別れるか迷う人へ|悩むなら彼との付き合いを見直すタイミングかも!別れたほうがいい彼氏と別れたくない女性心理を解説
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

彼と別れるか迷ったり悩むなら、彼との付き合いを見直すタイミングかもしれません。

こちらでは別れたほうがいい彼氏と別れたくない女性心理を解説しています。

まずは今すぐ別れたほうがいいか、別れないほうが良いかを彼氏の特徴で見極めていきましょう。

さらに別れるための準備と上手な別れ方、別れるのをためらう女性心理についても紹介していますから、今後のためにぜひ参考になさってみてください。

 

復縁メニューはこちら

別れるか迷う!でも絶対に別れたほうがいい彼の特徴とは

暴力や暴言を繰り返すかと思えば急に優しくなるなど感情の上げ下げが激しい

暴力や暴言を繰り返す男性は、もっとも別れるべき男性です。

特徴としては激昂(げきこう)したかと思えば急に優しくなったりなど、感情の上げ下げが激しいです。

いつも彼の顔色をうかがったり常に戦々恐々といった状況なのは、彼がいつキレるかわからないからです。

なぜ彼はそんなにキレてしまうのでしょう?

キレてしまう原因は、感情のコントロールができないからです。

それどころか自分の感情をコントロールしようなどと、一度たりとも思ったことがありません。

彼の頭の中の無意識の領域の中には「怒りを感じたら所構わず相手にその怒りをぶつける」という図式が成り立っています。

怒りをぶつける相手は、自分よりも立場的に弱い人や優しい性格の人です。

相手がビクビクすればするほどなぜか彼はもっとキレ方がひどくなってしまい、もはや取り付く島もないほどでしょう。

これが暴力や暴言がエスカレートしてしまう原因です。

そうかと思うと人が変わったように優しくなるのも、暴力的な男性の特徴です。

DV男性の中には暴力をはたらいた後、泣きながら花束を抱えながら「もうしないよ、ごめんね」と謝罪する、という考えられない行動をとる人もいます。

泣きながら謝られたら「ひどいことをされたけれど、こんなに優しくしてくれたなら…」と許すしかありません。

別れられなくなるのは、優しい彼が本当の彼氏と勘違いしてしまうからです。

優しいままでいてくれる彼なら何も問題はないのですが、感情の上げ下げが激しい男性は優しいままでとどまってはくれません。

再び、彼女に「怒りという刃(やいば)」を向けるのは間違いないのです。

仮の優しい一面があったとしても、その優しさはペルソナと考えたほうがいいでしょう。

暴力や暴言癖のある彼なら、すぐにでも別れるべきです。

金銭感覚の違いがはなはだしく借金は増える一方!なのに働かない

金銭感覚の違いがあまりにも極端な場合、別れる理由としては十分です。

浪費家の彼の出費が止められないくて借金は増える一方、なのに働かないとくれば将来に期待は持てません。

借金が増える一因として、クレジットカードの多用があります。

カードばかり使っていると、いずれ給料のほとんどを返済に回さなければいけない状況を引き寄せます。

給料日が来ても手元に現金が残らない生活が続くと、次に考えるのはキャッシングです。

クレジットカードさえあれば厳しい審査もなく簡単にお金を借りることができるので、さらに借金は増えてしまいます。

さらに毎月の返済額を減らすためにリボ払いにした時がもっと大変です。

一時的に返済額を減らせるのでホッとするのもつかの間、返しても返しても借金が減らないスパイラルにおちいります。

数社から借り入れるしかなくなると、ついには借金返済のために働くことになってしまいます。

彼がかわいそうだからと彼のためにと一度でも借金の肩代わりをしたら、彼は「助かった!また来月もお願い!」と気安く甘えてくるはずです。

このように金銭感覚が甘い彼の場合、今後の生活が全て借金まみれになるのは確実だし、経済的に余裕があるカップルと借金で首が回らないカップルがいたら理想は間違いなく前者です。

これらのことから、そういう彼とは傷が浅いうちに別れたほうが無難です。

彼の前でつい委縮してしまい自分らしくいられないためつらい

彼の前だとつい萎縮してしまう場合、自分らしくいられないことから「付き合うのもう無理かも」と思うことでしょう。

自分らしくいられないのがどうしても無理なら、勇気を出して別れることを選んでください。

他に重大な問題でもなければ、無理したり我慢するのはよくありません。

「自分さえ我慢すれば」という思いはこの機会に捨ててしまってください。

自分らしく生きるのは、人生における基本中の基本です。

ちょっとした縁から、相性のよくない人との関わりを持つこともあるのです。

「初めは良かったのに、だんだん彼の様子がおかしくなっていった」

「好きだったけど、この頃は会うとすごく萎縮してしまうからつらい」

これは付き合い始めの頃は見えていなかった、彼の本質が現れたということ。

彼に対する印象のマイナスの変化は、今までの考えを改めるべきサインなのです。

多少の我慢ならまだしも、会うたびに我慢の度合いが強くなるようなら早めに別れるべきでしょう。

家族や友達から彼と付き合うのを強く反対されている

親や兄弟姉妹などの家族や友達から彼との付き合いを強く反対されていいて、自分も渋々それに納得しているなら早めに別れたほうがいいかもしれません。

自分にとって大事な人たちが反対しているのです。

付き合いを止めさせようとするのは、それ相応の理由があるからに他なりません。

「彼がどうしても好きになれない」というような好みの問題程度なら多少反対することはあっても、強く意見してくることはないでしょう。

恋愛関係は当人同士の問題なので、周りの人が安易に首を突っ込むわけにはいかないからです。

周りからどんなに反対されても「やっぱり彼のことが好き」というなら、別れずに付き合いたいのは当然です。

しかし強い反対をスルーしたせいで、後々後悔することだけは避けたいもの。

周りのアドバイスに従っておいたほうがいいこともあるのです。

浮気症が疑われる彼なら将来的に浮気するのは確実

別れるべきなのは、浮気性が疑われる彼です。

過去に何度か浮気の事実がある場合、将来も確実に浮気します。

浮気性の男性の多くは女性からモテるタイプで、パートナーがいるいないに関わらず気が多いのです。

また好みの女性から気を引くような態度を取られるとたいてい断れずに、パートナーがいることなどすっかり忘れてその女性とあっさり浮気してしまうのです。

これは癖のようなもので結婚後も変わることはなく、また本人に「完全に浮気と決別する」という気がないので結婚した後はもっと頻繁に浮気が疑われる行動を起こします。

妻が妊娠中に浮気するのも、このタイプの男性です。

幸せな結婚のはずが一転、奈落の底に落ちないようにするためにも、結婚など夢夢考えないほうが身のためです。

早々に別れることを考えてください。

ひと癖ある性格がかなり問題ありでどうしても気になってしまう

ひと癖ある彼の性格にかなり問題がありそれがどうしても気になるなら、別れる方向で考えたほうが良さそうです。

気が合う合わない以前に、相手がひと癖ある性格だと将来的にも問題が大きくなる可能性が高いです。

ひと癖ある人は変わり者と思われていることも多く、周囲の人からもワンクッション距離をおかれています。

また癖の強さから、常に彼女を遠慮なく振り回します。

振り回されるほうは、そのたびにつらい思いをしたり怒りを感じます。

彼の遠慮のなさは、ひとえに恋愛関係にある間柄だからです。

何かにつけ図々しくズカズカと踏み込んでくるので、嫌な思いをすることにももうすっかり慣れきっているかもしれません

彼の言動を総合的に見ると、もしかすると発達障害のジャンルに入るのかもしれません。

発達障害が疑われる時、目安としては周囲の人たちとのコミュニケーションが取りづらかったり、対人関係が明らかに苦手です。

ひと癖あるからといってすべての人が発達障害というわけではありませんが、どうしても気になって仕方がない、うまくいく気がしないと考えているなら別れもやむおえないでしょう。

どうしても無理だし限界。生理的に受け付けなくなってしまった

彼を生理的に受け付けなくなっている場合、早いうちに別れを決断することをおすすめします。

どうしても無理、しかも生理的に絶対に無理なら、その気持ちを大事にするべきです。

自分の意識というよりも本能がそう判断しているからで、さまざまな要素が絡まり合ったことによって起きた感情です。

また生理的に無理な理由を、言葉でうまく説明できないことも多いです。

このような場合、通常の「嫌い」という感情よりも「さらに一歩進んだ嫌い」とか「近寄るのも考えるのも避けたい人」と言い方を変えるとわかりやすいかもしれません。

生理的に無理な理由でもっとも有力なのが「女性ならではの勘」です。

鼻が利くとか、ピンと来たというような女性の勘は、何ものにも勝る優れた感覚だからです。

その勘をスルーするか、信用するかは自分次第です。

しかしどう考えても、将来的にもうまくいかないのは目に見えます。

体だけの関係が続いていて付き合っていると言っても惰性にすぎない

体だけの関係が長く続いているなら、これで彼と付き合っていると言えるのかと悶々と悩んでいることでしょう。

別れたいと思うのは仕方がないし、周囲の人たちにアドバイスを求めても誰もがみな「別れたほうがいいんじゃない?」と言ってくるはずです。

このまま悩み続けても問題は重くなるばかりで解決は遠そうです。

体だけの関係に疑問を持つなら、無駄な時間を過ごしているとそろそろ気づく時が来たのです。

いっときの快楽や安心感を求めているだけならそこから先の上昇はまずあり得ませんし、いつかはどちらかが飽きてしまうというデメリットも潜んでいます。

お互いをいつくしみ大事にし、ともに成長していこうと考えるのが恋愛関係にある相手との黄金律です。

理想の恋愛を願うなら、恋愛の1番素晴らしい部分を味わい損ねている体だけの関係には一刻も早くサヨナラするべきです。

彼に対する恋愛感情ゼロ。マンネリ状態から抜けられない

恋愛感情がゼロという場合、もうすでに彼と別れようと決めているかもしれません。

マンネリ状態な恋愛関係は、継続するか別れるかで非常に悩むところです。

しかしそのままでは確実にマンネリが進みます。

いわゆる「腐れ縁」という関係で、お互いに空気のような存在です。

腐れ縁状態のカップルは多いのですが、実際には「そのままでいい」と考えている人たちも少なくありません。

なぜなら、相手がいなくなることが考えられないから。

これがまさに「空気のような」と形容されるゆえんです。

一般的に相手に対する恋愛感情が続くのは、3年ほどと言われています。

それを過ぎると熱い思いも冷めるので、どのカップルも例外なくマンネリ化へと進むのです。

理想は「彼とは熱々の関係」でも、倦怠期に入っているならそれはどだい無理な話なのです。

彼と別れて新彼ができたとしても、またいつかは倦怠期を迎え再びその彼と別れることになるでしょう。

明らかな性格の不一致。ずっと以前から彼に対する不満が溜まっている

彼とは性格の不一致を強く自覚しているなら、早いうちに別れたほうがいいでしょう。

彼に対する不満がたまる一方だったらなおさらです。

不満に思う原因として彼との意見の相違や、彼の否定的な言動などが挙げられます。

昔から「してもらいたいことを人にもしてあげなさい」とよく言われますが、相手を否定的に見ると相手も否定的になるのは当然なのです。

性格の不一致とは極端な話、して欲しくないことを人にしているということ。

どんなに仲が良い相手でも、して欲しくないことを相手にしてしまうと関係は一気に壊れてしまいます。

それを人は性格の不一致と呼ぶのです。

それでも「私はポジティブに対応しているのに彼はいつもネガティブ」というケースもありますが、ネガティブな人をポジティブに変えることは誰もできません。

カップルの多くは、どちらかが必ずネガティブだったりするものです。

性格の不一致と片付けるのは簡単ですが、相手の考えを尊重するようにすれば相手も自分の意見を尊重してくれるようになります。

とは言え以前からの不満がたまりにたまっていてどうしょうもない場合、修復に向けた解決は簡単ではありません。

いったん別れることを考えましょう。

別れるか迷っても別れないほうがいい彼の特徴

彼にまだ好きという感情が残っている時はやり直せる確率が高い

別れるか迷っても別れないほうがいい場合は彼にまだ好きという感情が残っている時で、やり直せる確率は比較的高いです。

でも迷った時は「大きな決断はしないほうが吉」と考えてください。

あらゆるシチュエーションで同じことが言えますが、たとえば何かを買おうとする時です。

何かを買う時、即決の場合もあればあれこれと迷う時もあります。

もし迷いなしで即決なら、それは手に入れるべきものです。

しかしそこで買おうかどうしようか迷ってしまうなら、買うべきものではありません。

レストランでメニューを見ながら、何を食べようか選ぶ時も同じです。

「これ!」と即決できたなら、自分が欲していた食べ物と合致したということ。

しかしなかなか決められない時は、自分の食べたいものがそのレストランにはなかったのです。

迷いがある時は、このように引き止められるような何かが必ずあります。

彼の方がまだ気持ちが残っているのと同じように彼を好きなら、まだ別れるタイミングではないのです。

別れたいのは一時的な感情かも。冷却期間をおいてみれば復活しそう

「どうしても別れたい」という時こそ、冷却期間をおいてみてください。

別れないで済むばかりか、以前のような仲を取り戻せます。

かたくなな態度で別れたいと思うのは、たいてい一時的な感情です。

一時的な感情に振り回されたまま別れてしまうと、後で後悔することになるでしょう。

後悔先に立たず、です。

いったん別れてしまうと、復縁へのハードルが俄然高くなってしまいます。

すぐに復縁したくても、彼がどう思うかが問題なのです。

少なくとも自分だけの都合だけでヨリを戻すわけにはいきません。

仮に強引に復縁しても、ギクシャクしたりお互いのわだかまりはすぐには消えないでしょう。

これらのことを避けるためにも、冷却期間をおくことはかなり重要になってきます。

冷却期間とは、お互いのわだかまりが消えるまで彼をそっとしておいてあげることです。

一時的な感情だった「別れたい」も、そのあたりから自然に消えていきます。

やり直したい気持ちが彼にも見えるならお互いに復活の余地がある

やり直したい気持ちが彼にも見えるなら、別れない方がいいでしょう。

別れさえしなければ、お互いに復活の余地は十分にあります。

きっかけやタイミングを逃さないよう配慮する必要がありますが、多少積極的に出た方が勝率は高いです。

一般的な男性心理は、迷ったり悩んでいると引きこもる性質があります。

一度引きこもってしまうと、極端に反応が悪くなったり連絡が途絶えたりします。

そういう態度に出てきたら、彼の「少し放っといて」のサインです。

彼への挨拶lineだけは続けてみてください。

NGなのは、彼に言いたいこと全てを長文にして送るlineです。

読む気が失せるだけでなく、スルーされるのは確実です。

挨拶だけなら最初は「うざいな」と思われていても、きっと毎日lineが来るのが楽しみになるはずです。

彼が冷たい反応でも、それに負けずに挨拶だけは続ける。

これが積極性のある行動です。

結婚後の生活や2人の未来がイメージできるため実現するような気がする

彼との結婚生活や2人の未来がイメージできるなら、別れない方が良さそうです。

なんとなくでも「実現しそう」と感じるなら、それが現実化することが多いからです。

イメージできるものはすでに存在しています。

そしてどんなプロセスを経ようとも、必ず現実化します。

しかしあきらめてしまったり想像したものを打ち消してしまうと、未来へのコネクトを遮断することになります。

もし縁あって2人は夫婦になるのが宿命だったとしても、あきらめるとそこで運命が変わってしまうのです。

このように結婚生活や2人の未来をイメージできるということは、ここから先の将来へと繋がっているということですから、もし迷いがあってもあきらめないようにしてみてください。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼氏と別れるか悩むのは?自分の気持ちが揺らいでしまう理由とは

長すぎた春そのもの。付き合いが長いと次なる目標がない

付き合いが長くなると、何を目標にするべきなのか、そして今後2人はどうしたいのかがわからなくなるものです。

まさに長すぎた春そのもので、お互いの将来について触れることがなければずっと今のままでしょう。

以前に比べお互いの気持ちも冷めているためいつ別れてもおかしくない状態だし、また故意に別れようとしなくてもフェイドアウトする可能性さえあります。

このように2人の関係が曖昧な状態の時、別れようかどうしようか悩むのは当然と言えます。

別れるにしても何かきっかけがないと難しいです。

突然の別れ話に彼が納得してくれるのかどうかも謎でしょう。

そんなこんなを考えていると、ますます気持ちが揺らいでしまいます。

彼氏のお手本のようにいい人すぎる相手を振ることができない

まるでお手本のように素晴らしくいい人すぎる彼氏という場合も、別れに迷いが生じます。

別れを告げるということは、結局は彼を振ることになってしまいます。

そのため「いい人すぎる彼を振るなんてとてもできない」と、頭を抱えることでしょう。

彼を傷つけたくないし、彼が悲しむ姿などを見たくないからです。

さらに「あんないい人を振るなんて」と、周囲から悪い噂が立ちそうな予感がするのも別れを躊躇する原因です。

別れた後の孤独な姿を想像しただけで、彼がかわいそうすぎて別れたい気持ちにブレーキがかかります。

かたや「でもやっぱり今のまま我慢できない」という思いが湧き上がってくるのも現実です。

彼に対する思いと自分の考えとのはざまで、さらに悩み続けることになるでしょう。

もうこの先新しい出会いはなさそうだし、ましてや恋人なんてできそうもない

「もうこの先、新しい出会いなんてなさそう」

「別れてもすぐに恋人なんてできそうもない」

彼氏との別れに迷っている時、たいていこんな考えが頭をよぎっています。

出会いがなければ恋人など絶望的だし、絶望を抱えながら生きるよりは現状維持を選ぶ方がまだマシです。

しかし現状維持が決して理想的とは言えないのが恋愛関係です。

もっと愛されたい、もっと好きになりたい。

そう考えるからこそ恋愛関係が向上するのですが、それが望めそうもないなら別れを選ぶのは自然な流れでしょう。

でも新たな出会いはすぐにはなさそう。

そんな時、彼は必然的にキープ案件という位置づけとなるのです。

彼が改善しようと努力しているのがわかるから理解を示したい気もする

別れようか悩むのは、彼が改善しようと努力しているのが見える時です。

彼なりに努力しているなら理解を示したいし、むやみに別れるのは酷な気もします。

それでも無理に別れようものなら、彼はすっかり自信を無くしてしまうかもしれません。

そんな風にさせたくないのは、自分をマイナスな存在と思われたくないからです。

「別れたけれど今までで1番素敵な女性だった」と彼に思われたいという心理も隠れています。

また人によっては、彼なりにやり直そうとしている様子が逆に鼻白む思いとなってしまうこともあります。

別れたくないのが必死に見えて哀れに思えたり、彼の態度に押し付けがましさを感じてしまうためです。

いずれにせよ彼の態度によって、別れに対する心境は微妙に変化します。

将来的に結婚したら彼が変わってくれるかもという期待感がある

将来的に彼が変わってくれるかもしれないという期待感があると、別れたい気持ちに迷いが出ます。

彼との結婚を夢見ていたら、彼が変わるのは結婚と同時です。

結婚して家庭を持ちさらに子どもが生まれれば、否応なしに変わらなければなりません。

このまま別れなければ彼は旦那様になってくれるかもしれないし、良いパパになってくれる可能性もあるのです。

そんな展開を考えれば考えるほど、自分にとって喜ばしいことばかりが浮上します。

将来的に良いこと続きが予想できるなら、今別れるのは賢い選択ではありません。

このように将来を見据えた時なんらかのメリットが見えるなら、「別れたい」という自分の考えが揺らいでしまうでしょう。

別れたら双方の親や共通の友人たちを巻きこんで迷惑をかけそうだから

別れると双方の親や共通の友人たちを巻き込んでしまうかもしれない時、別れたい気持ちが揺らいでしまうものです。

2人を取り巻く人たちの人数が多かったり関係性が深いほど、ますます2人だけの問題ではなくなります。

きっとみんなに迷惑をかけてしまう、そう思うと二の足を踏んで別れを思いとどまりたくなるのです。

別れに迷いがなければどんなに周囲の人たちを巻き込もうが別れるものだし、逆にさっさと見切りを付けます。

見切りをつけられないのは、自分たちに関わってきた人との関係がすぐには切り離せないものだからです。

たとえば職場恋愛の場合、別れるためには相当エネルギーが必要です。

毎日のように顔を合わせることもあり、2人に関わる人たちの数も多いはずです。

「別れた」という噂が広まるやいなや、2人に対する対応が極端によそよそしくなるかもしれません。

あるいは彼の家族とは親戚付き合いのような関係という場合も、別れるのを躊躇させるに十分な理由です。

このように2人の間の人間関係を考えると、自然に気持ちが揺らいでしまうでしょう。

自分が別れたいと思ってるのは一時的な感情からの錯覚かもしれないから

別れたいと思っているのは一時的な感情で、もしかすると錯覚かもしれないと思ったら、別れるのが正解なのか悩んでしまうでしょう。

別れに正解があるかどうかは、誰にもわかりません。

別れたあと理想とする彼に出会えたなら別れたことは正解ですが、激しく後悔したなら別れは不正解です。

しかしこればかりは実際に別れてみなければわからないことです。

せめて、激しく後悔することだけは避けたいと思うのではないでしょうか。

そのためには一時的な感情かどうかをよく確かめる必要があります。

「別れたかったのは実は錯覚だった」となってあとで後悔しても、別れてしまってからではもう遅いのです。

肩書きや経歴がハイスペックなのが彼を手放せない理由のひとつ

肩書や経歴がハイスペックな彼の場合、手放したくないと考えるのは当然でしょう。

彼の性格に問題がないのなら、完全に「別れ損」です。

恋愛関係には損得勘定がつきもので、清らかな愛情だけではやっていけないのが現実です。

カツカツな生活よりは経済的に潤っている生活の方が、確実に身も心も豊かになれそうですから。

しかしお金持ちは意外にお金を出し渋る人が多いということも、頭に入れておく必要があります。

お金持ちのイメージはバンバンお金を使う羽振りの良さですが、実際には激しくケチなタイプも多いからです。

いずれは結婚したいし子ども生みたい。年齢的なことを考えると別れが適切か悩ましい

いずれは結婚したいと考えている時、今、別れるのは適切なのかどうか悩んでしまいます。

子どもを生みたいならさらに条件が厳しくなります。

なぜなら子どもが欲しいとなると年齢的なことも関わってくるからです。

子どもは授かりものですから、欲しければすぐに生まれるというものではありません。

いつできるかは、神のみぞ知るところです。

高齢出産は増える傾向にありますが、リスクも並行して増えます。

そう考えると出産や子育ては早いうちに済ませてしまうのがベストでしょう。

年齢的に残された時間があまりないなら別れるタイミングではないかもしれませんが、結婚や子どものことを本気で考えた時に別れに迷いが出るのはごく自然なことなのです。

別れるか迷う彼氏に別れを告げる前にすべき事

彼と少しだけ距離を取ってみたり離れて過ごす時間を増やす

彼に別れを告げる前に、少しだけ距離をとってみてください。

離れて過ごす時間を増やせば、迷う気持ちを整理することができます。

別れることばかり考えていても、相手と距離をおけばグッドアイディアなひらめきが起きたりするものです。

ひらめきや直感は、冷静にならないと起きません。

そのためには彼と距離をおくことが重要になってきます。

距離をおけば、2人の間にスペースが生まれます。

ほどよいスペースが生まれると、別れたいと迷っていた気持ちにも変化が現れるのです。

別れるか迷っていたらとりあえず距離をおくこと。

まずやってみるべきは、これです。

連絡するのをやめる。自分からは連絡しないが彼から連絡には普通に対応する

彼と距離をおくもっとも効果的な方法が「連絡しない」ということです。

自分からは連絡しないようにしてください。

そして彼からの連絡には普通に対応するのがポイントです。

邪険にしたり面倒そうにするのは、彼の心象を悪くするだけでなく波動的にもNGです。

心の中ではちょっと面倒だな、と思っていても普通に接するよう心がけましょう。

笑顔になれなくても無理やりにでも笑顔を作ることで、場の空気が変わります。

この時ばかりは迷っているマイナスな気持ちをそのままに顔に出すのはやめ、笑顔でいるようにしてください。

繰り返していくうちに、笑顔でいることが苦でなくなります。

笑顔はポジティブな結果を引き寄せるので、ぜひ習慣にすることをおすすめします。

別れようと決めても、最終的に彼と結婚できるできないの判断基準を挙げてみる

別れようと決めても、まだやるべきことがあります。

それが最終的に彼と結婚できるかできないかの判断基準を挙げてみることです。

まずはどんな判断基準があるのか、ザックリ見ていきましょう。

*結婚できる基準
・2人ともまだお互いに好意をもっている

・2人の関係をお互いの家族が認めている

・どちらも他に好きな人がいない

・過去、恋愛関係にあった異性とは完全に切れている

・お互いに結婚に前向きである

*結婚できない基準
・双方で付き合うことに消極的

・相手が結婚に興味なし

・他好き相手とまだ完全に切れていない

同じ原因でケンカを繰り返していないか、共通点を振り返ってみる

彼と別れたいと考えている人の多くは、ケンカの原因がだいたいいつも同じです。

いざ別れようと決心しても、その前にケンカになった原因にはどんな共通点があったのか振り返ることをやってみてください。

言い争ったり対立するなど、ケンカのほとんどは感情的になっています。

感情的になると冷静な判断ができません。

冷静な判断ができないと、自分がどんな風にケンカしたのかすら思い出せません。

それくらい冷静さを失うことは、大変なデメリットなのです。

別れようと決めた時こそ、ケンカしたときのことを振り返るタイミングです。

ケンカしている時は見えなかったことが、少しずつ見えてくることでしょう。

そして「同じことでケンカしてばかりいたから別れることしか考えなくなった」ということがわかってきたり、反省点や後悔も浮き彫りになります。

彼の好ましくない点を思い出し、そんな彼を愛せるか自分に聞いてみる

別れる前に、彼の好ましくない点の数々を思い出してみてください。

そして最終的にそんな彼を愛せるかどうか自分に聞いてみましょう。

「絶対無理」なら、別れに王手がかかっている状態ですから、何があっても別れを選ぶことでしょう。

しかし「彼に好ましくない点があるってことは、自分にも好ましくない点があるってこと」と気づける人なら、すぐに別れを選ぶことはしないはずです。

確かに誰にでも好ましくない点はあるし、この世に完璧な人は存在しません。

彼に好ましくない問題があっても、それを許せるかがポイントです。

自分にも好ましくない点があるなら、彼を許すしかありません。

そうなれば彼と別れる必要もなくなるのです。

別れたくないなら「変われるのは彼ではなく自分」ということを十分に自覚する

本当は別れたくないなら、変われるのは自分だけと自覚することが大切です。

別れに至るまでの状況を思い出してみると、お互いに問題があったことが徐々にわかってくるものです。

彼に直して欲しいところがあっても、それを言ったところで彼は言う通りにしてくれません。

どんなに優しくさとしたとしても、彼は抵抗を示すだけです。

変われるのは自分だけです。

自分が変われば、驚くほど彼も変わってくれるのです。

その点だけ自覚しておけば彼に無駄な期待を抱くこともないので、お互いにリラックスした関係を続けることができます。

彼と別れるか迷っている根本的な原因を探ってみると意外なことが見つかる

彼と別れようとしている背景には根本的な原因があり、迷っていると気づけない意外なことが見つかるものです。

根本の根本を探ってみると見えてくるのは、実に些細なことだったりします。

そしてそんな些細なことがベースで「別れ」という大きな問題にまで発展したわけで「このめんどくささから逃げるには別れるしかない」と別れだけに焦点を当てるようになってしまうのです。

ところが根本の原因は取り立てて重大なことでもなく、つまらないことだったりします。

このように考えられれば「別れるまでもないのでは?」と気づけるため、迷いを払拭することができます。

今、自分がどんな感情でどんな思いなのかをすべて書き出し頭の中を整理する

今の自分の感情やため込んだ思いをすべて書き出すことは、脳内の整理に役立ちます。

じっくり考えれば頭の中は整理できるような気がするものですが、実は考えれば考えるほど脳内は混乱しています。

頭の中を整理するには、アウトプットすることが大事です。

迷いに迷っている膨大な思考の数々は、書き出すことで簡単に整理することができるのです。

紙とボールペンを用意し、まずは自分の心が今何を感じているかを書いてみてください。

つらい、苦しい、泣きたい…、思いつくままに書きましょう。

次に、自分はどうしたいのかを書いてください。

別れたくない、別れたくないけどもうどうしようもない、彼がどう思っているのかわからない…などなど。

頭に浮かんだ思考をかたっぱしから書き出すのがコツです。

最後に彼に対する思いを書き出していきましょう。

もっと優しくしてくれたらいいのに、彼のことがやっぱり好き、彼がいないとダメになるかも…etc。

自分の正直な思いを紙に書いて吐き出していくうちに、迷って暗くなっていた心が軽くなっていくことでしょう。

2人の間にある問題点を洗い出してみる。別れる前提を捨てれば改善点は見つかる

別れる前提を捨て2人の間にはびこる問題を洗い出してみてください。

必ず改善点が見つかります。

改善点を見つけるためには、別れようかどうしようかという悩みはいったん横に置いておくことが大前提です。

問題は解決するために起きます。

相手に対する不満や問題点を考えているだけでは、そこで足踏みをしている状態です。

不満があるなら「それじゃ自分はどうしたいのか?」と、一歩前に踏み込むことがとても大事なのです。

そうやって考えれば改善点はすぐに見つかります。

別ればかりを考えていたのがまるで嘘のような心境になるはずです。

付き合ってきた歳月を振り返る。2人の歴史年表を書いてみて

別れようが悩んでいたら、付き合ってきた歳月を振り返ってみてください。

ただ頭で考えるだけでなく、2人の歴史年表を書いてみるとわかりやすいです。

出会い〜嬉しい思い出〜悲しい思い出〜ケンカしたこと〜別れようと思うまで、時系列ですべて書き出します。

書いていくうちに、思い出が走馬灯のようによみがえることでしょう。

まぎれもなく彼と歩んできた2人だけの歴史です。

どんな感情が起きるか書いてみなければわかりませんが、2人の歴史を振り返るうちに彼と生きる未来を試したくなったり、とりあえず今は別れるのはやめとこうと決心できるかもしれません。

彼氏と別れると決意したなら|彼と上手に別れるために

本気で別れたくても3日考えれば一時的な気の迷いかどうかがわかる

本気で別れたいと思っても、3日考えれば一時的な気の迷いかどうかがわかります。

強く別れたいと思う時ほど感情に左右されていますが、なぜそれがダメなのでしょうか?

なぜなら正しい判断ができないからです。

一時的な気の迷いで別れてしまうカップルの多くは、感情に左右されて正しい判断ができていません。

別れるようかと激しく悩むようなら、3日間だけ行動に移さずに過ごしてみてください。

次第に冷静な気分へと変化していくことでしょう。

正しい判断が下せるのはそこからです。

預かっている彼の私物の整理を少しずつ始めてみる

上手に別れようと思ったら、彼の私物の整理を始めてみてください。

彼のものを整理していくうちに、心の整理も共に行えます。

迷いが出てくるのは、さまざまなしがらみがあるからです。

そして物に対するしがらみも、私たちに影響を及ぼすことを忘れてはいけません。

彼から預かった物、彼からもらった物、すべてを並べてみましょう。

どんな思いが湧き上がってくるでしょうか?

イヤな気分、懐かしい気分、やっぱり別れたくない気分…、表面に出てくるあらゆる思いを全部味わってください。

処分できそうだったら、できるだけ処分しましょう。

そうやっていくうちに、彼への思いをすべて吹っ切ることができます。

相手を責めたり欠点を突き詰めないのが上手に別れるコツ

彼と上手に別れるには相手を責めたり欠点を突き詰めたりしないこと、そして別れる原因を相手のせいにしないことが重要です。

彼にどんなに問題があろうとも、うまくいかなかったことを彼のせいにしてはいけません。

究極なことを言えば、問題のある彼氏を選んだ人にも問題があるのです。

その点から目を背けないようにしてください。

今後新しい出会いがあった時、再び同じような問題が起きて別れることになってしまいます。

相手の欠点を指摘し、改善するように求めないことも大切です。

もしどうしても欠点が気になるなら「こうしてくれると嬉しいな」というように、前向きにお願いするとうまくいきます。

別れることを問い詰められても見苦しい言い訳はしないこと

別れることを彼に問い詰められても、見苦しい言い訳はしないことが大切です。

言い訳をするとせっかく上手に別れようとしているのに、すべてが台無しになってしまいます。

彼の態度に必要以上に反応しないこと。

何か問い詰められても、サラリと交わしたりスルーしましょう。

あわてて言い訳してしまったら、後の祭りです。

別れる前も別れた後も、彼の印象がマイナスになるのは確実です。

深刻な言い方は避け、サラリと明るい態度でいることが大切

彼に対して深刻な言い方は避けるようにしてください。

別れ話ともなると深刻な態度はスタンダードと思われがちです。

しかしさらりと明るい態度でいれば、別れにまつわるマイナスな要素を引き寄せません。

別れると言ってもマイナスな要素ばかりではなく、前向きにとらえられるのならむしろプラスの方が大きいのです。

頭からマイナスと思っていると、100%スムーズには進みません。

たとえばなんらかの問題が勃発したりなど、2人の関係がこじれてしまうことが多いです。

さらに自分の力だけでなんとかしようと頑張っても、たいてい良い結果に恵まれることはありません。

こと別れ話に関しては、結果に期待して頑張らない方が良いのです。

なぜなら頑張ってしまうとほとんどの場合、期待外れに終わってしまうからです。

完璧にうまくいくためには、ある程度流れに乗ってしまった方が吉です。

サラリと明るい態度を心がけ、後はなすがまま流れに任せましょう。

2人の思い出の品を処分し、次のステージに向けた新たな空間を作る

上手に別れようと思ったら、2人の思い出の品を処分し始めてください。

別れをきっかけにリセットし次なるステージに行きたいのなら、彼と共通の思い出を象徴する品物を目の前から無くすことが重要なのです。

しかし思い出の品をいつも目に触れるところに置いておくと、リセットはおろか新たな出会いまで阻止してしまうのです。

これは目には見えない彼の波動がしっかりと付いているためです。

その波動は彼の意識とは異なり、触れただけでしがらみとなるため次へと進もうとする障害となるのです。

ちょっと難しい話かもしれませんが、これが無意識の領域における波動の影響なのです。

彼と連絡を取らずにいよう。彼を忘れれば忘れるほど別れはスムーズ

うまく別れるには今後一切、彼と連絡を取らずにいてみてください。

彼を忘れれば忘れるほど、別れはスムーズです。

と言ってもそんな簡単に彼のことを忘れることはできるのでしょうか。

言うは易し、行うは難し。

「そんな簡単に忘れられれば苦労はしない」と言う声が聞こえてきそうです。

でも完全に忘れられなくても良いのです。

なぜなら忘れよう忘れようとすれば、もっと思い出してしまうからです。

脳はいちどきにたくさんの情報を処理することはできませんから、彼を忘れようとするよりももっと楽しいことに時間をさいてみてください。

これが彼を忘れる最短コースです。

彼を忘れて心から楽しめることをやれば、連絡することさえ忘れてしまうでしょう。

彼に対する執着も薄れるので、さらに別れがスムーズになります。

二人きりで会わない。スムーズに別れるなら共通の友人を交える

別れをよりスムーズにするためには、共通の友人を交えるという方法があります。

友人を巻き込んでしまうことに多少抵抗はあるものの、事情を話せばわかってくれるはずです。

それどころか大事な局面のフォローができることは、友人にとって喜びでもあるのです。

勇気を持って、友人に同席をお願いしてみてください。

2人だけで別れ話をするよりも、友人というワンクッションを置くことで、さらに上手に別れることができます。

直接会ってはっきり伝えれば、相手に誤解を与えずに済む

直接会って別れたいとはっきり伝えれば、変な誤解を与えなくて済みます。

別れる時、問題が大きくなりやすいのが誤解です。

誤解はさらなる誤解を招きやすいため、事前に誤解されないためには真実を伝えなければなりません。

それには会って話すこと。

これしかありません。

会うことを恐れないでください。

なんとか頑張って会って、目を見て真摯に話せば彼は必ずわかってくれるはずです。

彼に対する感謝の気持ちが大事。良い方向性を保ったままうまく別れられる

彼に対する感謝の気持ちを忘れずにいてください。

別れという状況の中でも、良い方向性を保ったままきっとうまく別れることができます。

具体的にどうすればいいのでしょうか?

彼に面と向かって「今までありがとう」と言うことも大切です。

しかし彼をふと思い出した時にも「ありがとう」とつぶやいてください。

感謝の思いは波動となって彼に届きます。

それどころか、神々しい光となって再び自分のハートへと戻ってくるのです。

その瞬間、別れによってできた心の隙間がうめられていくのを感じることでしょう。

別れようと思っている彼が怒ってばかりいるタイプだったら、この記事も必読です。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「別れるか迷った時点で女性は別れを予感しているのかも」

占い師 姫乃
彼と別れようかと迷っている時点でもう別れを予感しているかもしれないし、あるいは彼のことなどすっかり吹っ切れている可能性もある。

女性って吹っ切るのがすっごく早いから、そういう意味では次のステージへが見えてくるのも早い。

でもその前に彼と別れなくちゃならないけどね。

そして別れを順序立てて検証していくと、順調な流れを邪魔するのはいつだって自分の感情なの。

自分の感情なのにコントロールするってすごく難しい。

けどそれが感情の本質ってわけ。

彼との別れにもし迷いが起きたら、またこの記事を読み返してみて。

間違いなく新たな気づきがあるはずよ。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事