バレンタインデーを上手に活用し、望み通りに元彼と復縁する方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「元彼にバレンタインチョコをあげたい、でも受け取ってもらえるか心配」

もしそんな悩みがあったらちょっと立ち止まって、この記事に目を通してみてください。

今回はバレンタインデーを上手に活用し、望み通りに元彼と復縁する方法についてご紹介します。

チョコをあげても大丈夫な時や、チョコをあげない方がいい場合の理由、チョコをもらった時の元彼の心理、チョコをあげた後に考えられることまで、元彼へのバレンタインデーがもっと効果的かつ効率よくなるための方法を詳しく説明しています。

あらゆる状況に沿っていますから「バレンタインどうしようかな?」と迷っていても、きっとすんなり解決するはず!

ではさっそく見ていきましょう。

復縁メニューはこちら

元彼にバレンタインチョコをあげない方がいい理由

「バレンタインが復縁目当て」ということがストレートに伝わる恐れがある

バレンタインにチョコをあげない方がいい理由は、「復縁目当て」がストレートに伝わってしまう恐れがあるためです。

付き合っている彼氏がいる人にとってバレンタインデーは、ワクワクするようなイベントです。

手作りチョコなら数日前、いや数週間前から準備を始めるかもしれません。

ブランドチョコに負けないほどのラッピングをほどこし、その気分はまるで「パティシエ」です。

あるいは人気のチョコをネットでチェックしたり、ショッピングモールのワゴンの中からプレゼントするチョコを決めるのも楽しいひと時です。

でも相手が元彼の場合、そういうわけにもいきませんよね。

一番厄介なのが「なんだよ、復縁する気満々じゃん」と思われてしまうことです。

それも、ちょっと押し付けがましいようなフィーリングとして感じてとってしまうのです。

押し付けがましさを感じた時、人はそれを避けようしたり引いてしまいます。

元彼も「引いてしまう」ことが考えられます。

せっかく元彼のために、と選んだチョコなのに相手から引かれてしまったらかなり悲しいですよね。

引かれるんだったら自分で食べてしまった方が「心から幸せ」というものです。

このような理由から、バレンタインにチョコをあげるのは見合わせた方が「元彼が引いてしまうリスク」は回避できます。

「相手がどう思おうが自分があげたいからあげる」と考えていたら、もう少し相手の気持ちを深読みすることもやってみてください。

ケンカ別れの場合、元彼が予想もしていない元カノからのチョコに戸惑ってしまう

別れた原因がケンカだった時、元彼はチョコをもらえるとは予想していない場合があります。

元彼は想定外のチョコに、動揺したり戸惑ったりしてしまいます。

混乱させることがいいことか悪いことか、と考えたらそのどちらでもありません。

いい悪いで判断はできないのですが、元彼が「嬉しい気持ちより困った」と考えるならちょっと問題です。

もちろん万々歳で「超嬉しい!」なら、もう復縁間違いなしですが、多くの場合、元彼は困ります。

なぜなら「元カノを忘れるのに必死だったりするから」です。

たとえて言うなら「忘れたい」という舵取りに一生懸命なのに、まるでその舵を横取りされた状態です。

せっかく元カノへの思いが落ち着いた頃に、また心をひっかき回されたかのようで、思わず「なんで…?」と困惑してしまうはず。

チョコをくれたのはありがたいが「じゃあどうしたいのか?」と言う思いが胸に迫ります。

「自分は忘れたい」

「でも元カノはチョコをくれた」

「じゃあ俺、どうすればいいの?」

このように、大きな声で叫びたいような気持ちになっていることでしょう。

今カノがいたら絶対NG!もし元彼が音信不通なら、すでに今カノがいる可能性大

元彼に今カノがいたら、チョコをあげるのが絶対NGです。

元彼のことは今カノに任せましょう。

「イケメンでモテ男だったら複数のチョコをもらうからわからないんじゃない?」などと思っても、ダメです。

未練タラタラに見える上、元カノとしてのプライドは「限りなくゼロに近い」です。

今カノとの仲を裂こうとしている、と思われることもあります。

あと、元彼が音信不通の場合、やはり今カノができている可能性大です。

音信不通の時、相手がもう元カノに未練がない場合が多いです。

未練がない場合、新たな恋愛関係に入っていることが考えられます。

確率で言えば50対50ですが、こういう時元カノは「きっとまだ、たぶん、おそらく恋人はいないだろう」と考えてしまいがち。

希望的観測を現実のようにとらえてしまいます。

確信はなくても「今カノはたぶんいないだろう」と判断したら、チョコをあげたくもなりますよね。

「チョコをあげて元彼の反応を確かめればわかるのでは?」と、チャンレンジ精神で体当たりです。

しかし「結果は予想に反することもある」ということも覚えておいてください。

元彼がバレンタインチョコが何を意味するのかがわからない時、混乱するから

一部の男性は、バレンタインチョコが何を意味するのかがわからない場合があります。

そういう時、元カノが何を求めているのかもわからないため、元彼を非常に混乱させることになります。

「別れたけどきっとまだ自分のことは好きなんだろうな」とだけは分かっても、元カノの心理を理解できません。

元カノから「バレンタインだからチョコあげたんだよ」と言われたら「あ〜そうなんだ」と、チョコの理由がバレンタインデーだったことに気付きます。

しかし、ここでも「なんでチョコ?」とばかり、元彼の頭の中は疑問で埋め尽くされます。

この状況には、男性と女性のバレンタインデーに対する考え方の違いがよく表れています。

バレンタインチョコに期待を抱く男性もいますが、多くの男性はバレンタインデーだからと言って必ずチョコをもらえるとは限らない、と考えています。

義理であれ、一つももらえなかった時に傷つかないようにするためで、もらえない可能性も十分にあると想定しているのです。

そう考えている時、突然元カノからチョコをもらっても驚くばかりです。

喜びをあらわすどころか、戸惑いを隠せません。

つまるところ、元カノが何を考えているのかわからないことが混乱する一番の原因です。

とは言ってもこの状況は、実際にチョコをあげてみないことにはわかりません。

しかし今まで付き合っていた時のバレンタインも元彼にチョコをあげても「ポカン」としていたようであれば、チョコをあげてもあまり意味はありません。

単純に「重い」と受け取られた時、元カノの印象がマイナスになるから

元彼にバレンタインのチョコをあげない方がいいのは、元彼に「重い」と思われる可能性が高いためです。

チョコをもらった元彼はその瞬間、さまざまな思いが交錯し葛藤します。

この葛藤の中にはまぎれもなく「重い」という感情が含まれています。

「元カノが重い」ということは、少なくとも元カノの印象はマイナスです。

手元に残ったチョコを見ながら元彼は、どう考えても美味しく食べられると思えません。

せっかく元彼のことを考えながら「喜んでもらえると思って買ったチョコなのに」この有り様です。

このようにプレゼントしたチョコが「重い」と感じることもあります。

しかしこれも元彼の性格によって違います。

「重い」と感じる男性の多くは、ネガティブな性質を持ち合わせています。

そのような性質は変えることはできませんから、究極は「チョコをあげないこと」。

これが最も得策なのです。

バレンタインに興味がない元彼の場合、ただ「めんどう」と思われるから

元彼にチョコをあげても、ただ「めんどう」と思われることもあります。

なぜかと言うと、男性によってはバレンタインデーに興味がない人もいるから。

興味がない人は「100歩ゆずってまぁチョコは貰えば嬉しいよ、でも別にバレンタインじゃなくてもいいんじゃね?」と思っているのです。

街中でバレンタインチョコのワゴンに群がる女性を見るたび、争うようにチョコを買うような気持ちが理解できません。

きっと元カノもそういう風に買っただろうと思われるチョコに対して、冷めた視点で見るのも男性ならではです。

もちろん好きな男性にあげるためにチョコを選ぶ、というのは理解できますが「それってただのエゴに過ぎない」と感じているのです。

結局「気に入ったチョコを自分買って、自分だけで美味しく食べればいいのでは?」という結論に達します。

このようにバレンタインデーに興味がなかったり、敬遠したいと考えている元彼だったら、チョコをあげることを考えない方がいいでしょう。

これならバレンタインのプレゼントをしても大丈夫!

同僚や仲間内で義理チョコを配るうちの1人だったら大丈夫

元彼が義理チョコをあげる対象の同僚や仲間内の1人だったら、バレンタインチョコをプレゼントしても特に問題ありません。

つまり「義理チョコ」と定義したものなら、元彼も何も考えずに受け取れるわけです。

恋愛関係ではない人にも好意の表れとしてチョコをあげるのは、日本独特の習慣です。

「日頃お世話になっているから」とか「きっと本命チョコもらえる可能性が少ないだろうから」というのがその理由です。

男性の中には義理チョコでさえもらえない人もいるので、そういう人たちから見たら「まだ恵まれている」と感じます。

また義理であっても、もらった誰もがほんのりとした幸せを感じます。

たとえ一粒のチョコでも「バレンダインデーにもらえた」というところがポイントなのです。

なぜなら、そこには女性側の意図がまったくないから。

義理チョコには「愛を込めたこのチョコで彼を振り向かせたい」とか「なんとか復縁できたら」などという意図は「ほぼゼロ」です。

義理チョコなら渡しても大丈夫。

元彼も何も考えず受け取ってくれるでしょう。

あくまで「義理」がイメージできる安価で気楽なチョコなら元彼も重く感じない

「これなら大丈夫!」というバレンタインチョコが、比較的安価で「義理」がイメージできるような気楽にあげられるチョコです。

このようなチョコなら元彼も重く感じません。

おもしろ系や、ちょっと変わったチョコなどが喜ばれます。

反対に、見た瞬間に「高そう!」と思われるチョコはNGです。

元彼は高価なチョコを受け取った瞬間「ホワイトデーが大変」と思ってしまいます。

いくら元カノが義理チョコと決めて元彼にプレゼントしたところで、受け取る側が「義理チョコ」と思わないこともあります。

その一つが高価なチョコですが、これにはさすがに元彼は「重い」としか感じないはず。

もらって悪い気はしないものの、実際にチョコを口にする時の気持ちは複雑です。

食べながら頭の中ではすでに「ホワイトデー」に散財する自分を想像しています。

人によっては「バレンタインデーっていったい何なの??」と憤慨します。

元彼の中では、今や消滅しそうな勢いの「お中元」や「お歳暮」と同じカテゴリーです。

このように高価なバレンタインチョコをもらった場合に限り、ホワイトデーにお返しをあげるのはちょっと不本意と感じるのです。

バレンタイン当日より少し日にちをずらすと、元彼へのプレッシャーが少ない

元彼にバレンタインデーにチョコをあげようと思っていたら、ちょっとだけ日にちをずらした方がいいかもしれません。

元彼が感じるプレッシャーを最小限にしてくれるでしょう。

それが元彼への配慮というものです。

別れた後の元彼にとって、元カノからのバレンタインチョコはプレッシャーに感じる何ものでもありません。

バレンタイン当日に「はい!」と渡した時、もし元彼に困惑されたら、ガッカリしてしまいますよね。

たいていの男性は「バレンタインもらえるかな」とワクワクしているものです。

この時、もらえる相手が元カノとは想定していません。

しかし、もらえたのが「まさかの元カノのチョコ」だと若干、気が重いし、何とも言えないプレッシャーを感じてしまうのです。

言葉に出さずとも「私はまだあなたが好きなんだよ!何とかして!」と言われているようなものです。

このようなプレッシャーを相手に感じさせないためには、プレゼントをあげる日にちをやや前倒しにするか、少々先送りにするのが賢明です。

バレンタイン当日の気負いがないため、チョコをもらった元彼も気が楽です。

元彼とひんぱんに連絡を取るようになって、再び良い関係性に戻りそうな時

元彼にチョコをあげても大丈夫!と間違いなく言えるのが「元彼とひんぱんに連絡を取るようになっているとき」です。

付き合っている頃よりは頻度は少なくても、割とマメに連絡を取り合うようになっていると「再び良い関係性に戻れそう」と感じるものです。

こんなとき、もし復縁は考えていなくてもバレンタインチョコをあげる対象にしても問題ないでしょう。

一応以前は付き合っていた仲です。

数ヶ月の冷却期間を経過したあと、さりげなく以前のように気兼ねなく世間話をしたり、近況報告をしたくなることもあります。

先のことは分からなくても、こういう関係性は大事にしたいですよね。

だったらバレンタインチョコをあげても大丈夫。

急速に復縁するきっかけとなるはずです。

元彼はすでにホワイトデーのことも考えていることでしょう。

お互いに吹っ切れていて復縁しようという気持ちがほとんどない時

お互いに吹っ切れているとき、元彼にチョコをあげても大丈夫です。

これは「復縁したい気持ちがほとんどない」と自分が感じていて、「元彼もたぶん同じだろうな」とやや確信があるときです。

復縁したいという気持ちがないと執着でお互いを縛ろうとしませんし、その関係性は明るく軽いものです。

昔から知っている友人のようで、そこにネガティブな感情はありません。

ところが別れた時に何らかの事情でトラブったり、お互いに確執があるとこうはいかないものです。

つまり吹っ切れていない、ということになります。

どちらかが、あるいは双方とも吹っ切れていないと、チョコをあげるのはちょっと考えた方が良さそうです。

たかがチョコ、されどチョコです。

バレンタインにあげるから、チョコに特定の意味が生まれるのです。

もしお互いに吹っ切れているなら、それがバレンタインデーでも、チョコの意味は「ちょっとしたおやつをあげる程度」のものだけとなります。

別れてから半年以上経過していて、元彼にまだ彼女ができていない時

別れてから半年以上経過して元彼にまだ彼女ができていないなら、バレンタインにチョコをあげてもほぼ大丈夫です。

半年以上経過している間は、もちろん会うこともなく連絡も取りません。

これがいわゆる「冷却期間」です。

冷却期間は復縁に無くてはならないほと重要なことです。

「別れた時あれほど悲しい思いをしたのに、今はもうそれほどでもない」と怒りや悲しみが消え去るのが冷却期間の効果です。

相手との距離を置けば、別れた時の確執や相手に対するマイナスの感情を鎮めることができます。

冷却期間には「これが正しい期間」というものはありません。

ある人は3ヶ月だし、ある人は一年だったりします。

気持ちが落ち着き、元彼を思い出しても悲しい気持ちにならないのが一つの目安です。

このような状態であれば、元彼にバレンタインのチョコをあげても大丈夫です。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

迷惑?それとも嬉しい?元彼がチョコをもらった時の心理

「率直に言ってチョコもらえるなら誰からでもどんなチョコでも嬉しい」

元彼は「率直に言ってもらえるなら嬉しい」と考えます。

それが義理チョコであっても、です。

またプレゼントしてくれた相手が誰であっても、「プレゼントしてくれた」ということに対して普通に嬉しさを感じます。

バレンタインデーには一つでも多くのチョコをゲットできた方が、なんとなく男としてのメンツが保てるのです。

なぜなら一つももらえずに、寂しいバレンタインを過ごす男性が圧倒的に多いから。

手にしたチョコを見ながら、ほくそ笑むかもしれません。

とは言え、誰かに自慢するわけではなく「自己満足にひたる」という感じです。

つまり元彼はチョコをもらったら、少なくとも悪い気はしない、ということです。

「ん〜チョコもらったとしても復縁とか考えてないし」

元カノからチョコをもらったからといって、元彼は復縁は考えません。

元カノからのチョコは「不特定多数の男性にあげた義理チョコの一つ」と受け取ります。

「だって別れてるし」と考え、自分を納得させます。

大ゲンカからの別れだったら「元カノが白旗をあげた」と見ます。

元カノの降伏のサインであるチョコを目の前にして、満足気です。

ですが、復縁となると話はまた別です。

なぜなら「一度きっちり別れるたら復縁はそう簡単ではない」と思っているためです。

深層心理には、恋愛に対する後ろ向きな感情が潜んでいます。

お互いの気持ちがすれ違ったことで、良好な関係性が崩れていくのをイヤと言うほど経験していたら「しばらくはもういいや」と考えるのは当然です。

元彼にとってチョコをもらうのはいいとして、チョコを受け取ったとしても復縁はまた別の話なのです。

「甘いもの嫌いだしバレンタイン興味ないから、親か兄弟にあげるしかないかな」

元彼が甘いものが嫌いな場合、バレンタインデーにチョコをもらっても困るかもしれません。

どんなにキレイにラッピングされたチョコであっても、どんなに素晴らしいチョコであっても、興味が持てないのです。

元カノが手にしたチョコを見た瞬間に「親か兄弟にあげるしかないな」と思います。

表情は笑顔ですが、元彼の心理は「心にグッとくる」状態とはまさに真逆です。

何せ「甘いものが嫌いだからバレンタインなんて意味わからん」と考えているため、プレゼントされたことはありがたくても、そのコンテンツには一切興味がありません。

無理に食べる義理もないし、悪いからと食べるのはつらいだけです。

元彼の友人たちにあげるのは少々嫌味になるため、これは避けるはず。

こんな時、頼りになるのが親や兄弟でしょう。

ニヤニヤしながら喜んで食べてくれます。

このようにもし元彼が甘いもの苦手なら、バレンタインデーは喜ばしいものではありません。

「ジワジワ復縁持ちかけてきそうで怖い」

元カノのバレンタインチョコに対して、元彼は「ジワジワと復縁を持ちかけてきそうで怖い」と考えることがあります。

元彼が復縁を考えているならまだしも、まったく考えていないと「復縁させられる」と思ってしまうのです。

「チョコをあげるから復縁して!」と口では言わなくても、なんとなくゴリ押し的なチョコに気が滅入ってしまいます。

こんな時元彼は、天を仰ぎながら「どうしたものか」と考えこんでしまうでしょう。

押しの強い女性の、このような「ジワジワ作戦」に弱い男性は、実はかなりいます。

元カノの戦略にはまり「いつの間にか復縁していた」ということになったらシャレになりません。

この時「追えば逃げる」という心理が働いています。

元彼は「逃げるほう」です。

元カノが追えば追うほど元彼は逃げます。

急に追ったら相手は猛スピードで去ってしまいます。

そのようなことを避け、元彼の「逃げ」を最小限にするために、元カノは「ジワジワ」とゆく手を阻むのです。

敏感な元彼なら、このような状況を肌で感じます。

「ジワジワと復縁を持ちかけられるかも」と思うと、ただひたすら「怖い」としか思えません。

「もらったはいいけど、ホワイトデー返さなきゃならないのがツラい」

元彼がバレンタインデーにチョコをもらった時「ホワイトデーに返さなきゃならないの?」と困惑します。

もちろんお返しは本人の自主性に委ねられるものです。

バレンタインにもらったからといって、必ずしもホワイトデーにお返ししなければいけない、というものではありません。

しかし義理がたい男性なら100%「お返し」を考えますが、「嬉しい、ありがたい、だからお返しする」気分ではないかもしれません。

おそらく「義理で返す」と考え、そのことに対して「なんだか厄介」とも感じます。

プレゼントとは「相手に喜んでもらいたい」という思いがあってこそ、お互いに満足するものです。

ところがホワイトデーに関しては「義理」が平然と横行している傾向があります。

特に別れた相手からのバレンタインデーのお返し日、「ホワイトデー」に、もし何かプレゼントがあったら「ほぼ100%義理」と考えましょう。

元カノがホワイトデーのお返しを求めていなくても、元彼にとってはお返しを求められているも同然なのです。

もしホワイトデーをスルーしようものなら、元彼の心の中には「罪悪感のようなもの」がいつまでもくすぶり続けることでしょう。

「そんなに俺のこと好きならまぁ会ってもいいけどねぇ…」

元彼がバレンタインチョコをもらった時、たいてい「そんなに俺のこと好きなのね」と考えます。

「まぁたまには会ってご飯食べたり、飲みに行ったりしてもいいけどね」とも考え、別れたことをチャラにしてもいいような意識が働きます。

これは元カノに下手に出られたことで、元彼が優位にたった気にさせられるためです。

元彼にこのような心理が働いていると、復縁への道が少しひらけてきている証拠です。

その後何も問題が起きず、復縁の条件が満たされれれば、復縁する可能性が高いです。

バレンタインチョコをあげたあとに考えられること

贈ったチョコを食べた元彼からお礼の連絡が来たらかなり好感触

バレンタインチョコをあげたあと「おいしかったよ」とお礼の連絡が来たら、かなり好感触とみられます。

バレンタインギフトが嬉しかったし、元カノに対しても悪い印象はまったくありません。

むしろその後、明るい方向性にシフトチェンジしたことがうかがえます。

しかしこの時点でまだ復縁を匂わせるは、時期尚早です。

いきなり復縁を決めようとせず、仲直りのプロセスを楽しみましょう。

再び連絡が来るようになったり、逆にそれからパッタリ連絡が来ないこともあります。

連絡が来るようになるためには、元カノの対応がカギです。

久しぶりに電話で話すようなら「元彼の近況報告を聞く側」に回ります。

チョコをもらって嬉しかったこと、最近あった出来事など、雪崩のように話すかもしれません。

それには。元カノが聞いてあげるだけで良いのです。

NGなのが、元カノが話し続けて「元彼が聞く側に回ってしまう時」です。

会話が終わった時、元彼はすっきりしない気分のままで、再び連絡を取ろうとは思わなくなります。

もしまた元彼から連絡が欲しいのなら、相手の話をよく聞いてあげてください。

ホワイトデーにお返しが来るか来ないかは、二つに一つ

ホワイトデーのお返しが、元彼から来るか来ないかは「二つに一つ」です。

これは正直な話、どちらとも言えないのです。

イベントやサプライズ好きな男性で、元カノを喜ばせたい、という気持ちがある男性なら、ホワイトデーを重要視します。

ホワイトデーにプレゼントをあげた時元カノがとても喜んでくれたら、再び元カノへの愛情が蘇ることでしょう。

男性は、好きな女性に喜んでもらったときに一番幸せを感じるのです。

ところがその時の気分でプレゼントを買ったり、ホワイトデーに何かしようと考えない男性も多くいます。

元彼がこのようなタイプだったら、ホワイトデーはあまり期待がしない方がいいでしょう。

「もらえれば御の字」くらいがちょうどいいです。

しかしもし元彼がサプライズ好きでも、ホワイトデーに何も返してくれないこともあります。

これは復縁に慎重になっている可能性が高いです。

いずれにしてもホワイトデーにお返しが来るのは二つに一つのどちらかです。

またお返しがなくても「嫌われた」ということではありませんから、ご心配なく。

元カノのカラダ目的で近づいてくる可能性がある

バレンタインデーの元彼にチョコをあげたあと、元カノのカラダ目的で近づいてくる可能性があります。

もちろん元カノがチョコをあげる理由は、元彼とねんごろになるためではありません。

しかし元彼は「これはOKってことだよね」と勝手に判断してしまいます。

次に元彼は、ご飯や飲みに誘ってきます。

その誘いに乗ってしまったら、後は言わずもがな。

元カノ本人が「カラダ目的でも別に構わない」というのなら良いのですが、そうでないならなんとも気まずい感じになりそうです。

特にお酒の席だと、酔いに任せてズルズルしてしまいがちです。

このプロセスになぜ問題あるかというと、その後も元彼に都合よく扱われてしまうためです。

元彼の気分次第で付き合わされるのと、大事にされるのは真逆です。

一度でもそうなってしまったら、もう二度と大事にされないかもしれません。

もし理想的な恋愛関係を望むなら、ここはキッチリ線引きをするべきです。

LINEのブロックや、SNSのフォロー解除など元彼から距離を置かれる

元彼にバレンタインデーにチョコを送ったあと、距離を置かれるようなことが起きる場合があります。

LINEのブロック、SNSのフォロー解除まで「そこまで嫌うか」というくらい、バッサリと切られます。

しかし距離を置かれることが本当は何を意味しているのかは、想像するしかありません。

おそらくはバレンタインが重いと感じているか、いい機会だから完全にシャットアウトしようという気分でいます。

復縁は夢のまた夢です。

とは言え、ブロックと解除を繰り返す男性がいることも確かです。

一度ブロックされたからと言って、ガッカリすることがありません。

そのまま何もせず「放置がベスト」です。

元彼から一切連絡が来なくなることもあるがその理由がまったく「謎」

元彼にチョコをあげたあと、一切連絡が来なくなることがあります。

連絡が来ないということは相手の情報がまるで入らないということ。

そのため連絡が来ない理由は、謎に包まれたままです。

チョコをあげた側にしてみれば、やるせない思いばかりがつのります。

「そんなにイヤならあげなきゃ良かった」と後悔します。

しかし連絡が来ない原因が、誰もが予想できないことだったら?

実際にそういうこともあるのです。

連絡が来ない原因として、スマホが故障してしまった、何かに集中せざるを得ない状況だった、大問題が勃発した、入院した、などが考えられます。

これらの理由を聞けば「連絡なかったのも仕方がない」とあきらめがつくものです。

相手の事情を知らずに、連絡が取れた時につっけんどんな態度をとってしまったらアウト。

復縁は泡と消えるでしょう。

なんでも話せる友人関係になれる

元彼にチョコをあげたあと、復縁はできなくてもなんでも話せる友人関係になれる場合もあります。

男女間で友人関係を築くのは難しいと言われます。

特に一時期恋愛関係にあったカップルが別れ、その後友人関係になれてうまくいっている人たちはとても少ないです。

ベッタベタに惚れ合う関係が恋愛関係なら、友人関係はサラリとした広く浅くの付き合いです。

そのギャップはかなりのものですが、実は友人関係からの復縁になるパターンが意外に多いのです。

まずは「なんでも言える間柄」というのがポイント。

恋愛関係の場合、相手に気遣いすぎて本音が言えないことがよくあります。

「我慢に我慢を重ね、爆発した瞬間に別れてしまう」このような悲しい経験をする人が後を絶ちません。

このような恋愛関係に対し、なんでも言い合える友人関係の場合だと我慢することがありません。

我慢する前に相手に言えるので、揉めることがほとんどありません。

友人関係から進んだ復縁は、適度な距離感によって一番楽で無理がありません。

これらのことから元彼と友人関係になることは、何歩も後退するようでいて実は復縁のときには理想的なカップルになれるのです。

復縁するためにバレンタインを上手に活用するコツとポイント

復縁を考えずに気軽な気分であげること

復縁するためには、逆に復縁を考えずにチョコをあげた方が良いです。

潜在的に強く復縁したい気持ちがあるとつい力が入ってしまうし、そういう熱意が「重さ」となって相手にも伝わってしまうからです。

元彼が好きなら、バレンタインにチョコをあげたくなるのは当然のこと。

でもバレンタインだけでなく、あらゆる贈り物は相手との関係性にバランスが必要です。

気負いすぎたプレゼントは、アンバランスを招きます。

こうなると2人の関係の修復はおろか、間違った方向に進んでしまいます。

結果的にバレンタインデーを利用したミッションは失敗に終わるでしょう。

復縁したいからこそ復縁は考えない。

このパラダイムこそ、バレンタインをより有効活用できるコツです。

元彼だからこそチョコをあげることに慎重なるべき

元彼だからこそチョコをあげるのは、よく考え、慎重になりましょう。

「愛を伝えたい」と思うのは、単なるエゴでしかありません。

受け取る側にも「愛」を感じないと意味がないのです。

選りすぐりのチョコをあげてスルーされた日には、しばらく引きこもりたくなるはず。

スルーするにはそれ相応の元彼の考えがあります。

少なくとも大喜びではないことだけは確かです。

ある程度の冷却期間を置いているか、別れたことにお互いもうこだわりがなくなっているか、元彼とちょっとずつでも連絡を取り合うようになっているか。

これがバレンタインデーにチョコをあげたとき、復縁に結びつく可能性が高いシチュエーションです。

そういうシチュエーションでない場合は、思い切りカジュアルな「義理チョコ」を選びましょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「元彼にチョコをあげて"嬉しい"と思わせたら復縁へのGOサイン。これはあなたの選択次第!」

占い師 姫乃
元彼にチョコをあげて「嬉しい」と思わせたら、復縁の可能性が大きく広がりそうなサイン。

これは元彼の反応で判断できます。

お礼の連絡が来ることもあるし、ホワイトデーにお返しが来ることもある。

こういう反応はどちらも、元カノに気があるからこそなの。

でも、もしなんの反応がなかったり、ホワイトデーのお返しがなくてもガッカリしないで。

自分を責めたり、元彼を非難したりすると、復縁の現実化が完全に遠のいちゃう。

そんな時は、女子同士で美味しいスイーツでも食べに行って、幸せ気分を味わうことをおすすめするわ。

頑張るあなたをいつも応援しています!

【期間限定・9月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事