元彼に執着する女の共通点と彼から持たれている印象・依存心を愛情に変えてもう一度愛される方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「執着ってよくないって知ってるけど、じゃ具体的にどんなことが執着なの?」

このような疑問を持っていたら、きっとこの記事が役に立ちます。

今回ご紹介するのが、元彼に執着する女の共通点と彼から持たれている印象・依存心を愛情に変えてもう一度愛される方法です。

執着を愛情に変える簡単なコツや「これだけはやっちゃダメ」というNG行動まで、一挙にお届けします。

復縁がうまくいかない原因が「執着」だったら、この記事を最後まで読み終える頃には必ず執着を手放したくなります。

再び元彼に愛される日を目指し、さっそく始めましょう。

 

復縁メニューはこちら

元彼への執着心は愛情ではない!2つの決定的な違い

執着心と愛情の決定的な違いが「不安」

執着心と愛情の大きな違いが「不安を感じているか」または「感じていないか」という点です。

人から愛情を受けた時「ホッ」と安らげるような心からの幸せを感じますが、執着心は人を不安にさせてしまいます。

不安とは、その言葉の通り「安心できない感情」です。

私たちが生きる日常にはさまざまな不安材料があり、止まるところを知りません。

あるときはジワジワと、またあるときは雪崩のように不安や心配事が襲ってくることもあります。

仕事先で、嫌いな上司に顔を合わせるのが不安。

今月、買い物しすぎてどれだけ請求が来るのか不安。

体調不良が続いているからインフルエンザになりそうで不安。

このように日々起こる不安は、数えあげたらキリがないほどです。

しかし不安はコントロールできないものです。

不安はイヤだからと避けようとしても完全に避けることはできませんが、できるだけ不安になるようなことが起きないに越したことはありません。

そのように考えながらも、なぜか元彼のことを思い出すと急に不安に襲われます。

「優しかったな」とか「まだ好き」という愛情を信じて疑わないはずの相手なのに、なぜそれが不安に転じてしまうのでしょうか?

これが「執着心」です。

執着心に占められている気持ちが「欠乏感」

執着心を大きく占めているのが「何かが足りない」と感じる「欠乏感」です。

日常生活のさまざまなシーンで、欠乏感は現れます。

欠乏感があると何をしても物足りなさを感じます。

次々に欲しいものが目につくので飛びつきますが、買った時点ですぐ次に買いたいものが出てきます。

欠乏感を物で補おうとしても、永久に満足することはないのです。

また欠乏感からたくさん食べてしまう「過食」に走ってしまう人もいます。

お腹が空いていないのに食べてしまうのも食べ物に対する強い執着心からですが、心の中の奥深くには「寂しさ」や「孤独」といった欠乏感があります。

欠乏感があると人間関係においても何かと困難を感じます。

特に恋愛関係においての欠乏感は、幸せな気分とつらさがいつでもワンセットでやってきます。

幸せなはずなのに、なぜか物足りなさを感じる。

これが執着による欠乏感です。

愛は人を自由にし、執着は人を縛る

「愛と執着」

この2つの決定的な違いが「自由と拘束」です。

愛は人を自由にします。

しかし執着は、人から自由を奪い、人を操ろうとします。

これは「人に対して」というのはもちろん、自分自身に対しても同様に言えることです。

本当の愛情があれば、相手が何をしてもそっと見守ろうとします。

相手を見守るということは、相手の自由を尊重するということです。

また自分自身にも愛情を向けているのなら、自分に厳しくし過ぎることはまれです。

中には自分に対してストイックに厳しくしたほうが落ち着く、という人もいます。

しかし自分への愛がなければ、かなり激しいストレスとなるでしょう。

ここには「こうしなければいけない」という「強い執着心」がこっそりと隠れています。

執着心と愛情は、同時に感じることができない感情です。

例えば激怒した時に笑顔になれないのと同じことです。

執着心が発動するのは、相手を自分の思い通りに動かそうと試みた時です。

「なにがなんでもあの人をなんとかしたい」という強い感情は、大きな岩をも動かす勢いです。

もっとも代表的で強烈な執着心を持つのが「ストーカー」です。

ストーカーの心の中は、相手を思い通りにしたい気持ちでいっぱいで「相手をそっと見守ろう」という本来の愛情は皆無です。

相手を手中に収めるのが、ストーカーが自らに課したミッションなのです。

このように愛情と執着は、正反対のものなのです。

執着心は見返りを期待し、愛は見返りを求めない

見返りを期待するのが執着心で、愛は見返りを求めません。

見返りとは「こんなにしてあげているのに」と損した気分になり、その損を取り返そうとすることです。

これは、一見正論のようです。

「人にしてもらいたいことを人にしてあげなさい」という格言もあるように、相手のこと考えた上での行動は人間関係をスムーズにします。

しかし、何事にもやりすぎは禁物です。

執着心は、相手に尽くしすぎることで本来の愛情から外れてしまいます。

相手に尽くすことが自分の幸せならそこで満足するべきです。

しかし相手に尽くしすぎると、今度は「なぜ?」「どうして?」という疑問を感じるようになります。

同時に「見返り」を求める気持ちもムクムクと湧き上がります。

「こんなにしてやってるのになぜこの人はわからない」

「私みたいにここまでやってあげる人はいない」

心の中は腹立たしさでいっぱいです。

このように、見返りを求める気持ちは総じて「ネガティブ」です。

どんどんネガティブな感情に襲われ、挙げ句の果てに「悲しい」とか「つらい」というところまで行き着きます。

このような負のエネルギーに襲われるのは、いったい何が原因なのでしょうか?

言うまでもなく「尽くしすぎたこと」が事の発端ですが、これに対し「見返りを求めない愛」は、相手のために行動するのは自分が喜びを感じるレベルまでと、きっちり線引きします。

もし少しでも犠牲的精神が出てきたら「自分らしくない」と判断し、自分のやり方を変えるだけです。

以上のように理想的な愛情を保つためには「これ以上やると相手のためにも自分のためにならない」と気づくことが大切です。

執着心は生きるためには必要なこと

執着心は生きるためには必要なことです。

決して「悪いことだらけ」というものではありません。

私たちは執着の中で生きています。

生きることへの執着があるから、健康に気を配ります。

食べることへの執着があるから、美味しいものを求めます。

美への執着があるから、服を買ったりメイクしたりなど美しくなれることを探します。

ほどよい執着心があれば、これほどの妙薬はありません。

これからの人生をさらに良いものへと更新できるでしょう。

ところがこの執着がひとたび牙をむくのが「過度に執着を持った時」です。

過度の執着は、すべての状況判断を見誤ってしまいます。

「こうなって欲しい」と言う願望に執着心が加わると、願いが叶うことはありません。

どんどん遠ざかる願望をたぐり寄せようと必死ですが、その様子はまるで逆流を上流に向かって泳ぐようです。

苦しくて苦しくて仕方がないのですが、今さらその方向性を変える勇気はありません。

頑張れば頑張るほど、その願いが叶うことはないでしょう。

このように「なんだか苦しくて仕方がない」という時、まずは一刻も早く自分の執着心に気づく必要があります。

元彼に執着する独特の共通点

極度の寂しがり屋でそれを埋められるのは元彼しかいないと信じている

「極度の寂しがり屋」は、元彼に執着する女性の共通点です。

寂しさを埋めらるのは「元彼しかいない」と思い、いつでも一緒にいることが愛情と信じています。

しかし「〇〇しかない」と考えるのは、「私は依存体質ですよ」と言っているのと同じようなものです。

実は寂しがり屋でもそうでない人も、本来依存する相手は「親」なのです。

しかし小さい頃から十分な愛情を受けずに育った時、成長過程において自立心がうまく芽吹きません。

「寂しい」「心が寒い」「いつも泣きたいような気分」

常にこのような感情を抱えていますが、それを埋めてくれるのが男性の存在です。

いつの頃からか「男性と付き合えば寂しさがなくなる」と思い込むようになりますが、実際に付き合ってみると逆にもっと寂しくなるのを感じます。

彼氏と会っている時はいいのですが、離れているとき寂しさはかつて感じたことのないくらい激しいものです。

壮絶な寂しさを乗り越え、やっと会えたかと思うと再びさよならする時間になってしまいます。

極度の不安にいたたまれなくなると「早く結婚したい」などと言い出すようになります。

寂しがり屋にとって彼氏と結婚したいもう一つの理由が「寂しさを解消するため」なのです。

「認められたい」という承認欲求が強い

元彼に執着する独特の共通点が「承認欲求が強い女性」です。

普通の人よりも「自分を認めて欲しい」「認められたい」という強い思いがあります。

自分アピールをすることに情熱を傾けているので、当然のことながら会話の中心は「自分のことばかり」です。

他人の話にはほとんど興味を示さないか、聞いていてもうわの空です。

たびたび「私はこんなにすごいんだ」という内容の話を始めるので、聞いている方はうんざりです。

そうかと思うと、他人の批判を始めるのも承認欲求が強い人の特徴です。

仕方なく聞いていると、やがて話のほこ先は日常的な不平不満へと移行します。

「問題があるのはすべて周りのせい」と主張します。

「自分に原因がある」とは口が裂けても言うつもりがないのは「自分が認められるには周囲を変えるしかない」と考えるためです。

周囲を変えるには莫大な労力を必要とします。

しかしそれを理解できないので、いつどんな時でも周りを変えようと果敢に挑みます。

結果はご想像通り。

自分の思い通りに周囲を変えられるわけがないので、さらに困難を感じます。

「幸せにしてくれるのは元彼だけ」幸せになる主導権が自分にはないと思っている

「私を幸せにしてくれるのは元彼しかいない」と考えるのは、元彼に執着する女性の共通点です。

しかし自分が本当に幸せになるためには、自分がその主導権を握る必要があります。

幸せになるための主導権を自分が持っていないためにこのような間違った考え方をしてしまうのですが、元彼が「幸せをくれる相手」というのは大いなる幻想です。

もしそれが幻想でないなら、元彼の荷は重すぎてストレスを感じるばかりでなく、即行逃げ出してしまうでしょう。

元彼に「私を幸せにしてちょうだい」と懇願しても、それはできない相談なのです。

なぜなら元彼がありったけの時間を費やして幸せを提供しても相手が満足しない限り、心から幸せにしてあげることはできないからです。

いずれ「ここが足りない」「愛があるならもっとこうして」などと、「見せかけだけの愛」をもっともっとと欲しがるようになるのです。

足る事を知らないかぎり「元彼が自分を幸せにしてくれると思っていたのは間違いだった」と気づくことはないでしょう。

本当の幸せとは「2人の関係が潤沢に成り立っている」ことが重要です。

どちらか一方だけが頑張るのでは、いずれ破綻を招くことになります。

元彼の動向が気になりいつもSNSでチェックしている

「いつも気になるから」と元彼のSNSをチェックする行動は、執着心の現れです。

この行動は元彼が好きなら当たり前のようですが、できるだけ避けたほうが良いのです。

お伝えした通り、執着心は不安から起こります。

不安を解消したいがために、元彼の行動を知って不安材料を消そうとするのです。

しかしその意図とは裏腹に、元彼のことを知ろうとすればするほど不安は増すばかりです。

しかもその不安はスパイラル状にグルグルと同じところを回り続けるため、いつまでたっても抜けられません。

SNSに投稿される内容は、元彼の生活を切り取ったほんの一部分のみです。

元カノにとっては、元彼のポジティブな投稿すら逆に嫉妬や悩みの種になってしまいます。

気づいた時は疲労困憊で、うつ状態になることもあります。

こうなってしまうと、はたから見てもとても魅力的な女性には見えません。

「元彼のSNSは見ない」

執着を手放すためには、まずはここから始めましょう。

以前「ブロックしたら楽になった」という体験談を話してくれたクライアントさんもいました。

これはブロックしたおかげで執着を手放せたいい例です。

ぜひ試してみてください。

別れたのに何事もなかったかのように連絡を取り続ける

元彼への執着心が強い時、別れたのに何事もなかったかのように連絡を取ろうとします。

「ギョッ」とするのは元彼の方です。

まるで空気が読めないかのような行動に「こいつ別れたことを理解していないんじゃね?」と感じます。

これは別れたマイナスな状況をなんとか思い出さないように「蓋をするため」です。

現実的には別れたものの実際には別れたことを認めず、今まで通りに連絡を取ろうとしますが、当然のことながら元彼は素っ気ない態度に出るでしょう。

この素っ気なさが、ますます元カノの執着を激しくします。

元彼が離れようとすればするほど、追いかけ回すようになるでしょう。

いずれ音信不通になり、元カノをブロックします。

LINEのブロックと解除を繰り返す

元彼への執着が強い時の特徴が、LINEのブロックと解除を繰り返す行動です。

執着が強い人の感情は、振り子のように揺れ動きます。

大きく振り切った時にブロックや解除などの行動を起こすのです。

別れたあと、苦しまぎれに元彼をブロックしてみたものの「もしかして連絡が来るかも」と淡い期待を抱き、ブロックを解除します。

ところが解除したあと不意に巨大な壁が崩れてくるような恐怖や不安に襲われ、その不安から逃れたいがために再びブロックします。

「ブロックを解除したところで連絡が来るわけではない」と知っていながら、なぜかこれを繰り返すのです。

執着心が強い人は「ブロック=元彼を否定する」「ブロック解除=元彼を肯定する」と考えます。

つまりブロックや解除は「相手を肯定するか否定するか」の一つの基準なのです。

元彼に強い執着心を持つのは感情に振り回される女性に多い

元彼に強い執着心を持つ女性の多くは、感情に振り回されるタイプです。

ちょっとしたことで驚く、大したことがない事案でも真剣に悩んでしまう、という傾向がよくみられます。

問題に対するハードルが高く、いつも「100%越えられそうもない」と悲観的になります。

また嬉しいことがあった時の表現も、とてもオーバーです。

感情表現が豊かなことは、決してマイナスではありません。

しかし冷静に判断する能力に関しては、あと一歩といったところでしょう。

元彼に対する執着心も、そういった感情に付随しています。

元彼の心が自分の思い通りになってくれないことが理解できず、どんどん離れてしまうことにかつてない不安を感じます。

「自分はダメな人間だ」という自己否定感もマックスです。

何しろ感情的になる女性にとって、元彼が自分から離れていったのは「謀反(むほん)」と考えるくらいです。

つまり「自分は裏切られた」と感じ、最大級の負の感情である「恨み」や「憎しみ」を持つのです。

このように感情に振り回されやすい女性は執着心を持ちやすく、またそれをコントロールすることができません。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元彼に執着する女は実は彼からこんな印象を持たれている

「監視されてるようでひたすらウザい」

元彼に執着していると「監視されてるようでひたすらウザい」と思われるのは間違いありません。

付き合っている当時からすでに女性の依存体質を見抜いていた元彼なら、ウザいどころか恐怖に感じているかもしれません。

激しい執着や強い依存体質を持つ人の成れの果てが「ストーカー」です。

一歩間違えるとストーカーになり得る彼女なら、完全に縁切りでもしたいところでしょう。

ストーカーはまず「監視」するところから始まります。

相手を監視し、何かあればすぐに関わろうと目を離さずにいます。

ストーキングはエスカレートするところも大問題なポイントです。

しかし当の本人は、意外にも自分がストーカー化していることに気づきません。

抱え込んだ不安を解消するために元彼につきまといますが、それが悪いこととは思っていないのです。

お互いの感情のズレがここまで来ると女性側がどんなに復縁したくても、元彼にとって「それは絶対無理」ということになります。

「隙あらば復縁しようとしているのが見え見え」

彼から「隙あらば復縁しようと画策しているのでは?」という印象を持たれるのが、強い執着を持つ女性です。

元カノとしてはできるだけ「復縁しようとしてる」と思われないように努めますが、実は元彼には全部お見通しということも多いです。

別れたあとの元カノは、激しい執着心が音を立ててメラメラと燃えています。

元彼と離ればなれになることに強い恐怖を抱いているので、わずかながらでも関わりを持とうと懸命です。

元彼にとって執着心のかたまりになった元カノは脅威の存在です。

これは別れたことで輪をかけたように執着に激しさが増しているためです。

元彼が相手の存在に対して臆病になっている時だからこそ「隙あらば復縁?」が見えてくるのです。

「完璧主義はいいけれど俺にもそれを求めるのは理解できない」

執着するタイプの元カノの場合、元彼は元カノの完璧主義なところに辟易している可能性があります。

このような時、元彼は「完璧主義もいいけれど俺にそれを求めないで欲しい」と考えます。

依存体質や強い執着心を持つ人の多くは、完璧主義者です。

完璧主義者は、相手にも完璧を求める傾向があります。

「自分はこうだからあなたもこうして」というように、自分のやり方を相手にも要求します。

お互いのことをまだあまりよく知らないときは、素直に従うこともあったでしょう。

しかし月日の流れとともに相手のことがよく見えてくると、そう従ってばかりもいられなくなります。

自分の主張を貫くために、衝突することが避けられなくなります。

そういう時でも完璧主義者は絶対に引くことはしません。

その代わり相手を見下したり、マウントをとるような言動が目立つようになります。

お互いに高め合うのが理想のカップル像だとしたら、この2人に待ち受けているのは残念ながら破滅だけかもしれません

別れた後でも一生元彼が忘れられなくなるような女になる方法が、こちら。
 

 

元カレからもう一度愛される!依存心を愛情に変えるコツや方法

まずは依存している自分を受け入れる

元カレからもう一度愛されるために、まずは依存している自分を受け入れます。

自分は依存していたんだ、ということを受け入れないことには、それを愛情に変えることはできません。

まずは依存についてみていきましょう。

依存とは「それが無いと考えるだけで生きていけない」と強く執着を感じている対象のものを言います。

依存には「アルコール」や「薬物」など病的な依存のほか、ギャンブル、買い物依存、恋愛依存、性的依存や摂食障害、自傷行為なども含まれます。

治療を必要とする依存も数多くみられます。

また最近では「スマホ依存症」に代表する「ネット依存」もよく耳にするようになりました。

この記事のトピックである元彼への依存は「恋愛依存」ということになります。

恋愛依存は他の依存と同じように、積み重なることで加速し肥大していきます。

問題なのは、依存状態が進んだ時、次第に自分を責めたり自己否定感に襲われたりすることです。

「こんな自分はダメな人間だ」

「こんなことから抜け出さなきゃダメになる」

このような自己否定感が起きると、ますます依存から抜けられなくなります。

こうなる前にまずは依存している自分を受け入れましょう。

自分の依存から元彼を追い詰めていなかったか、ずっと元彼に頼り切っていたのはないか。

このようなことにもし思い当たるフシがあるなら「自分は元彼に依存していたかも」と疑うべきです。

依存していたと気づくことができたら、自分を受け入れられる準備ができたということです。

強い依存心は、元彼に「重い」と感じさせるだけ

依存心に気づかないままでいると、元彼に「重い」と感じさせるだけです。

相手が「重い」と感じている場合、その変化は態度に表れます。

連絡が来ない、いつもめんどくさそう、笑顔がない、やる気ゼロetc…。

いつもこのような状態だったら、彼女を「重い」と感じてる可能性が高いです。

たとえ彼氏として付き合ったとしても、楽しく感じることはないでしょう。

あなたは憤慨しながら「なぜそんな態度なの?」と怒るかもしれません。

お互いに気分よく付き合うには、気を遣いあうのが当然です。

また相手が機嫌悪そうにしていたら、その原因を取り払ってあげたくなるもの。

しかし本当の原因が「彼女の存在が重い」という根深いものだったら、そう簡単には解決できません。

付き合っていたとき、彼氏にやってきたこと全てが否定されるようなものです。

結局、重く感じさせている原因を解消するには、強い依存心を改善するしかないのです。

自己肯定感を高めることで自分がどれだけ重要な存在かを理解する

依存心を改善し、元彼に再び愛されるようになるには「自己肯定感」を高めることが大切です。

自己肯定感とは「自分がいかに重要な存在かを理解すること」です。

「元彼に愛されるにふさわしい人間であること」ということはもちろん「自分で自分を認められること」が最重要事項です。

自分のことがもし嫌いだったら、自己肯定感を持っていない、ということになります。

自己肯定感のない人は自分に自信がありません。

自分への不満は、周囲の人たちへの不満へと飛び火します。

友人関係ともうまくいかないことが多く、彼氏との関係も常に微妙です。

結果的に別れたとしたら、その原因を相手のせいにします。

問題が起きた時、いつも相手のせいにしていたら永遠に解決しません。

お互いに譲り合って双方が「ごめんなさい」と心から謝罪した時だけ、2人の関係は想像を越えるほど前進します。

元彼は元カノを見直し、再び愛するようになるでしょう。

周囲の人たちがどれだけ幸せに見えても自分と比べてはいけない

周りの人たちがどれだけ幸せそうに見えても、自分と比べてはいけません。

「今、自分は幸せかな?」と考えると、つい周りと比べて判断してしまいます。

仮に「元彼は今、どうしてるかな?」と考えた時、もし幸せそうな様子が浮かんだら、おそらく嫉妬心が起きてしまうでしょう。

このように自分と周りを比べると、周りの人たちの方がなぜか幸せに見えてしまうものなのです。

特にやってしまいがちなのが、高収入の有名人やタレントたちとの比較です。

有名人を代表とするインフルエンサーたちは、ポジティブな演出によって自分を売り込みます。

そのような人たちによるSNSを見ても、あまりにも非現実的で嫉妬すら起きません。

しかしなにかイヤな気分を感じることもありますが、これは自分と比べたために起きる感情です。

人間の幸福度を調べたある調査によると、SNSを続けたグループとやめたグループで比較したところ、続けたグループにはややストレスが増え、やめたグループには幸福度が約1.5倍になったという結果になりました。

調査結果によると、SNSに費やす時間が長くなればなるほど感情面がマイナスにはたらくことも判明しています。

これらのことから結論付けるとSNSそのものに問題はありませんが、自分を他人と比較する材料にするのはやめるべきでしょう。

男性心理を学び「つらい経験はもうしない」と決意する

依存心を愛情に変えるためには、男性心理を学ぶことがもっとも重要です。

男性心理を熟知していれば、もう苦しい思いをすることはありません。

そのためにも、あなた自身「もうつらい経験はしない」と決意することも大切です。

恋愛関係においての男性心理は、状況によってさまざまに変化します。

復縁に関するアウトラインとして、そのポイントを一つ挙げるとしたら「男性は追えば逃げる」ということ。

男性には狩猟本能があります。

そのため女性を手中に収めるまでは脇目もふらず、ただひたすら追い続けます。

しかしいったん手に入れたら、以前とは別人のようになってしまいます。

このとき彼を皮肉ったり「もう好きではなくなったんだ」と勘違いする女性もいますが、「男性とはそういうもの」なのです。

基本的に女性と男性は思考回路が違います。

元彼との復縁したいなら、男性心理の基本「追えば逃げる」を忘れてはいけません。

これを理解しておけば「執着を持って元彼を追い詰めるのはもってのほか」と気づくはずです。

「感情」を手なずけコントロールすれば依存心もおとなしくなる

依存心をおとなしくさせる方法とは、感情を手なずけることです。

具体的には不安や心配、恐怖のようなマイナスの感情が起きた時、客観的にとらえる練習をします。

客観的に、と言っても難しくはありません。

「あ、今怖いと感じているね」というように「つぶやくだけ」です。

このつぶやきが、客観的にとらえるということです。

具体的な例文を挙げてみましょう。

「私が今感じている不安はどこから起きてるんだろう?」

「心配したところで何かが変わるの?」

マイナスの感情が起きるたびに、こうつぶやくようにトレーニングします。

次第に自分の心の中に「答え」が響くのを感じるようになります。

「怖がったって何も変わりはしないさ」

「もっとリラックスして」

「大丈夫、大丈夫」

このように自分を勇気づけてくれるような答えが返ってくるようになれば、大成功。

しかし再び不安が襲ってくることもあるでしょう。

感情は、そう簡単にはおとなしくしてくれるシロモノではないからです。

あきらめずに自分へのつぶやきを続けてください。

やればやっただけどんどん感情のコントロールができるようになります。

あなたらしい軽やかな愛情表現はあなたにしかできない

元カレからもう一度愛されるようになるためのポイントが、愛情表現です。

あなたらしい軽やか愛情表現はあなたにしかできません。

でももしかすると今までのあなたの愛情表現は、映画やドラマの影響が大きかったのでは?

こう聞いたらあなたはガッカリするかもしれませんが、愛し愛される情熱的な愛情表現は、実は恋愛映画やドラマの世界の中だけのお話です。

現実を見据えるいい機会です。

「こんなに愛しているのに」とか「あなたを本当に愛しているのは私しかいない」と考えるのは、大昔の人たちが経験した恋愛です。

今、このような愛し方、愛され方をしたら「重い」と言われてしまいます。

末長く仲良くうまくやっていけるのは、真っ赤に色付けされていないシックで大人な恋愛関係です。

大人な恋愛関係とは「相手をしばらず、お互いの考え方を尊重する」というものです。

さらに、お互いが心地良いと感じる距離感を保つよう心がけます。

このような理想的な関係を築くには、相手ときちんと理想像を話し合うことも求められます。

お互いが「なぁなぁな関係」では難しいかもしれません。

しかし誰もがうらやむような理想的な2人になるには、周りより一歩先んじることを視野に入れましょう。
 
「潜在意識を書き換えて復縁する方法」は、こちらに詳しく掲載しています。

 

執着心や依存心が今以上に強くなってしまうNG行動

何か問題が起きた時、誰かにせいにする

何か問題が起きた時、誰かのせいにする癖があったら要注意。

これは、今以上に執着心や依存心が今以上に強くなってしまうNG行動の一つです。

人のせいにする癖がある人の多くは、自分はパーフェクトと思っています。

自分は間違っていないと固く信じていて「間違っているのはいつも周囲の人たち」ということも信じて疑いません。

誰が見ても責任の所在が明らかなときは別ですが、たいていの場合は100%人のせいにするのは少々危険です。

というのも、非難した相手と同じことを今後、自分もやってしまう可能性があるためです。

むしろ同じことをやってしまう可能性が高いのです。

さてもっと問題なのが、誰かのせいにする癖があると執着心や依存心が倍増してしまうということです。

自覚できないことから、気づいた時には修復不可能なところまで突き進んでしまいます。

部屋が必要のないものであふれている

執着心や依存心が今以上に強くなってしまうNG行動として忘れてはいけないことに「部屋の状態」があります。

部屋の中が必要ないものであふれている場合、感情面でのアンバランスを引き起こしてしまいます。

執着心も依存心も「欠乏感」がベースです。

欠乏感があると、モノを捨てられません。

結果的に、捨てられないモノで部屋が占領されてしまうのです。

執着心を外したいときはゴミ袋を用意し、重要なモノ以外どんどん放り込みます。

「捨てる」という観念も捨てて、ただ放り込みゴミ置き場に運びましょう。

すっきりした部屋を見回したとき、以前そこに何があったのか、もう思い出せなくなっているはずです。

この行動によって、執着心はかなり改善されます。

「こうでなければいけない」という強いこだわりを持つ

「こうでなければいけない」という強いこだわりは、執着心や依存心を強くさせてしまうのでNGです。

人によっては趣味、嗜好に強いこだわりを持つことがステイタスと考えます。

またとことんこだわることだけについて言えば、何ひとつNGなことではありません。

しかし問題なのはそのこだわりが強すぎたり、周囲の人にもこだわりを認めさせようとしたときです。

こだわりが強いと頑固さが前面に出るため、相手にゆずろうとしません。

頑固さは誰にとっても歓迎しない性格です。

反対に歓迎される性格は「共感できる人」です。

共感できる人は「こうかもしれないけれど、あなたの言うことも正しいかもしれない」と考えることができる人です。

断定せず、仮定で話すことができれば、強くこだわることもなくなります。

不安の原因を冷静に考えられないため、つらい感情に振り回される

執着心や依存心が今以上に強くなってしまうNG行動の一つに「不安を冷静に考えられない」ということがあります。

不安の原因を冷静に考えられないとつらい感情に振り回されてしまいます。

ひどくなると、さらに誰かに頼りたくなる依存体質が強まります。

誰も頼ることができないと、人を信用できなくなる人間不信におちいることもあります。

本当は頼りたいのに頼れない心理には、プライドの高さが影響しています。

もし不安になって収集がつかないときはノートとペンを用意し、自分の心情を書き連ねましょう。

ノートに心情を吐露していくうちに、鬱々とした気分が晴れていきます。

また人を頼りたいような依存心が出た時こそ、「本当に頼れるのは自分だけ」と気づくはずです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「執着心が強くて我ながらめんどうでも、ちょっとしたコツで愛されキャラに変われる!

占い師 姫乃
執着心が強いと自分でも「めんどう」と思うでしょうね。

でもちょっとしたコツで愛されキャラに変わることができるとしたら、やってみる価値は大いにある!

もし今、執着に苦しんでいたら、あなたの足元がグラグラな状態だと思ってみて。

こんなにグラグラだったらいつどこで倒れるかわからない。

さっそく執着心と依存心を愛情に変える方法をもう一度よく読んで、かたっぱしから試してみて。

必ず笑顔が戻ることを保証するわ。

いつも頑張るあなたを応援しています!

【期間限定・7月5日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事