この人と結婚するかもと付き合う前に感じるインスピレーションは本物?運命の人か見極めるサインと直感を信じるべきポイント
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「この人と結婚するかも」と付き合う前に感じるインスピレーションは、本物と信じていいのでしょうか?

こちらでは運命の人か見極めるサインと直感を信じるべきポイントについて解説しています。

直感だけに頼らず客観的な視点からも見極める方法もいくつか紹介しているので、総合的に判断したい人はぜひ最後まで読んでみてください。
  

 

復縁メニューはこちら

この人と結婚するかもと付き合う前に感じるサイン

サインは第一印象に隠れている。名前を聞いてピンと来ることも

この人と結婚するかもと付き合う前に感じるサインは、第一印象に隠れていることが多いです。

その人の名前を聞いた瞬間、えも言われぬ直感が降りてきたり、会話していくにつれ以前どこかで会った気がして思い出そうと必死になることもあります。

やがて日を追うごとに「この人とは自分にとってきっとごく身近な存在になる」と強く感じるようになります。

その感覚は今までに味わったことのないもので、単に好きになったり気になる存在という程度ではありません。

それはまるではるか遠くの記憶のかけらと彼との出会いが、化学反応を起こしたかのようです。

「もしかしたら彼が運命の人なのかも」と思うと同時に、早くも結婚を意識します。

価値観があまりにも似ていてびっくりする

付き合う前なのに結婚するかもしれないと感じるのは、価値観があまりにも似ている時です。

お互いの価値観はまるで瓜二つで、偶然とは言えその合致さに思わずびっくりするほどです。

結婚を意識するのは、これほど価値観が同じ人がこれまで周りにいなかったからです。

「とうとう現れてくれたか」と、ため息をつきながら感慨深い想いにひたることでしょう。

価値観の中で特に重要なスケールが、金銭感覚です。

お金に対する価値観が違うカップルは、残念ながら前途多難が予想されます。

なぜならお金の持つエネルギーは大変な強さで、扱い方次第で困難を招く可能性が高いからです。

問題が起きるのは「お金の使い道について」です。

あるだけ使ってしまう浪費家の彼に対しきっちり家計簿をつける彼女だったら、その価値感は天と地ほども違います。

お金を使いたい彼とあまり使いたくない彼女との間に立ちはだかる金銭感覚は、永遠に相容れないものでしょう。

一方で金銭感覚が同じ2人なら、問題が起きることはほとんどありません。

たとえば2人の間に「必要なものなら買う」という同じ信念があるなら、買い物の際ケンカになることはありません。

しかし価値観の違う2人が一緒に買い物をしたら、ケンカの種はあちこちに潜んでいます。

欲しいものだらけで財布のヒモがゆるゆるの彼とセーブしようとする彼女との間で、激しい攻防戦になるのは間違いありません。

価値観の違いは、良好な関係性をも簡単に崩してしまうのです。

相手と同じ匂いがする。一緒にいたら絶対幸せに過ごせそう

相手が自分と同じ匂いがすると感じた時、付き合う前でも結婚を予想させるサインです。

彼と一緒にいたら絶対に幸せに過ごせそうな気がしてなりません。

「匂い」という嗅覚は、直感を呼び覚ます感覚です。

また「(人格的に)同じ匂いがする」というように、嗅覚でない使い方もします。

相手に同じ匂いがすると感じるのは、たとえばコアな趣味を持っていたり、その人にしかわからないレアな感覚の持ち主という場合です。

いずれも表面的というより潜在的な意識が反応することによって、同じ匂いがすると感じるのです。

カップルとしては理想中の理想でしょう。

なぜなら相手が存在するだけで満足だからです。

だから多くを望まないし、相手に無理だけはさせたくないのです。

お互いにそういうスタンスなら、うまくいかないわけがありません。

付き合う前であっても、結婚に意識が向くのは当然と言えます。

初対面から切ないほどのなつかしさを感じたり自然体でいられる

付き合う前なのに結婚するかもしれないと感じるのは「初対面なのになつかしい」がサインです。

初めて会ったのにもかかわらず切ないほどなつかしく感じるので、彼の前ではいつも自然体でいられます。

以前にも絶対会ったことがあるはずなのに、思い出そうと首をひねってもどうしても思い出すことができません。

しかし彼はこちらの熱意を知ってか知らでか、のほほんとしていることが多いです。

つまり2人が同じようになつかしさを感じるわけではないのです。

なつかしさとは、直感がなせるわざです。

直感からさまざまな情報を得ることができますが、直感を使える人は直感を信じている人です。

いわゆるシックスセンス=第六感的な感覚を信じていない人には、直感はほとんど起きません。

一方で直感を信じ直感を受け入れる人は、ますます直感を受け取るようになります。

直感は一つの特殊能力なので、磨けばますます強くなるし使わなければどんどんサビついてしまうのです。

直感という能力を磨くには、降りてきた感覚に「何か意味があるはず」と考えるようにすること。

この場合「なつかしい」という直感を無視せずに従うと、思いがけないプラスの展開へとつながります。

何でも話せる気やすさがあるだけでなく、真剣に話を聞いてくれる

なんでも話せる気やすさがありながらもいつも真剣に話を聞いてくれる相手なら、付き合う前から結婚を意識してしまうでしょう。

真剣に聞いてくれるのは、話の内容にとても興味を持っているからです。

人との会話においてこれは大変に重要なポイントです。

会話一つで相手との信頼関係が築けるか築けないかが決まるのですが、相手の話に耳を傾け興味を持って聞く姿勢は何があっても揺るがない強い信頼関係を築くことができるのです。

理想的なリレーションシップとは、人にしてもらって嬉しいことを相手にもしてあげる、といたってシンプルです。

彼がこのようなスタンスなら、付き合う前から信頼できる人とわかります。

いざ付き合うようになっても、相手への信頼は変わりません。

「この人と結婚するかも…、いや結婚するならこの人がいい!」という意識はますます強くなっていくはずです。

自分の全てを受け入れてくれる優しさを超えた温かさがある

付き合う前なのに結婚するかもしれないと感じるのは、自分の全てを受け入れてくれる優しさを超えた温かさを彼の中に発見した時です。

条件抜きで全てを受け入れてくれる男性はそういません。

彼女のことをまるっと受け入れるのは、2人の背景に強いつながりがあるからに他なりません。

とはいえ、彼は運命の人についてあまり詳しくないことも多いです。

運命の人についての会話も周回遅れ気味で、興味なさげに見えます。

しかし彼女への想いには誰にも負けない特別なものがあるのは確実で、だからこそ全てを受け入れたくなるのです。

だからと言って「俺も俺も」と、かまって欲しい承認欲求をかき立ててくることはありません。

承認欲求が強い男性は性質の一部が子どものままなので、彼女の全てを受け入れる余裕などないのです。

受け入れてくれたように見えても、ほんの一瞬です。

一方で全てを受け入れてくれる姿勢の彼なら「結婚するかも」と強く思えることでしょう。

この人と結婚するかも!運命の人と見極めるポイント

一緒にいると落ち着くが、一緒でなくても不安にならないか

一緒にいると落ち着くのはもちろんのこと、一緒でなくても不安にならないのが運命の人を見極めるポイントです。

不安になる多くの原因は、彼の浮気でしょう。

彼が浮気性だったりモテるタイプだと、いつ浮気するかわからない不安でいっぱいだからです。

一緒にいれば不安を感じません。

しかし大きな不安に襲われるのが、彼と離れている時です。

不安はさらなる不安を引き寄せますが、浮気して欲しくない気持ちが逆に彼を浮気へと走らせてしまうのです。

ところがこのような悲惨な状況であっても、彼が運命の人というケースも往々にしてあります。

これは「自分の精神状態一つで人間関係が崩壊する」ということを学ぶために出会ったのです。

運命の人との出会いはすべて学ぶためなのであって、彼と離れていても不安にならない場合も何かしら学ぶべきことが他にあるのです。

会話がなくても居心地がいいし、それぞれがリラックスしていられるか

運命の人を見極めるには、会話がなくても居心地が良いかまたそれぞれがリラックスしていられるかがポイントです。

運命の人といる時、本当の自分でいられるかそうでないかも一つの目安になります。

会話が続かないと気まずくなるのがイヤであわてて取りつくろうとしてしまったり、彼といるといつも緊張の連続なら本当の自分ではありません。

彼にもっと好きになってもらいたいとか、嫌われたくないという心理状態からとる行動は、自分らしさがまるでない状態と言わざるを得ないのです。

明らかに無理をしている彼女に、彼は違和感を感じ距離をおいてくるでしょう。

うまくいかない恋愛関係は、こうしていばらの道をどんどん進み続けるのです。

一方で彼が運命の人なら無理することもないし、いつでも自分らしくいられます。

そのような彼女だったら彼も居心地がいいし、それぞれがリラックスした安定の関係でいられることでしょう。

結婚に向けたリアルなイメージがカッコ良すぎて、いつも惚れなおしてしまう

結婚に向けたリアルなイメージが湧くか、またそのイメージがカッコ良すぎて思わず惚れ直してしまうようなら彼は運命の人です

着実に結婚へと歩みを進めることでしょう。

運命の人との出会いによって結婚を意識した時、結婚の様子をどれだけリアルにイメージできるかでその後の人生は変わります。

結婚に対する不安が大きければ、何をするにも不安なイメージしか湧いてきません。

うまくいくことまでなぜか失敗してしまうのは、自らの不安が失敗を引き寄せてしまうからです。

しかしポジティブに結婚のイメージを描けるなら、その後は思い描いた通りの結婚へととんとん拍子でしょう。

たとえなんらかの障害が起きてもポジティブな精神を持つ人なら、難なく乗り越えることができます。

このように運命の人を見極めるポイントは、運命の人とのゴールインをいかにリアルにイメージできるかにかかっています。

大好きな食べ物がまったく同じ

運命の人と見極めるポイントは食べ物の好みにも反映され、大好きな食べ物がまったくと言っていいほど同じです。

また大好きな食べ物だけでなく、苦手な食べ物もほぼ同じということが多いです。

食に関する共通点は2人の距離をより近づけてくれますが「さて、ごはん」という時、何を食べるかをめぐってケンカになったり険悪な雰囲気になることがありません。

しかし好みが違うとどんなに仲が良いカップルでも、ケンカの火種になりやすいです。

相手と好みが違うと自分だけが好きなものを食べるわけにはいかないし、食べたいものを我慢するのは大変なストレスです。

食は三大欲の一つということもあり、楽しみだったり健康に生きていく上でもとても大切なこと。

どうせ食べるなら好みの食べ物を選びたい、と誰もが考えるものです。

一方で運命の人とは大好きな食べ物がまったく同じなので、意見が合わず辛い思いをせずに済みます。

好きな人と好きなものを食べる。

とてもシンプルで当たり前のようですが、これ以上の幸せはないのです。

笑いのツボが同じ。爆笑した時に相手も爆笑しているならOK

笑いのツボも、運命の人を見極めるポイントです。

爆笑したときに相手も同じように爆笑しているなら、運命の人の可能性が高いです。

またお互いに笑顔を絶やさない明るいタイプなら、理想のパートナーシップが築けることでしょう。

反対に理想からかけ離れてしまうのは、笑顔が少ないカップルです。

いつもイライラとストレスを溜める人は、とても笑顔になどなれません。

わかっていながら、どうしても笑顔になれないのです。

しかし理想のパートナーシップを築きたいなら、無理してでも笑顔を作る必要があります。

笑顔は運気を上げてくれるツールと考えてください。

いつしか笑顔が当たり前になると、お互いに運命の人としての位置づけが強固になります。

気持ちの余裕がなくてもフラットな態度は変わらないか

気持ちの余裕がない時でもフラットな態度でいてくれるかどうかも、運命の人を見極めるポイントです。

余裕がないとつい感情的になってしまう人は意外に多いのが現実です。

怒りをぶつけてくる人、悲観的になる人、泣く人、いろいろですが、感情的になっている人の多くは、口に出さなくても「私はこんなに傷ついている」と言っているようなものです。

そういう人は昔から余裕のなさを感情で表現することしかできないのです。

しかし気持ちに余裕がなくてもフラットでいられる人は、相手に感情をぶつけません。

相手に感情をぶつけたところで、2人の関係はこじれるだけとわかっているのです。

運命の人はこのように2人のためを思って先の先まで読み取ろうとするのも特徴ですが、実は感情的にならないよう密かに努力しているからなのです。

彼の友達に彼の評判を聞き、確実に運命の人か手がかりにする

運命の人かどうか見極めるには、彼の友達に評判を聞くのもありです。

彼をよく知る人にさりげなく聞くことで、確実に手がかりとなります。

友達によっては、冗談まじりに彼をディスってくる人もいるかもしれません。

悪口なのか冗談なのかどこまで信じていいか分からなくなってしまいますが、そこは友達です。

彼と友達が公然の関係であるなら、あからさまに嘘をついたり本気で悪口を言うことはないでしょう。

あくまで冗談と受け止めてください。

またその人が彼にとって本当の友達なら、必ず彼の良い点を付け加えてくれるはずです。

友達との関係が円満な様子がうかがえれば、あらゆる人間関係もうまくいっているとみていいでしょう。

運命の人と思って間違いありません。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

「この人と結婚するかも」と付き合う前の直感が正しいかの判断基準

結婚は人生の重要なターニングポイント。直観だけを頼るのは危険

付き合う前に「結婚するかも」という直感だけに頼るのは少々危険です。

結婚とは人生において、もっとも重要なターニングポイントです。

ターニングポイントだからこそ、直感だけに頼るのはよくないです。

直感が悪いという意味ではなく、直感はあくまでサポート的なものと考えるべきです。

運命を左右するのは、決めつけてしまう「判断」にあります。

決めつけるとそれ以外を許さなくなるため、結果的に自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

運命の人と出会えたのになぜかうまくいかないのは、自分なりに判断してしまうからです。

「直感は正しいかもしれないし、正しくないこともある」

このように決めつけないファジーなスタンスが大切です。

「結婚するかも」の予感は誰にでもあるが、実はあまりあてにならない

「結婚するかも」という予感は、誰にでもあるものです。

しかし実は思うほどあてにはなりません。

結婚の予感がすると思わずワクワクしてしまうものですが、そんな浮き足だった気分が一掃されてしまうのが予感が外れた時です。

結婚の予感がするタイプは、好みの男性に出会うと毎回のごとく「結婚するかも」というスイッチが入ってしまうのです。

しかしこれはあくまで希望的観測です。

「結婚するかも」という予感は、単なる可能性の一つに過ぎないのですが、なぜか「現実化する」と思い込んでしまうのです。

思い込んでしまった結果、見事外れてしまうことがほとんどです。

予感は当たる時もあれば、外れることもあるのです。

だからと言ってそれが悪いということではないのですが、「結婚の予感は可能性に過ぎない」と思うことはとても重要です。

そう考えれば、予感が外れてもダメージは少なくて済みます。

理想のスペックに憧れている時、彼の肩書や収入だけにフォーカスしていないか

理想のスペックに憧れている時、肩書きや収入だけにフォーカスしていると、たとえ彼が運命の人であろうともそれを見過ごしかねません。

金銭面での期待が強すぎると、本来の目的を見失ってしまうのです。

運命の人に出会うのは、どんな目的があるのでしょうか?

それは魂の成長のためです。

またそこには、人としてひとまわり大きくなることも加味されています。

これは肩書きの凄さや高収入だけが、人をひとまわりもふたまわりも大きくさせてくれる要因ではありません。

経済的に楽したい、永遠なる富を得たいと考えるのはいたって当然のことです。

しかしそればかりに気持ちが向いてしまうと、本来の自分でいることが難しくなってしまいます。

お金のことばかり気にしていれば常にお金に振り回されるようになるし、いつもお金が足りない「欠乏」に悩むことになるのは確実だからです。

本当の幸せとは、寄り添える相手がいてそこに心から満足を感じることです。

仮に彼の肩書や高収入などのハイスペックに幸せを感じていたとしても、魂という視点で見たらそれは永続的ではなく一時的なものなのです。

直感ではピンときても、彼と実際に付き合ってみてわかることの方が多い

直感ではピンときたかもしれませんが、実際に付き合ってみて初めて彼のことをもっと深く理解できるようになります。

その点からも直感を意識しすぎると、「あれ?想像と違った」ということになりかねません。

また付き合うことになったあたりでも、まだ本当の彼の本質は見えてきません。

内面の深い部分まで知るには、それ相応の日数がかかるとみてください。

たとえば何かハプニングが起きたとき、彼はどんな反応をするでしょうか?

しかし彼の反応を見るには、ハプニングが起きなければなりません。

日常生活においてハプニングはそうそう起きるものではありませんから、彼の本質を確かめるためにはそれなりに時間はかかるのです。

彼の心の奥底に潜む本質だけは、直感では計り知れないゾーンです。

そのため、実際に付き合ってみて初めてわかることなのです。

結婚願望は強くないか。結婚に対する願望は自らのビジョンにフィルターをかけてしまう

結婚願望が強いと、自らのビジョンにフィルターをかけてしまいます。

そうなると「結婚するかも」という直感があっても、若干怪しい状況でしょう。

フィルターがかかっていることにより、真実が見えていません。

また結婚願望が強いと、あらゆる面で妄想へとつながりやすいです。

自分の理想が現実になると思い込んでしまうのが、妄想の特徴です。

これが現実とのギャップを生み出し、何か問題が起きたときに「こんなはずじゃなかった」と意気消沈してしまうのです。

そうなった時に初めて「何もかも思い通りになると思っていたのは勘違いだった」ということに気づきます。

こうなるのはすべて、自らのビジョンにフィルターをかけてしまったことが原因です。

真実を見極めるためには、直感があっても盲信せずちょっと疑ってみるくらいがちょうど良いのです。

親や周囲からの圧力で結婚しようとしていないか

親や周囲からの圧力で結婚しようとしている場合、仕方なく直感と結び付けることがあります。

実は直感でもなんでもなく、急かされている状況に背中を押されているからに過ぎません。

そんな風に急場しのぎの直感には残念ながら説得力はありませんから、運命の人の判断基準も怪しいものになってしまいます。

また自分の家庭環境がイヤでたまらず、ただ家から出ることだけが目的で結婚を急いでいる場合も同じです。

とりあえず結婚相手の対象になりそうな男性が目の間に現れれば、直感が起きたような気がしてしまうのです。

そういう人は、結婚生活に甘い夢を見がちです。

実際には、夢と現実とのギャップがあまりにも開き過ぎているので、がっかりすることの方が多いです。

結局は「運命の人と思ったけど違ってた」ということになってしまうでしょう。

気が合わなかったりケンカが絶えないのに我慢していないか

運命の人という直感がありながらも、気が合わないということも往々にしてあります。

またケンカが絶えないのに、運命の人だからと我慢していると「本当に運命の人?」と疑いたくもなります。

運命の人の定義が人それぞれなのは、人によって何を学ぶのかが違うからです。

気が合わないのをなんとかして乗り越えるために出会ったのかもしれません。

ケンカが絶えない状況を改善して、よりいっそう仲良くなるために出会った可能性もあるのです。

運命の人は白馬に乗った王子様のように華麗にやってくるような気がしていたら、それは完全なる妄想なのです。

むしろつらいことが多いかもしれません。

しかしあきらめてしまったら、学びもそこで終わります。

直感は正しかったとしても、思い通りにいかずあきらめたことが運命の人を遠ざけてしまった原因なのです。

「この人と結婚するかも」と思ったときに確かめるべきこと

結婚に焦っていない?焦っていると見誤ることが多い

結婚に焦っていませんか?

焦りがあると見誤ることが多いので、注意が必要です。

とは言っても結婚は人生における最大のイベントですから、熱が入るのも仕方がないことです。

だからこそ「冷静」と「慎重」のこの2つの言葉を常に頭に入れておいてください。

冷静かつ慎重であれば、多少焦っていても問題ないでしょう。

結婚に焦る原因はさまざまですが、年齢的なことが1番大きいかもしれません。

しかし結婚に適した年代「適齢期」という言葉は、すでに過去の遺物です。

あるようで無いのが適齢期なのです。

運命の人は絶妙のタイミングで現れるものですが、そのときがその人にとっての適齢期なのです。

一方で結婚に焦ると本来の魅力が半減するだけでなくエネルギー的にも枯渇するので、運命の人とも会えずじまいでしょう。

直感を盲信しすぎていない?直感頼みは失敗を招きやすい

直感に頼り過ぎていたり盲信しすぎていると、失敗を招きやすいです。

運命の人との大事な出会いですから直感に頼りたくなるのは仕方がないのですが、盲信しすぎはNGです。

1度でも直感を感じるようになると次々に直感が起きるようになりますが、直感はある程度、鍛錬も必要です。

直感〜その結果を味わうことを幾度となく繰り返さないと、果たして直感が確かなものかわからないからです。

人によっては鋭い直感の持ち主もいますが、ごくわずかです。

多く人たちは何年かかけているうちになんとなく身につくようになりますが、それも体調や気分によっても変わります。

直感とは確かなようでいて、実は状況によっては不確実性の方が強くなるものです。

そのため直感を信じ切ってしまうと、当然ながら少なからず失敗します。

将来のビジョンが想像できる?結婚から老後まで明確にイメージしてみる

「結婚するかも」と思ったら、将来のビジョンが想像できるか確かめてみてください。

結婚式を挙げること=ゴールインと思いがちですが、重要なのはそこから先の人生です。

結婚から老後までの人生を明確にイメージできるようなら、少なくとも形だけの結婚にはなりません。

結婚後の人生をじっくりイメージする、それが人生設計です。

人生設計通りになるとは限りませんが、あらかじめ人生設計を考えておけば役に立つことが多いはずです。

結婚生活は今までより、良くも悪くも濃い人生に違いありません。

節目節目でどんな展開が待っているか、楽しみながら考えればより明確な将来のビジョンとして浮かび上がってくることでしょう。

価値観のずれはない?彼と自分の考えのギャップを確かめておく

彼との間に価値観のずれはあるか、あるとしたらどんな違いかを確かめておいてください。

彼の考え方とギャップがあるのは当然で、運命の人だから考え方が全部同じということはありえないのです。

そのギャップを埋めたいと思うのがそもそもの間違いであって、どんな関係においてもギャップを埋めることはできません。

カップルが言い争いになるのは、相手の価値観を認めないからです。

そして自分の価値観を認めてもらえない悲しみをなんとか相手にわかってもらおうとするために、ケンカになるのです。

お互いに絶対に寄り添えない部分について戦っているので、これではいつまでたっても平行線です。

そこであらかじめ確かめておくのです。

「この点についての意見を彼は絶対に譲らない」とか「私はこれだけは譲りたくない」というような感じでリストアップします。

彼と相談しながらでもいいかもしれません。

長い結婚生活であつれきが生じるのは仕方のないことで、人と人とが長いこと同じ場所にいると対立が起きやすくなるのです。

しかし前もってあつれきにつながることがわかっていれば、無駄なエネルギーを使うこともなくなります。

家族計画に積極的な姿勢?子どもの数も重要

彼が家族計画に積極的な姿勢かどうか、折を見て確かめるようにしてみてください。

また子どもの数についても同様です。

「付き合う前から家族計画なんて早すぎる!」と思う人もいるかもしれませんが、結婚してから気づくのでは遅いこともあるからです。
 
特に子どもをもうけるかについては、賛成と反対が真っ二つに分かれることも多いです。

元々「子どもは嫌い」と言ってくる彼だったら、将来的に子どもを期待しない方がいいでしょう。

一方で自分の子どもの顔を見たとたん相好を崩したりなど、これまでの性質が正反対になることも多く見受けられますからこれは一概には言えません。

子どもの数にしても「サッカーチームができそうなくらい大人数がいい」という人もいれば「1人いれば十分」と考えている人もいます。

いずれにせよ彼が子どもについてどう考えているかは、結婚したあとよりも結婚前に知っておくのがベストです。

「この人と結婚するかも」の直感は信じたいなら客観的な視点もとり入れる

直感を強く信じると、そうならないことの方が多い

直感を強く信じると、そうならないことの方が多いです。

お伝えしたように直感は確実でないからです。

特に霊感体質の人は要注意です。

霊感体質はその名の通り、霊と交信できる体質ということから霊の標的になってしまうことがままあります。

問題なのが、霊の言いなりになってしまうこと。

そのうち「こうしろああしろ」と支配してくるようになるので、そうなると直感と霊の区別がつかなくなってしまうのです。

非常にややこしい展開になってしまわぬよう、十分気をつけましょう。

言ってくる言葉が命令口調だったら100%霊のしわざですから、無視するようにしてください。

強い意志を持って無視していれば、いずれおさまります。

霊の言うこと直感と信じてはいけません。

結婚後に相手の性格や考え方が変わることもあると知っておく

結婚したあと、相手の性格や考え方が変わることはよくあります。

つまり直感に従って「結婚」という良い結果を得られたとしても、結婚後まではそれが機能しないということ。

人は環境によって性格や考え方が変わるものなのです。

冷淡な態度の彼が優しくなるならこれほど良い変化はありませんが、プラスの変化よりも明らかにマイナスの方が多いです。

優しかった彼が素っ気なくなったり、冷たく感じたりします。

しかしこれが本当の彼の性格なのかもしれません。

この変化に大慌てしてしまわぬように。

結婚前に彼の本質を見抜けなかっただけです。

また距離が近づいたことで、以前は見えなかったことが手にとるようにはっきり見えてくることもあるのです。

互いの価値観や共通の趣味について変わらぬ熱意があるか

お互いの価値観や共通の趣味、好みについて変わらない熱意があるかを確かめましょう。

結婚に先立ち、2人の背景に目を向けてみることも時には必要です。

直感に従った結婚でも、長い間に起きる意識の変化を避けることはできません。

しかしお互い共通の趣味や好みがあるなら、支えられるパワーとしてはとても大きいです。

なぜなら2人一緒に楽しむことで楽しさが倍増するからです。

共通の楽しみは人生に潤いをもたらしてくれるご褒美のようなものなのですが、それもお互いに変わらない熱意があればこそです。

人の意識は刻一刻と変化しますが、結婚というシチュエーションの中で互いを支え合っていく時「共通の大好きなこと」が変わりさえしなければ、永遠にうまくやっていけるはずです。

金銭感覚の違いは決定的な違いを生み出すことが多い

金銭感覚の違いは、決定的な違いを生み出すことが多いです。

どちらかが浪費家なら、相手は倹約家になることでしょう。

このような違いなら、多少揉めることはあってもなんとかうまくやっていけます。

しかし浪費な彼に大きな不安を抱える人は浪費をやめるよう彼を説得しますが、彼が変わることはありません。

決定的な違いが明るみになっているので、もはや何を言っても彼が変わることはないのです。

むしろ彼のマイナス面にフォーカスすることによって、浪費が加速するだけです。

やがて双方で多大なストレスを感じるようになると、いずれ別れるか別れないかの選択を迫られることになるでしょう。

親は結婚することについてどう思っているのか、本音を聞いてみる

親は結婚についてどう思っているのか、本音を聞いてみてください。

親の本音には今まで知るよしもなかったあらゆるデータが隠されています。

それは子育てを通し我が子の性質を誰よりも理解しているからで、むしろ「データを独占している人」と言ってもいいほどです。

また親は結婚生活を長く経験している、1番身近な人です。

結婚前は考えることすべてが良いイメージなので、実際に結婚しないことにはどうなるかは誰も予想できません。

苦労も何もなく平々凡々な結婚生活かもしれないし、荒波に揉まれるような生活が待っている可能性もあるのです。

何が待っているかわからないこそ、自分とは違う親の結婚観を聞いておけば、改めて結婚への強い意志が湧き立つことでしょう。

いずれにせよ親の経験をもとにしたアドバイスは、確実に背中を押してくれるはずです。

結婚運アップの待ち受けやおまじないを使って、幸せを手にした人が急増中!

詳しくはこちらから。
 

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「この人と結婚するかもの直感も大事!でも客観的な視点をとり入れて」

 

占い師 姫乃
直感には客観的な視点が何よりも必要!

直感に従っているとさらなる直感が起きるようになるけれど、それに乗っかりすぎちゃダメなのよね。

何ごとも中庸が大切だし、直感だけに従うのはやめた方がいい。

これだけは断言しとくわ。

結婚に関しては直感が起きる人も多いのだけど、その後は魂の学びに沿って展開していくの。

良いことばかりじゃないけれど、いつも彼に出会ったことへの感謝の心でいれば、必ずうまくいくわ。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事