dv男の見抜き方完全版!顔の特徴やdv気質のチェック方法、好きになった時の対処法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

あなたの彼氏はdv男か、もしくはその可能性がありますか?

あるいは「もしかしたらこの人そのうちdvするようになっちゃうかも」と危惧していたら要注意!

そのまま放っておいても何も良いことはありません。

初めは些細な言葉の暴力でも、どんどん助長し人を傷つける行為に及ぶなら大問題です。

あなたが彼氏のことを好きなら、なおさらdvを許してはいけません。

今すぐにこの記事をすべて読み、dvへの対処法を学びましょう。

今回はdvに関するつらい悩みがすぐに解決するよう、特に内容を厳選してお届けします。

ではさっそく見ていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

男性がdvをするようになる原因

子どもの頃から親にdvされて育ったから

男性がdvをするようになる原因の一つとして「親からのdvを受けた経験がある」ということが挙げられます。

親からのdvは、子どもの心を傷つけます。

しかし子どもは「そのdvが間違っている」ということに気づきません。

なぜなら子どもが生きていくために、絶対に親が必要だからです。

生命を維持するための食事や、住まい、些細な楽しみのおやつなど、そのすべては親にかかっています。

つまり子どもにとって、親の機嫌が悪くなることは一番避けたいこと。

そのため最高潮に親の機嫌が悪くなってdvが起きた時、子どもはひたすら耐え忍びます。

泣いたり叫んだりするのが精一杯です。

これと同時に「叱られたのは自分が悪いから」と思わされます。

この「自己否定感」は、大人になっても引きずります。

感情のコントロールができないから

男性がdvをするようになるのは、もともと感情のコントロールができないか、苦手なためです。

感情のコントロールができないと「怒り」を抑えることができません。

怒りを抑えられないと即dvにつながる可能性が高くなります。

そもそもdv男性は、怒りを抑えようとする気などまったくありません。

そのため怒りのスイッチが入ると同時になゾーンに突入します。

危険なゾーンとは、もはや誰にも止めることができない制御不能な状態です。

仮に誰かが止めようとしても逆に怒りを買ってしまいます。

また少しでも反逆しようとしたり相手を煽ったりすれば、さらに激昂させてしまいます。

激昂している感情は、大変に恐ろしいものです。

それは火がついたその感情がさらに勢いを増した時、人を簡単に殺せてしまうほど膨大なエネルギー量となるためです。

原因は何であれ怒らせたらどうなるかわからない存在なのが、そのように感情のコントロールができない人です。

人の痛みが理解できないから

dv男は人の痛みが理解できません。

自分も多かれ少なかれdvを受けた経験があるにも関わらず、dvの時はそれをすっかり忘れてしまいます。

忘れるということは、つまり自分のトラウマに蓋をしているということでもあります。

また感情の制御ができないと怒りに任せた行動を取るため、人の痛みなど考えている暇もないのです。

人の痛みがわかる人がもし暴力を使わなければならないとしたら、自分の身にに危機が迫っている時のみでしょう。

しかしdv男が「自分の身を守るためだけに暴力を使う」という観念は、ゼロに等しいものです。

つまり一般的な人が持ち合わせている「力を持って制する目的に大きなギャップがある」のです。

怒りの沸点が低すぎるから

dv男は怒りの沸点が低すぎるのが特徴です。

これについてはある程度dv男も「自分が怒る沸点を感知している」とみられます。

それは怒りを感じた時「ほら!俺の思ってた通りに俺を怒らせた」と、沸点に到達したことを意識できるためです。

dv男は、沸点が低いのは良くないことだとは思っていません。

また自分の沸点が低いことにさえ気づいていません。

これは「自分だけが正しい」と強く思っているためで、dv男にとっては周囲がすべて間違っているのです。

例外がいるとしたら、dv男に対してなんでも言うことをきく「イエスマンな人間」だけです。

イエスマンは自分がdvを受けたくないからと、薄っぺらな関係を望みます。

何でも従い、何でも肯定します。

しかしそんなイエスマンでも心の中までは従ってはいません。

イエスマンとdv男は、心から信頼しあえる間柄ではないのです。

このようなことも、dv男が周囲に対する不信感をさらにつのらせる原因です。

家庭環境に問題があり常に怒りを抱えているから

dv男は家庭環境に問題があった可能性があります。

過保護や過干渉はもちろん、極端な放任も「ネグレクト」という虐待に限りなく近いものです。

そのような家庭環境に育った場合、健常な成長を阻むことがあります。

過保護や過干渉とは、何かにつけ親が口出しする、親によってすべてをコントロールされるなどです。

自分の意思決定を阻害された子供はやる気を失います。

子どもが成長するにつれ大人も変わらなければいけないところですが、そのような親は相変わらず自分の態度を改めようとはしません。

やる気を失った子どもは、いつしか心に激しい怒りを抱えるようになります。

またネグレクトの環境で育った多くの子どもも、心にやるせない憤りを感じているものです。

発散されることのない怒りはいつしか爆発へと変化します。

これが特定の人に対する暴力「dv」に発展してしまうのは、怒りを爆発させることに違和感を感じないためです。

プライドの高さが特別際立っているから

プライドの高さが他の誰よりも特別際立っている男性もdv男になってしまいがちです。

その傾向は態度に表れます。

ほとんどのdv男性は見栄っ張りで「俺ってすごいでしょオーラ」を出しています。

いわゆる承認欲求が高いタイプがこの男性です。

女性にとってそれほど興味のない仕事のことを喋り続け、女性を飽き飽きとさせます。

このようなdv男性は話を聞いてあげるだけで満足するものなのですが、女性がおしゃべり好きの場合、要注意。

よほど大人対応ができる女性でない限り、多くの女性はおしゃべりが好きです。

相手の話を聞くよりしゃべりたいのです。

ここでdv男は、急降下で機嫌が悪くなってしまいます。

つまらないことで言い争いになるのは、このようにdv男の機嫌が悪くなったことがきっかけです。

プライドが高いのも手伝って自分の話を聞いてくれないフラストレーションを一気に爆発させるでしょう。

言い争いになったが最後、dv男性が手を上げるのに時間はかからないはずです。

相手が自分より弱いとわかった時点でマウントをとるから

dv男は相手が自分より弱いとわかるとすぐにマウントをとります。

マウントを取るためなら暴力も辞さないというわけです。

つまりdv男にとって相手が弱いのを見抜くことも、一つのミッションなのです。

自分の言う通りに動いてくれてるなら優しいけれど、もし思い通りにならなかった時に爆弾投下の準備を始めます。

爆弾は「言葉」から始まります。

暴力的な言葉は耳を塞がんばかりでしょう。

そのように脅すような言葉の暴力にひるんだ態度を見せたが最後、次に手を上げる準備を始めます。

言葉の暴力と、殴る蹴るの暴力は一対になっています。

この時、dv男は臨戦態勢に入った状態です。

このようにdv男が相手の弱さにつけ込んでどんどん暴力的になるのは、臨戦態勢に入ってしまうとすぐに元に戻れないためです。

身近な人のエネルギーを吸い取りながら生きるエナジーバンパイアだから

dv男になってしまう原因の一つに、エナジーバンパイアの可能性が高いことが挙げられます。

エナジーバンパイアとは「人のエネルギーを吸い取る人」のことです。

大きな特徴は「感情のブレ幅が大きい」こと。

その大きな揺れ幅で、身近な存在である彼女を揺さぶります。

精神状態が安定していないので、常に彼女におぶさっているか依存し続けます。

ある時は極上に優しくしていたかと思うと、急激に態度を変えます。

些細なことで難癖を付け、相手をこらしめます。

人の足を引っ張るような行動には驚くばかりでしょう。

dvが起きやすいのはこの時です。

エナジーバンパイアは相手が自分にゾッコンなのを知っていて、あえてこのように「試す」ことをします。

相手が困れば困るほど、自分に気があると勘違いするのです。

エナジーバンパイア的な男性と付き合うと、おそらく一生悩みがつきることはないでしょう。

うまくいかないのは他人のせいと信じているから

dv男になってしまう原因の多くは「うまくいかないのは他人のせい」と信じているためです。

世の中の不条理は周囲のせいで、自分は何も悪くない、と思いこんでいます。

「自分にも非がある」と思える人なら決してdvには至らないはずです。

しかしdvに発展してしまうのは「自分は正しいのに!」と言う意見を聞き入れてもらえないためです。

ひどい時には「俺が暴力を振るうのは何度言ってもお前が変わらないから」と怒鳴ることもあります。

「暴力を振るうのは女性側に原因があるからで俺は悪くない」というのはなんとも恐ろしい発想です。

この発想は「戦争」にもつながるものです。

悲しいいさかいにつながるdvは、何が何でも避けなければいけません。

無意識にイライラしてしまうから

dv男になってしまう人は、いつも無意識にイライラしている人が多いもの。

常にイライラしているので取りつく島を与えません。

またどこに怒りの地雷があるかわからないので、人を寄せ付けません。

しかしそのような男性が彼氏なら、いくらイライラしていても近づかないわけにもいきません。

でももし相手の顔色を伺うような態度をしたり「イライラするのもうやめたら?」などと言ってしまったら、余計にイライラを爆発させることになりかねません。

こうなるとあっという間にdvへの発展してしまいます。

dvに発展させないようにするためには、相手のイライラがおさまるまで待つしかないでしょう。

心の奥底に潜んだ悲しみを怒りでしか表現できないから

dv男の心の奥底には、深い悲しみが潜んでいる場合があります。

しかし多くのdv男は、悲しみを怒りでしか表現できません。

心理的に、怒りと悲しみは表裏一体です。

怒りの陰には必ず悲しみが横たわっているものです。

ところが悲しみが大きすぎると、それを感じないように蓋をしてしまう「自己防衛本能」が働きます。

悲しみというストレスを発散せずに生きてきてしまった代償が「怒り」というわけです。

怒りの爆発は、結果的に簡単に人を傷つけてしまいます。

しかしdv男は、人を傷つけることがどれほど問題のある行動なのかが理解できません。

自分が正しいことがわかってもらえないから

dv男のほとんどは「自分が正しい」と思っています。

ところがdv男でなくとも「自分を正当化する」ことは、誰にでもよくあることです。

この違いはどこにあるのでしょうか?

それはdv男は「自分が正しいことをわかってもらえないことに対して相手に憎しみを抱いてしまう」からです。

ここにdv男の傲慢さが現れています。

一般的に「自分は正しい」という考えがあっても、それを人に無理にわかってもらおうとは思わないもの。

なぜなら「正しいけれどもしかすると間違っている可能性もある」と考えているためです。

物の見方はバランス次第で、このように柔軟性さえあれば無理に他人にわかってもらおうなどと思わないもの。

ここを無理してまでわかってもらおうとした結果「手を上げる」という行動に出てしまうのです。

見た目で見抜く!dv男の顔の特徴

温和な印象だが時として眼光するどく俺様的な態度

多くのdv男の顔の特徴は、いたって温和な印象です。

しかし「人は見た目勝負」ということが「後で間違っていた」と、つくづく思い知らされることになるでしょう。

付き合い始めるまでは温和な印象を保ちます。

優しく好印象で、誰からも好かれるようなイメージにさらに深く愛するようになるのに時間はかかりません。

理想的な男性との交際に、あなたは浮き足立つこともあるでしょう。

付き合い始めてから数ヶ月、彼のことが色々わかってきてますます彼に会うのが楽しみになります。

そのようなウキウキさから一転、「なんかちょっとこの人大丈夫?」と思うことがチラホラと出てくるのもこの頃です。

ときおり見せる「眼光の鋭さ」と「俺様的態度」に、あなたは戸惑うことでしょう。

人を信用しない殺伐とした表情

dv男の特徴的表情は人を信用しない殺伐とした表情です。

普段は優しいdv男が多いのですが、垣間見せる殺伐とした表情にはゾッとするほどです。

しかしいったん好きになってしまったら、その表情にマイナス面を見抜くのは困難を極めます。

なぜなら、相手のプラスの面だけを見ようとするからです。

好きなところを列挙したら、限りなく出てくることでしょう。

しかしマイナス面など考えたくもありません。

このことから初めから「もしかしたらdv男かも」と察知するのは難しいのです。

笑っても目が笑っていない

dv男は、笑っていても目が笑っていません。

そもそも笑うことが少ないのもdv男の特徴です。

また感動して涙することがないことも挙げられます。

例えばお笑い番組を見ても、嫌いな芸人を毛嫌いしたり、面白くなければ人をバカにしたような態度をとります。

その態度は、一緒に楽しもうと観ていた相手がドン引きするほどです。

誰もが感動する映画を観ても「くだらない」と卑下します。

ここで反論でもしようものなら(男の気分にもよりますが)dv炸裂の可能性も出てきます。

目が笑っていない、心から笑えない、ということは「満ち足りた精神状態ではない」と考えらます。

常に不満足で「自分には足りないところだらけ」と考えているためです。

また相手の欠点を探し、悪口を言うことも日常茶飯事でしょう。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼や気になる男性がdv気質かどうかチェックする方法

腰が低く愛想がいい男性には影の部分「dv」が潜んでいることが多い

dv気質の可能性を秘めている男性の多くは、腰が低く普段は愛想がいい人です。

場合によっては愛想が良すぎるほどいいこともあります。

つまり「いいか悪いか」の両極端ということです。

これは振り子の原理に当てはまります。

機嫌よく愛想を振りまいているとき、振り子は大きく反対側に振り切った状態です。

そこから一度タガが外れると、いきなり大きな塊となった振り子が猛烈な勢いであなたに襲いかかります。

これか愛想がいい人がdv男になるプロセスです。

とてつもないパワーで襲いかかってきた「振り子というdv男」に、あなたはひとたまりもありません。

「なすすべなし」とはこのことです。

腰が低くて愛想がいい人ほど隠された影の部分が潜んでいることも多い、と覚えておきましょう。

つまらないことでキレることがある

dv男はつまらないことでキレることがあります。

あなたは「そこキレるとこ?」と疑問に思うはずです。

また「思うようにいかない時の反応が怖い」と感じることもあるでしょう。

キレる瞬間は日常生活のあらゆるところで発生します。

例えば瓶の蓋が開かない時や、ジュースやスープをこぼしてしまった時など。

普通なら何らかの対処法を考えるものです。

しかしdv男は感情に任せて怒ったり、イライライするだけです。

あなたはあわてて助け舟を出すしかないかもしれません。

このことからdv男がいかに普段からフラストレーションを抱えて生きているかがわかります。

レストランやコンビニなどで店員に対する態度が横柄

一緒に外出した時に「店員への態度でdv男がどうか」を察することができます。

例えばレストランで店員を見下すような言動をしたり、終始横柄な態度を取ることがあります。

また些細なことで平気でクレームを出します。

場合によっては相手に対して激怒し、謝罪を求めることもあります。

また店側の問題ではなく、周囲の客に対してもキレることがあります。

「子どもがうるさい」とか「話し声がうるさい」などです。

客同士の喧嘩に発展することもあり、同席するあなたにとってなんとも不甲斐なく感じることでしょう。

その場から逃げたくなることもあるはずです。

しかし一度好きになってしまったからには、dv男かもしれない不安を拭いされなくても彼の意見に同意するしかありません。

親とうまくいっているかいないかがわかればdv男かどうか判断できる

「この人dvかも?」という疑心暗鬼な状態であれば、相手に「親とうまくいっているか」を聞いてみましょう。

もし「親とはそこそこにうまくいってる」というのなら心配度数は半分以下に設定しましょう。

しかし「親とは最悪」という答えならば要注意です。

これは、親との関係がそのまま身近な恋愛関係にも反映されるためです。

過干渉の中で育ったのであれば、親との断絶も考えられます。

親への最悪な感情は、そう簡単に捨てられるものではありません。

過干渉とは、相手を縛り自由を奪うことです。

それが一歩進んだ状態がdvです。

このようなことから付き合う男性がdv男かどうか確かめるには、親との関係を聞くのが一番てっとり早く簡単です。

基本的に何も信じられず何かにつけ面倒な性格

相手がdv男かどうかの目安は、何かにつけ基本的には「何も信じられない」という冷めた目線です。

口から出る言葉にはおよそ前向きとは思えないようなことが多く、総じてネガティブな性格です。

ネガティブな性格の男性が他人を評価するなら、当然自分より下に見ます。

どのような関係の人に対しても見下げますが、その中にあなたも入っていることでしょう。

見下げる行為があまりにも日常的で、さも当然のように言うので、あなたも疑問に思いながらも否定することができません。

このようなシーンが毎日のように繰り返されると、相手が面倒に感じる部分も多くなるでしょう。

いつしか「彼は優しいけれどちょっと許せない部分がある」と無意識に相手の怪しい一面を探し始めます。

またあなた自身の意見を否定されることも多くなると、そう遠くないうちにdv男の片鱗を見せ始めます。

発する言葉がことごとくネガティブで否定的

dv男の基本的な会話はそのほとんどがネガティブな内容です。

あなたの言うことにことごとく反論し、否定します。

苛立ったあなたは、たたみかけるように反論するかもしれません。

まだdv男とは気づいていない段階なので仕方がないのですが、これは非常にリスキーなこと。

つい相手をあおるような言葉をかけてしまうでしょう。

dv男の本質が現れるのがこのような時です。

初めは言葉のやり取りでお互いに相手を屈しようとします。

しかし口喧嘩はたいてい女性の方が勝ち目が高いもの。

言葉で立ち向かえないとわかった時、dv男の顔を出します。

自分の思い通りに決着をつけようと、相手を傷つけます。

dv男は根本的に「自分に自信がない」

dv男は根本的に自分に自信がない人がほとんどです。

ところが実際には「自信がない」とは感じている人はあまりいません。

「何をやってもイライライする」

「どうしてこう怒らせることばかりなんだ」

「世の中には不条理だらけだ」

「(暴力が出るのは)俺を怒らせるからだ」

このように「自分が怒るのはすべて周りのせい」と考えます。

うまくいっていると感じるのは、ごくたまにある「機嫌が良い時だけ」です。

なくても良いような正義感を持ち合わせている

dv男は必要のない正義感を持ち合わせています。

他人から見たら実にどうでも良いことについて強い正義感を持ち、相手に体当たりする勢いです。

正義感の強さは「物事に対するこだわり」に現れます。

「女性はこうあるべき」

「男性はこうあるべき」

このようなこだわりで頭の中はいっぱいです。

そのため少しでもそこから外れた行動を取る人がいると、目くじらを立てて怒ります。

こだわりのない人とのギャップは天と地ほどの差があります。

もしあなたがこだわりのない性格なら、dv男の正義感やこだわりの強さに辟易としていることでしょう。

車の運転に問題があったりたびたび事故を起こす

dv男が車の運転をすると、人が変わったかのようになるのが特徴です。

いつもは優しいのに、ひとたびハンドルを握ると別人のように変貌します。

良い方へ変貌するなら大歓迎ですが、dv男の場合「真逆」です。

自分本位な運転に、あなたは驚くかもしれません。

運転が下手という以前に「この人は運転に向いていない」と思うでしょう。

乱暴なハンドルさばき、無鉄砲に突っ込むような運転にいつ事故を起こすかわからないほどです。

少なくとも自分の命を大切にしているようには見えません。

当然ながら、たびたび事故を起こした過去を持っています。

これは感情のコントロールができないということが大きく災いしています。

もやはdv男は「車の運転に不向きである」と言わざるを得ないでしょう。

「dv以外は異常に優しい」のが最も特徴的

dv男は暴力をふるっている時以外は、異常に優しいのが最も大きな特徴です。

これはdv男を見抜く際の最大の問題点です。

彼がdv男なのに「なぜか別れられない」と言う女性が大勢いるのは哀しい事実です。

それは「優しい彼が本当の彼」と信じ込んでいるためです。

またdv男は暴力をふるった後、信じられないくらいの優しさで彼女に謝罪します。

ここが「盲点」です。

仮に謝って「もうしない」と言われたとしても「dv男はまた同じ過ちを繰り返す」のです。

このように、暴力と優しさの永遠ループから抜け出すのは容易ではないことはよくわかります。

「お前が間違っている」と洗脳めいたことを言う

dv男は「お前が間違っている」と言って、相手を洗脳するようなセリフを吐くことが多いのが特徴です。

これはdv男のテクニックの一つです。

すべては自分の思い通りに相手をコントロールするためです。

ケンカをするたびに「お前が間違っている」と言われ続けた時、なぜかそれが本当のような気がしてしまいます。

これが洗脳された状態です。

「相手に従ったほうが面倒がない」と思った時も、洗脳されることを自ら選ぶこともあるでしょう。

しかしどのような問題が起きても、どちらか片方だけが間違っているということはまずあり得ません。

多かれ少なかれ双方に問題があっていさかいは起きます。

それを洗脳するかのように決めつけるのは、良くないことです。

しかし暴力を避けるために一時的に従うのはやむ終えないこと。

できるだけスルーする力を保ちましょう。

dv男を好きになっちゃった…そんな時の対処法

「治るdv」か「治らないdv」かを見極める

dv男を好きになってしまった時、治るdvか、治らないdvかを見極めることが大切です。

dv男がdvに至るまでには、あらゆるシチュエーションが考えられます。

「これは仕方がない」というようにどちらかというとやむなくdvに走ってしまったという場合は、改善の余地があります。

例えば女性側が先に暴力をふるうことがたびたびある場合です。

力をよって制するしかなようなとき、これは「治るdv」と言えるでしょう。

これはそもそも女性側も感情のコントロールができていないことが原因で起きたdvです。

これを一方的に相手の男性を「dv男」と決めつけるのはかなり問題です。

同じことを永遠に繰り返す状態の場合、「治らないdv」と考えたほうが良さそうです。

dv男は暴力をふるった後、必ずと言っていいほど反省し謝罪しますが、日が経てばまたdvへ走るものです。

「今度こそ」の願いもむなしく、再び暴力をふるわれた日には「絶望感」しか残らないでしょう。

このように性懲りもなくdvを繰り返す男性に「明るい未来はない」と考えるのは非常に正しい判断といえるでしょう。

様子を見ながら別れる方向性がベスト

「dv男を好きになってしまった」

しかしその男性に暴力癖があるのなら、今後も暴力をふるわれる可能性があるのは簡単に想像できます。

それでも添い遂げたい、というのなら誰も引き止めることはしないでしょう。

しかし「そこまで好きなのはなぜか」ということを今一度じっくり考えてみる必要があります。

「人を好きになるのは理屈ではない」という意見もあります。

打算で人を好きになるのではないことも、十分に理解できます。

なぜなら「恋に落ちる」とはそういうものだからです。

相手と結ばれるハードルが高ければ高いほど、ハートは熱く萌えたぎります。

あらゆるハードルを超えて結ばれた時の達成感は、何にも増して嬉しいものでしょう。

しかし「暴力」が介入するとなると、その方向性は一気に変わります。

相手が力であなたを抑えようとすることに、何か意味があるのでしょうか?

そこまでしてあなたのパワーを奪い取ろうとする権利が、彼にはあるのでしょうか?

恋に落ちた時の熱い感情は、誰でもやがて冷めていくものです。

その時に残るのは相手に対する信頼や揺るぎない愛情だけです。

相手が暴力を振るう人とわかっているなら、その関係はいつか破綻する日は必ず来ます。

なぜなら心から相手を信頼できないためです。

もしあなたが「彼に愛されているから暴力を振るわれる」と思っているなら、それは「絶対にしてはならない勘違い」です。

本当の幸せと暴力とは、真っ向から対立していると理解しましょう。

言葉の暴力には「やめてほしい」と毅然と言うことが大切

たとえ言葉の暴力だけであっても、それはdvのジャンルに入ります。

そのような時、相手に「その言葉は傷つくからやめてほしい」と毅然と言ったほうが伝わります。

我慢することに慣れているとなかなか言いずらいかもしれませんが、これは自分だけでなく相手にも成長する機会を与えます。

中にはdvをしているつもりはなく、ただ単に「口が悪い」という人もいます。

無意識に悪い言葉を使ったり、相手を傷つけるようなことを言いますが、まさか相手が傷つくとは思っていないところが厄介な部分です。

このような場合、言いにくいことをハッキリと言えるようになれば、お互いの関係がもっとうまくいくようになるはずです。

社会生活に支障をきたすほどdvに走るようであれば精神医学では「病気」

社会生活に支障をきたすほどのdvであれば、精神医学では「病気」と診断されます。

dvにまつわる病気とは、いわゆる「精神疾患」ということになります。

しかし医療が発達した現代ではどのような精神疾患であれ、精神安定剤などの薬を服用すれば多くの場合改善が見込めます。

この現実をどう受け止めるかは、あなたの判断に委ねられます。

あまりにもひどい状況であれば、このように「病気」を疑っても良いのです。

今後の状況次第で、各相談窓口において一度相談することも視野に入れてください。

必要があればシェルターに駆け込む

必要があればシェルターに駆け込むことを考慮しておいてください。

暴力を持って人をコントロールしようとする人が重症化すると、命を狙う危険さえあります。

鬼に化した人間に対してあなたが気丈に刃向かったとしても、それはデメリットだらけです。

こういうときのためにシェルターがあります。

シェルターは、各地方自治体にその窓口があります。

一時的に避難し、状況が落ち着くまでとりあえず様子を見ましょう。

相手の感情が治れば、別人のようになるはずです。

しかしこのようなことが再び起きるようであれば、別れを視野に入れたほうが身のためです。

第三者に入ってもらうなどの安全策を取ることも忘れずに。

「ちょうど良い距離感」を保つ

人間関係のちょうどいい距離感は、関係を続けていくプロセスで養っていくものです。

特に恋愛関係のちょうどいい距離感は、常に変化します。

もしあなたが現場において、相手からのdvに苦しんでいたら「そっと離れる」ことをしてみてください。

ひょっとすると、あなた自身も相手の感情に深く踏み込み過ぎていた可能性も否めません。

相手が嫌だなと感じることに対し深く突っ込みすぎたり、相手を思い通りに変えようとすれば誰でも怒りを持ちます。

このような時に起きたdvは、あなたにも原因があると言えます。

危険!dvされる対象になりやすい女性の特徴

優しく人に合わせるのが得意な女性

dvされる女性の多くは、優しい人です。

性格的に柔和で尖っている面がなく、人に合わせるのが得意です。

そのため、悪癖がある人や性格に問題のある人も近づいてきます。

相性の良し悪しの見極めが苦手なため、ついそのまま「なぁなぁな関係」になりがちです。

このようなタイプの女性は、好かれていた男性がdv男だったということになかなか気づきません。

日常的に不平不満愚痴が多い女性

日常的に不平不満の多い女性もdvの対象になりやすいので要注意。

このタイプの女性は相手をあおりがち。

dv男と同類タイプといっても過言ではありません。

お互いい相手を見下し、相手を変えようとします。

問題を人のせいにするのは当たり前です。

このような関係の場合、力づくで相手をねじ伏せようとするのは男性の方です。

このタイプの女性はたとえ双方に問題があっても、一方的に相手をdv男と非難します。

過去にdv被害にあったことがある女性

過去にdv被害にあったことがある女性は、再び同じようにdvを受けてしまう傾向があります。

それはdvを受ける条件にマッチしているためです。

上記のように「優しい」「不平不満が多い」などのほか、dv男と同じように幼少期にdvを受けた経験があります。

育ってきた環境に問題があるのは、dvをする側もされる側も同じということです。

そのほかにも「なぜか毎回同じようなタイプの男性を選んでしまう」ということも挙げられます。

彼に依存し過ぎている女性

dvの対象になりやすいと考えられるのは、彼に依存しすぎている女性です。

いわゆる「Mキャラ」と呼ばれる依存型の女性は自分では何も決められず、すべてを彼に依存します。

dv男にとっては手のかかる子どものような存在ですが、たいていの場合「女性の体目当てがほとんど」ということを忘れてはいけません。

自分の一存で女性を好き放題できるのでdvだろうが、可愛がろうが自由で、まるでペットのような扱いです。

しかしそのような扱いを受けた依存型女性は「自分は必要とされている」と、なぜか勘違いしてしまうのです。

勘違いもさらにヒートアップすると「自分が我慢すればまた彼が愛してくれる」と考えるようになってしまいます。

この状態は大変に危険ですが、いつかは終わるときが来ます。

それは女性側がdvに我慢できなくなった時か、病院に行かねばならないほどの怪我を負った時です。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「dvかな?と思ったら一人で抱えずに周りにも相談しましょう」

占い師 姫乃
どんな人でも相手を変えることはできないし、相手の判断や行動を変えるためにはまずは自分を変えるしかないの。

もしあなたがdvに悩んでいたらニュートラルで冷静な視点を持つことが大切よ。

まずは「自分にも悪いところがあったのではないか」と考えるのはやめ、どうしたら改善できるという「フィードバック」を行うこと。

悩みが深すぎて孤独を感じていたら、思い切って周囲の人たちに相談してみて。

皆親身になって相談に乗ってくれるはずよ。

恋愛関係は、人間関係を学ぶトレーニングともいえるわ。

一つのトレーニングが成功すれば、より一層魅力的な女性になれること請け合い。

あなたの人生がより輝けるよう、いつも応援しています!

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事