現場監督の彼氏は忙しい?建築業の男性とうまく付き合うコツや結婚するときに考えたいこと
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

現場監督の男性を彼氏にしたら、忙しすぎて交際は大変なのでしょうか?

本記事では、建築業やゼネコンといった現場仕事の男性とうまく付き合うコツや、結婚する時に考えたいことについて解説しています。

現場監督の彼氏と付き合うメリットについても紹介しているので、ぜひ参考になさってください。

 

復縁メニューはこちら

現場監督の彼氏と付き合うとどんなメリットがある?

現場監督は体力勝負。力仕事全般を任せられるうえ快くやってくれる

現場監督の彼氏と付き合うと、メリットとしては「力仕事全般を任せられる」という点があります。

その上、頼めば快くやってくれるところも女性としては大変な安心材料です。

多くの男性は女性を守ってあげたい、もっと頼って欲しいと考えています。

特に好きな女性から頼られると、無上の喜びを感じます。

彼にとって自分の存在価値を確かめられるのは、唯一そういう時なのでしょう。

つまり頼られること=好きと言われてるのと同じ感覚なのです。

現場仕事は体力勝負です。

体を動かすのが好きなら、バッチリ自分に見合った仕事です。

あるいは、現場仕事のおかげで体力がついたと言っても過言ではないでしょう。

自慢の体力を好きな人のために使えるなら、と奉仕の精神が芽生えた彼は、彼女に仕えることができることに内心ホクホクなのです。

 

多忙を極める現場仕事。浮気しているヒマがないのがいい

現場監督の仕事は、何かと多忙を極めることで知られています。

そのため、浮気の心配はほとんどないと言っていいでしょう。

浮気するヒマなど絶対にないし、それどころか浮気について考える時間さえないのです。

たとえほんの少しでも浮気を考えたとしても、実際に行動に移す勇気など全くないのは本人が一番よく知っています。

なぜなら朝から晩まで容赦ない仕事の山が彼を襲ってきて、彼を絶対に浮気に走らせないし、それどころではないからです。

仮に浮気を決行したら、大事な仕事を失う可能性さえあるのです。

そうなってしまったら元も子もありません。

つまり多忙を極める彼にとって、浮気はリスクが高すぎるのです。

そのため現場監督の男性を彼にすれば、浮気する心配をしなくて済むのが最大のメリットというわけです。

反対に仕事がヒマな男性の多くは、あまりにもヒマすぎれば良からぬ思いを抱くもの。

そのため、いつでも浮気心を発動できる心構えをしているのです。

忙しい男性とヒマな男性の違いは、このように浮気心にも反映されるのです。

 

一般的に高収入かつ、安定した収入を得られる

一般的な現場監督は高収入かつ安定した収入を得られますが、経済面での安泰はメリットも大きいです。

二人の関係性にも問題が起きにくいでしょう。

忙しすぎてデートもままならないのはマイナスかもしれませんが、その代わりに安定した収入は保証されたようなものです。

毎月カツカツの極貧デートより、多少贅沢できるくらいの方がいいに決まってます。

潤沢にお金が使えるとあれば、多少会えないくらいは我慢できるというもの。

欲しいものを買ってもらえたりグルメな料理を遠慮なく食べられるのは、彼が高収入だからこそです。

あなたが満足していれば、彼はこの上ない幸せを感じています。

つまりあなたの幸せが彼の幸せであり、またあなたの笑顔に彼は心底癒されるのです。

「そのためなら超多忙は仕方がない」

彼は大汗をかいて飛び回りながら、いつもそんな風に思っています。

 

基本的に激務。彼女をかまっているヒマはないので束縛されることもない

現場監督の仕事は基本的に激務ということから、彼女をかまっているヒマはないと考えましょう。

でもそのかわりに彼に束縛されることはありません。

そもそも彼の執着は仕事に対してであって、彼女への執着はゼロと言ってもいいくらいです。

彼女を束縛したいなどと考える余裕すらないので、これは彼女にしてみれば自由を得た魚のようなものです。

彼のことを気にせずに好きなことができれば、自分磨きにもつながります。

彼の方は「自分がかまってあげなくても、彼女は大丈夫」と安心していられるので、とことん仕事に専念できるところもメリットです。

彼女は彼女で自分の好きなことができるし、自分磨きにも専念できるので、ますます輝きを増すことでしょう。

彼と共に過ごせる時間があまりないのは少々不満に感じるかもしれませんが、それも考え方次第です。

会えない時間が多いほど、二人は適度な距離感を保てます。

なのでいつでも新鮮な気持ちで接することができるのです。

いつまでも仲がいいカップルは、適度な距離感を保っているのが相場です。

お互い束縛せずそれぞれに自分の時間を大切にするからこそ、良い関係性を築けるのです。

 

女性は苦手なメカニック関連も、現場監督には得意な人が多い

女性たちの多くは、メカニックなことが大の苦手です。

しかし現場監督の仕事に従事する男性は、逆に得意とする人の方が多いです。

苦手なことをやすやすとやってのける彼の様子をかいま見ながら、一段と信頼感が増すのは当然かもしれません

彼は彼で自分を頼ってくれることに喜びを感じていますが、これこそが本来理想とするべきパートナーシップの形です。

メカニックを得意とするだけでなく機械いじりが大好きなので、たとえば家電の故障から家庭用品の不具合まで何でもござれです。

ちゃっちゃっと修理するその姿に、感動すら覚えることでしょう。

完全復活を遂げた修理品を手に、改めて彼の存在価値が高まります。

でも彼にとってこれは、ほんの序の口。

彼は褒められれば褒められるほど高揚感を覚えるので、もはや鼻高々でしょう。

もっと役に立ちたいと考え専門家のようにあれこれチェックし始めるので、しばらくは注目の的です。

周辺のメカニック関連は完全に彼の手中に収まった形になりますが、このように自分にはないスキルを信頼した相手に完全に委ねられることほどうまくいく関係はないのです。

さてこちらの記事では、仕事が忙しい男性の恋愛心理について解説しています。

ぜひ参考になさってみてください。

 

現場監督の彼氏ってかっこいいけどこんなことで苦労する

連絡を取ろうと思っても、すぐに連絡がつかないのが日常的

連絡を取ろうと思っても、すぐに連絡がつかないのが現場監督に従事する人です。

しかもそれが日常的なので、何かと苦労するのは目に見えます。

緊急で連絡したい時でもそう簡単にはつかまらないため、しばしば頭を抱えるシチュエーションも出てきます。

かと言って、彼に無理強いすることは絶対にできません。

なぜならそれが現場仕事だからです。

一度現場に出向いてしまったら、連絡はつかないのが関の山と考えるしかないのです。

しかしそれがわかっていても、どうしようもなく困ってしまうのが「いざというとき」です。

たとえばなんとかして今すぐ連絡しなければならない時でも、彼が現場に出てしまっていればアウトです。

連絡を取るのはほぼほぼ不可能だし、どう頑張ってもなすすべなしです。

大した用事がなくても連絡を取りたい時はあるものです。

二言三言会話を交わせばそれで満足することもあるのですが、話したい時に話せないと頑固に話したくなるものなのです。

でもそれが叶わないとつまらないと思うだけでなく、自分の気持ちに向き合えずただめんどくさくなったり心から打ちひしがれるのです。

 

仕事が忙しすぎるので、ごく普通のカップルのように定期的に会えない

一般的に現場監督の仕事は、大変な忙しさで知られています。

そのためごく普通のカップルと同じように、定期的に会うことができません。

会いたい時に会えないので、彼女としては不満がつのる一方でしょう。

普段から彼の姿を目にしていれば何も問題ないのですが、現場へ直行する身です。

よほど彼のフォローが巧みでない限り、自然消滅は避けられないのです。

一方で別れずに頑張ったところで、なかなか会えない状態のままではさすがにつらいだけです。

これではとても付き合っているとは言えません。

ここをどう乗り越えるかが、現場監督を彼にした女性のミッションです。

会う時間が取れないことがまず初めのハードルですが、孤独に耐えられなければ別れを選ぶかもしれません。

しかしもし孤独に耐え抜いたとしても、次なるハードルも結局は会えないつらさなのです。

定期的に会うことが恋愛関係の理想の条件なら、現場監督の男性との付き合いは、このように「会えない」という高いハードルが待ち受けているのです。

 

仕事での付き合いが多く、デートはいつも後回し

現場監督の男性を彼にした場合、仕事の付き合いが多いのでデートはいつも後回しになるのが悩みの種となるでしょう。

仕事の都合で会えないことが続けば「私と仕事どっちが大事なの?」と言いたくなるのは山々だし、会えない日が続けば付き合ったことすら後悔します。

時には「これじゃ恋愛関係とは言えない!」と、叫びたくなることもあるかもしれません。

本来、理想とする恋愛関係は、もっとラブラブで毎日でも逢いたいと感じるくらい熱々の状態です。

そして彼の体温を感じるほどいつも一緒にいて心から癒されたいと思うのですが、実際の彼は彼女にそっぽを向いているとしか思えません。

それどころか自分よりも仕事を愛してるとしか思えない実はこれが現実なのです。

しかし当の本人に言わせれば、仕事と彼女を両天秤になんてかけられないし「仕事は仕事、彼女は彼女」なのです。

また仕事とデートの区分けをなんとか頑張っているつもりなのですが、彼女としてはもっと自分に気持ちを向けて欲しいしもっともっと会いたいののが本音なのです。

こんな風に仕事上の付き合いが多いことが原因で、ついついデートは後回しになりがちなのが現場監督なのです。

 

現場仕事にケガはつきもの。もしものことを考えると不安でたまらない

現場仕事にケガはつきものです。

もしものことがあったらと考えるだけで不安でしょう。

激務なことから、健康面での心配も絶えないかもしれません。

かと言って彼女の立場だけでは、どうにもできないのが現実です。

仕事上のことですから、本人に委ねるしかありません。

もし何かあったら、その時はその時です。

たとえば彼がケガをしたり病気になったら、何も考えずに一生懸命看護するしかありません。

問題なのはケガや病気になっていないのに、いつも彼の安否を不安に思うことです。

心配性の人なら、現場仕事なんてやめて欲しいと思うほどでしょう。

しかし現場監督は彼が選んだ仕事ですから、いくら彼女でもそこまで口をはさめるものではないのです。

このように現場監督の彼女でいるからには、それ相応の心配や不安を抱えることになると思っていてください。

 

激務の報酬は手厚いものの、意外に離職率は高め

現場監督としての報酬は大変に手厚いものです。

一般職の2倍は固いでしょう。

激務を補填する意味の手当てなども含まれるので、その結果、高収入になるのです。

つまり楽をして儲けているというわけではなく、それなりに大変な仕事というわけです。

とは言え、他の職業に比べ離職率は高めです。

やはり体力勝負的な面がその人に合わなければ、辞職を選ぶのでしょう。

「何がなんでも稼ぎたい」という男性を除き、高収入と体調をはかりにかけたら、誰でもからだを大切にしたいと考えるものです。

どんな仕事であっても相性は大事だし、順調にこなすためには何よりも体が資本なのです。

そこで無理をしてしまえば一生を棒に振ることもあります。

なので多少の無理でも、それを承知でやる仕事が現場監督と言えそうです。

高給な理由はそこにあるのです。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

現場監督の彼氏とうまく付き合うコツを伝授!

仕事を優先する彼に不満を漏らさず、できる範囲で理解を示す

仕事を優先する彼に不満を漏らすのは、もってのほかです。

できる範囲で理解を示すようにするのが、うまく付き合うコツです。

彼を理解できないのは、あなたにはない部分だからです。

なので初めから彼を理解するのは難しいかもしれませんが、できる範囲でも十分です。

嫌だなと思う気持ちにフタをせず、不満があったら我慢する必要もありません。

負の感情を溜め込んでしまうと、いずれショートしてしまいます。

そうなるとせっかく仲良くなれたのに、別れることにもなりかねません。

言い方さえ気をつければ、不満を漏らしても大丈夫と考えてください。

「こうしてくれると嬉しいのにな」

「もっと会えたらもっと嬉しい」

こんな風にポジティブな言い方に徹しましょう。

逆に怒ったり泣いたりしながら「寂しい」「つらい」と伝えても、彼はいっこうにその気持ちを理解してくれようとはしないでしょう。

 

彼の頑張りを褒めたりモチベーションをアップさせ、やる気をうながす

彼とうまく付き合っていくためには、日常的に彼の頑張りを褒めてあげることが大切です。

褒めればやる気が出ます。

男性にとってモチベーションがアップするような一言は、心から励みになるのです。

「褒めると癖になる」と褒めることに後ろ向きの人もいますが、それは間違いです。

確かにモチベーションが上がりすぎて見苦しいほどはしゃぐ男性もいますが、それは女性に比べ子供っぽい要素が多いからです。

なので「男性とはそういうものだ」と踏まえておきましょう。

褒められることに慣れても、褒められることが嫌な人はいません。

 

自分から一方的に連絡するのはNG。連絡は彼の負担にならないよう配慮する

自分の方から一方的に連絡するのは、なるべく控えてください。

もし連絡するようでも、彼の負担にならないように配慮が必要です。

元々、現場監督という仕事柄、連絡がつきにくい人です。

よほどのことがない限り、連絡は控えるべきでしょう。

彼と話したい、どうしてるか知りたいと思っても、仕事に忙しい彼も同じように思っているとは限りません。

それどころか相手が彼女とは言え、忙しいのに連絡が来たところで気持ちを切り替えるのは大変な手間なのです。

また仕事に差し支える可能性も出てきます。

多忙を極めるということは、集中しなければはかどらないということですから。

集中力を妨げてくる彼女に対していつもイライラするようなら、彼は連絡をとことんスルーするようになるでしょう。

 

会食や飲み会が多いのは職業柄仕方がない。かまってもらえなくても彼を責めないこと

会食は飲み会が多いのは、職業柄仕方がないと考えましょう。

とは言え、多忙な彼を追うかのように、かまってほしくてたまらないかもしれません。

でも追うのはNGです。

またかまってほしいからと彼を責めるのは、もっとアウトです。

彼は彼女のためだけに存在するのではありません。

仕事のためにも、必要な存在なのです。

要はバランスが大事なのですが、だからと言ってかまってもらえないと思うのは完全なる勘違いでしょう。

かまって欲しいと思ったら、彼にそのエネルギーを向けないようにします。

エネルギーを向けるべきは、自分にです。

彼が忙しそうなら、極力、彼を頼らないこと。

そして自分の機嫌は、自分でとるようにしてください。

彼の方も忙しいことを心苦しく思っています。

なので、せめて彼を責めることだけはやめておきましょう。

 

会えたときには、バランスのいい食事を摂れるよう工夫してあげよう

やっと彼に会えたとき、バランスのいい食事を摂れるよう工夫してあげてください。

それが優しさです。

きっといつも彼は、栄養バランスなど考えもしない食事を摂っているはず。

多忙な身なので仕方がないのですが、彼女として着目すべきはそこでしょう。

彼女ならではの優しさを見せられるのは、こういうシーンです。

しっかりと彼のハートをつかみたいなら、まずは彼の胃をガッチリつかむこと。

美味しいごはんで彼を満足させることができたら、彼はもうすっかりあなたのトリコです。

ただし気をつけなければいけないことが一つありますが、それが食事中に「次何食べたい?」と彼に聞くことです。

または食事が終わって満腹な彼に、次の食事に食べたいものを聞くのもやめておきましょう。

メニューを考えるのが大変なのはわかりますが、相手に対する配慮が必要な場合もあります。

お腹がいっぱいなのに次のごはんのことを質問されたところで、相手は「う~ん」と考え込むだけです。

そればかりか「なんでもいいよ!」と言われがちです。

料理する方としては「なんでもいい」は一番聞きたくないセリフだし、そこからケンカが始まることも少なくありません。

このように食事に関してはお互いに感情的になりやすいことも多いので、注意が必要です。

 

現場監督の彼氏にしてはいけないこと

会いたい気持ちを抑えられず、ダメとわかっていながらしつこく連絡してしまう

現場監督の彼にしてはいけないことは、会いたい気持ちを抑えようとしないこと。

なんとか会いたいという気持ちがあっても相手が本当に忙しいなら、自分の気持ちを抑えることが必要です

そうでなければ、二人の関係は長続きしません。

ダメとわかっていながら会いたい衝動に逆らえず、彼に連絡しようと考えるのはちょっと考えものです。

連絡しても彼とは連絡がつかないことが多いです。

着信を見た彼が連絡してくれるかもしれません。

しかし連絡がつかない相手に執着があると、なぜだかしつこく着信を入れてしまうものなのです。

数え切れないほどの着信履歴に、彼は恐れおののくことでしょう。

次第に距離を置かれるようになるかもしれません。

また完全に連絡が取れなくなることも多く、もはや自然消滅は避けられません。

すべては「連絡を取りたい」という衝動を抑えられなかった結果です。

 

休日の予定が立たないことにイライラしたり、腹を立てれば彼は離れていく

せっかくのお休みなのに、ギリギリまで彼との予定が立たなければ腹も立つでしょう。

また休日はいつも彼次第で予定が決まるようなら、イライラは最高潮なはず。

「今度の休日は彼は仕事。私だけで過ごす」とあらかじめ決まっているなら、まだ楽です。

しかし彼の都合でスケジュールが変わるのが当たり前だったりなど、どっちつかずな状態が一番困るのです。

非常にささいなストレスですが、彼には予定が決まるまで待たされる方の身にもなって欲しいところです。

ところがそれを指摘することが何度か続けば、おそらく彼はウンザリし、そのうち少しずつ離れていきます。

彼が言いたいのは「仕事だから仕方がない」です。

仕事だから納得してもらうしかないそう言いたくてたまらないのです。

ところが職場によっては、休暇取得に融通が効くところもあります。

ということは、彼がいいように使われている可能性もあるのです。

要領のいい人なら、そんな風に使われることもないでしょう。

一方で要領の悪い人は何かと周囲から言われるままに動きますが、それがいいことか悪いことかまではほとんど気付きません。

そこへ来て彼女からも非難ごうごうでは、完全にやる気をなくしてしまいます。

 

仕事の飲み会に行くと言ってくる彼に、否定的な態度を見せる

「仕事だから」と飲み会に行く彼に、否定的な態度を取るのは良くないです。

「やっぱり私よりも仕事なんだ」と、ネガティブに考えるからうまくいかないのです。

日常的に何かとマイナスな見方をするのが習慣になっているなら、自分を変えるのはかなり難しいです。

なぜなら思考とは火花のように一瞬の反応だから。

つまりそう思いたくなくても、判断する前に反応が起きてしまうのです。

少しでもそんな状況を変えたいと思うなら、変えるべきは彼ではなく自分です。

彼を変えようと思っても絶対に変えられないし、それどころかせっかくそれまでうまくいっていたのに最終的に仲違いから別れることになるのは間違いありません。

否定的な態度を取ってしまうのは、実は自分に対して否定な見方があるからです。

彼とあなたは一対の鏡です。

つまり彼の気になる点は、実はあなたの中にもあるのです。

それに気づくことができればもう今後一切、彼を否定的に見れなくなります。

 

仕事上の付き合いのゴルフでも、休日を完全にそちらに取られることを嫌がる

「仕事上の付き合いだから」とゴルフに行く彼に、嫌がる態度を見せていませんか?

あなたにはあなたの言い分があるのはわかります。

なぜなら休日を一緒に過ごすことが、二人をより密接な関係にしてくれると信じているからです。

ところが彼も同じように考えているとは限りません。

もしかすると彼にとっては、ゴルフに行くことが一番のリフレッシュかもしれないのです。

そうあって欲しくないのはわかります。

しかし現実を見据えるべきでしょう。

そもそも男性と女性とでは、考え方に大きな相違があります。

休日を共に過ごすことがベストと考える人もいれば、別々に過ごすことが何より大事と考える人もいるのです。

接待とは言え彼がゴルフに行くのは、格別なリフレッシュができるからでしょう。

そうでなければ「体調が」とか「外せない用事があって」と、断れるはずです。

でも残念ながら彼はゴルフ接待を断らないし、意気揚々と出かけていくのを目の当たりにするのです。

その姿こそが、彼の答えなのです。

 

彼が疲れていると知っていて、無理矢理デートに誘う

彼が疲れていると知っていながら、無理やりデートに誘ってはいけません。

本当に彼を愛しているなら、彼を休ませてあげてください。

「彼が好き」と言うなら、それはあなた自身の感情であって、実はエゴに過ぎません。

一方で「彼を愛している」なら、それこそが本物の愛です。

愛は彼を求めません。

彼が求めたら応じるのが愛です。

愛してくれるから愛する、そんな条件など全く見当たらないのが真の愛です。

それが無条件の愛と呼ばれるものです。

無条件の愛は、好きか嫌いかというレベルではありません。

男女の性差なく、相手を人として崇めたてそして尊敬する。

それこそが本当の愛なのです。

彼を本気で愛しているなら、無理やりデートに誘うことは関係性の命取りとなるのを知っています。

 

現場監督の彼氏と結婚を考えたときに覚悟したいこと

家事はしてくれないではなく、仕事に専念するためには「できない」と考える

もし共働きで二人一緒に暮らしているなら、家事労働は避けられない問題です。

しかし彼が現場監督をしている身なら、家事をしたくないわけではなく「できない」のです。

激務に次ぐ激務、そのうえ休みもままならないそんな状況なら、家事などとてもする余裕はないのです。

それほどまでに時間に余裕がない彼は、家事に向き合わされた時に思わず泣きたいほどです。

彼としてはお金をかけてでも外注に頼みたいほどなのですが、そのほうが心の平安を保てるからです。

無駄に彼女といさかいを起こすこともないし、気持ちにも余裕が持てるというものですが、それも彼女の意向と寄り添うことができて初めて叶うことです。

ところが多くの女性たちの倹約家っぷりは、あなたも否定できないはずです。

無駄にお金を使うくらいなら自分でやる!と財布の紐を固く固く結びますが、共に暮らすようになった時に意見が合わない多くの原因はこのような経済的な面なのです。

どちらかが折れれば済む話なのですが、そこはどうしても譲れない部分もあるのでしょう。

特に家事に関しては、こだわりを捨て切れない女性が多いのが現実です。

知らない誰かに家事を任せたくない。

そんな思いから結局は彼女自身が家事労働に就くことになるのですが、こうなると労働負担に差が出るのは歴然でしょう。

彼に頼れないのは明白なのですが、お互いに譲れない部分が二人の間の亀裂をさらに深めてしまうのです。

 

しい彼なので、育児に協力してもらえないことをあらかじめ想定しておく

結婚したあかつきには、子どもにも恵まれることでしょう。

しかしあいも変わらず彼が現場監督で忙しいなら、育児に協力してもらえないかもしれません。

それどころか完全にノータッチという可能性もあります。

状況にもよりますがそのことをあらかじめ想定しておけば、彼に余分な期待を抱くこともありません。

育児に対する労働負担は並大抵ではなく、一般的な家事に加え育児が加わればとても一人ではこなせないような膨大なエネルギーを必要とします。

子どもの数も1人ならまだ手が回るとしても、2人、3人ともなればもはやお手上げでしょう。

さらに双子や年子が加われば、完璧な育児からは程遠い状況になるのは確実です。

そんな状況下でも夫を頼れないのは、かなりつらいところです。

しかし妻として「激務の夫」と理解しているからこそ、家族関係が成り立っているのです。

このあたりが、カップルと既婚との違いです。

妻としては、忙しい夫を頼りにしようとする考えすら浮かばないでしょう。

それよりも子どもをケガや病気から守り、無事に育て上げることが何より重要と考えているのです。

 

全国展開の大企業勤めの場合、地方転勤は避けられないかも

彼が全国に点在するような大企業勤めの場合、地方転勤は避けられないものと考えてください。

つまり転勤はあってしかるべきなのです。

全国展開の中心は、やはり東京です。

東京で上に立つほど業績をあげた人なら、地方への転勤は当然かもしれません。

また上役から「この人が適任」というゴーサインが出れば、転勤せざるを得ないのです。

それとは反対に何かの問題によって地方に左遷させられる場合もありますが、どちらにしても東京住みなら何とか転勤は避けたいもの。

しかし白羽の矢が立ってしまえば無視するわけにもいかず、どうしても動かざるを得ません。

このように彼がゼネコンなど大企業の歯車的役割を担っているなら、勤続年数に関係なく転勤はついて回るのです。

 

朝早く夜遅いので睡眠時間が取れないので、体調管理をしっかりする必要がある

朝早く夜遅いのが、現場仕事の特徴です。

また付き合いで飲むシチュエーションも多いので、必然的に帰宅時間が深夜に食い込むことも出てきます。

当然ながら睡眠時間も満足に取れません。

そうなると疲れをリセットできないので、体調面で問題が起きやすくなってしまうのです。

彼女としては任されはしませんが、彼の体調管理をかって出る必要が出てきます。

できることはそれほど多くないでしょう。

さすがに相手は大人ですから。

それでも最低限、身の回りの世話はできるはず。

洗濯、掃除など日常的な家事くらいなら、すぐにできるのではないでしょうか。

たとえ彼に頼まれなくても微笑みながら快くやってあげられるのなら、彼は間違いなく喜びます。

そのほか、栄養面でも管理が必要かもしれません。

1日のうち一食はバランスの良いメニューを取り入れましょう。

彼と一緒に食べるならあなたにとっても健康増進につながるので、双方にメリットがあります。

睡眠時間については管理が難しいところですが、彼の要望を聞いてできるだけのことはやってあげてください。

でも無理なことは、はっきり「ごめんね、それはできないわ」と伝えましょう。

無理なのに、我慢して受け入れるのはよくないです。

 

連休が取れない場合も多いので、一緒の旅行は無理と見ておく

休日は不定休という場合も多いのが、現場監督の仕事です。

特別なことでもない限り、連休は取れないことを覚えておいてください。

まして一緒に長期の旅行に出ることは「かなり無理かも」と見ておきましょう。

とは言え、絶対に無理というわけではなさそうです。

たとえば新婚旅行です。

さすがに新婚ホヤホヤの夫婦に、旅行はダメとは言えないでしょう。

もしダメな場合は、彼が旅行に乗り気ではないからです。

本当に行く気があるなら何がなんでも決行するはずですし、本当に無理と言うなら相当なブラック企業なのかもしれません。

それでも不満の一つも漏らさずに仕事に満足しているようなら、旅行はあきらめた方が良さそうです。

この世には、忙しい方が性に合ってるという人もいます。

はためには多忙なのがつらそうでも、彼の頑張りが明らかにプラスに働いているようなら、彼に対する助言も意見も必要ありません。

彼が望んだ時にだけ、アドバイスするように努めましょう。

それ以外は、穏やかな心で彼を見守ることが大切です。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「現場監督の彼氏は忙しいけど誰よりもあなたを大切にしてくれるはず!」

 

占い師 姫乃

仕事が忙しくてボヤき気味の彼が、もし現場監督なら忙しくならない日は来ないと断言するわ。

忙しいからこそ安定した収入が得られるのだけど、これが思考の転換なの。

物事は常に表と裏の二面性があって、忙しい忙しいと言っている時ほど、裏の彼を知る必要があるわ。

実は彼の表の顔は「忙しい」かもしれないけど、忙しいは建前だったりする。

大して忙しくもないのに、むちゃくちゃ忙しそうにする人も中にはいるし。

でも彼が現場監督なら、本当に忙しいのはおそらく間違いない。

浮気の心配もないけど、今後どうやって彼と会う日を決めるかが最大の課題です!

でもなんだかんだ、ハードルがある方が関係性としてはうまくいくことが多いから、それを信じて。

うまく付き合えるよう、何度もこの記事を読み返してみてね。

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事