プロポーズの前兆ってどんな感じ?男性の態度の違いや付き合ってからプロポーズまでの期間ときっかけ&女性が注意すべきこと  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

プロポーズの前兆ってどんな感じなのか、彼氏がいたら気になっているはずです。

実は男性の態度の違いや付き合ってからプロポーズまでの期間ときっかけに、そのヒントが隠れています。

お互いに結婚を意識し始めていたり、逆に「まだ結婚したくない」という人も本記事は要チェックです。

プロポーズに際し女性が注意すべきについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

復縁メニューはこちら

プロポーズの前兆!彼氏の態度から読み解く

それとなく指輪の話をしてきたり、指輪サイズ聞いてくる

プロポーズの前兆として「彼が指輪の話をしてくる」ということが挙げられます。

またさりげなく指輪のサイズを聞いてくる場合もあります。

たとえば「指、細いよね、何号くらいなの?」といった具合に。

それまでの会話の流れで単純な疑問から指輪のサイズを聞いてくることもありますが、たいてい内心では指輪を購入しようとしています。

彼が指輪を購入する目的はプロポーズばかりではなく、彼女の誕生日が近ければ誕プレかもしれません。

またホワイトデーやクリスマスのプレゼントという可能性もありますが、彼がサプライズ好きなら彼女を驚かせるのが目的なので絶対に「指輪買ってあげるよ」とは言いません。

しかしここで問題になるのは「どの指のサイズか」です。

婚約指輪なら左手薬指ですが、その指のサイズを伝えて良いものかどうか悩んでしまいます。

彼がプロポーズ目的で指輪のサイズを聞いてきたのなら、はっきりと左薬指のサイズを伝えられることでしょう。

この時点でもうプロポーズは決まったようなものですから、彼と結婚したかったら飛び上がりたいほど嬉しいはずです。

しかし中には、プロポーズする気もないのに指輪の話をしてくる男性もいます。

このような男性の思考は指輪とプロポーズが一致しておらず、「彼女が喜ぶなら買ってあげる」という程度の意識でいます。

また結婚の意思はあるものの「プロポーズってどうしたいいの?」と戸惑ったり「面倒なことはなるべくしたくない」と考える男性もいます。

そういう意識でいる男性は常に彼女に押され気味だったり、彼女の方から結婚を急かされている場合も多いので「プロポーズ」という言葉が頭の中にありません。

将来的に結婚する気はあっても「恥ずかしいからしたくない」というのも隠された男性の本音でしょう。

プロポーズは人に言われてするものではないし、自発的に行うものです。

しかし相手に結婚を急かされていたり照れ屋な性格だと、ただただめんどうなことにしか思えないのです。

またもう一つ本音があるとしたら「プロポーズしても断られるかも」という恐れです。

彼の中では「プロポーズを断られたら一生立ち直れない」と怖がっている部分が少なからずあるのです。

でも「プロポーズのスタンダードは指輪を送ること」と知っている彼なら、彼女に結婚の意思はありそうと確認できたあたりで、指輪のサイズを聞いてきます。

自分で聞きづらい時は、共通の友人に「お願い!なにげに指輪のサイズ聞いといてくれない?」と頼むこともあります。

友達や家族など、彼にとってもっとも大切な人に会う話を持ちかけてくる

彼にとってもっとも大切な人に会う話を持ちかけてくるのは、プロポーズの前兆のひとつです。

たとえば、彼の親という場合です。

彼を取り巻く人たちの中でもっとも大切な存在は、彼の親御さんでしょう。

その親に会う話をしてくるのですから特別な人として一目置いているのは確実だし、大切な親に会わせる彼女も同じように大切と考えているのです。

また彼の親友に会う話をしてきた時も、その先にはプロポーズが待っている場合が多いです。

彼にとって親友は誰よりも信頼おける大事な存在です。

親友にとっても、友達の彼女がどんな人か気になっているはず。

そしてその親友自身が大切な親友の彼女として認めることも、プロポーズにあたって大前提なのです。

時には親友から「結婚相手としてふさわしくない」と判断されてしまう場合もありますが、さまざまな情報から「親友の結婚相手としては難あり」と見られることもあるのです。

しかし当の本人が「彼女を本気で嫁にしたい」と考えているなら、たいていは手放しで喜んでくれるでしょう。

親であれ親友であれ、本人が決めたことに何も口出しはできません。

むしろ結婚し家庭を持つことは、一社会人としてまた大人として大変に喜ばしいことです。

親も友達も、彼に幸せになって欲しいのでです。

しかし彼が本当の幸せを掴むためには、彼女がどんな人か知る必要があります。

結婚を考えている彼女の存在に暗黙の了解を得たいと考えている彼なら、彼女に「一緒に行こう」と大切な人に会う話を持ちかけてくるのは当然なのです。

2人で会話している時、将来についての話題が急に増え出してきたのを感じる

2人で会話している時に将来についての話題が急に増え出してきたら、それはプロポーズの前兆でしょう。

彼にプロポーズの意思があるかはこの時点ではわかりませんが、少なくとも将来に視野を向け始めたという証拠です。

たとえば将来の仕事についての会話に、彼の真意をうかがうことができます。

「もし結婚したら仕事を辞めるか」

「家庭を守るか、それとも仕事を続けるか」

「将来的に子供ができたら、どんな身の振り方をするか」

また「一緒に住むのか、別居か」など、親との関係も話に出るかもしれません。

あくまで仮定に過ぎないのですが「もし結婚したら」という話題がちょくちょく出るようになったら、プロポーズの前兆とみてください。

この時、話題を振るのがいつも彼なら完全に結婚を意識しているし、近い将来に起こり得る結婚という人生のターニングポイントが間近に迫った自分を感じているのです。

一方で将来の話を振ることがいつも彼女の方なら、彼は少しだけプレッシャーを感じていることでしょう。

彼が将来の話をしてこないのはそんな先のことまで考えられないからで、彼的にはまだまだ遠い先の話だし彼女から将来の話をされてもまるで実感が湧かないのです。

そう思う男性の多くは「どうにかなるだろう」という、事なかれ主義な考えを持ちます。

しっかりした将来を見据えられないので彼女主導の恋愛になったり、我慢しきれず彼女の方からプロポーズするような状況を招きます。

デート日時や場所の設定にサプライズを思わせるような気の遣い方を感じる

「ひょっとしてサプライズ?」と思わせるようなデート日時や場所の設定に彼の気遣いを感じたら、まがいもなくプロポーズの前兆でしょう。

さらに彼から「絶対にこの日は空けとていね」と言われたら「そんなに言うなら絶対に何かある」と思わざるを得ません。

彼の態度にそんな気配がプンプンしているなら、確実にプロポーズされます。

彼の緊張感がこちらにも伝わってくるので「いったい何が待っているの?」と身が引き締まる思いでしょう。

それほど彼が緊張するのは、プロポーズこそが一世一代の男の挑戦と思っているからです。

人生でもっとも記念すべきことだし後々まで記憶に残るような出来事、それがプロポーズです。

しかし失敗は許されません。

だから緊張するのです。

そしてプロポーズの日まで、彼の緊張は続きます。

デート日時はもちろん場所に至るまで、必要以上に彼が気づかうのはそのためです。

たとえば「三つ星レストラン予約したよ」などと言われたら、彼が何を隠しているのか簡単に想像できるでしょう。

最後まで場所を隠し通すこともあります。

そんな時の彼は、プロポーズの何もかもをサプライズとして狙っているのです。

彼女の驚きと喜びの表情を想像するだけで、彼は最高にテンションが上がるのです。

デートの時、なんとなくギクシャクしていていつもより緊張している

 

プロポーズしたいと考えている時の彼は、なんとなくギクシャクしていつもより緊張しています。

そして彼のそういうギクシャクした態度こそが、プロポーズの前兆です。

ギクシャクするのは、うまくやろうとするためで失敗を恐れているからです。

なにしろ彼にとってプロポーズは初めてのこと。

何をどうしたらいいのか経験したことがないのでさっぱりわかりません。

せいぜい海外のインスタで、プロポーズするカップルの投稿を見たことがあるくらいでしょう。

彼の中でプロポーズは、想像の世界でしかないのです。

自分のやり方がどありませんから、いざ「プロポーズ」という段になった時もインスタカップルたちの真似をするしかないし、彼にとって何が正解で何がNGなのかもわからないほどです。

プロポーズに自信が持てないと、少しでもそれに関する情報を得ようとネットでリサーチする男性もいます。

これは最高のシチュエーションを演出しようとする彼なりの心づかいです。

そしてすべては彼女を喜ばせたい、幸せにしたいという気持ちの現れなのです。

彼がギクシャクしても、それを指摘したり笑ったりしないように。

ギクシャクするくらいものすごく緊張してるし、それを彼女に悟れるのを1番恐れているのです。

プロポーズの前兆は日常にも潜んでいる!

軽自動車や中古など、安価で実用的な車を欲しがる

プロポーズの前兆は日常にも潜んでいて、たとえば安価で実用的な車を欲しがります。

買い替えを考えていたら、それまでの車に比べグレードダウンしたものを選ぶでしょう。

彼は「中古で十分」とか「軽もいいよね」と言ってきます。

これは何を意味しているのでしょうか?

少なくとも出費を抑えようとしているのは明らかで、出費を抑える=プロポーズと考えてほぼ間違いありません。

彼の中でいよいよ結婚が現実のものとなっている証拠とも取れます。

だからこそ大きな買い物に慎重になるのです。

また小さな買い物にもあれこれ口出ししてくるようになるでしょう。

高いものと安いものが並んでいたら、必ず「安いものを」と言ってきます。

これが彼なりのプロポーズを前提とした行動です。

結婚は何かとお金がかかるものです。

式を挙げるとなるとそれだけで数百万円はかかるし「人生で一度きり」と考えたら、いくらでもお金をかけることができるイベントごとだからです。

しかし肝心なのは結婚式にまつわることより、その後の生活です。

楽しい新婚生活は、潤沢なお金があってこそ成り立つものです。

結婚したことのない彼でもそれくらいは理解しているので、結婚式〜結婚式後にかかる費用を考えると思わず身が引き締まるのでしょう。

今までさほど収支は気にしていなかったのに、いきなり節約家へと変貌を遂げる男性もいるのです。

このようにお金についての考え方に変化が見られた時も、プロポーズの前兆ととらえることができます。

デートはインテリアショップや家電量販店、ホームセンターなどがメイン

プロポーズの前兆が期待できる時、彼はインテリアショップや家電量販店、ホームセンターなどをデートコースに選ぶようになるでしょう。

多くの男性たちはもともと家電屋さんが大好きですが、結婚を意識し出すと今までよりもっと足繁く通うようになるのです。

またインテリアショップでも熱心に品定めするようになりますが、その姿はまるで近い将来の我が家を想像しているかのようです。

彼の目的は商品を買うことではありません。

この時点ではまだお財布の紐は固く閉じたままです。

ではなぜ家庭に必要不可欠な商品を展開する店に行こうとするのでしょうか?

それは彼が、自分の内に秘めたる「家庭のイメージ」を構築しようとするためです。

つまり商品を選ぶようでいて、実はイメージ固めをしているのです。

たとえばソファひとつとってみても、彼女との好みの違いがあれば自ずと選択肢は変わってきます。

しかし自分の好みが彼女と全く同じなら傍目にわからないけれど、彼は飛び上がらんばかりに嬉々としているのです。

そしてやっぱり彼女を嫁にするしかないと、決意も新たにすることでしょう。

まるで彼女を試すかのようですが、彼女と自分と好みのギャップがあればその差を確認するという意味もあって、結婚を考えている人と共有する物をチェックしに行くのです。

何度も通う内に彼の中ではしっかりとそのイメージが固まってきます。

すでに同棲しているなら「一緒に使えるから」とすぐに買うことも出てきますが、これがプロポーズの前兆となるのです。

同棲してるとプロポーズは難しそうですが、彼の行動を前向きにとらえていれば心配することはありません。

彼は将来を共にする女性と一緒に選んだ物を喜んで使う彼女の様子を見れば、それで大満足なのです。

そんな満足を与えてくれる素晴らしい女性にプロポーズしたくなるのは当然です。

ところが彼に「いつも同じところばかりでつまらない」などと文句を言えば彼はすっかり意気消沈し、せっかくプロポーズを考えていたのに突然やめてしまいます。

彼の行動に不平不満はいけません。

プロポーズどころか、すべてがおじゃんになってしまいます。

貯金はもとより、積み立てNISAや株式投資に熱意を傾けるようになる

男性が真剣にプロポーズを考えている時、貯金に精を出す傾向があります。

また貯金だけでなく株式投資や積立NISAなどを考えたり、実際に口座を開くほど積極的です。

彼がやりたいのはできるだけお金を使わないようにすることと、お金を増やすことです。

お金を貯めようとするのは、プロポーズのためだけではないかもしれません。

お金はあればあるほどあらゆる制約がなくなるし、自由を感じるからです。

そんな彼がプロポーズを意識し始めた時、どんな行動の変化を見せるのでしょうか?

・趣味に使っていたお金を全部、貯金に回し始めた

・家飲みが増えた

・友達と遊びにいかなくなった

これらのことがほとんど当てはまるなら、これこそがプロポーズのプロセスを歩み始めたというサインです。

やがて貯金額が増えるにつれ、彼がよりプロポーズに意欲的になるのは明らかでしょう。

このようにプロポーズを意識し出した男性は、余剰金を無駄に使うことなく「まずは貯金」と考えるものなのです。

さらに今あるお金を運用し手堅く貯蓄額を増やそうとしますが、まさに石橋を叩いて渡るタイプなのです。

行き当たりばったりなことはできない性質なので、プロポーズ後も着実な人生設計を組み立ててくれます。

最近結婚した友達の話を羨ましそうにしてくる

結婚したばかりの友達の話を羨ましそうしてしてくる時もプロポーズの前兆としてとらえることができます。

これは彼の感情が先走りすぎて止まらなくなったためです。

もともと結婚への願望はあったのでしょう。

友達の結婚によってその熱意が開花してしまったため、彼は結婚したくてたまらないのです。

そしてその熱意が冷めきらない内にプロポーズを試みてくることでしょう。

彼の中では、少なからず勝算を感じています。

「彼女はきっとプロポーズを受けてくれるだろう」と。

なので決して無謀な試みではないのですが、今のこの情熱が冷めてしまったらもう2度とプロポーズする機会はないだろうとも考えているのです。

プロポーズはある程度、情熱がないと行動には移せません。

というよりもプロポーズしようと考える男性は、そうでない男性に比べ情熱的な性格の持ち主が多いのです。

しかし情熱の炎は、燃え盛る時もあれば鎮火することもあります。

できるなら燃え盛っている方が、お互いに盛り上がるというもの。

結婚したばかりの友達の話を羨ましそうにしているのは、彼の情熱が高まっているという証拠なのです。

そんな彼に「結婚っていいよね〜」と言ってほんの少し煽ってみれば、彼のプロポーズへの熱意は急上昇でしょう。

既婚の友達とよく会ったり遊んだりしながら、プロポーズにまつわるいろいろな情報を聞きだしてくる

プロポーズの前兆として「既婚者の友達とよく会うようになる」ということが挙げられます。

そしてプロポーズのことや結婚式など、どんな経緯で結婚に至ったのかを聞き出します。

包み隠さず何でも話してくれる彼なら、どんなことを話していたか教えてくれるかもしれません。

しかし彼にしてみれば、彼女には隠しておきたい内容の話です。

ですからもし質問したとしても言葉を濁すかもしれませんが、相手が2人共通の友達なら彼がどんなことを聞き出しているか確認できそうです。

友達に「あいつからプロポーズのこと聞かれたよ」と言われたら、彼は確実にプロポーズを考えています。

ところが結婚したことがないなら、当然ながらプロポーズも超初心者です。

超初心者なら誰かに聞くしかありません。

結婚している友達に白羽の矢を立てるのは当然でしょう。

プロポーズにまつわるあれこれを聞き出している彼を思うと可愛らしくも感じますが、このように既婚者の友達にたびたび会ったり遊んだりしながらあれこれ聞き出しているに違いないなら、これもプロポーズしてくる前兆なのです。

  

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

プロポーズの前兆になるきっかけ

彼女の誕生日に彼からサプライズらしき気配を感じる

彼女の誕生日に彼からサプライズらしき気配を感じた時、それはプロポーズの前兆かもしれません。

もしプロポーズでなかったとしても、彼は他に何か考えがあってコソコソとした態度になるのです。

たとえばプロポーズではなくとも、記念日などに彼女に似合いそうなリングを買ってあげようかと画策している時です。

彼が「突然プレゼントして驚かせたい」と思っていてもそこはわかりやすい男性、なかなか彼女に隠し通せるものではありません。

ついサプライズ的気配をかもし出してしまうので、彼女に「ひょっとしてサプライズ?」と悟られてしまうのです。

また彼がプロポーズを断念する可能性もあります。

勢いでプロポーズしようと思ったものの、何らかの理由で途中であきらめてしまう場合もあります。

しかし彼の気持ちが変わったからといって、永遠にプロポーズしてこないわけではありません。

特にプロポーズのように重大な告白を前にして、突然自信がなくなることも十分にあり得るのです。

彼はいつも結婚に関し、はっきりしてくれない性格かもしれません。

そんな彼を、決して責めないようにしてください。

彼を責めてしまうと、その瞬間に彼女への愛情も冷めてしまいます。

プロポーズして欲しかったら、彼に全幅の信頼をおくべきです。

責めるのは彼を信用していないからであって、信用されていないのにプロポーズしろという方が無理な話なのです。

彼の離職や転勤、昇進などで職場の環境が変わると、プロポーズの前兆が起きやすい

同じ職場という場合に限りますが、彼の離職や転勤で職場を離れることになった時、プロポーズの前兆が起きやすいです。

それまで毎日のように顔を合わせていたので、お互いに空気のような存在だったのでしょう。

それが突然に会えなくなるので、やるせない気分になるのは当然です。

やるせなさを解消するには能動的な行動が必要ですが、そのひとつがプロポーズなのです。

一方でやるせなくて辛いのにいつも受け身な男性は、素直に別れを受け入れます。

彼女としては「そこ素直さを出すとこじゃないでしょ!」とイライラしてしまいます。

肝心な時だからこそ、もっと攻めの姿勢になって欲しい…これが女心というものです。

男性の積極性が彼女の高い評価につながるのはこういう時なのです。

積極的な男性は何かあるとすぐに能動的に行動しようとします。

そのため「このままでは完全に別れてしまう」と思い、それがもはや決定的なら絶対に、確実に迷いません。

間違いなく彼は何らかの行動によって、プロポーズの前兆を見せてくれるはずです。

彼がプロポーズを意識する時は、友達や同僚など身近な人の結婚に触発されることが多い

彼がプロポーズを意識するのは友達や同僚など身近な人の結婚式に招待された時、思わず触発された時です。

幸せそうな2人の姿に、彼は自分たちの姿を重ね合わせます。

彼の脳裏には、純白のウェディングドレス姿で微笑む美しい彼女の姿が浮かび上がることでしょう。

彼にとって彼女は、もはやあり得ないほどの崇高な存在です。

そんな風になれるのだろうか?と彼は考えます。

そうなるにはプロポーズするしかないのです。

でも彼は「結婚式を挙げるカップルたちは誰もがそういうシチュエーションを経ているはずだし、俺にだって絶対にできる」と自分を奮い立たせます。

実際にプロポーズを考える時も、結婚式に参列したときの気持ちが反映されていて一連の図式にもなっています。

たとえば、プロポーズ→結婚式→新婚家庭→子供の誕生…といった感じです。

また「自分たちが結婚する時も、感動して結婚したいと思う参列者はいるのかしら?」と考えたり。

このような彼の思考が、彼女にとってはプロポーズの前兆へとつながるのです。

はっきりと前兆とわからなくても「もしかしてそうかも?」という程度にじんわりと感じます。

同棲がスタートすれば、リアルな結婚生活がイメージできるようになる

プロポーズの前兆になるきっかけは、リアルな結婚生活がイメージできるようになった時です。

もっともイメージできるのが、同棲生活のスタートです。

2人で一緒に住み始めた時、結婚はまだでも生活は新婚そのものです。

しかし同棲は結婚とは違います。

結婚とは家族や親族、友人、知人たちに紹介し2人を取り巻く全ての人たちにお目通りすることが不可欠で、同棲はその一部始終をショートカットしています。

お互いの家族に紹介することはあっても、同棲は完全なる公然の関係ではありません。

同棲を始めるとそれなりに生活に追われるので、いざ結婚しようともきっかけが見つからずズルズルした関係になることも多いです。

現代では事実婚のように、籍を入れずに結婚という形をとるケースも増えています。

しかし相手と違う籍だと、あらゆる面で何かと面倒です。

ハードルで考えたら、断然低いのは同棲です。

そして結婚は同棲よりもハードルは高いです。

ハードルを高くしているのは、世間体かもしれません。

あまり世間体を気にしない2人なら良いのですが、家族間では様々な意見を持つ人がいるのが現実です。

すべての人が納得する体制にするのは難しいでしょう。

同棲したからといって彼がすぐにプロポーズするわけではありません。

前兆を感じられないことも大いにあり得ます。

しかし公的な関係を望む彼なら、遅かれ早かれ「結婚」という形を取りたいと考えます。

そうなると彼的には「いずれプロポーズもあり」で、生活を共にしているのでその前兆もわかりやすいでしょう。

彼女が妊娠すれば、どうしたってプロポーズせざるを得ない

妊娠が判明し、彼女自身が「生む」と決めたら、彼はプロポーズせざるを得ないと考えます。

プロポーズとは、結婚への扉を開けること。

子どもができたことがわかった時点で、なおさら彼は子どものために自分たちの歴史を刻もうとするのです。

もうここからは家族としてのスタートを切るべき時なのでしょう。

その一環としてプロポーズは必須なのです。

人によっては、なぁなぁで済ませる男性もいるかもしれません。

しかしそれができない男性は、彼女のお腹に確実に自分の子が育ち始めていると知っているからです。

また誰よりも強い父性を持つ男性はまだ出産前にもかかわらず、すでに父親としてのスタンスを保とうとするため、なぁなぁなどもってのほかなのです。

このように彼にとってプロポーズは、彼女のためでもあり我が子のためでもあるのです。

 

プロポーズの前兆|付き合ってからプロポーズまでの期間

【付き合ってから1~2年】ときめきが消えないうちに情熱だけでプロポーズしてくる

付き合ってから1〜2年くらいの場合、ときめきが消えないうちに情熱だけを持ってプロポーズしてきます。

相手の良いところだけが目に入るので、絶好調のままのプロポーズにお互いに満足でしょう。

恋愛関係の最高潮を迎える時期がだいたいこのあたりくらいまでで、3年を過ぎると徐々に相手に対する熱は冷めていきます。

いわゆる倦怠期がこの時期に当たります。

新鮮味もなくなるので他の異性に目がいくことも多くなるので、浮気が発覚するのも付き合って3年目までの期間がピークです。

それまでにプロポーズするきっかけがなければ倦怠期はそのまま中盤へと差し掛かり、付き合ったり別れたりを繰り返すこともあれば腐れ縁になることもあります。

【付き合ってから半年~1年未満】もともと結婚する前提で付き合っているカップルが最多

付き合ってから半年から1年未満くらいが、もともと結婚を前提として付き合っているカップルの多くがプロポーズする時期です。

周囲も驚くほどのスピード婚ですが、中には「もっと早くプロポーズしてもらってもいい」と考える女性もいます。

このように付き合って半年ほどでプロポーズする男性は、理想の女性を見つけたことに意気込みを感じています。

そして理想の彼女を別の男に取られたくないので、早々にプロポーズしてくるのです。

彼女の方もたいてい彼に熱い思いを抱き、かつ結婚もしたいのでプロポーズの話に速攻で飛びつくのです。

結婚には勢いが必要なこともあります。

勢いがないと結婚に結びつくパワーを失ってしまうからです。

長年付き合っている腐れ縁カップルの多くは、結婚の勢いを完全に失っています。

その点、付き合って半年程度ならお互いに絶大なパワーを持っているので、プロポーズと同時に圧倒されるような勢いで結婚へと前進するのです。

【付き合ってから2~3年】ゆっくりと愛を育み自然にプロポーズされる。同棲や仕事きっかけが多い

付き合って2年〜3年くらいのカップルはゆっくりと愛を育んだ結果、自然な形で彼がプロポーズしてきますが、同棲カップルや仕事きっかけが多いです。

同僚の場合お互いに心を許しあっていても、どうしても仕事の方がメインになるものです。

また周囲の目も気になります。

そのためいつまでたっても彼からのプロポーズはありません。

いつだって先送りなのは、彼にとって仕事は結婚よりも優先したいことだからです。

しかしそんな彼もプロポーズを考えることがありますが、それが人の結婚式に参列した時や結婚のシーンの映像を見た時です。

ふと我に返った彼は、自問自答します。

彼女は結婚したいのではないか?と。

普段は仕事に夢中になっていて結婚のことなどすっかり忘れているのは、2人の関係性が安定しているからです。

そしてゆっくりと愛を育んだ結果と言えるでしょう。

遅かれ早かれ自然にプロポーズしたくなる時が来ますが、その目安が約2〜3年なのです。

【プロポーズなし】どちらからともなく結婚を意識したカップルに多い

プロポーズなしというカップルも意外に多いです。

どちらからともなく結婚を意識したりなんとなくそういう流れになることがほとんどで、いつのまにか結婚生活をスタートさせています。

相性としては悪くないです。

一緒にいることが楽だからでしょう。

お互いに相手に結婚を迫るわけでもなし、誰かと比べることもしません。

相手を好きだけれど、大きな期待をかけて辛い思いをさせることを望まないのです。

一方で結婚を迫る人は常に相手にプレッシャーを与えるので、仮に結婚できても悩みは尽きません。

結婚することが正義なのですが、結婚後も完璧を求めるために苦労が尽きないのです。

相手に「こうあってほしい」という期待をかけます。

そして期待に沿わないと自責の念にかられたり、相手を責めます。

このようなタイプは最初にプロポーズしてくれなかったことを根に持っていることも多いですが、すべては完璧主義による弊害なのです。

プロポーズの前兆があったら女性が気を付けるポイント

乗り気じゃないなら断ること。相手が納得する理由がポイント

プロポーズの前兆を感じた時、もし乗り気じゃないならはっきりと断ってください。

とても重要な案件ですから、相手が納得する理由を考えておいてください。

プロポーズの前兆があったからといっても、すぐに動かなくても大丈夫です。

とりあえず「少し考えさせて」と伝えましょう。

しかし待たせ過ぎるのも良くありませんから、返事はなるべく早くが大事です。

「ごめんなさい。今は考えられないの」と伝えましょう。

lineの場合、長々と理由を述べる必要はありません。

「できるだけ簡潔に」がポイントです。

断られた相手が食い下がってくることもあります。

ストーカーのようにあまりにも目に余るような行動をとってくる時は、第三者に入ってもらいましょう。

嬉しいけど今すぐ決められないなら、はっきりした理由と保留する期間を決めること

プロポーズされて嬉しい反面、今すぐに決められないなら、はっきりした理由と保留する期間を決めてください。

彼にとって望みが持てる理由なら彼女の決断を待てるし、保留する期間を決めておくのは彼に対するせめてのもの優しさです。

しかしプロポーズの返事という場合、結婚する意思があるならその場でOKを出すことをおすすめします。

大好きな彼からプロポーズされるということは、長い人生の間にそう何度もあることではないからです。

一生を添い遂げようとする2人が固い決意のもと結婚への道を歩むのは、人生における最大のハイライトです。

その後の結婚式も盛大なイベントとなることでしょう。

プロポーズは必要不可欠なプロセスですが、迷いがある時は無理に答えを出さなくても良いのです。

とは言え内心では彼しかいないと思っているなら、早目に返事してください。

今か今かと返事を待ちわびている彼を待たせ続けるのは、酷というものです。

嬉しい気持ちに正直になりましょう。

「プロポーズされたらどうする?」結婚までのスケジュールを早めに立てよう

プロポーズされたら、その後はどうしたらいいのでしょうか?

もし結婚式を挙げるなら、当日までのスケジュールを早めに立ててください。

一方で結婚式は挙げないと決めたカップルの多くは、紹介を兼ねた食事会を行なっています。

お互いの家族のスケジュールをすり合わせ、早めにアポイントメントを取りましょう。

おめでたいことですから、どんなことよりも最優先でスケジュール調整してくれるはずです。

またお祝い事は、できるだけ先延ばしにしないことが大事です。

各個人のスケジュールに合わせていたら、いつまでたっても予定を立てることはできません。

「この日」と決めたら、周囲の人たちに合わせてもらうくらいでちょうど良いのです。

ここまで来たら、結婚まであと少し。

晴れの日まで体調管理に努めてください。

プロポーズの前兆にハラハラドキドキしたのも、良い思い出となることでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「プロポーズの前兆は彼の態度が明らかに違ってくる!」

占い師 姫乃
プロポーズの前兆は彼の態度がいつもと違うから、そんな気配がしたらちょっと気をつけてみて。

男性にとってプロポーズは一世一代の大仕事。

だからぜひとも温かく見守ってあげてほしいのだけど、プロポーズしようか迷っている様子ならいつも通り明るく接することが大切なの。

彼女の優しさにきっと彼は勇気づけられるはずよ。

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事