回避依存症の元彼と復縁するために必要な知恵とうまく付き合っていく方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「元彼が回避依存症だった」と分かった時、あなたは「やっぱり!」と思うかもしれません。

回避依存症がどのような問題を生むのか、またその解決法を知れば復縁への道が開けてきます。

この記事では、回避依存症の元彼と復縁するために必要な知恵と、うまく付き合っていく方法について詳しく解説していきます。

元彼と付き合っている頃に「なぜこんなに苦しいのだろう」とか「元彼の気持ちが理解できない」と思っていたら、そのすべてが解決します。

回避依存症の元彼と復縁し、その後もうまく付き合うためには「あなたの手綱(たづな)さばきが必要不可欠」なのです。

ではさっそく一緒に見ていきましょう。

復縁メニューはこちら

まずは回避依存症とはどういうものか、その特徴を詳しく知ろう。

回避依存症の大きな特徴とは「一歩踏みこんだ人間関係を嫌う」

回避依存症の男性の大きな特徴が「相手に一歩踏み込んだ人間関係を嫌うこと」です。

誰にでもそのような一面はありますが、回避依存症の場合は特にその傾向が強いです。

たとえば女性側が「誠心誠意尽くしたいから」と相手の家に押しかけ、掃除、洗濯などの家事全般をやるとします。

普通の男性なら「ありがたい」と喜ぶようなことでも、回避依存症の男性の場合、すべてが「NG」なのです。

家に押しかけてくることだけでも「踏み込まれ過ぎている」と感じてしまうのです。

また自分の部屋について意見されたり、判断されるのを嫌います。

これはパーソナルスペースに非常に敏感なためで、家にある自分の所有物を触られるのさえもとても嫌がります。

もしかすると回避依存症の男性は、どんなに好きになった女性でも自分の家に呼ばないかもしれません。

会うのはひたすら「外」で、というのも、相手に踏み込まれないようにするための苦肉の策なのです。

しかしこういう点が、相手の誤解を生んでしまうところです。

「別の女性と住んでいるのではないか」

「結婚してるのではないか」

このような疑いをかけられたり、相手との信頼関係が崩れることもあります。

回避依存症の特徴①「モテるタイプの男性が多い」

回避依存症の男性は「モテるタイプが多い」のが特徴です。

外見の良さがあればモテるのは理解できますが、そうではないタイプの男性もモテる傾向があります。

イケメンではないのにモテるのはなぜでしょう?

それは「見えない謎の部分が多い」からです。

回避依存症の男性は、自分をさらけ出すことをしません。

自分を出さなければ、表面に現れるのは「謎な部分だけ」です。

「この人、よくわからないけれどなんだか怪しい魅力がある」

「不思議な感じでなんとも言えないパワーを感じる」

このように、その人をパッと見ただけで印象づけられる「謎な部分」に、なぜか女性は惹きつけられてしまいます。

一目惚れのように女性が一瞬で恋に落ちてしまうのも、相手が回避依存症の男性という場合によくみられることです。

ウキウキで付き合い始めてみたあと思わぬ問題が出てくることなど、この時点ではまったく予想できません。

回避依存症の特徴②「女性に対してスマートで紳士的な態度だがそれは最初だけ」

いつでも女性に対してスマートで紳士的な態度、というのも回避依存症の男性の特徴です。

しかし、それは「初めだけ」です。

回避依存症の男性と友人関係になった時、初めの紳士的な態度がガラリと変わる時がいずれやって来ます。

気に入らないことがあると威圧的になったり、横柄な態度になるなど二面性が表れます。

これはまだ友人関係だから多少多めにみるとして、問題なのが恋愛関係に発展した時です。

友人関係と同様に、紳士的な態度は最初だけです。

恋愛関係とは、友人関係よりもっと深く近い距離感になることです。

彼女の方は、いつしか自分の恋愛感情が空回りしていることに気づきます。

焦って距離を近づけようとしたり、尽くそうとしたとたんますます相手は離れていきます。

こんな時「何が原因で距離を置かれているのか」彼女側にはまったく見当もつきません。

思い通りの幸せな恋愛が叶わず、毎日のように、悲しく切ない思いに心揺さぶられることになります。

回避依存症の特徴③「浮気性傾向があり、何人もの女性と同時に付き合うこともある」

浮気性だったり複数の女性と付き合うなど、女性問題が多いのも回避依存症の男性の特徴です。

これは心理的に「自由を求めている」ということ。

つまり「1人の女性に縛られたくない」と思っているのです。

回避依存症の男性が付き合う女性を彼女1人に絞った時、いくらその相手が好きでもやがて「脅威の存在」となってしまいます。

なぜなら1人の女性と付き合うと、どうしても相手との距離が近過ぎてしまうためです。

回避依存症の男性にとって、その状態は「ただの足かせ」に過ぎません。

そんな時「自分を放っておいてくれればいいのに」と考えます。

しかし女性側からしたら「恋愛関係で放置なんてあり得ない」と考えますから、ますます2人の溝は深まるばかりです。

このような事態を避けるために、回避依存症の男性は「本命」と呼べるような女性を探しません。

もし本命が現れたとしても、1人の女性に決めることはできないのです。

回避依存症の特徴④「アンガーマネジメントができない」

回避依存症の男性は、怒りをコントロールするアンガーマネジメントができません。

怒りをコントロールできない、ということは「周囲に怒りを待ち散らすことに違和感がない」ということです。

特に近しい間柄の人たちに対して、遠慮なく怒りをあらわにすることが多いです。

そんな態度に困窮するのが、周囲の人たちです。

怒りを抱え負のオーラに、誰もが取り付く島がありません。

職場であれば間違いなくパワハラ、彼女に対しては「モラハラ男」ということになります。

怒りが鎮まるまでそっとしておくしかありませんし「当たらず触らず」です。

このように怒りをコントロールできないその背景には、不安や恐れが隠れています。

ネガティブな感情に大きく支配されているために、不安や恐れに着火すると同時に怒りが爆発してしまうのです。

回避依存症の特徴④「指示や命令が多く常に上から目線」

あなたの周囲にもいる「上から目線の男性」は、実は回避依存症かもしれません。

そのような男性は、指示や命令がとても多いです。

つい命令口調になったり、間違ったことを指摘せずにはいられないのです。

本人は無意識にやっていることなのですが、その根底には「間違ったことが嫌い」という回避依存症独自の性質が根深く横たわっています。

いつでも「自分が正しい」ので、そうでないと我慢ができないのです。

自分の正しさを掲げ、周りを動かそうとしたりなんとか変えようと試みます。

しかし自分を変えずに周囲を変えようとするのはとても大変なこと。

大変さを味わいながらも「何も変わらない」と悟った時、コントロールできない怒りに支配されるというわけです。

このように回避依存症の問題点としてあげられるのが「わざわざ自分から面倒なことを引き寄せてしまう」ということです。

回避依存症の特徴⑤「急に音信不通になったり行方がわからなくなる」

急に音信不通になったり、行方がわからなくなるのも回避依存症の人の特徴です。

こういう状態になった時、行方を探されたり、頻繁に電話をかけたり連絡を取ろうとするのは「NG」です。

「自由すぎる」という印象だけならまだしも、周囲からは「またか」という声も上がります。

用事があるならその旨何か一言あっても良さそうですが、回避依存症の場合「相手が心配するだろうから連絡しておこう」というような配慮ができないのです。

このような時、回避依存症の人の多くは「息がつまりそう」と思っています。

原因は何であれ、精神的に参っていて自分ではどうすることもできない場合が多いです。

せめて1人になって考えたいと、雲隠れするのです。

誰の助けも借りずに1人で考え込みたいために、音信不通にならざるを得ないのです。

回避依存症の特徴⑥「自分の本心に触れるようなことは一切しない」

回避依存症の人が絶対しないのが「自分の本心に触れるようなこと」です。

これは回避依存症の大きな特徴でもありますが、心を開いて自分をさらけ出すことなど、まったくもって「不可能」なのです。

逆に「周りの人間たちはなぜ自分をさらけ出して愉快に生活しているんだろう?」と複雑な思いを抱いています。

どんな人でも実際にはすべてをさらけ出しているわけではないのですが、回避依存症の人は「自分とはかなり違う」という印象を持ちます。

このように自分の本心に触れないようにしているのは、「自分の心の弱さ」が端を発しています。

回避依存症の人は、自分の弱さを十分に自覚しているため、自分をさらけ出さなければ「弱さ」が出ることもないと知っているのです。

また少しでも自分の弱さを見せないようにすれば、足元のぐらつきを抑えられると信じています。

このように回避依存症の人は平然とした表情をしていながら、実は自分軸がブレないように必死です。

元彼が回避依存症だった時に考えられる問題点

何をしてもいつまでもお互いの距離が縮まらない

元彼が回避依存症だった場合の問題点が「いつまでもお互いの距離が縮まらない」ことです。

距離を縮めようと行動を起こしたところで、逆に相手を遠ざけてしまうのです。

これは回避依存症の場合、普通の人たちよりも第三者との距離感にかなり敏感なことが原因です。

以前に親密に付き合ったことがある元カノとは、さらに距離を置こうとします。

元カノにしてみれば、別れたとはいえお互いに確執がなければもう普通に接したいところです。

しかし意味がわからぬまま、元彼に距離を置かれ続けます。

この時「元彼は回避依存症」と知っていれば、不安を感じることはないでしょう。

ところがそれを知らないままでいたら誤解が誤解を呼び、復縁は難しくなる一方です。

素直さや人の良さが全く感じられない

元彼が回避依存症の場合、素直さや人の良さが全く感じられません。

極端な例ですがコンビニで支払いする時、平気で店員に向かって小銭を投げてよこしたりします。

また口を開くのは必要最低限のみで、機嫌の良し悪しによって相手とのコミュニケーションに差をつけます。

こうなってしまうのは、ひとえに相手の心の中が読めないためで、相手がどう思っているのかを知ろうともしないのです。

これと対照的なのが「腰が低い人」です。

誰に対しても丁寧に挨拶し、何かあるたびに感謝し、お礼をいうのも忘れません。

場の雰囲気を汚さず、相対する人に嫌な気分を味わせないよう空気を読みます。

多くの人たちに好かれるのが、このように腰が低く、また人の良さや素直さが感じられる男性です。

しかし回避依存症の男性からみた、このような良い性格の人たちは「骨のないヤツ」です。

まるで「女の腐ったような男」と形容し、上から目線な態度を貫きます。

この人には良心はあるのか?と疑ってしまうことが多い

「この人に良心というものはあるの?」と疑ってしまうような言動が目立つ時、元彼は回避依存症かもしれません。

明らかに問題行動が目立っていたら、そう疑うしかないですよね。

初めは「もしかしてこの人、コミュ障?」と思うようなことが多発しますが、思わず首を傾げるような言動が元彼に多ければ、決してコミュニケーション能力が高い人とは言えません。

例えば「人として」というベーシックな観点から相手を見るとき、優しさは外すことはできません。

ところが、回避依存症の場合の優しさは「表面だけ」です。

人に対して「優しくしよう」という余裕がないのです。

自分のことで手一杯ならしょうがないのですが、他人の欠点を指摘することだけは忘れません。

本当に余裕がないなら、人のことにも関心がないはずです。

これらのことを踏まえると、残念ながら「人として未完成な部分が多い」と言わざるを得ません。

未完成な元彼との関係は「困難が多そう」ということだけは間違いないでしょう。

 

ほとんどのデートは楽しそうに見えない

元彼と付き合っていた時ほとんどのデートで、元彼は楽しんでいるようには見えなかったかもしれません。

これは回避依存症特有の「心を開かない性質のため」です。

楽しいはずのデートも心から楽しめまないのは、心の中では何か別のことを考えているためです。

気持ちはどこか遠くへ行ってしまっているので、その場を楽しめるわけがありません。

いくら彼女が頑張って楽しませようとしても、逆にうざがられてしまいます。

そのうち「楽しんでくれないのは私のせい」と思うようになると、2人の関係が崩壊へと突き進みます。

一切心と開いてくれないので、何を考えているのかわかりません。

しかし回避依存症の男性は怒らせたら厄介です。

疑問に思ったことを聞いたら、激怒するかもしれません。

結局、最終的には誤解が誤解を生んでしまい、後は別れを選ぶことしかできなくなります。

口を開けば不平不満や愚痴ばかり。ネガティブな性格に疲れてしまう

元彼が回避依存症の場合、問題となるのが「口を開けば不平不満ばかり」という点です。

聞きたくもないネガティブな言葉に、心から疲れを感じてしまうでしょう。

かと言え、元彼はわざと相手を疲れさそうと愚痴っているわけではありません。

「自分の話を相手が聞いてくれるから」なのです。

愚痴を聞いてあげるうちに、元彼はなだれのように不平不満を並べ立ててきます。

「もううんざり」と思っても、ここで話をさえぎるわけにはいきません。

なぜなら話をさえぎるだけでも、回避依存症の人は激しく怒ることがあるからです。

まるで手が掛かる子供のようですが、子供の方がまだ精神的な負担は少なそう。

むしろ、子供のまま大人になってしまった男性が一番厄介かもしれません。

問題が起きると人のせいにする

回避依存症の人は何か問題が起きた時に、人のせいにする癖があります。

気に入らないことや、自分の立場が危うい時、必ず「あいつがいけないんだよ」とか「こうなったのはヤツのせい」と、周囲の人になすりつけます。

「自分にも問題があったからこうなったんだよね」とは絶対に言いません。

人のせいにしていると問題解決には程遠くなるばかりでなく、いつまでたっても同じ問題で頭を悩ませることになります。

なぜなら、人のせいにすれば自分は動かなくて済むから。

早期に問題解決するためには「すぐに行動に移すことが大切」なのですが、それを他人に委ねてしまいます。

他人に委ねたからと言って、その人が思い通りに動いてくれるとは限りません。

いつまでも同じ問題から抜け出せないので、感じるストレスもすごいです。

うまくいかないことばかりのストレスでイライラしても「自分にも原因がある」と理解できない限り何も変化は起きません。

すべてを人のせいにしていたら、ハムスターの回し車のように永遠ループを走り続けることになります。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「幸せの杜」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元彼が回避依存症かどうかチェックシートで確認

元彼は回避依存症?チェックシートで診断してみよう

「元彼はもしかすると回避依存症?」と思ったら、チェックシートで診断してみましょう。

以下の項目に該当していたら1点と数えます。

当てはまるポイントが多いほど、回避依存症の傾向が強く表れている目安と考えます。

15点〜12点
間違いなく回避依存症とみられます。

あらゆるリレーションシップにおいて、深入りすることを拒みます。

回避依存症を見極める方法が「自分の話ばかりすること」で、他人の話を聞くのは面倒と感じています。

また気に入らないことがあるとすぐに怒りを爆発させるのも、回避依存症に多くみられます。

周囲からは「甘やかされて育ったのでは?」と思われますが、家庭環境が大きな影響を与えていることは確かです。

11点〜8点
限りなく回避依存症に近く、周囲の状況によっては完全なる回避依存症になり得る可能性があります。

自由気ままに振る舞い感情をコントロールできないことから、周囲の人たちからは「わがままな性格」と思われています。

職場においてもわがままな性格は誰よりも突出していますが、周りの大人対応によって救われているような一面もあります。

7点以下
回避依存症の可能性は低く、この程度であればごく一般的な男性にありがちな言動です。

時には「もしかして回避依存症?」と思われる一面が出ることもありますが、やや自己中な性格が表に出ただけです。

恋愛関係においては、相手との相性によって変化が起きます。

例えば女性が尽くすタイプの場合、男性のわがままな性格が強化されます。

回避依存症の元彼と復縁するためのステップ

音信不通でも躍起になって連絡を取ろうとしない

回避依存症の元彼と復縁するための最初のステップが「音信不通の時に躍起になって連絡を取ろうとしない」ということです。

特に元彼とトラブルやケンカなど救いようのない状態で別れた時は特に!… です。

回避依存症が強く出ている男性の場合、音信不通が日常茶飯事です。

急に不機嫌になったかと思うとパッタリと連絡が途絶えるので、不機嫌になった理由すらわかりません。

こういう時に焦って連絡を撮ろうとすると、逆に相手は意固地になってしまいます。

元彼の心は怒りの感情でいっぱいで、へそを曲げた状態です。

もし元カノから連絡でもあろうものなら、さらに態度を硬化させるでしょう。

このように相手が回避依存症だと、非常にコミュニケーションが取りづらい状況になってしまいます。

ケンカで別れた時、相手も同じように傷ついていることを理解する

回避依存症の元彼とケンカ別れした時、相手も同じように傷ついていることを理解しましょう。

別れた原因がケンカの場合、最後は言い争いになることはよくあることです。

お互いに相手を言い負かそうと「論破」の状態になると、本来のケンカの原因から話が脱線していくこともあります。

ついには相手の人格まで否定するようになった時が最悪です。

自分のことをわかってもらえない悲しみと怒りが交錯するためその腹いせに、言葉によって相手を傷つけます。

そういう時の元彼の態度は、思い出したくもないほどひどいものだったかもしれません。

見えないナイフでバッサバッサと心を傷つける痛みは、想像を絶します。

「こんなつらい思いをするために付き合ってきたわけじゃないのに」とあなたは思ったことでしょう。

しかし実は傷ついているのはあなただけではありません。

ひどい言葉を連ねる元彼の心も、同じように傷ついていたのです。

しかもその傷はあなたよりもっと深いものです。

この点を踏まえることができれば、相手の心の痛みを共有できます。

また相手への理解を深めれば、自分の心の傷だでなく相手の心の傷も少しづつ傷が癒えていきます。

復縁するためには、深く傷ついた心を癒さなければいけません。

それにはまず「相手も傷ついていたんだ」と理解することが大切です。

問題やトラブルで別れたとき、冷却期間無くしては復縁はあり得ない

回避依存症の元彼との別れはトラブルまみれや問題が多いのですが、こういう時こそ冷却期間なくしては復縁はあり得ません。

冷却期間とは「連絡を絶って元彼のことを忘れるために必要な期間」のことです。

復縁するためには、元彼のことが気になっても一切忘れる努力が必要です。

ここで注意したいのが「忘れるようにしてる」と思っていても、実は大いに未練や執着が残っている場合もある、ということ。

忘れようとすればするほど、記憶はそれを手放してはくれません。

忘れる努力がその記憶を強化する、なんて皮肉なものですよね。

しかしいったん元彼とのことをすべて断ち切るようにしないと、そこに執着というエネルギーが残ったままです。

執着や未練はネガティブな感情です。

元彼は、そのようにネガティブな感情を握った元カノのそばには近づきたくないのです。

これでは復縁の可能性があったとしても、再び顔を合わせることすらできなくなります。

だからこそ元彼を忘れ、執着や未練を断ち切る冷却期間を設けることが重要なのです。

理想の恋愛関係とはギャップがあることを受け入れる

復縁へのステップでよく理解してほしいのが「理想の恋愛とのギャップ」です。

このギャップを受け入れることができれば、相手が回避依存症でも感じる困難が少なくて済みます。

女性なら誰にでも「こんな恋愛がしたい」という夢があるものです。

心打たれる恋愛映画を観た時などに、特にそう思いますよね。

どう見ても恋愛成就できないような危険な展開にハラハラドキドキ、最後にはハッピーエンドで思わず涙、なんていうことも。

日常生活から離れられる映画鑑賞のひと時は、心からリフレッシュできて「観て良かったー!と思えます。

しかしこれは「映画のストーリーの中だけのお話」です。

きっちりとうまくいく奇跡のような恋愛は、現実にはほとんどあり得ない話なのです。

もしそういう恋愛を夢見ていたら、その望みはいつまでたっても叶うことはないでしょう。

それどころか、相手が回避依存症だったら悩みの種はつきません。

相手に振り回されることばかりで、幸せとは程遠い状況になりがちだからです。

相手に振り回されるということは「自分が無い状態」です。

自分が自分でいられないほど、苦しくつらいものはありません。

これは実生活と映画とのギャップです。

夢見る恋愛とは、心の弱さが求めた虚空の理想郷の中だけにあるものです。

相手が回避依存症なら、それ相応に「強い精神が必要」です。

追わせるのが正解?回避依存症の元彼とうまく付き合っていくためにすること

別れたきっかけが音信不通なら、いつかは連絡が来る

別れたきっかけが音信不通だった時、元彼に追わせるようにするためには「こちらからの連絡はNG」です。

回避依存症の元彼に連絡を入れるという行動は「元彼を追う」ということです。

女性に追われることを嫌う回避依存症の男性の心理は「自分がそうしたい時に連絡したい」のです。

「なんとわがままな…」と呆れてしまいますよね。

しかしこの心理さえしっかりつかんでおけば、無駄なアプローチによって相手を失望させることがありません。

「でもいつ連絡が来るのかわからないのに待つのはつらい」

そう考えるのは当然です。

もし待つのがつらいなら元彼を「糸の切れた凧(たこ)のようなもの」と考えてください。

大空に放たれた凧は、もう手が届かないところまで飛んでいってしまいました。

でも風が止んだら、いつかは地上に落ちてくるのです。

この凧と同じように元彼は束縛を嫌い、自由を愛しています。

そのような元彼に「連絡して欲しい」と言ったら最後、二度と連絡してこないかもしれません。

あまのじゃくなところも、回避依存症の際立った特徴です。

連絡が欲しければ「強要はせず、こちらかも連絡をしないで放っておく」。

これだけで元彼は「連絡をしてみよう」という気になるものです。

別れた原因が「仕事が忙しい」なら相手を見守る姿勢が大切

もし別れた原因が「仕事が忙しい」なら、その言葉を尊重し相手を見守る姿勢が大切です。

回避依存症の男性は、忙しく振る舞いたい傾向があります。

「俺ってこんなに頑張ってる」とか「俺ほどすごいヤツはいない」というように自分を過大評価します。

これは承認欲求が強いためですが、その欲求がさらに高まったとたんに不満が吹き出します。

「こんなに頑張ってるのに誰もわかってくれない」

「俺ほど優秀なヤツはいないのに、なんでわかってくれないの?」

このような不満でいっぱいになると、その矛先が彼女へと向かいます。

結果的に「忙しいから」が別れの原因となってしまいます。

彼女としてみれば青天の霹靂で「なんとかならないの?」と懇願したいところです。

しかし、回避依存症の男性は頑固な一面も持ち合わせていますから、そのような懇願には耳を傾けようとはしません。

もし「仕事が忙しい」が口癖だったら、ぜひ相手を見守るスタンスでいてください。

それくらいが相手にとっては好都合ですから、持ち前の頑固さも和らぐはずです。

親密になると相手は息苦しさを感じるため、程よい距離を置くようにする

回避依存症の男性は、相手と親密な関係になると息苦しさを感じてしまいます。

特に恋愛関係にある彼女とそのような息苦しさを感じると、とたんに機嫌が悪くなったり、怒りっぽくなります。

これが「親密になり過ぎた」というサインです。

このサインを見抜くことができれば、回避依存症の男性と付き合うことに問題はありません。

しかしサインに気づかずにいたときが問題です。

回避依存症の場合「もう無理」とか「別れたい」という切羽詰まった感情に襲われてしまったり、親密になることに限界に感じてしまうのです。

こうなるとなすすべなしですが、まだ手立てはあります。

それは「程よい距離を置くこと」で、やれるのはこれだけです。

息苦しさから一転、元彼自身が「楽だ」と感じるようになります。

復縁の際も無理は禁物です。

相手があるからこそ、復縁は成り立つもの。

特に回避依存症の場合、そうではない男性の数倍の気遣いが必要なのです。

避けられているのは嫌われているのではなく回避依存症だからと理解する

「元彼に避けられているような気がするのは回避依存症だから」と理解すれば、元彼と復縁してもうまくやっていけます。

避けられているように感じるとなんだかイヤなものですよね。

でもこれは、相手が自分を嫌っているわけでもなく、避けているわけでもないのです。

元彼があなたを避けているような行動に出るのは、元彼が「いっぱいいっぱい」だから。

精神的に余裕がない状態なので、避けているつもりはなくてもそういう風になってしまうのです。

このあたり、2人の間に誤解が生じやすいところです。

相手の本心を知らずに「嫌われてる」と思いがち。

でも実はそうではないのです。

元彼の苦しさを少しでも理解できれば、すぐに誤解も解けるはずです。

話を聞く側に回れば、回避依存症の元彼は元カノを見直す

復縁後の関係をさらにスムーズにするためには、元彼の話をよく聞いてあげることが大切です。

回避依存症の男性の話をできるだけ聞く側に回れば、元カノを見直してくれるでしょう。

実は女性のおしゃべり好きについていけないのも、回避依存症の男性の特徴です。

元カノがもし一方的にしゃべるタイプだったら、それも回避依存症の元彼にとっては大きなマイナスポイントです。

トピックがあちこちに飛ぶのも女性のおしゃべりによくみられることですが、それもすぐに我慢の限界が来てしまいます。

元彼が興味なさそうに聞いていたり、意味もなく不機嫌になっていたら、要注意。

話の内容について不機嫌になっているわけではなく、自分が会話の中心になりたいのです。

このような時、元彼について何か質問すると良いです。

「相手に興味を持ってあげる」

これだけで元彼の気分はとても良くなります。

これは復縁後の関係がよりうまくいくためには、必須です。

相手を否定したり意見するのは、仲たがいのもと

回避依存症の元彼を否定したり、意見するのは、仲たがいのもとです。

誰でも相手から否定されるのはイヤな気分になるものですが、回避依存症の男性は、よりその傾向が強く現れます。

ほんのわずかな否定的な意見にも敏感に反応し、機嫌が悪くなります。

また否定的に見られたことを、いつまでも根に持ちます。

前もって「元彼は回避依存症」と知っていれば対処のしようがありますが、知らないとまたたく間にケンカ勃発です。

あるいは口を閉ざしたまま、殻に閉じこもることもあります。

女性側からしたら「めんどうな男」にしか見えません。

しかし回避依存症の男性は、傷つきやすさも並大抵ではないことを覚えておくべきです。

できるだけネガティブな言葉を投げかけない方が無難なのです。

このように回避依存症の男性は、何かと面倒なことが多いです。

でもうまくやっていきたいのなら、めんどうさをクリアさせるチャンレンジ精神を持つことが重要です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「回避依存症の元彼とうまくやっていくには、あなたが大人になること

占い師 姫乃
多くの男性は多かれ少なかれ、回避依存の傾向があるわ。

でも明らかに元彼が回避依存症なら、復縁したあとうまくやっていくためには「大人対応」が必要。

元彼の行動についてこだわらず、もし機嫌が悪くなっても慌てないで放っておくくらいがちょうどいいの。

また回避依存が強く出る時は、相手次第とも言える。

元彼の行動について事細かに意見したりあれこれ要求が多いと、相手は嫌気がさして逃げていくだけよ。

元彼が逃げずに、逆にあなたを追わせるために必要なのは「元彼を自由にしてあげる」という、まるで親のようなスタンスかも。

また何か揉め事があって音信不通になった時も同じ。

元彼はあなたを嫌いになったわけではなく、距離を置いて頭を冷やしたいからだけなの。

相手とは程よい距離感をつかむことが大切だけど、こればかりは実際に試してみないとわからないわ。

でもあなたならきっとうまくやっていけるはず!

頑張るあなたをいつも応援しています。

【期間限定・3月1日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事