女性ならば誰しも、愛する人と別れることになったら強いショックを感じるものです。

「失恋してショックで何も手につかない…」

という状態に陥ってしまったり、もしお仕事をしているなら、

「仕事を休まない方がいいのはわかっているけれど、でも今日はまともな仕事できそうにない…」

このように出社するべきか休むべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

実は、多くの女性が失恋直後の自分のコンディションを正しく理解することができず、無理をして会社に行き、いつもはしないようなミスをして怒られたり、より一層落ち込んでしまったりする経験をしているのです。

これを読んでいるあなたも、心が悲鳴を上げているのに気づけず、知らず知らずのうちに自分はもう冷静だと思いこんでいるかもしれません。

そんなあなたのために、「今日だけはどうしても頑張れない」という日にはどうするべきか、また、失恋で休むことを会社の人たちや世間はどう思っているのか、さらに失恋で仕事を休んだ方がいい時と休まない方がいい時の見分け方、またそんな辛い失恋からの立ち直り方について一挙に解説します。

読み終わった頃にはきっと自分の心の状態が手に取るように分かり、仕事に行くか休むべきか自信を持って判断できるようになっているでしょう。

あなたの辛さを薄れさせ、前を向いて過ごすために必要なことをしっかりとお伝えします。

復縁メニューはこちら

失恋して仕事を休むことについて世間はこう感じている

実はけっこういる!失恋して仕事を休む人たち

意外かもしれませんが、失恋のショックで会社を休んでしまう人たち、実は結構いるのです。

大人になっても辛いものは辛い、恋人との別れが辛くて苦しくて仕事を休みたくなる時だってあるのです。

特に女性の場合は、失恋したショックは心にも身体にも良くない影響を及ぼしがちです。

そして振られた次の日も朝から仕事だったりすると、朝起きて感じる「今日ばかりは休みたい・・・」という気持ちはもっともです。

真剣に付き合っていて、将来を考えていた相手なら、別れのダメージはことさら大きいものです。

失恋の辛さは、心理的には「自分の人格や存在を否定されたかのように感じる」ことからきます。

相手から自分を拒絶されたように感じ、「自分はダメな人間なんだ」、「選ばれなかった」と感じることから自己評価の低下につながり、辛くなってしまうのです。

また、もうこれ以上相手を思っていても報われないことから相手への自分の気持ちを抑制しようとしてしまうのも、心が苦しくなる原因です。

しかしながら、たとえどんなに辛くても、失恋で仕事を休むとは言いづらいので、ほとんどの人は、体調不良を理由として会社に報告します。

前日の夜に大泣きし、泣き腫らした顔では余計仕事に行けません。

会社に休むことを報告する時、「失恋で会社を休んだことがバレたら会社の人たちにどう思われるだろうか・・・」という不安もありますが、実は多くの人は自分も身に覚えがあったり、失恋して仕事を休まなければならないほど落ち込んでいるあなたに内心同情していることでしょう。

1日2日であれば休んでも大丈夫。あなたが日頃頑張って得た信頼が支えてくれる

失恋のショックは本人にしかわからないものの、きちんとした会社で良い同僚や上司に恵まれていれば、「休んで落ち着いたら、いつも通り会社に来て元気に働けるのであれば、1日2日くらいは休んでもいい」という意見が多くあります。

また、「有給休暇を使うために、体の不調で休もうが心の不調で休もうが自分の好きにすればいい」という声もあります。

体調不良という理由でその日仕事を休んでも、後から失恋したことをうっかり周りに話してしまい、実は失恋してショックで休んだということが後からバレてしまう、ということがありますが、そうなっても、日頃きちんと仕事をしていて周りからの信頼を得ていれば、「いつもきちんとしているあの人が休むなんて、よっぽどショックを受けているんだ」と周りは必ず理解してくれるでしょう。

すなわち、失恋で休んだことに対して周りがどう反応するかは日頃のあなた次第という面があります。

また、良い会社で上司に恵まれていれば、いつもしっかり働いてくれている部下が心身ともに疲弊しているときに1日2日休ませてあげるくらいの余裕はあるはずです。

休ませてもらったら、職場の人に恵まれていることに感謝しましょう。

特に別れた彼氏が同じ職場で働いている場合は、ことのほか会社に行きたくなく、職場で顔を合わせるだけでも辛いことでしょう。中には社内恋愛をしていたけれど失恋したので仕事を辞めたいと考える人さえいます。もしも少し休んで心が落ち着きそうあれば、無理をせずに休むのが得策でしょう。

突然休む時には必ず最低限の責任を果たして、周囲への感謝を忘れずに

失恋で休む場合は、事前に休みを取らずに突然休むことがほとんどです。

このような場合は、周りへの配慮を忘れずに。

シフトを代わってくれる人を自分で探したり、その日アポイントメントのある人にはやむなく欠勤する旨をきちんと自分で連絡するなど、職場や仕事関係の人たちに迷惑がかからないよう、最低限の責任は必ず果たしてから休みましょう。

そして休む時は長引かないように、休んでも1日か2日程度が限度です。

それ以上になると職場に迷惑がかかります。

ただし、大切な会議や前々から準備してきたイベントがあるなど、代えのきかない重要な日には、失恋でショックとはいえ少し無理をしてでも出勤するべきです。

責任ある社会人として、辛いですが、その日1日だけ涙を必死にこらえて頑張りましょう。

また、休み明けに職場に復帰する際には、「休んで迷惑をかけた分はその分元気に働いてお返しする」という気持ちで一段と仕事に励むことが大切です。

そうすれば周りもあなたの復帰を温かく迎えてくれることでしょう。

また、休んだことがどうしても気になるようであれば、復帰する際に、周りの人たちにスイーツなど手軽なものを「いない間カバーしてくれてありがとう」の気持ちで贈れば、気まずさはなくなるでしょう。

失恋した直後はショックで何も考えられなくても、少し休めば気持ちも落ち着き、冷静に考えられるようになることがほとんどです。

そのための1日2日休む際には、出来るだけ周囲に迷惑がかからないように気遣いを。

ゆっくり休んだ後は通常通り出勤してその分働けば、周りも気分良く働けますし、職場でのあなたへの信頼が損なわれることはまずありません。

「失恋くらいで休むなんて」という厳しい意見も中にはある

もちろん、社会人として真面目に働く人たちの中には、失恋で仕事を休むことに対して、「失恋くらいで休むなんてありえない」、「社会人としての意識が低い」、「甘えている」という厳しい意見もあります。

特に仕事が激務で、満足に有給を取れていない人が多い職場の場合だと、そこで働いている人たちは常にストレスが溜まっているので、突然予告なく休み、周りの人の仕事を増やしてしまったあなたに対して、周囲からの風当たりは強いかもしれません。

また、人手不足でギリギリで回っているような職場でも同様に休みづらいでしょう。

それでもどうしても行けないと休む場合は、後から信頼を取り戻すそれなりの覚悟が必要です。

また特に、あなた自身が「失恋してショックなんだから休んでも当然」という横柄な態度では、周りに「甘えている」と思われても仕方ありません。

「私は失恋してショックなんだから休んでも良い」という甘えた気持ちで休むのか、それとも本当にショックで何も手につかず、休まざるを得ないのか、その点は自分で賢明に判断する必要があります。

もしも失恋にかこつけて休んでいると周りに思われてしまうと、職場でのあなたに対する信頼はダダ下がりです。

失われた信頼を取り戻すには時間と努力が必要でしょう。

本当にショックでどうしても休まざるをえない時も、「体調不良とはいえ迷惑をかけて本当に申し訳ない」、「休ませていただき、ありがとうございます」という謙虚な気持ちを持っておくことが大切です。

そして復帰した際にはカバーしてくれた周りの人たちへの感謝の気持ちも必ず伝えましょう。

「休んだ時はお互い様なんだからわざわざ言わなくてもいい」という態度ではなく、きちんと言葉にして感謝を伝えれば、お互いに気持ちよく働けますし、また何かあれば快くカバーしてくれることでしょう。

仕事を休む時だけでなく、復帰した時もあなたの態度と心がけ次第で、職場での信頼や人間関係を良好に保つことができるのです。

さらに、失恋で仕事を休むことに対して「切り替えができない」、「公私混同では」という否定的な声もあります。

あなたがいくら良い職場で一緒に働く人たちに恵まれていても、特に大企業でコンサバな社風の会社では、失恋で休んだと分かれば気を良くしない上司や先輩もいるかもしれません。

特にストイックに仕事に励み、休日返上で働くことも厭わないタイプの人は、失恋したことで休んだことがバレてしまうと、あなたをよく思わないかもしれません。

大人数の職場では特に誰にどう思われるかわからないので、失恋したことは出来るだけ伏せておいた方が余計な心配をせずに済むかもしれません。

もしもあなたの職場にお局さん的な人や、気難しい上司などがいる場合は、要注意です。

休んでしまったことがどうしても気になる場合は、仲の良い同僚にも失恋したことを失恋直後に話すことは避けたほうがいいでしょう。

人の口に戸は立てられませんので、ひょんなことから、あなたがいない間に噂が広まる可能性もありますので、少し時間が経ってから話すようにしましょう。

そしてもしも近々彼氏と別れるかもしれないという予感があるのであれば、万が一失恋のショックで休まざるを得ない時のことを考えると、むやみに人に話さない方がベターでしょう。

直接口にはしなくとも、失恋で仕事を休んだことがわかると、いい気分がしない人も一定数いるのです。

辛い別れから立ち直るまでの中であなたが経験すること

別れたという事実に打ちひしがれて、もうため息しか出ない

失恋直後は「別れた」という事実に打ちひしがれ、自分でもなかなか現実として受け入れられないかもしれません。

そんな時はどこで何をしていてもため息しか出ず、何にもやる気が出ない、日常の節々で彼との楽しかった記憶を思い出しては涙が出るということもあるでしょう。

無理に辛い気持ちを押し殺す必要はないのですが、いつまでもため息ばかりついていても前には進めません。

逆にため息ばかりついていると、後ろから見ると姿勢が悪く、見るからに不幸そうな人にさえ見えます。

ため息をつく毎に自分の内側から良い気が出ていってしまい、代わりに負の気を取り込んでしまい、どんどん気持ちがネガティブになるという負のサイクルに陥ります。

いつの間にあなたの周りにはなんだかどんよりとした気だるい雰囲気が漂い始め、はた目にもネガティブオーラが漂い、どんどん近寄り難い人になってしまます。

そして知らない間に新たな出会いを遠ざけてしまったり、チャンスを逃してしまったりするものです。

そうならないためにも、まずあなたの気の済むまで落ち込むだけ落ち込んだら、それ以上は外にネガティブなオーラを出さないようにしましょう。

あまり長引かせて周りから「失恋をきっかけに変わってしまった」、「ネガティブな人になってしまった」と思われ始めると、あなたの人生のまでが変わってしまうことになりかねません。

そうなれば、一つの失恋にあなたの人生をネガティブな方向に振り回されてしまい、立ち直れなくなってしまいます。

たまに「失恋したかわいそうな自分を慰めてもらいたい」、「新たな異性に癒してもらいたい」という下心の混じった気持ちで大げさに落ち込んでいる人がいますが、そんな他人に頼った、甘えた気持ちは周りに伝わり、そんな時に寄ってくる人とはまず良い関係は築けません。

一緒にいる人が見つかったとしても、彼らがあなたの人生にポジティブな影響を与えることはまずありません。

辛くても、ここは自分の力で立ち直るという強い心が大切です。どうしても泣きたい時やため息は家の中で。

本当にあなたを立ち直らせてくれるのはあなただけという覚悟を持ちましょう。

日常のふとした時に彼のことを思い出してしまう。フラッシュバックが辛い

やっとのことで普段の生活に戻っても、日常のふとした時に突然、元彼との楽しかった記憶がフラッシュバックのようによみがえり、苦しい気持ちになってしまうことがあります。

彼と真剣に付き合っていたのであればなおさらでしょう。

そんな時は、まだ元彼のことを完全に忘れられていないので、自分では次の出会いを求めていながらも、無意識のうちに「彼はこうだった・・・」と、元彼を基準に相手を選んでしまったりすることがあります。

さらに、仕事などで何か落ち込むことがあると、ついつい元彼との思い出に浸ったり、「彼ならこう慰めてくれただろうな・・・」と考えてしまい、感傷に浸りがちです。

覚えておいてほしいのは、別れたからといって彼との付き合いは時間の無駄だったり、次の恋をすれば、彼とのことは一切なかったかのように上書きできるようなものではないということです。

元彼と付き合う前と比べると、今のあなたは同一人物ではなく、趣味や習慣などの面で必ずどこか変化したところがあるはずです。

付き合って真剣に誰かを好きになったことは、記憶や思考、行動の変化などなんらかのかたちで必ずあなたの中に残り、次にあなたが恋をするとき、新しい恋はその上に築かれるものなのです。

そして、元彼への未練ではなく、単純に恋をしていたワクワクやときめきをまた思い出したいと思えるようになったら、それはあなたが新たな出会いに向かって動き始めるタイミングだと告げている証拠です。

積極的に出会いを求めて、新たな恋を楽しみましょう。

普段通りの生活に戻る。とにかく前を向いて生きるに尽きる!

ショックから数日経って、気持ちが落ち着いてきたら、とにかく普段通りの生活に戻りましょう。

部屋の中で一人で悲しんでいても、辛さは増すばかりで良いことはありません。

大好きだった彼と別れるという大きな出来事があった後に、普段通りになんてできない、人生が突然真っ暗になったよう、という気持ちもわかりますが、たとえ心では泣いていても、外ではできる限り普段通りのあなたでいられるよう、心がけましょう。

そうして普段の生活を送っているうちに、ほとんどの場合はいつの間にか辛さもどこかに消えています。

大抵の人はそうやって失恋の痛みから立ち直っていくのです。

いつまでもウジウジしている場合ではありません。

一人で部屋にこもって考えるのではなく、積極的に行動を起こしてこの失恋を乗り越えきましょう。

渾身の力を振り絞って、力づくで日常に戻るのです。

普段通りの生活ほど今のあなたに必要なものはありません。一つの失恋であなたの人生を振り回されることはありません。

今はシクシク痛む失恋の傷も、時間が経てば必ず癒え、その傷はあなたが前向きに自分の人生を生きようとする日常でしか癒されることはありません。

どうしても彼なしでは普段の生活を考えられない場合は、新たな生活リズムを作り、イチからあなたの生活を作り出せばいいのです。

さらに大切なことですが、あなたは恋を失ったとは言え、職を失ったわけではありません。

これまで仕事で地道に頑張って積み重ねてきた信頼は誰にも奪えないものです。

本当は失恋したことで自己嫌悪になったり、自信を喪失したりする必要は一切ないのです。

できれば、「私を振るなんて本当にもったいないことをした」、「本当に見る目のない男だった」くらいの大きな気持ちを持って、自信を持って高らかに生きましょう。

誠実に仕事をしていれば、仕事は決してあなたを裏切りません。

そうして頑張った1日の終わりには、今日あなたがどれだけ仕事をやったのか振り返ってみてください。

普段通りにきちんと仕事ができていれば、「やればできる」と自分に自信がつくことでしょう。

何かと暗いニュースが多い世の中で、失恋にも負けず、毎日会社に行って働き、自立した女性として社会で生きるあなたは本当に立派です。

自分で自分を褒めてあげましょう。

ちょっと恥ずかしいのですが、人のいないところで「よく頑張った」、「ありがとう」自分自身への労わりと感謝の気持ちを声に出しながら、自分で自分の肩を叩いてあげてください。

思いのほか心が落ち着き、気持ちが和らぐ効果がありますので、ぜひ試してみてください。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「プラトニックタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

失恋して仕事を休むべき時

もうどうにも頑張れない、無気力で誰とも関わりたくない

あなたが失恋して「もう頑張れない・・・」と感じているとき、それはあなたの心がSOSを出しているサインかもしれません。

いわば心の緊急事態です。

その時はそのサインをしっかり受け止めて、「今日はダメだ」と思うなら、きっぱりと休んだ方がいいでしょう。

日頃から自立した大人としてしっかり仕事をしていれば、「今日は休む」というあなたの判断を周りは信頼してくれます。

また、そんな時に無理に仕事に行っても、あなたが仕事に集中できず、泣いたりするなど周りに気を使わせてしまうことがあります。

そんな状態であれば、思い切って1日休んだ方があなたのためにも周囲のためにも一番良いです。

ただし、引きこもって人からLINEや電話が来ても返したくない、誰とも関わりたくないという人とのコミュニケーションを避けるような状態が続けば、鬱になる可能性があります。

そんな兆候があれば、専門家に適切にカウンセリングを受けるなどの対策が必要です。

病院など小さなミスが命に関わる現場で働いている場合

失恋してショックな時に仕事を休んだ方がいい場合の例として、特に病院など命を預かる現場で仕事をしている場合、小さなミスが重大な事態を招きますので、自分で気持ちのコントロールができないほどショックを受けている時は、気持ちが落ち着くまで休んだ方がいいでしょう。

そのほかミスが重大な事故につながりかねない現場で働いている場合なども、賢明な自己判断の下、休んでください。

失恋の辛さで、身体に不調が出ている場合

失恋の辛さは心だけでなく、しばしば身体にも現れることがあります。

よくある症状としては、夜眠れなかったり、一日中頭痛がする、体がだるい、吐き気がする、食欲不振などです。

夜どうしてもひとりで失恋のことを考え込んでしまって眠れない場合は、翌日職場に睡眠不足の状態で行くので、一日中睡魔に襲われ、仕事にならないことがあります。

そんな状態ではミスも連発し、周りにも心配され、余計に落ち込んでしまいますので、1日休んだ方が良いでしょう。

睡眠導入剤などを処方してもらうなどの方法で改善することができます。

このほかに頭痛や吐き気、食欲不振で体調が悪く、寝込んでいて日常生活にも支障があるという状態の場合は、回復するまで休むことはもちろん、心療内科等を適切に受診することが必要です。

これらはあなたの心の状態が身体に現れている証拠です。

そんな時に、「病気じゃないから」と無理に出て行こうとすると逆効果です。

日頃頑張るあなたの身体を、ぜひ大切にしてあげてください。

失恋しても仕事を休むのは避けたほうがいい時

失恋したのに、実はそんなに辛くない場合

失恋したけれど、でも実はそんなに辛くない、という人、いませんか?

人に言うと「本当に彼のこと好きだったの?」、「真剣に付き合っていたの?」と言われそうで言いづらいかもしれませんが、悩む必要はありません。

失恋してもそんなに辛くない理由はいくつかあります。

まず、お互いにとことん話し合い、納得の上で別れた場合です。

この場合、将来も踏まえて時間をかけてお互いが納得できるまで話しあった後なので、すでに気持ちの整理はついており、別れた直後でもそんなに辛くないことがあります。

むしろ新しい生活の始まりとして、清々しい気分の人もいるかもしれません。

また、付き合っていくうちに、性格や価値観の不一致が浮き彫りになってしまい、一緒にいてストレスすら感じるようになってしまった・・・というケースだと、別れるという選択が二人にとってベストだと納得の上で別れたので心のダメージは少ないでしょう。

さらに転勤や転職をきっかけに別れるという選択をしたけれども、付き合っている間はいろいろなことを相手から学び、お互いに人間として成長できた、人生の一部を一緒にいられてよかったというような、満足感とともにスッキリ別れた場合も、辛くないということがあります。

いずれにせよ、失恋しても心身ともに辛くない場合は、普段通り仕事に行くべきです。

わざわざ仕事を休む必要は全くありません。むしろ良い別れ方をしたことで、心機一転、仕事にもいっそうハリが出るのではないでしょうか。

また、あなた自身が精神的に自立していて自分の幸せを恋愛に依存せず、恋愛以外にも見つけられる場合は、失恋してもそこまで辛くはないということもあります。

他者からの評価によって自信を損なわれたりしない、自立した女性です。

いずれあなたにふさわしい成熟した大人の恋愛を叶えられるでしょうから、その時までは気にせず自分の人生を楽しんでください。

理由がどうあれ、失恋して辛くないからと言って、「本当に元彼のことを好きだったのか」、「本気で恋愛してなかったのではないか」などと悩む必要はありません。

休むと引きこもって失恋のことばかり考えて泣いてしまう場合

平日に休みを取って、会社で働いているべき時に家にいると、することがなくて逆に失恋のことばかり考えてしまい、どんどん落ち込んでしまうというような場合は、普段通りに仕事に行った方が良いかもしれません。

1日ひとりで家にこもって泣いていても、孤独感に苛まれたり、彼との楽しかった記憶が思い出されるばかりで、前には進めません。

逆に普段通りの生活をすることで、一人で悶々と考えてばかりでなく、行動を起こすことができます。

それは、あなたがこの失恋から前に進む第一歩です。

また、辛いのは初めのほんのしばらくの間で、普通に仕事に行っているうちにすぐに日常に戻っていったという経験者の声もあります。

辛さをバネに仕事に打ち込んでいれば、忙しさで失恋のことを考える暇もないでしょうし、そしてそうやって仕事を頑張ったら自分へのご褒美にプチ贅沢をするのも良いアイデアです。

思い切って友達と海外旅行に行ったり、欲しかったブランド物を買ったりと、パーっと発散して気持ちを切り替えましょう。

代わりのきかない大切な日は涙をこらえて1日頑張って

失恋で辛いとは言え、社会人たるもの、働いていればどうしても代えのきかない大切な日があります。

その場合は仕事に行った方がいいことはもちろんです。

このほか、現場でシフトを組んでいるのに失恋で突然休まれた場合や、職場が人手不足でギリギリで回っているような場合は、誰かがあなたの分をカバーしなければならず、仕事が増え、場合によっては全体のスケジュールにも影響を与えることになり、周囲に多大な迷惑がかかります。

そのような状況でいきなり休めば、周りに無責任だと思われても仕方がないことです。

周囲の迷惑を考えず、自分の都合だけで身勝手に仕事を休む人には失恋しても誰も同情してはくれません。

失恋でただでさえ落ち込んでいるあなたが、身勝手に仕事を休むことで周りの信頼までなくしてしまったらさらに追い打ちでダメージを被ってしまいます。

自己嫌悪になったり、自尊心までもが損なわれてしまうかもしれません。

どうしても休めない時は、社会人としてのプライドとプロ意識をかき集めて、なんとか踏ん張りましょう。

後日自分へのご褒美に休みを取ってもいいのです。

元彼はもうあなたを必要としてはいないかもしれませんが、あなたと日々一緒に働く職場の仲間たちはあなたを必要としています。

周りの期待にも応え、自分自身のためにも、やるべきことはきちんと押さえておく必要があります。

失恋して「もう頑張れない…」と思った時に考えてほしいこと

どんなにひどい失恋の痛みも、必ず時間が解決してくれる

ひどい失恋をしてショックのどん底にいる時、もう立ち直れない、次の恋なんてとてもできる気がしないものです。

自分ではもう前に進もうとする努力もできない、もう頑張れない、そんな気持ちの人もいるかもしれません。

そう感じた時に覚えていて欲しいのは、どんなにひどい失恋の痛みも必ず時間が解決してくれるということです。

古今東西、人は自分では失恋の傷は時間の経過によって癒されることを証明してきました。癒せない失恋の傷なんてないのです。

具体的には女性の場合は失恋してから1ヶ月後くらいには前向きになれる時間が増えてきます。

そし3ヶ月も経てば、もうあまり思い出さなくなる人が多いです。たとえ今は「もう頑張れない・・・」と失意の底に沈んでいても、数十年後には、もはや元彼の名前も思い出せなくなっている可能性もあるのです。

どんなに苦しくても、今の辛さは永遠には続きません。

一過性のもので、自分は今本当の幸せを手に入れるまでの旅の途中なのだと、広い視野を持って考えてみてください。

我慢せず心ゆくまで思う存分悲しみ、辛さを発散する

仕事ではいつも通りに振舞っていても、プライベートまで辛い時に我慢しなくても良いです。

ひとりの時に思う存分、心ゆくまで泣けば、自然と心も軽くなりますし、とことん話を聞いてくれる友達に愚痴るのも辛さを発散するのに有効な手段です。

そのほか、恋愛エッセイ本を片っ端から読んだり、漫画喫茶にこもってひたすら恋愛漫画を読み、感情移入するのも良いでしょう。

また、インターネットで同じような体験をした人のブログや経験談を読むことも同様に効果的です。

加えて、今のあなたの思いの丈を語る用に専用のSNSアカウントを作れば、同じような経験をした人たちと共感し合えるかもしれません。

一人で苦しんでいた痛みを共感できる仲間を見つけて、分かり合えることによるストレス発散効果は計り知れません。

さらには身体を動かしてスポーツに取り組むのも、何も考えなくて良い上に、運動は気持ちをポジティブにする効果があるので、オススメです。

一人で家でこもっていると考えすぎてしまい、気持ちがネガティブになりがちですので、体を動かして積極的にストレスを発散しましょう。

ほかにも、部屋の模様替えや断捨離でも気持ちをリセットすることができます。

見ているだけで辛くなるような彼との思い出の品はもちろん、この際人生を一新する気持ちで、片付け本を読みながら今のあなたに必要ないものはどんどん捨てて、リフレッシュしちゃいましょう。

今まで元彼にやってもらっていたことを自分で頑張ってみる

一緒に過ごした時間が長いほど、どこに行くにも二人でいることが当たり前になっていきます。

そんな風に感じていたのに、ある日突然相手に振られてしまったら、あなたの日常の時間が今までとは全く変わってしまいます。

相手の笑顔を見たいとこれまで喜んでもらうためにやっていたことも、もうやらなくていい、いつも一緒にやっていたことも一人でやるしかない、そういった風に、日常の時間が変わっていきます。

そんな風に感じて辛くなったら、あなたが苦手とするもので、これまではずっと彼にやってもらっていたこと、なんでもいいのですが、例えば部屋の電球を替えることや車の運転、電化製品のちょっとした修理など、少しずつ自分でやってみるようにしてください。

一見難しそうに見えるかもしれませんが、やってみると力も不要で、意外と簡単にできたりします。

今まで元彼に任せていたことを自分でできるようになれば、「彼がいなくても全然普通に生活できるんだ」と感じることができ、一人の自立した女性として、自信もつくことでしょう。

痛みを知ったあなたはまたいっそう魅力的な女性になった

失恋してどん底まで落ち、傷ついたあなただからこそ、いっそう人の気持ちに寄り添い、人の心の痛みがわかる女性になりました。

辛さを乗り越えた経験からは、成熟した、深い大人の魅力が生まれます。

この経験を通して、あなたの人としての器はまた少し、大きくなりました。

あなたの人間としての魅力は、時とともに内側から外に滲み出て、あなたの人間性に深みを与え、人を惹きつけることでしょう。

たとえものすごく大変な、辛い経験であったとしても、後から振り返ってみれば実は良い経験だった、人生の最大の転機だった、ということもよくあるのです。

この辛い気持ちは、あなたの決心と行動次第で、もしかするとあなたの人生最大のターニングポイントにもなり得ます。

ぜひ辛さから目を逸らさず、転んでもタダでは起きないという強い決意を持って新たな人生を歩んでください。

また、辛いからこそ、人としての成長する良い機会でもあります。

辛い経験を乗り越えたあなたは、精神的にはよりタフに、周りの人にはもっと優しくなれるでしょう。

そうして振り返れば、この失恋にも価値があったと思える日が必ず来ます。

そうしてあなたは未来の、より素敵な恋に向かう準備をしているとも考えることができます。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「失恋が何もできないほど苦しいのはそれだけ元彼を愛していた証」

占い師 姫乃
真剣に人を好きになれば、その恋を失った時に辛くて苦しいのは当たり前。

それだけ誰かひとりを愛した経験は、のちのちあなたの人生にとって必ずプラスになります。

そんなに好きになれる人と出会い、一緒に時間を過ごし、自分にも相手にもとことん向き合ったあなたは、かけがえのない人生経験を手に入れました。

今のあなたは、彼と付き合う以前のあなたよりももっと輝いているはずです。

そしてあなたが今、その恋を失って何も手につかないほど苦しい思いをしているのは、それだけ元彼を愛していた証拠です。

この苦しみから逃れるために、つい身近にいるほかの異性と会うことで気持ちを紛らわそうとしたり、自分の気持ちを押し殺して辛さから目を逸らそうとしたりしがちです。

でも、正面から向き合って、なんとか乗り越えようと自分なりに必死に頑張れば、いつの間にか暗いトンネルを抜けて、この苦しさですら今後のあなたの糧になることでしょう。

それができてこそ、あなたは素敵な大人の成熟した女性にまた一歩、近づけるのです。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事