復縁したいと粘る女性は元彼からこう見られています。やり直せる粘り方と彼から嫌われる追いかけ方
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

別れた彼を忘れられない・・・・どうしても諦められない!でも復縁を諦めたくないけれど、元彼にはどう思われるんだろう・・・粘ったりしたらしつこいと思われないかな?と不安な気持ちを抱えてはいませんか?

あなたがもし振られてから、吹っ切って前に進もうと思ってもやっぱりだめ、つい彼のことを考えてしまうし、もうこの先彼以上の人は現れなさそう・・・と悩んでいるのなら、それだけ彼と真剣に恋愛をしていた証。

そんな恋を簡単に諦められるはずがありません。

「でも振られたし・・・復縁の可能性はあるのかな?」、「まだ粘ってもいいのかな?」という不安は、元彼を忘れられない、復縁を諦めたくないと思っている女性なら、多くの人が抱えているものです。

ただ、復縁をしたいと粘った結果、うまく元サヤに戻れるケースもあれば、残念ながらそうでないケースもあります。

うまくいくかどうかは、元カノに復縁したいと粘られている男性心理を理解しているか、元カレの気持ちに届くような粘り方をしているか、と

自分では認めたくない、粘っていたいけれど、元彼のことを「そろそろ諦めるべき潮時」というのもあるんです。

この記事では復縁を断られても諦めずに粘るメリット・デメリット、復縁したいと粘る女性を元彼はどう見ているのか、少しずつ元彼の気持ちが動いて元サヤに戻れる粘り方、そろそろ粘るのはおしまいにするべき諦める潮時についてお伝えします。

記事を読んだ後は、不安が解けて、彼の心理により深く基づいた、効果的な粘り方がわかるようになっていることでしょう。

復縁メニューはこちら

復縁を断られても諦めずに粘るメリット・デメリット

【メリット】人の気持ちは変わるもの。ダメ元なら頑張る価値は大いにある

まず、あなたが元彼に振られた立場なのであれば、元彼と復縁したい・・・と思うのは当然ですし、一方、元彼が復縁に対して消極的であるのも当たり前のことです。

ですから、もしあなたがすでに元彼に一度復縁を断られていたとしても、そこで諦める必要は全くありません。

むしろ、一度は断られて当然、と思っておいた方がいいかも知れません。

でも、そこで諦めずに粘り強く頑張るということは、あなたに自分磨きをする時間的な余裕があったり、復縁への効果的なアプローチ方法を考えられたりなど、あなたにとってはより投げる球の精度を上げる訓練ができるということでもあるのです。

たった一度のデッドボールで諦めることはありません。

また、彼も諦めずに健気に自分を思い続けてくれているあなたの姿を見て心を打たれ、気が変わるかもしれません。

一度ダメならダメで元々、彼の気が変わったりする可能性もなきにしもあらずですので、頑張ってみる価値はあります。

そして、すでに一度付き合ってお互いのことをある程度よく知っている仲ですから、復縁するときは結婚を前提に付き合う可能性も高いでしょう。

これぞ「雨降って地固まる」です。

元彼への片思いから復縁、そしてすぐに結婚といった「一発逆転ホームラン」の可能性もあるのです。

傷つくことを恐れず、直球勝負をかけましょう。

【メリット】タイミングが命!ベストタイミングを狙って粘り強く待つべし

復縁したい場合に限らず、恋愛全般において勝利のカギを握っていると言えるのは、何と言っても「タイミング」です。

あなたが元彼に復縁したいという気持ちを伝え、たとえ元彼が同じ気持ちであったとしても、タイミングが悪ければ復縁できないこともあります。

逆に、タイミングさえ良ければそれまでは元彼が特に「復縁したい」とは思っていなくても、自然と復縁することもできちゃうのです。

恋においては「タイミング」こそがすべてのカギを握っていると言っても過言ではありません。

そして、当たり前ですが「より良いタイミング」を狙うためには、「粘り強く諦めない」ことが欠かせません。

一時の状況を見てすべてを判断するのは早計です。

この世界には変わらないものなど何一つありません。

たとえあなたが「こんなんじゃ復縁なんて一生あり得ないよ・・・」、「脈なさそう」と絶望していても、状況が変わればあなたにもチャンスが訪れることがあります。

例えば、ありきたりですが、元彼が失恋や仕事での失敗など、ショックなことがある時は支えてあげ、近づける絶好のチャンスです。

逆に彼が新しい異動や転職で新しい職場に変わったばかり、仕事に集中していたい時期や夢だった海外留学などをしようとしている時はタイミングが悪い時と言えます。

さらに、粘り強く復縁を諦めずにいることは、必ずしも、苦労や努力ばかりで、つらい過程とは限りません。

「復縁は持久戦」と最初から長い目で見ることで、目の前のことに一喜一憂せず、心にも余裕が生まれます。

そうすれば、たとえいったん元彼に新しい彼女ができても、「もう復縁なんて一生あり得ない・・・」と悲観的になる必要もありません。

新しい彼女と付き合って、「やっぱり元カノの方がいい」と感じた元彼があなたへの気持ちを再確認することになるかもしれませんし、新しい彼女に付き合ってすぐに振られて落ち込む彼を慰めてあげられるチャンスがあるかもしれません。

そう考えると、新しい彼女ができたということさえ、あなたとの復縁への布石となるのです。

長い目で見て、最後にあなたと復縁すれば、全ては復縁への布石です。

あなたも、元彼との復縁を望んでいるからと言って、その間は元彼だけを思い続け、つらい片思いを続けていなければいけない、ということでもありません。

心の中では本命は元彼でも、ほかの人と付き合ったり、遊んだりしてみても良いのです。

元彼と復縁するタイミングさえ逃さないように気をつけていれば大丈夫。

むしろほかの人に目を向け始めたあなたを見て、逆に元彼が焦りを感じたり、嫉妬させることができるかもしれません。

これも、「長期戦の覚悟」があるからこそできることです。

【デメリット】「しつこい」「ウザい」と思われて余計に距離を置かれてしまうことも

復縁を粘る上でのデメリットと言えば、やはり相手に「しつこい」と思われてしまうことです。

元彼にとっては、ひとりの女性が一途に自分を思い続けてくれていることは素直に嬉しい気持ちもないとは言い切れないのですが、あなたが復縁への手応えがないままめげずにアプローチをかけてしまうと、相手に「しつこい」「ウザい」と思われるきっかけになってしまいます。

相手がそっけなかったり、嫌がっているようなそぶりを見せたり、連絡がこない・・・というのは明らかに「一方通行」である印。

それにも関わらず、「絶対に諦めない!」、「まだまだ望みはあるはず!」と見当違いな決意を固めてさらにアプローチをかけてしまう・・・といった痛いパターンの女性を時々見かけます。

いったん相手に「しつこい」「ウザい」と思われてしまうと、着信拒否やブロックされたり、一切連絡が無視されるなど、積極的に距離を置かれてしまいます。

相手に復縁する気が全くないのが見えているのにも関わらず、しつこくアプローチをしていると相手からは、あなたが「自分のことしか考えてない」という印象を持たれてしまい、状況は悪くなるばかりです。

そしてこのようなかたちで元カレに一度警戒されてしまうと、挽回を図るのはとても難しく、何年もずっと友達にすら戻れない可能性があります。

復縁を「諦めない」という粘り強く長期戦を戦う姿勢は良いことなのですが、それは一方通行でもいいから常にアプローチをかけ続けろということではありません。

もし手応えがあまりない状態からのスタートであれば、心の中では諦めずにいながらも、人知れず努力したり良いタイミングを狙い、水面下での努力にとどめておいた方が良いでしょう。

見えない努力を続けてタイミングを見て勝負をかける、という戦い方も、長期戦の中では必要です。

【デメリット】セフレになれても本命にはなれないかも。このままずっと片思いし続ける可能性も

元彼にあなたが復縁したいと思いながら粘っていると、そのことを逆手に取った元彼があなたに近づいてくる可能性があります。

単刀直入に言うと「体目当て」で近づいてくるということです。

彼から「会いたい」と言われると、つい嬉しくて無防備に会いに行き、いい雰囲気になったらそのまま体の関係になってしまうこともあるかもしれません。

または彼に復縁脈アリをチラつかせられて、彼と「もっと近づきたい」という思いから、体を許してしまうこともあるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

復縁するという話し合いができていないのに、体を許してしまうと、ある意味元彼にとっては「復縁するメリットがない」と思われてしまうリスクがあるのです。

「復縁は無理だけど、セフレでいたい」という彼のわがままな欲望に付き合わされているだけかもしれません。

もしかすると、「今はセフレでもそばにいられるだけでいいし、今後復縁する可能性もある・・・」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、セフレから本命になれる可能性は高くありません。

なぜなら、彼が復縁したいと思っているのなら、とっくにそうあなたに伝えているからです。

セフレの期間が長引くほど、「復縁は無理だけど体の関係だけは続けたい」と思われている可能性が高いと言えるでしょう。

本命になれずに終わってしまうと、粘った分あなたの時間が無駄にもなりますので、まずそもそも復縁したい元彼とセフレになるのはオススメできません。

復縁したいと粘る女性を元彼はこう見ている

一途に自分のことを思い続けてくれている子は可愛く見えてくるかも・・・男ゴコロをくすぐられる

たとえ片思いで復縁脈なしだったとしても、ひとりの女性が一途に自分のことを思い続けてくれているというのは、多くの男性にとっては、素直にとても嬉しいことです。

男性は付き合っている女性を自分色に染めたい、支配したいという欲望をどこかに抱えており、一途に自分だけを思い続けてくれる女性はそれだけで健気に見えたり、可愛く見えたりして、男ゴコロをくすぐります。

たとえ、すでに元カレに「ごめん。やり直すのは無理」と言われて復縁を断られていても、あなたが思い続けてくれていること自体は素直にとても嬉しい、というのが本音ではないでしょうか。

特に後輩の面倒見が良かったり、頼もしく女性をリードしてくれる包容力のあるお兄さんタイプの男性は、復縁の可能性はなかったとしても、温かく受け入れてくれるはずです。

また、恋愛経験があまりない男性にとっては、自分のことを追いかけてくれる女性がいるというだけでも、大きな自信になります。

一度復縁を断られても、実はあなたの一途さが届いて心が揺れ動いている場合もありますので、諦めずにいた方がいいのも、こういった男性心理があるからです。

しつこい・・・過去にとらわれていて前に進めていない。メンヘラ傾向があるかも

振られても復縁したいと粘る女性は、時に男性からは過去に囚われて前に進めない「メンヘラ」に見えてしまうことがあります。

元彼との復縁がうまくいきそうにないと精神的に不安定になったり、彼に対して過剰に執着しているのは心が不健康に見えてしまい、距離を置かれてしまうかもしれません。

特に性格がさっぱりしていて、一つの恋が終わればさっさと早く次に進みたい、と切り替えの早いタイプの彼には、あなたが終わったことにこだわっているのが理解できず、メンヘラに見えてしまうことがあります。

こういったメンヘラ傾向のある女性は、「やり直してくれなきゃ私何をするかわからないわよ」、「死んでやる」と復縁を迫り脅迫したり、ストーカー的行為に出たりすることがあるのです。

さらに、メンヘラは周りにいる近しい人たちにでも伝染することがあるので、メンヘラの女性と付き合っているうちに自分も正常な判断ができなくなってしまい、心を病んでいく男性もいるため、メンヘラ女性を避ける男性は多いです。

元彼と復縁したいと思い詰めすぎると知らず知らずのうちに精神的に病んでしまうことがありますので、要注意です。

正直、復縁はしたくないけど体の関係は続けたい・・・つけ込まれる可能性アリ

復縁を粘る女性というのは、男性からは時に「体の関係だけなら・・・」と思われてしまうことがあります。

彼氏彼女として付き合うとなると、色々と面倒くさいし、結婚願望は一切ない、という男性には特に多いかもしれません。

結婚せず、いつまでもカジュアルな付き合いだけをしていたい・・・と思う男性も多いようです。

あなたが復縁という形を求めるのに対して、元彼は「付き合っていないけれどこうやって会っているんだから、このままでいいんじゃない?」と、考えていることもあります。

これらは結婚願望のあるなしや、交際のきちんとした形が欲しいかどうかという、根本的な価値観の違いによるものです。

もしくはシンプルに「本命にはできないけれど、体の関係だけならオッケー」と思われていて、セフレとしてだけなら関係を続けたいと思われていることもあります。

復縁したいと思っているあなたにとってみれば、相手につけ込まれているようなものですので、要注意です。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

少しずつ元彼の気持ちが動く!元サヤに戻れる粘り方

【気持ちを落ち着かせるために】まずは3ヶ月から半年の冷却期間を置く

元彼と別れた後、一定期間の冷却期間を置くことは大切です。

冷却期間を置くことで、「本当に自分は相手と復縁したいと思っているのか?」ということをいったん彼から離れて冷静に考えられますし、相手の気持ちが落ち着くのを待つこともできます。

冷却期間は短すぎてもあまり意味がないですし、長すぎても連絡を取るのが気まずくなってしまうので、オススメは3ヶ月から半年以内です。

冷却期間中にあなたができることは、まず気持ちを落ち着かせて、あなたの考えを整理することです。

具体的には、

1.本当に元彼と復縁したいと思っているのか?振られた悔しさではなく、本当に元彼のことがまだ好きなのか?


2.彼との間に価値観の相違はなかったか?結婚願望のあるなしや、今後の進路、将来住みたい場所などが二人の間で違うといずれ別れることになる可能性があるので、今別れたことは良いタイミングだったとも考えられる。

3.別れの原因を徹底的に見直し、復縁への戦略を立てる。なぜ別れたのか?自分に変えられるところはどこか?

といったことを中心にあなたの考えをまとめてみてください。

考えをまとめるだけでなく、具体的にあなたが自分で変えられるところは徹底的に変えるよう、行動することも大切です。

ダイエットや美容といった自分磨きの努力をするのはもちろん、別れの原因になったと考えられるものは解消できるよう、努力を惜しみなく。

このプロセスを踏むだけでも、冷却期間後彼があなたの魅力に再度気がついて復縁の可能性が一気に高まったり、復縁したいと思っていたけれど実はもう二人の関係を終える時期だったということに気づいて、次の恋に進むキッッかけになったりもします。

別れた直後に、寂しさのあまり「復縁したい」と迫ると、どうしても感情的で一方通行になりがちですが、冷却期間を置くことで、相手にもあなたが「よく考えた結果、復縁したい」と思っていることが伝わります。

このように、今後のアプローチを有効に仕掛けるためにも、冷却期間を置くことはとても大切なことです。

まずは友達でいること!自然に連絡を取り合える友達ポジションを確保

冷却期間が終わったら、彼に連絡を取りましょう。

覚えておきたいのは、「復縁を粘っている間は彼と音信不通にならないようにする」ということです。

そのためにも、彼が気軽に相談できる相手としての「相談役ポジション」を確保したり、寂しい夜に飲みに行きたいときに誘える「飲み友達」、共通の趣味があるのなら数少ない仲間として分かり合える「趣味友達」などなど、あなたが自然に彼と連絡を取り合えるようなポジションを確保するのが良いです。

これは冷却期間の後のあなたの出方によって大きく左右されることでしょう。

特に元彼があなたを振った立場であるならば、向こうはあなたの出方を慎重に見ているはずです。

未練を見せずにまずは友達ポジションから。

ここからあなたの「粘り勝負」は始まります。

友達ポジションを確保しつつ、復縁の脈あり・なしを慎重に見極めて

冷却期間の後で元彼の友達ポジションを確保したら、次は復縁の脈あり・なしを見極めていきましょう。

最初に連絡をした時に、相手が復縁狙いを警戒していた風に感じたのなら、慎重に。

あくまでも良き友達ポジションとしての地位を確立させ、彼の信頼を勝ち取りましょう。

特に警戒している様子なら、場合によっては「もう未練はないから友達でいよう」と、伝えてると相手も安心するでしょう。

脈なしの状態が続くようでも、焦らず半年ほど友達を続けて様子を見てください。

もちろんその間も冷却期間同様に、自分磨きの努力はお忘れなく。

見えない努力こそが復縁の可能性を確かにするのです。

一向にやり直せる気配がない時は、思い切って「やり直したい」という気持ちを彼に伝えてもOKです。

それまではあなたの気持ちに気がつかなかった彼も、そこから意識し始めるようになることもよくあるからです。

たとえ、一度や二度復縁を断られたからといって諦めてはいけません。

断られても友達でさえいることができれば、その間は粘っても大丈夫です。

男はナンバーワンよりオンリーワン。彼があなたのオンリーワンであったことを伝えて

男性はどうしても自分のことを認めて、どこまでも信じてくれる女の子との存在は切っても切れないもの。

男性は基本的に見栄っ張りで競争心が強く、だけど繊細。

コンプレックスや弱みももちろん抱えているけれど、それを隠して強がるのが男性なので、自分のことを自分以上に信じて、自信を高めてくれるような女の子はどうしても突き放せません。

あなたが彼にアピールするべきは、彼の好きなところを挙げて彼を褒めたたえつつ、「どうしても彼でないとだめ」と思っているということです。

彼の好きなところを挙げる時は、「優しい」「かっこいい」といったことではなく、より彼の信念や大切にしている価値観について褒めることがポイントです。

自分から積極的にアピールしたり、ほかの人に言われることもなかなかないけれど、彼にとっては大切にしている信念のようなものの一つや二つ、あなたは思いつくのではないでしょうか。

「彼を誰よりも理解していること」それこそがあなたにとっての武器です。

男性の社会と競争は切り離せないもので、常に競争のプレッシャーに晒されている男性たちを救うのが、「オンリーワン」という考え方です。

ナンバーワンになるのではなく、オンリーワンになること。

自分を理解して信じてくれている女の子から、「オンリーワン」だと言われるのは、男性にとってはかなりグッときます。

こうやって彼の心をうまく掴むことができれば、あなた自身が彼にとってのオンリーワンになれることでしょう。

復縁したいはずなのに彼から嫌われてしまう追いかけ方

一方的に彼の情報を収集したり、後をつけたりする。バレないと思われがちなネットストーキングは実はバレやすい

元彼と復縁したいという気持ちが大きすぎるあまり、彼がいつどこで何をしているのかが気になる、近況を知りたい・・・と思い、執拗に元彼の情報を収拾しようとするのはNGです。

一方的に彼の周囲の友人から近況を聞き出したり、ネットで検索したり、挙げ句の果てには学校帰りのバイト先に現れたり、家まで後をつけたり・・・などといったストーカー的な行動に出てしまう人がいます。

こういった行為はあなたが気がつかないうちに、人づてなどで本人にバレている可能性が高いからです。

彼のことが気になる気持ちはもっともですが、情報収集はほどほどに。

本人から聞いていないのにあまりにも近況をよく知っていると、本人と話してバレた時にとても気まずい思いをしますし、相手を怖がらせてしまうかもしれません。

意外にも元彼のソーシャルメディアのアカウントをフォローしていないのに投稿だけを毎日チェックする・・・というのも、実はバレやすいので要注意です。

こういった行動を頻繁にしているとソーシャルメディア上で相手のフレンド候補に上がりやすく、あなたが彼のアカウントをチェックしているのはすぐにバレてしまいます。

また、彼の名前をネット検索するというのもかなりリスクが高い行為です。

というのは、ウェブサイトの訪問者の検索元のキーワードや日時、場所をデータとして収集し、管理者に見られるようにしているサイトも多く存在するからです。

ウェブサイトの中には名前で検索してたどり着いた訪問者があるごとにメールで通知するサイトもあります。

そこからあなたが彼の名前で検索していたことがバレてしまうこともあるでしょう。

ネット上ではバレないだろう、と思っていることが、実は相手にはバレバレだった・・・というのはありがちですので、思わぬ落とし穴にご注意ください。

「彼は私のもの!」と言わんばかりに周囲にもあからさまにアピールする

とにかく彼のそばからは離れたくない、彼は私のもの、ということをアピールしたいあまり、周りの人にも丸わかりなやり方で、堂々とアピールする猛者も中にはいるかもしれません。

頼まれてもないのに仲間内で元彼へのサプライズパーティーを企画したり、健気に差し入れを持って行ったり、人前でのボディタッチが多かったり、といった行動は周囲にもあなたがまだ彼のことを諦めていない、もしくは元サヤに戻ったと思われやすい行為です。

あなたは「彼は私のもの」ということを周りにアピールしたいがために、目立つ行動に出てしまうのかも知れませんが、元彼にとってみると「いい迷惑」です。

しつこく復縁を迫る元カノがいることを周囲に知られていると、次の恋もしづらいですし、断り続けている彼自身、属しているコミュニティ内で肩身が狭くなり、人目を気にしてそこにいられなくなることもあります。

さらにあなた自身も、元彼はもちろん、周囲の人に「痛い人」という目で見られてしまうリスクがあります。

あなたは明るく振舞っているつもりでも、周りは意外としらけているかもしれません。

復縁どころか、「もう関わりたくない・・・」と思われ、逆効果になる可能性が高いでしょう。

彼が真面目なタイプの男性なら、うまくかわすことも、強くやめてほしいと言うこともできずに悩んでしまうことにもなります。

またこのようなやり方であまりにもしつこくアプローチを続けると、彼も対応に困って精神的に参ってしまうこともあります。

復縁を粘るのなら、そーっと静かに。

元彼だけにわかってもらえればいいのです。

アピールする相手はあくまでも元彼で、周りの人ではありません。

その根本的なところを間違えていると、ただの痛い人になってしまいます。

まだ彼女気取り?ボディタッチをしたり、お揃いアクセサリーなどのプレゼントを贈る

これもありがちなのですが、元彼に対して「彼女気取り」でついボディタッチをしたり、お揃いのアクセサリーや下着といった親密な仲の相手にしか渡さないようなプレゼントをあげてしまう人がいます。

元彼の立場からすると、「もう別れたのだから、彼女気取りはやめてほしい」というのが正直な本音でしょう。

未だに元カノに縛られているような気持ちになる男性もいるかもしれません。

そして「前に付き合っていたからつい癖で・・・」というのも、よくある言い訳です。

今はもう別れているのだから、立場をわきまえる必要があります。

復縁のためには彼の信頼を得ることが大切ですが、彼女気取りと思われると、信頼を失ったり、警戒されてしまいます。

ほかに彼に思いを寄せている女の子がいて、ライバルを意識したあなたが、元カノという立場から優位に立とうとこのような行動に出てしまうことがあるかもしれませんが、たいてい逆効果ですので、やめておいた方が賢明です。

アプローチはあくまでも立場をわきまえて、図々しくなりすぎないように。

元カノだからと彼のプライバシーにズカズカ踏み込んだり、今も彼女であるかのような距離感でいるのは危険です。

男性は束縛が苦手な生き物ですので、適度な距離感を保ち、彼個人としての自由やプライバシーを尊重しようとする姿勢は忘れないようにしましょう。

そろそろ諦めずに粘り続けるのはおしまい…諦める潮時

彼からのLINEが返ってこない、または返信がそっけないことが続いている

元彼にLINEを送っても、返信が返ってこなかったり、もしくは返信が絵文字やスタンプなしで一言で返ってくることが続く・・・など、やたらとそっけなくなったら、元彼からの「もうあなたには関わりたくない」「興味がない」というサイン。

つらいことですが、そろそろ元彼のことを諦める潮時なのかも知れません。

LINEの既読スルーや無視、そっけないといったことに加えて、元彼があなたのソーシャルメディア投稿に対して一切反応がなかったり、何度かストーリーをアップしても見ていなかったりする場合は、ほぼ確定と言えるでしょう。

ソーシャルメディアは人によっては見ていないこともあるので、あくまでも返信が返ってこないもしくはそっけないことに加えて、ソーシャルメディア投稿も無視されていると感じたら、の場合です。

このように相手からの明らかな「NO」が見て取れる場合は、今のあなたにできることはもはや彼と関わらないでいることだけです。

これ以上粘ってももうダメ、逆に事態が悪くなるという明白なサインです。

これ以上エネルギーと時間を費やしても無駄になるだけですので、あなた自身のためにも潔く諦める潮時が来ていると言えるでしょう。

「最近返信そっけなくない?」「昨日ストーリーあげたの見てくれた?」などと、追い討ちをかけるようなことを言わないように。

悪あがきをしてももはやあなたにできることはありません。

元彼が結婚するとき・・・それは彼の「恋愛市場からの離脱」

考えるだけでもつらいことですが・・・もしあなたの元彼が結婚することになったら、イコールそれは彼の「恋愛市場からの離脱」を意味します。

結婚するということは、一緒に家庭を築きあげるパートナーを得たということなのです。

恋愛は究極的には一生を添い遂げる「パートナー探し」です。

パートナーを見つけてしまった彼は、もう恋愛市場にいる必要はありません。

法的にも彼はもう自由に恋愛をできる立場ではなくなったので、既婚男性にアプローチを続けるのはルール違反です。

不倫関係にでもなれば、奥さんにバレた時には裁判沙汰になったり、慰謝料を請求される可能性がありますし、職場に不倫がバレて辞めざるを得なくなったり、友人を失ったりなど、社会的にもあなたが厳しい立場に置かれることになります。

元彼を追いかけていいのは、彼が独身である時だけ。

彼が結婚するときは、それはあなたにとってはタイムアップです。

ここまで諦めなかった自分を褒めてあげて、次に進みましょう。

転職や転勤など、元彼が遠くに引っ越しすることになったら

もし復縁への手応えがない状況で、元彼が転勤や転職などで海外や遠い地方などに引っ越しすることになったら、諦める潮時かもしれません。

遠距離恋愛は付き合っている両思い同士のカップルでも難しいので、遠距離片思いを成就させるのは至難の技です。

仕事面でもプライベートでも、周囲にいる人や環境など、彼を取り巻く状況は今後ガラリと変わることでしょう。

しばらくは新たな環境に馴染むのに精一杯のはずです。

「引っ越ししてからも連絡を取りたい」、「休みがあれば会いにも行ける」、と思うかも知れませんが生活環境が大きく変わってからもまだ連絡を取り続けるような仲の人は実際はほんの一握りであることが現実です。

また、転勤で今後戻ってくる可能性があるとしても、数年後になるでしょう。

今復縁への手応えがないのなら、いったん諦めてリセットするのがオススメです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼はあなたのオンリーワン。そう信じてできるとこまで粘って」

占い師 姫乃
あなたが元彼と復縁したいと粘るのなら、すがりつく前に、自分が彼にふさわしい女性かどうか、今一度よく考えてみて。

客観的に、冷静に考えて、どう思う?

「YES」と即答できる人の方が少ないんじゃないかと思う。

復縁だけならず、恋愛成就には自分磨きが必須だけれど、私は個人的には「自分磨き」の一つのゴールはこの問いに即答できるようになることだと思っているの。

「YES」と答えられるようになったら、自分磨きを通して、自分に自信がついた証拠。

堂々と彼にやり直したいと伝えてみて。

そして、あなたの「やり直したい」という気持ちだけでなく、大切なのはあなたが彼のことを理解しているということよ。

誰しも自分のことを理解して欲しいもの。

大人になっても、子どもみたいに「誰かから認められたい、褒められたい」っていう気持ちは変わらないものよね。

大人はなかなかそう口には出さないけれど、どんな人も心の中ではそう思っていると思うわ。

そんな無邪気な欲望を思う存分叶えてあげられる女性、褒め上手で自分を誰よりも信じている女性。

そんな女性は男性にとっては手放せない存在。

仕事で華やかに活躍する男性のそばには、必ず信じてくれる女性がいるものよ。

そんな女性こそが、男性の飛翔力になっている。

「彼に支えてもらいたい」、「わかってもらいたい」ではなく、自分が彼の一番の理解者になること、それが復縁にとっては欠かせないわ。

褒めるだけでなく、ここぞという時には愛情を込めて叱ることもできる、そんな愛情深い女性はデキる男性にとっては手放せない。

自信と愛情、この二つがあれば復縁は思いのまま。

向かうところ敵なしよ。

【期間限定・7月5日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事