パートナーとは恋愛とどう違うの?求める理想のパートナー像となかなかパートナーになれない人の思考
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

パートナーとは恋愛とどう違うのでしょうか?

さっそく求める理想のパートナー像となかなかパートナーになれない人の思考についてみていきましょう。

どんな人をパートナーとして選ぶと良いのか分からないという人のために、パートナーになりやすい異性の特徴もお伝えしていますので参考にしてみてください。

 

復縁メニューはこちら

パートナーとは恋愛できないの?パートナーと恋人との違いを確認

パートナーとは恋愛関係を越え、末長く人生を共に歩む相手

パートナーとは恋愛関係を超えた形で、末長く共に人生を歩む相手のことを指します。

相手に対する感情は「愛」そのものです。

人を愛する時、対象となる相手を大切にしたい、いつくしみたいという思いが強く湧き上がります。

そうかと思えば、日常のほんのささいなシーンに愛を感じることもあります。

たとえば赤ちゃんを見る母親の目は、愛そのものです。

また愛をテーマとした映画を見た時、涙を流すほど感動するのはそこに大いなる愛を体感するからです。

スピリチュアルでいうところの愛とは、目の前にある一粒の種でありまた宇宙全体でもあります。

つまり愛の対象となるものは、この世に存在するもの全てを包括しているのです。

私たちは誰1人例外なく愛に包まれて生きているのですが、それに目をつぶったままの人もいます。

愛を知るためには愛を学ぶ必要がありますが、そのためにパートナーは不可欠な存在なのです。

すでにパートナーがいて、その人に漠然とした愛を感じている人もいることでしょう。

しかし本当の愛とは、学びというプロセスの先に感じ取れるものです。

「愛してるから優しくしてあげる」「好きといってくれたから愛されてる」と思うものですが、実はパートナーの存在そのものが愛なのです。

これ以上の関係はないのが、人生を共に歩む相手=パートナーなのです。

 

恋愛や結婚相手を選ぶ基準とは異なるのがパートナー

恋愛や結婚相手を選ぶ基準とは、異なるのがパートナーです。

最初からパートナー関係を結べる相手もいれば恋愛関係からパートナーへと進む場合もあるし、ビジネスパートナーから恋愛関係へと繋がる場合もあります。

恋愛関係からパートナーへと進んだ場合、今までの恋愛感情はやや薄れることが多いです。

そればかりか「好き」「愛してる」という意識はほとんどと言っていいほどなくなります。

なぜパートナーになると恋愛感情がなくなるのでしょうか?

それはお互いの波動に変化が起きたためです。

恋愛感情の変化と共に波動にも変化が起きますが、そのような変化が起きなければパートナーになることは不可能だからです。

多くのカップルが相手をパートナーとして見れないのは、そういう変化を望んでいないからです。

そうなればどれだけ倦怠期や腐れ縁になろうとも、仕方なく付き合うことを選ぶしかないでしょう。

 

夫婦間や恋人同士でも同じ仕事で成果を上げる関係なら、相手はビジネスパートナーと言える

夫婦間や恋人同士であっても2人が同じ仕事で成果を上げる関係なら、相手とはビジネスパートナー同士という立場です。

また恋愛感情は一切なくても2人が共にいることでビジネスが成り立っているのなら、それもビジネスパートナーと言えます。

総じて資金や人脈、スキルなどお互いに足りないものを補い合う関係を言いますが、そこに収益が発生しているかもひとつのポイントです。

たとえば専業主婦が夫の仕事を少々手伝うくらいでは、ビジネスパートナーとは言えません。

さらにお弁当作りとか肩を揉んであげる程度なら、その位置づけはどう考えても単純なパートナーでしょう。

共同で起業したり事業を展開するために同じ方向性で支え合うのが、本来のビジネスパートナーです。

事業を成功させるには相手の意見を慎重に取り入れる柔軟な姿勢と広い視野が必要だし、相手の意見を取り入れることはあっても決して流されることはない自分軸も持たなければなりません。

相手をビジネスパートナーと認めている関係の場合、これらのことは絶対に外すことができないものです。

このように仕事という面から見たパートナーとは、生業(なりわい)を成功させるためのビジネスパートナーなのです。

 

相手と彼氏or彼女というスタンスなら、恋愛関係におけるパートナー

恋愛関係のパートナーとなる対象の相手は彼氏か彼女で、恋愛感情があるのが特徴です。

付き合っている相手がいるなら、その人がパートナーです。

とは言えパートナーの定義は、非常に広範囲に渡ります。

社交ダンスやスポーツなど、21組で行う競技の相手もパートナーと呼びます。

また夫や妻にあたる配偶者やそれに近い関係の人も、パートナーとして認知されています。

恋愛関係におけるパートナーの特徴は、相手を何にも変えがたい存在と信じている点です。

好きなのはもちろん登り詰めた愛情もピークを超え、安定した関係を象徴しています。

異性としてだけでなく、人間としてもそれなりに評価しているのは間違いありません。

パートナーとしてプラスな面もマイナスな面も理解しあっているのは、お互いがお互いを写す鏡のようだからです。

これこそが恋愛関係におけるパートナーの大元の形なのです。

 

プラトニックラブでお互いに精神的な支えとなっているなら、セカンドパートナーという関係

プラトニックラブでお互いに精神的な支えとなっているなら「セカンドパートナー」という関係です。

セカンドパートナーは、不倫とは違い肉体関係を持ちません。

セカンドと付くだけあって2番目のパートナーなのですが、それに対し配偶者にあたるのがファーストパートナーです。

正直なところ配偶者とは、遅かれ早かれお互いを必要としない関係になることも多いです。

離婚にならないまでも、相手に対する気持ちはほとんど残っていないのが現実でしょう。

しかし配偶者と違い本当に自分と相手と気が合う相手なら、いつしか精神的支えとなる2人目のパートナーとしての関係になるものです。

セカンドパートナーは非公式の関係です。

認めているのは他の誰でもなく、2人だけです。

そしてセカンドパートナーに肉体関係が含まれないのは、唯一その点だけがボーダーラインだからです。

ひとたびセカンドパートナーの関係が一線を超えてしまえば、完全に不倫の関係です。

しかし精神的な支えとしてお互いに満足できるようなら、セカンドパートナーとしての関係が成立するのです。

 

夫婦関係は生涯を共にする永遠のパートナーととらえる人が多い

夫婦関係は「生涯を共にする永遠のパートナー」ととらえる人も多いです。

結婚を決めた時からそう考える人が大多数なのは、将来的に離婚する可能性があることまで頭にないからです。

「生涯を共にしよう」と固く決意したにもかかわらず、あっけなく破綻することもあるのは、時の経過と共に関係性も変化するためです。

最初の決意の時と何もかもが変わってしまったなら、離婚もやむおえないこと。

自分に正直になれる人が導かれたのは「永遠のパートナーではなかった」という結論です。

一方で波風立たず平凡ながらもうまくいっている夫婦関係なら、リアルに生涯を共にする永遠のパートナー同士と言えるでしょう。

とは言え、問題が起きないわけではありません。

問題が起きた時どうそれを乗り越えるかが、生涯を共にする永遠のパートナーの決め手となるのです。

乗り越える問題は次々にやってくることでしょう。

しかし生涯を共にする永遠のパートナーと自負する2人なら、乗り越えられない問題はありません。

前向きに乗り越えようとするなら、夫婦関係としてもパートナーとしても無敵なのです。

 

パートナーと恋愛は違う?男性が求めるパートナー像

ときめきよりも安定感があり癒される女性

パートナーとの関係は個人差はあるものの恋愛とは違っていて、多くの男性はときめきよりも安定感を求めます。

さらに癒されるような女性なら、確実に理想とするタイプです。

それでいて押さえるところはきっちり押さえる、そんな姉御肌的でしっかり者な一面があるなら言うことはないでしょう。

俺様タイプでドヤ顔な男性ほど、内面では女性に甘えたい隠れた望みを抱いているものです。

しかし低く見られるのがイヤでつい強がりを言ってしまうため、甘えたくてもどうしても甘えられません。

また自分でも正直になれないのを知っているので、パートナーには自分の素を出して甘えられる女性を求めるのです。

つまり彼が自分に正直になれるのは、何も言わなくても癒される人であり安定した性格の持ち主の女性なのです。

これこそが、恋愛とは違うパートナーの大きな特徴と言えるでしょう。

 

パートナーは責任が伴うイメージで地に足がついた関係

男性はパートナーのことを「責任が伴うイメージ」としてとらえています。

そしてその関係は、地に足がついている状態と考えます。

責任が伴うとはある意味、相手とは一心同体ということです。

パートナーがいるからこそ自分も成り立っていて、またパートナーとしての存在も自分があるからこそという状態なのです。

恋愛関係との大きな違いがここです。

お互いに「好き」という感情があれば、立派に成り立つのが恋愛関係です。

恋愛関係の相手のことも時にはパートナーと呼びますが、通称は彼氏や彼女です。

また人にもよりますが、相手に対する責任義務はありません。

つまり恋愛関係にあるうちは、責任を果たす義務はほとんど見当たらないと言っていいのです。

しかし一般的なパートナーとなるとそのイメージはかなり違っていて、相手と自分との間に責任が伴います。

責任の内容としては、利害関係が伴うケースが多いです。

利害関係が含まれる形のパートナーという場合、ラブラブな恋愛とは対極です。

つまりお互いに利害関係を守るためには、責任が伴うことは承知の上ということ。

このようなことから「責任が伴っていて、地に足がついているからこそ真のパートナー」と考えている男性が大半なのです。

 

恋人は恋愛感情のみで付き合える相手で、それ以外が真のパートナー

多くの男性は、恋人と呼べるのは恋愛感情のみで付き合える相手と考えています。

つまりそれ以外が真のパートナーということ。

真のパートナーに恋愛感情がある場合でも、その感情だけで心の中が埋めつくされているわけではないのです。

むしろ真のパートナーと思っている相手から、目一杯の恋愛感情で迫られたらきっと困ってしまうでしょう。

彼的に相手とのスタンスにギャップがあり過ぎれば、パートナーとしては失格なのです。

しかしある程度パートナーとしての実績があるなら、そう簡単に失格というレッテルを貼ることはできません。

非常に難しいところですが、このような関係に誤解が生じやすいのは確かです。

恋愛感情は問題が起きた時、冷静に対処できなくなるのがデメリットです。

どうしても個人的な感情が露出してしまうため、真のパートナーとしては若干マイナスなのは否めません。

その点、何があっても恋愛感情をむき出しにしてこないなら、男性にとってその相手こそが真のパートナーなのです。

 

パートナーは相手を好きなだけでは成り立たない存在、かつ人生の共同経営者

男性は、相手を好きなだけではパートナーとして成り立たないと考えます。

好きを乗り越えたところにパートナーとしての権限やステイタスがあり、真のパートナー=人生の共同経営者ともとらえているのです。

人生の共同経営者たるパートナーに好きとか嫌いといった感情は起きないのは、好きなだけではパートナーとは言えないからです。

性格的に嫌いであっても共同経営者として揺るぎないスタンスを築いているなら、相手を認めなければなりません。

なぜなら共同と言うだけあって、その道程は相手の存在ありきだからです。

相手の存在があってこそ、共同経営が成り立つのです。

もし相手がいなければパートナー不在の状態です。

他に変わるようなパートナーなど、そう簡単に見つかるものではありません。

なので1度パートナーと決めた相手とはかなり深刻な問題を抱えない限り、パートナー関係を継続させようとします。

深刻な問題として考えられるのが、金銭面の問題、人間関係、健康問題のいずれかです。

金銭面の問題はかなり深刻でしょう。

人間関係においては、相手が異性ということから「他好き」が考えられます。

健康面の問題もなかなか厄介です。

これらの問題は、人生において1度は直面するものです。

パートナーとしての関係継続も困難を極めることになるでしょう。

しかしここでも相手を好きなだけでは、パートナーとしての関係は簡単に終わってしまいます。

「パートナー=人生の共同経営者」と腹をくくっているからこそ、困難を乗り越えられるのです。

 

パートナー同士、経済的なだけでなく精神的自立も必須

ほとんどの男性は、経済的だけでなく精神的自立もパートナーとして必須と考えています。

自立とは相手を頼り過ぎないこともひとつですが、人対人という関係はどちらかにパワーバランスが偏るものです。

たとえばお金を出す方が決まっていたり、相手の方が行動が早いためについ頼り過ぎてしまったり。

パートナーだからといって、すべてが同じ思考や同じ行動というのはあり得ません。

なのでどうしてもパートナー間で、何かと格差が生じてしまうのです。

「お互い様だから」と言い合える仲なら、多少の差は我慢できるでしょう。

しかしどちらかが完全に相手に頼り切ってしまうと徐々に関係性が歪み、いずれ破綻するのが自然な流れです。

そんな流れをあらかじめ想定できるのが、パートナーとしての最低限の原則を考えられる人です。

少なくとも相手に頼り過ぎないこと。

これがパートナー同士がうまくいく大前提です。

しかしいつの時代も男性は好きな女性には弱いものです。

女性から頼られることに慣れてしまうと、それが当たり前になってしまうのです。

そうならないために、男性はパートナーとしての理想を崩したくないのです。

経済的にも精神的にも自立していること。

これが男性が考えるパートナーとしてのボーダーラインなのです。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

パートナーになる異性の特徴

言わなくてもわかりあえる。むしろしゃべらない方が相手の気持ちを察することができる

パートナーになる相手の特徴は、言わなくても分かり合える人です。

またしゃべらなくても気を使わなくて済む人や言葉で伝えてこなくても相手の気持ちを察してくれる相手なら、最高のパートナーと言えるでしょう。

言わなくても分かりあえる相手とは、魂のつながりがある人です。

そして魂同士のつながりは、今世で巡り合うべきソウルメイトを意味します。

一方でパートナーでありながら相手が何を思っているかわからないだけでなく気を遣ってばかりいるようなら、そこから学ぶべき何かがあるのです。

人との出会いは偶然はないし、出会ったことにはちゃんと意味があります。

そこで相手をパートナーと確信していいのは、言わなくても心が通じ合えた時です。

そしてそれ以外の出会いは自分の写し鏡と見てください。

相手の中に自分を反映する部分があって、それを見出せた時に自らの学びを得られるのです。

 

一緒にいるといつのまにか2人して笑顔になっていることが多い

パートナーになる異性は、一緒にいるといつのまにか2人して笑顔になる相手です。

笑いのツボが同じというよりも、そこには心と心が通じ合っている感覚があります。

そのためどちらかが笑うと相手もつられてつい笑ってしまうため、いつしか笑顔が当たり前のシチュエーションとなることでしょう。

笑顔ほど高い波動はありません。

ネガティブな気持ちでは笑顔になることはできないからです。

つまりお互いの波動が影響し合うことでより高い波動を生み出し、それが笑顔となるのです。

笑顔はさらに心地よい波動となり、2人を高め合うことでしょう。

それこそがパートナーとしての存在価値のひとつなのです。

 

信用できる人がパートナーの条件。相手も信用してくれてるのがよくわかる

パートナーになれるのは、信用できる人です。

そして信用してくれているのがよくわかることも、パートナーとして大事なことです。

自分が相手を信用していなければ、相手も間違いなく信用してくれません。

このように信用とは、相互関係が必須です。

一方で「なんとなく信用できない」と1度でも疑ってしまうと、パートナーとしての関係は揺らぎます。

相手を信用できなくなる人は、性格的な問題がある場合も多いです。

たとえばものすごく心配性の人や、プライドが高すぎる人です。

どちらの性格も内面に強い不安を抱えていて、その不安が人を信用できなくさせるのです。

少しでも不安材料があるとすぐにそれに反応し信用できなくなりますが、そうなると相手もこちらを信用しなくなるだけです。

パートナーシップに重要なのは、相手に対しコミットメントすることです。

コミットメントとは、パートナーとして相手を認め受け入れることです。

相手を完全に受け入れようと決めたなら、不安材料が見えてもそれは「自分の中の問題」と理解できるのです。

不安は相手にぶつけるものではなく、自分の中で解決するものです。

つまりパートナーの存在は、潜在的に自分の意識を変えるのが目的でもあるのです。

やがて信用することが、自分の中の不安をかき消してくれることに気づけることでしょう。

 

結婚観や価値観、金銭感覚が合致していて違和感がない

パートナーになる異性は、結婚観や価値観、金銭感覚の合致している人です。

仮に多少の違いがあっても、違和感がない程度です。

あらゆる価値観は、パートナーにおいて不可欠なトピックです。

自分の意見に同意してくれるだけでなく相手の意見にも同意できるなら、これほど心地よい会話はないでしょう。

「一緒にいるべき人」と感じるしかないのです。

一方で価値観の違いは、あらゆる弊害を生み出します。

何かと意見が食い違うので、会話することすら面倒と感じるのです。

何か言おうとしても否定されることが多ければ、いずれ言葉を交わすこともなくなるでしょう。

このように価値観の合致は、パートナーとして最低限求められることです。

 

苦しい時や落ち込んでいるときに支えてくれる

パートナーとしての大事な特徴の一つが、苦しい時や落ち込んでいるときに支えてくれる人が挙げられます。

順調な時は良いのです。

なぜなら人は「相手といい関係だ」と感じている時だけ、パートナーとして認めたくなるからです。

しかし本当のパートナーとは「つらい時にどれだけ支えになってくれるか」なのです。

中には相手が苦しんでいるのに平然としてる人もいるし、近寄ることすらしない人もいます。

もしそれがパートナーと認識している相手なら心底ガッカリでしょう。

ガッカリするのは「パートナーならこうあるべき」という期待があったからですが、残念ながら「相手に過剰な期待を抱くとそうならない可能性が高くなる」と言わざるを得ません。

相手をパートナーとして見極めるには、心が弱くなっているときにどれだけ支えてくれるか。

この見極めポイントさえ外さなければ、末長いパートナーシップを築くことができます。

 

異性ではなく1人の人間として尊敬できる人

異性ではなく1人の人間として尊敬できる人が、真のパートナーです。

パートナーに対しそのような心情になるまでは、それ相応の問題を乗り越えることが条件です。

なぜなら尊敬の念は、うわべだでけでは判断できないからです。

尊敬とはあらゆる問題をどう乗り越えたか、それを目の当たりにしなければ起きない感情です。

出会った頃から尊敬できると思っている人ほど長い付き合いの中でひっくり返されることが多いのは、表面上では尊敬できても、ちょっとしたことから相手を尊敬できなくなったということも往々にしてあるからです。

「この人こそが尊敬できる人」と心から確信した時が、パートナーとしての揺るぎないスタンスを手に入れた時です。

とは言え相手も人間です。

尊敬できる部分が際立っていても、何かしら欠点はあるものです。

その欠点にどれだけ目をつぶれるかが、パートナーとして重要なポイントです。

相手のマイナスな部分に目を向けてばかりいると、マイナス面を強化してしまいます。

そればかりか、相手もこちらのマイナス面を突いてきます。

こうなるとパートナーとしての関係は崩れる一方でしょう。

しかしマイナス面を気にしなければ強化されないばかりか、いずれ消えていきます。

 

恋愛ばかりでなかなかパートナーに巡り合えない人の思考

最終的に結婚が目的とは思っていないので、相手をパートナーとして見れない

パートナーに巡り合えないと考えるのは、最終的な目的が結婚と思っていない人です。

そのためせっかくの出会った相手を、生涯を通したパートナーとして見ることができません。

パートナーが欲しい欲しいと願っている人の多くは、このような固定観念に縛られています。

一方スピリチュアルがなんであるかを知っている人は、中立的な思考を崩しません。

結婚に関しては「結婚するかもしれないし、しないかもしれない」と考えます。

つまり「どちらでもかまわない」とか「どっちになっても別に大したことではない」と、ハンドルの遊びのようなスタンスなのです。

「こうなったらいいな」という思いは多少あるかもしれません。

しかしそれも可能性の一部です。

「結婚したくない」「結婚を目的にしたくない」と考える人は、自ら可能性を放棄しているのと同じことです。

パートナーとの関係も想像を超えるほど素晴らしいものかもしれないし、もう2度と会いたくないほど嫌いになってしまう人かもしれません。

マイナスな出会いは避けたいものですが、真のパートナーとの出会いを望んでいるならあらゆる可能性を考慮するべきでしょう。

 

自分の好み以外の人には目もくれず、付き合う対象外と決めつけてしまう

自分以外の好みの人には目もくれない。

これはパートナーを求めている人にありがちな行動です。

また付き合う対象の条件を極端に狭めてしまう人も意外に多いです。

理想はあってしかるべきです。

人は理想があるからこそ、そこに向かって突き進めるからです。

しかしその理想が現実離れしていることも往々にしてあるのです。

「イケメンじゃなきゃときめかない」という気持ちはわかります。

ところがイケメン好きはたいてい顔やスタイルだけで判断し、性格は二の次です。

多少性格が悪くても「イケメンなら仕方ない」と我慢してしまうのです。

そんな男性と仮に付き合うことになっても、残念ながら(どうひいき目に見ても)真のパートナーではないのは明らかです。

イケメン全部がパートナーではないというのではないし、イケメンの中にも素晴らしい性格の人も多いです。

ただ真のパートナーとしては、どうしても不適合の可能性が高いのです。

このようなことから相手を好みだけで判断することが毎度のことなら、真のパートナーに出会う確率も自ずと低くなるでしょう。

 

自分の理想の人になかなか出会えないので、つい手近な人との恋愛に走ってしまう

パートナーに巡り合えないのは、つい手近な人との恋愛に走ってしまう人です。

いつ出会えるかと待っているうちに、月日ばかりがすぎていけば焦りも出てきます。

待てど暮らせどパートナーの出現がないなら、そこそこの相手に目がいくのは当然でしょう。

しかしその相手は真のパートナーではありません。

なぜなら自分が求めるものの波動と同じ波動の人が引き寄せられるからです。

真のパートナーに出会った人は手近な人との恋愛に走らなかった結果なのですが「彼氏なしでも寂しくなかった」と言ったら嘘になるかもしれません。

しかしそういう人は1人でも自分を楽しませることを知っていて、そのエネルギーが真のパートナーを引き寄せたのです。

一方でパートナーに出会えない寂しさを紛らわすためだけに異性と付き合う人は、もし真のパートナーと巡り合っても今彼がいるので指を加えることになるでしょう。

後悔しても遅いのです。

 

恋愛相手は自分なりの条件を外せない。また結婚相手にも条件をつけたい

パートナーと巡り合えない人は、恋愛相手について自分なりの条件を外せません。

また結婚相手にも何かと条件をつけたがります。

これはパートナーに巡り合えないことから起きる不安を解消するためです。

もしかすると潜在的に「パートナー関係になれる人はいないのかも」と決めつけているのかもしれません。

だから恋愛相手を理想のパートナーにするべく条件をつけるのです。

結婚相手もしかりで「パートナーならこうあるべき」な姿勢を崩しません。

しかし条件をつけられた方は迷惑千万です。

何かとうるさく注文を付けてくる彼女に、いや気が差すのは時間の問題でしょう。

自分の存在を認めてもらえないも同然だし、自由を奪われた気がするのは間違いありません。

パートナーとしての理想を相手に押し付けるのは良くないです。

もし反対の立場なら、おそらく逃げたくなるはずです。

 

添い遂げるのは絶対に心がときめく人。それ以外とは無理

パートナーに巡り合えない人は「添い遂げる相手は絶対に心ときめく人」と決めています。

それ以外の人とは無理と考えますが、これが視野を狭めている原因とは気付いていません。

「心ときめく相手と添い遂げることが理想」というのは、完全に刷り込みであって真実ではありません。

つまり過去に生きてきた人たちの思考をそのまま受け継いでいるだけで、自分の考えではないのです。

正直なところ、恋愛関係についてはほとんど全部が刷り込みと言って過言ではありません。

私たちが無意識のうちに刷り込まれる機会は、数限りなくあります。

恋愛映画ひとつとってみても、ストーリーや映像で私たちにじっくり「恋愛とはなんぞや」を語りかけてきます。

「恋とはこういう感情が湧くのが当然」で「愛とはこういうシチュエーションでこんな心情になる」という一挙手一投足がスクリーンに映し出されるのをただボーッと眺めている時、心の中では何が起きているのでしょうか?

映画が終わった後、それらの「一部始終がしっかりと私たちの脳に刷り込まれるのです。

ハッピーエンドのストーリーなら「そうなりたい」と思うし、悲劇的な最後なら「こうはなりたくない」と。

これが刷り込みです。

「添い遂げる相手は心ときめく人」というのも、実は完全なる刷り込みです。

自分の考えではない刷り込みによって行動を起こした時、その後はうまくいかないことが多いです。

なぜなら物語の最後までは、自分に刷り込まれていないからです。

物語の最後は人によって違います。

つまり個人個人で、どんな選択をするかにかかっているのです。

 

パートナーには恋愛感情以外に責任が伴う相手だから慎重に選びたい

慎重さも度が過ぎてしまったことが原因で、パートナーと巡り合えない人もいます。

なぜそこまで慎重になるかという疑問を投げ掛ければ「恋愛感情だけでなく、責任が伴う相手だから」と答えるでしょう。

つまりパートナーとしてどうあるべきか、独自の見方があるのです。

もし間違ってパートナーにふさわしくない相手を選んでしまったら元も子もありません。

やり直すにしてもまた振り出し逆戻りなので、それだけは避けたいのです。

またパートナーに重いイメージを抱いていることも多いです。

恋愛感情だけで付き合う相手ならそこまで重くはとらえないはずですが、そういう人にとってのパートナーとは恋愛感情以外のウエイトの方が重いのです。

何事にもほどほどが大事なのですが、慎重さを重要視する人の耳には届きません。

そのためたとえ理想の人と巡り合ったとしても、パートナー関係へと踏み込めないのです。

 

付き合っている人が恋愛対象だけどパートナーとしては難しいときの対処方法

相手には恋愛感情があることはもちろん、結婚を意識していることも早めに伝える

付き合っている人がパートナーとして難しいかな、という時、結婚を意識していることを早めに伝えてください。

結婚の意思=パートナーとしての意思表示なのです。

その決意があるかは、相手に伝えないことにはわかってもらえません。

また恋愛感情があることもきちんと伝えておきましょう。

その際、ただ単に「好き」「愛してる」のように一般的な愛を表現する言葉だけでは相手に伝わりません。

・信頼している

・頼りにしている

・いてくれて本当に嬉しい

・大事にしたい

・会えて良かった

このように相手の存在価値を認める表現がベストです。

 

パートナーとして難しいなら、今は恋愛を楽しむことだけを考える

パートナーとして難しいと感じているなら、今は恋愛を楽しむことを優先してください。

状況は変わる可能性があります。

その可能性とは、何らかの問題が起きた場合です。

2人の結束が固くなったりより絆が深まるのは、何らかの問題が起きた時なのです。

その問題をどう乗り越えられたか、どう対処できたかで、2人の関係は確実に強固になるのです。

いつどんな問題が起きるかは誰にも予想できません。

なので今はただひたすら恋愛を楽しむことだけに没頭しても良いのです。

ただ一つ言えるのが、問題が起きても慌てずに冷静になること。

そして「解決できない問題はない」と心から信じてください。

問題勃発は、2人にとってパートナーへと関係性を深めるチャンスなのです。

 

恋愛からパートナーに発展しにくいなら、別れも視野に入れる

恋愛関係からパートナーに発展しにくいなら、別れも視野に入れましょう。

以下が目安です。

・我慢ばかり強いられてる
・話を聞いてもらえない
・見下されてばかりいる
・性格に多大なる問題あり
・一緒にいても不安なだけ
・会うのが億劫
・相手が浮気性

これらは相性の問題でもあるため努力してもいっこうに改善しないばかりか、時間を無駄にするだけです。

パートナーとしては不適合と考えてください。

心の中に巣食っている相手に関するデータ全てを消去したあかつきに、新たなパートナー候補が現れます。

愛され女子になってパートナーに恵まれる方法がこちら。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「求めよ!さらば与えられんパートナーが欲しければまずは自分を高めましょう」

 

占い師 姫乃

パートナーが欲しいけれど、今の彼じゃちょっと無理かも。

そう思っている人、実はとても多いのね。

でもパートナーシップを築けないとわかっている彼と、いつまでも関係を続けるのは良くないわ。

今一度自分を振り返ってみて。

人生は自分のためにある。

彼に見合う人が必ずいると思えば、見切ることもできるはず。

あとは何と言っても理想のパートナーに見合う自分になることが大事。

努力するべきは、自分を高め理想の自分になることです!

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事