あなたは好きな人と「縁がある」と感じていますか?

その縁は途切れることのない永遠のものであってほしいのに、別れたと同時に縁も切れてしまったらかなり悲しいですよね。

もし縁が別れによって一度切れてしまったら、再び繋げるために何かいい方法はあるのでしょうか?

しかし、そもそも「縁の定義」って何でしょう?

このように謎に包まれた「縁」を、この記事ですべてを明らかにします。

彼との縁が気になっているなら、この記事を読むだけであなたの悩みはすっきり解決するでしょう。

「縁が切れた合図」や「縁が復活しやすくなる方法」について詳しくなれば、もう怖いものはありません!

 

 

復縁メニューはこちら

縁が繋がる・切れる全てを司っている波動とは何か

「繋がる縁」身近なところでは「親子」

私たちが生活する中で、たびたび出てくるのが「縁」という言葉です。

その中でも誰でも繋がっている縁が「親子の縁」です。

親子の縁とは、はるか遠い私たちの祖先から脈々と繋がっている関係です。

しかしそのような親子の関係も喧嘩が絶えなかったりうまくいっていない時、「縁を切る」と言って断絶を図ることがあります。

時には親から「縁を切る」と断言されたり、あるいは子の方から「親子の関係を断ち切る」と宣言します。

そのように縁を切ることで一切の関わりを無くそうとします。

しかしどんなに親子の関係を切ろうとしても、親子には血の繋がりがあります。

「血」を介した関係を切ることはできません。

それを「血縁」と言います。

意識的に切ろうとしても、実際にはどんなに頑張っても切ることはできません。

潜在意識下では過去も未来も「縁は繋がったまま」です。

それでも親子の縁を切ろうとするのは、切れないものをあえて「切る」と宣言することで、つらい現実から逃れようとするためです。

このようの親子の縁は、他人同士がバッサリと縁を切るようなことはできないのです。

「縁」とは日常生活に潜んでいる「コントロールできないもの」

日常生活の中で私たちが人と出会う時、それがどんな出会いであっても「縁」で結ばれたものです。

「縁」は自分でコントロールすることができません。

また縁は日常のさりげない一コマにも潜んでいます。

たとえば「会いたくない」と思っている相手ほど偶然に会ってしまうものです。

またふと誰かを思い出したまさにその直後、その人と偶然バッタリ会ってしまうこともよくあります。

大勢が行き交う雑踏の中で知り合いと会う可能性はほぼゼロなのに、会ってしまうとはまさかの奇跡で心臓が飛び出してしまいそうです。

これらはいずれも単純に「相手と縁がある」ことを表しています。

その人と普通に会う約束をしてご飯を食べたり喋ったりしているときには、特別縁を感じることはありません。

しかし思いもよらぬところで再会したとき、強いつながりとしての「縁」を感じます。

「縁」はあちこちに潜んでいて突如顔を覗かせ、私たちを驚かせます。

このように「縁」とは、目で見えるような実体ではなく「感じるもの」です。

環境が変わると波動も変わり「縁」にも変化が起きる

あなたの周りの環境が変わると、あなたの波動も変わります。

波動が変わるとあなたを取り巻く「縁」にも変化が起きます。

一例を挙げると「住む家を引っ越したとき」です。

それは遠距離でも近距離でも同じです。

「引越し」はあなたの波動を大きく変化させます。

例えばあなたが引っ越した先の新しい家をとても気に入っていれば、あなたの波動も軽く明るいものに変化します。

しかし新しい家に対してネガティブなイメージを抱いていると、波動も暗く重いもの変化します。

二つのこの変化はあなたに「新しい縁」を引き寄せます。

引越しにより今までに比べて全てが良い方向に変わったら波動の変化により、その時点で今までの縁が切れます。

切れた縁の代わりに明るいあなたにふさわしい出会いがあります。

しかし新しい環境に対してネガティブなイメージがあると、以前の環境に執着を持ってしまいます。

引っ越しにより遠く離れてしまっても相手に何とか連絡を取ろうとしたり、時間を作って会おうとするでしょう。

この場合、今までの縁はそのまま継続となります。

これは心理的に、人は皆同じところにとどまることに安心感を覚えるためです。

変化を恐れるため、新しいものを受け入れる器がないのです。

このように環境の変化は「縁」にも変化がおよびます。

あなたが本気で「成長したい」と思った瞬間に波動がかわり縁も変化する

あなたが本気で「成長したい」と思った瞬間に、波動が変わります。

波動が変わると縁が切れて繋がりが変わります。

その後、新たな縁を引き寄せるでしょう。

新たな縁は再び自分を成長させるソースとなってくれるはずです。

あなたが成長したいと願うのと同様に、あなたの魂も「成長したい」と願っています。

むしろ成長するためにこの世に生まれてきた、と言っても過言ではありません。

そのため自分の成長のために役に立たない縁は、無意識に切り捨てることをやってのけます。

その目的はただ一つ「自分を成長させるため」です。

「縁を切る」とは、今まで付き合ってきた友人や知人関係と連絡を取らなくなったり付き合いを終わらせることです。

このように古い縁を終わらせたとき、あなたが普段からマメに連絡をとる人でない限り一度切れた縁が再び戻ることはほとんどないでしょう。

その代わり縁が切れた人が離れていけば、必ず別の「縁」がやってきます。

一例としてモノを捨てる「断捨離」にも同じようなことが見受けられます。

断捨離によって古いものを処分すると、そこにはスペースが生まれます。

そのスペースを埋めるように新しいモノがやってきます。

人間関係の場合も縁を切るとそこにはポッカリとスペースが空きます。

空いたスペースは「新しい縁」によって埋まるのです。

このように環境の変化は、古い縁を終わらせ新たな縁が繋がるという変化も見せます。

問題を乗り越えた時そこで終わる縁にも意味がある

何らかの問題を乗り越えた時、相手との縁がパッタリと切れてしまうこともあります。

縁が切れたのは、問題を乗り越えたことにより波動に変化が起きたためです。

そのような縁でもきちんと意味があります。

例えば旧友から借金を頼まれた時、あなたの反応次第で縁が繋がったり切れたりします。

自分にとって「これは良くないことだ」と感じたらお金を貸すのを断るでしょう。

その時点で縁は切れます。

旧友はあなた以外にお金を貸してくれる人を探します。

つまり「誰でも良い」のです。

もしあなたが旧友の借金の肩代わりをしたら、そこから縁が始まります。

ただし人にお金の貸すことは、想像以上に問題が起きるものです。

なかなか返してくれなかったり、ひどい時には相手に雲隠れされることもあるでしょう。

こういう時「縁があったせいでひどい目にあった」と一蹴してはいけません。

こう考えてしまうと波動が変わらず、また同じことを繰り返す恐れがあります。

「いくら旧友とはいえお金の貸し借りは良くない」と理解しましょう。

また「もう二度とお金は貸さない」と強く決心することが次のステージにつながります。

このように仮にどのような縁でも、あなたはそこから何かを学ぶことができるのです。

「縁」はあなたの背後にいる「見えない存在」の影響もある

「つながる縁」

「切れる縁」

これらの「縁」は、あなたの背後にいる見えない存在との関わりも大きく影響を与えます。

縁がつながったり切れたりするとき「それらを司る波動」というものがあります。

この波動によってあなたが何もしなくても自然と縁が切れたり、新しい縁でつながったりします。

見えない存在とはどんなものを指すのでしょうか?

あなたが生活するこの世界の人のほとんどが感じることができない「いくつかの見えない世界」があります。

そのような見えない世界に存在するのが、私たち現実世界の人々をサポートする「見えない存在」です。

見えない存在のことを、ある人は守護霊と呼び、またある人はエンジェルと呼びます。

「いったい誰が何のために?」

あなたはこんな風に疑問に思うでしょう。

神や仏を信じない人にとって「自分の目で見ることのできないものは信じられない」と思うのは仕方がないことです。

しかし見えないからこそ、その力を信じることが大切です。

「科学で証明されていないことは信じない」と言い切ってしまったらそこで何もかもが終わってしまうでしょう。

最近の研究では驚くことに「地球は実は球体ではなく平坦な惑星かもしれない」という見解が出ています。

古代の人が考えたことが真実だったら、頭の中が大混乱してしまいますよね。

このようにいくら科学で証明した実績があっても「絶対ではない」のです。

「縁」についても、縁という言葉はあっても「縁とはこれ」というように証明できないものです。

縁は目でとらえるものではなく、感覚でとらえるものです。

このことから私たちと取り巻く世界は、目でとらえることのできないものほど多くの可能性を秘めているのです。

見えない存在とは過去に生きていた人たちのこと

見えない存在の守護霊やエンジェルの多くは、前世や過ぎ去った過去の時代に生きていた人たちです。

そのうちの一人は、亡くなったあなたのおばあちゃんかもしれません。

あるいはまったく知らない大昔のお侍さんかもしれません。

そのようなサポート陣があなたをバックアップするために「縁」を利用します。

驚くような偶然を経て「縁がある人」と出会う背景にはたいていサポート陣のバックアップが潜んでいます。

どんな人でもその人の背後では常になんらかの動きがありますが、あなたはそれに気づくことはありません。

「いったい誰が私をサポートしてくれているのだろうか?」とちょっと気になりますよね。

しかし実際のところ、誰があなたをサポートしているかは重要なことではないのです。

今を生きるあなたにとって「サポートされている」という事実だけが重要です。

そのような存在によってあなたの縁も左右されることもあると覚えておきましょう。

運命的な出会いは「縁」だと確信しても一生を共にするわけではない

人は誰でも運命的に出会った理由を「縁があったから」と思うものです。

だからといってその関係が一生同じように続くわけではありません。

ある統計によると運命的な出会いの後、約70%のカップルが一年以内に破局するというデータが出ています。

その原因のほとんどは、付き合っていくうちに初めに築いた信頼関係が意外にもろいことに気づくためです。

このように「縁は強固なつながり」と信じられています。

しかし「運命的な出会い」も「縁」も信頼関係の破綻によってもろくも壊れるなら、ある意味「幻想」ということになります。

幻想を抱くことでさらに縁に期待を寄せてしまえば、すべてが壊れてしまうのも時間の問題です。

このようにいくら「縁があるから」とそれを運命的な出会いと決め付き合ったとしても、そのあとも確実に一生を共にするということではありません。

 

縁が切れる時にはこんな前兆が起こります

「おそらくもう会わないだろう」という直感が起きる

縁が切れる前兆として起こり得ることが「おそらくもう会わないかも」という直感です。

このような直感によって、相手と関わりを持つことが何の意味もないように感じるようになります。

これは相手に対して興味が湧かなくなったからか、逆に相手が自分に対して興味を見せなくなるためです。

あなたは相手と関わることが面倒になるでしょう。

また「相手と関わることは自分にとっても相手にとっても良くない」と心から思うようになります。

このように原因は何であれ縁が切れる前ぶれが「相手とはもうおそらく会わないだろう」という直感が起きたときです。

相手に会おうとしてもなかなか会えないようになる

縁が切れる時の前兆として「相手に会おうとしてもなかな会えない」という状況になることがあります。

場合によっては会おうとは思わなくなったり、「用事もないのに会う必要なんてない」と思うようになるでしょう。

この状態になるとあなた自らが、相手との縁をシャットアウトすることになります。

このように相手に会おうとしても会えないようになるのは、実はあなたの隠れた意思によるものです。

相手と会う気がまったく起きなかったり相手の存在すら忘れてしまうような時は、つながっている縁が日を追うごとに細くなりいまにも切れそうになっている状態です。

ひとたび縁が切れそうになったと同時に、スッパリと切れた状態へとまっしぐらです。

ここまでくると「再び会うことは不可能」という領域に入ります。

たとえ無理を承知で会ったとしても先行きが不透明で、不毛な関係で終わるでしょう。

他の予定でスケジュールが埋まってしまう

縁が切れる前兆としてよく起きるのが、他のスケジュールであっという間に埋まってしまったり、どう頑張っても相手との予定が合わなくなることです。

スケジュールを組み直そうとしても「しばらくの間はちょっと無理だね」となってしまいます。

「まぁ先は長いんだしいずれは会えるかな」といったんはあきらめても、その後ほぼ100%会うことはありません。

これはなぜか自分からも連絡を取ることもなくなるうえ、相手からの連絡もパッタリと途絶えてしまうためです。

お互いに連絡をしなければ、あっという間に月日は経ってしまいます。

過去を振り返り「もう縁がなかったんだな」と感じる日が、やがてくるはずです。

会いたくない、会う時間がもったいないと思うようになる

縁が切れる前兆とはシンプルに「なんとなく会いたくないな」と感じることから始まります。

会いたくないから、相手との予定も何となく先送りにします。

また「会う時間がもったいない」と思うときは、あなたがあまりにも忙しかったり、会うためには別の大事な用事をキャンセルしなければならない時です。

「大事な用事をキャンセルしてまで会う必要はあるの?」と悶々としているとき、縁が終わりを迎える準備を始めています。

このように「忙しくて会う時間がない」「会うのが面倒だから時間を調整したくない」と心から思っていると、それが切れるべき縁であれば必然的にその方向へ進みます。

こうして会う機会が少しづつ減っていくと、いつしかスッパリとその縁は切れてしまうでしょう。

「もう別れる」という強い意志でその関係性を切った時意外にあっさり縁は切れる

「もう別れる」とあなたが強い意志を持って元彼との別れを行動に移そうとした時、あなたが考えるより意外にあっさり縁が切れてしまいます。

たとえば元彼と付き合っていた時にとても苦労が多かったり自分らしくいられないことが多かったら、すぐにでも付き合うのをやめたくなるものです。

すべてが面倒に感じ元彼の存在もわずらわしいものでしかなくなります。

きっとあなたは何度もその関係に終止符を打ちたくなったことでしょう。

その時点で「縁」は徐々に切れていくプロセスを始めています。

ここまで来ると完全に縁が切れるまで要する時間はあとわずかです。

やがて元彼と距離が空けば空くほどあなたは快適に思うようになるでしょう。

快適さとは「自分らしさ」です。

このようにあなたの強い意志によって縁は簡単に切れてしまいます。

相手とのしがらみから解放されたあなたは、かつて味わったことのないほど自由を満喫できるものでしょう。

今まで強く感じていた「縁」がまるで嘘のようになる

今まで強く感じていた「縁」が、まるで嘘のようになったときも縁が切れる前兆の一つです。

相手と出会ったときに感じた「縁」は、その後二人が恋人関係に発展するのに十分なワクワク感でした。

また相手との共通点の多さにも「どう考えてもこれは奇跡的な出会い」とばかりに心躍らせたこともあったはずです。

しかしそのような奇跡的な出会いに縁を感じるのは「最初だけ」です。

長い付き合いになればなるほど、二人の間に衝突やいさかいが起きるようになります。

そうなると、初めの頃に感じていた「素晴らしき縁」もすっかり忘れ去られてしまうでしょう。

ついには相手との縁をまったく感じなくなるはずです。

このような状態になると相手に魅力を感じなくなるばかりでなく「縁があるのは間違いない」と信じていたことが嘘のようです。

執着を持ち相手を追えばそこで完全に縁は切れる

相手に執着を持ち追うことだけに必死になってしまうと、相手を手中に納められるどころかあなたの手をスルリとかわしどこかへ消えてしまうでしょう。

相手が目の前から消えてしまったと同時に、その縁もあとかたもなく消えてしまいます。

あとかたもなく消えてしまった縁を再び元に戻すのは、並大抵のことではありません。

普通ならあきらめるしか手立てはありません。

しかし縁に対する執着心は、とても強くはたらきます。

強い執着心は一向におさまらないままでしょう。

これは「相手と縁を切りたくない」と願うあまり、ますます必死になってしまうためです。

ところがこのような行動が逆に相手を遠ざけてしまいます。

このように自ら起こした行動によって縁が切れるきっかけとなる可能性も大いにあります。

復縁を遠ざけてしまうlineやメールについては、下の関連記事に詳しく載せています。


 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「プラトニックタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

縁が切れたことが確実に分かる合図

ほとんど同時に相手と連絡をとりあわなくなる

縁が切れたと確実に分かる合図が、ほとんど同時に相手と連絡をとりあわなくなることです。

これはどちらかが一方的に相手に対して何も感じなくなることが原因です。

かたやほぼ同時に相手に対する興味が薄れたことも原因の一つと考えられます。

お互いに強いしがらみがない限り、そのままにしていればアッサリと縁は切れてしまいます。

何もしないのに自動的に縁が切れてしまうように見えても、実は「縁が切れることは必然」だったのです。

相手に対して違和感しか感じなくなる

相手に対して違和感しか感じなくなるのは、確実に縁が切れる合図の一つです。

このようなときあなたはどんどん引きこもってしまったり、相手からの連絡をスルーしてしまうことも出てくるはずです。

こんなとき、スルーされた相手はますます連絡する回数を増やします。

いつまでもスルーし続けるのは良くないと、返信しますが、あなたはここでも違和感しか感じません。

違和感の中身は「自分をおさえている」「我慢している」「つまらない」「まったく楽しくない」「私とは合わない」などです。

これに当てはまるなら、確実にこの縁を継続させるのに無理があります。

すぐに「もう切れた」と判断できるような縁でしょう。

相手と顔を合わせたくないし関わり合いたくないと思う

縁が切れたと感じる時、あなたは相手の顔を別に見たくないし関わり合いたくないと思います。

この状態は「嫌いだから顔も見たくない」というのと少し違います。

相手に対して「まったく興味がない」とか、「もう終わった」ということです。

その頃、あなたは他にとても興味深い人やモノを見つけていることもあります。

このようなときは、以前の縁が切れたと同時に新たな縁が始まった状態です。

あなたは新たな縁によって、切れてしまった縁をさらに思い出さないようにさせるでしょう。

相手の姿がパッタリと見えなくなる

縁が切れるといつの間にか相手の姿がパッタリと見えなくなります。

この状態はまるで相手がこの世から消えてしまったかのようです。

これは単純にお互いの行動範囲が変わってしまったことが原因です。

行動範囲が変わることで、お互いの波動にもギャップが出始めます。

初めは小さなギャップも、時が経つにつれ大きなギャップへと変化します。

大きなギャップへと変化してしまうともう後戻りできません。

こうして「縁が切れたことは確実」と実感できるでしょう。

相手のことを考えたときに相手の顔がよく思い出せない

縁が切れたかどうかの目安は、相手の顔をよく思い出せるか思い出せないかによります。

あなたが相手に抱くイメージで、その縁が切れたかどうかが確実にわかります。

相手を思い出した時、輪郭がぼやけてはっきり思い出せないときは、縁が切れたか、今まさに切れつつある状態です。

相手の顔を思い出してみましょう。

この時、相手の輪郭はどう見えていますか?

そしてもうこの世にはいない血の繋がった親族の顔を思い出してみましよう。

不思議なことに輪郭が素晴らしくはっきりとした故人のお顔がイメージできるはずです。

これは縁が切れていない証拠です。

このことから「縁」というものが、いかにイメージの影響を受けているかがよくわかります。

 

切れた縁は追わないほうがいい?復活しやすくなる工夫

切れた縁は追わないほうがいいその理由は「追えば逃げるから」

切れた縁は追わないに越したことはありません。

なぜなら「追えば逃げる」という心理が働くためです。

もしあなたも誰かに追われたら、面倒なことにならないうちに一刻も早く逃げるはずです。

たとえば、付き合ってもいない男性に駅で待ち伏せされたら恐怖を感じることでしょう。

誰でも追われれれば必然的に逃げたくなるものなのです。

ですから切れた縁は追ってはいけません。

でもなぜ追ってしまいたくなるのでしょう。

追ってしまいたくなる心理に「執着心」が働いているためです。

私に心を向けて欲しい、私をずっと好きでいて欲しい、という執着から相手を追い込んでしまいます。

相手を追ったときあなたに戻ってくる確率は、0.1%にも満たないということを覚えておきましょう。

切れた縁を復活させる工夫は「自分を大切にする」

切れた縁を復活させるにまずできることは、何よりも「自分を大切にすること」です。

「自分を大切にする」と聞くと、曖昧でなんのことわからないかもしれません

自分を大切にしていない時とは、自分をおろそかにする時です。

一歩引いた女性が好まれるのは、昭和の時代の名残りです。

現代は一歩引いた状態は、自分をおろそかにしているのと同じことです。

自分をおろそかにする例が「相手に嫌われたくない」「彼と縁を切りたくない」からと考え、嫌なことでも我慢し続けることです。

我慢をし続けると、相手に都合よく扱われてしまいます。

都合よく扱われる女性は、男性から大切にされません。

なぜならあなたと付き合うメリットが「便利だから」にとどまってしまうためです。

結果的に自分を大切にできない女性は、相手からも大切にされないのです。

とりあえず今からでも本当の自分らしさを出せるよう工夫しましょう。

自分の思った通りに行動する、自分の好きなことをやる、誰に対してもいい顔をしない、などです。

切れてしまって「もうダメだろう」というような縁でも、あなたが変われば復活への兆しが見え始めるでしょう。

復活するときは何もしなくても復活する

いったん切れた縁も復活するときは、あなたが何もしなくても復活するものです。

それでこそ「縁」というものです。

たとえ10年後であろうと20年後であろうと、そこに「縁」があるならまた繋がる可能性は大いにあります。

それはまるで外れたプラグを再びコンセントに繋ぐようなものです。

対応するコンセントがある限り、あなたというプラグはいつでも繋がることができるのです。

ただしそれは「あなたが繋がろうとすることを選んだとき」のみです。

いくら復活の糸口があるからといっても、あなたに強い意思がない限り復活せずに終わってしまうでしょう。

「もう切れてしまったのだから」と決めつけると波動が粗くなる

切れてしまったと思っているのはあなただけかもしれません。

もしそうであればなおさら「もう切れてしまったのだから」と決めつけないようにしましょう。

決めつけずにいるためには「そうかもしれないけれど違うかもしれない」と仮定する事で改善できます。

何事においても「決めつけない」ことは、とても大切なことです。

たとえばあなたが物事をネガティブにとらえてしまう癖があるなら、自分を不利な立場で考えるのも得意でしょう。

自分を不利な立場にさせてしまうと、不安や恐れが増大します。

この不安や恐れがあなたの波動を暗く重いものしてしまう、いわゆる「波動が粗い」という状態になります。

粗い波動は表情や行動に現れます。

粗い波動はあなたをさらに不利な立場へと追い込んでしまうでしょう。

このような時こそ考え方を変える事で、あなたの波動も改善できるはずです。

切れた理由によっては復活しない道を選んだ方が幸せになれる

あなたが元彼と別れた理由によっては復活を選択しない方がいい場合があります。

もしあなたが「元彼が忘れられない」と苦しい思いをしているなら、一見復活した方が良さそうに見えます。

ところが別れた原因を振り返ったとき、また同じことで別れることになる可能性は否めません。

元彼を忘れられないからこそ冷静に判断しましょう。

「もう元彼以上の人には出会うことはないだろう」とあなたが強く思っていたら、確実にその通りになります。

そうなるとますます元彼との復活ばかりを考えてしまうでしょう。

しかし、思い出してください。

縁とは自分でコントロールできないものです。

こういうとき「元彼以上の人が必ずどこかにいる」と心から信じるようにすれば、もっとあなたに合う人との縁が浮上します。

このように縁はコントロールできないものですが、実は周りを変化させるにはあなたの考え方次第なのです。

あなたが心から信じたように周囲が変化し、あなたが心から決めた通りに進展していくでしょう。

「引き寄せの法則と復縁」については下の記事で詳しく載せています。
 


 

一度切れた縁が再び繋がる!とっておきの復活方法

切れたことをいつまでも悔やまない

とっておきの復活方法の初めのステップは「切れたことをいつまでも悔やまない」ということです。

切れた原因を振り返って反省するのはやむ負えないとしても、いつまでも暗く悲しい表情をしているのはよくありません。

一度切れた縁を再び繋げるためには、できるだけ早くつらい気持ちを吹っ切ることが大切です。

復活するための方法を試す前に、まだ落ち込んでいないかどうか自分に聞いてみましょう。

もしいまだに気分が落ち込んでいたら、「復活したい」という考えからいったん離れます。

あなたが心からリラックスできるような気分転換を行うようにしてください。

好きな音楽を聴く、思い切り泣ける映画を観る、マッサージを受けるなどがオススメです。

元彼に別れた原因があったらそれを許す

とっておきの復活方法の2番目のステップは「元彼に別れた原因があったらそれを許す」ということです。

元彼にどんな問題があったかはさておき、それをあなたが心から許さなければ復活はあり得ません。

許すとは具体的にどうすればいいのでしょうか?

もし元彼のことをよく思えないような問題点があったら、それを思い出すたびにイライラしたり悲しい気持ちになってしまうでしょう。

このような時、思い出してもイライラしたり悲しんだりしないようになることが「許す」ということです。

「前に何かあったかもしれないけれどもう終わったことだし大した問題ではない」と思えるようになればベストです。

このように元彼の問題を許すとあなたと元彼との見えない絆に変化が訪れます。

この変化は、まもなく次のステップへと繋がるでしょう。

復活が最終目的ではないと考える

とっておきの復活方法の3番目のステップが「復活が最終目的ではない」と考えることです。

具体的には「復活などどうでもいいし、私にはもっと楽しいことがある」と自分に言い聞かせます。

そして実際に楽しめることを次々に取り入れ、どんどん行動に移しましょう。

こうのように考え行動する目的は、元彼に対する執着をなくすためです。

執着がなくなるとあなた自身にとてつもない変化がやってきます。

この変化はあなたが変わったことで、あなた自身の波動も大きく変わるためです。

あなたの波動が変わると元彼との関係性にも影響が現れます。

最高の自分を目指し続ける

とっておきの復活方法のエピローグは「最高の自分を目指し続ける」ということです。

具体的にはあなたが本当に好きなことを選び、本当にやりたいことだけをやることです。

ここまでくるとあなたは以前と比べ、別人のようになっているでしょう。

元彼との付き合っていた頃のあなたは、自分らしさをうまく表現できなかったはずです。

しかし本当の自分らしさを出せるようになったあなたは、誰が見ても美しく輝いています。

これが「最高の自分」です。

初めは自分の好きなことだけを選ぶのに抵抗を感じるかもしれません。

しかし抵抗があるからこそ、自分が変われるチャンスです。

せっかくのチャンスを見失わないようにしてください。

すっかり変わったあなたを誰もが放っておくわけがありません。

いろいろな人からアプローチが来るはずです。

しかしあなたのやることはただ一つ。

何があっても最高の自分を目指し続けるだけです。

こちらの記事もぜひ参考に。 


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「縁が切れた合図があっても、必ずしも悲しい事とは限りません」

占い師 姫乃
たとえ縁が切れた合図があっても、それを悲しい事ととらえないで欲しいの。

でも思い通りにいかないことだらけって、ちょっと悲しいしつらいわよね。

その悲しみの根源は、変化に対するあなたの恐れなの。

縁が切れたり復活したり、または新たな縁に繋がることも「全ては良き変化」と考えることが大切よ。

全部良いことだと思うことができれば、またひとつ成長できたしるし。

あなたの波動もグンとアップするわ。

がんばるあなたをいつも応援しています!

【期間限定・9月23日(月曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事