PMSで別れそう!別れる前に試してほしいPMS対策&甘え上手になって彼とPMSをうまく乗り越えるコツ
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

PMSが辛くて、つい彼に八つ当たりしてしまうことはありませんか?

毎月のように起きるPMSによって「彼とはもう別れてしまうかも」と不安でいっぱいだったら、ぜひこの記事を読んでみてください。

この記事では彼と別れる前に試してほしいPMS対策&甘え上手になって彼とPMSをうまく乗り越えるコツについて紹介しています。

まずは「PMSの症状にはどんなものがあるか、またPMSが原因の彼とのトラブルについて」詳しくなりましょう。

試す価値のあるPMS対策と、彼と一緒にうまくPMSを乗り越えるコツは必見です。

またあなたがもしPMS期間中に彼と別れたいと思うことがある場合、どう考えるべきかも解説していきます。

PMSを上手に解決すれば、きっといつまでも彼とはラブラブでしょう。

復縁メニューはこちら

PMS(月経前症候群)とは?どんな症状が出るの?

最も多い症状が腹痛や腰痛。動きたくないほどひどい痛みになることも

PMSのに最も多い症状が「腹痛」や「腰痛」です。

お腹や腰に痛みが出ますが、ひどいときは動きたくないほどの痛みになることもあります。

お腹の痛みは下痢の痛みに似ていますが、実際に下痢になってしまうこともあるし、逆に便秘になることもあります。

普段なら腸の調子は悪くないのに、生理前になるとたいていこのような症状が出ます。

また「腰が痛いのか、お腹が痛いのかよくわからない」という場合も多いです。

人によっては「痛み」というより「重く感じる」こともあります。

1日中、腰回りが重かったりだるさを感じるので、気分もスッキリしません。

生理前にこのような症状があるなら、まずPMSに間違いないでしょう。

激しい頭痛やめまい、吐き気など、頭部の不調が顕著

PMSの症状の一つに、頭痛やめまい、吐き気など「頭部の不調」があります。

頭痛は、ガンガン痛むものから、重く感じるもの、首の付け根がひどくこったり、目の奥まで痛くなるものまでさまざまです。

そのような症状が出る女性たちの多くは、生理前から生理中にかけて頭痛薬を手放せないことが多いです。

日常的に慢性頭痛に悩む人も、この時期さらに激しい頭痛を感じることがほとんどです。

鎮痛剤を飲むタイミングも大切なのですが、皆さんもよくご存知のように痛みが激しくなってから飲んでも効かないことがあります。

薬が効かないと、さらに痛みがどんどん強くなるような気がするものです。

仕事に身が入らないばかりか食欲も減退し、何をしていてもつらいです。

また頭痛と並行して起きやすいのが、めまいや吐き気です。

目の前がグルグル回る感覚がしたり、ふらつきや立ちくらみを感じることもあります。

普段から貧血気味の体質であれば、特にこのような症状に気をつけなければいけません。

なぜなら立ちくらみによって、気が遠くなったり気絶する可能性があるためです。

倒れてしまうと怪我をするおそれもでてきます。

もしPMS期間中に足元がふらつくことがあるようなら、決して無理をしないように。

少し横になるなどして、様子を見てください。

パンパンに胸が張ったり、首や肩のコリがいつもよりひどい

PMSの症状でよく見られるのが、胸がパンパンに張ることと、首や肩のコリです。

「肩コリがない日はない」というほどいつも肩コリに悩まされているなら、この時期そのコリはさらにひどくなります。

コリの部分に触れてみるとガチガチで、まるで板か石でも入っているかのようです。

首コリも同様で、頭の付け根や首の両脇から後ろにかけて首全体の筋肉が緊張した状態になるため、首が回らなくなるほどです。

「生理前は必ずマッサージにかかる」という人も多いのではないでしょうか。

またPMSは、胸のハリや痛みにも悩まされます。

中に重りでも入っているかにカチカチに張るので、ちょっと触れたり、腕を動かすだけでも違和感や痛みを感じます。

ブラサイズもワンサイズアップするのがこの時期です。

食べても食べてもお腹が空く!特に甘いものを食べたくなる

PMSの時「食欲がハンパない」と訴える女性も少なくないのですが、食べても食べても満足できないし、食べたばかりなのにすぐお腹が空きます。

またこの時期、特に甘いものが欲しくなるのもPMSの特徴です。

しっかりご飯を食べたのに、デザートもたっぷり食べないと気が済みません。

カロリーのことを考えたら思わずぞっとしてしまいますが、PMS期間中の食欲はほぼ理性で抑えることができません。

実際にウエスト周りの肉が増えたようにも感じます。

しかしこれは食べたものによってすぐに体重が増えたわけではなく、むくみやホルモンバランスの影響によるものです。

イライラや落ちこみなど、精神的なコントロールができなくなる

イライラや落ち込み、情緒不安定など、精神的なコントロールが効かなくなるのもPMSの特徴です。

落ち込みがひどいとウツ状態になったり、感情の起伏が激しくなることもあります。

理由もなく急に泣きたくなるのも、PMSの症状の一つです。

朝またからイライラしたり、些細なことで落ち込むようなら、やはりこれもPMSのサインです。

また寝つきが悪かったり、眠りが浅い「不眠症」のような症状が見られることもありますが、PMSの場合の不眠はイライラがストレスとなって眠れなくなることが多いようです。

心の状態によっては、PMDD(月経前不快気分障害)という症状が出ることもあります。

PMDDになると、精神的なコントロールが全く効かなくなります。

どうしようもなく落ち込んでしまい「ベッドから離れることができない」「何もする気が起きない」という症状がもしとてもひどいようなら、PMDDが疑われます。

眠くてたまらない。だるさもあるため一日中寝ていたいと感じる

PMSは「眠くてたまらない」と感じることも多いです。

その眠気はまるで睡眠薬でも飲んだかのようです。

「だるくて仕方がない」とか「1日中寝ていたい」「動きたくない」と感じるのも、PMSの症状です。

朝からひどい倦怠感のため、いつまでもベッドから離れられません。

また「月に一度はPMSが原因で欠勤」という女性も少なくありません。

仕事中も強い眠気やダルさに襲われるため、集中力が無くなりミスを連発することもあります。

エネジードリンクを飲んで「なんとか乗り切ろう」と頑張るも、PMSの間は1日中眠気との戦いです。

ニキビや肌荒れが普段よりひどくなるが、お手入れする気力がない

PMSは肌の調子にも顕著に変化が現れますが、ニキビや肌荒れなどが普段よりひどくなる傾向があります。

鏡に映った顔を思わず二度見してしまいますが、かと言ってお手入れする気力も湧いてきません。

「肌の調子が悪くなるのはPMSだから」と自覚していれば、一時的なものと判断できるのでしばしのガマンです。

しかしあまりにも肌の調子が悪いと、気分も落ち込みます。

PMS期間中に肌の調子が悪くなるのは、黄体ホルモンの影響と言われています。

ホルモンの影響ならなすすべなしと思いがちですが、普段からのケアで十分に防ぐことができます。

もしPMSによって肌が荒れやすいようなら、普段から皮脂を落としすぎないケアを工夫しましょう。

「顔を洗いすぎない」「お湯ではなく水で洗う」ということをやってみてください。

化粧水や乳液も、内容によっては肌バリアに影響を与えてしまいます。

買うときは、添加物や内容物をよく確かめてからが無難です。

また肌の調子は腸内環境とも相関関係にあるため「便秘は大敵」です。

便秘しやすい体質なら、まめに水を飲むようにしたり、野菜を多く食べるなどを心がけてください。

むくみで足がパンパン。体重が増えお腹まわりも苦しく感じる

PMS期間中は大変むくみやすくなりますが、特にふくらはぎがパンパンになることが多いようです。

体重も増えがちでお腹まわりがいつもより苦しく感じます。

ダイエットしていても「え?もしかして太った?」と悲しい気分でしょう。

冬、膝までのブーツを履く時が、最も最悪です。

朝はなんとか履けても、夜はむくんだふくらはぎが邪魔をするため、いくら頑張っても履くことができません。

さらに顔にむくみが出た時はもっと悲惨で、目は腫れ、二重顎になるのも避けられません。

むくんでしまうのは元々、体質的に新陳代謝が良くない場合が多いです。

水分をあまり摂らなかったり、運動不足や冷え性が主な原因です。

 

「もう疲れた」と言われた…。PMSが原因で彼と別れそうになってしまう理由は?

ストレスMAXで、彼にイライラ八つ当たりしてばかり

PMSが原因とは言え、ストレスMAXで彼にイライラ八つ当たりばかりしていれば、いずれ別れを引き寄せてしまいます。

彼が穏やかな性格の場合、彼女がなぜイライラするのか、その心理が理解できません。

イライラするあなたにほとほと困って「なぜそんなにイライラするの?」と聞いてきても、あなたはさらにイライラし返事もしたくありません。

「こんなに辛いのに何もわかってくれない」と、悲しみでいっぱいです。

しかし多くの男性たちはPMSについて詳しくないし、PMSがどれだけ辛いものかなどわからないのです。

それを「わかってくれない」と嘆くのは本末転倒というもの。

自分の辛さを「イライラ」という態度で分かってもらおうとしても、所詮それは無理な話なのです。

イライラする時、それがPMS期間中だったら、極力彼とは距離をおいた方がいいのかもしれません。

このようにちょっとしたコツと男性ならではの心理さえ知っていれば、彼と別れなくて済みます。

寝ていたいだけなのに、放っておいてくれない

PMSが辛くて寝ていたい時ほど、彼は放っておいてくれません。

そんなことにはお構いなしに、さっさと彼はデートの予定を入れてきます。

しかしあなたが「はっきりと断る勇気がない存在」になっていることを忘れてはいけません。

「来週はPMSが来そうだし、イヤだな」と思っても、なんとなく断れないことが度々あったはずです。

「デート当日はPMS真っ只中」という時でも彼に断る勇気がなく、ダルい体を引きずるように出かけたことも何度かあったことでしょう。

「放っておいて欲しい」と思ったら「今日はPMSですごく辛いの、ごめん」と謝れば済むことです。

もしPMSが来そうな日とデートが重なるようだったら、前もって別の日にすることも考えておきましょう。

突然のデートキャンセルは誰だってこたえるものです。

トラブルにならないためにも、早めの連絡が必要です。

仕事を休むほど調子が悪いのに、彼は全然心配してくれない

PMSが原因で別れそうなるのは、仕事を休むほど調子が悪いのに彼は全然心配してくれず、そのことにあなたが不満を抱く場合です。

毎月のようにやってくるPMSですが、いつまでたってもPMSに「慣れる」ということはありません。

その時によって調子の悪さが微妙に違うこともありますが、体調が良くないことには変わりないのです。

時には仕事を休むようほど体調を崩すこともありますが、PMSのことを知ってか知らずか、彼はいっこうに心配してくれません。

あまりにも辛そうで冴えない表情に我慢できない彼が「もう帰る?」と聞いてくることはあります。

しかし「そういう質問を投げかけないで欲しい」と、あなたは心から思います。

「そうではなくて心配して欲しい」「もっと優しくして欲しい」と身悶えます。

体がキツい時こそ、ちょっとした優しさが欲しいのです。

少しでも彼が心配してくれれば、それだけで癒されるというもの。

冴えない表情から笑顔に変わることだってできるのですが、彼はそのことを全く理解していません。

「辛いなら帰ろう」という彼の冷たい態度にあなたはガッカリです。

その態度にもっとガッカリするのが、あなたの本心が読めない彼です。

心のすれ違いは、こんなところから始まります。

あなたは彼の冷たい態度にイライラするか、彼への愛情がすっかり冷めてしまいます。

彼に「機嫌が悪い」と勘違いされ「もう疲れた」と言われた

別れそうになる原因の一つが、彼に「機嫌が悪い」と勘違いされた時です。

そういうことが必ず月に一度はあるため、彼からは「もう疲れた」と愛想をつかされます。

機嫌が悪いのにはちゃんとした理由があるからなのですが、彼はそれを知らないことの方が多いです。

こういう時、彼がPMSについてもっと詳しくなれば、勘違いされることもないのですが、多くの男性にとって女性たちの諸問題は「めんどう」でしかありません。

彼は「彼女にはいつでも機嫌良く笑顔でいて欲しい」と考えています。

なので、たまに彼女が機嫌が悪くなることにとてもイラつきます。

「マジ疲れるんだよな」と愚痴られた日には、あなたは泣きたくなることでしょう。

誰でも機嫌が悪くなることはあるものです。

大人になりきれていない性格の彼だったら、彼女の機嫌の悪さが我慢ならないのです。

デートのドタキャンが続き、彼を呆れさせた

PMSで別れそうになるのは、デートのドタキャンが続いた時です。

何度もドタキャンが続くと彼を呆れさせることになる上、彼から「もう無理」と言われかねません。

PMSには「予想もしていなかった体調不良が出ることもある」のです。

彼にPMSへの知識がほとんど無い、ということも原因の一つです。

しかし彼への知識を深められるのは、あなたしかいません。

再び彼を呆れさせることのないよう、PMSについて詳しく伝授しておけば安心です。

きっと彼は「そんなに大変だったんだ」と目からウロコ的な気持ちになることでしょう。

メンタルが制御不能になるため、衝動的に別れたくなることもある

心のバランスが崩れメンタルが制御不能になった時、衝動的に彼と別れたくなることがあります。

これは彼に我慢してばかりだったり、自分に自信がない時などに起こりがちです。

それまでのあなたの様子は普段となんら変わりなかったため、突然の別れの宣告に彼はかなり動揺します。

このように精神状態がコントロール不能になってしまうのも、PMSの特徴です。

衝動的に「もう別れる!」と言ってしまい、後で冷静になった時に後悔することも多いです。

こういうことにならないようにするためにも、冷静に判断することが必要です。

メンタル面でPMSの自覚症状があるなら、この時期だけは何かを決めることは避けた方がいいでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れる前に!自分にあったものを見つけよう。試す価値ありのPMS対策

お腹や腰、うなじや肩を温める。冷えを改善するだけでもかなり楽になる

PMS対策として最もおすすめなのが「冷えを改善する」ことです。

お腹や腰、うなじや肩を温めると、かなり楽になります。

特に肩こりや腰痛で辛い時、その部分を温めるとほんのり血行が良くなるため、軽く感じるようになります。

方法はレンジで温めるタイプのホットパックが簡単便利です。

また使い捨てのカイロも用意しておくといいでしょう。

使用する際には、低温やけどに十分注意してください。

ゆったりとお風呂に浸かるのも、冷え防止に最適です。

また日帰り温泉や、岩盤浴も芯から体を温めるのでおすすめです。

冷たい飲み物はNG。温かいスープやノンカフェイン飲料で内臓を温める

冷たい飲み物が欲しくなるシーズンでも、PMSがひどい時は温かい飲み物にしておきましょう。

温かい飲み物で内臓を温める習慣をつけておくと、体が順応していくにつれ、冷えにくい体質へと変化します。

インスタントのカップスープでも十分なので、常備しておきましょう。

カフェインは体を冷やしてしまうため、コーヒーや緑茶はディカフェタイプがベストです。

その他、ルイボスティ、カモミールティなども冷え防止にぴったりのお茶です。

また温活向けにブレンドされたハーブティもあるので、好みに合わせて毎日飲むようにしてみてください。

週に一度のヨガで全身の血の巡りが改善。PMSも気にならなくなる

続けていくうちに血の巡りが改善されるので、PMSがあまり気にならなくなる方法が「ヨガ」です。

もしやったことがなければ、初めは週に一度程度から始めてみてください。

慣れるに従って、熱気の中で行うホットヨガにも挑戦してみましょう。

汗が出やすい体質になることで新陳代謝が活発になり、冷え性改善に役立ちます。

いつの間にかPMSのことなど忘れてしまうかもしれません。

またヨガを続けると関節や筋肉が無理なく柔らかくなったり、肌の調子も良くなるという点もとても魅力です。

早起きからのウォーキングで気分も爽快。PMSにも高い効果

早起きしてウォーキングに行く、というものPMS改善に高い効果があります。

気持ちの良い朝の空気の中で歩く気分はかなり爽快で、病みつきになるかもしれません。

歩くのがなぜいいのでしょうか。

それは「歩く」ことで、全身のバランスが整えられるためです。

一説によると、PMSは骨盤の歪みも影響していると言われています。

デスクワークで座りっぱなしだったり、車や電車での移動など、歩く機会が少ない生活をしている人がほとんどです。

しかし私たちは、歩くことで自然に歪みを補正しているのです。

だからと言って「歩かないと歪んでしまう」というわけではないのですが、少なくとも血行が良い状態とは言えません。

血行と聞くと血管を思い浮かべますが、骨の中にも血が通っています。

なので歩いた方が、より骨も丈夫になるというわけです。

実際のところ、PMSの辛い症状を感じる人の多くはあまり歩かない生活をしています。

ですからこれを機会に、なるべく歩くよう心がけて見てください。

コツは歩幅を大きめにとりながら、股関節がよく動いているのを感じつつ歩くこと。

「元気よく歩く」というのをイメージするといいでしょう。

足腰を使う運動メインに。朝晩のストレッチならすぐできる

試す価値ありなPMS対策に「ストレッチ」があります。

朝晩、ベッドの中で簡単にできるので、今日から早速やってみてください。

仰向けに寝転びます。

次に両手で片足の膝を曲げ、胸に抱えます。

お尻の筋肉グーンと伸びているのを感じたら、そのまま10秒キープします。

その状態から今度は両手でかかとを持ち、ゆっくりと真上に持ち上げます。

この時、膝が真っ直ぐになるよう伸ばさないように。

膝はくの字に曲がったまま、太ももの裏側とお尻の筋肉が伸びているのを感じられたらOKです。

そのまま10秒キープします。

ゆっくり元に戻しましょう。

続いて反対側の足も同じようにストレッチします。

コツは勢いをつけずゆっくり伸ばすこと。

このストレッチで、お尻からアキレス腱まで伸ばすことができ、また骨盤周りの血行促進が期待できます。

リフレクソロジーで子宮のゾーンをマッサージしてもらう

最も楽なPMS対策が、リフレクソロジー(足反射区療法)を受けることです。

プロのセラピストの施術により、子宮や卵巣のゾーンを多めにマッサージしてもらいましょう。

特に症状がひどい箇所を具体的に伝えておけば、そのあたりの足のゾーンを念入りに施術してくれるはずです。

子宮や卵巣に対応するゾーンは「かかと周り」です。

そのゾーンを刺激してもらうと、軽い痛みやゴリゴリとした感触があります。

また足全体をくまなくマッサージすることにより、毛細血管の血流も活発になります。

滞っていた流れも改善されるので、終わった後は全身ポカポカです。

むくみも取れるので、靴がゆるく感じることも多いです。

リフレクソロジーは「定期的に受ける」というがポイントなのですが、初めは週に一度ほど受けてみてください。

生理中は経血が増える可能性があるので、避けておきましょう。

慣れてきたら月に一度でも大丈夫。

足がマッサージに慣れてくるに従い、すぐに良い反応が現れるようになります。

 

甘え上手になって。彼と一緒に上手にPMSを乗り越えるコツ

辛い時、黙りこくっていてはダメ。「今すごく辛いの」とはっきり言う

辛い時、つい黙りこくってしまいますが「黙っていては絶対ダメ」です。

彼に「今すごく辛いの」とはっきり伝えましょう。

辛いことを伝えるのは苦手だったら、次回のPMSの時から必ず伝えてください。

これはとても大切なことです。

あなたは彼に「ネガティブなことは言いたくない」と考えているかもしれません。

しかしこれからもし長い付き合いになるとしたら、最初が肝心です。

思っていることを素直に言えないようになってしまうと、それが当たり前になってしまうのです。

我慢に我慢を重ねたら、後はどうなるかはわかりますよね。

我慢することで良いことなど何一つありません。

男性は問題が起きた時、解決策を考える性質があります。

ですから「辛い」という問題に向き合い、「じゃどうしたらいいのか」をじっくり考えてくれるはずです。

あなたも「どうしたいか」をはっきりと伝えましょう。

一緒にマッサージを受けに行く。楽になって笑顔が出れば彼も喜ぶ

彼とPMSを乗り越えるためのおすすめの方法が「一緒にマッサージに行く」ことです。

あなたが楽になることが一番大事なのですが、あなたが楽になって笑顔が戻れば、彼もきっと喜んで「マッサージ受けて良かった」ということになります。

休日に日帰り温泉に行くのもおすすめです。

ゆっくり温泉に浸かり、ポカポカに温まった後二人でマッサージを受ける…、休日の過ごし方としてはなんとも贅沢です。

美味しいご飯も食べれば元気百倍。

そのうちあれほど気になっていたPMSが、すっかり影を潜めていることに気づくはずです。

おすすめデートスポットは寝ながら天体観測できるプラネタリウム

PMSを乗り越えるためのおすすめデートスポットが、寝ながら天体観測できる「プラネタリウム」です。

真っ暗闇な宇宙に映し出されるまばゆいばかりの星たちは、一見の価値あり。

何より素晴らしいのが「寝ながら観られる」という点です。

映画の場合、座って観ますが、実はこれが腰痛がひどくなったり足のむくみにつながる原因なのです。

そんな時でもプラネタリウムなら、楽々です。

首も肩も腰もどこにも負担がかからずしかもリラックス度も満点で、思わずウトウト寝てしまうことも、

癒し効果も高いので、クセになるかもしれません。

おうちデートを盛り上げる工夫で、彼との距離がグンと近く

PMSを乗り越えるためには、おうちデートを盛り上げる工夫をしてみてください。

外出を控えることで、彼との距離がグンと近づきます。

おうちデートの楽しみはやはり「食べること」です。

こういう時、役に立つのがオンライン通販です。

旅行に行った気分で「ご当地グルメツアー」と称し、お取り寄せして食を楽しむのがおすすめです。

交通費がかからない分、多少贅沢してもいいのでは?

たくさんの種類の駄菓子を購入して、食べ比べしてみるのも楽しそうです。

たこ焼き機を買い、友達を呼んで「タコパ」すれば、間違いなく盛り上がります。

タコパが定例会になってしまうかもしれません。

PMSの辛さを減らすには、こんな風に楽しく過ごすことも必要です。

無理は禁物。辛い時は会わないのもアリと考えて

PMSに無理は禁物です。

辛い時は「彼とは会わない選択肢もアリ」と考えてください。

彼とのデートが唯一の楽しみだったとしたら「会わない」というのは辛すぎます。

しかし辛い時は、会わない方がいいのにはワケがあります。

体調不良は「会ってはいけない」というサインとみてください。

これは恋愛関係のみならず、全ての場合に言えることです。

「無理しないと出かけられない」という時は、体の言うことを聞くべきなのです。

これが人生に逆らわない生き方です。

人生に逆らっていると「葛藤」の中で生きることになります。

葛藤があると何か願望があっても、それが叶うことがありません。

「こうなりたい」

「でもこうだからダメ」

葛藤によって、このような発想になってしまうからです。

ですからPMSで辛い時は「無理をしてまで会うのは全くの見当違い」ということです。

一つの知識として生理のメカニズムを彼と一緒に学ぼう

PMSを彼と乗り越えるためにぜひやって欲しいのが「生理のメカニズムを彼と一緒に学ぶ」ということ。

PMS当事者のあなたも(もしあまり詳しくなかったら)勉強になる絶好のチャンスです。

PMSに詳しくなれば「どんな時にどうすればいいのか」ということに迷いがなくなるし、調べなくても済みます。

また、同じように悩む人にアドバイスすることもできます。

彼にとっても、PMSを知るいい機会です。

PMSについて詳しい男性は、あまりいないはず。

彼と共に学んだあかつきには、心から彼を褒めてあげましょう。

「助かる!」とか「嬉しい!」などと、喜ぶのがポイントです。

衝動的な別れは後悔する。PMSの期間に別れたい!と思ったら考えるべきこと

彼のいない生活を考えたら、別れたあと後悔するのは容易に想像できる

衝動的に「別れたい!」と思ってしまったら、行動に写す前にぜひ彼のいない生活を考えてみてください。

おそらく後悔するのは容易に想像できるはずです。

とは言え、衝動的に行動したくなる時は、後先を考えられないもの。

もし今までに衝動的に行動してしまった経験があるなら、注意が必要です。

解決策はスマホのメモ帳に「今、別れたらきっと後悔する」という文を保存しておきましょう。

衝動的に別れようとした時にその文を目にしたら、きっと思いとどまれるはずです。

PMS期間は、とかく誤った衝動に駆られやすいことが多いです。

衝動的な別れは必ず後悔します。

このことをよく念じながら、メモってください。

衝動的に別れたい!と思ったら、すべきことは「とにかく寝る」

PMSの期間に「別れたい!と思ったら、まずすべきことは「とにかく寝ること」です。

一見何の効果があるのか、ちょっと理解に苦しむかもしれませんが、実は「寝ること」ほど衝動がおさまることはないのです。

私たちは波動的には「朝」が最も高い時間帯です。

なぜならぐっすり寝た後だから。

「寝る」という行動は意識が別次元へと飛んでいるのですが、そのことにより心身を復元するのです。

夜、ぐっすり寝ることが大切なのはこのためで、波動を高い状態にキープするためには、夜更かしは厳禁なのです。

「衝動的に別れたい」と思っても一晩ぐっすり寝れば、朝にはすっかり忘れていたり「あれ?何であんなに悩んでいたんだろう?」ということになるのです。

それでも別れたい時、好きなスイーツを食べるなど思い切り気分転換する

それでも「別れたい!」という時、好きなスイーツを食べるなどして、思い切り気分転換を図りましょう。

コツは、今頭の中にあることとは全く別のことを始める、ということ。

今、あなたは、頭の中にある思考にすっかり覆われ、かつ縛られている状態です。

無理やりにでも外さなければなりません。

そのためには、今考えていることから全く違うことをやってみてください。

お風呂に入ったり、部屋を掃除しまくるのもいいでしょう。

その他、おすすめの方法が以下となります。

・好きな音楽を大音量で聴く

・友達に電話して胸の内を聞いてもらう

・思い切りワンワン泣く

・親や兄弟姉妹に会いに行く

・運動したり走ったりして汗をかく

どうしても別れたい時こそ「自分は冷静か」「感情をコントロールできているか」を確かめる

PMSの影響で「どうしても別れたい!と思ったら、それが「冷静な判断か否か」を確認する必要があります。

また「感情のコントロールができているか」も確かめましょう。

目安は「気分がいいか、それとも悪いか」です。

気分が悪いなら「別れたい」と考えるのは、冷静な判断とは言えません。

モヤモヤした気分だったり、胸騒ぎがする場合は感情が悲鳴を上げているサインで、まさに「見切り発車の状態」です。

このようなネガティブな感情から行動しようとすると、うまくいきません。

それとは逆に、スッキリした気分で「もう別れよう」と潔く決められたのであれば、冷静な判断と言えます。

PMSが落ち着くまで彼と距離をおけば、意外に簡単に解決する

衝動的に別れたい!と思い、それを実行したがために後悔しないようにするには、PMSが落ち着くまで彼とは距離をおきましょう。

PMSが落ち着くまで彼と離れていれば、簡単に解決します。

別れることなど考える必要もなく、再び穏やかな生活が戻ってくるでしょう。

からだに影響が出るPMSはもちろん困りますが、実は精神的な影響が出ることの方が問題なのです。

急に好きな彼を遠ざけたくなったり、口も聞きたくなくなるのは、ホルモンバランスの影響が大きいことを知っておきましょう。

「本当は別れたくないのに、結果的に別れてしまった」ということだけは避けたいものです。

そのためには、医師のアドバイスが必要な場合もあります。

またドラッグストアで入手できるサプリや薬を利用しながら、積極的に解決していこうとする姿勢も大切です。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「PMSの症状は人それぞれ。必ず改善できると信じて」

占い師 姫乃
PMSは200種類以上の症状があると言われているから、人によって同じような不調もあれば特異的な症状までいろいろなのね。

いずれにしても、生理前の不調ってホントに困る。

彼にも迷惑かけたくないし、どうしたらいいかわからずほとほと困ってしまったり…。

でもPMSを上手に回避するためには、彼を巻き込むのも一つの方法よ。

もっと甘え上手になって彼と一緒にPMSを乗り越えられたら、二人の絆がさらに強くなるはずだから。

あなたのPMSが少しでも軽くなるよう、祈っています!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事