切れとなってしまいます。

また前世療法によって得られた情報は、あなたにとって有益なものでなければ意味がありません。

実は前世は一つだけではありません。

私たちは、数え切れないほどの生まれ変わりを経験しています。

前世療法による情報は真実かもしれませんが、現れる前世は一つか二つです。

そのため、全部の前世を調べるには膨大な費用と時間がかかってしまうでしょう。

このことから前世療法によって自分が知りたい前世をあぶり出すのは、少々むずかしいかもしれません。

自分がなじんだ匂いがする

潜在的に馴染んだ匂いを感じた時、あなたは思いきり縁の深さを感じるはずです。

「匂い」は、あらゆる記憶を呼び覚ましてくれるものです。

自分がなじんだ匂いは、あなた独自の思い出とも繋がっています。

たとえば春を告げる香り「沈丁花(じんちょうげ)」は、十代の頃の甘酸っぱい記憶がよみがえるものです。

また好きになった男性から漂うコロンの香りも、同じように過去の記憶がよみがえる元です。

別れてからかなり長くたった後でも街角でふと漂ってきたなじみ深い香りに、心が締め付けられるような気分になるのはこういう時です。

幸せだったこと、うまくいかなくなった頃のこと、別れた時の悲しかったことなど全てが走馬灯のように思い出されるでしょう。

匂いにはその人のオーラから漂うものもあります。

特に魂が繋がっている人の匂いは「ホッ」と落ち着きますが、これは魂の繋がった相手にしかわからない匂いです。

この時あなたは「魂が求める縁の深い相手に再び出会えた」ということを確信するでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「プラトニックタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

心が繋がっている感覚がしても深い縁はない人の特徴

相手が自分にまったく興味を示さない

心が繋がっている感覚がしても、深い縁ではない人もいます。

その人の特徴としてます挙げられるのが、「相手に対してまったく興味を示さない」という場合です。

これは、気持ちが一方通行ということです。

男性によっては女性との縁は恋愛対象かどうかで判断する人もいます。

このことから、気持ちが一方通行だったり興味を示さないのは、あなたを恋愛対象として見ることができないからです。

または一度別れてしまった関係なら、もう別の彼女ができている可能性もあります。

そのような時はいくら心が繋がっていても、縁を育むことは困難を感じます。

縁を育むためには、お互いに今までの観念を一掃しなければなりません。

「この人とは魂が繋がっているのだ」と気づき、その関係を大事にできる相手なら今後も心が繋がったままでいられるはずです。

あなたが相手と距離を置きたくなる場合

相手に何か問題があってあなた自身が相手との距離を置きたくなることもあるでしょう。

このような時、いくら心が繋がっていても深い縁を望むことはできません。

たとえば相手が既婚者であなたに不倫を求めてくる場合です。

もしあなたがその相手との結婚を望むなら、不倫から入る恋愛関係は不毛のまま終わる可能性が高いです。

なぜなら「家庭を捨てあなたとドラマチックなゴールインをする」ということは、映画や小説の中だけのお話だからです。

とても切ないことですが、夢を見るのはここまでにしましょう。

不倫を望む男性は、そうやすやすと家庭を捨てることはありません。

もし家庭がありながら不倫を望む男性が相手なら「離婚をしてから」とはっきりと告げましょう。

この言葉で男性が去っていくなら深い縁と感じていても、真実の相手ではありません。

「縁」や「魂」に関して何かと否定的な人

心が繋がっている感覚は、あらゆるシーンで感じるものです。

しかし長い間には「この人はたぶん違うな」と思う場面も出てくるでしょう。

代表的なのが、相手が「魂や縁に関して無頓着な場合」や「否定的な考えを持つ人」です。

その男性と強力なつながりがあるなら、魂や縁に関する話題を共有したいものです。

むしろたびたびスピリチュアルな話ができれば、お互いさらに意識が高くなり成長できるというものです。

しかし「縁はまだしも魂とかってなんか信じられない!」と言う人もいるでしょう。

あなたにとってはとても興味深いスピ系の話題も、なかには苦手な人もいるのです。

相手に苦手意識があると、このトピックは避けて通ることになります。

そうなると必然的に相手に対する繋がりは希薄になっていきます。

残念ながらそこから先は心の繋がりも途切れてしまうでしょう。

あなたが自分らしくいられないような人

心が繋がっている感覚がしても、あなたが自分らしくいられないような相手だと深い縁ではありません。

これは心が繋がっているかどうかの一つの目安になります。

相手とうまくやっていきたいからと、なんでも相手の言いなりになっていたり、我慢することが多ければ要注意。

良かれと思ってやることが、逆に災いすることもあるのです。

もちろん必要最低限の我慢は、大人として必要なことです。

しかし我慢とワガママは違います。

我慢してばかりでつらい時は「自分らしくない」時と自覚しましょう。

むしろ多少ワガママな女性の方が「彼女らしさ」として男性受けする傾向もあるほどです。

心の繋がりを大切にしようと考えることだけが、相手とうまくいく秘訣ではありません。

それでもまだ我慢することが多ければ、相手との距離を置きましょう。

それが原因で別れてしまうのなら、そこまでの関係です。

魂が繋がっている人との間に今後起きること

大きな試練が起きる可能性がある

魂の繋がりは、それだけで大きな目的があります。

今後さまざまな出来事が起きるでしょう。

まずは今までにない「最大級」と思えるような試練が起きる可能性があります。

試練の内容は、その試練が起きるまでまったく想像できないものです。

あなたは心から落胆したり、ショックのあまり引きこもることになるでしょう。

激しい葛藤を感じ、何もする気にもならないかもしれません。

心身ともにダメージが出る時もあります。

周りを見ると誰もが幸せそうに見え、そのつらさを増します。

しかしどんなに悲惨な状況だとしても「試練は次なるステップへの前兆」とみましょう。

特に魂の繋がりを感じる人との出会いの前後は、このようなことが起きやすいものです。

こういう時こそ落ち着きましょう。

起きてしまった状況を第三者的な目線で見ることも大切です。

「もうだめだ」とか「つらすぎる」など、マイナスな感情を抱き落ち込んでいるとさらにネガティブな状況になってしまいます。

大きな試練は、あなたにとって必要だからやってくるのです。

その試練を乗り越えた人にだけやってくるのが「心からの安らぎ」や「本当の幸せ」です。

縁で繋がっていてもお互いが離れていくこともある

魂が深く繋がっていても、お互いに離れていくこともあります。

つまり魂が求める相手だからといって、一生を共にするわけではないのです。

もし相手が離れていくことがあっても、それは「必然」ととらえましょう。

この時、相手が離れていくことを「悪いこと」と判断してしまわないようにしてください。

「どう考えても”離れる=別れる”で、これほど悲しいことはないわ」と自分なりに判断してしまったら、そこで成長は止まってしまいます。

あなたは「この世の中に悪いことなど存在しない」と言ったら驚くでしょうか?

驚くなかれ、全ては「良くなる前兆」なのです。

世の中の仕組みは「問題が起きたら解決するだけ」というシンプルな構造になっています。

問題をややこしくするのは、怒りや悲しみなどの「感情のしわざ」です。

感情にとらわれることなく、問題に向き合えば解決の糸口が見えてきます。

これが理解できれば「心が深く繋がった人なのになぜ別れなければならないのか」と疑問に思うこともなくなるでしょう。

いったん別れても再び会うことがあるのが「本当に縁のある人」

いったん別れたり離れても再び会うことがあれば、本当に縁があり魂が繋がっている人です。

これは「まだ学ぶべきことがある」というサインです。

このサインによって再び会うことができたあかつきには、さらに魂の繋がりを強化できるでしょう。

自分の魂を強化するためには、魂を繋げる相手が必要です。

魂を繋げる相手とは別れたり再び会うこともあります。

この時あなたの執着によって、相手の気持ちを縛ってしまうことがあります。

執着は感情のブレ幅が大きいことを示しています。

もし別れた時あなたに執着が出てしまったら、せっかくの再会のチャンスを奪ってしまいます。

あなたの学びは「執着を外すこと」です。

執着を外せるようになれば、あなたの魂も「さらに強化された」ということです。

「縁」を強くするようなシンクロニシティがたびたび起きる

魂が繋がっている相手とは、今までもたびたびシンクロニシティが起きていたはずです。

しかしこれからも「縁」を強くするようなシンクロニシティがもっと起きるでしょう。

よくあるシンクロニシティには「エンジェルナンバー」があります。

エンジェルナンバーとは時計の数字やレシートの数字など、あらゆる数字を目にするたびにゾロ目になることです。

これはあなたを守る霊的な存在によるものです。

「そのままで大丈夫!」というサインとみてください。

ほかにもシンクロニシティによって「こんなところで会うなんて!」という場所でバッタリ会うこともあります。

また何かにつけ「やることなすこと同じことをやってしまう」という現象が起きます。

これらの現象が起きた時、ただ「シンクロニシティがきた」とだけ思うようにしてください。

起きるがままに静観することが大切です。

むやみに驚いたり感動する必要はありません。

このようにシンクロニシティに沿って生きていれば、さらにシンクロニシティが起きるようになります。

もしあなたがすぐにネガティブな思考をしてしまうようなら、シンクロニシティも悪いことの前兆と考えることがあるでしょう。

しかしシンクロニシティは良くも悪くもありません。

ただしあなたが「悪いことが起きる」と危険な予想をしてしまうと話は別です。

危険な予想は、例外なく当たってしまうでしょう。

このような悲しい出来事を避けるためには「自分の魂は守られている」と思うことが肝心です。

また、あれほどひんぱんに起きていたシンクロニシティが、パッタリ途絶えてしまうこともあります。

このような時もあまり気にしないように。

必要であれば、ちゃんとシンクロニシティはやってきてくれます。

 

魂が求める縁の深い相手と復縁!恋愛関係に戻る方法

どんな困難なことが起きてもあきらめない

魂が求める縁の深い相手と復縁するためには、どんな困難な状況になってもあきらめないことが大切です。

もしかするとあなたは「あきらめないなんて執着と一緒じゃないの?」と思うかもしれません。

確かにあきらめれば、もう考えなくて済むので楽に感じるでしょう。

しかしあなたがもし復縁したいのなら、心の奥底から感じる「魂の繋がり」を大事にするべきです。

こういう時こそ、心の声に耳を傾けましょう。

あなたが本当に求めていることは何でしょう?

前世からの繋がりをここで絶ってしまうことは簡単かもしれません。

しかしその繋がりを断つことは、あなたの魂の目的をも放棄することになります。

「あきらめない」ということは「あきらめずに様子を見る」ということです。

無理に前進するよりも様子を見ましょう。

前に進めなくてイライラする時こそ、あきらめない精神で平和に過ごすことが大切です。

お互いの距離感を一定に保つ

縁の深い相手との復縁は、そう難しいものではありません。

ただし過去に相手との恋愛関係にあったからといって、その距離感を誤ると失敗に終わってしまう可能性もあります。

大切なのは「相手に踏み込み過ぎない」ことです。

なれなれしい態度はもってのほかです。

いくら相手が優しい性格でも、復縁を願うならここはぜひ節度を保つようにしてください。

相手には敬意を持ち、敬語を使うくらいがちょうどいいかもしれません。

以前とは違うあなたをさりげなくアピールできれば成功です。

また「結果を急がないこと」も重要です。

相手には相手のペースがあります。

仮に元彼への返事を急かしたら「面倒なやつ」とばかり、完全にそっぽを向かれてしまうでしょう。

このようにあなたがもしせっかちな性格なら「待つこと」が、学ぶべきことです。

どんなに深い縁でもあなたの感情が邪魔をするとうまくいかない

元彼とどんなに深い縁の繋がりがあったとしても、それをすべてぶち壊してしまうこともあります。

その原因は、あなたの感情にあります。

何かにつけ泣いたり怒ったりと、激しい感情を表に出すことはありませんか?

そのような感情は、意識せずについ出てしまうのかもしれません。

しかしその「つい」が、さまざまな問題を生み出していることに気づく必要があります。

つい感情を表に出してしまうことが癖になっていたら、元彼と別れた原因もそこにあるかもしれません。

感情は扱い方次第で、平安を生み出したり、暴力的になることもあります。

特に危険なのが感情を思うままに爆発させてしまうことです。

感情的になる人が怒り始めたとき、その怒りはすぐにはおさまらないものです。

また怒りから泣き始めることもあり、その状態は取りつく島がないほどです。

このように感情的になる人は泣いたり怒ったりという感情のスイッチが入るやいなや、別人のようになってしまいます。

感情の爆発させると周囲の人は「またか」と呆れることでしょう。

感情的になる人には何を言っても聞く耳を持たないからです。

当の本人は感情を爆発させた後はスッキリですが、迷惑なのが周囲の人たちです。

これと同様に元彼とケンカした時も何度も感情を爆発させたはずです。

本来なら「愛すべきパートナーに怒りをぶつける」なんていうことはあってはならないこと。

冷静に話し合えば別れることはなかったかもしれません。

しかしもうすでに別れてしまっているなら、あなたが改善すべきところは明確です。

「もし変える気がない」とか「やっぱりつい感情的になっちゃう」というのであれば元の木阿弥です。

いくら魂が繋がっている相手でも、幸せな未来は見えてこないでしょう。

「だって怒られるに決まってることをするから」とあなたは反論するかもしれません。

しかし感情をコントロールできるのは、自分しかいないのです。

怒りを爆発させるのは感情のコントロールができていないということです。

思うままに感情を爆発させるのはマイナスなだけです。

正直なところ情緒不安定か、もしくはコミュニケーション能力の欠如ということになってしまうでしょう。

そんな風にささやかれないようにするためにも、感情をコントロールできるようにしましょう。

相手に原因があるようでも、結局は「自分を変えるのが一番早く簡単な解決方法」なのです。

何があっても心をフラットにしておく

魂の繋がりがある人と恋愛関係に戻った時、再び学びのチャンスがやってきます。

このチャンスを逃すことなく、復縁するためには何があっても心をフラットにしておくことが大切です。

復縁までのプロセスにはいろいろな問題が起きるかもしれません。

あなたが一番知りたい問題は「元彼が恋愛関係に戻る気があるか、ないか」でしょう。

これだけは直接本人に聞かないと、永遠にわからないままです。

もし元彼に直接聞いた方が早いとわかっていても、あなたの心の中は悩みに打ちひしがれます。

「もしその気がないと言われたらどうしよう」

「新しい彼女ができているかもしれない」

「嫌いになられていたらと考えるだけでも恐ろしい」

このようにネガティブな考えが起きるのはある程度予想がつきます。

モヤモヤしたまま、結局は聞けずにジ・エンドでしょうか?

このような時でも心の中をフラットにすれば、すぐに解決方法が見つかります。

たとえば「ダメ元」という言葉がありますが「ダメで元々」というスタンスでいれば過剰な期待を持たずに済みます。

あるいは「元彼に告白する」という堅苦しい気持ちでいるから、うまくいかないように思えるもの。

もっとカジュアルに「美味しい店見つけたよ〜」程度のlineを入れてみたり、「元気〜?」のようにさりげなく連絡を取る方法ならあなたも抵抗がないはずです。

あなたがかたくなな態度であれば元彼もそのように反応するし、あなたから気楽な気分になるような連絡が来ればそのように反応するものです。

復縁がうまくいくか不安に思っていると、自分への自信もなくなるものです。

こんなときこそ、心をフラットにすることが大切です。

「振られてもいい!」くらいの強い気持ちで復縁に挑みましょう。

結婚という形にこだわらない

あなたの将来の夢は「結婚」かもしれません。

その相手は「元彼」と決めていることでしょう。

もしかすると以前付き合っていた頃から「早く結婚したい」が口癖だったかもしれません。

しかしいくら「縁が深い相手」と感じているからといって、100%結婚する相手とは決まっていません。

これを聞いてあなたはとてもショックでしょう。

ずっと夢見ていた結婚相手として、元彼以外に考えていなかったのですから。

しかし「元彼とはいずれどうしても結婚したい」という形に願望を固めてしまうと、それ以外の道に進んだときに大変な葛藤が起きることになります。

なぜなら魂が求めていたのは結婚ではなく、違う形の場合もあるためです。

そのほうが「お互いに学べる」と前世で決めていたとしたら、あなたは「う〜ん…」と考え込んでしまうでしょう。

「願望達成のためのおまじないでもしようかな」とあなたは思うかもしれません。

ところが前世で取り決めたことは、強固で揺るがない宿命となっています。

定められた宿命はおまじないをしたところで、何も変化は訪れません。

たとえ結婚できたとしても、本来学ぶべき道からは程遠いものになってしまいます。

もし元彼と復縁したいと願っているなら、復縁の後の次なるステージは「結婚」と考えない方が無難です。

結婚するという縁があるなら、なんの努力もなくあっさりと結婚できるものです。

結婚という形にこだわるのは、自らの宿命に逆らっているといえるでしょう。

恋愛関係に戻る究極の方法が「新たな自分になる」

恋愛関係に戻るためには、以前のあなたとは違う「新たな自分になる」と決心しましょう。

強い決心は、あなたが理想とする「本当の自分」を引き寄せます。

本当の自分とはどのようなものを指すのでしょうか。

それは「元彼があっと驚くような変化」でしょう。

それは見た目でしょうか?

それとも性格でしょうか?

変化は見た目でも性格でもありません。

それは「圧倒的な自分に対する自信」です。

「自分はうまくいっている」という自信さえあれば、何があってもへこむことはありません。

今までの恋愛関係を思い出してください。

「こんなに愛しているのになぜ彼は冷たいんだろう?」と思うことがよくあったのでは?

恋愛中の不安は、そのほとんどすべてが「自分に対する自信の欠如」から起きるものです。

たとえ相手が自分の魂が求めている人であっても、自分に自信がなければうまくいくはずがありません。

自分に自信を持つためには「過去の自分を捨て、新たな自分になる」というくらいの強い覚悟が必要です。

これこそ「本当のあなたの姿」です。

復縁もスンナリといくはずです。

または本当の出会いがあるかもしれません。

いずれにしても「うまくいっている」ことには間違いないのですから。

復縁に際しての告白の仕方は下の記事を参考に。
 


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「あなたが感じる不思議な縁を大切にしてください」

占い師 姫乃
魂が求める「縁」は、普段の生活では見過ごしてしまうもの。

もしあなたがお相手との魂の繋がりがあると確信できたら、恋愛関係に戻るための勢いもつくわ。

でも考えただけではダメ!

行動に移すことが大切よ。

まずはあなたが感じる不思議な縁は「本物」と信じましょう。

決しておとぎ話でも、空想のお話でもなくてこれは真実!

すべては「あなた次第」よ。

ぜひこのご縁を大切にしてね。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事