※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

彼がいつも怒ってばかり。これってどうしたらいいの?」

あなたにこのような悩みがあったら、ぜひこの記事を読んでみてください。

もし「怒り」の影に何か隠された秘密があるのなら、知っておかねばならないことはまだまだたくさんあるはず。

この記事では、怒りっぽい彼の心理状態や、怒りに火が点くきっかけについて焦点を当てました。

さらに「別れたくないけれど彼を落ち着かせるには?」という悩みや「やっぱり別れよう…でもどうすればいい?」という場合のベストな別れ方まで、怒りっぽい彼氏に対処する方法をすべて網羅しました。

「怒りっぽい彼氏ともし結婚したら想定できること」は必読です。

さっそく読んで悩みを解消しましょう。

 
 

復縁メニューはこちら

すぐ怒る彼氏が怖い…つい怒りっぽくなってしまう男性心理

大した理由もなくいつもイライラしてしまう

すぐ怒る彼氏の心理で多いのが「大した理由もなくいつもイライラしてしまう」ということです。

イライラが高じて怒りが爆発してしまうと、もう取りつく島がありません。

あなたはそんな彼氏にいつも怯えているのではありませんか?

ところがその原因を聞けば、案外つまらないことばかり。

怒りに達する内容は、おおむね正論のようにも聞こえますが「そんなに怒らなくてもいいんじゃない?」ということがほとんどです。

これは、いわゆる「沸点が低い」という状態です。

しかし怒っている本人にしてみれば「怒るのは当然」とばかり、鼻息を荒くし、イライラをまき散らします。

あなたを始め周囲の人たちは「なぜ?」と首を傾げるばかりです。

頭にきてる時にかぎって怒りたくなることが起きる

彼氏の怒りがさらに爆発してしまうのが「怒っているときに限ってさらに怒りたくなることが起きる」ということ。

これが日常的にパターン化するようになると、怒りのメカニズムがよくわかるようになります。

怒りは次なる怒りを引き寄せ、巨大化します。

ありがたくもない怒りを手放すどころか、もっと大きな怒りをガッチリとつかんでしまうようなものなのです。

このようにして、怒りの連鎖は永遠に続きます。

悲惨なのは彼女であるあなたや、周囲の人たちです。

怒りのパワーは周りの人たちを巻き込み、関係のない人までつらい気持ちにさせてしまいます。

いつも同じことで自分をイラつかせるからついまた怒ってしまう

怒りっぽい彼氏はたいてい同じことでイラつきます。

その時、彼氏が思うことは「ほ〜らやっぱりこうなった!」と、まるで怒りを予知したかのようです。

「なんでこうなるんだ!」

「こんなに言ってるのに」

「いつも同じことで俺を怒らせる」

などと半ばキレ気味に嘆き、怒りを爆発させます。

たとえその場の怒りがおさまったとしても、彼氏は「また同じようなことが起きるはず」と考えます。

そのため、いつまでたっても怒りの火種が消えることはありません。

なんで怒ってしまうのかがよくわからない

怒りっぽい男性の多くは「結局なんで怒っているのかがよくわからない」という本音を漏らすことがあります。

そのような時、詳しく話を聞いてあげれば「自分を怒らせた理由」を口角泡を飛ばしながら、半ギレ状態で伝えてくるはずです。

しかしおおもとの原因とは違うことで怒っている場合はよくみられます。

これは怒りの原因とその後の怒りが、別のものへと変化するためです。

怒りのみなもとから発動された感情は、どんどん別の方向へと波及していくので、最後は「何で怒っているのかよくわからない」という状態におちいってしまうのです。

このとき本人はただ怒り続けるだけですが、対応する周囲の人たちの心情は悲惨なものでしょう。

何とか怒りを鎮めようとしても、彼氏本人が怒りを鎮める気などまったくないからです。

このようにして「何で怒ってしまうのかがよくわからない」という状況を引き寄せ、周りをも混乱させます。

相手によって怒りの態度が変わるが常に「勝たねば!」という意識でいる

怒りっぽい男性の態度は、相手によって変化しますが常に「勝たねば」という意識でいます。

相手が気弱な態度なとき、まるで弱いものイジメをするかのようにガンガン怒りを爆発させ、相手をねじ伏せようとします。

さらに状況が悪化するのが、相手がケンカ腰のときです。

お互いに相手を言いくるめようとして、言い争いになるのは時間の問題です。

言い争いになったとき、お互いに考えることは「相手を言い負かすこと」だけです。

また論破に勝てば怒りがおさまり、相手より優位に立てると考えます。

お互いを論破するパワーに差がないと、次には衝動的な行動に出てしまうでしょう。

論破が無理とわかると、次は腕力を使うことしか考えられなくなってしまいます。

このように怒りっぽい彼氏は相手によって態度が変わりますが、いずれにせよ常に相手に「勝たねば」という意識でいます。

こんなに自分が正しいのに誰もわかってくれない

怒りっぽい男性は誰よりも正義感が強いため、自分の正当性を認めてもらうためにキレてしまうこともよくあります。

「自分はこんなに正しいのに」

「誰もわかってくれない」

「わかってくれない人はみんな頭がおかしい」

このようにどんどん話が飛躍してしまいます。

このとき周囲の人は、怒る原因が理解できても、怒りを態度で示す気持ちはまったく理解できません。

まるで暴君のように怒りを爆発させる姿に、誰もが「疲れるなぁ」と、肩を落とさざるを得ません。

「結局世の中のことすべてが頭にくることばかり」と感じている

怒りの連鎖は「結局、世の中のこと全部頭にくることだらけ」という心境に変化させます。

怒りの極地に入ると、イライラも最高潮へと突き進むでしょう。

何を見ても何をしても怒りがこみ上げ、周囲の人たちすべてが敵に見え、口で言い表すことができないほどイライライします。

怒りが沸点を越えると次は嘆き悲しんだり、時には涙することもあります。

ここまでくると怒りの炎は鎮火します。

怒りの感情を発動させ、思い切り爆発させたので、あとはおとなしくなる一方でしょう。

 

めんどくさい…すぐ怒る彼の怒りに火が点きやすいきっかけとその理由

「他の男性と親しく話す」嫉妬心から彼女を束縛しようとする

「彼女が他の男性と親しく話す」ことは、彼氏の嫉妬心を刺激してしまうため、怒りに火が点いてしまいます。

浮気とはまったく関係ないのにも関わらず、なぜか「浮気」と勝手に決めつけます。

これは「怒り」という感情のなせるワザです。

中には「俺の悪口を言っている」というような、被害妄想的発想をする男性もいますが、次に衝動的に「キレる」という制裁を彼女に与えます。

彼女が冷静に説明しようとしても、聞く耳を持たず声を荒げるだけでしょう。

彼女としては「めんどくさい」の一言につきます。

めんどくさい人から次第に心が離れてしまうのは、仕方がないことです。

しかし「こんなに愛されているんだ」と勘違いする女性がいることも確かです。

冷静に考えれば嫉妬心から起きる怒りの中には、どうひいき目に見ても「愛」はありません。

一見「愛」のように見えても、相手からコントロールされたり束縛されることは、愛されていることとはまったく違います。

人間関係や職場などで自分の思うようにいかないことがあるとき

彼氏と会った時「なんとなく機嫌が悪いな」と感じることはありませんか?

そのような時、あなたとは関係のない人間関係や職場での不満を抱えている場合があります。

不満を抱えているとあなたとの楽しいデートのはずが、逆に機嫌の悪さが急激に強まって怒りを爆発させることもあります。

まるで停滞していた秋雨前線が、いきなり超大型台風へと発達するかのようです。

怒りっぽい男性は、気持ちの切り替えが上手ではありません。

まったく関係のない人にイライラをぶつけることがあるのは、ネガティブな気分をいつまでも引きずるためです。

ぶつけられた方にしてみれば「たまったもんじゃない!」と考えるのは当然です。

あなただけでなく、誰もが「こんなにめんどくさい奴はいない」と思うことでしょう。

彼女がワガママだったりケンカをけしかけるようなことを言うとき

彼氏が怒りっぽい原因を追求すると、その原因はたいていが人間関係によるものです。

相手の態度によって瞬時に「ポン!」とイライラが発動するので、怒りをおさえられなくなります。

特に一番親しい間柄の「彼女の影響」はとても強いです。

彼女にしてみれば、彼氏に頼りたい心理によって甘えたいこともあります。

そのようなとき彼氏に対するちょっとした欲求や要求は、「ワガママ」ととらえられてしまいます。

この時点でイライライが発動します。

彼氏にワガママと思われた彼女は、彼氏の表情から「怒り」を察します。

一度彼氏が怒ってしまうとそのあとは大体どんな展開になるかがわかるはず。

少なくとも言い争いは避けられません。

その日を境に2人の関係は、険悪ムード一色になってしまうでしょう。

他のことでイライラしてた時、些細なことで怒りに火が点いてしまう

すぐ怒る彼が他のことですでにイライライしている時、些細なことでも怒りに火が点いてしまいます。

誰もが呆れ返るほど何でもないようなことで怒り火が点き、突発的に怒鳴ったりするなどしてキレます。

しかしキレた時の怒りは、初めの怒りとは別物です。

このように異常なほど怒りっぽい時は注意が必要です。

例えばイライライしている時、何か問いかけをしただけで彼氏は怒りを爆発させます。

怒られる要素など何もないのに怒られたことで、あなたは憤慨するでしょう。

怒っている方といえば、心の中は怒りの感情で埋め尽くされ窒息しそうな気分です。

何を話しても何をしてもダメ、といったところでしょう。

こうなると、もはや彼氏をほおっておくしか手立てはありません。

大きい声じゃ言えないけど「彼女が原因」

「すぐ怒る原因は彼女」という男性が少なからずいることも、確かです。

この項目に「ギョッ!」となった人がたくさんいることでしょう。

怒りっぽい原因がまさかの「自分」とは、考えてもみなかったのでは?

「私の何が彼を怒らせるのか?」と頭をかかえるかもしれません。

とは言え、もしかすると思い当たるフシがある人もいるはずです。

「怒りまくるのは私と一緒のときだけ」だったらかなり悲しい気分になることでしょう。

「相性の問題?彼のためにウチらは別れた方がいいの?」

「うまくいってると感じていたのは自分だけなんて悲しすぎる」

こんな風に考え始めたら、夜も眠れなくなります。

実際のところ「彼女がいる前より今の方が怒りっぽくなっている」という男性は少なくありません。

怒りっぽくなる原因の一つが「彼女に振り回されている感」です。

男性なら誰でも彼女とは楽しく過ごしたいもの。

そういう時にかぎって「あれしろ、これしろ」とまるで母親のように接する彼女もいます。

将来の母親になる練習と思えばいいかもしれませんが、彼氏は子どもではありません。

一人前の大人ですから、お世話はほどほどにしましょう。

いくら彼女とはいえ、世話の焼き過ぎは良くありません。

彼女のことが嫌いなわけではないのですが、イライラしたり怒ったりするのは、正直「ウザいから」。

初めは仕方なく我慢するとして、いずれは怒りが爆発する原因になります。

このようなとき、彼氏が「そういうのやめて」と毅然と言える人だったら問題ないのですが、ハッキリ断れる男性はほとんどいません。

このような「彼氏へ踏み込み過ぎ」にもし心当たりがあるなら、すぐにでも改善すべきです。

この問題が改善されれば、少なくとも彼氏が怒る原因の一つが解決したということになります。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

すぐ怒る彼氏に疲れたら結婚後のことを想像してみて!別れるかどうか判断するポイント

「目安は怒鳴る」彼氏がたびたび感情的になるようなら要注意!

彼氏の怒りがおさまらず、たびたび怒鳴るような口調になったら要注意です。

これは感情をおさえきれないために、制御不能の状態になっています。

「怒鳴る」ことがもし習慣になっていたら、もっと劣悪な環境です。

もしこの状態が改善しないままこの先結婚でもしたら、大変なことになるでしょう。

少なくとも平和からは遠のいた日々を送ることになるはずです。

「怒っているのと怒鳴るのは別物」で、怒鳴るのは言葉の暴力です。

言葉によって相手をコントロールするのは、実際に腕力を使うのと同等に「やってはいけないこと」です。

彼氏も人間ですから怒るのは仕方がありません。

しかし「怒鳴るのはダメ」です。

もし怒鳴るようなら、今後別れることを視野に入れたほうが安全です。

彼氏が怒っていないときに、冷静かつ毅然とした態度で「怒鳴るのは精神衛生上良くないのでやめてください」と伝えます。

「言いづらいから」と伝えないでいると、いつまでも同じ状況から抜け出すことはできません。

ネチネチと愚痴や不満を言い続ける癖がある

愚痴や不満を言い続けるのが癖の彼氏は、心の中に大きな怒りを抱えています。

これは怒りを一挙に爆発させず、少しづつ出し続け昇華させているのです。

大体が同じ内容でネチネチと不平不満を言い続けますが、それを聞く側のストレスも相当なものです。

愚痴や不満を言い続ける人は、聞いてくれる人がいるからつい言ってしまう、という悪循環になっています。

彼氏が好きだから一緒に過ごすのに、絶え間ない愚痴や不平不満が続くのであれば、あなたの神経もすり減ってしまいます。

あなたの我慢が限界を感じた時、彼氏を好き嫌いに関係なく別れを選ぶことになるでしょう。

気分のいい時と悪い時の差が激しい

「結婚してもおそらく疲れるだろうなぁ」と思わず唸ってしまうのが、彼氏の「気分のいい時の悪い時の差が激しい」点です。

このような男性は、気分がいい時はやたらとよくしゃべるのが特徴です。

愛想を振りまくので機嫌がいいことがすぐにわかります。

しかし、急激に「落ちる」のが「機嫌が悪い時」です。

このような時、人を寄せ付けないほどのネガティブなオーラを出します。

ひと言もしゃべらず、一切のコミュニケーションを断ちます。

「いずれまた機嫌が良くなるだろう」と、あなたは楽観視しているかもしれません。

ところが将来的にもし「結婚」となると、また話は変わってきます。

例えばいつも微笑みを絶やさないような人でも、つらいことがあればどっぷりと悲しみに沈む時はあります。

誰にでも気分が上がったり、下がったりはあるものですが、怒りっぽい彼氏の場合、その上げ下げが激しすぎるのです。

上がっている時はいいのですが「そのうち下がるだろう」と予測できるようになると、あなたは心の底から「めんどくさい」と思うでしょう。

「自分が正しいのならキレてもいい」という誤った選択肢を持っている

怒りっぽい彼氏は「怒り」に対し、人と違った選択肢を持っています。

それは「自分が正しいのならキレてもいい」という誤った意識です。

この選択肢については、おそらく誰かからの刷り込みと思われます。

彼の身内や友人たちが「そうしている」のを見て、自分も「それで良し」としている可能性大です。

この間違いを正せる人はいません。

何せ「自分は正しい」と思っているためで、間違いを指摘されたらキレられるだけです。

周囲の人たちもそのような危ない橋を渡ろうとしません。

「これは間違っていた」と自分で認識し、改善するしか方法はないのです。

「彼氏を好きなまま別れて良かったとき」と「後悔したとき」は、下の記事をチェック!
 

 

すぐ怒る彼と穏便にお別れするための準備や伝え方

すぐ怒る彼と一緒にいてあなたの気分が著しく下がるなら別れた方がベスト

すぐに怒る癖がある彼氏と一緒にいて、あなたが苦痛を感じたり、著しく気分が下がるなら「別れた方がベスト」です。

人間関係をスムーズにするには、人の良いところを見て褒めることが大切とよく言われます。

しかしあまりにも理不尽なことで怒られたり、いつもあなたがビクビクしているようならこれは大問題です。

性格的に問題があると知ってて付き合うのは菩薩のような心が必要ですが、そんなことも言ってられません。

あなたの人生は、一分一秒も無駄にはできないのです。

自分を大切にしましょう。

別れる方法はいろいろあります。

まずは焦らずに適切な方法を選びましょう。

また付き合いを続けるのなら、それなりに改善すべき点もあります。

順を追って解説していきます。

自分から連絡をとらないようにする

「もう別れたい」と思ったら、自分からは連絡をとらないようにします。

今までいつもあなたから連絡をしていたのであれば、その習慣をやめるのです。

これには重要なポイントがあります。

例えば彼氏に頼まれた用事などに対しては、きちんと返信します。

また「返事してね」と言われたことを無視してはいけません。

既読スルーや未読スルーも避けます。

これは彼氏の怒りを発動させないための一つ手段です。

伝える内容も「アッサリ」と「簡単に」がベスト。

何か言いたいことがあっても長文にしないように。

元々、男性は長文が苦手です。

それだけで彼氏のイライライを増幅させてしまうかもしれません。

また即返も避けます。

今まで即返が習慣だったら、せめて翌日くらいに返信しましょう。

これは、お互いに少しづつ距離をおくための準備です。

一緒に過ごす時間を減らしつつ、別の予定でスケジュールを埋める

休日にはともに過ごすことが習慣だったら、少しづつそういう日を減らしていきます。

丸一日ずっと一緒だったら、数時間帰宅を早めます。

また「友達との約束がある」と告げ、早めにさよならします。

このようにスケジュールを別の予定で埋めていきます。

重要ポイントは「友人との約束は前もって彼氏に伝えておくこと」です。

いきなり「バイバイ」では、誰でもムッとします。

2人の記念日などもいつもあなたから提案していたのであれば、忘れたかのようにスルーします。

あなたが心優しい性格なら、このように突き放すような行動は心苦しいかもしれません。

しかしここが踏ん張りどころです。

すぐ怒る性格は、あなたにとって良くないばかりか、彼氏にとっても良くないからです。

一度決めたら、その後はなるべく行動をともにしないよう心がけてください。

彼とは「常に距離を置く」ことを頭に入れておく

会うスケジュールを減らしていくのと同時に、「彼とは距離をおく」ということを頭に入れておきます。

距離をおくようになると、彼氏の方も気持ちに余裕が出たり「怒ってばかりで悪かった」という思いが湧いてくるものです。

しかしここで元のように会うようになると、あっという間に状況は元に戻ります。

以前と変わらず彼氏が怒ってばかりいるので、今まで以上にウンザリするかもしれません。

いったん距離をおけば、彼氏に変化が出てきますが、この変化に甘んじては元の木阿弥です。

彼氏に変化が出てきてもあなたは変わらずに「常に距離をおく」ことを頭に入れておきましょう。

別れるために重要なことが「タイミングを見計らう」こと

もしあなたが「どうしても別れたい」というのなら、タイミングを見計らうことが重要です。

彼氏の様子をうかがい、精神的に落ち着いているのなら別れを告げてもOKです。

lineで伝えたいときは、夜よりも朝の方がいいでしょう。

夜はとても疲れているし、お酒が入っているかもしれません。

感情が爆発したら何をするかわからないので、ちょっと危険です。

こんなときは激情が起こりにくい、休日の早朝から午前中を狙うといいでしょう。

簡単な冷静な文面で、別れを告げます。

最後に感謝の言葉「今までありがとう」を忘れずに。

すぐ怒る彼だけど別れたくないなら身につけて!彼の怒りを落ち着かせるテクニック

怒りの背景には「悲しみ」と「不安」が潜んでいる

「すぐ怒る」という背景には、深い悲しみと不安が潜んでいます。

もしあなたが「すぐに怒るけど別れたくはない」と考えているなら、このようなことを含め、彼についてさらに理解を深める必要があります。

「彼の良いところも悪いところもすべて認め、受け入れる」

これが2人の絆を強くし、関係性を深める唯一の方法です。

ところがこれは簡単なようで、実はとても難しいのです。

他人の怒りを理解しようとしても、相手とまったく同じように理解できるものではありません。

無理に理解しようとすると彼と同じ着火点になってしまい、彼同様に怒りっぽい性格になってしまう可能性があります。

本当の理解とは、怒っている様子を見るのがどんなにイヤでも「あ〜また怒ってるな〜」と軽くスルーできることです。

スルーすると怒りのエネルギーは、力を無くします。

ところがひとたびあなたが抵抗したり、逆に怒り返したりすると彼の持つ怒りのエネルギーは力を倍増させます。

巨大なエネルギーと化した彼の怒りはしばらくおさまることはありませんし、この後どんな悲惨な状況になるかもわかりません。

このようなことを避けるためにも「うまくスルー」できるようにすることが大切です。

ただこのような時、彼の怒りに同調しないとさらに怒りがヒートアップすることもあります。

ヒートアップした心の内側は「何もわかってくれない」という悔しさと悲しみでいっぱいです。

実際のところ、彼の怒りを本気で理解してあげるのは100%不可能です。

なぜなら育ってきた環境や経緯、影響などにより、怒りの感じ方がまったく違うためです。

彼の方もそれがわからないかぎり、いつまでもあなたに理解不能な同意を求めてきます。

あなたが話をさえぎったり、話半分で聞いていると再び何度も同じような怒りを表し、あなたの足を引っ張るようなこともします。

あなたをあおるような言動をとったり、気持ちを逆なでするようなことを言ってきたりするでしょう。

このように心に怒りを抱えている人とのコミュニケーションは大変に難しく、困難を極めるものなのです。

彼と家族との関係性を確かめる

怒りっぽい彼ともし別れたくないのなら、彼と家族との関係がうまくいっているかどうかを確認する必要があります。

怒りを抱えている原因が「幼少期の親との接し方に問題があったから」と分かれば、あなたも多少彼を見る目が変わるはずです。

東京都にお住いのSさんの体験談をご紹介しましょう。

Sさん(25歳)/女性/会社員
彼とは職場で出会いました。

彼を一言で言うなら「一本気で真面目なイメージ」。

なんか器用そうに振舞っているけど、不器用さが逆に目立つというか。

彼にかなり気に入られ、押しの強さに負けて2年くらい前から付き合っています。

最近気になって仕方がないのが、会うたびに聞かされる同僚たちの悪口。

確かにその同僚たちも悪口を言われるようなことをしているんですが、そんなことでいつもイライラするのはどうなの?って疑問に思っていました。

本当に毎日誰かの悪口を言っては、イライラ怒るんです。

その矛先が私に向かってきたときは、さすがにあきれ果ててしまいました。

毎日の不平、不満、愚痴に耐えられなくなってたのもありますが、つい言い返しちゃったんですよね。

「いつもそうやって人のこと言ってるけど、言ってるだけじゃ何も解決しないよ!」って。

その一言でそれ以来、彼は「だんまり」を決め込みました。

一切口を聞いてくれないし、目も合わせない。

避けられてます。

「もうめんどくさい!」のひと言につきます。

ずっと気になっていたのが、彼の育ってきた環境です。

彼の子供時代のことは何度か聞いてたんですが、父親に大変な暴力を振るわれていたようです。

アル中の父親からの虐待は、小さい彼の弟までに及んでいたそうです。

虐待の詳しい内容を聞いたら、恐ろしくて耳を塞ぎたくなるほどでした。

昔はそれが「しつけ」だったんですよね。

度重なる虐待に逮捕されるわけでもなく、母親も黙認していたようです。

そこまでされたのに、別に父親を憎んでいるわけでもないんです。

でも彼が受けた心の傷を思うと、何とも複雑な気持ちになります。

このまま怒りっぽい彼と復縁する方がいいのか、面倒なことにならないうちに別れた方がいいのか悩んでいます。

怒りを爆発させる人はPTSDの影響も考えられる

Sさんの彼氏の場合、少なからずPTSD( 心的外傷後ストレス障害)の影響を受けているようです。

PTSDは様々な症状があります。

その中でもSさんの彼氏が該当する症状は、覚醒亢進症状群(かくせいこうしんしょうじょうぐん)とみられます。

これは、とても些細なことに強い反応を示したり過剰な防衛本能が働いてしまうのが特徴で、父親がアルコール依存症の場合、特にリスクが高くなります。

PTSDは認知行動療法によって治療が可能です。

しかし本人自ら「怒りっぽい原因を探りこの性格を治したい」というのでない限り、現状維持のままで改善はみられないでしょう。

怒ったとき、反論せずに話を聞いてあげるだけで気持ちを落ち着かせることができる

「ただ話を聞いてあげるだけ」で、怒っている彼の気持ちを落ち着かせることができます。

時々、相づちを打ちながら、ただ聞くことに専念してください。

このとき、あなたは怒っている内容を聞き流しても良いのです。

また怒っていることすべてに同意する必要はありません。

ただし彼の気持ちを落ち着かせるためには「反論はNG」です。

いくら「それは間違ってるよ」と思っても、それを言ってしまうと逆効果です。

反論せずに、時々相づちを打ちながら話を聞く。

この姿勢でいれば、彼の怒りがおさまってくるはずです。

怒りがおさまれば「あれ?俺なんで怒ってたんだっけ?」となり、あれほど怒っていた彼がまるで嘘のようになるでしょう。

沸点が低いのはあらゆる成長のプロセスとみる

彼の沸点が低いのは成長のプロセス。

怒りっぽい彼のことをこんな風に見ることができればうまくいくはずです。

「すぐ怒るけど彼とは別れたくない、でもどうしたらいいかわからない」

このように悩んでいたなら、別れずに済む方法もあります。

それは「今よりももっと広い心で彼を見る」ということ。

今まで怒りっぽい彼のことを「なんとかしよう」としていませんでしたか?

しかし、彼本人が変わる気がないのなら、怒りっぽい性格も変わることはありません。

性格や趣味嗜好は本人のみが責任を持てるものです。

もし怒りっぽい彼の性格を変えようと試みてうまくいかないのは、変えることができるのが本人だけだから。

彼を変えようとするパワーをすべて「あなた自身」へと注ぎましょう。

彼が怒っていたら、そっとそばを離れる。

彼が怒りそうだったら、気分が良くなるようなことをする。

たったこれだけで、十分に嫌な気分から逃れることができます。

消えていた笑顔も戻ってくるはずです。

怒りっぽい彼の性格を変えることは誰にもできませんが、あなたを変えることはできるのです。

怒りっぽい彼に対する具体的な方法は「怒ったらそっとしておく」

怒りっぽい彼とうまく付き合うには「怒ったらそっとしておく」につきます。

彼が怒っているとき、脳の中では嵐が吹き荒れています。

いろいろな思考がせめぎ合って、混沌としているのです。

ぐちゃぐちゃな思考の時、落ち着くことで解決する人がいれば、怒りを爆発させて解決しようとする人もいるのです。

怒りによって混乱した思考をパーッと吹き散らし、再び整理整頓している状態と思えば、そう悪いことではありません。

整理整頓しようとしているのに、あなたが「怒ってばかりいて!」と言ってしまったら、激怒するのは目に見えています。

このようなときは、そっとしておきましょう。

怒っている時が、もしかすると彼にとって一番つらいときかもしれません。

いくらつらくても、その状況から抜け出せるのは、彼本人だけです。

怒りっぽい彼のことで悩んだら「リフレーミング」で解決させる

リフレーミングとは、簡単に言うと「今までの見方をガラリと変える」ということです。

「こう見るのが当たり前」というスタンダードな視点は誰もが持つものです。

この視点の一つには「怒りはいけないもの」というものが含まれています。

しかしこのように当たり前で決まりきった視点が、さまざまななデメリットを生み出します。

デメリットの一つがバイアス(偏見)です。

バイアスがかかった視点は、他に可能性があってもそれが出現するチャンスを奪ってしまいます。

そのため優れた部分が視界に入らなくなり、マイナス面ばかりが目立つようになります。

「彼氏が怒りっぽい」という視点もバイアスがかかっています。

「怒りっぽい彼氏」をリフレーミングすると彼氏の優れた部分が現れてきます。

例えば「繊細なところが素晴らしい彼氏」や「誰よりも正直な性格の彼氏」というように。

また「物事を真剣に考えてくれる彼」ということにもなるでしょう。

リフレーミングを行うことで、何がどのように変わるのでしょうか?

それは「彼もあなたも変わる」のです。

しかもすべては良い方向性で変化します。

このように良き変化を期待するには、お互いのどちらかにマイナスポイントが出てきたら、すぐにリフレーミングすることが大切です。

まずはあなたが変わります。

そんなあなたに接しているうちに彼の怒りっぽい性格も、日々変化を見せるようになります。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「すぐ怒る彼氏に疲れたらまずは距離をおいて様子を見るのが大切!」

占い師 姫乃
カップルがうまくいかないときって、たいていお互いの距離感を見誤ってることが多いの。

彼がイラつく原因がそこにあるなら、彼がいつも怒ってばかりいる本当の原因はただ一つ。

それはあなたが彼に踏み込み過ぎているから。

一般的な男性は特に「こんなことでイライライするの?」と思うようなことでイライラするものなの。

今度もし怒られたら「アタシ、彼に踏み込み過ぎてないか?」って一瞬でいいから考えてみて。

もし彼に対する甘えから彼をコントロールしようとすることがあるなら、そりゃ彼だって怒るわ。

「問題が起きる時は、必ず双方に原因がある」

いつもこんな風に考えていれば、何があっても相手のせいにすることはなくなって、必ずうまくいくはずよ。

あなたがいつもキラキラしていられるように応援しています!

【期間限定・11月24日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【奇跡のスピリチュアル診断】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【奇跡のスピリチュアル診断】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事