元彼の誕生日に「おめでとう」メールを送りたい!送られた時の男性心理や復縁に向けてのステップと考えるときに注意すべき点
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

「元彼の誕生日におめでとうメールを送りたい!」

そんな風に熱い想いを抱いていたら、一度立ち止まってみましょう。

こちらで紹介する誕生日メッセージを送られた時の男性心理や復縁に向けてのステップと考えるときに注意すべき点を読んでおけば、復縁へのステップがもっと順調に進みます。

「どんな風に送ったらいい?」「送られたら元彼はどんな風に思う?」と迷っていたら、ぜひ参考になさってください。

 

 

復縁メニューはこちら

元彼の誕生日にメールは送っていいの?送りたくなる女性心理

別れたけれど今も彼を好きに変わりないので、誕生日のお祝いを伝えたい

「元彼とは別れたけれど、今も好きに変わりない」

誕生日にメールを送って元彼をお祝いしたくなるのは、そんな心境の時です。

1年に1度のお誕生日は、誰にとっても外せない一大イベントです。

彼がいるなら何をプレゼントしようか、どこにごはんを食べに行こうかなどと、頭を悩ませることですらワクワクな楽しさを感じるものです。

つまり彼の誕生日は、自分にとってもアニバーサリーなのです。

そんなアニバーサリーに少しでも記念になるよう、たとえば日付が変わった瞬間におめでとうメールを送ったり、大枚はたいて彼が欲しがっていた物を買いに行くこともあるでしょう。

彼のために奔走したり尽くすことが、彼女としての喜びでもあるのです。

しかし別れた今となっては、そうしたくてもできません。

それができるのは「彼女」というカテゴリーの特権だからです。

そうわかっていても「でもメールくらいなら」とスマホに手をかけます。

そして「誕生日祝いのメッセージくらいなら、きっと彼も喜んでくれるんじゃないかな」と思うと矢も盾もたまらず、1分でも早くメールを送りたくなるものなのです。

これが感情のなせる技です。

メールしたいという感情が爆発すると、もう誰にも止められません。

「復縁は無理かもしれないけど、誕生日メールをきっかけにほんのわずかでも彼と繋がっていたい」

感情的になったままだと、すぐにでも元彼への誕生日メールを送りたくなるのです。

きっかけがあれば復縁できそうだから、誕生日メールならなんとかいけそう

「何かきっかけがあれば復縁できそう」

元彼の誕生日にメール送りたくなる時、内心ではこのように少なからず復縁を考えているのではないでしょうか?

誕生日メールは復縁の橋渡しとなる可能性も高く、そのきっかけとしては重要かもしれません。

多少なりとも脈ありと感じているなら、復縁成功の確率は高いでしょう。

「おめでとうメール」は、ケンカが原因で別れたこともすべて帳消しにしてくれるほどパワフルなものです。

言わば、ずば抜けて高いリセット効果があるのが、おめでとうメールなのです。

一方で彼から振られたりなどして復縁を期待できない場合、誕生日メールを送っていいものかどうか迷ってしまいます。

送りたいのは山々ですがいくらお祝いとは言え、相手は嫌悪感をあらわにするかもしれません。

せっかくのお祝いメールも、彼がそんな調子なら完全にアウトです。

復縁はもとより、今後一切元彼との縁が切れたも同然です。

別れたばかりというこの微妙な時期に、つい「おめでとうメール」を送ってしまった。

そんな自分を責めたり後悔することもあるでしょう。

確かに別れたあとすぐの「おめでとう」は、マイナスになる場合が多いです。

なので時期さえ間違わなければ、マイナスを引き寄せないで済みます。

むしろ誕生日でハイな気分の彼にポンとお祝いメッセージを届けたら、彼は元カノへの見方を変えるかもしれません。

「へぇ、嬉しいこと言ってくれるじゃん」と。

このように元カノへの見方が変わればあらゆる状況も変化の兆しを見せるだけでなく、復縁も可能な範囲へと移行します。

そのためにはやみくもに「おめでとうメール」を送るのではなく、的確な時期を考慮する必要があるのです。

別れても忘れたことはない特別な人。「おめでとう」だけでも伝えたい

元彼の誕生日にメールを送りたくなる女性は、別れたあとでも「元彼は特別な人」と思っています。

片時も忘れたことはないし、別れた後はもっと思い出してしまうでしょう。

だからせめて誕生日に「おめでとう」だけは言いたいのです。

1年のうちでもっとも記念すべき大事な日が、誕生日です。

別れる前は2人で祝うのが習慣だったかもしれませんが、別れた今となってはすでに過去の思い出に過ぎません。

つまり以前とは何もかもが変わってしまったのです。

しかし元彼への愛が変わらないなら、彼がどう想っていようが恋愛関係だった過去をすぐに捨て去ることはできません。

だからこそ誕生日に「おめでとう」と伝えたいのです。

これは至極当たり前のことだし何も奥することもないので、堂々と「おめでとう」と伝えればいいのです。

ところがいつも不安感にさいなまれるタイプの女性は、相手がどんな感情を抱いているかを不安に思って躊躇してしまうのです。

なぜなら元彼から「別れたのに誕生日メールとかめっちゃ迷惑」と思われるのが恐ろしくてたまらないからです。

一方で元彼がおめでとうメールを手放しで喜んでくれたなら、一気に復縁への期待が膨らむことでしょう。

「元彼は特別な人」という考えに間違いはなかったのです。

それとなく相手の近況を知りたいし、久々の返信に期待したい

 

元彼に誕生日メールを送りたくなるのは、お祝いするのと同時に相手の近況を知ることができるからでしょう。

彼からどんな返信が返ってくるか、それも少し期待が持てるところです。

元気でいるのか、それとも体調を崩しているのではないか、また仕事はどんな感じなのか…。

彼が好きなら、体調面は特に気になる点です。

久々に連絡が取れたなら聞きたいことは山ほどあるはずなので、このように彼の近況を知るためにおめでとうメールは使える方法なのです。

しかしせっかく送ったおめでとうメールに、彼から返ってきたのは「無反応」という場合も大いに考えられます。

また考えたくもないことですが、既読スルーや未読スルーも十分にあり得るのです。

このような可能性はゼロではないので、あらかじめ想定しておいた方が良さそうです。

彼は何か考えがあって返信しないのです。

こちらの気持ちをスルーする、そんな彼の気持ちもわからなくはありませんが、彼の真意は闇に包まれていて知るよしもありません。

どう思っているか知りたくても反応がなければ対処のしようがありませんから、返信は期待しないように。

メールしたことも忘れましょう。

いつか気が変わったら返事が来るかもしれません。

元彼の誕生日メールを送るメリット

復縁の可能性が高まる。元彼も復縁を考えていたら誕生日メールをきっかけに再び連絡を取り合える

元彼に誕生日メールを送るメリットは、復縁の可能性が高まることです。

彼も復縁を考えている可能性は少なからずありますが、そのきっかけが誕生日メールなのです。

思いがけず「おめでとう!」と元カノから来たメールを見ながら、彼は嬉しさを隠せないでしょう。

「俺のこと嫌いになってなかったんだ」と。

別れた経緯はなんであれ彼女と別れた時の男性は、少なからず「絶対に嫌われてる」と思い込んでいたり自分に自信をなくしていることが多いです。

しかし思いもよらず舞い込んできた元カノからのメールに、彼は飛び上がらんばかりに驚きます。

おめでとうメールを見た元彼は何よりも最高のプレゼントと実感するはずで、元カノにまだ気があるならすぐに返信があるでしょう。

でもたいてい「ありがとう!」と簡単ですから、返信の内容に期待しないでください。

彼もまだ元カノがどう思っているかわからないので、嬉しいながらも慎重になっているのです。

そこで彼とのやり取りを終わらせることもできますが、その前に彼からの返信にどう返すかがポイントです。

元気そうで良かった、どうしてる?のように近況を聞いてみてください。

これが復縁へのきっかけとなれば、誕生日メールは大成功と言えるでしょう。

彼を想う気持ちに変わりないし、別れる前と同様に特別な存在なのが相手に伝わる

誕生日メールを送るメリットは、彼を特別な存在と考えているのが相手に伝わることです。

「彼を想う気持ちは別れる前と変わっていない」

そう思わせることができるのは確実です。

もし恋愛関係を解消したのと同時に彼とは友達関係になったのなら、誕生日を祝ってあげるのはなんらおかしいことではありません。

嫌いな人におめでとうメールなど、考えもしないからです。

そこで頭を抱えてしまうのは、完全に別れて連絡も取らないし友達でもないという関係になった時です。

このまま永遠に連絡しなければ、彼と一生関わることはないでしょう。

そうならないためにひとつだけ選択肢が残されていますが、それが誕生日メールなのです。

誕生日メール一本彼に送るだけで、その後の人生が変わると言っても過言ではありません。

簡単な誕生日メールにもかかわらず、そこに込められた元カノの想いを悟ることができるのは彼だけです。

なぜなら元カノは「自分の誕生日をちゃんと覚えてくれていたから」です。

それだけで彼的には「大事に想われている」と実感します。

彼を特別な存在と思う元カノと、元カノに特別な存在と思われていると実感している元彼。

たとえ別れたとはいえ、2人の意識がつながるのがこういう時なのです。

誕生日メールなら気軽に会話を始めやすいし、彼を祝う気持ちも伝えやすい

誕生日メールなら「気軽に会話を始めやすい」というメリットがあります。

またメールなら彼を祝う気持ちも伝えやすいし、元カノという立場でも臆することなく行動に移せます。

深刻になったり重い気分で「どうしようか…」と迷っている時こそ、思い切りが大切です。

何も考えず、サラッと「おめでとう!」とメールしてしまいましょう。

祝ってもらった彼も決して悪い気はしていないし、むしろ感謝の気持ちでいるのは間違いないです。

積極的な行動は一見変えようもないマイナスの局面でも、プラスへと変えてくれます。

一方でネガティブな意識でメールを送った場合、確実にマイナスな結果として反映されます。

たとえば「無視されるかも」「もっと嫌われる」「きっと彼女ができてるから相手にされない」「嬉しく思ってもらえないに決まってる」などと考えた時です。

このようなネガティブな意識は、さらなる恐れや不安を招きます。

これは波長やエネルギーが関係しているためで、重く暗い感情はそのまま同じ波長を引き寄せるからです。

そのためせっかくのお祝いメールなのに、受け取った彼はなぜかどんよりと暗い気分になってしまいます。

お礼の返信が来ればまだいい方で、最悪ノーリアクションでしょう。

おめでとうメールを送ろうと決めた時、今一度自分の感情に注意を向けてみてください。

心から彼を祝いたいし喜ばしい気分であれば、何も問題ありません。

その心を感じながら「おめでとう!」とメールしてください。

しかしマイナスな感情が少しでもあるなら、メールするのはやめておきましょう。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

元彼に誕生日メールを送らないほうがいいケース

別れてすぐに誕生日メッセージを送っても、気持ちの整理が出来ていない彼を混乱させるだけ

別れてすぐは彼を混乱させるだけなので、誕生日メールは控えた方がいいでしょう。

彼が喜んでくれるのは、気持ちの整理がついたあとです。

目安は別れた後、最低3カ月〜半年くらいです。

それ以前に彼の誕生日が来るとしたら、臨機応変な対応を心がけましょう。

場合によっては、彼の方から何か用事で連絡が来ることもあります。

用事についての連絡が済んだ時が「おめでとう」を伝えるチャンスです。

これこそがシンクロニシティです。

彼とは潜在意識でつながっているために、意味ある偶然の一致が起きたのです。

もしもう少しでお誕生日という場合なら「あとちょっとでお誕生日だね、おめでとう!」のような感じで、完結に伝えましょう。

別れたあとなので、これだけでもかなり相手に踏み込んだ対応です。

また彼の誕生日が過ぎていたら「○月◯日お誕生日だったよね、おめでとう!」というように、明るく伝えてください。

明るいメールなのになぜか彼は素っ気ない態度に思えたら、それは突然の「おめでとう」に恥ずかしいのと、それを悟られたくないからです。

一応は別れた2人です。

ここで嬉しい気分全開にしたら元カノにどう思われるかわからないので「やや警戒している」と考えてください。

いずれにせよ別れたばかりの時はlineも連絡もせず、彼をそっとしておくべきです。

別れてから何年も経っている場合、突然なメッセージは「何かある」と勘ぐられてしまう

彼と別れてから何年も経っている場合、誕生日メールは唐突過ぎる行動と言えるでしょう。

誕生日のお祝いなんだから別に唐突でもいいのでは?と思うかもしれませんが、突然な「おめでとう!」は、元彼に勘ぐられてしまう元です。

彼にどう思われても「祝う気持ちを大事にしたい」と考えるなら良いのです。

しかし「おめでとう」を素直に受け取ってくれなかったり、明らかに変な態度だと残念極まりない気分でしょう。

彼はどんな風に勘ぐるのでしょうか?

・「まさかの復縁狙い?」

・「今さら何言ってんのかよくわかんない」

・「金はない」

・「何か頼み事でもあるのか?」

・「復縁は無理なんだよな〜…じゃ何目的?」

このように彼が元カノを勘ぐるのは「復縁したいからだろう」とか「何か頼み事があるからだろう」というのが理由で、とても複雑な胸中なのです。

振られて別れた場合、元彼がメッセージを前向きに受け取らない可能性が高い

振られて別れた場合、元彼がメッセージを前向きに受け取ってくれない可能性があります。

どんな原因で振られたかによっても違いますが、メッセージを受け取った彼の心境は微妙です。

彼が振ったことを後悔しているなら、おめでとうメールは願ってもないこと。

彼の嬉しさがこちらにも伝わってくるほどで、すぐさま復縁につながるでしょう。

しかし恐ろしいことに彼女を振ったあと「やれやれ」とため息をつきながら安堵している場合もあるのです。

彼がそんな心境なら、残縁ながら誕生日メールは効果は望めません。

彼はメール読まないだけでなく、開きもしません。

当然ながら返信も来ないでしょう。

待てど暮らせど返信が来ないなら、元カノからのメールを前向きにとらえていないのは確実です。

「迷いに迷っておめでとうを伝えたのに」とガッカリですが、これは初めから彼からの返信を期待してしまった結果なのです。

期待しなければ「まぁ仕方ないか」とあきらめられますが、期待すればたいてい期待外れに終わります。

ところがわかっていても期待してしまうのが人間です。

また期待に胸膨らませている時は同時に幸せを感じるため、期待と幸せはセットなのです。

そこで考えて欲しいのが、スピリチュアル的な見方をすればどうなるかということ。

「良いことを考えていれば、良いことが起きる」

スピリチュアルでよく言われるのがこの見方ですが、実はことと次第によります。

なぜなら良いことを考えようとすると同時に、人はどうしても「期待」というスイッチが入ってしまうのです。

なので期待せずに良いことを考えるのは、ちょっと難しいかもしれません。

人は誰でも良いことを期待するのが普通なのですが、問題なのは良いことだけを受け入れようとする姿勢です。

スピリチュアルでは良いも悪いもないと考えます。

良いとか悪いとか判断しない方がたいていうまくいくのです。

一例を挙げてみましょう。

たとえば「きっと喜んでくれるかも」というのは、期待です。

一方で「喜んでくれるかもしれないけど、読んでくれないかもしれない」これがスピリチュアル的な考え方です。

この考え方が身につけば、もし期待外れに終わっても必要以上に落ち込まなくて済むのです。

すでに元彼に今カノがいるなら、誕生日メッセージは超NG

元彼にすでに今カノがいるなら、誕生日メッセージは超NGです。

もし送ろうとしていたら、今一度考え直した方がいいです。

今カノがいるのにあえてメールしようとするのは、嫉妬心や彼を略奪したい気持ちがあるからで、それ以外は考えられません。

「どうしても復縁したい」そう思っているなら、なおさら彼と今カノの関係を壊すことだけはやめましょう。

略奪したいタイプは「彼は絶対に私を選ぶ」と思い込んでいる人がほとんどです。

他人の幸せに猛烈に嫉妬するので「何とか彼を振り向かせたい」と、そこだけに情熱を傾けるのです。

しかしこの方法はたとえうまくいっても一時的に過ぎず、関わる人全員が不幸になります。

もし略奪が頭の中をかすめたら、いったん彼への思いはリセットしてください。

他に情熱を傾けることを見つけ、突き進みましょう。

略奪するエネルギーを他に向ければ、もっともっと建設的かつ平和な人生を送ることができます。

本当に幸せになりたいなら必要なのは、少なくとも元彼ではないのです。

 

元彼の誕生日おめでとうメールを送った時の男性心理

「別れてもまだ自分の事を特別と思ってくれているなら嬉しい」

誕生日おめでとうメールを送られた元彼が「嬉しい」と思うのは「まだ自分の事を特別と思ってくれているらしい」と感じるからです。

特別と思ってなければおめでとうなどと言ってくるはずがない、そう固く信じて疑いません。

だからといって復縁に前向きかと思えばそうでもないことの方が多く、彼の気持ちと復縁はまた別の話だからです。

お伝えしたように彼に気持ちの整理がついてないと復縁どころではなく、どんなアプローチにもかたくなに拒否の態度を見せるだけです。

お互いに傷つけあって別れたのなら「もうこりごり。彼女とかいらん」と思っているかもしれません。

傷ついた心はすぐに癒えないし、人によっては一生の傷になることもあるのです。

そんな状態でほんの少しでも復縁を匂わせたら、彼は即行で逃げ出してしまいます。

一方で数カ月ほど冷却期間をおけば、ごちゃごちゃした彼の気持ちもある程度は整理できてるはず。

そうなれば素直に「自分のことをまだ特別と思ってくれてるならこれほど嬉しいことはない」と、笑顔を隠し切れないでしょう。

このように前向きにおめでとうメールをとらえてもらうには、彼との間に冷却期間が必須です。

彼の冷たくそっけない態度をなんとかしようとするなら、距離をおくべきなのです。

「ひょっとしてまだ好意があるの?お礼メールを送るしかないかな」

誕生日に元カノからおめでとうメールを受け取った彼は「ひょっとしてまだ俺に気があるの?」と思っていることがあります。

元カノのメールにそれほど悪い気がしてないならちょっとだけワクワクしていて「お礼メールを送るしかないかな」とも考えています。

「なんならヨリ戻しちゃおうか」と復縁に期待する男性もいますが、こう考えるのはたいてい寂しがり屋です。

そして実はエッチ目的だったりもします。

人肌恋しいがために、元カノと復縁すればすぐにエッチに持ち込めそうと考えるのです。

さすがに正直に「エッチしよ」とデリカシーのないことをいう男性は少ないですが、とにかく好きな女性に優しくしてもらいたいのは間違いないでしょう。

いずれにせよ復縁に前向きな男性は、祝ってもらったお礼としての返信を忘れません。

それどころか「即返」でしょう。

しかも別れたことなどまるでなかったかのように、ノリのいい調子で返信してきます。

なにしろ元カノとまたエッチできる機会がすぐそこまで来ているのですから。

このように誕生日メールがきっかけで彼が復縁を考えるのは、元カノの好意を察し「エッチできるかも」と予想するからです。

そんな彼でも「良し」とするなら、万事うまくいきます。

「もしかして何か裏がある?ケンカ&もめて別れたのに、すぐメールしてくるなんて信じられない」

誕生日メールを受け取った元彼は「もしかして何か裏があるのでは?」と、元カノに疑いの目を向けている場合があります。

彼曰く「ケンカして別れたのにすぐメールしてくるなんて信じられない」と不信感もあらわでしょう。

確かにケンカしたりもめたあげく別れて、すぐに手のひら返し的なメールが来たらにわかには信じられないものです。

また元カノの本心はいったいなんなのか、彼にとっては疑問でしかないのです。

別れた際、彼は「もうこれで完全に終わり」と思っていたのです。

それが何事もなかったかのような「おめでとうメール」には戸惑うばかりでしょう。

そして正直なところ、彼はどうしていいいのかわからないのです。

なので元カノに返信する気にもなれないし、最後に残された選択肢はスルーすること。

それが彼にできる、最大にして最善のことなのです。

残念ですがこの時点では「彼に好意はない」と見た方が賢明です。

「別れたからには彼女でもなんでもない。うざいしめんどいから既読無視するだけ」

元カノから思いもよらず誕生日メールを受け取った人の中には「別れたからには彼女でもなんでもない」と非常に厳しい見方をする男性もいます。

そればかりか「うざいから既読無視するだけ」と元カノを遠ざけることしか考えていません。

彼が本気でそう考えているなら、復縁も叶うわけがなくあきらめがつくというもの。

しかしそう思っていても彼の本当の真意は、知るよしもありません。

仮に正直すぎる気持ちを包み隠さずはっきり元カノに言ってしまったら、相手をとことん傷つけてしまうし、また別れたあと音信不通状態なら彼の本音などわかるわけがないのです。

たとえば元カノがあまりにもしつこかったり、何度言ってもストーカーのような態度を見せるなら、多少傷つくことを言うくらいでないと相手に伝わりません。

でもそうではないなら、彼は単に自分のことしか考えない自己中心的な人なのです。

このように自分の都合で元カノを遠ざけようとする男性は、お誕生日メールをもらっても嬉しくないし「うざい」と思うだけなのです。

復縁も望み薄でしょう。

 

元彼の誕生日におめでとうメールを送る注意点

長文で想いの丈を綴るのはNG。伝えるべき大事なメッセージは相手を祝うこと

元彼に対する思いの丈を長文で綴るのはNGです。

できるだけ簡潔な文章にすること、そして伝えるべきもっとも大事なメッセージは「相手を祝うこと」です。

それだけは忘れずにいてください。

久々のメールだし、言いたいことはたくさんあるかもしれません。

でもそれを端から全部伝えても、読んでくれないことには機能しません。

そもそも長文と分かっただけで、読む気が失せるものです。

しかも相手は男性です。

男性たちの多くは女性と違って、感情に任せた文章を打つのも読むのも苦手です。

「とても大事な内容だから」とあれこれ盛り込んでしまうと、それだけでゲンナリしてしまうのです。

そればかりか「じゃ結論はなんなんだ?」とイライラをぶつけたくなるほどでしょう。

解決策は、長文になってしまったらできるだけ要約すること。

そして必ず自分が打った内容を読み返してみてください。

わかりにくい表現はないか、誤字はないか、読んでみて変なところはないかなどをチェックします。

一度サラッと目を通すだけでも、彼に読んでもらえる確率が飛躍的に高まります。

別れた原因を探ったり謝罪ばかりの内容は相手が重く感じるので、嬉しさが半減する

お誕生日メールなのに、なぜか別れた原因を探ってみたり謝罪ばかりの内容になってしまうこともあります。

しかしそれをやってしまうと、彼が重く感じるのでやめましょう。

彼にとって嬉しいはずのお誕生日メールなのに、喜びが半減してしまいます

どうせ送るなら効率よくを考えましょう。

より効率の良いお誕生日メールは、そのものズバリ「お誕生日おめでとう!」です。

何か付け加えるとしたら「良き1年になりますように」でしょう。

「こんなに簡単でいいの?」と不思議に思うかもしれません。

久々にメールだからもっと会話を盛り上げたいのは山々ですし、また別れた原因を反省したくなる気持ちもわかります。

でも彼が心から嬉しく思うのは、簡単すぎるほど簡単な「おめでとう」だけなのです。

他に伝えなければいけない情報はないし「聞かれたら答える」というスタンスでいきましょう。

自分からあれこれ会話を盛り上げようとすると、お誕生日を祝うムードが薄れてしまいます。

彼の心に残るのはシンプルな「おめでとう」なのです。

別れたことをなかったかのように振るまうと喜ぶどころか、しらけさせてしまう

別れたことをなかったかのように振る舞ったり、復縁したかのような態度は彼をしらけさせるだけでしょう。

くれぐれも注意しなければいけないのは「まだ別れたあとの関係のまま」ということ。

元彼と久しぶりの連絡につい有頂天にならないよう、十分に気をつけてください。

また強引に復縁に持って行かないようにしましょう。

相手がいることですから、自分だけの都合でどんどん話を進めてはいけません。

まずは彼と再びいい感じになれるよう、雰囲気作りに気持ちを向けてください。

「やっぱり元カノとは話しやすいし、何より落ち着く」

彼にそう思わせたどうかは、メールのやりとりでなんとなくつかめるはずです。

完璧にこちらに軍配が上がった証拠として、彼は自分からもメールしてくるようになるはずです。

しかし喜ばせようとするあまり、彼に気を遣いすぎてはダメです。

常に自然体を心がけてください。

0時ピッタリのおめでとうメールは未練ありがバレバレだから避けること

日付が変わった0時ピッタリのおめでとうメールは、未練があるのがバレバレです。

彼によく思われようとして起こした行動は、時としてマイナスになることもあるのです。

それでは誕生日のいつくらいが適切なのでしょうか?

「何時くらい」とはっきり決まっているわけではありません。

しかし適切な時間帯を知っておけば、より彼を祝う気持ちが伝わります。

1日のうちなら、夜がいいかもしれません。

仕事が完全に終わっていてやっと一休みできるような、そんな時間帯がおすすめですが、午後9時〜11時くらいが目安です。

そのあたりから深夜にかけての時間帯は、NGです。

朝は忙しくてメールを開く時間もないし、仕事に入ってしまえば忙しさにかまけてメールのチェックもできなかったりします。

またランチタイムや夕食の時間帯も避けた方が無難です。

着信メールに気づいても、返信までは手が回りません。

つい忘れてしまい気づいたら誕生日から数週間経っていた、ということも十分にあり得ます。

かと言って0時ぴったりのメールは、元カノとしてあまりふさわしくありません。

復縁が決まったのならまったく問題ないのですが、まだ元カノですから遠慮すべき時間帯と考えましょう。

復縁したくても自分の熱意はまだ伝えないこと。復縁に関するトピックも避ける

復縁したくても、彼に対する自分の熱意はまだ伝えないでください。

また復縁に関するトピックも避けましょう。

復縁話は自分からは進んでしないことがポイントです。

自分の意思を伝えることはとても大切ですが、まだ時期尚早なのです。

男性たちの多くは、女性の思考を「ミステリアスでしかない」ととらえています。

つまり男女の間で大きな違いがあるのが「考え方」なのです。

違って当たり前と考えられるカップルならケンカせずに済みますが、たいていはお互いを理解できずいさかいへと発展します。

カップルが別れを選ぶ原因のほとんどが、男女間における考え方の違いなのです。

復縁したい場合でも、女性はとにかく焦りがちです。

焦ってしまうとうまくいきませんが、これは自分らしさを見失っているからです。

波動の点から見ると明らかに低次元の波動へと落ち込んでいるので、波動をアップさせないと何もかもがマイナスへと突き進むでしょう。

このような場合、目を閉じて何度か深呼吸するだけでもマイナスな要因をはじくことができます。

誕生日はメッセージだけで十分。プレゼントを贈リたいなら復縁後に

誕生日はメッセージだけにしてください。

おめでとうメールだけでも十分です。

でももしどうしてもプレゼントを送りたい、というなら復縁後にしましょう。

物をあげるのは復縁後が鉄則です。

なぜNGなのかは大体察しがつくかもしれませんが、彼が重く感じてしまうからです。

さらにそんなつもりはなくても、プレゼントの代償を求められている気がするのです。

たとえば「ってことは今度の元カノの誕生日に何か買わなきゃならないの?」というような感じです。

これではどんなに心づくしのプレゼントでも、まったく意味がありません。

物をあげるのは、今はやめておきましょう。

復縁したら、いくらでもプレゼントすることができるのですから。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「元彼の誕生日は「おめでとう」だけ伝えて!相手の反応を見てから復縁を」

占い師 姫乃
元彼の誕生日は「おめでとう」だけを伝えれば万事オッケー。

すぐ目の前に復縁はちらつくし、自分の気持ちを伝えたい気持ちはすごくわかる。

けど必ず相手がどんな反応をするか、まずはそれを確認しましょ。

何はともあれ最初が肝心。

期待せずに心からお祝いする温かい気持ちがあれば、きっと彼にも伝わるはず!

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事