少しでも会いたい男性心理とは?会いたくてたまらなくなる女性の特徴と恋愛テクニック  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

彼が「少しでも会いたい」と言ってくるのはなぜでしょうか?

こちらでは少しでも会いたい男性心理と会いたくてたまらなくなる女性の特徴&恋愛テクニックについて解説しています。

少しでも会わないと気持ちが覚める男性はどんなタイプなのか、またどんなに忙しくても会いたくなる女性の特徴と彼に会いたいと思わせる方法についても順を追って紹介していきますね。

彼に対する疑問が解消すれば、きっとスッキリするはずです。

 

復縁メニューはこちら

付き合う前の男性が少しの時間でも会いに来る!彼が会いたくなる理由

好きだから会えないと余計に会いたくなる

付き合う前の男性が少しでも会いに来るのは、本当にその人のことが好きだからです。

好きだから、会えないと余計になんとしてでも会いたくなるのです。

もし何とも思ってないなら、少し時間があるからといって無理に会おうとはしないはず。

でも本気で好きなら、いつもその女性のことで頭の中がいっぱいなのです。

「寝ても覚めても」とはまさにこのこと。

会う時間ができたと同時に熱くなった心が爆発しそうな勢いで、そうなると会いたい思いは誰にも止めることはできません。

彼は相手の都合も考えず、衝動的に行動に移します。

付き合いたいから相手の気持ちを確かめたい

付き合う前の男性が少しの時間でも会いに来るのは、その女性と付き合いたいと考えているからです。

付き合うからには、相手の気持ちを確かめなければなりません。

いくらこちらの思いが強くても、相手にその気がなければ恋愛関係は成立しないからです。

「細かいことは抜きにして、とりあえずなんでもいいからただ会いたい」と必死ですが、これは男性ならではの心理です。

付き合いたいと申し出るのは、かなり勇気のいることです。

どうしようかと悶々としながらも「とりあえず会ってみてその雰囲気次第でどうにかなる」と考えるのです。

このように少しの時間でも会いに来るのは「その女性と付き合える雰囲気かどうかを確認する」という意味もあるのです。

付き合うためにはお互いを知る必要があるから

「付き合うためにはお互いを知る必要がある」と考える男性は、少しの時間でも会おうとします。

いきなり「俺と付き合ってよ」と迫ってくる男性もいる中で、相当な慎重派と言えるでしょう。

全ての面で石橋を叩いて渡るタイプです。

恋愛に関しても自分なりのセオリーがあり、スムーズな恋愛関係のためには「まずはお互いをよく知ることが大切」と考えます。

そのためほんの少しでも時間があると「会いたい」「会っていろいろ話したい」という気持ちになり、それを抑えられなくなります。

すぐにその場で連絡し「今日、これから空いてる?ごはんでもどう?」と、約束を取り付けることもありますが、そういう男性はたいてい積極的な性格です。

本気を止めることができないしせめて顔だけでも見たい

付き合う前の彼が会いたくなるのは、相手の女性への気持ちを止めることができないからです。

「せめて顔だけでも見たい」と思うので、本気度は高いと言えるでしょう。

その後、約束を取り付けた彼とお茶しに行っても、彼は女性の顔をうっとりと見つめるだけかもしれません。

会いたいと思う男性の多くは、好きな女性のそばでそのご尊顔を眺めるだけで十分に満足なのです。

「会話も上の空」ということもしばしば見受けられます。

これは話の内容にほとんど興味がないためで、彼の興味はその女性の存在のみです。

このような点からも本気度の高さがうかがえます。

自分が本命なのかそれとも違うのかを知りたい

少しでも会いたいと言ってくる男性は、自分が本命かどうかがとても気になっています。

そして本命なのかそれとも違うのか、相手の気持ち次第で今後の対応を変えるのです。

このような男性の多くは相手ありきで、常に相手から自分を必要とされたいと感じています。

そして自分がどう思うかよりも、どう思われているかに重きを置いています。

ですから自分を本命としているかが判明しない限り、ただただ不安でどうしていいかわかりません。

彼が少しの時間でも会おうとするのは、その不安を解消するためでもあるのです。

相手との距離を感じているためその不安を解消したい

付き合う前の男性が会いたくてたまらないように見えるのは、相手との距離を感じているためです。

自分は好きだけれどどこまで近寄っていいのかがわからないので、なんとなく不安なのです。

このどっちつかずとも言える不安を解消するために「少しでも会っておこう」と行動に移します。

相手の女性との距離を感じていても、会えばそれなりに楽しいはずです。

しかし問題なのが1人でいる時で、なぜだか再び相手と距離を感じてしまうのです。

そしてまた不安を感じるので、その不安解消のため会う、といったスパイラルを繰り返します。

好きだから付き合いたい反面、嫌われたくないと感じている

付き合う前の男性が少しでも会いにくるのは「好きだから付き合いたいが反面、嫌われたくない」という心理状態です。

彼は「好きなことをわかってもらいたい」と思っています。

でも告白してこないのは、嫌われるのを恐れているからです。

そのため、ちょこちょこと会う理由を作っては会おうとします。

会ってくれるということは少なくとも嫌ってはいないからですが、彼の心は一触即発です。

なぜならちょっとしたことで嫌われるのは、なんとなく目に見えるからです。

このように相手をどんなに好きでも嫌われるのを恐れていると、嫌われないようにすることだけで精一杯なのです。

単純に一緒にいて楽しいから会いたくなる

少しでも会いたくてたまらなくなるのは、相手の女性と一緒にいて楽しいからです。

女性に楽しさを求めている男性なら、会いたくなるのは自然なことです。

このタイプの男性は、相手が好きでも告白はしません。

好きは好きなのですがあえて好きと言わないのは、ロマンチックな恋愛を望んでいるわけではないからです。

その女性に安心感や信頼感を感じているので、会いたくてたまらなくなるのです。

彼は、大声で笑い合える楽しくて頼り会える親友のような関係や、お互いにリラックスできる人を求めているのです。

相手の女性をかけがえのない大切な存在と感じているから

少しでも時間があれば会いたくなる男性は、相手の女性をかけがえのない大切な存在と感じています。

唯一無二の存在と決めていると、会っていないときも何かと心配で仕方ありません。

「あの人にもし何かあったらどうしよう?」というようにネガティブなことばかり考えています。

彼が安心できるのは、その女性に会っている時だけなのです。

すぐそばにいるならネガティブな思考は浮かんでこないので、安心していられます。

このように好きな女性のことが誰よりも大切と思っている男性は、少しでも会いたいと思っています。

付き合っている忙しい彼が会いたくてたまらないのは?恋人に求める男性心理

忙しいけど会いたくてたまらない理由は大好きすぎるから

付き合い始めた後も彼が会いたくてたまらなそうにしてる理由は、彼女を大好きすぎるからです。

そのため忙しいにもかかわらず、何とか時間を見つけては彼女と会おうと頑張ります。

おそらく彼は「恋に恋するタイプ」か、もしくは「今までこれほど好きになった人がいない」かのどちらかでしょう。

こういう男性は、付き合う前より付き合ってからの方がもっと彼女に会いたがります。

もし会えなくてもlineは毎日で、密に連絡を取ろうとします。

このようにクレイジーなほど彼女をのめり込んでいることを意外にも彼は自覚しているのですが、でもなぜこんなに自分の気持ちが駆り立てられるのかは謎なのです。

会ってない時の寂しい気分と会った時の嬉しさにギャップがありすぎる

忙しい彼が会いたがるのは、会っていない時の寂しい気分と会った時の嬉しさにギャップがありすぎるからです。

デートが終わって帰る時も、何とかして彼女を引き止めようとするので、なかなかさよならできません。

彼は極端な寂しがり屋か、あるいは依存度の高いタイプです。

一人暮らしで暗い部屋に帰るのがわびしいのかもしれないし、楽しいデートを終わらせたくない可能性もあります。

いずれにせよ「彼女と会っている時は天国」と感じていることは確かです。

そして彼女と会っている時の自分が、何より一番自分らしいと感じているのです。

自分にとって彼女は癒し。仕事の励みになる

少しでも会いたいと思っている彼は「彼女は自分にとって癒し」と考えています。

なので仕事が忙しいからこそ励みにするべく、会いたくなるのです。

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」ということわざがあるように、男性にとって仕事の場はストレスに感じることばかりです。

ストレスによって慢性疲労を始めあらゆる不調を引き起こしたり、さらには仕事への意欲がなくなってしまうこともあるでしょう。

意欲がなくなったからと言って、仕事を辞めるわけにはいきません。

こういう時「とことん疲れた。彼女に癒されたい…」と切に思い、矢も盾もたまらず会いに行きたくなるのです。

彼女が大好きだし惚れているから会いたいのは当然

いつも会いたくてたまらないと思っている彼氏は、彼女のことが大好きだし「俺バッチリあいつに惚れているから」と考えます。

男性が彼女を「惚れている」と言う背景には、彼女への深い絆と愛情があるからです。

また「彼女を守れるのは俺だけ」と思っていたり、「彼女に決めた」と固く決心している場合もあります。

さらに彼女のことを「運命の人」と思っている可能性も十分にあります。

このように彼にとって、惚れた女に会いたいと思うのは当然のことで何も不思議なことではないのです。

彼女に直接会っていろいろ話したい。特に愚痴や悩み

彼が少しでも会いたいと思う理由の一つに「彼女に直接会っていろいろと話したい」ということが挙げられます。

彼が話したい内容は、愚痴や悩みです。

愚痴や悩みなどのネガティブなトピックは、そう誰にでも話せることではありません。

友達に話したところで、もしスルーでもされたら絶縁したくなってしまうでしょう。

でも彼女だったらきっと真剣に聞いてくれる…、そう思うので、とにかく会いたくなるのです。

ただ話を聞いてくれるだけで、彼は十分に満足します。

自分に冷めていないか、嫌ってはいないかが気になると会いたくなる

彼女が自分に冷めていないか、嫌ってはいないかがとても気になってしまう時、彼女に会いたくなります。

とは言え、さすがに彼女に「俺に冷めてない?」などと聞くことはしません。

怖くて聞けないのが正直なところですが、会えば彼女の様子が手に取るようにわかります。

いつもと変わった様子はないか?

冷めた態度ではないか?

このように、気になっていたことをくまなくチェックすることはできます。

「1人で悶々と悩むよりは、会って確かめた方がいい」

こんな風に思うので、忙しくても何とか彼女と会う時間を作るのです。

今まで付き合った彼女との嫌な過去を思い出してしまう時

彼が少しでも会いたいと言ってくる時、今まで付き合った彼女との嫌な過去を思い出している可能性があります。

過去の記憶とは不思議なもので、思い出したくもないことや一刻も早く忘れたいことほど色濃く脳裏に残るものです。

そんなマイナスな記憶が蘇ってしまったら、場合によっては正気ではいられないかもしれません。

元カノと何があったかは、きっと彼は教えてくれないでしょう。

彼が恐れているのは、今カノにも同じような出来事が起きる可能性があることです。

そんな風に過去の記憶に恐れおののいている時に彼女に会えたら、その時だけは恐怖から抜け出ることができるのでとりあえずは安心でしょう。

彼女が今何をしているか気になると無性に会いたくなる

彼女が今何をしているか気になると、彼氏は無性に会いたくなるものです。

彼女を疑っているわけではないのですが、恋愛関係にあるからといって、浮気していないとは完全には言い切れないからです。

彼女の交友関係も気になるところだし、元彼ともちゃんと切れているのか、そういった人間関係も心配しています。

このように彼女のことが心配な彼氏は、何かと頭痛の種が尽きません。

彼の心配をすっきりと払拭してくれるのが「彼女と会うこと」です。

彼女と会えば一時的にしろ、悩みは吹き飛んでくれるからです。

彼女を1人にしておいて寂しがらせていないかどうかを知りたい

彼が少しでも会おうとしてくるのは、彼女を1人にしておいて寂しがらせていないかどうかを知るためです。

このような心理状態になる男性は、妹がいる長男に多く、彼女は年下の場合がほとんどです。

彼にとって彼女は妹と同じように大事で、配慮すべき存在なのです。

これは彼の性質だけではなく、育ってきた環境がそうさせています。

もちろん恋愛感情はあるのですが、時として「寂しがっていないか」という親心的心情になるのです。

決して押し付けがましいものではなく、そっと相手を思いやれる優しい心。

これが彼オリジナルの愛なのです。

彼女との不協和音が原因。会いたいのは別れたくないから

彼が「少しでも会いたい」と言ってくるのは、彼女との不協和音が原因かもしれません。

会いたいのは、会った後の別れが辛かったからです。

楽しいデートも、さよならの時間が来たら別れなければなりません。

別れが辛い彼は、無口になったり無愛想になったりなど不機嫌モード全開のはず。

これが2人の間に不協和音となるのです。

「彼女とはいつも会っていたいし、たとえ時間が来たとしても別れたくない」

彼はこのような葛藤を抱いているために、少しでも会おうとしてくるのです。

仕事でストレスが溜まっているので彼女に会えば発散できそう

彼女に少しだけでも会いたいと思うタイプの彼氏は、仕事で猛烈なストレスを抱えている可能性があります。

「でも彼女に会えば、そんなストレスなんてすぐに発散できる」と考えるのです。

彼女がストレス発散の頼みの綱というわけです。

そんな彼ですが、彼女に仕事ネタを振ることはありません。

なぜなら、プライベートにまで仕事の話を持ち込みたくないからです。

彼女としては、彼がなぜ「少しでも会いたい」と言ってくるのか、その理由は分からないままでしょう。

いろんな男が彼女をチヤホヤするから嫉妬してしまう

「彼女の周りにいるいろんな男が、彼女をチヤホヤすることに嫉妬してしまう」

こんな理由でも、彼は彼女に会いたくてたまらなくなります。

少なくとも彼女のそばにいるときだけは、周りに男たちはいないからです。

男性に人気があるのは良しとして「過剰にチヤホヤしてくるなんてとんでもない」と彼は思います。

「だって彼女は俺のものだから」と鼻高々で、嫉妬心を懸命に隠します。

このように少しでも会おうとするのは、自分の嫉妬心と向き合いたくないというのも理由の一つです。

忙しくて疲れてる時ほど彼女とエッチしたい

彼が会いたくてたまらなくなるのは、彼女とエッチしたい時です。

多くの男性たちは、忙しくて疲れている時ほどムラムラしてしまう傾向があるようです。

会ってすぐエッチしてくる彼氏も例外ではなく、そういう時はとても疲れているのです。

抱き締めた時の彼女の甘い香りに彼は心から癒され、そしてそれがたとえ短時間の逢瀬であっても彼はとても満足です。

彼女にしてみれば(体目的?)と疑ってみたくなります。

そういう風に思われても仕方がないのですが、彼に文句のひとつも口に出さずにいれば、そんな彼女の姿勢にいずれ頭が上がらなくなる時が来るはずです。

激しく落ち込んだり嫌なことがあった時はすぐにでも会って安心したい

メンタル的に弱い男性の場合、激しく落ち込んだり嫌なことがあるとすぐににでも彼女に会いに行きたくなるようです。

それはまるで学校でいじめにあった子どもが、母が待つ家に飛んで帰りたいのと同じようです。

彼にとって唯一の理解者である彼女は、一番の味方でもあります。

落ち込んでいれば励ましてくれ、凹んでいたら優しく慰めてくれる、そういう彼女だったら会いたくなるのは当然でしょう。

「彼女のそばにいて、どっぷりと安心感に包まれればまた頑張れる」

そんな風に思うので、少しでも会おうとするのです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

少しの時間でも会わないと気持ちが冷めてしまう男性の特徴

「俺はモテるんだよ?」他にいくらでも女はいると考える男性

彼女が会ってくれない時、彼は不満げな表情で「俺だってモテるの知らないの?」と言いたそうにしています。

すげなく断られたことに彼の意識はすり替わり「モテる男だから、浮気しちゃうよ」「他に気にかけてくれる女なんていっぱいいるんだから」と言わんばかりです。

彼女にしてみれば「何言ってんの??」でしょう。

彼が冷めるのは、断られたことでプライドが傷つくからです。

プライドが高い男性は。ちょっとしたことで機嫌を損ねてしまいます。

わがままなところも目立つはず。

こういうタイプは3回続けて断ると、怒り爆発させたり音信不通になることもあります。

「俺だって暇じゃない!」暇を持て余していると思われるのは恥と考える男性

少しの時間でも会ってくれないとわかった男性は「俺だって暇じゃない!」と、一気に冷めた態度になります。

いくらでも時間があるとか暇な男と思われるのは、彼にとって猛烈に恥なのです。

こういうタイプの男性は、スケジュール帳を予定で埋め尽くすことを重要なミッションとしています。

そして、わずかな隙間にも予定をぶち込もうとします。

「俺って人気者だし、俺ってすごいでしょ」

ここまで言わないとしても、内心では間違いなくこう思っています。

「俺って優先順位低いの?」彼女が優先すべきなのは自分と考える男性

少しでも会ってくれないないことがわかった男性は、自分が優先順位の低さに唖然とし、急激に冷めてしまいます。

彼の中では「彼女が優先すべきは自分」なのです。

彼女が本当に自分を好きなら、何があっても喜んで彼を優先するべきと考えていたので、会うのを断られたことで裏切られたかのように感じるのです。

ネガティブな男性なら「もうこれで終わりだな」と考えますが、たった一度断っただけでこの有り様です。

このように優先順位を低く見積もられたことは、彼にとって残念極まりないことなのです。

「なんだ!あのそっけない態度!」相手の態度によって気持ちが冷める男性

彼が冷めるのは、会ってくれないということよりも、相手の態度に原因がある場合も考えられます。

「会いたい」と言えば喜んでくれるかと思いきや、考えもしなかった彼女の態度に「なんなんだ、あのそっけなさ」と、彼は怒り心頭です。

このように良かれと思ってやったことが実はマイナスを引き寄せた時、熱い思いも一気に冷めてしまいます。

しかし原因は彼女の態度ばかりではありません。

突然に会いたいと言われれば誰でも困惑するし、急すぎれば迷惑になることもあります。

このことから相手の態度だけに問題があると思い込む男性は、自分の行動にも問題があることに気付いていません。

「会う約束を覚えていないとか嘘でしょ?」会話が噛み合わないと一気に冷める男性

約束を破ったわけではないけれど「会う約束したんだっけ?」とか「嘘でしょ?」のように、相手と会話が噛み合わない時、ほとんどの男性は冷めてしまいます。

長く付き合ったカップルならあまり見られないことですが、付き合いたての2人の場合、立ちはだかる壁が「話が噛み合わないこと」です。

お互いをよく知ることができるまで、話が噛み合わないのは仕方のないことなのですが、相手が多少頑固なタイプの男性の場合「仕方がないではすまされない」と言ってきたりします。

そしてすぐに冷めてしまうのです。

「予定変更?いったい何回目だよ…」たびたびのリスケにガッカリしてしまう男性

相手がたびたびリスケしてくることにガッカリし、冷めてしまう男性もいます。

会いたいのに会えないつらさに加え、彼女に振り回されている感じもするからです。

確かに急な予定変更は良くありませんが、納得のいく説明ができれば受け入れるしかありません。

「自分は絶対に予定変更しない」とは言い切れないので、お互い様と考えるべきでしょう。

しかし問題なのが、予定変更がたび重なった時です。

何度もリスケが続いたら、確実に相手は冷めてしまいます。

「俺だけが悪いの?」彼都合でしか連絡してこないことを指摘すると責められたように感じる男性

ちょっとした問題点を指摘するだけで、責められたように感じる男性は意外に多いです。

彼都合で連絡してくるような男性に「勝手だね」とでも言おうものなら「俺だけが悪いの?」と話をすり替えてきます。

このような男性のほとんどは、自分に自信がないタイプです。

自分のやることに正当性を持てないため、ちょっとした指摘でも責められたように感じ、そしてそれをなんとか回避しようとするのです。

責められるような気がすることが続けば、そのうち彼女のことを好きなのかどうかも分からなくなってしまいます。

これが「冷めた」という態度となって表れるのです。

「いつでも会っていたいのになんで?」会うのは仕事終わりの夜ばかりなことに不満な男性

いつも会っていたいのに、実際に会うのは仕事終わりの夜だけに限られていることに、彼は不満を感じます。

そういう男性は「自分の好きな時に会いたい」と考えていますが、そうは言っても相手があること。

自分の都合ばかり言っていられません。

たとえば習い事をしていたり大事な用事があるなど、休日の予定がすでに決まっているのなら、彼女とは仕事終わりの夜に会うしかないのです。

初めは我慢できる範囲かもしれません。

しかしだんだん不満は溜まっていきます。

自由に会えないというだけで、彼は完全に冷めてしまうでしょう。

「すぐさよならってどういうこと?」会っても時間が短いことに不服を感じる男性

冷めてしまう男性は彼女と短い時間しか会えないため、すぐにさよならしなければならないことに不服を感じています。

せっかくの休日ですから、好きな彼女とのんびり過ごしたいところです。

でも「用事があるから」とそそくさと帰る彼女に、虚しさでいっぱいなのです。

「すぐさよならってどういうこと?」と考えても、答えは見つかりません。

すぐ帰ってしまう彼女でも、それを受け入れなければ恋愛関係は成立しないからです。

思い描いていた甘い関係とは裏腹で、彼は冷める一方でしょう。

「会ったらすぐエッチは当たり前でしょ?」頭の中がエッチばかりな男性

頭の中がエッチばかりの男性は、彼女との関係に冷めてしまいがちです。

会う目的がエッチなので「会ったらすぐエッチは当たり前」と考えますが、目的を果たせば用事は済んだも同然です。

少しでも会いたい理由がエッチだけとは、何とも残念です。

しかし男性たちの多くは、彼女と付き合う目的にエッチは何がなんでも外せないのです。

なのでエッチが済んで帰る時、彼が冷めたように見えるのです。

「なんで電話に出ない?」唐突な電話なのに連絡が取れないととたんに冷める男性

唐突に電話したきて、その電話に出られないと冷める男性はかなり多いです。

そういう男性は「彼女に電話したら出るのは当然」と考えるので、電話に出ないことにイラッとくるのです。

「なんで電話に出ない?」と怒りモードで、何度も着信を入れてくる場合もあります。

たったこの一件だけで彼はスッと冷めますが、その理由が自分の思い通りにならないからです。

彼が求めているのは、イエスマンのような彼女です。

そのため唐突だろうがなんだろうが「俺が電話をしたら出ろ」が、彼のマストなのです。

何度も出られないことが続くと、彼は冷めると同時に怒りをあらわにします。

「密室ばかりがなぜ悪い」趣味嗜好が合わないことを意見されると冷めてしまう男性

密室ばかりで会おうとする彼氏に彼女が意見した時、彼はいきなり冷めてしまうでしょう。

これは2人の趣味嗜好が合わないことから、彼が冷める一例です。

彼が密室でイチャイチャしたいタイプの場合、たいてい彼女はアウトドアタイプが多いです。

「燦々と輝く太陽を浴びながらサーフィンしたい」

「大自然の中で山登りするのが大好き」

こんな風にアウトドア派な彼女は、外に出るのが大好きです。

しかし彼は「密室好き」と来たら、真っ向から対立したも同然です。

人には個性があるように趣味嗜好が違って当たり前なのですが、もしそれを意見してしまうと、彼は彼女に全否定されたように感じてしまいます。

「たまには彼女から会いたいって言ってくれてもいいのに」女性から会いたいと言ってきたところで会えるかどうか分からない男性

女性から会いたいと言ってきたところで会えるかどうか分からないと考える男性は、急激に冷めてしまうことがあります。

これは女性心理を読み取ることが苦手なタイプに多いです。

「いつも自分の方から誘ってばかり。たまには彼女から言ってくれても良さそうなのに」と、やや不満顔です。

とはいえ「たまにはお前から会いたいって言ってよ」とは、とても恥ずかしくて言えません。

頭を悩ませた彼が急激に冷めるのはこういう時で「恋愛ってマジめんどい」と、ネガティブな心境におちいってしまいます。

 

忙しい彼が会いたいと思う女性の特徴!

【自立している女性】忙しい彼を頼りすぎない

忙しい彼が会いたいと思うのは、自立している女性です。

彼が好きだからと言って、頼りすぎるのはNGです。

このあたりの匙加減は少々難しいところですが、慣れれば簡単です。

また頼りすぎはNGですが、逆に頼らなすぎるのもダメです。

頼りすぎで最もNGなのが、彼の時間を奪うことです。

「毎日必ずlineしてね」と約束するのは一見ラブラブなように見えますが、彼1人の自由な時間を奪うことになりかねません。

また休日も必ず会うと決めてしまうのも、彼を頼りすぎることになります。

自立の基本は、自分で自分を楽しませることができることです。

「彼がいてくれれば楽しいけれど、いなくても大丈夫!」と心から言える女性なのです。

【考え方がしっかりしている女性】人の意見に簡単に惑わされない

忙しい彼が会いたくなる女性は、自分の考えをしっかり持っている人です。

人の意見に左右されることがありません。

かと言って押しの強さばかりが目立つ女性は反対に嫌われてしまいますが、ここで重要なポイントは「譲りたくないところは譲らなくてもいい」ということです。

嫌われたくないからといつも彼の言いなりになる女性は、彼から低くみられてしまいます。

言いたいことも言えなくなってしまうので、ため込んだ不満はいずれ爆発します。

逆に自分の考えをしっかり持っている人は好感度が高く、いつでも会いたくなる対象です。

【一つのことに打ち込んでいる女性】こちらを振り向いてもらいたくなる

忙しいけれど会いたくなるのは、一つのことに打ち込んでいる女性です。

あまりの熱心さに、こちらにはまるで無関心に見えるため、つい「こちらを振り向いて欲しい」という心理が働くのです。

彼女が少しでも自分に関心を寄せてくれたりちょっとでも笑顔を見せてくれたら、彼はそれだけで満足します。

何しろ「会いたい」と思っても、彼女を邪魔することになってしまうので、それだけは避けたいからです。

ほんのわずかでも振り向いてもらえた彼は、再び忙しい仕事に就いた時も「頑張れる」と意気揚々とします。

このように、何か一つのことに打ち込んでいる女性は男性にとって魅力に感じるため「少しでも振り向いてもらいたい」と思うのです。

【何事も一生懸命な女性】忙しいからこそかまいたくなる

彼が会いたくなるのは何事も一生懸命な女性で「そういう女性大好き」という男性はとても多いです。

仕事が忙しいからこそそういう彼女をかまいたくなるのですが、どんなことにも一生懸命に真面目に取り組む彼女の姿に、彼は良い印象しか抱きません。

真面目すぎて天然なのも憎めないところだし、むしろ愛すべき点です。

こういう彼女をかまうことで、彼は彼女からエネルギーをもらっているのです。

彼が理由もなく会いたくなるのは、彼女の「一生懸命さ」にあるのです。

【干渉しすぎない女性】干渉してばかりいる女性は嫌われる

彼に少しでも会いたいと思わせる女性は、干渉しすぎないタイプです。

干渉しすぎる女性は、間違いなく嫌われる対象です。

そういう女性とは、会いたいとすら思わないでしょう。

彼に興味を持つのは良いのですが、細かく詮索するのは決して良いことではありません。

そういうつもりはなくても今一度、注意が必要です。

恋人同士だからといって、全てをさらけ出さなければいけないわけではなく、隠された部分があってしかるべきです。

どんな対人関係であっても、個人のプライバシーは守られるべきものです。

悪意なく干渉してしまっている自覚がもしあるようなら、これからは彼に根掘り葉掘り聞くのはやめましょう。

会いたいと思う女性は、ほどほどに干渉できる人です。

【いつでもポジティブな女性】どんな事でも明るく捉えられる女性は魅力

どんなに忙しくても彼が会いたいと思える女性は、いつでもポジティブな性格の人です。

ポジティブさが特徴の女性は、何があってもどんなことが起きても、すべてを見事なほどに明るく捉えることができます。

彼女の口から不平不満、愚痴などネガティブな言葉が出ることはほとんどありません。

ふとしたときに彼は彼女の顔を思い浮かべますが、いつもキラキラしていて楽しそうです。

その表情を思い浮かべたとたん会いたくてたまらなくなるのですが、彼にとって彼女のポジティブパワーは生きていくために不可欠なものなのです。

【否定しない女性】肯定的な反応に彼は安心する

忙しい彼が会いたくなてたまらなくなる女性は、否定しない人です。

全く否定せず、肯定的だけの反応に彼は安心するし、また会いたいと思うのです。

これとは反対に会いたくないのは、反論する女性です。

反論してくるタイプは、必ずと言っていいほど「でも」「だって」「だけど」が口癖です。

「そんなの無理」「できない」「やめて」など、挙げればキリがありません。

会話すること=反論しなければ気が済まない、そんな印象を受けます。

無意識にマウントをとることによって、自分を上に置きたいのでしょう。

こういう女性には、誰もが「近づきたくない」と思いますが、逆に自然に人が集まってくるような人もいます。

それが、全てにおいて肯定的な女性です。

肯定的に見ることができる女性は相手に敬意を払える人で、さらに褒め上手ということから、そばにいる誰もが気分の良さを感じるのです。

【ミステリアスな女性】隠された部分を知りたくなった彼は彼女一筋になる

忙しくてもなんとかして会いたいと思うのは、ミステリアスなタイプの女性です。

男性は女性のミステリアスな部分に強く惹かれ、どうしても知りたくなるものなのです。

たとえば急に連絡がつかなくなったり、一体何をしているのかが全くわからない時、激しく気になります。

相手のことを知りたい気持ちが強ければ強いほど、彼女一筋になるのはいたって自然なことです。

このように会いたくてたまらなくなるのは、彼女に興味津々かつゾッコンだからです。

【デートプランを考えてくれる女性】「なんでもいい」という彼女が一番困る

彼は「デートプランを考えてくれる女性なら会いたい」と考えます。

しかし「なんでもいい」と言われると、一番困るのです。

何をするにしても「あなたと同じでいい」とか「どれでもいい」と言われると、彼は心からつまらなくなってしまうのです。

その点「ここにしようか」とプランを提案してくれる彼女なら、彼は「また会ってもいいな」と思わずにいられません。

でも「なんでもいい」が口癖の女性の場合、次に会うのは、超億劫に感じています。

なぜなら「またなんでもいいって言われたらマジ困る」からで、つまらないデートになるのが目に見えます。

プランをゴリ押しすることなく、彼の意見を取り入れながら臨機応変に予定を立てることができる女性なら、彼は間違いなく「また会いたい」と思ってくれるはずです。

【上品な女性】男性は女性らしい品格に夢を持つ

彼は上品な女性に「また会いたい」と思います。

多くの男性は女性らしい品格を持つ人に夢を持ち、そして心から憧れます。

しぐさや、雰囲気など上品な女性に憧れるのは、そのすべてが自分にはないものだからです。

そしてその夢をさらに輝かせてくれるのが、品のある女性です。

そういう女性を目の前にしたら、少し緊張してしまうかもしれません。

しかしそれでも良いと思うのは、自分の気持ちがグンとアップするからです。

このように彼にとって上品な女性は、特別な存在なのです。

【家庭的な温かみある女性】家庭的な女性の魅力に男性は勝てない

彼が会いたくなる女性は、家庭的な温かみのある人です。

多くの男性たちが家庭的な女性の魅力に勝てないのは、比類ない心の広さや包容力があるからです。

男女問わず生きとしけるもの全ての人は女性から誕生することから、女性は地球上に存在する全ての源と言えます。

家庭的で優しく心の広い女性が、男性たちの理想なのは言うまでもありません。

いつも会いたくなるのは、このような家庭的な温かみある女性なのです。

【一緒にいて楽しい女性】楽しい女性は相性の良い女性。手放したくなくなる

多くの男性たちが「忙しいけど会いたい」と思うのが、一緒にいて楽しい女性です。

いつまでも話が尽きなかったり、2人して笑ってばかりでしょう。

楽しいと感じるのは自分と相性がいいからで「自分以上に合う男はいないだろう」と考えます。

相性がいい彼女なら、手放したくなくなるのは当然です。

彼女の心変わりも少々心配なこともあるので、彼は「いつも会っていたい」と悶々とするのです。

【気持ちを素直に伝えることができる女性】男性はなんでも話せる女性に惚れる

忙しくても会いたくなる彼女の条件が、自分の気持ちを素直に伝えることができる人です。

男性が惚れるのは、何と言っても「なんでも話せる人」なのです。

心を開いて話せるのは、その女性を信頼しているからに他なりません。

また彼女にもそれを求めます。

言いたいことが言えないために無言になる女性もいますが、男性は「何を考えているのかわからない」と困惑します。

面倒だからとそのまま何も言わないでいると、良好だった関係性も怪しくなる一方でしょう。

男性は女性に素直さを求めています。

素直に心を開きなんでも話してくれる女性なら、自分も同じようになんでも話せるからです。

これは最も理想的なパートナーシップと言えるでしょう。

彼が少しの時間でも会いに来る女性になるためのテクニック

弱みを見せられない彼の気持ちに共感する

彼が少しの時間でも会いに来るようになるには、彼の弱みに共感することをやってみてください。

何か悩んでいることはないか、うまく聞き出してみましょう。

多くの男性は人前では弱みを出さないし、悩みがあってもそんなそぶりを見せません。

そこを逆手にとって、心配事や不安なことを聞き出します。

そして共感してあげることで、彼はパカっと心を開いてくれます。

彼が苦しい時やつらい時、少しの時間でも会いに来るようになります。

こちらからは連絡しない。彼への連絡を断つこと

こちらからは連絡をしないようにすれば、彼が少しでも会いに来てくれるようになります。

ここがポイントなのですが、会いたいからと積極的にこちらから連絡を取るのはマイナスなのです。

彼への連絡は、今しばらく断ってください。

彼からの連絡を待つことになりますが「いつまで待てばいいの?」という声が聞こえてきそう。

いつまでかは、誰にもわかりません。

でも待つのは嫌ですよね。

それなら気分一新、待つのを忘れ、何か楽しめることを始めてください。

彼に向けた「連絡してよ!」というネガティブなエネルギーが消えていくので、彼が「連絡してみようかな」という気になるのです。

素直さが大事。自分の気持ちをありのままに伝える

彼が少しでも会いに来てくれるような女性になるためには、ぜひとも素直になってください。

今も素直でしょうが、今よりもっともっと素直になれる伸びしろは残っているものですから。

たとえば、今まで自分の気持ちをありのままに伝えるのが苦手だとしたら?

苦手なのは仕方がないのですが、少し頑張ればもう少し素直になれるはずです。

素直になってもそれで彼が嫌いになってしまうことはないし、自分に素直になれればもっと楽に生きられます。

素直になることを恐れないように。

ただし伝え方は、工夫する必要があります。

「私はこう思うんだけど、どう思う?」のような感じで話を進めてください。

NGなのは「こんなに頑張ってるのに!」とか「なんでわかってくれないの?」のように卑屈になることです。

こうなってしまうと、彼は完全に会いに来てくれなくなります。

彼の希望を取り入れながらお互いに納得できるデートプランを考える

今後は彼の希望を取り入れながら、お互いに納得できるデートプランを考えるようにしてみてください。

彼が少しでも会いに来てくれるような女性になるには、付き合い方にもコツがあります。

彼の都合も考えず一方的に決めてしまったり、彼のプランが気に入らないからと不機嫌になっていたのでは、他でどんなに頑張ってもうまくいきません。

時には気のない返事をされることもあるでしょう。

だからと言って、怒ったりしないように。

ケンカになってしまっては元も子もありません。

彼は疲れているのかもしれないし、今は考えたくない場合もあります。

一般的に「顔色をうかがう行動は良くない」と言われますが、堂々と顔色をうかがってください。

気にする必要はありません。

もし彼がデートプランに乗り気じゃないなら、その時はさっさと話題を変えましょう。

彼のささやかな変化に気づけば連絡にムラがなくなったり会いに来てくれる

彼が会いに来てくれるようになるには、彼のささやかな変化に気付いてあげられる女性になることが大切です。

それだけで、こちらが会いたくなくても会いに来てくれるようになるし、連絡にもムラがなくなります。

ささやかな変化に気づくこと、そしてもっと大事なのは「褒めること」です。

多くの男性は「最近褒められたことがない」と感じています。

ウワベだけで褒めてくれる人はいるかもしれませんが、心から褒めてくれるとしたら彼女だけでしょう。

褒めて褒めて褒めちぎるのは逆効果ですが、さりげなく褒められてイヤな気分になる人はいません。

彼に会ったら一度は褒めてあげましょう。

たったそれだけで、間違いなく彼は会いに来てくれるようになります。

デートの時間を短めにすれば、彼の「また会いたい」が強くなる

彼が少しの時間で飛んで会いに来てくれるような女性になるには、デート時間を短めに設定してください。

彼は「また会いたい」と強く思うようになります。

これが「あとひき効果」です。

美味しいものは少し食べるのが幸せなのであって、大量に食べてもお腹いっぱいになって苦しいだけです。

彼との関係も同じように、会う時間は少しが幸せと感じる範囲です。

デートの後も帰りたくないからとだらだら引き止めてしまえば、彼を遠ざけるだけです。

彼はもうお腹いっぱいだから帰りたいのです。

ところが会う時間を減らすと驚くなかれ、あとひき効果で彼はまたすぐに会いたくなるのです。

デートの別れ際は「あっさり」が重要。彼が名残惜しんだら大成功

彼がまた会いたいと強く思ってくれるような女性になるには、デートが終わる時、あっさりした態度で別れてください。

まるで今生の別れのように、さめざめと泣くようなことは絶対にしないように。

そしてバイバイした後も、後ろを振り返ってはいけません。

あまりにもあっさりした態度に、彼の胸中に異変がおきます。

彼は思わず、名残惜しそうにしてくるかもしれません。

あわてて「また会おうね」と言ってくれることでしょう。

「会いたいけれど会えない」と言ってみた時の彼の反応を確かめる

彼が会いたくてたまらなくなる女性になるには「会いたいけれど会えない」というセリフを使ってみてください。

そしてそう言った時の彼の反応を確かめしょう。

意外な表情をしたら、ちょっと成功です。

「あ、そう」と興味なさげでも、心の中は「え?なんで?」と疑問が湧いています。

実際に「なんで?」といぶかしげに聞いてくるかもしれません。

理由についてははっきり言わず言葉を濁せば、彼の脳内は葛藤の嵐でしょう。

これが、彼が会いたくてたまらなくなる女性になる代表的なテクニックです。

彼の気を引く話題を事前にセレクトしておく

彼の気を引く話題を事前にセレクトしておくのも、彼が会いたくなる女性になるには必要です。

彼が楽しいと感じるのは、自分が興味ある話題で盛り上がった時です。

詳しく知っていることなら、彼はかなり雄弁になるはずです。

これは、彼がとてもいい気分になっている証拠です。

デートのたびにいい気分になるなら、デート以外でも彼女に会いたくなるのは自然な流れです。

彼に依存しないためには、自分1人の時間を充実させる

彼が会いたくなるような女性になるには、自分1人の時間を充実させるようにしてみてください。

これは彼に依存しないようにするために、大変重要なことです。

彼が「彼女に会いたくない」と思う多くの原因は、彼女の依存です。

彼を頼りにするのは良いのですが、それが依存になってしまうと彼はとたんに「重い」と感じてしまいます。

そうなると、彼女に関わることすら面倒に感じるのです。

会いに来てくれるわけがありません。

とは言え、依存をすぐに辞めるのは不安でしょう。

それならば、自分1人の時間を充実させることに意識を向けてみます。

依存から離脱するには、まずは自分のことに意識を向けるのがコツです。

なんでも良いので自分の好きなことをやったり、1人の時間を楽しむようにしてください。

ほかの男性の存在をちらつかせるのが意外に効果的

彼が会いたくなるような女性になるためには、ほかの男性の存在をチラつかせるのが意外に効果があります。

「私は清廉潔白。浮気なんて絶対にしない!」と豪語する女性ならさらに効くでしょう。

まずは共通の友人などに目星をつけ、その男性を褒めることから始めてみてください。

単純に言うとほかの男性の存在について、彼に「ライバル」と思わせるのです。

ただし彼の機嫌が悪くならないよう、顔色をうかがいながら。

虫の居所が悪いと、怒ってしまうこともあるからです。

彼にライバルがいるくらいで、ちょうど良いかもしれません。

ライバルに負けないよう、忙しくても会いに来てくれます。

一緒にいて楽しいと思わせる女性になろう

少しでも会いたいと彼に言わせるには一緒にいて楽しいと思わせる女性になることがコツですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

いくつかのポイントを挙げていきます。

・笑顔を絶やさない

・相手の話を興味を持って聞く

・相手の良いところを見つけて褒める

・自分がして欲しいことを相手にもする

・どんなこともプラスに受け止める

・相手に依存しすぎない

これに加えて話すときは相手の目を見ることや、相手に感謝するのも忘れないようにしてください。

彼に「一緒にいて楽しい」と言われるようになったら、彼はハートを射止めたも同然です。

「時間を作ってくれてありがとう」と感謝すれば彼はまた会いたくなる

最後に、感謝の効用をお伝えしておきます。

「今日は時間を作ってくれてありがとう」

デートが終わって帰るとき、こう彼に感謝してください。

また会いたいと彼に思って欲しいのなら、これは必須です。

試してみればわかりますが、感謝のパワーは想像以上です。

感謝のパワーによって、キラキラしたオーラが2人を繋ぎます。

それを知らない彼は、たとえようのないとても不思議な気持ちになることでしょう。

感謝することで生み出されるオーラは、愛そのものなのです。

彼のことを考えてもし不安になったら、すぐに感謝してください。

不安は消え去り、その代わりに愛と幸せに包まれます。

これが感謝のパワーです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼に「少しでも会いたい」と思わせるなら束縛と干渉はNG!」

占い師 姫乃
彼が大好きだったら「今すぐ、少しでも会いたい!」と切なくなること、あるわよね。

その気持ち、すごくわかる。

でもそこで無理やり会おうとしちゃダメ。

束縛と干渉は逆効果だから、そういう時こそ彼に会いたいと思わせることよ。

記事内容を読み返して、納得できたら出来そうなところからやってみて。

応援してます!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事