「好きだから抱きたい」という男性の心理と本音を大解剖!本当に好きな人に対する脈ありサイン
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

「好きだから抱きたい」と言ってくる男性は、どんな心理状態なのでしょうか。

そんな時、男性の心理と本音を探れば本当に好きな人に対する脈ありサインなのかを見極められます

「好きだから抱きたい」と言われた時に悩んだり迷うことがなくなるよう、さっそく一緒に見ていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

「好きだから抱きたい」と言ってきたときの男の本音

真面目な表情だったら、心から好きで愛を止められないから抱くことしか考えていない

好きだから抱きたいと言ってきた男性が真剣で真面目な表情だったら、心から好きで愛を止められないと考えている場合がほとんどです。

彼の頭の中は、力一杯抱きしめてキスするイメージでいっぱいでしょう。

今すぐにでもそうしたのは、本当に好きで愛しているからです。

もし相手が快諾してくれなくても、彼の想いは止められません。

そこまで思い詰めてきた背景には、長い間の葛藤があったのでしょう。

たとえば「抱きたいなんて言っていいものか、もしかしたら嫌われるのでは?」といった感じで、彼の表情からわずかながらもそれが読み取れるはずです。

一方でいかにも軽いノリで「抱きたい」と言ってきても、心の中は本気という場合があります。

とても真面目に言うことなどできないのは、断られた時のための予防線だからです。

つまり断られることが前提で「抱きたい」と言ってくるのです。

真面目に言ってもし断られたら、つらすぎてもう2度と顔を合わせることもできないでしょう。

また傷つかないようにしていることを相手に悟られないために、精一杯のおふざけで「抱きたい」と言ってくるのです。

体目的のヤリもく。まだそこまで相手を知らないから抱いて試したい

「好きだから抱きたい」と言ってくる人の中には「ヤリもく」の男性もいるのですが、相手をまだよく知らないので「抱いて試したい」と思っているのです。

一見からかっているようにも見えますが、彼はいたって本気です。

ヤリもくの男はエッチをスポーツと同じととらえていて一緒に楽しむ相手を探しているだけで、「抱きたい」と言ってくるのはセフレを手に入れるためなのです。

そこに愛情があるかと言えばかなり疑問です。

お互いにセフレの関係を望むなら成立する話ですが、しかし女性たちの多くは体だけの関係に満足しません。

相手に好かれていること、愛されていることが最低条件です。

好きでも愛されているわけでもないのに、体を許すのはとんでもないことと考える女性がほとんどでしょう。

女性を軽視しているように見えるところもマイナスの要因なのです。

しかしやりモク男としては相手に恋愛感情が全くないわけではなく、的確な愛情表現を知らないだけです。

相手を知るためにはまずは体の関係が必要なのであって、それ以外の方法が思い浮かばないのです。

体の関係になってから初めて相手を好きになるかもしれないし、1度で終わる関係かもしれないけれど、ヤリもく男はそこまで深く考えていなかったり重要視していないのです。

ヤリもく男の特徴について詳しく解説したこちらの記事も、ぜひ参考にしてみてください。

相手が嫌いじゃないから、エッチしたい候補に入っている

「好きだから抱きたい」と言ってくるのは、嫌いじゃないのでエッチしたい候補にしている場合があります。

彼にとってエッチの相手は誰でも良いわけではなく、嫌いじゃない相手が条件です。

つまり「自分にも選ぶ権利がある」と言いたいのでしょう。

かと言って超本気で好きな女性に「抱きたい」などとは口が裂けても言えません。

嫌いじゃない程度の女性だからこそ「抱きたい」と言えるのです。

また、ただ「抱きたい」と言ったのではあまりにもストレートすぎるので「好きだから」を付け加えて、相手の印象を悪くしないように配慮しています。

彼の全体的な印象は軽口を叩いているようですが、冗談半分にしか見えないのは故意に相手に踏み込みすぎないようにしているためです。

エッチ候補にしているからには相手に嫌われないようにする必要がありますが「抱きたい」と言ったことが元で相手に嫌われれても彼にとって大して痛手にはならないのです。

生理的な欲求に過ぎず、それ以上でもそれ以下でもないしセフレでもかまわない

「好きだから抱きたい」と言ってくる男性は、生理的な欲求のはけ口を求めている場合があります。

つまり自分の欲求を解消するためであってそれ以上でもそれ以下でもなく、むしろセフレ目当てと思われてもかまわないと思っているほどなのです。

このようなタイプは他の男性に比べ、並々ならぬ性欲が特徴です。

自分の欲を満たすために実行するのが、落とせそうな女性に近づくことです。

その様子はまさに「手当たり次第」ですが、なぜか女性を惹きつける魅力があるため、女が絶えることがないのもこのタイプの特徴なのです。

しかしセフレの関係に飽きが来るのはいつの世も男性の方です。

女性はといえば、初めはセフレで納得していても徐々に相手に情が湧いてくるため、離れられなくなることが多いです。

セフレが不毛の関係なのは、このように男女間の感情面に大きな相違が出てくるためです。

簡単には埋められないこの違いは、やがて男性の浮気によって終わりを迎えるのです。

彼女が本気かどうか、一か八かの駆け引きで試したい

「好きだから抱きたい」と言ってくる男性の中には、一か八かの駆け引きと考えている人もいます。

彼女が自分に本気なのか、彼はそれを確かめるには「自分に体を預けてくれるか」なのです。

「抱きたい」に快諾してくれる女性なら、自分に本気とわかります。

しかしそれは自分が確認したからこそわかることです。

もし確認しなければ、永遠に相手が本気かどうかはわからないままです。

彼はそのことに対し、異常なほど我慢できません。

わからないことをはっきりさせたいと思うのが、彼の性質なのでしょう。

なので「こんなことを聞いたら嫌われるかも」とか「嫌がられるかも」とまで考えが及びません。

このように衝動的に一か八かで勝負をかけるような男性は、空気を読めないタイプも多く失敗を招きやすいです。

女性からも敬遠されることが多いですが、駆け引きという博打は時には大当たりするものです。

彼の引き寄せに合致する女性が現れば、彼の思いは遂げられることになるでしょう。

また「ものおじせずストレートに言ってくれる男性が好き」という女性がいるのも確かです。

自分の意思をはっきりさせない男性よりも確実に魅力を感じるので、二つ返事で彼の胸に飛び込むでしょう。

嫌いじゃないけど「好きだから抱きたい」と女性に思うシチュエーション

好きというよりも寂しいし人肌恋しいしから、まずは嫌いじゃないタイプにターゲットを絞る

「好きだから抱きたい」と言われた時、どちらかと言えば好きというよりも彼は寂しさや人肌恋しさを感じています。

そのためまずは嫌いじゃないタイプをターゲットにし、狙いを定めるのです。

そして「嫌いじゃないから、別に好きと言っても問題ないだろう」と考えます。

彼の本来の目的は「抱きたい」ということ。

女性を抱いて、寂しさや人肌恋しさを埋めたいのです。

しかし事を起こす前に少なくとも相手に誤解を与えないようにしなければなりませんが、それが彼にとって大事なミッションでもあるのです。

それが「好き」と言って相手を安心させることです。

そしてそれと同時に、どう言えば相手がこの話に乗ってくれるかを模索します。

その究極の答えが「好きだから抱きたい」なのです。

間違っても「嫌いじゃないから抱きたい」とは言いませんが、さすがにそういった本音は誤解されそうなので心の奥底に隠します。

そんな男性にも思わず好きになってしまったり、相手にときめく瞬間があります。

そんな心理を見逃さないための方法を詳しく紹介した記事が、こちらです。

 

もしかするとアプローチすれば誘いに乗ってくれるかもしれない

好きだから抱きたいのは、もしかしたらアプローチすれば誘いに乗ってくれるかもしれないと考えるためです。

しかし本当のところ、彼は相手を好きかどうかは定かではありません。

「抱きたいと感じるのは相手のことが好きだから」と自分で結論づけている場合もあるからです。

そういう時の男性は、性衝動を淡い恋心と勘違いしている場合もあります。

それを証するように、相手を抱いたとたん彼は一気に冷めます。

抱きたい衝動にかられて抱いたものの、実は恋心など持っていなかったと終わったあとで気づくのです。

「彼に抱かれたあと、なぜか急に冷たくなった」

このようなケースは恋愛関係初期によく見られることですが、彼の心情を察すれば当然のことなのです。

つまり彼女に対する「好き」という恋愛感情がエッチしたとたんに泡と消えるのは、実は「それほど大したものではなかった」とか「別に好きでもなんでもない」と気づくからなのです。

このように男性の性衝動は、人によっては疑似恋愛の感覚なのです。

最初は好みのタイプでしかなかったが、いつしか本気モードになっていた

嫌いじゃないけど「好きだから抱きたい」という男性の中には、最初は好みのタイプでしかなかったがいつしか本気モードになったいたというケースもみられます。

本気モードということは、頭の中は「本気で手に入れたい」という思いでいっぱいなのです。

つまり相手がどう思っていようが、彼はなんとかして相手との距離を少しでも近づけたいのです。

好きか嫌いかで言えば、もちろん好きです。

しかし彼自身「好きかもしれない」という気持ちが芽生えたのと「手に入れたい」という思うようになったのはほぼ同時です。

そこから徐々に「絶対手に入れたいし何としても抱きたい」と思う方が強くなれば、相手に対する「好き」という感情は完全に奥に引っ込んでしまうのです。

これが「嫌いじゃないけど」という彼の本音の出どころで、また「嫌いじゃないし好みのタイプだから」というのが本気モードを後押しする彼の本心なのです。

女性としては「好きでいてくれるなら」と、誘いに応じてしまうかもしれません。

ところが彼の心情は、女性がイメージすることとだいぶ違っているのです。

「好きだから抱きたい」と彼が言ってきても、のぼせ上がらないようにしてください。

本音はそうではないことも往々にしてあるからです。

そのあたりを踏まえながら、彼の言葉を受け止めるべきでしょう。

お酒を飲んだ時、酔った勢いで思わず抱きたくなる

お酒好きの人の中には、酔った勢いで思わず「好きだから抱きたい」と言ってくる男性もいます。

もちろん普段から相手に好意を持っているためにそう言ってくるのですが、お酒が入ると人が変わったように思っている事をペラペラと喋れるようになる男性も多いのです。

しかも失敗しやすいです。

なぜなら女性は「酔っている人が言うことなんて、真面目に聞いちゃダメ」と知っているからです。

好きなことは伝わってくるでしょうが、相手から突然「抱きたい」と言われた日には、またたく間に興ざめでしょう。

彼が洒落にならないジョークを言ってくるのは「ただ単に酔っ払っているから」と、結論づけるしかないのです。

このように伝えたいことをお酒の力を借りて頑張って伝えても、相手に真意は伝わらず結局は徒労に終わってしまうことも多いです。

とは言え女性側も酔っていれば、たいてい男性の言葉を間に受けます。

男性が冗談で「好きだから抱きたい」言ってきても、酔っているために相手の真意を見抜けず「彼は本気」と思い込んでしまうのです。

それまでなんの兆候もなかった男女が、たとえば宴席後に突然に関係を持ち始めたりするのはこのように単純なきっかけがほとんどなのです。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

本当に好きな女性に「好きだから抱きたい」という男性心理

好きだから抱いて完全に自分のものにしたい

「好きだから抱きたい」という男性心理の多くは、相手を本当に好きだからです。

好きだからこそ自分のものにしたいし、誰にも渡したくないと考えます。

なぜそれほどまでに好きになるのでしょうか?

その理由は人によって違いますが、特に多いのが顔やスタイルです。

顔が可愛いくて好みのタイプなら、好きにならずにはいられないでしょう。

また腰のくびれやうなじ、引き締まった足に魅力を感じる男性も多いです。

このような顔やスタイルといった個性が、相手をひと目見た瞬間から好きになる「一目ぼれ」につながります。

また一目ぼれでなくても相手を好きになるのが、性格の良さです。

明るくほがらかでいつも微笑みを絶やさないので、ずっと一緒にいたくなる、そんな女性なら男性は誰でも好きになるはずです。

また相手も自分に好意を持ってくれていると知ったら、すかさず「彼女になってほしい」と思うことでしょう。

「抱きたい」と思うようになるのも時間の問題ですが、しかしいきなり「好きだから抱きたい」と言ってしまったらただの危険人物です。

それだけは避けるとして冗談めかしてでもサラリとそう言える間柄になるためには、さらに相手との距離を近づける必要があります。

好きだから抱きたいのは山々なのですが本気だからこそあえてストレートには言わず、その代わりにボディタッチしてくることがあります。

たとえば腕や肩、腰などに触れてきますが、これが「抱きたい」という思いの現れです。

彼女の初めての男になれば、きっと自分から離れられなくなるだろう

本当に好きな女性を抱きたいと思うのは「彼女の初めての男性になるかもしれない」からです。

そしてそれが本当に実現すれば「彼女はきっと自分から離れられなくなるだろう」と考えます。

自分が最初の男性ともなれば、彼女の印象は相当な強さとなって残るはずです。

しかも初めてとなれば、一生に一度だけのこと。

「離れられなくなるのは当然」と彼は思うのです。

このようなタイプの男性の多くは、人並外れた執着心を持ち、かつ自分に自信があります。

なので一度体を許してくれたら、その後もずっと彼女を満足させてあげられる自信があるのです。

だからなおさら「自分から離れられなくなるだろう」と豪語するのでしょう。

しかしそれは彼女がそう思えばの話で、彼の希望的観測に過ぎません。

彼が望むのは「離れられなくなるだろう」ですが、実は「離れられなくなったらいいな」が現実なのです。

本当に好きな彼女には、自分だけを見て欲しいし彼女を1人占めしたい強い独占欲がある

男性の多くが、本当に好きな女性には自分だけを見て欲しいと願っています。

そんな彼女を1人占めしたいと思うのは当然のこと。

だからなおさら「抱きたい」と思うのです。

好きな彼女を抱けばもっと自分だけのものにできる…といった確信が持てるからです。

しかしいざ自分だけのものにできたとしても、実は彼はもっと独占欲にさいなまれることになるのです。

自分だけのものにできたはずなのに、しっかり捕まえていないとどこかへ行ってしまいそうだからです。

「そんなことないよ」と否定してもそれを信じられない彼は、心に抱えた不安は増すばかりです。

この不安が独占欲を強い執着へと変えるのです。

自分の思い通りにならないと、感情的になることが増えます。

怒ったりDVをはたらいたりなど女性からしたら散々で、好かれているはずなのが嘘のようです。

そんな彼に対し、彼女が「めんどう」と思うようになれば、ますます彼と距離をおくようになるでしょう。

執着とは、それほどまでに相手との関係を壊す原因ともなり得る心理なのです。

彼女ともっと距離を縮めたい。そのためには抱くのが手っ取り早い

本当に心から好きな女性だから、彼はもっと距離を縮めたいのでしょう。

だからそのためには「彼女を抱くのがもっとも手っ取り早い」と考えるのです。

色々なことをショートカットしたいのは明確ですが、このように考える男性はほんのわずかでも無駄な時間を費やしたくないのです。

男性に多くみられるタイプで、何かにつけ効率を重視するのが特徴です。

そういう男性にとって「もっと仲良くなれるとしたらどんなことだろう?」とか「どうすれば相手と近づけるのだろう?」と考えることすら効率が悪いことととらえています。

かと言って女性心を完全に理解しているかと思えば、そうでもなさそうです。

自分の手の内に入れようとするあまり焦りを見せたり、思うようにいかないとイライラしたりなどがその最たる行動です。

しかし彼には自分なりのハウツーがあるのでしょう。

なので「女は抱いてしまえばこっちのもの」程度の軽い気持ちでいるのは確かです。

エッチに関しても多少自信があるので、少なくとも彼女から嫌われることはないだろうと考えています。

男性たちの多くは、意外にも自分のエッチに自信が持てない人が多いです。

中には自信が持てないために彼女の反応が気になって「どう?」「どう?」とたびたび聞いてくる男性もいます。

しかし演技するのは良くありません。

彼のためを思っての演技は、逆に2人の関係を壊すことにもなりかねません。

一方で言いづらいことほどさりげなく伝えられる関係なら、壊れることもないでしょう。

キスやハグ以上に関係を進めたいから、そうなればもう抱くしかない

相手を本当に好きな男性は、キスやハグ以上に関係を進めたいために「抱きたい」と考えます。

彼に残された道は、彼女を抱くことだけなのです。

追い詰められた気持ちの彼が関係を進めようとした時、どんな兆候がみられるでしょうか?

おそらくキスやハグがさらに激しいものとなるはずです。

自分の股間を擦り寄せてきたり、首筋や胸元までキスしてくることも出てきます。

果てはお尻や腰、太ももや股にまで手を伸ばしてきます。

彼の頭の中では「彼女が嫌がるのでは?」と思う反面、そんな思考にかまってはいられません。

とにかく必死です。

しかし外や公共の場であったり個室以外の場所なら、それ以上関係を進めることはできません。

「抱くしかない」と思っていても、その条件に満たないのです。

気まずいまま彼女と体を離すことになり、さらに次に会う時のことだけが頭脳を駆け巡ります。

どこで会ってどこで彼女を抱くか、そのことだけで彼の頭の中はいっぱいなのです。

性欲を持て余していてつらい。でも彼女なら満たしてくれそう

性欲が強い男性が自分のパワーを持て余していれば、彼女に満たしてもらおうと考えるのは当然かもしれません。

それが好きな女性ならなおさらです。

世の中にはどれだけ性欲が強くても、風俗を選ばない男性もいるのです。

「風俗に行くくらいなら我慢する」と強く決めているのは、風俗そのものが自分の性(しょう)に合わないからです。

そこに愛などあるはずもなく、お金さえ払えば済む場所だからです。

単純に性欲を満たすためだけなら、それで満足できるかもしれません。

風俗業が成り立っているのは、利用する男性が多かれ少なかれ存在するからです。

しかし彼がそれを求めないのは、自分への愛情や優しさが欲しいと考えているからです。

つまり彼にとって性欲とは、寂しさや孤独の裏返しなのです。

性欲だけでなく孤独を満たしてもらおうと思ったら、やはり好きな女性にかなうものはないのです。

性欲が満たされるのはもちろん愛情の交換もできる彼女は、彼にとって何よりも最高の関係なのです。

「好きだから抱きたい」と好きな女性に強烈に思ってしまうシチュエーション

少し肌が触れた時にドキッとしてしまったり、男性ならではの生理的反応が起きた

好きだから抱きたいと強烈に思ってしまうのは、好きな女性の肌に少しでも触れた時です。

ほんのちょっとだけでも、他の女性には感じないドキドキに自分でも驚いているはずです。

場合によっては、男性ならではの生理的反応が起きることもあります。

そういう時、自分の体の変化を女性に悟られないよう必死です。

もしバレてしまったら、穴があったら入りたいほどでしょう。

このような生理的反応は抑えようとすればするほど全く制御が効かなくなりますが、逆に「抱きたい」と考えている証拠ともとれます。

このように肌が触れたくらいでドキドキするのは、女性よりも男性の比率の方が高いです。

しかし男性は感情を表に出さないタイプが多いので、相手に気づかれることは滅多にありません。

このようにはためではわからないものの、ちょっと肌が触れただけで彼はごく自然に「抱きたい」と感じているのです。

彼女が寂しそうな顔をしたり可愛い表情をした時、抱きしめたいから抱きたいに変わる

「好きだから抱きたい」と好きな女性に強烈に思ってしまうのが、彼女が寂しそうな顔をしたり可愛い表情をした時です。

彼はその瞬間、思わず抱きしめたくなり、そしてすぐに「抱きたい」に変わるのです。

抱きしめたくなったら、延長線上には必然的に「抱く」が控えているものだし、いったん抱きしめたらもう離したくないのは当然でしょう。

少なくともしばらくは、抱きしめた状態のままなのは確実です。

彼女の甘い香りに包まれながら、彼は「もっといい気分になりたい」と視線もうつろです。

抱きしめるだけでもその場は満足なのですが、さらに満足するには彼女を抱くことしかありません。

1度でも彼女と関係を持ってしまえば、その後は自然な流れに身を任せることになるでしょう。

しかしそうなるまでは、彼は迷いに迷うのです。

「どうすればいいのだろう?」と。

特に女性経験が少ない男性の場合、何もかもが暗中模索な状態なので、逆に彼女に誘導してもらいたいと思っていることもあります。

寂しく辛い時や孤独を感じていたり不安な時

彼が「好きだから抱きたい」と強烈に思うのは、寂しくつらい時や孤独を感じている時です。

また身辺に何か大きな問題が起きていて、とても不安な時もなぜか「抱きたい」と思っています。

彼がそう思うのは、当座、彼の不安が解消できればそれで良いからです。

つまり問題から逃避することが目的と言えます。

孤独は彼にとっては地獄のように感じることもあるし、寂しさを抱えている男性なんてカッコ悪い典型です。

でも彼女の愛で包んでもらえばきっと楽になれる、そう思うのです。

彼が背負った問題は、すぐには解決しないかもしれません。

しかしいいアイディアが浮かぶ可能性があります。

そのためにはひと時のリラックスはとても大事なのです。

その効果を狙っているかもしれないし完全に無意識という場合もありますが、いずれにせよ彼女を抱きたいと思うのは抱えた不安を一時的にでも解消できそうと思っているからです。

仕事などでぐったり疲れていたり、睡眠不足の時

仕事や多忙が重なってぐったり疲れていたり睡眠不足が続いている時ほど、男性たちの多くはなぜか「抱きたい」と思うようです。

しかもその思いは大変に強烈ということから、女性にはますます理解しがたい点と言えるでしょう。

男性たちの多くは、疲れた時ほど性欲が増すと言います。

これは一説によると、激しい疲労によって子孫の存続が危ういと脳が察知するからだそう。

この世に生まれてきたからにはここで子孫を絶やすわけにはいかない、というような潜在的なお触れが脳から発せられるのでしょう。

だから好きな女性を思い出したり、抱きたくなるのです。

もし抱いた際にバースコントロールしなければ、当然ながら子孫繁栄の一端をになったことになるわけです。

このように男性が「抱きたい」と思っている目安が、疲労困憊でぐったりしている時や睡眠不足の時なのです。

好きな女性がボディラインがよくわかる服装をしていたり、グッと胸が開いたスタイルを見てセクシーな気分になった時

好きな女性を「抱きたい」と思う多くの場合が、セクシーな気分になった時です。

たとえば好きな女性がボディラインくっきりの服装をしているのを見た時や、グッと胸元が開いたスタイルをしている時です。

彼は思わず凝視してきますが、一点を見つめてボーッとするかチラチラと視線を送ってくるので、好奇心全開なのがよくわかるはずです。

さらに好奇心だけでなく、セクシーなスタイルにかなり挑発され興奮しています。

激しく胸は高鳴り、血圧も急上昇でしょう。

彼は「抱きたい」と叫びたいほどに違いありません。

またネットでアダルト系の画像や動画を観た時も、一瞬にして彼はセクシーな胸中へといざなわれます。

「いますぐに抱ければどんなにいいか」と指を加えることでしょう。

このようにセクシーな気分になった時、彼は好きな女性を強烈に抱きたいと思わずにいられません。

久しぶりに彼女に会った時、懐かしさと愛おしさに思わず抱きたくなる

彼が好きだから女性を抱きたいと思うのは、その女性と久しぶりに会った時です。

懐かしさと愛おしさに、思わず抱きたくなってしまうのです。

また久しぶりに顔を見た彼は、改めて自覚します。

「やっぱり好きだ」と。

長いこと会わずにいても好きなことに変わりなければ、久しぶりということも手伝ってさらに相手を愛おしく感じるのです。

愛おしさを感じるということは、ただ「好き」というだけでなくそこには強い愛情があります。

なので愛情がある人を抱きたいと思うのは当然なのです。

好きな女性をギュッと抱きしめたら彼はもうメロメロで、もはや相手が受け入れてくれるかどうかなど二の次です。

「もうどうにでもなれ!」と抑えられない衝動に翻弄されることでしょう。

 

好きと抱きたいは違う「好きだから抱きたい」という男性の脈ありサイン

彼女と一緒に楽しい時間を過ごしたいので、好みや傾向を探ってくる

彼が「好きだから抱きたい」と思うのは、シンプルに彼女と一緒に楽しい時間を過ごしたいからです。

何も抱きたいだけではなく、本当に好きだから抱きたいと考えるのです。

そのために彼はどんな好みがあるのか、またさまざまな傾向なども探ってきますが、楽しく一緒に過ごすには相手のことをよく知る必要があるからです。

好きな女性との共通点を見つけると、彼はたいそう喜びます。

そしてもっと共通点はないかと探し始めます。

また好みについても「好きな女性と同じ」を見つけようとします。

そうやっているうちに、お互いに2人の距離がグンと近づいているのを感じることでしょう。

そのおかげで好きな女性を抱いたとしても、話題に困ることはありません。

一方で「嫌いじゃないから抱く」という男性は、相手の趣味嗜好にほとんど興味を示しません。

なので相手を抱く機会が巡ってきても、その後は長続きしません。

プライベートで会おうと計画を持ちかけてきたり、何かと一緒にいたがる

「好きだから抱きたい」と思っている男性の脈ありサインのひとつが「プライベートで会おう」と計画を持ちかけてくることです。

また気づけばなぜかいつもそばにいたり、何かと一緒にいたがります。

さらに行動を共にしたがったりなど「いつもそばにいたい」と思っているのが丸わかりなのも特徴です。

彼は好きな女性を、自分のすぐそばで感じていたいのです。

だからこそ触れられそうなほどそばにいるのですが、逆にそばにいないと不安なのです。

なぜなら自分と同じように「抱きたい」と思っている男性がいるかもしれないからです。

そして「その男に彼女を取られてしまうかもしれない」と思うので、いてもたってもいられないのです。

それを防ぐには自分がいつもそばにいれば良いことです。

「好きだから抱きたい」と思っている男性は、このように非常にわかりやすい脈ありサインを出してくることも往々にしてあるのです。

独占したいのが明らかだったり、意味不明に嫉妬されることもある

脈ありサインのひとつが、どう見ても女性を独占したいのが明らかな場合です。

また彼から意味不明に嫉妬されることもあります。

嫉妬されるようなことは何もしていないはずなのに、嫉妬心むき出しの男性に「なんなの?」と言いたいところでしょう。

しかし彼はいたって真剣です。

独占欲の強い男性は、もれなく嫉妬心も兼ね備えています。

つまり自分の思い通りにことが進まないと怒りや葛藤を覚えるのがいやだから、相手を独占しようとするのです。

強い独占欲があると「他の男性としゃべるな」というようなニュアンスを言葉にして伝えてきます。

また強い嫉妬心も同じように、他の男性に対し激しく嫉妬してくるでしょう。

つまり自分の思考とかけ離れていると、相手の行動をコントロールして変えようとするのです。

相手の男性から強い独占欲と嫉妬心が見えてきたらちょっと窮屈に感じるはずですが、でもこれが「好きだから抱きたい」と考える男性の脈ありサインなのです。

でもそのことを口に出して言えないがために、独占欲や嫉妬心として表してくるのです。

体の相性が良くなかったり印象が最悪なら、それっきり2度と会わなくなることも

 

「好きだから」と相手から抱かれた時、もしも体の相性が良くなかったり印象が最悪という場合、それっきり2度と会わなくなることもあります。

なので「相手の好意は状況によって変わることもある」と覚えておいてください。

人の意識は、何かの拍子に突然変わることもあるのです。

明らかに脈ありなのに体の関係になったとたん相手が冷たくなってしまった、となれば、ひとかたならぬ不安に襲われるでしょうが、だからといって「勘違いした私のせい」と落胆しないでください。

すべては変化に過ぎず、今よりもっと良い方向へと変化する前触れなのです。

体の相性が良くないのは恋愛関係において致命的と思いがちですが、すべての経験はステップアップが可能であるという証拠なのです。

スピリチュアルな意識でいれば、あらゆる問題を良いことや悪いことで判断しません。

もし悪いことと判断してしまえば、自分を窮地に陥れることになるでしょう。

なぜなら悪いことと判断しそのことだけにフォーカスしてしまうと、良いことが起きても全く気づかないからです。

スピリチュアルで大事なのは「気づき」です。

誰かがふと漏らした言葉にヒントが隠れていたり、何気なく目にした風景に気づきを感じることもあるのです。

たとえばエンジェルナンバーと呼ばれるゾロ目は、気づきをもたらしてくれる天からのギフトです。

目にしたその人だけがわかる気づきによって、人生はさらに豊かさを増しもっと楽しくなるのです。

気づきはいつどこで起きるのか、それは誰にもわかりません。

しかし「そうなりたい」と思えば、気づきは起きます。

気づきが起きればその先には自ずと幸せな人生が広がっているのは間違いないし、むしろ幸せにならない方が難しいくらいです。

自分の人生はうまくいっている。

心からそう思えるようになれば、その通りになるのが本当の自分でありスピリチュアルな人生なのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「「好きだから抱きたい」と言われたら彼との関係の深さが大事」

占い師 姫乃
「好きだから抱きたい」と言われたら、彼との関係の深さに真意のヒントが隠れているわ。

とは言え、ただ単に体目当てのこともある。

それでもかまわないなら「彼との関係は長続きさせられない」と理解しておくべき。

むしろ「1度だけで終わらせる」と決意できるなら、相当高次元なレベルと言える。

本当にコネクトするべき相手かどうかはその時点になってみないとわからないし、縁があれば離れたくても離れられなくなるに違いないわ。

彼が「好きだから抱きたい」と言ってくるのもひとつのサインだから、そう言ってくる背景に読み取れる何かが必ずあるはず。

いずれにせよ何ごとも決めつけずに、流れに任せることも大事よ。

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事