好意があっても連絡しない男性の特徴とタイプ別対処方法&あえて連絡してこない駆け引き男子は注意が必要!  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

好意があっても連絡してこない男性は、どんな心理状態なのでしょうか?

こちらでは好意があっても連絡しない男性の特徴やタイプ別対処方法と、あえて連絡してこない駆け引き男子の注意すべき点について解説しています。

特に難しいと言われる恋愛テクニックの駆け引きについても詳しく分析しているので、彼の気持ちがわからなくて悩んでいる人は参考にしてみてください。
 

 

復縁メニューはこちら

好意があっても連絡しない男性のタイプ

恋愛経験が浅く、女性と付き合ったことがない草食系男子

好意があっても連絡してこないのは、恋愛経験が浅いうえにまともに女性と付き合ったことがないような草食系男子に多いです。

草食系男子とは女性に興味はあるものの恋愛関係に積極的でなく執着も見せないのが特徴で、この特徴と正反対なのがいわゆる肉食系男子と呼ばれる男性です。

多くの草食系男子は、好意を持つ女性と出会っても連絡先を聞くことはないし非常にあっさりとした態度です。

むしろ好意を抱いていることを相手に気づかせないようにしているかのようです。

知り合った女性がどんなに好みでも、すぐに関係性を深めようとはしません。

それどころか一歩引いた姿勢なので、女性側からしたらどう見ても「私に興味なんてなさそう」に感じるのです。

一方で肉食系男子は「このチャンスを逃したら跡がない!」とばかりに、すぐに連絡先を交換しようとします。

肉食系の積極性は狙った獲物は確実に手に入れるという勢いがありますが、草食系男子の場合は全く違います。

相手に興味があろうとなかろうと連絡してこないし、またたとえものすごく好意があっても連絡しようとは思わないのです。

恋愛が非常に億劫と感じるタイプ。相手のことが好きでも連絡するのは面倒と思っている

好意があっても連絡しない男性は、恋愛に対し非常に億劫に感じています。

相手のことが好きでも、連絡するのは面倒なのです。

恋愛を億劫にさせてしまう根本の原因は様々ですが、そもそも何をやるにも面倒と感じてしまうめんどくさがり屋な性格が災いしています。

仕事も遊びも何もかもが面倒で「日がな一日寝てるのが1番幸せ」と思うタイプです。

そういうタイプの男性であれば自分から誰かに連絡を取ろうとは思わないし、まして好きな人ならなおさらです。

また性格的に繊細なタイプも恋愛を億劫にさせます。

繊細な性格の男性はついネガティブな思考におちいる傾向があるため、次なるステップへと進むパワーが失われるのです。

好きな人へのアプローチも「連絡したら嫌われるんじゃないか」とか「連絡先を聞いても教えてくれないんじゃないか」などとネガティブに憶測するため、行動に移せなくなってしまうのです。

これでは待てど暮らせど、彼から連絡が来ることはないでしょう。

仕事が忙しすぎて恋愛の優先順位が低い上に、真剣に人を好きになれない

好意があっても連絡してこない場合、仕事が忙しすぎて恋愛の優先順位が低いことが考えられます。

また日常のほとんどが仕事に忙殺されてしまっているため、真剣に人を好きになることができません。

誰かに好意を持つことはあっても、彼にとって恋愛関係はまた別次元の話なのです。

好きな人と恋愛関係に進むためにはいくつかのプロセスを経る必要がありますが、その第一段階が相手との連絡のやり取りです。

愛を育むための必須条件と言えるのが、連絡を取り合うことなのです。

しかし激務な仕事中の彼に、そんなことを考える余裕はとてもありません。

彼の脳内は、自分に課せられたタスクをこなすことだけに集中しているのです。

仕事からやっと解放され帰宅したあとは、疲れた体を休ませることに気持ちを向けるので、気づけば服を着たまま寝落ちしてしまった…、という日は数えきれないほどでしょう。

毎日がこのような状態なら、好きな人に連絡したいと考える暇もないし、その人に想いを馳せることもないでしょう。

恋愛の主導権を完全に握りたいタイプ。連絡するのは気が向いた時だけ

恋愛の主導権は完全に自分が握りたいタイプなら、気が向かない限り連絡はしません。

好意を持っているはずの彼が連絡してくれないのは、常に自分優先でいたいからです。

また気分屋で気まぐれ、かつモラハラな一面も持っていて、相手の気持ちを深読みすることが苦手です。

かと言って相手からの連絡が欲しいわけでもなく、連絡してくれるのを待っているのでもありません。

それどころか、相手の存在すら頭の中に無かったりします。

女性側からしたら本気で好意を持ってるのかどうか疑うばかりですが、さすがに直接聞くことはできません。

仮にこちらから連絡しても彼は別に驚くわけでも嬉しそうにするのでもなく、いたって普通の対応でしょう。

話も盛り上がらないままなこと多いので、そんな彼にがっかりするのは確実です。

また彼は、何がなんでも女性からのアプローチに心を揺り動かされたくないと考えています。

なぜなら自分が主導権を握りたいからで、自分から積極的にアプローチし彼女を手に入れるのが彼にとっての重要なミッションなのです。

しかし自分から連絡をするのは、本当に気が向いた時だけです。

いくら待ってもいっこうに連絡が来ないのに、油断してると突然連絡が来るのもこのタイプの男性の特徴です。

女性からいつもちやほやされたいし、モテて続けていたい傲慢タイプの男性

女性からいつもちやほやされていたい男性は、相手に好意があっても連絡してこない傲慢なタイプに多いです。

世の男性たちは多少なりともこの傾向が見られますが、よほどのドM系男子でない限り女性から追われたいと思っています。

本来、男性は狩猟本能により女性を追うことが最重要の使命なのですが、気分が良いのはやはり追うより追われる方なのです。

そのため相手の女性を好きでも、好きではないそぶりを見せます。

しかし多くの女性たちは、女性ならではの勘の鋭さで「自分に好意がある」とすぐに見抜くことができます。

モテたいと思っている男性が、好意を持つ女性に対する行動を挙げてみましょう。

・よく目が合う

・逆に目を合わせないようにすることもある

・振り返ってまで視線を送ってくるなど、いつも見られている気がする

・近くにいると相手のドキドキが聞こえてきそう

・必ず何か話題を振ってくる

特徴としては、好意を持っていると思われないようにしていること。

自分のプライドにかけても好きと思われないよう、連絡してこないのです。

好意があるのに女性に連絡しない男性心理

恋愛に臆病になっていて相手に嫌われたくないし、何を話したらいいかわからない

好意があるのに連絡してこないのは、恋愛に臆病になっていて「相手に嫌われたくないから」と考えています。

また連絡をするまではいいけれど「いったい何を話せばいいのかわからない」と頭を抱えます。

スマホを手に取ったまではいいけれど、緊張のあまり言葉に詰まって無言になることをとても恐れるのです。

恋愛初心者の男性の多くがこの「無言」に恐怖を抱きます。

会話が途切れたり、お互いに何も言葉を発しない時ほど気まずいことはありません。

一瞬でも会話が途切れないように彼なりに気を使うのですが、あらゆるトピックを考えたり一連のプロセスに思考を巡らせているうちにドッと疲れてしまうのです。

もはや話す気力もなくなってしまうため、あえなくスマホを閉じることになるのです。

このように相手が好きだからこそ何を話したらいいかわからなくなってしまうため、連絡を躊躇するのです。

仕事が忙しすぎて、連絡するのをつい忘れてしまう

相手のことが好きなのに連絡してこないのは、仕事が忙しすぎて連絡するのをつい忘れてしまうからです。

忘れていたことを思い出した時はすでに後の祭り。

誰もが寝静まる真夜中の連絡は、いくらなんでも常識外れです。

緊急な用事でもない限り、連絡は差し控えるべきです。

このようなことが何度も続けば、さすがに連絡するのをあきらめてしまうでしょう。

あまりの忘れっぽさに「ひょっとして俺、脳の病気?」と思い悩む場合もあります。

確かにひどい物忘れや記憶障害は若年性健忘症が疑われますが、多くの原因はストレスです。

そしてそのストレスの原因が「忙しすぎる仕事」なのです。

連絡は用事がある時だけ。何も無いなら連絡しない

好意を持っているのに連絡してこないのは、特に用事がないからです。

男性たちの中には、何も用事がなければ連絡してこない人がかなりの数います。

もちろん用事があれば連絡してくるのですが、そこで女性たちは考えます。

「本気で好きなら用事なんてなくても時間を作って連絡してくるのが普通じゃないの?」と。

しかし彼はいっこうにそのスタンスを変えません。

なぜ用事以外に連絡してこないのでしょうか?

男性たちの多くは、連絡を雑談の手段にしたくないと考える傾向があります。

つまり世間話のためだけに女性に連絡するのは時間の無駄と考えているのです。

一方で女性たちは彼の声を聞くだけで満足する人がほとんどなので、内容の薄いトピックになりがちです。

割とどうでも良い話なのについ延々と続けてしまうと、聞く方の彼は完全に上の空だったりあいまいな返事を返してくることでしょう。

これは「早く切りたい」という気持ちの現れです。

しかし話の区切りがつかなければ、会話を終えることができません。

このようなズルズルした会話も、連絡したくなくなる原因なのです。

あれこれ考えるのが面倒なので連絡しないが、相手から連絡が来たら返すようにしている

彼に好意を持たれているのは確実なのに連絡してこない原因のひとつが「考えるのが面倒」という点です。

好きな人のことをあれこれ考えてしまう自分がとにかく面倒で、彼自身も「我ながら面倒な性格」と自覚しています。

またありもしないことを延々と妄想してしまう点もさらに「俺ってやっぱめんどくさい」と感じる要素ですが、そんな男性でも好きな人から連絡がきたらちゃんと出るし、着信があれば折り返すようにはしています。

しかし彼の折り返し連絡は、かなり義務的な行動です。

義務と感じていても、好きな女性の手前ちゃんと折り返さざる得ないため、仕方なく…、といったところです。

そこまで考えるなら自分から連絡すれば良いのですが、そんなことですら考えるのが面倒なのです。

結局、何も変わらないまま自分から連絡せず、相手からきた時だけ折り返す行動を死守します。

相手の好意が見えるまで連絡せずにいるのは、軽い駆け引きだから

相手を好きなのに連絡しないのは、相手の好意が見えるまで連絡しないようにする駆け引きと考えているからです。

駆け引きとはいえ、あくまで彼の軽いノリでやっているだけのこと。

好きな女性の本心はつかめていないので「どうなるか見もの」程度にしか思っていません。

相手の好意が徐々に見えてくるようなら、彼はしてやったりな気分でしょう。

しかしいっこうに相手から好意が見えてこないと、彼はいつ見えるともしれない好意を待ちつつ相手の女性に想いを馳せます。

男性の狩猟本能が働くのが、こういう時です。

「何としても彼女にしたい」と思うので、ここからは一転、猛反撃を開始します。

さりげないlineを、ポンと入れてくるかもしれません。

それも大した用事ではなく、単純に相手の気を引きたいだけの内容です。

たとえば「今、何してる?」とか「今どこ?」のような感じです。

相手の好意をうまく引き出す方法をなんとなくでも会得しているので、まずはこんな風にサラッと言って気を引こうとします。

相手の好意や愛情を振り回したいモラハラ心が連絡をとらせない

好きな女性に連絡しないのは、彼の心の中にモラハラめいた気持ちが潜んでいるからです。

相手の女性の好意や愛情を振り回したいという、なんとも暴君そのものな理由から連絡をとらないようにするのです。

モラハラ男が理想とする恋愛観は、好きな女性を自分の言いなりに育て上げることです。

なんでも言うことを聞いてくれるだけでなく、優しくお世話してくれる女性が彼の願望なのです。

そういう女性を手に入れるために彼がやるべきことは「駆け引き」です。

駆け引きすることによって、自分の言いなりになるよう不安をあおるのです。

彼から連絡しないければ、相手は「なんで連絡してくれないんだろう?」と不安にさらされます。

連絡が来ない日が続けば、もう嫌われたんじゃないか、他に好きな女性がいるのではないかと、さらに不安の極地に。

ついに「連絡を待ちきれず自分の方から彼に連絡を取ってしまう」という結末を迎えるのです。

彼の作戦は成功です。

完全に相手を振り回せたことに、大満足でしょう。

日常のささいな変化を求めていて、刺激が欲しいために相手が感情的になるのを待っている

 

好意があるのに女性に連絡しない男性は日常にささいな変化を求める傾向があり、刺激が欲しいために相手が感情的になるのを手ぐすね引いて待っているのです。

「そんな男性いるの?」と疑うかもしれませんが、実際に存在するのです。

このようなタイプの男性は、良きにつけ悪しきにつけ問題を引き寄せます。

めんどくさいことは大嫌いなはずなのに、なぜかめんどうなことを引き寄せてしまうのです。

好意がある女性に対しても、わざと連絡しないで相手の反応をうかがいます。

素直に連絡すれば良いものを故意に連絡を断つ理由は、単純に刺激が欲しいからです。

刺激を求めるがゆえに無意識のうちに相手をコントロールするのですが、これが問題が起きる原因なのです。

人をコントロールしようとすると必ず問題が起きます。

しかし刺激が欲しいだけの男性は思考回路がそこで止まったままになるため、問題が起きるところまで考えが及びません。

結局、相手の女性は「連絡が来ないということは好かれているわけじゃない」と誤解するため、やがて破局を迎えることになるのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「アカシックタロット」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

好意があっても連絡しない男性のタイプ別対応方法

【草食系男子】興味をそそりそうな話題を振って反応を見る

好意があっても連絡しない男性が草食系の場合、まずは相手の興味をそそりそうな話題を振ってみてください。

そして相手の反応を見ます。

その反応次第で関係性の向上が望めます。

草食系男子は、もともと当たり障りのない会話が特徴です。

興味のない話にも適当に相槌を打ち、そしてそのあと気づかれないようにそっとその場を離れます。

これは周囲の人たちと適度に距離をおくことで、自分を傷つけないようにするためです。

そんな草食系ですが、興味をそそられるような話だけは別です。

相手から興味津々な話を振られたら、いつもと違ってノリノリでしょう。

話が終わっても「もっと話したい」の思うのは確実です。

そんな草食系男子の心をつかむには「この人だけは分かってくれている」と思わせること。

そうなれば彼は進んで自分から連絡を入れてきてくれるはずです。

【激務超多忙系男子】連絡可能な時間帯や時期の確認もしくは繁忙期を聞いておく

激務超多忙系男子と密に連絡をとりたい時、あらかじめ連絡可能な時間帯や時期を確認しておくことが大切です。

確認すること=彼自身が自分の状況を確認する意味もあります。

前もって確認しておけば、なんと彼も「連絡しようかな」という気にさせることができるのです。

あまりにも仕事が忙しく忙殺状態の人は自分のスケジュール管理も難しく、気付いたら1日が終わっていた、ということが日常茶飯事なのでいつ時間が空くのかが自分でも把握できないのです。

こういう場合でも女性から確認することによって、彼の意識に「連絡」というタスクが添付されるのです。

どんなに忙殺であっても、タスク管理は必須です。

「連絡する」ということも彼のタスクのひとつに組み込むことができれば、もう「連絡が来ない」と嘆くこともなくなるでしょう。

【怠惰系男子】相手のペースに合わせると確実に苦労する。連絡なくてもOKの覚悟で

めんどくさがり屋の怠惰系男子には「連絡が来なくてもOK」という覚悟のもと、付き合いを始めてください。

彼のペースに合わせると確実に苦労します。

なぜならよほどのことがない限り連絡しようと思ってくれないし、そういう彼の性格を変えることはできないからです。

「連絡してよ!」と怒っても、素直に連絡してくれるどころかもっと連絡が来なくなるでしょう。

一方、連絡が来なくてもしょうがない、まぁいいやと思えるなら、彼からの連絡頻度は確実に上がります。

このように彼を自由にさせてあげると「連絡しようかな」という気にさせるものなのです。

しかしそこまでの胸中になれないなら選択肢は、彼のスタンスを受け入れるか、あるいは無理だからやめるかの2つに1つです。

【主導権型男子】駆け引きされたことを責めず、ひと言「連絡ないと冷めるよ」と告げる

主導権を握りたいタイプの男性が駆け引きのために連絡してこないようなら、ただ一言「連絡ないと冷めるから」とだけ告げてください。

いかにも駆け引きと分かるような行動は、本当に面倒だし怒りが湧いても仕方がありません。

しかしどんなに怒りが湧いてきても、決して彼を責めないように。

責めても解決しません。

こんな時、効果的なのは、彼を責めずに自分の想いを一言に凝縮して伝えることなのです。

長々と言いたことを言っても、ほぼ無駄に終わるでしょう。

主導権を握りたいタイプの男性は相手から長々と不満を言われるのが超苦手なだけでなく、一気に冷めてしまいます。

こういう時でさえ自分が主導権を握りたいので、相手のマウントを取る言動は避けるのがベストです。

【かまってちゃん系男子】こちらからは連絡しない。相手から来るまで放っておく

かまってちゃん系男子には、こちらから連絡しないことを徹底してください。

相手から連絡が来るまで放っておきましょう。

なにせ、かまってほしさにかけては一流の彼です。

ところがかまってちゃんな彼がかまってもらうためには、相手からの連絡が必須です。

しかし待てど暮らせど相手の女性から連絡は来ないのは、彼女は彼女でまるで兵糧攻めのような作戦を考えているからです。

この場合の兵は彼のこと、そして食糧は連絡のことを言います。

城を守るために城内に閉じ込められた兵である彼は、食糧が底を尽きることに焦りを感じています。

しかし食糧を得るには、城の周りにいる敵兵に直訴しなければなりません。

「食料をくれ」=「連絡をくれ」

こう懇願した結果、彼は敵兵から無事、食糧(連絡)を得ることができるのです。

かまって欲しい彼の場合も、彼から連絡せざるを得ない状況に追い込むことがポイントです。

【業務連絡系男子】どのくらいの頻度で連絡したらいいか聞いておく

好きな相手との連絡でもまるで業務連絡のように考えている男性の場合、どのくらいの頻度で連絡したらいいか聞いておきましょう。

そもそもそういう男性とは、連絡を取り合う基準が違いすぎるのです。

彼にとって連絡はあくまで業務連絡なので、特に用事がなければ連絡しないのが当たり前です。

また映画のワンシーンのような気の利いた愛情表現も大変に苦手で「お互いに相手をどう思っているかを連絡したり教え合う必要などない」とさえ考えているのです。

しかし女性にとっての連絡は「お互いの好き」を確かめ合う大切な時間です。

このように双方の考え方はかなりのギャップで、簡単に埋められるものではありません。

相手を変えることはできないので、結局は自分が相手に合わせるしかないのです。

連絡はどのくらいの頻度で何時くらいがいいかなど、彼の希望を聞いておけば、相変わらずの業務連絡的な形であっても連絡をしてくれるようになります。

好意があってもあえて駆け引きで連絡をしない男性の特徴を見極めよう

二人で会う時は優しいが、他人がいるとそっけない態度

好意があってもあえて駆け引きが目的で連絡しない男性は、2人で会うときはとても優しいのが特徴です。

その反面、他人と一緒にいるときは非常にそっけなく冷たい態度に変わり、周囲の人たちには非常に愛想良く振る舞うため、その差は歴然です。

要するに駆け引きするような男性かどうかは、外面(そとづら)の良さでも判断することができるのです。

2人で会う時は周囲に気遣う必要もなく、それが彼本来の姿でしょう。

しかし周囲に誰かがいるときは、彼なりに気を遣っているのです。

それが冷たい態度に思えたり、そっけなさを感じる原因です。

彼の本心が読めなくなるのがこういうシチュエーションです。

連絡をしてこないのも、彼の中で何かしらの思惑があるからなのです。

それが単なる気遣いなのかそれとも外面が良いからなのかはわかりませんが、無意識に駆け引きを考えている可能性があることも否めません。

デートや食事に誘ってくるが、あえて女性側に主導権を明け渡す

好意があってもあえて駆け引きで連絡してこない男性は、デートや食事に誘ってくる時、あえて女性側に主導権を明け渡してくることがあります。

全面的に主導権を開け渡すことで、彼女がどういう反応をするかを確かめるのです。

駆け引きする男性はこのように相手と自分の立場を逆転させることをよくやりますが、目的は「本当に自分に気があるか」です。

何もかも女性に決めさせたり「なんでもいい」とあいまいな返事をしてきます。

相手の反応が、真摯で思いやりにあふれたものなら彼は一安心でしょう。

本来なら誘った方が決めるべきなのですが、彼の場合、相手を試すことが何より重要と考えています。

相手を試しつつ駆け引きすれば、まず間違いなく相手を手に入れることができるからです。

好意があるそぶりが見える男性なのに、あえて駆け引きで連絡をしてこない時「好き」や「付き合おう」は絶対に言わない

駆け引きで連絡をしてこない男性は好意があるそぶりが見えても、好きとか付き合おうとは絶対に言ってきません。

相手の女性からの好意が見られるまでは、とてもおとなしくしています。

なぜなら自分から連絡してしまったら、駆け引きの目的が果たせないからです。

また「好き」とや「付き合いたい」を自分から絶対に言わないのは、相手の女性から言わせたいからです。

「もし自分から言って、相手から断られたら」と考えたら、恐ろしくてとても自分からは告白できないのです。

そんなリスクを考えたら、相手から言わせるのが賢いというもの。

これが彼の考える駆け引きなのです。

なので好意があるそぶりが見えても、絶対に自分からは告白はしません。

自分は女性からモテると自覚している

好意があるのに連絡をしない男性が駆け引きしてくるのは、女性からモテると自負しているからです。

自分に絶大な自信があるために、こちらから折れるような行動はしたくないと考えています。

告白はもちろんのこと、連絡さえもしたくありません。

彼が自分から連絡したくなる女性は、そう滅多にいないのです。

常に上を目指すので、現状に満足したことがありません。

たとえ好意を持ったとしても、それは一時的な感情と考えます。

なぜならもっと好意を持てる女性と知り合えるかもしれないから。

そのためにもちょっと好きになったからと言って、うかつに連絡をしないよう心がけているのです。

すでに付き合っていそうな女性の影がチラつく可能性もアリ

好意があってもあえて駆け引きで連絡をしてこない男性は、すでに付き合っている女性がいる可能性があります。 

女性目線で見て素敵な男性は、女性の影がチラついているものです。

ひょっとして結婚しているかもしれません。

もしそうなら彼は「完売状態」ですから、連絡してこないのは当然と言えます。

しかし好意を持つ女性がいたら、そういうそぶりを見せるのが男性の性(さが)というもの。

浮気するつもりはなくても、男性は好みの女性に対し無意識に狩猟本能をオンにする性質があるからです。

彼が浮気するかどうかは、相手次第です。

浮気したい時も相手からの連絡が決め手となるため、そこからが駆け引きなのです。

なので彼の方から連絡することはありません。

好意があっても連絡しないのを駆け引きに使ってくる男性の対処方法

相手の連絡頻度とピッタリ同じように連絡をとる

好意があってもほとんど連絡してこない男性には、相手の連絡頻度とピッタリ同じように連絡をとるようにしてみてください。

ほとんど連絡してこないなら、同じようにほとんど連絡しないようにします。

そうすることで、彼からの連絡頻度が高くなるという仕組みを実感できます。

相手からの連絡を促すためには、言葉で言うよりも行動するに限ります。

たとえば「もっと連絡してよ!」と言えば、彼はさらに連絡しなくなります。

あまのじゃくにもほどがありますが、人の心理はそういう風に反対に働くものなのです。

彼に対する要望があっても、それを強く押し通すのはやめておきましょう。

行動で理解してもらう方が、彼は動いてくれます。

連絡に関しても、彼を急き立てるように一方的にこちらからガンガン連絡するのは逆効果です。

相手の連絡頻度と同じようにすれば彼は自分の頭でいろいろ考えるようになるので、結果的に相手からの連絡頻度が少しづつ高まります。

こちらからの連絡は極力避けるようにすれば彼の意識が変わる

連絡してこない彼に対し、こちららかも極力連絡しないようにします。

すると彼の意識が間違いなく変わります。

これは「彼から連絡が来るかも」という期待を手放したためです。

期待を手放したことで彼の潜在意識に根付く行動のベースラインを邪魔しなくなったため、彼が自由になれた現れなのです。

相手に期待する人生を生きていると、思い通りの結果を得ることはできません。

なぜなら相手には相手の人生があるからです。

相手のベースラインの邪魔をせずにいれば、自ずと道は開けます。

そのためには相手に期待しないこと。

彼が連絡してこないことを尊重してください。

そして彼に対する意識を今度は自分に向けるようにすれば、彼はもっと自由になれるでしょう。

相手に対する言葉がけは「不安になる」より「冷める」の方がより効果的

相手に対する言葉がけがいつも「不安になる」だったら、これからは「冷める」にしてみてください。

「不安」という言葉は、ネガティブな波動の中でも特に下位に位置します。

不安という言葉を発したい時、現実も不安なことだけを引き寄せます。

しかし「冷める」は不安に比べ、かなりポジティブです。

「冷める」と言われたら、今度は彼の方が不安を感じることでしょう。

その不安を解消するには、連絡をとって冷めた彼女をなだめるしかないのです。

このように言葉の使い方一つで相手の意識が変わり、ひいては状況をも変えることができるのです。

「なんで連絡くれないの?」と責めない

連絡してくれない彼を「なんで連絡くれないの?」と責めることはしないように。

連絡が欲しいなら待つことをやめ、「私はあなたからの連絡が来たら嬉しいんだけど?」と伝えてみてはいかがでしょう?

相手の反応は、連絡するかしないかの2つに1つ。

「連絡する」「連絡しない」の2つの選択肢を相手に与えるのです。

どちらであっても彼の選択に正否はありません。

しかし「連絡したくない」「めんどくさい」であれば、解決は難しいでしょう。

連絡のみにフォーカスするのであれば、彼の行動を変えることはできないからです。

相手から尊重されていないと思うなら、そこで一区切りつけることをおすすめします。

つまり彼に期待せず、次に進むべき時なのです。

苦しいなら恋愛に依存しているかも?自分の時間を最優先し1分でも充実させてみて

苦しい毎日を送っているようなら、恋愛に依存しているかもしれません。

まずは自分の時間を最優先し、少しでも充実を図るよう工夫しましょう。

相手に対する愛をもっと自分に与えるべきで、大切なのは自分への愛を心と体いっぱいに充満させることです。

彼との恋愛が苦しいとき、そこに本当の愛はありません。

「彼を愛している」と思うのは単なる錯覚に過ぎないのです。

彼に期待を満たしてもらおうとするのは、愛ではなく執着です。

どんな期待であれ、それを満たせるのは自分だけです。

自分だけの時間を充実させることを、今すぐ始めてください。

計画するだけでもOKですが、いずれにせよできるだけ早く行動に移すことが重要です。

どんなことであれ、自分の魂のために必要な成長であることを忘れないでください。

「好きな人に連絡しないなんてあり得ない」

こう思うから、さらに苦しくなるのです。

しかし「自分なら絶対にしない」ということでも、自分の成長のために必要だからそれが現実に現れるのです。

学びの機会が訪れてそれが終われば、もうそのようなことは起きなくなります。

彼を焦らす心理学についても詳しくなっておきましょう。
 


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「連絡頻度を駆け引きに使ってくる男性はマウント思考である」

占い師 姫乃
連絡頻度を駆け引きに使ってくる男性は、マウント思考の持ち主がほとんどなのね。

そういう性格とわかっていれば、連絡してこないことを不安に思う必要もなくなるわ。

でも不安だからと相手の駆け引きに乗ってしまうと、仮にめでたく恋愛関係になったとしても彼のマウント思考は変わらないはず。

彼氏がマウント男ってすごく面倒なケースになることも多いし、そういう性格に耐えられなくなる可能性も高い。

だから無理なら無理で、決断するならぜひとも「早いうちに」が必須です!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!


こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【アカシックタロット】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【アカシックタロット】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事