熟年離婚から復縁は可能?長年連れ添ったからこそやり直すメリット&復縁しやすい離婚理由
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

熟年離婚から復縁することは可能なのでしょうか。

もしあなたが長年連れ添った元夫との復縁を考えていたら、一度この記事に目を通してみてください。

この記事では熟年離婚からの復縁は可能かどうかにクローズアップし、長年連れ添った相手とやり直すメリットと復縁しやすい離婚理由について解説しました。

また熟年離婚した後の男性心理、よくある熟年離婚からの復縁きっかけと実際の復縁体験談もご紹介します。

元夫の考えていることが理解できれば、復縁へのステップアップも驚くほど簡単に感じることでしょう。

悩んでいるだけでは、解決までの道のりは遠いままです。

さっそく一緒に見ていきましょう!

 

復縁メニューはこちら

熟年離婚は何歳から?若い夫婦の離婚と決定的に違うことって?

「熟年離婚」その年齢の目安は50代以降で、誰もが考えるのが「後がない」

熟年離婚と言われるおおよその年齢の目安は「50代以降」で、もし人生を80年とした場合、ほぼ「後半に突入してまもなくの頃」です。

若い夫婦の離婚と大きく違うのが、離婚を選んだ時「後がない」と感じることです。

若い世代であればもし離婚しても、その後はあらゆる可能性に満ちた人生が待っています。

新たな出会いによって、より良い結婚へと歩みを進めることも可能です。

しかし熟年離婚の場合、若い世代に比べると人生の残り時間はとても少なく、新たな出会いの可能性もあまり期待できません。

もし離婚後、新たな出会いを望んでも何かと障害が出る確率も高いです。

障害の多くが「年齢」です。

若い世代なら年齢が障害になることは、ほとんどありません。

しかし年齢を重ねれば重ねるほど、結婚相手としては対象外となる比率がグンと高くなります。

どんなに魅力的な人物でも年齢で跳ねられてしまうため、それだけで新たな出会いを望めなくなります。

離婚に向けて行動しているうちはまだ良いのです。

しかし熟年離婚の場合、「やっと離婚成立できた」「自由を手に入れた」と思った矢先に、予想もしなかったことが起きるのです。

それは、今まで気にもしなかった「自分の年齢に向き合わなければならない」という点です。

熟年離婚のもう一つの定義が「長年連れ添った夫婦の離婚」

「熟年離婚」の言葉のもう一つの定義が「長年連れ添った夫婦の離婚」です。

熟年離婚を選ぶ夫婦は若い世代の夫婦に比べ、離婚するまでにとても長い結婚生活を送っています。

結婚当初は、お互いに「うまくやっていこう」という意識があるため、もしなんらかの問題が起きた時もスルーすることが多かったはずです。

「私が我慢すればいい」とか「気にしなきゃいい」と考えることが多かったのではないでしょうか。

そのように結婚に支障をきたさないよう努力しても、内心では多かれ少なかれわだかまりを抱えているものです。

結婚生活はその後、長ければ数十年にも渡ります。

相手に対する小さな我慢や不満は、見えない心の奥深くにたまり続けます。

スルーしてきたつもりでも我慢がたびたび重なると、その不満は大きく膨らみ、そしていつ爆発してもおかしくないほどになってしまいます。

このあたりから、離婚を選択肢の中に入れる人が一気に増えます。

特に多いのが、定年を迎えた夫がほとんど家にいるようになった時です。

家にいるだけで、掃除洗濯などの家事をほとんど何もしないのに、食事だけは摂る。

あれこれと文句だけは言う。

こんな状況では、妻は「うまくやっていこう」などと言う意識は吹っ飛んでしまいます。

熟年離婚に限らず、離婚が確実となる原因は「相手の浮気」が多いように感じます。

しかし熟年離婚の場合の多くは「我慢の限界を越えたため」です。

子どもが成長期を過ぎて大人になっている

若い世代の離婚と大きく違うのが「子どもの存在」です。

熟年離婚する世代の子どもたちのほとんどは、成長期を過ぎた大人です。

20代も半ばを迎え、中にはすでに結婚し家庭を築いている子どもたちもいます。

今まで何かと手がかかっていた子育て期間も「そろそろ終わり」と思うと、一抹の寂しさを感じることもありますが、離婚するためには「子育てが終わっていること」が強い後押しになります。

このような熟年離婚の世代と比べ若い夫婦が離婚する場合、ネックになりがちなのが「子どもの年齢」です。

若い夫婦の子供の年齢は様々ですが、大きければ中学生から高校生、小さいと生まれたばかりの赤ちゃん、という場合もあります。

いずれにしても「大人になるにはまだかなり時間がかかる世代」ということに間違いありません。

離婚による子どもへの精神的ダメージや、経済的な面など、問題は山積みです。

もし若い夫婦が離婚を考えても、実際に離婚できるケースが少ないのはこのためです。

しかし熟年離婚は、そのようなリスクをほとんど考えなくても済みます。

残りの人生を有意義に過ごしたいという明確で強い意志がある

熟年離婚の場合、「残りの人生を有意義に過ごしたい」と考えます。

これは若い夫婦が離婚する場合と比べると、かなり大きなギャップです。

健康な若い世代の人たちの多くは「残りの人生」をじっくり考えることがほとんどありません。

自分たちは、大人としてまだ人生のスタートを切ったばかり、と潜在的に考えています。

あらゆる経験を通して人として成長する世代で、今、目の前のことを一生懸命取り組むことが一つのミッションでもあります。

それに比べ、熟年世代はまさに親の年代。

若い夫婦と熟年世代の違いが、ここにあります。

長年連れ添ってきたものの我慢の連続だった自分の人生を振り返ると、そこにはあるのは「後悔ばかり」です。

後悔ばかりの人生がいかに自分らしくなかったか、と思い、悔やむのはこういう時です。

しかしいくら悔やんでも、過去を取り戻すことはできません。

やり直すことができないなら、せめてこれからの残りの人生を有意義に過ごせないものか、と考えます。

そこには最終的に待ち受ける「死」に向き合っている自分がいます。

最後の最期まで、自分らしく生きたい。

それには長年連れ添ってきた相手と離婚するしかない、という明確で強い意志に突き動かされ、離婚を決意します。

 

長年連れ添った相手だからこそ…熟年離婚から復縁するメリット

離婚によってお互いに距離を置くことができるため、相手を見直すことができる

熟年離婚から復縁するメリットには「相手のことを見直すことができる」ということが挙げられます。

長年連れ添っていると、相手の悪い面ばかりに目がいってしまうものです。

特に相手の性格についてのマイナス面があると、それがきっかけで問題が勃発しやすいです。

たとえば相手が「だらしない」というマイナス面を持つとします。

同じ住まいで相手がだらしない一面があると、それだけでストレスになってしまいます。

さらにストレスになるのが、相手のマイナス面を指摘し変えようと感情的になった時です。

どんなに仲が良くても、どんなにお互いを理解しあっていても、相手の性格を変えることはできません。

むしろ抵抗されたり、逆に非難されるだけです。

最悪、そこから耐えがたいケンカに発展することもあります。

このようなことがたびたび起きた時、簡単に離婚に進んでしまうのは致し方ないことと言えるでしょう。

しかしこのようなマイナス面も、自分の捉え方次第でプラスに変換できるものです。

プラスに変換できる最も簡単な方法が「距離を置くこと」です。

一見「離婚」に、良い印象はありません。

家族や周囲の体裁を考えると、良い選択肢には見えないものです。

しかし相手とのより良い関係を築くために、いったんリセットするのは良いことなのです。

リセットとは、離婚の延長線上に「復縁も視野に入れておく」ということです。

離れてみた時初めて、相手にも良い面がたくさんあったことに気付かされるでしょう。

成長期の子どもへの影響を軽減できる

もし成長期の子どもがいるなら、熟年離婚した後でも復縁すれば、子どもへの影響を軽減できます。

親の離婚は子どもにとって、はかりしれないダメージを負います。

繊細な性質の子どもなら、落ち込んだりストレスを抱えたりなど、その変化は一目瞭然です。

しかし態度に出ない子どももいます。

でも態度に出ないからといって「傷ついていない」という目安にはなりません。

気にしていない風を装っている子どもに限って、内面は自分自身を責めたりします。

「(親が離婚したのは)自分のせいかもしれない」

「自分がどうにかすることはできなかったのか」

親との関係性が大きく影響するため、子どもによって悩み方には個人差があります。

しかし多かれ少なかれ「自分のせいかも」と思い悩んでいることは間違いないでしょう。

離婚によって環境が変わることも、子どもによってはマイナスな一面です。

引越しに伴って転校せざるを得ない場合も出てきます。

せっかく仲良くなった友人たちともお別れです。

このように離婚による子どもへの負担は、親が考える以上に大変なことなのです。

ここからもし「復縁」となった時、一番強い反応を示すのは子どもかもしれません。

子どもにとって「両親が揃っている環境」が、何より落ち着きます。

家庭の平和が、子どもにとって最も幸福なのです。

経済的に潤うため生活が楽になる

熟年離婚から復縁した時、経済的に潤うために生活が楽になります。

離婚した後、経済的に生活が困窮していた場合なら特にそう感じるでしょう。

復縁によって、一人では得がたい副産物に恵まれたことに気づくはずです。

離婚の際、生活費などのやりくりは最大の焦点です。

一人の生活になってみて初めてわかるのが「一人暮らしは意外にお金がかかる」ということです。

支出の大部分を占めるのが、住居費です。

借家の場合、立地や日当たりなどが好条件なほど、高額物件となりますが、相場は給料の1/5程度です。

それ以上になると他の出費を抑えなければならず、大変に不自由な思いをすることになります。

また食費についても自分一人の食事を節約しながら作れる人なら良いのですが、そうでない場合はコンビニ弁当が続くなどしてかなり痛い出費となってしまいます。

これとは逆に経済的に優れている環境なのが、家族数名で生活費を出し合い住まいや食をシェアすることです。

一人ではとても借りることのできないような広い家に住むことができたり、食事も充実します。

それぞれの役割分担によってサポートしあうことも可能なため、何か困ったことがあっても心配ありません。

ところが離婚して別居ともなると、そういうわけにもいかなくなります。

生活面のすべてにおいて自分主体でやらなければならず、また様々な支払い関係もすべて自分のお財布から出すことになります。

本当に困るのが、病気や怪我などで仕事ができなくなった時です。

このように「将来的に無収入になる可能性もある」と考えた時、離婚した後に復縁を選べば、食べていくことくらいならなんとかなります。

「結婚できたのは縁があったから」と気づけるので、やり直す勇気が湧く

長年連れ添った相手だからこそ、熟年離婚から復縁できた時「縁があった」と気づくことができます。

「縁」を大切に考える人なら、たとえ一度は離婚しても再びやり直す勇気が湧いてくるでしょう。

この地球上には、約1億人の人たちが生活しています。

その中で特定の相手と出会い結婚できたのは、その人と「縁」があったからこそ、です。

もし子どもにも恵まれていたら、二人が出会わなければ生まれてなかったのです。

結婚相手も生まれてきた子どもたちも、すべては「縁」によるものです。

離婚してしまったとは言え、過去に一度でも結婚できたのは、ひとえに「縁」があったおかげですが、このことに気付けるのは、離婚後ある程度の冷却期間を置いた後です。

それは数ヶ月後かもしれないし、数年先かもしれません。

もし離婚に至るまでにかなり揉めたりトラブルになっていた場合、感情的な気分がおさまるまでもっと時間を要するかもしれません。

でもいずれは、そんなイヤな出来事も忘れられる日が必ず来ます。

その時こそ、「相手との縁に気付ける瞬間」です。

ケガをした時や病気で動けない時、相手に頼ることができる

ケガや病気の時にもし復縁していれば、相手に頼ることができます。

私たちはいつ病気になるか、いつケガをしてしまうのか、まったく予想もつきません。

どんなに注意していても突然病気になってしまったり、ケガしてしまうことも往々にしてあります。

そんな時でも復縁してさえいれば相手を頼ることができます。

サポートを受けた時、心から「ありがたい」と思うことでしょう。

逆もまた然り。

相手がケガをした時や病気で動けない時に、「お互い様だから」という思いでサポートしてあげることができます。

この思いは、長年連れ添った相手だからこそ、です。

相手が心底困っている様子に「情」が湧くのですが、相手もまた同様にそう感じています。

もし離婚していない状態で、相手が病気やケガをしていたら、こんな風にはいかないかもしれません。

最悪「見て見ぬフリ」をしてしまうこともあります。

これはうまくいっていない夫婦関係が、お互いに憎しみや恨みを抱いてしまうためです。

このような時、いくら相手が困っていても素知らぬ顔で通してしまうでしょう。

いつか必ず来る老後に寂しい思いをせずに済む

熟年離婚後にもし復縁できたら、いつか必ず来る老後に寂しい思いをせずに済みます。

一人きりで生活することを考えた時に、もしどうしようもなく切なく寂しい気分になるなら、復縁する以外に手立ては無さそうです。

ただし相手が、家事を何一つできないような夫だった場合、少々教育する必要がありそうです。

復縁するにあたって、家事の役割分担は必須です。

そうしなければ以前と全く変わらない生活になってしまい、どうしても女性側の負担が多くなります。

「自分がやった方が早い」と思っても、決してやってしまわないように。

いかに家事全般に慣れて優れていたとしても、あなたの負担を減らさなければメリットのない復縁となってしまいます。

復縁した後、再び同居を始めるにあたっては、新たにルール決めをした方が何かとスムーズです。

しかしガチガチのルールにするのではなく「原則」くらいにしておいた方がいいかもしれません。

これはルールによってお互いを縛りあってしまうと、後々問題が起きやすいためです。

双方が居心地良く感じるよう、同居前に話し合う機会を持つことをおすすめします。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

じっくり向き合おう。熟年離婚から復縁するまでにかかる期間

裁判沙汰やいさかいの結果、別れた場合は少なくとも三年はみる

もし相手と裁判沙汰やいさかいが起きた結果に離婚した場合、復縁するまでの期間は別れてから少なくとも三年は必要です。

これは離婚後、適切な冷却期間を設定することで相手に対するネガティブな感情が冷めるためです。

円満離婚の場合は、相手に対してネガティブな想いはほとんどありません。

しかし裁判や調停などによる離婚の場合、相手に対してマイナスな感情を抱き続けます。

まるで恋愛映画のストーリーのように愛し合って結婚したのに、いざ「離婚」となると相手に対して恨みや憎しみでいっぱいになるのは、なんとも皮肉なものです。

憎しみや恨みの感情は、そう簡単に消えてくれるものではありません。

むしろ離婚後も嫌な思い出として、いつまでも心の中にくすぶり続けます。

とは言え数年ほど経てば、徐々に薄皮を剥ぐようにネガティブな思考は消え去ってくれます。

その目安が、だいたい三年ほどです。

これは相手との関係性によっても変わるため、離婚後一年や二年という場合もあります。

こだわりなく相手と会える機会がたびたびあるなら、復縁は早い可能性がある

どのような離婚であっても、その後相手とこだわりなく会えるような機会がたびたびあるなら、復縁は早い可能性があります。

夫婦によっては、丁々発止のケンカを繰り返すことがあります。

そのような夫婦はたいていケンカをしながらもお互いに言いたいことを言い合い、後はケロッとしているものです。

「離婚」という重症なケースに陥ることが少ないのも、このような夫婦の特徴です。

ところが何かの拍子に、どちらからともなく「離婚」という言葉が出た時、そのまま離婚に繋がってしまうケースもあります。

でももし何事もなかったかのようにケロッとできる間柄なら、離婚したとしてもその後はこだわりなく会えるようになります。

それには理由があります。

なぜならケンカを通してお互いの絆を深める、という一面があるためです。

無意識に相手を必要としているので、離婚したあとそれを「良し」とはしません。

離婚後は「失敗した」と後悔し、「チャンスがあれば復縁したい」と願うようになります。

この関係性の大きな特徴は「相手との相性の良さ」にあります。

複数の離婚原因がある場合でも、お互いに「問題ない」と思えるのが早期復縁の条件

離婚原因がいくつかあった場合でも、それについてお互いに「もう問題ない」と言うのであれば、早期復縁が可能となります。

離婚に至る原因を探っていくと、たいていは複数の問題が浮上するものです。

相手の嫌な点や、我慢できない部分を列挙していけばキリがないのが離婚寸前の頃です。

そうこうしているうちに離婚にこぎつけます。

熟年離婚の場合、その後、心境の変化が起きることがあります。

それは「それほどの離婚すべき問題になるようなことではなかった」と感じることです。

あれほど嫌だった相手のことが、離婚し距離を置いた結果「あまり気にならなくなる」という現象は、かなりの確率で起きることです。

離婚前は「大問題」だったことでも、復縁を考えるにあたって「大した問題ではない」というように心境に変化が見られるのは、人間的な成長を遂げた証拠かもしれません。

元々離婚する気が無く成り行きで離婚した場合、その気になれば復縁までは早い

元々離婚する気が無く成り行きの状態で熟年離婚した場合、その気になれば復縁への道は早く開けます。

しかし例外もあります。

例えば相手や自分が浮気したことによる離婚だった場合です。

このような場合、「浮気相手と切れていない」などという問題点が特に見当たらなければ、すぐにでも復縁は可能となるでしょう。

この場合、他の離婚原因と違ってお互いの心の傷が比較的浅く、離婚後の冷却期間もわずかで済みます。

双方ともに、結果的に離婚となってしまったことに対しかなり居心地の悪さを感じているため、早い段階での復縁が望ましいところです。

このようなパターンの熟年離婚の場合、離婚によって一時的に離れたことが功を奏します。

長年連れ添った相手はもはや空気のような存在だったはず。

ところが相手不在の生活を続けるうちに、今まで見えてこなかった「相手の良さ」を感じるようになります。

このようになるのは離婚後、割とすぐです。

もし復縁に障害が現れるとしたら、どちらかが離婚をネガティブにとらえているか、すねてたり機嫌が悪いような時です。

このように自分に素直になれない性格の場合、復縁が遠のいてしまうだけです。

 

やり直せるかどうかはケースバイケース。熟年同士でも復縁しやすい離婚理由

嫁姑問題が離婚の原因の場合、姑が亡くなった時

嫁姑問題によって離婚した場合、熟年同士でも復縁しやすいのが「姑が亡くなった時」です。

夫婦仲に多大なる影響を与えたかもしれない「姑」が天国へ旅立ったのですから、復縁も可能でしょう。

もし問題があるとしたら、夫側の家族や親族にはあまりいい印象を与えない、という点です。

姑が亡くなったのを狙って復縁したようで、家族側に悪意を感じさせてしまうかもしれません。

とは言え、最終的に復縁を決めるのは当人同士です。

周囲になんと思われようと、復縁をすると決めたなら実行するのみです。

また復縁したあかつきには、自分軸をしっかりと持つことが大切です。

夫側の家族ともうまくやっていければ文句なしですが、どんな人にも相性があります。

まずは無理して距離を近づけようとするよりも、適度な距離感を保つようにすれば、夫も含めた家族との人間関係もスムーズにしてくれるでしょう。

育児中に起きた問題は、子どもがある程度成長した後なら復縁は難しくない


子どもの育児期間中に問題が起きて熟年離婚した場合、その後ある程度子どもが成長した後であれば復縁は難しくありません。

育児に参加してくれない、という不満から離婚を選ぶ夫婦も実際のところ、かなりの数に上ります。

出産という大仕事を終えて間もなく始まる育児は、新米ママにとってストレスになることばかりです。

夜中の授乳から、一歳を迎える頃まで続く夜泣きなど、神経が参ってしまうことだらけでしょう。

大変さに輪をかけるのが、夫の非協力的な態度です。

もちろん「何をしていいかわからない」ということも理解できます。

しかし母親となった妻にとって夫は、体が大きいだけの手が掛かる子どもにしか見えません。

この時、「離婚」という危険信号が点滅します。

「夫なんていない方がいい」と思うようになると、「些細なケンカがきっかけで即離婚」ということになってしまいます。

お互いの子育てに対する熱意にギャップがあるうちは、復縁は難しそうです。

とは言え、父親であることに間違いはありません。

離婚しても父親として接するようにし、時期がきたら復縁を考えれば良いのです。

そのためには離婚に際し、性を変えないことが必要です。

これは旧姓に変えてしまうと、復縁したときに夫の姓に戻すことができないためです。

相手の浮気が離婚原因の場合、時間の経過により相手を許容できた時

相手の浮気によって離婚した場合、時間の経過にと共に相手を許すことができたのなら熟年同士でも復縁は可能でしょう。

不倫や浮気は、いつの世でも離婚原因のトップです。

通常であれば復縁は難しいものです。

しかし相手を許すことができる心の広い人なら、復縁は決して無理ではありません。

相手を許すには、男性心理を踏まえる必要があります。

浮気をする男性心理には、「本能」が作用しています。

その本能とは「種をまくこと」です。

「子孫を絶やさないため」という男性ならではの本能なのですが、その本能にはさらに特徴があります。

それは「一人の女性に決めることなく種まきが可能」ということです。

正直なところ浮気する男性は、単純に「種まきが可能かどうか」で女性を判別することもあるのです。

また浮気を繰り返す男性は「浮気性の遺伝子を持っている」という説もあります。

「浮気はいけないこと」と知っていながら浮気をしてしまう原因は「遺伝子にある」というのなら、もはや止めようがないのかもしれません。

相手がどんなに詫びようとも遺伝子がそうさせてしまうのなら、将来的に「絶対浮気はしない」という確証は持てません。

これらの男性心理を理解しておけば、今までよりも相手を許容できるし、復縁の妨げになることもありません。

何らかの原因で相手が経済的に自立していないとき

相手が経済的に自立していない時、熟年同士でも復縁は予想するよりずっと簡単です。

諸事情によって経済的に困窮している相手なら、復縁は大歓迎でしょう。

もちろん苦労するのは目に見えているかもしれません。

しかし長年連れ添った「情」が、あなたを突き動かすはずです。

二人で協力し合えば、経済的に相乗効果が生まれます。

問題は解決するためにあります。

強い意志で立ち向かえば、解決できない問題など無いのです。

これらのことから、「復縁はあなた次第」と言えます。

些細な喧嘩から勢いで離婚してしまった時

些細な喧嘩から勢いで離婚してしまった時こそ、復縁は可能です。

喧嘩による感情の上げ下げは、お互いの運命の羅針盤を大きく方向転換させました。

運命を変えるほどのパワーを持つのが感情です。

その感情をおとなしくさせておけば、離婚に踏み込むことなどなかったかもしれません。

しかし感情のなすままに勢いで離婚してしまいました。

この場合、すぐさま修正を加える必要があります。

修正とは、今後の方向性を自分の理想の形に変える、ということです。

今後、感情に左右されることがないようなら、自分の理想へとどんどん近づくことができるはずです。

その第一歩が「復縁」です。

このような場合、やり直せるチャンスはいつでもあります。

勇気を持って復縁するための行動へと突き進んでください。

老後に一人きりになることを考えると他に選択肢がない時

老後に一人きりになることを考えた時、他に選択肢がない場合の復縁はさほど難しいものではありません。

女性の場合、老後の自立心は男性よりも旺盛です。

一人でも十分に楽しく暮らしていける自信もあるし、男性に比べ人生を謳歌するパワーは比較にならないほどです。

とは言え、一人暮らしには何かと不安が付きまうもの。

食事の時やリラックスタイムの時など一人に慣れてはいても、どこかで「やっぱり寂しい」という思いが湧いてきます。

そんな時、生活を共有できる相手がいれば寂しい思いをしなくて済みます。

お互いに同じ気持ちなら、復縁の話が出た時もあっという間にやり直すことができるはずです。

一度離れてみるとお互いの大切さがわかった。熟年離婚からの復縁体験談

夫の借金問題で調停離婚後に内縁関係として復縁

経営する会社が傾いたことで多額の借金を背負った夫とは、調停離婚しました。

その後数年かけて借金を完済。

頑張っている様子に私自身も励まされました。

当初の予定通りに復縁しましたが、実は当初から義父母との折り合いが悪く、いまだに内縁関係のままで入籍はしていません。

夫との仲は問題ないので、今は様子をみている状態です。

(女性/41歳/自営業)

金遣いの荒さから夫から離婚を切り出されるも、情にほだされて復縁

夫とは離婚後、約一年ほどで復縁しました。

収入が良かったというのもありますが、稼いだお金をすべてギャンブルに注ぎ込んでしまう癖があり、私が頑張って働くことでなんとか生活できている感じでした。

ある日突然、夫から離婚を切り出されました。

その理由が「自分の金遣いが荒いから、お前に迷惑かけている。申し訳ない」というものでした。

まさかそれが離婚理由とは、と驚きましたが、夫なりに悩んだ末に決めたことなので、素直に受け入れました。

その後も夫のことが忘れられず情にほだされた気分でしたが、なんとか復縁できました。

復縁後はお互いに相手を思いやれるようになり夫とは他人行儀な距離感ですが、以前よりはうまくいってると思います。

(女性/50歳/事務職)

モラハラ&セックスレス夫との復縁「失ってみて初めて私の大切さをわかってくれた夫」

夫はセックスレスだけでなくモラハラ男でした。

モラハラなのは私の性格が引っ込み思案だから、とわかっていたのですが、結婚生活が長くなればなるほどモラハラがひどくなりました。

セックスレスなのは、私が夫を受け入れられなかったからです。

「こんな生活、とても夫婦とは言えない」と我慢できず、夫の気持ちが落ち着いている時に離婚を切り出すと、あっさり了解してくれました。

条件は慰謝料、子どもの養育費はなし。

離婚後はしばらく連絡が途絶えました。

半年ほど経った時、子どもに会いたいと連絡が来ました。

しばらくぶりに会った元夫は、痩せ細っていました。

離婚のダメージは人をこれだけ変えてしまうのか、とショックでした。

何度か会ううちに、お互いに自然と復縁の方向性へと話がまとまりました。

「別れてみてお前の大事さがわかった」と、会うたびにそう言ってくれる元夫に、情がわいたみたいです。

セックスレスも解消し、やっと夫婦らしくなったのを感じています。

(女性/44歳/販売)

自分は結婚に向いていないと感じ離婚を迫るも、その後考え直して復縁

結婚に対する強い憧れから結婚したようなものでした。

育児ノイローゼを経験したり、浮気してみたりする中で「自分はなんて結婚に向いていないのだろう?」と感じる虚しい日々を送っていました。

ある日、突然思い立ち夫に離婚届を渡し、離婚を宣言しました。

すでに会話もない状態だったので、即離婚成立でした。

住まいは共有で購入していたので、そのまま同居人という形で再スタート。

相変わらずお互いを避けるような生活でしたが、とても楽な気分を味わえるようになり離婚して良かった、と心から思いました。

そうこうしているうちに3年ほど経ち、なんとなく会話するようになりました。

その話の中で、できることなら籍を戻して欲しいと夫に言われ、老後のことも考えて承諾しました。

私自身、もうだいぶ落ち着いてきていたのもあります。

生活そのものはあまり変わりませんが、それほど長くは残っていない人生の終わりまでできるだけ仲良くしていきたいと思います。

(女性/49歳/派遣)

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「熟年離婚しても絆の強さは変わらない。チャレンジ精神があれば復縁も意外に簡単」

占い師 姫乃
長年連れ添った夫婦は、たとえ熟年離婚してもお互いの絆の強さは変わらないもの。

それは結婚生活のプロセスで様々な苦楽を共有し、問題を解決してきた「自信」でもあります。

だからたとえ離婚しても復縁の意思さえあれば、話は早いかもしれないです。

後はチャレンジ精神あるのみ。

「うまくいかないかもしれない」というネガティブな考えはその現実を引き寄せてしまうから、そこだけは気をつけて。

何より離婚後の男性は、以前よりもっと家庭の温かさを欲していることを覚えておいてくださいね。

あなたの人生がより良いものとなるよう、いつも応援しています。

 
 

【期間限定・4月12日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事