キャバ嬢だけど彼女として愛されたい!男性の本音と彼と上手に長く付き合うためのコツ
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「キャバ嬢だけど彼女として愛されたい」「好きな男性と付き合うにはどうしたらいいかわからない」と悩んでいませんか?

こちらではキャバ嬢が彼女の男性の本音と上手に付き合うためのコツを紹介しています。

キャバ嬢が彼女だと男性はどう思うのか、また彼と末長く付き合うために必要な心構えや工夫について詳しく解説していますので、ぜひ参考になさってください。

  

復縁メニューはこちら

キャバ嬢の彼女を持つ男性の本音を分析

細かくチェックしてくる時は「信用していない」

キャバ嬢を彼女に持つ男性たちの多くが、彼女を細かくチェックしてきます。

いちいちチェックしてくるのが日常的なら、まるで彼に信用されていないようで腹立たしいことでしょう。

そのたびに「ウザい!」と叫びたい気分かもしれません。

しかし彼氏の細かいチェックは、まさに「信用してないから」です。

好きな彼女ですから信用したいのは山々なのですが、何しろキャバ嬢は彼的にリスクが高い職業です。

「油断してたら他の男に取られる」と戦々恐々としているのです。

「そんなバカなことするわけないじゃん!」と反論しても、彼は信じません。

客としてキャバクラを利用したことがある彼ならなおさら、かたくなな態度でしょう。

彼女がそういう場所で働いていること自体、彼にとって無理なのです。

本来ならやめさせたいところですが、とりあえず彼女をチェックして安心材料を得ているのです。

店は高くてそうそう行けないけどプライベートなら遊べそう

 

キャバクラは高いのでそうそう行けないけれど、彼女にすればプライベートでは遊べそうと考える男性もかなりいます。

男性が彼女として女性を選ぶ基準のNO.1が、ルックスです。

その点、キャバ嬢なら彼女として選びたい女の子ばかりです。

キャバクラに行けばキラキラ可愛い女の子たちに囲まれ優しくしてもらえるので、どんな男性もいい気分でいられます。

そのうちの一人と仲良くなれれば、彼女になってくれるかもしれません。

そうすれば高い店に行かなくても済みます。

キラキラ可愛い彼女にチヤホヤ優しくされたら…と思うと彼女にしたいと思うのは当然で、彼女にして連れて歩けば他の男性たちの羨望の眼差しが痛いほどでしょう。

本名彼女とは考えていないかもしれません。

しかし遊ぶくらいのスタンスなら、キャバ嬢彼女は彼にとって好都合な存在なのです。

本気で付き合ったらいつかはヒモになりそうで怖い


キャバ嬢の彼女を持つ男性の中には「本気で付き合ったらいつかはヒモになりそうで怖い」と考える人もいます。

もうすでにヒモ状態かもしれないし、ヒモ状態なことにすら気付いていない可能性もあります。

それでなくても女性たちの多くは、男性に尽くしたがる傾向があります。

経済的な面で彼に尽くすことが増えると、それがまさに「ヒモ」と呼ばれる状態です。

男性にとって「ヒモ」は、決して喜ばしいことではありません。

経済的な自立していない男性は、男性としてのアイデンティティが無いに等しいからです。

また良かれと思って経済的な援助を続けると、それが癖になってしまうことも多いです。

キャバ嬢の収入をアテにするようになると自分が頑張って働かなくても済むからで「自分が頑張らなくてもお金が入る左うちわな生活ができるなんて夢のよう」と考える男性もいるのです。

このように彼女がキャバ嬢だと「経済的に依存しそう」と考える男性も多いのです。

「彼女の職業はキャバ嬢」と人に言えないのがつらい

キャバ嬢が彼女の男性は、彼女の職業をうかつに人に話せないつらさを抱えています。

本気で好きで周りに自慢したいような彼女なら、人から「(仕事)何してるの?」と聞かれたら喜んで教えてあげるはずです。

職業で人を判断したくないのは誰でも同じです。

しかし彼女の職業を聞いた人のほとんどは(え?お水なの?)と判断します。

水商売と聞いただけで、あまり良くないイメージを持つ人が多いのです。

彼自身も今まではそう思っていたかもしれません。

しかし現実に今の彼女がキャバ嬢ならそれを受け入れ、自分が持っていた悪いイメージは払拭する必要があります。

仕事は仕事、彼女は彼女、という具合に分けて考えることができれば、たとえキャバ嬢であっても問題ないのです。

ところが世間的にそう見る人はあまりいません。

色眼鏡で見てくることがほとんどでしょう。

彼はそうなることが想定できるので、誰にでも分別なく彼女の職業を教えてあげることができません。

特に親に対しても慎重になるため、キャバ嬢ということを隠すか言葉を濁します。

客となんかありそうだから本気になれない

キャバ嬢が彼女の彼氏は「客となんかありそうかも」と考えることがあります。

また「お前客となんかあるんじゃないの?」とはっきり聞いてくることもあります。

キャバ嬢でいることで浮気する可能性が高いなら、彼女に本気になれないのは当然と言えます。

そんな彼氏の心情を知っているのにそのままキャバ嬢を続ければ、ますます彼氏との距離を感じることでしょう。

彼は男性ですから、男性客が考えることは手に取るように理解できるのです。

「夜の世界は単純に体目当ての胡散臭い客ばかり」と。

そんな胡散臭い奴らの毒牙にかかるかもしれないのにキャバ嬢を続けるのは、彼女自ら蜘蛛の巣にかかりに行くようなものです。

彼は「リスキーなことは事前に避けるべき」と考えます。

しかし彼女に「仕事に行くな」と止めても、抵抗されるだけです。

彼はそれを十分に承知しているので、なおさら彼女に本気になれません。

キャバ嬢を辞めて欲しいと思っているのは「不安だから」

彼は正直「キャバ嬢を辞めて欲しい」と思っているのは、彼女がキャバ嬢でいることで何かと不安にさせられるためです。

いっそのこと昼間の健全なる仕事なら、きっとイヤな気持ちになったり不安にならないはずです。

彼は少々繊細なタイプかもしれません。

あることないこと何もかもが不安でたまらないのです。

繊細な性格はどんな状況においても心配事を見つけます。

彼女が「大丈夫だよ!」と安心させようとしても、繊細な彼はそれを信じません。

むしろ「俺を安心させようとしてるだけだ」と逆に受け取るのです。

彼女から見たら面倒なことこの上ない性格ですが、望み通りにキャバ嬢を辞めても彼のネガティブさは変わりません。

なぜなら彼はまた別の不安を見つけるからです。

何をやっても堂々巡りですが、このようにネガティブな男性の彼女はたいていおおらかかな性格なので、お互いに無いものを補い合うために出会ったのかもしれません。

キャバ嬢はお金持ちだけどいつもおごる&プレゼントは控えて期待を持たせない

あげまん体質の女性は男性を一生懸命に働かせることができる人

キャバ嬢はお金持ちかもしれません。

しかしあげまん体質になるには、いつもおごってばかりではアウトです。

あげまん体質とは、男性に幸運をもたらす女性のことです。

あげまんの女性は男性を上手に働かせ、彼におごることは滅多にありません。

彼は彼女のために一生懸命働き、その稼ぎを全て彼女に渡します。

彼女がとても喜べば、これが彼の最大の喜びになるのです。

これは、まさにwin-winの関係です。

ところが彼におごってばかりやプレゼントしてばかりだと、どうなるでしょうか?

彼に喜んでもらおうとおごったりプレゼントするのかもしれません。

しかしこれは彼の喜ぶポイントが大幅にズレてしまいます。

彼が喜ぶのは、彼が尽くしたことで彼女が喜んだ時です。

彼はますます彼女を喜ばせようとして、一生懸命稼ぐようになるのです。

あっけらかんと仕事の報告ができるキャバ嬢の彼女なら信用される

キャバ嬢という仕事に引目を感じさせず彼に信用してもらえるようになるには、仕事の報告をすること。

これにつきます。

その際、愚痴や不満を言ってはダメです。

仕事上の全てを報告するのではなく、一緒に笑えるようなトピックを厳選してください。

あっけらかんと仕事の話ができれば、彼もホッとひと安心でしょう。

これができるできないで、その後のパートナーシップに影響が出ます。

とても言える雰囲気ではなかったり気軽に仕事の話ができないなら、彼との間に溝ができてしまいます。

二人の間の溝は何かがきっかけで大きく口を開け、しまいにはちょっとした仲違いから完全なる別れにつながってしまうこともあるのです。

せめて仕事に関して彼に聞かれたことは、言葉を濁さずにはっきりと答えましょう。

隠し事はダメです。

ありのまま全てを言わなくても良いのですが、彼に言っておいた方が良いことと、黙っておいた方が良いことのをうまく見極め瞬時にハンドルを切り変えることが大切です。

昼夜逆転の生活ですれ違いが多くてもブレない強さがあると逆に安心する

 

キャバ嬢という仕事柄、彼とはすれ違いが多いかもしれませんが、ブレない芯の強さがあれば彼は安心していられます。

逆に「すれ違いがキツい」と不満ばかりを漏らしていると、彼は会うのが億劫になってしまいます。

昼夜逆転の生活ですから、必然的に彼に合わせなければならないことも多々出てきます。

問題は「睡眠」です。

人間の体は、夜しっかり眠ることで体調を維持します。

傷ついた細胞も夜の睡眠で修復されると言われているくらい、夜間の睡眠はとても重要なのです。

理想は日の出と共に起き、夜は日をまたがない頃に眠りにつくこと。

朝、「あ〜よく寝た!」とすっきり目覚められるのは、心身共に健康な証拠です。

しかし夜勤となるとそうもいきません。

夜中2時〜3時くらいまでにベッドに入れるならまだいいかもしれませんが、帰宅が夜明けともなると寝るのは完全に朝です。

夜勤の人たちの多くが「昼間は睡眠が浅いし、ぐっすり寝たことがない」と言います。

ましてやキャバ嬢ともなればお酒を飲むことも多いし、売り上げのために無理することもあります。

お酒を大量に飲んだ上に睡眠不足なら、いずれ体を壊すことにもなりかねません。

いずれにせよ彼とのすれ違いだけでなく、体調にも問題が出てくるのはよほどでない限り避けられそうもありません。

このようにさまざまなリスクがあるキャバ嬢ですが、一概にそうとも言えないのはキャバ嬢という仕事に誇りを持つ女性もいるからです。

こういう女性は、キャバ嬢としてはプロ中のプロです。

彼としても口を挟むわけにはいきません。

むしろ誇りを持って仕事に向かう彼女の姿は、心から頼れる存在でしょう。

何かしてもらったら心から喜べる彼女なら最高

キャバ嬢は男性客に喜んでもらうことを仕事にしていますが、性格的に男性に喜んでもらったり尽くしてあげるのが好きなのかもしれません。

しかし彼は喜んでいる彼女が好きです。

彼から何かやってもらったら大袈裟に喜ぶべきなのは、それが一番彼が好む姿だからです。

彼はもっと喜んでもらおうと画策するはずです。

彼女が喜んでいる姿を見るのに飽き足らず、もっともっと喜ばせようと必死でしょう。

そのたびに喜べば良いのですが、彼が尽くしてくれることが逆に重く感じる女性がいることも確かです。

本当は自分が彼に尽くしたいのに、彼が尽くしてくれるので何か物足りないのです。

尽くしたがり屋の癖が出るのはこういう時です。

ところが彼に尽くし過ぎてしまうと、一瞬で彼は彼女に尽くすのをやめてしまいます。

何事も中庸が大事です。

どちらか片方が尽くすばかりでなく、お互いに尽くし尽くされる間柄がもっとも理想的でしょう。

そうなるためにも彼が何かしてくれたら心から「嬉しい、ありがとう」と伝え、美味しいものをごちそうしてもらったら「美味しい!」「また食べたいな」と喜ぶことが大切です。

lineのやり取りはそっと寄り添うくらいがベスト

キャバ嬢という仕事柄、lineの重要度は高いかもしれませんが、彼とのlineのやり取りはそっと寄り添うくらいがベストです。

そもそも一般的な男性たちはlineを業務連絡程度にしか考えていません。

女性たちのように、心のなかをあけすけに友達に語ったりしないのです。

必ずと言っていいほど短文だったりスタンプだけの返信なのは、男性特有のスタンスと考えてください。

彼に女性の友人のような返信を求めてはいけません。

Lineを重要視しなければ彼へのLINEを既読スルーされたり、既読にすらならなくても心配しないで済みます。

とは言え、彼からのlineのアクションを一切スルーし続けるのは感心しません。

故意にスルーするのは謙虚な姿勢ではありませんから、彼に返信しなければならない内容だったら「なるべく早めに」が鉄則です。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

外見だけじゃない!本音やヤキモチもしっかり伝えていつでも可愛い女でいる

男性に(言わなくてもわかるでしょ)は通用しない

男性に対して(そんなことくらい言わなくてもわかるでしょ!)という態度は通用しません。

言わないとわかってくれないなら、もはや言うしかないのです。

言いづらいことこそちゃんと言う必要があるのは、イラついたからではなく相手に理解してもらうためです。

やってしまいがちなのが、黙り込んでしまうこと。

黙り込むのは何か言いたいことがある証拠です。

しかし言わないままでいると、さらに不機嫌さは増すばかりです。

黙り込むのは攻撃の一つと考えてください。

彼が好きなら、イヤだなと感じたことや不思議に思ったことはきちんと彼に説明する義務があります。

たとえば自分にとって当たり前のことでも、それを指摘された相手は知らないこともあるのです。

「え?気づかなかった」と、思わず首(こうべ)を垂れてしまうかもしれません。

そういう姿を見て「ちょっと言いすぎたかな」と思うこともあるでしょう。

でもこうやって少しづつパートナーシップは築けるのです。

本能のままに本音をぶちまける必要はありません。

その中にもしかしたら誤解があるかもしれないからです。

どちらにせよ彼とうまくやっていくためには、会話によるコミュニケーションはとても大切と考えてください。

ヤキモチや嫉妬心は隠さず感情で表現すると彼はキュンとなる

ヤキモチや嫉妬心は隠さずに、きちんと表現するようにしてみてください。

たとえば「え?来週会えないの?…そう」だけで終わらず「寂しー!」と感情を入れるのがコツです。

シリアスになりすぎず、多少冗談まじりがいいかもしれません。

少しくらいならワガママを言ってもいいのです。

「いつもいい子でいたい」と考える人は特にこの点に注意してみてください。

「プライドが許さない」とか「嫉妬する自分が面倒」と思うかもしれません。

しかし彼ともっと仲良くなるためには、彼を「キュン」とさせる機会を与えることも時には必要なのです。

彼女の適度なヤキモチや嫉妬は彼をキュンとさせてしまうばかりでなく、思わず「こいつ可愛いじゃん」と感動すら呼び起こします。

嫉妬心も過度になったり、ネチネチといつまでもヤキモチを焼くのはNGです。

常にアッサリした言動を心がけるようにしましょう。

嫉妬心むき出しだと、彼が「重いなー」と引いてしまいます。

怒り口調はNG!大事なのは本音の伝え方

 

本音は伝え方が重要です。

怒りを込めたり、泣いたりは超NGです。

多くの男性たちは、感情的な女性の態度が苦手です。

怒り口調でとがめられたり、責められるとその場から逃げたくなってしまうのです。

もし感情的になりそうだったら、本音を伝える前に一度、深呼吸してみてください。

それでもだめなら、数回ゆっくりと深呼吸すればかなり落ち着きます。

そしてあるがままを伝えます。

困っているなら「こういうことがあるとすごく困る」と伝えます。

改善して欲しいところがあるなら最初に「自分もそうかもしれないから気をつけるけど…」と前置きしてから「こうして欲しい」というように具体的に伝えてください。

NGなパターンは「何度言ってもダメだね」とか「もう愛想尽きた」のように、三行半的な言い方です。

本音を言えずにずっと我慢しているとこのように言ってしまうので、気をつけてみてください。

見過ごしてもいい面と改善して欲しい面を見極めてから伝えるようにすれば、その後も大きな問題にはなりません。

「可愛い」と思わせるには彼のイエスマンにならないこと

彼に「可愛い」と思わせるためには、彼のイエスマンになってはいけません。

彼のイエスマンとは、彼の言いなりになることです。

全面的に相手に主導権を譲り渡すのは、決して悪いことではありません。

しかし二人の間にある微妙な緊張感がなくなるのは確実です。

「ここは譲れない」というところをはっきりとさせておきましょう。

それさえも彼に主導権を渡すなら、彼としては「のれんに腕押しぬかにクギ」でしょう。

箸にも棒にも引っかからない彼女の態度に、がっかりするかもしれません。

自分の考えを持たない女性の魅力は、そうでない女性に比べ半減します。

彼が「可愛い」と思えるのは「自分軸がしっかりした自分の意見を持つ女性」です。

ずっと一緒にいるだけが恋人じゃない。彼のプライベートを理解する

彼のプラーベートを理解できる女性は、彼の評価が高いです。

彼と恋人同士だからといって、ずっと一緒にいるだけが良いとは限りません。

「あえて会わない日を作る」「数日間全く連絡を取らない」というようなことをやっているカップルは、いつまでも新鮮さを保っています。

逆に毎日のようにベッタリしているカップルは、すぐにそれに飽きてしまうことが多いです。

いつも会っていると、相手に会える楽しみがありません。

彼といつも熱々でいたいなら、離れている時間を作らなければなりません。

そのためにも彼のプライベートに関与することは避けてください。

どうしても気になって仕方がないなら、それは「自分のプライベートをもっと充実させなければいけない」というサインです。

彼女がキャバ嬢だと不安になる?浮気の心配や寂しい思いはさせない

マメな「いまどこにいて何をしてるかline」に彼は安心する

彼を心配させないようマメに「今どこにいて」「何をしている」をlineで伝えましょう。

こうすることで彼女がキャバ嬢でも、彼が浮気の心配をしたり寂しい思いをさせずに済みます。

やや嫉妬深い性格の彼なら、彼女がキャバ嬢ということをかなりマイナスにとらえています。

そのマイナスを少しでも取り払うのが、マメな状況報告というわけです。

彼に言われて渋々やるよりも自ら進んでやった方が彼的にはプラスですから、すぐにでも始めてください。

内容はあくまで「簡潔」がポイントです。

マメに入れる連絡なので長々とした長文だと、彼が未読スルーする可能性があります。

とはいえ、女性らしい優しさは文面に打ち出すべき。

「早く会いたいなぁ」「いつも優しくしてくれてありがとうね」というように、彼に対する愛情がこもった内容がベストです。

リア充的SNS発信は彼に疑念を抱かせる

彼が不安になるのは、彼女のリア充的なSNSの発信を見た時です。

本来の彼女を知っているので彼は鼻白む思いだし、どんなに楽しそうな投稿でも彼は興醒めします。

そればかりか彼女に対して「もしかして客と浮気してるんじゃ…」「このブランドバッグ、客に買ってもらったのか?」というような疑惑や疑念を抱かせてしまいます。

売れっ子キャバ嬢なら、SNS投稿はお客さんや店の宣伝のためかもしれません。

しかしその内容があまりにもセレブな投稿ばかりだと、ちょっといただけません。

彼は「地に足がついていない」とか「あまりにも非現実」という印象を抱くので、彼女への評価は下がる一方です。

本気になれずに、他好きに走る可能性もあります。

客や仕事の愚痴は「キャバ嬢辞めろ」と言われるだけ

疲れているとつい出てしまう客や仕事の愚痴は、彼を不安におとしいれるだけです。

彼が聞き上手でも、仕事に関する不満を言ってしまうと「もうキャバ辞めろ」とたしなめられてしまいます。

そんなつもりはないのに話が思わぬ方向に進み、こじれにこじれて結果的に別れてしまった、なんていうことも十分に考えられます。

時には愚痴りたい時もあるでしょう。

そういう時、彼を愚痴る相手にしない方が良さそう。

100%彼女のためを思って「もう辞めろ」と言ってきます。

ところがここから先「辞める」「辞めない」で話が噛み合わなくなる可能性大です。

辞めるつもりなら彼に相談するのもアリですが、辞めたくないなら相談するのは彼ではなく女友達にするべきです。

かまってちゃんの彼を避けたりかまいすぎるのは逆効果

彼がかまってちゃんの場合、面倒くさいからと極端に避けたり逆にかまいすぎるのは逆効果です。

彼はキャバ嬢で忙しくしている彼女のことが気になって仕方がありません。

振り向いて欲しいからかまってちゃんになってしまうのですが、そんな彼の存在は彼女をますます大変にしてしまうだけでしょう。

かまってちゃんを避けると、イジケます。

イジケるともっと面倒なことになるかもしれません。

たとえば店の近くまで来て仕事が終わるのを待っていたり、スマホを盗み見たり。

かまってちゃんの彼は、自分に自信をなくしているのです。

そんな彼のために、どんなに忙しく疲れていても時間を作ってあげてください。

そしてその時間の時だけはとことん話を聞いてあげましょう。

それ以外でかまって欲しそうな時は「今は話できない、ごめん」とかまえないことを毅然と伝えます。

めんどくさそうな態度になったり、決して怒らないように。

彼は話を聞いてもらうだけで自分を認めてもらった気分になれるので、徐々にかまってちゃんを脱します。

自分の趣味を楽しむ時間を大切にすれば彼は浮気を心配しない

自分の趣味を楽しむ時間を大切にすれば、彼は浮気の心配をせずに済むでしょう。

キャバ嬢の中には「借金で首が回らないからそれどころじゃない」という人もいるはずです。

だからこそ趣味を持つべきなのです。

お金をかけなくてもできる趣味はたくさんあります。

たとえば最寄りの図書館に行けば、それほど待たずに最新刊を読むことができます。

キャバ嬢にとって知識を得るのは大事な仕事ですが、隙間時間を見つけて本を読む習慣をつければ仕事にも反映させることができます。

キャバ嬢として売れるためには、美しくドレスを着こなせる容姿も重要です。

ジム通いはすでにしているという人も、この機会に運動方法をバージョンアップしていきましょう。

どんな運動でも筋肉の使い方には偏りが出ます。

その偏りを減らすためにはさまざまな運動方法を取り入れるのが良いのですが、全身の筋肉を使う運動として水泳がおすすめです。

また全身の血行が良くなる、足の運動も取り入れましょう。

足を使う運動といえば登山やハイキングです。

四季折々の自然を味わえるし、たくさん汗をかくので肌に透明感が出ます。

こんな風に余暇を楽しんでいる彼女の様子に、彼は浮気のうの字も考えなくなるでしょう。

 

仕事とプライベートはしっかり分けて!彼と一緒に過ごす時間はルールを設ける

黙っていたらOKと同じ。我慢せずに本音ははっきり言うこと

彼と一緒に過ごす時間は「本音ははっきり言うこと」をルールの一つにしましょう。

彼に言いたいことがあっても、黙っていたらOKと同じことです。

我慢はしないこと。

二人でいる時、これが最低限お互いに求められることです。

とは言え彼から嫌われるのを恐れるとはっきり言えず、つい黙り込んでしまうもの。

これは言いたいことが言えないのが習慣になってしまっているからです。

おそらく幼少期の頃、親への反論が一切認められていなかった可能性があります。

あるいは感情的に怒鳴る親に対し、いつもなす術なしだったかもしれません。

大人になっても相手に反論できなかったり意見できないのは、そのような経緯があったからではないかと考えられます。

言いたいことがあったら言ってもいいのです。

むしろ言わければいけません。

それが相手に対する礼儀でもあるのです。

ただし言い方には気をつけなければいけません。

言い方一つで相手が抵抗したり、意見を受け入れがたくなることもあるからです。

「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」のような感じで意見を求めるように伝えると、彼は抵抗を感じません。

一方的に「なんでこうしてくれないの?!」と言うのが日常的なら、いずれ大げんかになるのは避けられないでしょう。

先約をキャンセルしない。常にパートナー優先をやめる

友達との約束が先に決まっているのにパートナーに誘われたからと言って「先約をキャンセルするようなことは絶対にダメ」とお互いに認識しておきましょう。

先約を断ってパートナーを優先するのは女性に多いです。

反対に男性はパートナーとの先約があっても、友達の誘いを優先する傾向があります。

彼的には、彼女のことは大事だけれど友達も大事なのです。

この二つからどちらかを選べと言われたら、彼はどうするでしょうか?

たぶん友達を優先するでしょう。

なぜなら「彼女との約束を破っても彼女は怒らないから」です。

今までも彼との約束をキャンセルしてきたことがあっても、彼を怒ったことはなかったのでしょう。

自分にもし先約があって彼から誘われたら、先約はキャンセルしてきたはず。

なんという不公平感!ですよね。

彼を断れないのは「断ったらもう誘われなくなるから」という恐れがあるためです。

恐れは、その通りの現実を引き寄せます。

友達を断るのは簡単ですが、恐れによって断ることだけはしない方が良いでしょう。

これからはできるだけ先約を優先してください。

それくらいのことで彼が機嫌を悪くするなら、中身は子供と同じなのです。

機嫌が悪くなってもそれは彼の問題です。

一切スルーでいきましょう。

疲れている時は1人で過ごすことも選択肢に入れる

疲れているのに「彼とデートだから」と無理するのは、今後末長い付き合いへの障害になってしまいます。

こういう時は、一人で過ごすことも選択肢に入れましょう。

誤解を招かないためにも、あらかじめそのことを彼に伝えておくべきです。

深夜勤務で昼夜逆転の上、女性には月に一度の生理があります。

何かと体調不良になりがちなのですが、それを彼に知っておいてもらわなければいけません。

全く知らないのに彼女の具合が悪くなっても、彼はどうしたらいいか混乱してしまいます。

でも知っていれば「じゃ今日はゆっくり休んでね」と、彼女を思いやれるのです。

このように些細なコミュニケーションでも、後々まで重要なやり取りとして二人の関係にも影響を及ぼします。

いずれにせよ無理は禁物です。

彼のプライベートを細かく詮索しない

彼のプライベートをいちいち細かく詮索してはいけません。

いくら彼氏彼女の仲とは言え、立ち入ってはいけないゾーンがあるのです。

「彼の全てを知りたい」というのが恋愛だと思っていたら、今すぐ「それは幻想」と理解してください。

そもそも相手の全てを知ることに何かメリットはあるのでしょうか。

「全てを知りたい」と考えるのは、実は「知らなければならない」という不安からきています。

「隠された部分に何か秘密があって、彼は何か隠しているかもしれない」

そんな風に彼を疑っているからなのです。

その証拠にうまくいっているカップルたちの多くは「彼?今何してるかそんなの知らない」とか「あいつ忙しそうだからほっといてる」と言います。

永く続いているカップルは、相手を放っておいたり自由にしてあげるのも愛情の一つなのです。

執着心が強い人にとっては信じられないような事実でしょう。

しかし少なくとも執着があると、お互いに息苦しさを感じるのは間違いありません。

気になるならなおさら彼のSNSは見ない

彼のSNSが気になって仕方がないなら、なおさら彼の投稿はチェックしないようにしてください。

心が乱れることはしない方が良いのです。

とは言えフォローしていると、いやでも彼の投稿は目に入ってきます。

そのたびに恐る恐る見てしまう自分にもいささかうんざりでしょう。

見たくなければ見なければいいのですが、そうもいかないならTwitterならミュートという方法があります。

また思い切って彼のフォローを外すのも一つの手です。

初めはフォローを外したことに気づかないかもしれません。

でも気づいた時「なんで?」と不満げでしょう。

間違っても「投稿がつまんないから」と言わないように。

無駄なケンカは避けてください。

フォローを外すと意外に気持ちがスッキリするのを感じます。

これで彼の投稿を見なくて済みます。

振り返ってみるとSNSの投稿は「別にたいしたことではない」と気づくでしょう。

彼をフォローしなくなったら関係が悪化するどころか、良くなる可能性の方が高いです。

一度やってみればわかりますから、ぜひ試してみてください。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼との揺らがない信頼関係を持つことが長く付き合うコツ」

占い師 姫乃
キャバ嬢で彼がいるなら、彼との揺らがない信頼関係を持つのに少し工夫が必要になってくるわ。

まずは彼の不安や心配を取り除く工夫。

そして何より彼女としての自分を、今一度振り返ってみること。

とにかくこの2点が重要。

もしわからなくなったらいつでも記事を読み返してみて。

事情があってキャバ嬢やってるっていう人もかなり多いと思うけど、彼の本音がわかれば大変なことも必ずうまく乗り越えられるはずよ。

さらに二人のパートナーシップが向上することを願っています!

 

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事