「復縁を断られた」

このショックはとてつもなく大きいものです。

あなたは深く落ち込み、立ち直れない状態かもかもしれません。

こういう時こそ、前を向いて次の行動を起こしましょう。

復縁を断られたその後に逆転劇を起こす方法があるのです。

告白された元彼の心理を含め「2度目の告白を成功させるためには一体どうすればいいいのか」というあなたの疑問にお答えします。

さっそくご紹介しますね。

 

 

復縁メニューはこちら

復縁を断られた…!元彼が告白にOKしなかったのはこんな理由

しばらく1人でいたいからほっといて欲しい

元彼が「しばらく1人でいたいからほっといて欲しい」と復縁を断るのは、一般的な男性によくみられる言動です。

こんな時は元彼の望み通りに、しばらく1人にしてあげましょう。

「ほっといて!」と言われた時あなたは「じゃ私のことが嫌いになったんだ」と悲観したかもしれません。

確かにそう考えても仕方がないことです。

「何がいけないんだろう?元彼と一緒にいたときは彼だって楽しそうだったし」とあなたは疑問に思うでしょう。

こんな時、どんなに頑張ってもあなたは元カレの深層心理を理解できません。

なぜ1人になりたいのか?

どうしてほっといて欲しいのか?

それは元彼にしかわからないことです。

1人になりたい理由をあなたに話さないのは、言いたくない理由があるか、または特に理由が見つからないためです。

しかし、元彼にその理由を根掘り葉掘り聞き出すのは逆効果です。

あなたは納得はできないまま、悲しみに打ちひしがれるでしょう。

今は元彼の気持ちを汲み取ってあげることが、あなたにできる唯一のことなのです。

元カノのことは嫌いじゃないけど恋愛関係に飽きたから

復縁を断る理由の一つが「元カノは嫌いじゃないけど恋愛関係に飽きたから」というものです。

こんな風に告げられたら、つらいところですがあなたはいったん身を引きましょう。

これは恋愛初期のドキドキ感が無くなったカップルによくみられることです。

男性にとって恋愛とは、相手のミステリアスな部分を探ることでもあります。

ミステリアスさは、そのまま彼女の魅力として映ります。

ところが付き合いが長くなればなるほど、相手の隠れた部分が全て見えてしまいます。

このようにして「恋愛関係に飽きる」という感情が「復縁なんて無理」と考えさせてしまいます。

元彼が好きで復縁を告白したのに、これではもうなすすべがありません。

こういう場合、元彼との復縁は「いったん保留」としましょう。

これといってはっきりした理由はない

元彼は、特に理由もなく復縁を断ってくることがあります。

これは別れたあと独り身を謳歌している場合か、気になる人ができてあと少しで付き合えそうな場合とのいずれかとみられます。

あなたは断られた理由をあれこれと模索しようとしますが、元彼が「理由がない」と言っている限りその真意を知ることはできません。

永遠に言葉を濁したままでしょう。

女性によっては「そんな曖昧な態度は許せない」という人もいます。

我慢できずに「白黒ハッキリして!嫌いなら嫌いと!」と高飛車な態度に出てしまうかもしれません。

そんな態度を見た元彼は、さらに貝のように固く口を閉ざしてしまうでしょう。

実は元彼が断る理由はちゃんとあるのです。

しかし「それをあなたに言ってもしょうがない」と考えています。

なぜなら「あなたを傷つけたくない」という誠意からで、あなたとの揉め事をできる限り避けたいためです。

これらを理由としてあなたに話したら「そんなこと気にしないで」とさらに復縁を迫られそうで、さらに恐怖を感じるかもしれません。

復縁できない理由を曖昧なままにしたいのは、こんな理由があるからです。

理由ははっきりしないものの「今は復縁したくない」という思いが強いため、復縁を断ってきます。

最近元カノのイヤな面ばかり見えてしまうので復縁は断るしかないから

元彼が復縁を断る一番正直な答えが「元カノのイヤな面ばかり見えてしまうから」でしょう。

そういう時の元彼は「とにかく元カノとは離れたい」という気持ちでいっぱいのはずです。

例えばメンヘラ傾向がある元カノだったら、精神状態が不安定な元カノに振り回されっぱなしだったかもしれません。

よほどの大人でない限り、いつでも不安を抱えるうつ状態の女性と付き合っても苦労が絶えないでしょう。

あるいはすぐに感情的に怒ったり泣いたりなど性格の激しさがある女性も、男性が大変な思いをするはずです。

どちらのタイプも、恋愛依存体質です。

自分が愛する男性がいないとダメになってしまうし、相手にも自分を愛することを「もっともっと」と強要します。

元カノがこのような状態だったら、たとえ復縁を持ちかけられたとしても元彼は「逃げの一手」でしょう。

元彼にとって何か決定的なことがあったから

元彼にとって何か決定的なことがあった時、復縁を断らざるを得ない状況になってしまうでしょう。

決定的な理由の一つが「元彼に好きな人ができた」ためです。

すでにもう付き合っていたら、ほぼ100%復縁は不可能です。

決定的な理由の二つ目は、別れた直接の原因が「ケンカによるもの」だった場合です。

言い争いや揉め事はお互いを傷つけるものです。

その状態からいつも大げんかに発展していたら、元彼は心に深い傷を負っていたのかもしれません。

こういう状態になった時、元彼は「あなたと付き合っていること自体がマイナス」と考えます。

もしケンカするたびに「いつか別れてやる」と考えていたら、ようやく別れられたことにホッと一安心している可能性もあります。

このように元彼の中で何か決定的なことがあった時、あなたの告白をこともなげに断るでしょう。

 

仕事が忙しすぎて付き合う時間がないから

復縁を断る理由の一つが「仕事が忙しすぎて会う時間が作れない」ということです。

働き盛りの元彼だったら、恋愛よりも仕事に重きを置くものです。

始発で出社し、終電で帰宅する日が続いたら「元カノとの復縁なんてとても無理」となってしまいます。

「会う時間がないのなら同棲しちゃえばいいのに」

このようにあなたは考えるかもしれません。

しかし仕事があまりにも忙し過ぎると「じゃあ同棲しようか」などと考える暇もないでしょう。

ここであなたは「どんなに忙しくたって本気で好きならなんとか会おうとしない?」と、考えます。

会えない理由はもしかすると「会いたくない」のかもしれません。

その理由を「忙しい」にしているのなら、なんとも切ない気分です。

このような時、あなたがどんな提案をしようとも「忙しい」の一点張りの元彼の気持ちを変えることはできないでしょう。

彼女の存在が重くなってしまってしんどいから

彼女の存在が重くてしんどいと感じている時、元彼は復縁を断るでしょう。

この時、復縁を断る原因をはっきりとあなたに告げないこともあります。

これは付き合う女性との相性の問題です。

あなたがとても元彼を愛してやまない時、当の本人は意外にも相手に対する情熱が低いものです。

あなたの愛情の方が強いため、元彼のパワーを奪ってしまっています。

元彼もあなたをあなた以上に好きになりたいし、愛したいのです。

しかしあなたの愛情の強さにはばまれ、身動きできない状態なのです。

こういう時、残念ながら元彼に対するあなたの愛情は「機能していない」といえるでしょう。

あなたの存在が重いと感じる元彼は、復縁を考えるだけで気持ちも重くなってしまいます。

「元カノのカテゴリーは友人」もう恋愛の対象に見えないから

元カノが友人にしか見えない時、元彼は復縁を拒むでしょう。

こういう時、元彼は「どう頑張っても復縁は無理」と感じています。

このような男性は「女性といつまでもラブラブでいたいタイプ」です。

しかし恋愛期も3年を超えると、誰にでも倦怠期が訪れます。

いつもラブラブでいたいタイプの男性は、恋愛の気分に冷めてくると相手にも冷めてしまいます。

こうなると別の女性に目がいくことは当たり前で、陰で浮気したりすることも。

あなたがもし堅実な関係を築きたいのなら、このような男性に復縁を持ちかけても「無理」というものです。

これは、友人以上には見えないあなたとの恋愛関係は「もうとっくに終わっている」と考えているためです。

別れた原因をそのままにしたらまた同じことになると思うから

元彼が復縁を拒む理由の一つが「別れた原因をそのままにしておいた時」です。

いくら相手が好きで復縁したくても、これは道理にかなっているといえるでしょう。

しかし女性は「元彼が好き」という理由だけで復縁を提案する傾向があります。

何か問題があったから別れたのに、それを放置して付き合ってもまた元の木阿弥です。

こんな時、男性には先を見越せる冷静さがあります。

また男性は女性のように、感情だけで行動するようなことがありません。

「あらゆる問題は解決するためにある」と考えているので、問題から目をそらすわけにはいかないのです。

しかし男女の考え方の違いもあるため、それを元カノに理解してもらうのは少々厄介だと感じています。

このようなとき、元彼にとって復縁は本意ではないため断ってしまうのです。

元カノに結婚を迫られているけれど自分にまったくその気がないため

元彼が復縁を断る理由によくありがちなのが「元カノに結婚を迫られたことがあるから」です。

こういう時、元彼は「復縁してもその先がないのにどうすればいいのかわからない」状態です。

女性は「結婚に適する年齢」についてよく考えます。

「もし子供を産むのなら早い方がいいし、かと言ってその前に結婚しなくちゃならないし」

こういう時、付き合っている彼氏になんとなく結婚をほのめかすことがあります。

まったく結婚を考えていない彼氏だったらまさに「晴天の霹靂」でしょう。

いくら仲が良くても、結婚となるとまた話は別です。

むしろ「結婚なんて考えたこともない」という男性が多いのも現実です。

お互いに結婚の意思があるかないかによっても、今後の付き合い方も考えなければなりません。

このように、もし元カノが結婚を前提として付き合いたい場合、復縁を断るしかないでしょう。

復縁する気がない元彼の行動は、こちらを参考に。


 

復縁を断られたとしても可能性あり!断ったことを後悔する男性の心理

あなた以上にいい女性に巡り合えていないとき

あなたからの告白を断ったあと元彼が後悔するのが「あなた以上にいい人に巡り合えていないとき」です。

これは「付き合う女性を切らしたくない」と考える男性に多くみられます。

元彼は別れたと同時に次の女性を探し始めるでしょう。

好きになったわけでもないのに、ただ寂しさを紛らわすために女性と付き合うこともあります。

近づいてきた女性とすぐに体の関係になってしまうのは 元彼と同じように寂しさを埋めるためだけです。

この行動は男性心理として、飽きるのも早いものです。

一般的な男性は「自分の女になるプロセスを楽しむ傾向がある」ので、ゲットできた途端に意気消沈してしまいます。

再び、「いい女はいないか」と探し始めるでしょう。

やがて彼女探しにも飽きた元彼が考えるのは「あなたのこと」です。

あなたの告白を一度は断ったけれど「断らなきゃ良かったな」と後悔するのはこういう時です。

1人になってみたら意外に寂しくなってしまったとき

もし元彼が寂しがり屋だったら、あなたの告白を断ったことを後悔するはずです。

別れた寂しさは、実際に1人になってみなければわからないことだったのです。

別れた直後は独り身の自由を味わっているので、復縁など考えられないものです。

こういう時にあなたがいくら復縁を持ちかけても、一切聞く耳を持たないでしょう。

元彼もあなたの提案を断ったことを悪く思っていません。

しかし別れて数ヶ月ほど経った頃、後悔の念が起きるようになります。

日々の生活がなぜか虚しく感じられ、「ボーッ」とすることが多くなります。

この時元カノとのいい思い出ばかりがよみがえり、懐かしくてたまらない気持ちになっています。

「あの時復縁を断らなければ、今も付き合っていたんだろうな」と考えます。

このように独り身の寂しさは「後悔」となって元彼を苦しめます。

復縁はしたくないけれど「キープしとけば良かった」と思うとき

元彼が後悔するのは復縁は断ったものの「あなたをキープしておけば良かった」と思う時です。

もしあなたが「キープ案件」だったら、「俺ら別れるけどたまには会おうよ」とか「元気でね。気が向いたら連絡して」というようなことを言ってくるでしょう。

あなたはこのような元彼の隠された心理に憤慨するかもしれません。

しかしもしかすると、別れる前からあなたは都合よく扱われていた可能性があります。

デートはいつもホテル直行。

ドタキャンは当たり前です。

いつもこうだったら別れた後に復縁は断っても、あなたをキープしなかったことを後悔するでしょう。

このようにあなたを都合良く扱おうとする男性はその理由はなんであれ、別れた後も元カノへの未練がたっぷりです。

元カノとの楽しかった思い出が走馬灯のようによみがえったとき

復縁を断った後に元彼がもし後悔するとしたら、元カノとの楽しかったことを思い出した時でしょう。

二人の仲が良かったのなら、なおさら楽しい思い出が走馬灯のようによみがえるはずです。

このような時、元彼は「復縁を断らなければきっとまた楽しく過ごせただろうな」と考えます。

過去に二人の間にどんなにつらい出来事があったとしてもなぜか楽しかった思い出だけが残るものです。

こうして元彼の後悔の念は、時間を追うごとに強さを増していくでしょう。

やっぱり自分の中で元カノが一番良かったと思えるとき

復縁を断った後、猛烈に後悔するのが「やっぱり元カノが一番だった」と思える時です。

これは別れてみなければ経験できなかった心情です。

それまでは二人の距離が近すぎたこともあり、お互いの大切さに気づくこともありませんでした。

別れの直接の原因が「嫌いになったから」というのでないのなら、元彼は「まだ好き」な状態でしょう。

むしろ最近めっきり会うこともなくなったので、久しぶりに会いたい気持ちも強くなっているはずです。

復縁を断った時よりも、その後「会いたい」という気持ちが最高潮になった時、元彼はおそらく後悔します。

このタイミングでの復縁だったら、ほぼうまくいくでしょう。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

復縁を断られた後の効果的な冷却期間の取り方

冷却期間は長過ぎても短過ぎてもダメ

復縁を断られた後、元彼とどれくらいの冷却期間が必要なのでしょうか?

別れたプロセスによっても変わりますが、長過ぎても短過ぎてもダメです。

長過ぎる場合の目安は「年単位」です。

一年以上放置すると完全にあなたは過去の人になってしまいます。

それに対し、短過ぎる場合の目安は「数日間から一ヶ月以内」です。

お互いの気持ちが完全に落ち着くまで、せめて一ヶ月以上をみましょう。

しかし、長い短いの判断はあくまで個人の主観によるものです。

あなた自身、元彼のことを忘れている時間が多くなれば「冷却期間はそろそろ終了」とみてもいいかもしれません。

元彼からの別れに動揺し取り乱した時の冷却期間の目安は約3ヶ月

別れた時、あなたが動揺したり取り乱したりした時、その冷却期間の目安は約3ヶ月前後です。

元彼よりあなたの愛情の方が強い時、このように我を忘れ取り乱してしまいます。

まずは取り乱したあなたの気持ちを平常心に戻さなければなりません。

その期間は「あなたがどんな風に冷却期間を過ごすか」によって変わってきます。

別れに抵抗し取り乱した後は、悲しみのどん底になりがちです。

深い悲しみの中にいると、一体いつまでこのような状態が続くのが不安になるものです。

もしあまりのつらさに家に引きこもり元彼を恨む日々が続いたら、冷却期間は3ヶ月よりももっと延ばす必要があります。

半年ほど経てば、悲しみは薄れていくでしょう。

あなたの感情が落ち着き元彼を忘れることが多くなったら、冷却期間はそろそろ終わりに近づいています。

反対に、つらい中でも自分の好きなことを始めたり、日々を少しでも明るく過ごせるよう努力したのなら早く吹っ切れるでしょう。

そのような時は冷却期間は、多少短くても大丈夫です。

冷却期間中はラインやメール、通話いったんやめておく

冷却期間中は元彼へのラインやメール、通話などもいったんやめておきましょう。

冷却期間の本来の目的は「あなたの気持ちを落ち着かせるためのもの」です。

怒ったり泣いたりと何かと感情的になってしまうのが、一般的な女性です。

復縁を断ってきたことに関しても、あなたは怒り心頭かもしれません。

怒りの感情を抱えたままでは、復縁はおろかさまざまな人間関係にも悪影響が出てくるでしょう。

落ち着くためには時間が必要です。

また落ち着かせるための時間の中で、あなたの感情を逆なでするようなシチュエーションはご法度です。

気持ちを落ち着かせない要素があるのが、元彼へのラインやメール、通話などです。

大切なポイントは「冷却期間中は元彼との連絡を一切シャットダウンする」ことです。

しかしあくまで一時期だけです。

放置しっぱなしも逆効果になってしまいますから、注意が必要です。

元彼からよりを戻したいと思わせる方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。
 

 

復縁の告白を断られたその後逆転劇を起こす方法

断られてもあきらめないが「告白の頻度は減らす」のがポイント

もし復縁の告白を断られてもあきらめないことが大切です。

あきらめたらそれで終わってしまいます。

まずは振られて後の告白はその頻度を減らします。

半月に一度程度、「やっぱり好き」と伝え続けましょう。

その間、元彼に気持ちを寄せ続けるのはつらいので、自分が打ち込めることや好きなことをします。

またはもっとキレイになるための自分磨きをするのもいいですね。

「復縁は断られてもやっぱり好きなことには変わりない」というあなたの強い熱意がひっそりと伝わるでしょう。

これはあなたの一方的な気持ちだけではないところも、です。

自分の気持ちを大切にしその思いだけを伝えると、なぜか元彼のかたくなな心に変化が現れます。

これは逆転劇を起こす確率が高い方法です。

元彼が本命なら、やれるだけのことをやってみても損はないはず。

あなたの本当の幸せをつかむために、ぜひ試してみてください。

人として元彼が大切だということを告げる

復縁への逆転劇を起こすには「人として元彼が大切だということを告げる方法」があります。

これを聞いた元彼は、思わず感動してしまうでしょう。

これはただ単に「好き」という感情を超えた、海よりも深く山よりも高い「人間愛そのもの」です。

これは元彼に畏敬の念がなければ言えないことです。

元彼を運命の人と決め共に人生を歩くには、ある程度の覚悟を持って進まなければなりません。

「人として大切」という言葉には、そういった覚悟のようなものさえ感じます。

もし今まで元彼に「好き」とか「愛してる」としか言わなかったら、一番大事なことを伝えてこなかったのです。

「あなたは人として大切」

元彼にこう伝えた時、逆転劇が起きるきっかけとなるでしょう。

相手好みになって別れたくないと思わせる

復縁への逆転劇を起こす一つの方法が「相手好みになる」ということです。

実はこれが一番簡単で変化を起こしやすい方法です。

「相手好みになる」とは「自分を変えること」です。

どんな風に変えたらいいかわからないかもしれません。

しかし少なくとも「元彼の顔色を伺うような女性ではない」ことは確かです。

一般的に魅力ある女性とはどのような人を言うのでしょうか?

・「何があっても大丈夫」という自信がある

・笑顔が絶えない

・向上心がある

・陰口、噂話をしない

・いつでも明るく元気

・激しく落ち込むことがない

・ユーモアのセンスがある

・心身ともに健康である

以上のほとんどに当てはまれば、理想の女性といえるでしょう。

元彼の好みともドンピシャのはずです。

もう元彼は「別れたい」と思うこともなくなるでしょう。

重い内容の会話は避け明るい話をする

復縁を断られて「もうダメだ」と落ち込んだ状態から逆転劇を起こす一つ方法が「重い内容の会話を避ける」ことです。

「復縁できなくてつらい」

「もう会えなくなるの?」

「お願いだから考え直して」

このようなネガティブなセリフは、元彼が最も聞きたくない言葉です。

しかしこのセリフを思い切り明るく軽いものにすると、まったくイメージが変わります。

「別れてから友達みたいに話すようになったけど、やっぱり好きだなぁ」

「また好きになったんだけど、ん〜…付き合って!」

このようにユーモアかつポジティブに伝えた時、元彼の反応に違いが出てくるでしょう。

元彼もユーモアで返してくれたらしめたもの。

この時点で「大逆転」間違いないでしょう。

別れた元彼をもう一度惚れさせる方法は、こちらに詳しく載せています。

 

告白が失敗しても大丈夫!2回目の告白を成功させるコツ

まずはショックから立ち直ることが大切

告白の失敗はあなたのダメージも大きかったかもしれません。

しかしまずはそのショックから立ち直ることが大切です。

「もう自分はダメだ」

「元彼に嫌われてしまった」

このように決めつけるのはやめ、落ち込んだ気分が元に戻るのを待ちましょう。

失敗を前向きにとらえられるまで、時間がかかることを覚えておいてください。

またこういう時は、自暴自棄になりがちです。

失敗したことをプラスに考えられるか、マイナスのままでいるかでその後の展開に大きな差が出ます。

マイナスのままだと、失敗がトラウマになってしまいます。

もう二度と元彼と会うこともないでしょう。

もしプラス思考なら「これも復縁へのプロセス」と明るくとらえられます。

「きっといい方向性でいる」と確信できるので、その後もうまくいくはずです。

このように復縁を断られてもネガティブに考えないようにしましょう。

あきらめずに元彼とかかわりを持ち続ける

失敗しても「あきらめない精神」が復縁を可能にしてくれます。

何らかの形で元彼とのかかわりを持ち続けましょう。

復縁を断られた時は怒りや悲しみでいっぱいだったはずです。

まるであなたの存在そのものを否定されたような気分だったことでしょう。

しかしこのような気分は自分の主観でしかありません。

あなたからの「復縁」という提案があっさり却下された時、自己否定感から気弱になってしまうものです。

こういう時こそ、「まだまだ大丈夫」と、自分を擁護してあげてください。

またその後も元彼とのかかわりを持ち続けましょう。

元彼からブロックされていない限り、一週間に一度くらいは「おはようLINE」や「元気にしてる?LINE」を入れます。

既読スルーされても気にしないことがポイントです。

たとえ元彼とのかかわりが「一本の細い糸」のようでも、その関係を断たないようにしてください。

いくら元彼に非があっても絶対それに触れてはいけない

復縁を成功させるには、いくら元彼に非があっても絶対それに触れてはいけません。

元彼が復縁二の足を踏んでいるのは、あなたからの非難に耐えられないということも考えられます。

たとえば別れる前に大げんかがあった時、あなたは元彼を一方的に非難したかもしれません。

またいつもあなたが元彼に怒ってばかりだったら、元彼はあなたに対し「もう付き合うのはコリゴリ」と思っていることでしょう。

そんなあなたから「復縁したい」と言われても所詮無理な話です。

このようなあなたの態度にもし少しでも心当たりがあるのなら、もう元彼を非難することはやめましょう。

どんなに元彼に重大な「非」があっても、です。

あなたにとって都合の悪いことがあっても、復縁するならそれを忘れることが大切です。

2回目の告白でその本気度をわかってもらえることもある

初めはダメでも、2回目の告白であなたの本気度がわかってもらえることもあります。

最初の告白もあなたの中では「完璧」だったはず。

しかし予想に反し断られたことにとてもガッカリしていることでしょう。

「もうやめちゃおうかな」とあきらめてしまう前に、もう一度考え直してみましょう。

言葉で気持ちを伝えるのは意外に難しいものです。

あなたの「復縁したい」という意思が、受け手である元彼にうまく伝わらないこともあります。

また復縁を伝えられた時の元彼の心情も大きく影響します。

もし心の準備ができていなかったら、復縁を受け入れることはできません。

いったんは断ったとしてもその後、気が変わる可能性も十分にあります。

あなたの本気度も伝わり、復縁を断ったことを後悔しているかもしれません。

1度目は失敗しても2回目の告白でうまくいくことがあるのは、このようなことからです。

元彼のプライドが高いため、あなたを試そうとすることもある

元彼のプライドが高い場合、あなたを試そうとして復縁を断ることもあります。

この時、元彼は「どこまで俺についてこれるか」などと、タカをくくったような態度でいます。

なぜこのように高いプライドを持っているのでしょうか?

実はプライドの高さは「自分の自信のなさの現れ」です。

内面に「弱さ」が隠れている男性ほどプライドが高く、虚勢を張ります。

重い鎧(よろい)を身につけ、自信のなさを隠そうとします。

元彼もプライドが高く一見自信たっぷりに見えるようであっても、実は寂しがり屋な一面もあるはずです。

このような男性を好きになってしまったからには仕方がありません。

しかしあなたが以前よりも元彼の性質を理解できたなら、お互いにもっと寄り添えることができるようになります。

元彼が「自分を理解してくれている」と感じたら、もうあなたを試すことなどしなくなるでしょう。

元彼に信じてもらえるように自分に自信を持つ

「自分に自信を持つ」ということは恋愛関係において、とても重要なポイントです。

特に復縁を断られるような問題が起きた時も「自分に自信がある」場合と、そうでない場合とでは、その後の復縁成功率に違いが出てきます。

また元彼にとって、元カノが自分に自信を持てないような人だったら「復縁してもいいことなさそう」と感じるはずです。

これは完全にあなたに対する誤解だとしたら、悔しいですよね。

こんな時こそ、元彼に自分を信じてもらえるようにしましょう。

そのための唯一の方法が「自分に自信を持つこと」です。

自信に満ちたあなたは元彼の目にとても魅力的に映るはずです。

もし今まで何をするにも受け身で元彼の言いなりになるなど消極的だったら、元彼との信頼関係が築けていなかったかもしれません。

これからは勇気と自信を持ちましょう。

元彼に本気なら、時には積極的になることも大切です。

フラれて後悔するなら、素直に気持ちをぶつけてみるのもアリ

フラれたままで後々後悔するなら、あなたの素直な気持ちを元彼にぶつけてみるのもアリです。

もしあなたが2回目の告白に躊躇していたら、ドンと壁に体当たりする覚悟で挑んでみましょう。

そうとはいえ、あなたは断られることしか頭にないかもしれません。

「どうせまたフラれる」とネガティブに考えていたら、その通りのことを引き寄せてしまいます。

あなたが予想していることが全て当てはまるとは限りません。

意外な展開になるのは、恋愛にはよくあることです。

元彼はあなたを振ったから、もう自分からは連絡できないと思っているかもしれません。

逆にあなたへの気持ちがまったくないのなら、再び断ってくるでしょう。

しかしこうやって元彼の気持ちをはっきり聞くことであなたの期待や未練が落ち着くのであれば、あなたにとっては「プラス」です。

「まぁこれでダメなら仕方がない」と気楽に構え、挑んでください。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「「復縁を断られてもそこで終わりではありません。逆転劇を狙いましょう」

占い師 姫乃
たとえ復縁を断られてもそこであきらめちゃダメ。

逆転劇はあなたが仕掛けるものだから、このチャンスを逃さないように。

とは言え、逆転劇は「白」か「黒」の世界。

白星をゲットできたあなたは「おめでとう!」

限りなく「黒」に近いことしか考えられないあなたは、もしもの時に備え、心の準備を。

女友達を誘って温泉旅行に行く、一人旅をする、パワスポに行く、など日常から離れることがおすすめよ。

そんな風にバックアップの手段を考えておけば、いざという時落ち込まなくても済むわ。

これにはエネルギーも関係していて、あなたが復縁のことを忘れるとすべての流れが急変するの。

元彼があなたを「重い」と感じなくなるので、あなたが気になって仕方がなくなるわ。

だから「復縁も含め恋愛関係は楽しむが勝ち!」

あなたの復縁を応援しています。

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事