復縁したくなる時期がある。男性の元カノに気持ちが振れる瞬間と彼と恋をやり直すまでにすべき具体的な対策
復縁したくなる時期の男性
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

男性には復縁したくなる時期があるのを知っていますか?

復縁を考えているあなたのために男性の元カノに気持ちが振れる瞬間と恋をやり直すためにすべき具体的な対策を一挙公開します。

男性の本音や彼の気持ちが復縁に向かうまで何をしたらいいか知りたいという人も、ぜひ参考にしてみてください。

 

復縁メニューはこちら

男性は振った女性と復縁したくなる?別れた男性の本音

「振ったけど元カノと復縁してもかまわない」と考える男性が意外にも多いのが現実

振って別れた男性の多くが、意外にも「復縁してもかまわない」と考えます。

振られた側から見たら信じられない話ですが、それはなぜでしょうか?

振ったのに復縁を考えるのは、彼女と元の関係に戻るのがもっとも楽だからです。

彼がそれを理解できたのは、別れた後です。

つまり別れなければ、わからないこともあるのです。

最終的な別れの原因が彼が振ったことにある場合、時間が経つにつれ振った記憶は薄れていきます。

これは振った方のダメージが、振られた方に比べゼロに近いからです。

激しいケンカによってお互いに傷つけあってからの別れならそれ相応にダメージを負っているかもしれませんが、それさえも時間の経過と共に消えていくのです。

振られた彼女に比べれば彼の心の傷など大したことはないし、立ち直りも早いためにやがて彼は復縁を考えるようになるのです。

自分の気持ちを抑える必要もないので、何事もなかったかのように元カノに連絡してくることもあります。

元カノにしてみれば「彼はいったい何を考えているの?」と困惑するばかりでしょう。

しかしこれは彼に別れのダメージがほとんどないのと、ケンカ別れを帳消しにして復縁することしか頭にないためです。

多くの男性は過去の恋愛を心の中の思い出ファイルに保存し、美化しようとする

男性が振った女性と復縁したくなるのは、元カノとの思い出を美化しているためです。

過去に経験した甘酸っぱい恋愛のあれこれは、彼の心の中にある思い出ファイルに保存されているのです。

デートしたことや温かい彼女のぬくもりなど元カノに関する何もかもがアーカイブされていますが、これは一般的な男性なら誰もがやっていることです。

いずれもすべてが美しく素晴らしい記憶となっていてたとえケンカしたことでさえ彼にとって愛おしい思い出なので、そう簡単に消すことはできないのです。

一方で多くの女性は彼と別れた後、完全リセットを目指します。

次に進むためには、彼のことも彼との恋愛もすべて忘れる必要があるからです。

こうするのは彼との思い出を心の中に保存しておくと、いつまでもズルズルと引きずってしまうからです。

また「いつまでも引きずるのは良くない」という女性ならではの観念も、リセットを早める要因です。

「早く幸せになりたい」という強い願いもあるからでしょう。

元彼への想いをズルズルと引きずっているなら、とうていそれは無理な話です。

残された方法は、どう考えてもリセットしかないのです。

このように別れた後の心境は、真逆に近いほど男女に違いがあるのです。

 

ふとした瞬間に元カノを思い出すと、気になってたまらなく会いたくなる

彼女を振ったのにも関わらず復縁したくなるのは、ふとした瞬間に思い出すとなぜかとても気になってしまうからです。

するとたまらなく会いたくなってしまうのですが、これが恋愛感情が再び芽生えるきっかけとなるのです。

反射的に「復縁できたらいいな」と思うのですが、簡単にはいかないということはわかっています。

なぜなら自分が振ったから。

振った本人から復縁を申し出るなど、これほど都合のいい話はありません。

もし彼が逆の立場だったら、怒るか無視するかのどちらかです。

少なくともイヤな気分になるのは確実でしょう。

そんなことばかり頭に浮かぶので、復縁など確実に無理な話なのです。

元カノとの距離が遠退くばかりでなく、何もかも裏目に出ることになるのは明白です。

彼は頭を抱えるほど悩みますが、それでも依然として元カノを思い出したり気にするのをやめられません。

日常のふとした瞬間だけでなく、元カノとの経験のすべてが次々と思い出されるのです。

回想にふける機会はますます増えますが、思い出せば出すほど元カノに会いたくなっている自分に気づくのです。

復縁したくなる時期を狙いたい!男性心理

【冷静になった時】落ち着いて別れを受け入れた時に、とてもつもない寂しさに襲われた時

彼が復縁したくなるのは、冷静になった時です。

時の流れと共に落ち着いて別れを受け入れられた彼は、とてもつもない寂しさに襲われているはずです。

その寂しさとは、欠乏感や喪失感です。

欠乏感とは「自分には何かが足りない」と思うこと。

別離の後の欠乏感は、彼女不在の状況がそれを感じさせます。

また喪失感とは、大切なものを失った時に味わう感情です。

欠乏感も喪失感も、ひどい苦しみや悲しみを生み出すことが多いです。

しかし彼の場合さらにネガティブな感情が強くなるのは、振ったことに対する罪悪感が加わるためです。

罪悪感とは「悪いことをした」と思うことです。

振って悪いことをしたという重い罪悪感にさいなまれると、深く落ち込んだり気分が滅入るのです。

そうなるとポジティブに考えることなど、もはや不可能でしょう。

欠乏感や喪失感を埋めようと復縁を考えるも、行動に移せないのは強い罪悪感があるからなのです。

彼がどんなに強い罪悪感を抱こうとも、それは思い込みに過ぎません。

「自分が悪いから彼女を悲しませた」と思っても、ほとんどの場合「あなたが悪い」と相手は思っていないのが現実なのです。

彼が本気で復縁を考えるのは、それ相応に時間がかかると見てください。

でもどんなに強い罪悪感に苦しんでいたとしても、必ず時が解決してくれます。

そしてその時こそ、彼が復縁したくなる本当の時期なのです。

【他の女性と比較した時】他の女性と元カノを比較し「まだ好きだった」と自覚

彼が復縁したくなるのは、元カノと他の女性と比較した時です。

自分が「まだ元カノのことが好きだった」ということを自覚した彼は、連絡したくなるを気持ちを抑えられないでしょう。

他の女性とは新たに彼と付き合い始めた人かもしれないし、彼の周囲の女性かもしれません。

恋愛対象の女性なのか、また具体的に彼がどんな風に思ったのかはわかりませんが、比較する女性がいたから彼は元カノのことがまだ好きだったことを自覚できたのです。

相手が運命の人と感じるのは、そういう時です。

一緒にいる時は気づかないのですが別れたあと別の女性と接した時、どうしようもないほどの「この人じゃない感」を激しく感じることがあります。

これは離れてみなければわからなかったことで、別の女性と比べたからこそ元カノへの好意が自覚できたのです。

恋愛関係においてこのような「気づき」はよくみられること。

相手が空気のような存在になればなるほど、空気がなければ自分が生きられないことに気づくのです。

一緒にいるだけではそのような気づきに恵まれることはないので、別れたことは悪いことではなくむしろプラスなのです。

【「なんで別れたの?」と言われた時】周囲の人たちから別れたことを不思議がられた

男性が元カノに連絡したくなるのは、周囲から「なんで別れたの?」と聞かれた時です。

それだけでなく「別れちゃったなんて、ホントもったいない!」と言われたら、彼は「え?」と耳を疑うでしょう。

なぜなら彼自身、今まで別れたことを「もったいない」と思ったことがなかったからです。

そして人に言われて初めて気づいたのが、正直なところなのです。

質問の答えとして、彼は自分が振ったことを素直に伝えるでしょう。

これは隠してもしょうがないからです。

するとまたしても「嘘でしょ?もったいない」と言われるのは確実なので、これには彼もほとほと困り顔です。

そう言われたからと言って「はいそうですね」と元カノに復縁を持ちかけられるものではないし、自分が振ったことも復縁しづらい状況にさせています。

また彼は「人から言われて復縁するものではない」と思っていますが、とは言え他人からの言葉がきっかけとなって行動に移すケースも非常に多いです。

つまりこれはサインなのです。

勘の鋭い人は、周囲からの言葉をすかさずサインと見抜きます。

私たちの周りには見えない世界の采配によって数限りないサインやシンボルが隠れていますが、それに気づくか気づかないかの違いによって人生も変わります。

サインに気づける人は他人の言葉の中や、見慣れた風景の中であってもサインを見出します。

彼もサインに気付けるタイプなら、他人の言葉に復縁と言うシンボルが隠れていることに気づけるでしょう。

迷わずサインに従うので、復縁を考えたり連絡してきます。

【別れたあと元カノが綺麗になった】元カノがモテ始めている事実に驚愕すると共に、強い独占欲が湧いた

男性が元カノに連絡したくなるのは、元カノが綺麗になったのを知った時です。

また元カノが周囲の男性たちからモテ始めていると聞いた時も焦りと不安でいっぱいで、その事実を知った彼はただただ驚愕するばかりでしょう。

「そんなはずない」

「そんなはずじゃなかった」

彼は振ったことを後悔するしかありません。

そんな彼は自分から振ったにも関わらず、なぜか強い独占欲が湧いてくるのを感じます。

彼にとって振ったことは遠い昔のことだし、記憶にない場合もあります。

過去別れたことは事実としてとらえていますが、周囲の反応が彼の心を思い切り動かすのです。

「別の男に取られたくない」と必死で、一刻も早く連絡を取ろうとします。

つまり綺麗になった元カノは、彼の自慢でもあるのです。

なので元カノと元彼という間柄であっても、彼にとっては連絡してもいっこうに構わない関係なのです。

独占欲はこれだけにとどまらず、復縁を匂わせてくることもあります。

なぜなら復縁しなければ、他の男に取られるのは目に見えるからです。

このように彼が復縁を考えたり連絡を取ろうとする理由の一つが、元カノが綺麗になったからなのです。

【元カノが忘れられない】振ったのに思い出してばかりだが「もう戻れないだろう」と葛藤した時

男性が元カノに連絡したくなる多くの理由が、元カノのことが忘れられないからです。

振ったのに思い出してばかりいますが、その反面「きっともう戻れない」と確信します。

そう確信したとて、彼の中の葛藤はおさまりません。

「連絡したい、でもできない」

「話がしたい、でも振った俺から話がしたいなんてとても言えない」

このように「でも」ばかりを連発し自分を責めますが、彼の精神状態が決して穏やかではないのは確かです。

そんな中でも思い切って連絡しようとするのは「うまくいけば復縁できるかも」と考えるからです。

しかしそこでまたしても葛藤します。

「もし拒否られたらどうしよう」と。

振った相手なのだから復縁を拒否されてもやむ終えないのですが、もっと怖いのは連絡そのものを無視されることです。

元カノにlineしたトークに既読がつくまで、彼はハラハラしっぱなしでしょう。

読んでくれたらまだマシです。

しかし既読がつかないことも考えられますが、それがブロックです。

相手からブロックされたら完全にアウトだし、元カノとの関係も1巻の終わり決定でしょう。

彼にとってそんな悲惨な出来事は避けたいのですが、しかし元カノのことを考えてしまううちは「いつかは連絡したい」と熱い気持ちを抱いているのです。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

復縁したくなる時期は来る?振った側なのに復縁したくなる男の特徴

彼女と長く付き合ったのにも関わらず気分で振ってしまう男性は、一瞬の気の迷いが多い

振った側なのに復縁したくなるのは、一瞬の気の迷いが多いタイプの男性です。

そういう男性は相手と長く付き合った関係でも、気分で振ってしまうことがあります。

気の迷いが多いのはなぜでしょうか?

ひとつには、経験値の浅さがあります。

恋愛経験がごくわずかな場合、自分なりのやり方が身についていません。

ネットや動画で得る知識がほとんどでしょう。

人からのアドバイスもないことはないのですが、いざ自分で決めなければならなくなった時、判断基準を持たないため迷ってしまうのです。

彼女を振ってしまった時も、一瞬の気の迷いからそうなってしまった可能性が高いです。

ふたつ目は、失敗を恐れるからです。

失敗を恐れる人は、迷ってばかりいます。

今までさんざん失敗したことがあるのでしょう。

だから慎重にならざるを得ないのですが、「今度こそ」と失敗を避けようとすると、なぜか逆に失敗を引き寄せてしまうのです。

これは「欲」と関係があります。

「無欲の勝利」という言葉がありますが、これは無欲でいれば何もかもがうまくいくことを表しています。

ところがたいていの人は欲を前面に出すため、思わぬ失敗を招くです。

欲すべてが悪いことではありませんが、スムーズなリレーションシップのためには欲を出しすぎず、むしろ忘れるくらいでちょうど良いのです。

このように気の迷いが多い男性とは、たとえ復縁しても再び振られる可能性がありますから、彼がもしそういうタイプなら注意が必要です。

仕事が忙しすぎて彼女のことまで気が回らなかった男性。「寂しい思いをさせた」と後悔する

振った側なのに復縁したくなるのは、仕事が忙しすぎて彼女のことまで気が回らなかった男性です。

寂しい思いをさせたとわかってはいるのですが、後悔先に立たず。

別れを引き起こしたのは彼の精神的余裕のなさなのですが、あまりの忙しさに極度のストレスを抱えていたことも直接の原因です。

また彼は自分から振っておきながら「まさか別れにつながるとは思ってもみなかった」と首をかしげます。

これは彼の認識が甘かった結果です。

しかしこのことで彼はひとつの学びを得ました。

それは恋愛関係と多忙な仕事は両立できないということ。

彼女に寂しい思いをさせてしまったら、そこから2人の関係は完全にギクシャクしてしまいます。

お互いに理解しあえなくなれば、別れるきっかけなど山ほど出てくるものなのです。

最終的に彼が振ったとは言え、別れはすぐそこまで近づいていたのでしょう。

彼女を振った彼は、仕事の忙しさを支えてくれていたのは彼女だったと気づきます。

そこで彼は「今なら仕事と恋愛を両立できる」と確信するため、復縁したくなるのです。

自分から別れを切り出して振ったからこそ、元カノをコントロールして復縁させたくなる

振った側なのに復縁したくなる男性の中には、元カノをコントロールすれば復縁できると考える人もいます。

これは、自分から別れを切り出して振ったからこそできる行動と言えます。

「思いのままに元カノを動かせるのは自分だけ」

彼はそう信じて疑いません。

大した自信ですが、振ったということは彼女も別れを承諾したということです。

そして振った方の彼は「元カノは自分の言う通りに従ってくれた」と思っています。

なので「言う通りに別れてくれたのだから、復縁も俺の言う通りにOKしてくれるはず」と、実に調子のいいことを考えているのです。

どうやってアプローチしようかなどと全く考えないのも、このタイプです。

「俺が復縁しようって言うんだから、復縁するの!」と半ば強引に復縁を仕掛けてくるでしょう。

こういう男性に1度従う姿勢を見せると、あとはなし崩しのように従わざるを得なくなります

振られた相手に復縁を迫られてもすぐに話に乗らず慎重になるべきなのは、そういう理由があるからです。

しかし元カノをコントロールすることしか頭にないような男性は「復縁なんてわけない」とお気楽モードなのです。

そんな彼はプライドの高いタイプかもしれませんから、こちらの記事で復縁の秘策をチェックしておいてください。

自分の行いを反省する男性。振ったのは事実だし別れの原因は自分にあると考えている

振った側なのに復縁したくなるのは、自分の行いを反省するようなタイプの男性です。

どんな経緯があったにせよ彼女を振ったのは事実なので、別れた原因はすべて自分にあると考えています。

自分の行動によって元カノが傷ついたことについても、深く反省しています。

常日頃、人を傷つけることだけは避けたいと思っているのですが、その人が彼女ならなおさら「傷つけたら終わり」です。

ところが結果的に振って傷つけることになってしまったため、彼の自責の念はかつてないほどの激しさなのです。

彼の頭の中はいつも元カノのことで埋め尽くされていて、彼を苦しめます。

そして「別れをなかったことにして復縁できたらどれだけ救われるか」と深いため息をついてばかりでしょう。

しかしいきなり復縁を持ちかけることはしません。

彼にはそんな勇気はないのです。

何かあるとつい自分を責めてしまうタイプの男性は、自責の念によってがんじがらめなっているので前に進むパワーを持てないのです。

一方で、山をも動かすタイプの積極的な男性なら、自責の念を感じながらも元カノに連絡しようと試みます。

彼の心の中は「もう2度と同じ過ちを繰り返さない」という切ない思いでいっぱいなのです。

男性が復縁したくなくなる時期としたくなる時期

【振った直後】「別れられてちょっとホッとしてるから、復縁なんてとても考えられない」

振った直後の男性は「やっと別れられた」とホッとしていることが多いです。

なのでこの時点では、復縁はまったく考えていません。

復縁を考えていないということは、彼からの連絡もありません。

仮に連絡が来たとしても、きっちり別れるための業務連絡的な簡単でそっけない内容でしょう。

彼女を振るからには、彼なりの強い意志と決断力が必要なのです。

もし彼女に泣かれでもしたら、別れられなくなってしまうのは目に見えます。

あるいは彼女から「別れないで欲しい」と説得されるかもしれません。

その他、思いもよらぬ問題が起きて「結局別れられなくなった」という可能性も十分に考えられますから、彼女を振るには並々ならぬ覚悟と努力が必須なのです。

復縁などもってのほかです。

もし復縁するとしても、すぐには無理でしょう。

振った直後の彼は、別れられたことだけに満足しているのです。

【別れた直後~約1カ月】「めんどうなことから解放されて、やっと自由になれたからやたらといい気分」

別れた直後から約1カ月程度の彼は、めんどうなことから解放された気分でいます。

「やっと自由になれた」と、やたらいい気分なのは間違いありません。

それまで彼女と揉めてばかりいたら、別れは想像を超えるほどの爽快さでしょう。

元々1人の自由さが好きな男性だったら、自分らしくいられることが何よりのご褒美と感じています。

それでもまだ別れた時の生々しい記憶が、彼の脳裏をかすめることもあります。

そのたびに「もうあんなのはコリゴリ」と別れられたことを自分なりに評価します。

状況が落ち着く時期でもあるため、元カノの心理状態を勘ぐることも出てきます。

「あいつもしかして復縁したいかも」と。

そう考えると、そろそろ元カノから連絡が来てもおかしくはないと感じます。

しかし自分の今のフリーダムな気分を考えると、そんなことに気を回すのはムダと気づくのです。

自由になった彼は、まるで糸の切れた凧のようです。

気兼ねなく男友達と遊びに行けるし、時間やメンバーを気にせずに飲みに行くこともできます。

1人ってこんなに気楽なんだ!」と叫びたいほどでしょう。

でもこのあたりからあとが、彼の心境に変化が出る時期なのです。

【別れてから約13カ月後】「何となく寂しい。そういえば元カノから連絡が来ないのはなぜだろう?」

別れてから1カ月から3カ月後くらい経ったあとは、彼の心理に徐々に微妙な変化が表れます。

たとえば「なんとなく寂しい」というネガティブな感情が不意に起きて、元カノを思い出すことが増えます。

また元カノから連絡来ないことを不審に思う場合もあります。

普段は完全に忘れていることも多いのですが、お酒を飲んだ時や1人でボーッとしている時、なぜか元カノが思い出されるのです。

彼は「振ったはずなのになぜ?」と疑問に思います。

振ったのは「もう付き合い切れないから」というのが彼の理由です。

そういう元カノを思い出しても「だから何?」と自分に問いたい気分なので、自分でもなぜ思い出すのかよくわからないのです。

「どうしてるかな」「なんとなく声が聞きたい」と彼が思うのはこういう時です。

「このまま連絡は来ないのだろうか?という不安が心をかすめることもあります。

自分から振っておいて変な話ですが、多くの男性はたとえ振ったにせよ元カノのことは気になっているのです。

【別れてから約36カ月後】「彼女欲しいな。手取り早く復縁してしまおうか」

別れてから3カ月から6カ月くらい経つと、ますます彼の心境は変化する一方です。

寂しさに耐えられず彼女が欲しいと切望したり、それが簡単にいかないと「手取り早く復縁してしまおうか」とまで考えることもあります。

振ったのは彼なのになんとも安易ですが、これは彼の気持ちがブレ始めている証拠です。

別れた時は「やれやれ」な気分でしたが、時間が経つにつれ寂しさが優位になると、なぜか復縁したくなることも大いにあるのです。

しかし彼は考えます。

「元カノはどう思うか?」と。

二つ返事で復縁に賛成してくれるなら何も問題はないのですが、なにしろ振ったのは彼の方です。

元カノから「復縁なんてとんでもない!人をバカにするのもいい加減にして!」と憤慨されても仕方ありません。

ところがそんな危機感があっても、彼は復縁を考えます。

元カノのことを1番よく知っているのは俺だから、と妙な自信さえ持っていることもありますが、遅かれ早かれ「復縁を実現させてみようかな」と考えるようになるのがこの時期なのです。

【別れてから6カ月目以降】「もう一人で過ごすのは嫌だ。そういえば元カノはどうしているか連絡してみるかな」

別れてから6カ月ほど経った後の男性は、1人で過ごすことに飽き飽きしていることが多いです。

ボンヤリと思いを巡らす中でどうしても引っかかるのが「元カノは今どうしてるか」ということ。

その思いが頂点に達すると我慢できずに「連絡してみようかな」と考えるのです。

そういう時の彼は、たいてい暇を持て余しています。

なにせ彼女がいなければ休日も1人きりだし、たとえ仲がいい男友達がいたとしても、その友達にも予定があります。

昔からの友人だからといって、いつも彼に付き合っていられるわけではないのです。

当然ながら、彼1人きりで休日を過ごすことも出てくるでしょう。

元カノに連絡したくなるのは、そういう時なのです。

別れて半年という月日は、2人にとってもある程度、冷却期間を経過した時期です。

振った、振られたという意識も、はるか遠い記憶へと風化された状態です。

何事もなかったかのように彼が連絡してくるのは、彼にとっての別れが「遠い昔の出来事」だからです。

このように別れて6カ月以降の彼が連絡してくるケースのほとんどが、1人で過ごす休日に飽きてしまったためです。

元彼の復縁したくなくなる時期にしておきたい復縁したくなる女性になる方法

まずは自分の外見からチェック。ファッションやメイクをワンランクアップさせてピカピカに輝く女性を目指す

復縁したくなる女性になるためには、まずは自分の外見からチェックしてみてください。

コツは、ファッションやメイクをワンランクアップさせることです。

その点だけにフォーカスすれば、今まで以上に輝く女性になれるのは間違いありません。

そうなれば彼だけでなく、周りの男性たちが放っておかないでしょう。

周りの男性たちの熱い視線は、女性をさらに美しくさせる媚薬でもあります。

なのでますます魅力が増すのを止められないはずです。

人によっては「外見より中身なのでは?」と考えるかもしれませんが、人の心模様は外見に現れるものです。

内面を磨くことは何よりも重要なのは、それこそが人生を豊かにするものだからです。

元彼との復縁を目的とするならその方向へと気持ちを向けるべきなのですが、しかしそこには何といっても「自分らしさ」が求められるのです。

そのためには「ワンランクアップさせた自分が大好き」と思えること。

それこそが自分らしさの頂点なのです。

そんな元カノが彼にとって、輝くほど魅力的に見えるのは当然なのです。

髪や指先は女性にとって重要なポイント。ガラリとイメチェンするのもアリ

元彼が復縁したくなる時期を見計らって、ガラリとイメチェンしてみるのもアリです。

特に髪型は女性にとって重要なポイント。

まずは思い切って髪型を変えてみてください。

凝り固まったイメージから脱却できるため、今までとは違ったオーラを放つようになるでしょう。

また指先も変化を楽しめるパーツです。

日頃のセルフケアも大切ですが、この機会にネイルにも挑戦してみてください。

手全体を美しく見せてくれるおすすめネイルカラーは、なんといってもピンク系ベージュです。

また自分に似合う髪型をヘアスタイリストにお任せするように、ネイルもプロのネイリストに施術してもらうことが大事です。

つまり、対価を支払ってプロにお願いする=自分への投資なのです。

心身ともに美しい人は、自分への投資を欠かしません。

カットサロンやネイルサロンもどちらも、美しさを保つためのルーティンにしましょう。

彼が復縁したいと強く決断するのは、元カノが美しく変化したのを見た瞬間なのです。

自分をバージョンアップさせる。ダイエットや筋トレなどボディコントロールはマスト

彼が復縁したくなる時期を見越して、さっそくダイエットや筋トレなどのボディコントロールを始めてください。

ボディ全体を整えたあかつきには、今までの自分よりもさらにバージョンアップさせることができます。

魅力的に変われた自分をたいそう誇りに思うはずです。

自分の体をコントロールできるのは、自分だけです。

そんな自分を変えたい時、まずは「こんな風になりたい」というイメージ作りから始めてください。

おすすめは、好きなアイドルやタレントの画像を待ち受けにすること。

また自分が理想とするインスタグラマーをフォローするといいでしょう。

毎日のようにチェックするうちに理想のイメージが目に焼き付くので、理想通りの自分に一歩近づけます。

もし理想のタイプが変わったら、そのたびにマメに待ち受けも変えてください。

どんな女性が魅力的に映るでしょうか?

たとえばインスタグラマーの中にも魅力的な女性は存在します。

しかし一般的な女性とは明らかにかけ離れた、非現実的でいかにもセレブリティな雰囲気のインスタグラマーには要注意。

必要以上に自分を良く見せようとしている可能性が高いです。

高級ブランドで固めてもそれを理想としない方がいいのは、たいていが幻想の世界だからです。

本当の幸せのあり方は、高級ブランドで固めた人生ではありません。

理想のキーワードは「現実味があり、かつ幸せそうな人」です。

理想的な人とはいえその人と同じようようになれるわけではありませんが、どこに魅力を感じるのかを見極めうまく取り入れるようにしてみてください。

マネでも良いのです。

しかしそこに自分らしさを取り込むことが重要なのです。

元彼のことはいったん忘れる。未練がないことを周囲にもアピールを

元彼が復縁したくなる女性になるためには、元彼のことをいったん忘れることが重要です。

さらに元彼に未練がないことを周囲の人たちにアピールしておきましょう。

そうすれば元彼はなんとなく雰囲気で、元カノに未練がないことを悟ります。

すると何が起きると思いますか?

なんと元彼の方が未練を持ち始めるのです。

これが元彼を忘れることによる恩恵です。

一方で元彼のことをいつも気にかけている人は、強い執着心を抱えています。

どうしても復縁したくてモヤモヤしていたら、それが執着なのです。

執着を抱えているとなぜか元彼は距離をおきたがるし、復縁など微塵も考えません。

そんな彼を動かすためには、自分を変えるしかありません。

それが元彼を忘れることなのです。

とはいえ忘れるのが難しいのは、忘れようとすればするほど思い出してしまうからです。

そんな時「忘れられなくて悩んでいる」と、友人に話してみてください。

内に秘めたる苦しみは、人に話して聞いてもらうことで半減します。

また自然の中でリフレッシュしたり、体を動かすことも大切です。

方法はなんでも良いので、直感に従ってやりたいことをやってください。

今までよりもきっと彼のことを思い出さなくなるはずです。

偶然を装って会った時も平然を心がける。明るく爽やかな印象を与えることが大事

時には偶然を装ってまで元彼と会いたいと思うこともあるでしょう。

そんな時は必ず、彼に明るく爽やかな印象を与えるよう工夫してみてください。

決して悲痛な表情になってはいけません。

「こんなに苦しんでるのに」と思っていても、顔は平然を心がけること。

悲しみも苦しみも、復縁へのプロセスにはマイナスなだけです。

もしあまりにもつらかったら、つらい思いをノートに綴ってみましょう。

苦しい、つらい、会いたい、連絡してほしい

思いつくまま全部、書き出してください。

するとそれまでのネガティブな気持ちが、灰色の雲の隙間から差し込むエネルギッシュに光り輝く太陽のようにポジティブになるはずです。

これがネガティブな意識からポジティブな意識への変換です。

暗い気持ちになったら、それをそのまま放っておいてはいけません。

ネガティブにトーンダウンした気持ちを少しでも上げることができれば、復縁への道は自ずと開けるのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「復縁を諦めるよりもコツコツと自分磨きするのが吉!」

占い師 姫乃

何はともあれ復縁したいならコツコツと自分磨きするのが吉と出ることが多いから、とりあえず何か始めてみましょうよ。

そのためには彼を忘れることが大事なんだけど、なかなかそうもいかないのが現実よね。

忘れられなくて苦しみや悲しみの渦中にいると「これが執着?おっといけない」って感じで悪者扱いしてしまうけれど、人として執着はあってしかるべきもの。

そんな時「んー執着出てきてる出てきてる」と、第三者目線で自分を見るといいの。

そうするとネガティブな波に飲み込まれずに済むから、ぜひやってみて。

恋をやり直すのは身悶えするほどつらいもの。

でも真っ向から相手に向かうのではなく、ちょっとしたコツさえあれば復縁も楽々ということをぜひ学んでほしいな。

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事