元カレが飲み会に誘ってくる心理を解明!元彼との復縁を考えた時誘いに乗るか断るか判断する方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

元彼に飲み会に誘われたことはありますか?

「別れたのにどうして?」と混乱してしまったら、この記事が役に立ちます。

この記事では、元彼が飲み会の誘ってきた時の心理について詳しくご紹介しています。

元彼が飲み会に誘ってくる心理が解明できれば、飲み会の誘いに乗るか断るかを判断できるはず。

もし元カレとの復縁の可能性があるとしたら誘いに乗った方がいいのか、それとも断った方がいいのかが必ず分かります。

復縁のハードルを突破できる方法を、さっそく見ていきましょう。

復縁メニューはこちら

元カレが元カノを飲み会に誘う心理とは?

別れたあと急に元カノを思い出して、久しぶりに顔を見たくなったから

元カレが元カノを飲み会に誘う心理の一つが「久しぶりに元カノの顔を見たくなったから」です。

その心理はとても衝動的で、いてもたってもいられないほどの強い感情を持っています。

男性心理はとてもシンプルで、単純に「あいつに会いたいなぁ」とだけ考えます。

会いたい心理には「元カノの顔が見たい」という欲求も含まれます。

この時点では、この欲求に特別な理由はありません。

心の中に宿っている元カノのイメージと実際の元カノを合致させたいだけで、元カノの顔が見れればそれで満足なのです。

しかしそう考えたところで、すぐにその考えは行き詰まってしまいます。

何せ「2人は別れた」のです。

「ただ会いたいから」と言って、具体的にはどうすればいいのかが分かりません。

この時の男性心理は、付き合っていた頃の楽しかった思い出だけです。

「優しかった元カノの可愛い笑顔をひと目でも見たい」と願う深層心理に潜んでいるのは「寂しさ」です。

その寂しさをなんとかしたいと考えた時、元カレが真っ先に思い出すのが元カノの笑顔なのです。

別れたことをいまさらながら後悔しているので、あわよくば復縁のきっかけにしようと思っている

元カレが飲み会に誘うのは、別れたことをいまさらながら後悔している時です。

「後悔していても仕方がないし、あわよくば元カノと復縁できるのなら」とそのきっかけを探しているのです。

元カノに会うためのきっかけをあれこれ探しますが、行き着いたのが「飲み会」です。

居酒屋での飲み会はたいてい4人以上のグループで行うイメージですから、2人で会うことはまずありません。

もしまだお互いに別れた気まずさがあったとしても、複数の人たちが一緒ならおそらく大丈夫だろうと考えます。

また元カノに会いたい時「飲み会が一番手取り早い」と気づきます。

飲み会なら気楽な雰囲気だし、アルコールの酔いが回るにつれかたくなだった気持ちがどんどん解放されていきます。

気付いたら再び以前のようにお腹を抱えて大笑いするような、そんな楽しいひと時を過ごしていることでしょう。

この時、元カレは「元カノがこんなに楽しそうなら復縁はOKかも」と期待しています。

復縁は考えていないが、気の合う飲み友達として誘った

元彼が飲み会に誘って来た時、復縁は考えていない場合もあります。

一応過去に付き合っていた、という経緯もあって「気の合う友達の1人」として誘ってきます。

ただし「この時点では」という前置きが付きます。

「飲み」という名目で誘ってきた場合、お互いにかなりお酒好きには間違いないでしょう。

さんざん2人で飲みに行ったことも、別れた今となっては懐かしい思い出です。

お酒は心の制限を取っ払います。

お酒を飲んでいない時は自制心が働いていますが、お酒が回るといつの間にか自制心がゆるみます。

さらに酔ってくると、心に溜まっていたことを吐き出すようになります。

突然泣き上戸になったり、笑いが止まらない、上機嫌になったり、怒り出す人もいるなど、感情表現が豊かになるのはお酒によってタガが外れるのためです。

これはその時の体調や感情の状態によっても変わるので、どんな感情が出てくるかは想像もつきません。

元カレについても飲み会で元カノが同席した時、どんな感情が出てくるか自分でもわからないのです。

このような時、初めは復縁は考えずに元カノを誘ったとしても、お酒を飲むにつれ感情に微妙な変化が起きます。

少なくともこの時点では、飲み友達の延長線上に「復縁」があることに、まだ気づきません。

また元カノと「したい」だけ。自分の都合だけで誘ってくることもある

元カレは「元カノとまたしたい」と、体の関係を求めるためだけに飲み会に誘ってくることもあります。

自分の都合だけを考え、元カノに近づきます。

そこには元カノを愛する気持ちや、復縁を望む気持ちは皆無です。

何より元カノとの相性を知っているからにほかなりませんが、関係を持ったからと言って復縁するつもりなどないのです。

とは言え、元カレがそうしてしまうのは元カノにも原因があります。

まずは、体の関係をつい軽く見てしまったり、誘われたらすぐにホテルに行ってしまうなどです。

このようなタイプの女性だったら、アルコールが入れば間違いなく元カレと体の関係に進んでしまいます。

元カレにとってはこれほど好都合なことはありません。

「とりあえずしたい欲求は満たせる」のですから。

しかしここには「簡単に手に入るものは大切にしない」という心理も働いています。

簡単に元彼と体の関係を復活させてしまったら、それっきりになってしまうか、腐れ縁のような状態になってしまう確率が高いです。

何となく孤独を感じたり、元カノが同席してくれたらどんなにいいだろうと思ったから

元彼は何となく孤独を感じたり寂しい時、飲み会を口実に元カノに会おうとすることもあります。

飲み会参加者が元カノもよく知っている顔ぶれだけだったら、当然誘いやすいはずです。

元カレは飲み会を計画する時、当初から元カノを参加者に入れています。

なぜなら「元カノがいるのといないのでは雲泥の差」と考えているためです。

久しぶりに会えばきっと昔話に花が咲くだろうし、寂しさや孤独感も癒されるだろうと期待します。

このように孤独感から「自分には何かが足りない」と感じる時「それは元カノの存在だった」ということもよくあります。

元カノに特別に何かをして欲しい、というわけではなく「ただ同席して欲しい」という単純な理由で飲み会に誘うのです。

復縁したい彼に飲み会に誘われたときに元カノがするべき反応

誘われたから行くのか、本当は行きたくないのかを自分に聞いてみる

元カレに飲み会に誘われたとき、誘われたいから行くのか、それとも本当は行きたくないのかを自分に聞いてみます。

こう自分に聞くことで、自分は本当はどうしたいのかが見えてきます。

自分の気持ちの中に少しでも復縁したい思いがあるなら、行ってみたい気もします。

誘われた相手が元カレではなく、別の参加者だったらちょっと考えてしまうかもしれません。

元カレから直接誘われたのではないので、元カレがどう思うかわからないからです。

もしかしたらあまり良い印象がないかもしれないし、迷惑かもしれない、と思うと二つ返事で「参加OK」にはできません。

元カレがどう思うか考えすぎてしまいます。

しかしどんなに考えても元カレがどう思うか、本当のところはわかりません。

もし悩みすぎて「行きたくないな」と思ったら、断りましょう。

直感で「行きたくない」と感じた時も、自分の直感を信じましょう。

直感は「ネガティブな何か」を感じ取るだけでなく、実際にネガティブな出来事を引き寄せてしまいます。

もし少しでも「行きたくない」という気持ちが見えたら、それを「行かない」という判断基準にしましょう。

ただし復縁へのチャレンジ精神があるなら「行きたくないな」と思ってもあえて「行く」のもアリです。

なぜなら復縁にはきっかけがないと、前に進まないからです。

そのきっかけが目の前にあるのに、みすみす手放す手はありません。

飲み会に行った時にどんな展開になるかは、誰にもわからないのです。

自分の判断で「こうなるだろう」と思い込んでいると、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

とっさに「めんどくさい」と思っても復縁の可能性があるなら行く価値はある

飲み会に誘われた時、とっさに「めんどくさい」と思うこともあります。

しかし復縁の可能性が少しでもあるなら、飲み会に行く価値はあります。

飲み会だけに限らず誰かに何かに誘われる時は、自分が想定していないことに関してだと「乗り気になるか」「めんどくさい」と思うかのどちらかです。

特に体調があまり良くなかったり、「お酒に強くない」とか「お酒が飲めない」という時は、「なんかめんどくさい」と反射的に思うものです。

気乗りしないままで「どう返事をしようか?」という悩ましい状況になるのはこのような時です。

また、何かにつけ「めんどくさい」と思ってしまうのが癖になっていることはないでしょうか。

この癖は、とてもネガティブなものです。

行動力を失うため、目の前にある絶好のチャンスを手にすることができません。

このようなネガティブな思い込みを即急にポジティブなものに変えるのは、ちょっと大変かもしれません。

なぜなら自分の思い込みは「正論」と信じているためです。

正論と思っていた考えが実はネガティブなものなので「何もかもうまくいかない」という現実を招くことになります。

復縁に関しても、同じことが言えます。

「めんどくさい」と感じた時、それに従って行かないことを選ぶか、それとも「めんどくさい」と思う気持ちをいったん外してみることを選ぶかによって、復縁への困難度が変ります。

参加するかどうか迷ったら、相手を待たせるのは最長3日までとする

飲み会に誘われた時、参加するかどうか迷っていたら返事を待ってもらうのは最長3日くらいまでとします。

もし飲み会の直前に誘われたら?

誘われたのがもし飲み会前日だったら、断った方があとあと良い方向性になることが多いです。

直前の誘いに乗ってくる女性には、軽い印象しかあたえません。

見方を変えれば「気のいい人」です。

しかし直前の誘いに乗ってしまうとその後も都合よく扱われれてしまう可能性が出てきます。

多くの場合、都合のいい女性は大事にされません。

それを承知の上で復縁を求めるのは、あまり得策とは言えないでしょう。

誰でも復縁できたら元カレに大事にされたいのではないでしょうか。

それだったら、誘いにホイホイ乗ることだけはやめましょう。

簡単に手に入れられる女性ほど「ポイ」されやすいのです。

もし飲み会まで時間があったとしても、返事は少し待ってもらうのがいいかもしれません。

 

「待ってました!」とばかりに飲み会の話に飛びつかないようにする

元カレに飲み会に誘われても「待ってました!」とばかりに、その話には飛びつかないようにします。

もし元カレが復縁目当てで誘ったのなら、100歩譲って「良し」としましょう。

でもまだそれはわからない状態です。

ここで問題なのは「誘っても断られるかもしれない」と元カレに思われていた時です。

ところがあまりにも食いつきのいい反応に、元カレはドン引きしてしまうかもしれません。

せっかくのチャンスに水を差してしまう可能性もあります。

このように、元カレが「復縁すべきかどうか」という微妙な心境でいる時は、少々慎重になった方がいいでしょう。

「即返はせず、飛びつかず」がポイントです。

そうとは言え、興味なさげに断ったり、「仕方なく行く風」を装うのはもっと逆効果です。

快く参加表明すれば、元カレは好印象を抱きます。

笑顔で素直に「誘ってくれてありがとう」と言おう

復縁したい元カレが飲み会に誘ってくれた時、一番ベストな反応が「誘ってくれてありがとう」と言うことです。

素直に嬉しい気持ちを込め、笑顔で「ありがとう」と言いましょう。

感謝する内容は「飲み会に誘ってくれたこと」と「元カレが自分を思い出してくれたこと」に対してだけです。

別れた時のいざこざはさておき、元カレが誘ってくれたということはお互いの関係が一歩修復されたということです。

人間関係の問題を修復する最初の一歩は、まずはどちらかが折れるしかありません。

その最初の一歩をかって出てくれた元カレに表現するのは「感謝のみ」です。

感謝には笑顔が必須です。

笑顔はミラクルなパワーがあります。

それまでどんなに関係がこじれていたとしても、相手の笑顔を見たとたんにプラスの印象に激変します。

混沌とした元カレへの想いがあってもそれはいったん横に置いておき、笑顔で感謝の言葉を伝えましょう。

元カレが何か企んでいるんじゃないか?と裏事情を探ろうとしない

もし元カレへのネガティブな思いがあったら「元カレが何か企んでいるんじゃないか?」と探ろうとしてはいけません。

いつも「元カレは何を考えているのかわからない」と思っていると、こんな風に裏事情を探ろうとしてしまいます。

しかしそれを探ったところで、真実はわからないままでしょう。

裏事情を探ろうとする深層心理には「不安」が潜んでいます。

不安を感じるとそれをなんとかかき消そうと、隠された真実を知ろうとするものです。

これは白黒ハッキリさせたがる性質の女性に多いです。

頭の中はあらゆる可能性がごっちゃに入り混じり、スッキリしません。

行こうか、それとも断ろうか。

行ってみたらどうなるのか、など不安だらけでしょう。

誘われた時点でその真意を探っても回答は出てきません。

このような時は、頭で考えるだけでなく行動に移しましょう。

ネガティブな思考でいっぱいだったらなおさら、行動にうつすことでポジティブな思考に変えることができます。

思いも寄らない出来事が起きるのは、こういう時です。

復縁のチャンスをつかむには「行動あるのみ」です。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元カレの誘いに乗ってもいい時と、断る時の目安

体目的なら断った方がいいのは、腐れ縁に繋がりやすいから

元カレの誘いを断った方がいいのは「カラダ目的」の場合です。

元カレの目的が「元カノとすることだけ」であれば、誘いに乗ったあと仮に復縁したとしても腐れ縁になってしまう可能性が高いです。

いわゆる「ヤリモク」の関係は、理想の恋愛関係からかけ離れすぎています。

デートも「ホテル直行」なんていうことになりかねません。

一見愛されているように感じますが、そこにある愛情のようなものは残念ながら見せかけだけのものです。

「それでも元カレと会えるならいい」というように納得ずくなら仕方ありません。

何が理想なのかは人それぞれに考え方も違います。

しかしその後に待っているのが「腐れ縁」です。

また体だけの関係は、長続きしにくいのです。

気付いたら元カレから捨てられていた、なんてことにならないようにしたいものです。

何度も復縁を繰り返していて、元カレが何を考えているかわからないのならいったん断る

元カレと今までに何度も復縁を繰り返していたなら、いったんは断った方がいいです。

飲み会に誘ってくる元彼は、いったい何を考えているのかわからないかもしれません。

もしかしたらいつでも何を考えているかわからなければ、それが復縁をはばむ原因でしょう。

このような関係だったら別れた後どんなに仕切り直しても、結局はうまくいかないのです。

復縁しても再び別れる可能性が高いです。

「やり直す」と決まった時には、希望が持てるし、過去に何があってもすべてがクリアできそうと思うものです。

しかしその希望もそこまでで、また同じようなことで悩むでしょう。

男性心理は女性には理解しかねることがたくさんあります。

理解しようとすればするほど、苦しくなってしまいます。

実はこの苦しみが、いとも簡単に別れを引き寄せてしまう原因です。

男性心理は、理解できない部分があるのが当たり前です。

飲み会に誘う元カレの心理状態についても同じです。

わからなければわかる必要はないのです。

わからないで悩むくらいなら、断った方があとあとスッキリです。

しかし元カレはまた別の形でアプローチしてくるかもしれません。

アプローチの仕方によって、臨機応変に対応するようにしてください。

明るい気持ちで接することができないのなら、元カレのアプローチは断りましょう。

純粋に飲み会に参加したいのなら、元カレのことは考えない

もし純粋に飲み会が楽しそうで参加したいのなら、誘いに乗っても大丈夫です。

ここで大切なのが「元カレのことは考えない」ということです。

元カレに気持ちをフォーカスしてしまうと、他のメンツとのやり取りが実に不自然になってしまいます。

元カレとあなたとの関係をみんなが知っているのならなおさらでしょう。

「もう終わっているけれど、自然に飲み会で顔を合わせられる関係」なら、2人がとても素敵に見えるはずです。

しかし2人の様子がギクシャクしていたら、周囲の人たちがとても気を遣うことになります。

飲み会を純粋に楽しみましょう。

それには元カレがいる、いないは関係ありません。

飲んで食べて、心から笑い、お互いの気持ちを共有すれば、最高のリフレッシュになるはずです。

逆にこのことで元カレが抱くあなたへの印象もプラスに傾く、ということも頭の片隅に入れておいてください。

 

復縁したいならあまり乗り気を見せずに笑顔で誘いに乗る

復縁したいなら誘いに乗るとき、あまり気乗りしない様子で参加表明することが大切です。

しかしここでも「笑顔」は忘れずに。

LINEでやり取りするなら、乗り気な気分は出さないようにします。

「乗り気ではないけれど、悪い気はしない」という意味で、返信とともに軽妙なスタンプも添えます。

いざ飲み会、という時もここは慎重にいきましょう。

「心から楽しむ」ことを念頭に、決して飲み過ぎないように。

ここでは復縁したい気持ちをグッと抑え、この場を楽しむことだけに専念します。

お酒が好きならなおさら、乱れないように注意しましょう。

チェイサーとしてソフトドリンクを忘れずにオーダーすれば安心です。

元カレのことがもうすっかり吹っ切れていたのなら断るべき

元カレから飲み会に誘われたとき、もうすっかり吹っ切れている場合もあります。

吹っ切れてしまったら、元カレと顔を合わせるのはできるだけ避けたいもの。

そんなときは誘いを断ってもいいのです。

あるいは、あなた自身の直感を信じましょう。

すっかり吹っ切れている上なんとなく気分が乗らないときは、あなたの潜在意識がそう教えてくれているのです。

吹っ切れていてもお構いなしに元カレが誘ってくるのは、まさか吹っ切れられていると思わないからです。

女性は本当に吹っ切れるのが早いのですが、男性はそれを理解できません。

「まだきっと自分に気があるだろう」

「いや、もう俺のことなんとも思ってないかもしれない」

「でもとりあえず誘ってみるか」

このような気分で内心は「恐る恐る」です。

「でも断るのは悪い気がする」と考えていたら、それはあまり良くありません。

そうやって自分の気持ちをハッキリさせないことは、自分だけでなく相手のためにならないのです。

どうせ復縁するなら以前よりいい関係を築きたいですよね。

だったらなおさらここで自分の気持ちを押し殺すのはやめましょう。

これは復縁のプロセスをどう経ていくかで、今後の2人の関係に大きく差が出るためです。

復縁を期待しすぎると逆にうまくいかないことの方が多い

元彼の誘いに乗るとき、復縁を期待しすぎると逆にうまくいかないことの方が多いです。

期待しすぎるとうまくいかない原因の多くは「エネルギーのアンバランス」によるものです。

大きな期待を持ったとき、人は心の平静を失った状態です。

心の平静を失ったとき、起こるの「メンタルのアンバランス」です。

過剰な期待によって、精神にアンバランスな状態引き起こすのです。

アンバランスな状態になると、誰もがみな「期待通りにうまくいく」としか思えなくなります。

この時、「期待」と言う振り子が大きく向こう側に振り切った状態です。

勢いをつけた振り子が、やがてこちらに向かって猛スピードで襲いかかってくるのに時間はかかりません。

このように人が平静を失うと、見えないエネルギー「振り子」は「期待」という名のアンバランスを崩す準備を始めるのです。

期待は人を不幸にします。

期待し過ぎることでうまくいかなくなることを踏まえて、復縁に臨みましょう。

復縁を遠ざけないために元彼との飲み会で気をつけること

飲みすぎたりはしゃぎすぎたりしないで落ち着きを見せる

復縁を遠ざけないために気をつけることは「飲み会ではしゃぎ過ぎない」ということです。

復縁を遠ざけないためには、あまりにもはしゃぎ過ぎるよりは落ち着きを見せた方がプラスに働きます。

これは参加メンバーにもよりますが、特に気の合う仲間が揃ったときが「危険」です。

アルコールの影響はその日の体調によっても変わりますが、体調があまりかんばしくない時、酔いが回りやすく悪酔いすることもあります。

もし完全にお酒に飲まれてしまったら、元カレの前で醜態をさらすことにもなりかねません。

急性アルコール中毒になったら、救急車を呼ぶ事態も想定できます。

このようなことを避けるには「はしゃぎ過ぎない」ようにすれば大丈夫。

また心理的には、元カレから誘われたことで自分が優位に立っている錯覚が起きています。

この錯覚が、より気持ちをハイにさせてしまうのです。

お酒で失敗しないためにも、落ち着いて行動するよう心がけてください。

元カレを嫉妬させようと別の男性とイチャイチャしない

復縁を遠ざけてしまう行動が「元カレを嫉妬させようとすること」です。

他の参加メンバーの男子とイチャイチャしたり、抱きついたりなど目に余るような行動をとってしまうと、元カレから「節操ない」と思われてしまいます。

元カレの男としてのプライドもこっぱみじんに壊れてしまうため、せっかくの復縁のチャンスも水の泡です。

元カレの立場だったら誰でも、昔付き合っていた元カノが別の男とイチャイチャしていたらおもしろくありません。

まるで自分が無視されているようにも感じてしまいます。

このとき楽しいのはイチャイチャしている当人たちだけです。

周囲の目線を気にしないので、なおさら痛い光景としてとらえられてしまいます。

元カレを嫉妬させようとする目的のイチャイチャも、結局は的外れに終わります。

「嫉妬させる」という行動は、思ったほどうまくいくものではない、ということを覚えておきましょう。

何となくバツが悪いからと元カレを無視しない

復縁を遠ざけてしまう行動が「元カレを無視してしまうこと」です。

別れたショックを引きずっていると、元カレに対して妙なこだわりを持ってしまうことがあります。

なんとなくバツが悪いと感じると、つい「無視」という行動に出てしまいます。

会話はおろか、目も合わせない、ということをしてしまうと、完全無視の状態です。

元カレの印象がいいはずがありません。

元カレが誘ってきたのは少なくとも無視されるためではなく、再びなんらかの交友を持ちたいためです。

このことを踏まえていれば、元カレを無視するのは、最もしてはいけないことです。

会話をするきっかけを失っていたらせめて時折目を合わせ、ニコっと笑顔を見せるように心がけます。

元カレとなんとかおしゃべりしようとするよりも、この「笑顔」が功を奏することが多いです。

 

座る席も重要!隣り合わせよりも斜向かいに座り、時々目線を絡ませる

復縁を遠ざけないためには、座る席も重要です。

隣り合わせで座るよりも斜向かいに座りましょう。

斜向かいなら時々目線を絡ませることができます。

元カレの近くに座りたいという気持ちがあっても、まだ時期尚早です。

また隣同士だと目線を合わせることがほぼ不可能です。

復縁したい相手なら目と目を合わせるよう心がけるだけで、必ず良い方向性に進むことができます。

その時の状況で、斜向かいに座れないことがあるかもしれません。

そのようなときは、飲み会の中盤で全員がほろ酔い気分になった頃に、マイコップを持ち移動しましょう。

酔いが回るにつれ、咳を移動するのは億劫になってしまいがちですから、タイミングを見計らいつつ元カレの斜向かいの席を狙ってください。

常に笑顔を心がけるようにする

復縁を遠ざけないためには「いつも笑顔でいる」ことが最も大切です。

元カノが楽しそうなら、誘った元カレもいい気分になれるはずです。

笑顔には、その場の空気を明るくポジティブなものに変えてくれる、というメリットがあります。

誰もが「笑顔の人」には癒されるもの。

進んで笑顔を心がけるようにしてください。

笑顔には、別れたダメージが薄皮をはぐように消えて無くなる効果もあります。

また元カノの笑顔を見た元カレも「誘って良かった」と心から思うでしょう。

元カレは、もう次の飲み会の計画を立てているかもしれません。

復縁への扉が大きく開かれるのは、このように意外にシンプルなことなのです。

トイレに立つときに、そっと腕に触れたりなどの軽いボディタッチをする

復縁を遠ざけないためにマストな行動が「ボディタッチ」です。

トイレに立つときなどに、そっと腕に触れてみましょう。

あなたの体温を感じることができるボディタッチによって、元カレの復縁熱が上がります。

ボディタッチができるシチュエーションは、あちこちに潜んでいます。

またそのようなシチュエーションは飲み会が盛り上がるにつれ、どんどん増えていきます。

ボディタッチできるチャンスを見逃さないようにしましょう。

誰かが自撮りしようとスマホを向けられたとき、そっと背中に手を回し触れるのも効果的です。

あなたの手が触れた背中に、元カレは優しく温かい愛情を感じるはずです。

別れたとはいえ、元カノにはいつでも優しくして欲しいし、別れたからこそこのようなボディタッチに感動するものなのです。

この時、元カレは「いますぐは無理でもいずれは復縁したいな」と感じます。

飲み会のあとに想定できること

たびたび目が合ったり、会話が弾むようだったら復縁への第一歩

飲み会の間、たびたび元カレと目が合ったり、会話が弾むようなら安心してください。

これは復縁に向け、大きく進路が変わったという証拠です。

元カレに誘われたとき、ちょっとした勇気も必要だったこの飲み会からご褒美をもらったようなものです。

しかしここで焦ってはいけません。

自分軸をしっかりと持って、次回へと繋げましょう。

この飲み会で元カレは、あなたへ抱く感情が好印象以外の何ものでもなくなりました。

元カレは「これは復縁いけるかも!」と思い始めています。

ここで注意したいのが、先回りして勝手にどんどん復縁を進めていくこと。

どんな状況の復縁でも、最終的には元カレに決めさせるのが一番効果が高く、その後もうまくいく確率が高いです。

また直接的な行動を取らなくても、暗に復縁を迫るようなことをしてはいけません。

心がまだ決まっていない状態の時に、プッシュしてしまうと元カレは逃げたくなってしまいます。

微妙な段階ですから、慎重に行動することが求められます。

元カレが素っ気ない態度でも心の中まで素っ気ないとは限らない

飲み会からその後の流れの中で、元カレが態度がとても素っ気なかったりすることがあります。

しかし態度が素っ気なくても、心の中まで素っ気ないとは限りません。

でも気になるのがその態度の冷たさです。

「誘ってくれたはいいけど、ナニこの素っ気なさぶりは!」

元カノとしては憤慨するところです。

あるいはガッカリしてテンションガタ落ちになってしまうかも。

でも安心してください。

素っ気なさとは、男性によくある「シャイな一面」が出ただけのことです。

要するに「恥ずかしい」のです。

女性から見たら「なんで照れてんの?」と不思議に思いますが、これもよくある男性心理です。

素っ気ない態度を取られても「気にしない」こと。

相手が素っ気ないことをいつまでも気にしていたら、あなたのテンションも下がりっぱなしになってしまいます。

テンションが下がると、ネガティブなことを引き寄せてしまいます。

そのようなリスクを避けるためには、素っ気なくても「気にせずすぐに忘れること」が大切です。

 

ストレートに「今度はいつ会う?」と言われる

飲み会の後、ストレートに「今度いつ会う?」と言われることもあります。

いきなりこのように具体的に聞かれたら、ちょっと困ってしまいますよね。

この流れを理想的なものにするには、「LINEしてね」がベストです。

その場でとても決められないことについては「連絡を取り合いたい」ことをハッキリと伝えることが重要です。

あなたのこの提案に、元カレは快諾してくれるはず。

再び、LINEでのやりとりが活発になるにつれ、復縁の可能性も飛躍的にアップします。

気付いたら、以前のようにデートするようになっているかもしれませんね。

「今日はありがとうLINE」を送れば、さらに復縁に向け前進する

飲み会の後「今日はありがとうLINE」を送れば、さらに復縁に向け何歩も前進します。

これは誘ってもらったお礼も兼ねて、です。

恋愛関係抜きで、人として「感謝」の気持ちを相手に伝えるのは、とても良いことです。

「ありがとう」という言葉は、心の中に一筋の光を照らしてくれます。

その響きに、誰もが癒されるのです。

元カレはLINEの文面を読みながら、微笑みを浮かべることでしょう。

この時、あまり長い文章は必要ありません。

サクッと短い文で感謝を伝える方が、より高い効果があります。

最後まで喋らなくても大丈夫!誘いに乗ったことが重要

飲み会では元カレと最後まで喋らないことも考えられます。

でも大丈夫!

元カレの誘いに乗ったことが重要なのです。

喋ろうと思えば思うほど、喋るきっかけを失ってしまうものです。

これは焦ることで不安を増大させ、パワー切れを起こすのが原因です。

無理やり喋ろうとしなくてもいいのです。

元カレは元カノが飲み会の誘いに乗ってくれただけで、十分満足しています。

飲み会の後、しばらく連絡が途絶えるかもしれません。

しかし楽しかった飲み会の思い出は、必ず2人にとって今後プラスの展開になることは間違いないのです。

それを信じましょう。

飲み会の計画が定期的になることも考えられます。

そうなれば、再び元カレとの距離が近づきます。

急激に復縁してしまうより少しづつ距離を縮めていく方が、長い目で見たらメリットが多いです。

「足元を固めながら着実に」

これが飲み会からの復縁の最大のポイントです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「飲み会は単なるきっかけ作り。でも復縁には慎重になっていることを忘れずに」

占い師 姫乃
別れた原因はなんであれ、元カレは復縁には慎重になっているもの。

そこを押してまで飲み会に誘ってくるのは、やはりなんらかのきっかけを探しているの。

これに乗るか乗らないかはあなたが決めなければいけないけれど、「どうしようか?」という迷いがあったら目を閉じて深呼吸してみましょ。

頭の中がモヤモヤしていたら、返事を待ってもらう。

反対にすっきりクリアな気分が頭の中を占めていたら、その場で返事しても大丈夫。

この2点のどちらかに絞りましょう。

一番NGなのが「行くか行かないかいつまでもハッキリしないこと」。

もう完全に復縁はアウトになっちゃうから、この点だけは気をつけて。

やっぱりお互いに必要な存在だとわかれば、すぐに復縁できるはずよ。

もし不安になったら、いつでもこの記事を読み返してみてね。

 

【期間限定・5月31日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事