彼氏に言われて傷ついた言葉をシチュエーションごとに解説&ひどいことを言う彼氏への対処法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

彼氏に言われて傷ついた言葉は、トラウマになるほどイヤな記憶として残るものです。

そんな彼からの傷ついた言葉についてシチュエーションごとの解説と共に、ひどいことを言う彼氏への対処法まで見ていきましょう。

けんかの時にいつもひどいことを言われたり、セクハラまがいなことばかり言う彼氏でも、きっと解決の糸口が見えてくるはずです。

 

復縁メニューはこちら

彼氏に言われて傷ついた言葉

【最近太った?】見た目や容姿を馬鹿にしたり、けなすような言葉

彼氏に言われた言葉でもっとも傷つくのは「太った?」でしょう。

見た目や容姿を馬鹿にしたりけなすような言葉は、誰もが確実に傷つきます。

彼氏にしてみれば馬鹿にしているつもりなどまったくなく、ただ彼女の見た目の変化を素直に口に出しただけです。

しかしこの素直さは、女性にとってアダとなることが多いです。

実は素直に思ったことを言葉にすることは、いいことばかりではないのです。

特に体型に関する話題はかなりセンシティブなテーマなので、言葉に気をつける必要があります。

しかし先の先まで見越して考えられないタイプは、相手がどう思うかを考えずに言葉にします。

つい口をついて出てしまったという状態なのですが、彼女にしてみたら突然「太ったんじゃない?」と言われたらびっくりするしかありません。

正直なところ太ったかどうかなど大きなお世話だし、放っといて欲しいトピックです。

ところが悲しいかな、そのような女心を理解している男性はごくわずかです。

まして彼女が傷ついているとは、微塵も思っていない男性の方が多いでしょう。

彼は「そうなの、太っちゃって」とという言葉が彼女から返ってくることを想定していますが、しかし彼女の方はプライドにかけてもそう返すことはしません。

なぜなら彼の言葉にとても傷ついてしまったから。

普段から太っていることを気にしている女性なら、なおさらその時点で彼への評価はガタ落ちでしょう。

【マジうざい】存在そのものも否定される気がして心から傷ついてしまう

彼から「マジうざい」と言われたら、きっと誰もが心から傷つきます。

そう言われたら、存在そのものも否定される気がすることでしょう。

「彼女なのにどうしてそんな言われ方をしなきゃいけないの?」と悩んでも、どうしたらそう言われなくて済むかもわからないのです。

確かに彼にしてみれば彼女の言動はウザかったかもかもしれませんが、もっと適切な言い方があったはずです。

それを「うざい」のひと言で済ませる彼に、心底がっかりでしょう。

お互いに向上できるカップルは、相手の言動のどこがいけなかったのかを洗い出し、改善しようとする姿勢が見られます。

また相手にうざい言動があったのなら、自分にも多少なりともそういう傾向があると気づいています。

つまりうざいのは、お互い様ということなのです。

このようなことがきちんとわかっていてそれを踏まえているならまだしも、一方的にうざいと決めつけてくる男性はかなりまずい言動をとってしまっていると言わざるを得ません。

しかし中には「マジうざい」と言われても傷つかないし、それどころかまったく何も感じない人もいます。

そういう人は彼氏の「ウザい」という言葉に、耳が慣れてしまっている可能性が高いです。

彼と顔を合わせるたびにそう言われているので、傷つくこともないのです。

そればかりか「ウザいと言われないとなんか物足りない」と感じる人さえいるのです。

完全なるドMな性格と言えますが、彼は誰にでも「ウザい」というわけではありません。

うざいと言っても傷つかない彼女だから言えるのです。

一方普通の感覚の持ち主なら「マジうざい」のひと言は、シンプルなだけに確実に傷つきます。

【可愛くない。気が利かない】何をしても否定する言い方はさすがに傷つく

「可愛くない」「気が利かない」も相手を否定する言葉ですから、深く傷つきます。

また傷つかせてしまう言葉の中で、もっとも自分の彼女に言ってはいけないたぐいの言葉です。

これらの言葉はすべて彼の主観です。

主観だったら、この見方は正しくないとも言えるのです。

しかしそれが難しいのは、2人が彼と彼女の関係だからです。

2人の間に「彼女なら彼に従うのは当然」という暗黙の了解があったとしたら、傷つけてしまうような言葉でもいったん受け入れなければならないからです。

彼に従うという意味は、彼の意見に同調することも兼ねています。

彼の意見がたとえ傷つけるようなことであっても彼女としてはそのすべてを受け入れるしかなく、だからこそ2人の関係が成り立っているのです。

しかし相手を傷つける言葉は、たいてい知らず知らずのうちに助長していくものです。

やがて言葉の暴力へと変化することも往々にしてあるのです。

序盤なのでまだこの程度ですが、遅かれ早かれわざと彼女を傷つけようとしてくることも考えられます。

多くの場合、彼は相手の反応を見て次にどうするかを決めます。

いずれにせよ自分の主観を相手に言葉としてぶつけるのは、その後エスカレートする一方ということも多いのです。

【もうめんどくさい】めんどうだからもう別れようかと投げやりな態度

「めんどくさい」も、傷つく言葉ですが、最後に彼は「めんどうだからもう別れようか」とさえ言ってきそうです。

シチュエーションによって彼の印象はかなり違いますが、どんな場合でもため息をついたりイライラしたりなど投げやりな態度が特徴です。

絶望的な表情で空を仰ぎながら「めんどくせぇなぁ」とつぶやくことも。

彼女としてみれば、めんどうと思われるのはこの上なく非情なことです。

彼の本心でないならめんどうとは言わないし、めんどくさいと言ってくるのは確実に彼の重荷になっているからでしょう。

時には「別れたい」とまで言い出すのは、すでに精神的にいっぱいいっぱいなのです。

一方で「めんどくさい」は、単なる口癖という男性も意外に多いです。

その証拠に、彼は何かあればすぐに「めんどくさい」と言ってきます。

確かにめんどくさいからそう言うのですが、彼女としてみれば傷つくのは当然です。

「嫌いじゃないならせめて一緒にいる時くらいはめんどくさいと言わないで欲しい」

そう思っても現実は厳しいです。

彼の口癖が治ることはありません。

彼にとって人生そのものが全部めんどうなのです。

そして身近な存在の彼女が、もっともその言葉のマイナスな影響を受けてしまうのです。

 

【女らしくない】個性を尊重せずに自分の好みで人を批判する

「女らしくねぇなぁ」「もっと女らしくしろよ」

女らしさを求める彼の言葉も、彼女を傷つけます。

個性を尊重せず自分の好みで人を批判する姿に心底がっかりなのは、彼女のあるがままの姿を認めていないからです。

女らしくしろと言えば言うほど、彼女は抵抗を見せるようになるでしょう。

なぜなら相手のことが本気で好きなら、自分好みに変えようとしないからです。

ところが彼女を我が物顔で変えようとする男性は、枚挙にいとまがありません。

世の中には彼女を操り人形のごとく、思い通りに変えようとする男性がごまんといるのです

そんな男性の言うことを端から全部聞いてたら、いつかは破綻するのは目に見えます。

人は皆、心の中では自分の個性を認めてもらいたいと思うものですが、それは自分らしくいることが何よりも快適で楽だからです。

しかし彼女が自分らしくいることを絶対に許さない彼氏がいることも確かです。

「女らしくない」「女らしくしろ」

これらは親からの刷り込みがほとんどで、大変に古い考え方です。

男は男らしく女は女らしくが彼の基本なら、残念ながら脳内は旧世代の人間と言わざるを得ません。

そんな彼が「女らしくしろ」と正論をぶつけてくれば、ぶつけられた彼女としては傷つくしかないのです。

 

けんかの時に彼氏に言われて傷ついた言葉

【元カノとの比較】「元カノだったら○○なのに」と何でも元カノを引き合いに出す

元カノと比較されるような言葉は、確実に彼女を傷つけます。

たとえば「元カノだったらそんな風にはしない」「そう考えるところ元カノと全然違うな」と言ってきたり、挙げ句の果てに「元カノに会わせてやりたいよ」などと、無神経すぎる言葉を言い放つ男性もいます。

けんかとは言え彼女に言う言葉としては、これ以上耳を塞ぎたくなるものはないでしょう。

傷つかない方が不思議なくらいです。

彼はなぜ元カノを引き合いに出すのでしょうか?

それはけんかの最中ということから、もはや言葉で太刀打ちできなくなったと感じたからです。

口が達者なら言葉を選ぶ余裕があるかもしれません。

しかしそうでない場合、彼女をギャフンと言わせるためには元カノに関する話が最強なのです。

とたんに彼女が押し黙ってしまうのを知っているのでしょう。

これは彼にとって、けんかの際の奥の手なのです。

さすがにこれには彼女も傷つかずにはいられませんが、傷つけようとする彼の真意があからさまなこともひとつの原因です。

このようにけんかの時の元カノと比較は、彼女を傷つけることができると考えての行動なのです。

 

【嫌味としか受け取れない言葉】「いつも言い訳しかしないよね」

彼から嫌味としか受け取れない言葉も、彼女を傷つけます。

たとえば「いつも言い訳しかしないよね」「それ前も聞いた」「お前の話めっちゃつまんね」といった感じです。

けんかが激しさを増すにつれ、彼の言葉もさらに過激になっていきます。

「そんな女と付き合った俺がばかだった」

「どうせ俺はどうしようもない男だ」

卑屈な言葉ばかり並べる彼に、心の奥まで傷つくことでしょう。

嫌味を言ったところでお互いに傷つくだけなので、言葉のナイフとはよく言ったものです。

しかしけんかの最中は、それに気づけません。

彼女をなんとか屈してやろうと必死な彼は、傷つく言葉がさらに過激さを増すのです。

勢い余って「別れよう」となるのは、たいていこういうシチュエーションから始まります。

彼女が彼の煽りに乗るかスルーするか。

これが2人の関係のターニングポイントなのです。

 

【人に対する言葉の使い方を知らない】「うるせーな」「うぜーよ」などキレやすい性格も

けんかの際、彼が人に対する言葉使いを知らないことにショックを覚える同時に、心は傷つきます。

「うるせーな」「うぜーよ」といったような言葉で、彼女としてはもっとも聞きたくないセリフです。

またキレやすい一面を持っていることも多く、鬼の形相でまくし立てる彼に恐怖で身が縮む思いでしょう。

そもそも口のきき方を知らない男性とわかっていれば付き合うこともなかったのですが、けんかしたからこそそういう一面を持っていると気づけたのです。

とことん傷つけようと躍起になる彼に、絶望的な気分なのは間違いありません。

もうこれ以上傷つきたくないのに、そういう男性はたいてい簡単に話を終わりにしてくれないのです。

いつのまにか不毛な話し合いにもつれたりもしますが、それでも彼は気が済む気配を見せません。

これこそがすぐにキレたり、適切な言葉使いを知らない男性の特徴なのです。

このようにキレやすい男性とのけんかは言葉にも傷つきますが、態度や顔つきなど見た目の変化にも大変に傷つくのです。

時には殴ってきそうなほどキレることもあるので、その可能性も含めけんかした時は注意が必要です。

 

【彼女の好意を完全否定】「今の、めっちゃ冷めた」と彼女の気持ちを試すような言動をとる

彼女の好意を完全否定する男性は、相手を試すような言動をとることで密かに相手を傷つけます。

たとえば「今のめっちゃ冷めた」という言葉で、彼女をおびやかすようなことを言い放ちます。

決して冗談ではなく真顔でこう言うので、彼女としても最初はかなり驚きます。

つまり彼女に好かれていようがいまいが「本気で冷めている」と言いたいのでしょう。

このような男性は、繊細なタイプが多いです。

また幼少期からネグレクトやDVを経験するなど、家庭不和な状態の中で育った可能性も高いです。

成長し完全に大人になっても、彼の中のネガティブな性質は変わっていません。

彼女ができた今も、自分が発した否定的な言葉で彼女をブレさせたいと思うだけでなく、それを楽しんでいるのです。

昔、自分もそうされてきたのと同じことを繰り返すのは、彼の心も傷ついているからでしょう。

動揺したり言い訳する彼女を見て「自分の手の内に入った」と勘違いするのです。

このような男性は、健全で明るい未来を築こうなどとは少しも思っていません。

人からエネルギーを奪い取っていい気分になる、エネジーヴァンパイアがまさにこのタイプです。

 

【興味がない】「どうでもいい」「なんでもいい」「めんどくさい」

彼女に対し明らかに興味がないと思われる彼の言葉に、傷つかずにはいられないでしょう。

「そんなのどうでもいい」

「俺に聞くな」

「俺に話しかけないで」

けんかの時なので言葉によってお互い傷つけ合うのはよくあることなのですが、男女比では女性が傷つくケースの方が多いです。

男性は怒りで、女性は涙で悲しみを消化させようとします。

「女性に泣かれたらもう何もできない」と考える男性が多いのは、男性は泣くことを自分自身に許していないからです。

また昔から男性は「泣けば許されると思っている」と女性を揶揄しますが、悔しくても怒ってもどんな時でも泣いてうさを晴らせる女性を少し羨ましくも思っているのです。

そういう理由もあってか、男性は言葉で相手を押さえ込もうとします。

押さえ込み方は人によって違うので一概には言えませんが、口数が少なくなる男性が多いです。

だから「どうでもいい」と言ったり、興味なさげな態度になるのです。

彼としてはただ単にその場を困難なく切り抜けたいだけなのですが、そのためには興味なさげにするのがもっとも利口と考えるのです。

 

【浮気を匂わせる言葉】「ほかの子誘うわ」「あの子の方が性格がいい」

けんかの時にありがちな傷つく言葉が、浮気を匂わせるものです。

「ほかの子誘うから、もういいよ」

「あの子の方がお前よりも性格いい」

このように浮気を匂わせる言葉には、彼女を突き放すような雰囲気も漂っています。

決して彼女を嫌いなわけではないのですが、けんかというシチュエーションがそういう態度にさせるのです。

他の女性を挙げれば、彼女がビビることを彼は知っているのです。

そうやって脅かせばきっと謝ってくれる、そう信じて疑いません。

しかし彼女の方は、彼が考える以上に傷ついています。

押し黙ったままの彼女に、彼は「してやったり顔」でしょう。

悔しいかもしれませんが、実はそれが彼の弱さなのです。

他の女性の話をする時点で、彼は完全に話をすり替えています。

話をすり替える人は、論点をずらすのが常套手段なのです。

なぜなら手に負えないと分かったからです。

これは強い男性がすることではありません。

自分に自信がないのはもちろん、自分の彼女でさえも傷つかせようとする、まさに女性の敵のような存在なのです。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

彼氏に言われて傷ついたセクハラまがいの言葉

【エッチの経験人数】「俺で何人目?」「何人としたの?」

彼氏からセクハラまがいのことを言われて傷つくこともありますが、その際たるものがエッチの経験人数です。

「俺で何人目?」

「で、(エッチ)したのトータル何人?」

こう聞いてくるのは、男性にとって何よりも興味をそそられる事だからです。

しかしそう聞かれて素直に答える女性はまずいません。

中には何も考えずに聞かれたまま人数を言ってしまう女性もいますが、普通なら完全にノータッチにしてほしいゾーンです。

何人とエッチしたのかなど教えてもしょうがないし、すでに過去の出来事です。

その過去が思い出したくもないことだとしたら、根掘り葉掘り聞かれるのはごめんこうむりたいところでしょう。

ところが彼が気になるのはそこなのです。

聞いてもしょうがないことはわかっているし、彼女がいい顔をしないことも予想しています。

つまり傷つこうが傷つくまいが彼にとってどうでも良いことなのですが、彼女への配慮に欠けているのはまぎれもない事実です。

また彼女が傷ついてしまう根本の原因は、好きな彼におかしな質問をされただけでなくく裏切られた感も否めないからです。

 

【体型やスタイル】「胸がない」「尻が垂れている」「足が太い」

セクハラまがいなことからもっとも言われたくないのは、体型やスタイルについての言葉です。

「胸全然ないね」

「お尻めっちゃ垂れてる」

「足太いね」

これらの言葉はパーフェクトにセクハラ認定です。

彼に悪気はありません。

彼にとってこれらの言葉は軽口やジョークと同じで、つい目に入ったことをつい素直に口に出してしまった結果なのです。

しかし彼女から見たら、たとえ彼氏であっても相手を侮辱するようなセクハラを認めるわけにいきません。

彼がもしセクハラとは思ってなくても、許すわけにはいかないのです。

なぜなら彼の言葉によって、すでに十分に傷ついてしまったから。

体型やスタイルに言及できる時代は終わったのです。

相手が彼女という存在であっても完全にオミットな言葉だし、あえて避ける必要があるのです。

ところがそれを知らないと彼女に指摘されるまで口をついて出たり、それでもわからなければ彼女を激怒させることになるのです。

【ダイエットに関すること】「そんなに食べたらまた太るよ」「ダイエットしろ」

彼から言われて傷つくのは「そんなに食べたら太るよ」のようなダイエット関連の言葉です。

「ダイエットしろ」と言われてもそれは痛いほどわかっているので、思わず耳をふさぎたくなってしまうでしょう。

耳をふさぎたくなるのは「もう傷つきたくない」という心理状態の現れです。

彼は冗談のつもりかもしれません。

しかしその言葉が度重なると、ストレスにもなります。

重いストレスが心的外傷につながることはよく知られていますが、そこまでひどい状態でなくても傷つくのは確かです。

放っておけば、彼に会うのも億劫になってしまうでしょう。

会えば必ず「ダイエットしろ」と言われてしまうからです。

確かに言われても仕方がない言葉かもしれませんが、だからこそ傷つくのです。

彼は当たり前のように「そんなに食ったらまた太るよ」と言ってくるでしょう。

しかしまさか傷ついているとは、これっぽっちも思っていないのです。

 

【見た目についての批判的な判断】「おばさんみたい」「ひどい格好」

見た目についての批判的な判断も、彼女を傷つける要因です。

たとえば彼女の服装のセンスを「おばさんみたい」とか「ひどい格好」と勝手に決めつける場合です。

おばさんであれひどい格好であれ、彼がそう思っただけのこと。

誰もが同じように考えるわけではありません。

しかも相手は、曲がりなりにも恋愛感情のある彼氏です。

批判めいたことを好きな人から言われたら深く落ち込むのは当然だし、それが見た目のことなら傷つくのは当たり前なのです。

これは一種のマウンティングです。

彼は常に上から目線でいたいし、彼女を自分の支配下に置きたいのです。

そのためには彼女が傷つこうが機嫌を損ねようが、関係ないのです。

 

【悪気ないからこそ言葉にトゲがある】「整形してる?」

悪気が無い人こそ、言葉にトゲがあるものです。

たとえば「整形してる?」のようにかなり踏み込んだことを指摘してきた時、やはり傷つかずにはいられないでしょう。

仮に整形していたとしても、気軽に触れて欲しくないゾーンの話です。

整形していないなら傷つくこともないかもしれませんが、そういう質問をすること自体女性から見ればマイナスです。

顔の造作以上に、男性から指摘を受けたくない部分はないのです。

他にも女性が傷つく言葉は多々あります。

「眉毛剃ったら?」

「二重顎なんとかしたら?」

「ひげ生えてるね」

「髪ボサボサ」

これはほんの一例ですが、いずれも彼女を戸惑わせたり傷つけます。

彼の言ったことをあまり気にしないタイプでも、いい気分はしないはずです。

 

彼氏に言われて傷ついた決めつけの言葉

「お前は何でも1人でできるだろ」と彼女を突き放す言い方

彼女が傷つくのは「お前はなんでも1人でできるだろ」という言葉で、なおかつ突き放すような言い方をされた時です。

またデートをドタキャンされたり機嫌を損ねたのか途中で勝手に帰ってしまった時も、傷ついてしまうでしょう。

大事にされていないし、おざなりにされていると思うのは確実です。

彼女という立場から見ても彼の言動に納得いかないのは「1人でもできるだろ」と「1人」を強調する点です。

恋愛関係にあるなら、お互いにサポートし合うのが理想です。

しかし彼はそれを見事に否定し、彼女を突き放したのです。

このようなことが度重なれば「もう別れたほうがいいのかも」と思うことも出てくるはずです。

 

「お前ってマジさげまん」と、運が悪いのを彼女のせいにする

「さげまん」と言って傷つける男性は、自分の運の悪さを彼女のせいにしています。

こういう男性はなんでも周りのせいにして、自分はのほほんとしていることが多いです。

運は自ら引き寄せるものです。

たとえ彼女に原因があったとしても、その彼女を選んだのは他でもない彼です。

彼が選んだ女性なのにさげまんとはひどい物言いですが、しかし彼は「俺が選んだわけじゃない」と反論するに違いありません。

「勝手に好きになられた」とか「俺たち付き合ってるの?」と見当違いなことを言ってくる場合もあります。

このように曖昧な関係なら、さげまんと言われても仕方がありません。

なぜならお互いにこの関係にコミットメントしていないからです。

だから傷つく必要もないのです。

本当に好きで「この女性と付き合いたい」と思っている男性なら、さげまんなどと口が裂けても言わないでしょう。

 

「料理とかできなさそう」根拠のない言葉でイヤな気分にさせる

彼に「料理とかできなそう」と言われたら、料理できるできないにかかわらず傷つくものです。

料理の腕は人により違いがあるし、上手下手の判断基準は個人によって変わるものです。

料理をあまりしたことがない女性なら、上手ではないことは確かでしょう。

しかしそれを彼から言われたくないのは、誰でも同じです。

また「まずそう」とか「おいしくない」「もう食べたくない」とはっきり言ってくる男性もいます。

料理に関して、これ以上傷つく言葉はありません。

好きな彼に作る料理ですから喜んでもらえるよう頑張っても、それを踏みにじるような言葉はいただけません。

逆に褒められれば「もっと喜んでもらえるようがんばろう」と思うものです。

最初はうまくできないかもしれませんが、料理の腕が上がるのは早いでしょう。

彼女としての成長は、彼の言葉次第なのです。

 

「そんなことも知らないの?」マウント取りの定番セリフ

マウント取りの定番のセリフ「そんなことも知らないの?」は、確実に傷つく言葉です。

深く傷つき過ぎて「彼とは一生口もききたくない」と思うかもしれません。

彼女が知らないことを何も言わずに優しく教えてくれるのが、本当の彼氏です。

ところが最初から「そんなことも知らないの?」とたたみかけられたら「え?」となるのは当然です。

「知らないから聞いてるのに」と、モヤモヤな気分は隠せないでしょう。

彼のマウント取りは、そこまで彼女をイヤな気分にさせるのです。

しかしマウントを取る男性はマウント取りだけに集中するので、彼女がどう感じているかなど全く考えていません。

このような性質の男性は、同じ過ちを繰り返します。

そもそも真の恋愛関係を築こうなどと考えていないのでしょう。

彼がマウント取りをやめない限り、末永く良い関係を保つことはできません。

 

「大したスキルもないくせに」ぐうの音も出ない言葉で傷つける

彼氏の「大したスキルもないくせに」という言葉も確実に彼女を傷つけます。

彼女としてはぐうの音も出ない言葉です。

そもそも人のことをあれこれと否定的に言う人は、信用ならない対象人物と見て間違いありません。

彼女にしてみれば、確かにそう言われて仕方がない部分もあるでしょう。

そのように認めざるを得ないような点があるなら、彼の言葉に屈するしかないのですが、残念なことに彼のことが好きだからそれを許してしまうのです

彼の言葉は甘えとも取れるし、そう考えたくはないけれどモラハラなのかもしれません。

友達に相談すれば「それモラハラだよ」と言われるのは確実だし、そう言われて初めてモラハラと気づくこともあるのです。

彼がモラハラ男なら、彼女を傷つけるのは自然な流れです。

なぜなら彼女を自分に従わせることが、彼にとって1番の理想だからです。

 

「やめて」の答えが「なんで?」上から目線で相手を傷つけることしか考えない

モラハラ男によくいるタイプが「やめて」と言えば「なんで?」と答える、まったく話の通じない彼氏です。

上から目線で相手を傷つけることしか考えていません。

当の本人は本気で傷つけようとは思っていないのですが、彼女が翻弄する姿を面白がっているところがあります。

それはまるで自分の手のひらで転がしてもてあそぶかのようです。

このように上から目線の彼氏は、言葉使いや行動に非常に問題点が多いです。

そもそも彼女に「やめて」と言わせてしまう時点でアウトです。

「やめて」と言われるような言葉を日常的に使っている可能性も高いので、彼女のストレスは相当なものでしょう。

本当の愛は、相手に対する思いやりがあってこそです。

しかしモラハラタイプの精神は、子どもと変わりません。

また相手によって態度が変わるのも特徴です。

彼女が大人だから子どものような態度でも許されると思っているのです。

 

彼氏が傷つく言葉を言ったときの対処方法

傷つくことを言われたら、必ずその場で傷ついていることを伝える

彼氏が傷つく言葉を言ってきた時、必ずその場で傷ついていることを伝えてください。

傷ついたことがショックだからといって、後回しにしないように。

「その場」が大切です。

大切なポイントが、言い方です。

傷ついた怒りや悲しみを最大限に出そうとしてはいけません。

あくまでも冷静に伝えましょう。

傷つけようとして言ったのではない場合、感情的になった彼女にまず驚きますが、それがけんかの火種となってしまうのです。

けんかになってしまったら、問題がややこしくなるだけです。

1度深呼吸し、気持ちが落ち着いたら「その言葉にすごく傷ついた」と伝えてください。

あれこれ言葉を足さなくても、これだけで気持ちは伝わります。

<h3>相手に文句を言いたくない、反論してもわからない相手なら、距離を置くしかない</h3>

距離をおくべきなのは、傷ついた言葉に対し反論してもわかってくれない人です。

また彼氏に文句を言いたくない時も、同様に相手と距離をおいてください。

それが1番適切なやり方です。

距離をおくと、何より自分の心が平安になるのを感じられます。

落ち着いて考えれば「そう言われてもまぁしょうがなかったかな」と思えるのです。

しかし距離をおかずに文句を言ってしまうと、確実にけんかへと発展します。

けんかになるのは、お互いの意見が真っ向から対立するためです。

話は平行線のままでしょう。

安全なのは距離をおくことです。

 

怒っても知らんぷりなら低姿勢になるまで話はしないか、話題を変える

怒っても知らんぷりな男性なら、相手が低姿勢になるまで話はしないでください。

話さないのは、距離をおく意味でもあります。

距離をおけばどんなにマウント取りが好きな彼氏であっても、若干低姿勢になるものです。

また、話題を変えるのもひとつの手です。

傷つくようなひどいことをそれ以上言わせないようにすれば、その場は収まります。

これはコミニュケーション能力が活かせる場面です。

「言いたい人には言わせておけば良い」と考えてください。

ただし、それをストップさせることもできます。

それが話題を変えること。

相手とどうコミニュケーションをとるかによって、状況を変えることは可能なのです。

傷つける言葉をやめないなら、別れも視野に入れる

どう頑張っても傷つける言葉をやめないなら、別れも視野に入れてください。

あなたは頑張ってきたのです。

もうこれ以上傷つける相手と一緒にいてはいけません。

まずは距離をおきましょう。

傷つけられた心を修復するには、距離をおくのが1番効果的です。

その後は、彼の態度で見計らってください。

モラハラ男はたいてい謝ってきません。

「何があっても自分には非がない」と考えるからです。

そのままフェードアウトすることも出てきます。

しかし傷つけられたことがどうしても許せなければ、決心も必要です。

「もうこれ以上は無理だから別れる」と。

心の中で固く決心したら、フェードアウトを受け入れることができるでしょう。

もし彼からアプローチがあれば「傷ついたこと」「もう傷つきたくないこと」を伝えてください。

彼の意識がどれだけ変わるかによって、継続か別れが決まります。

 

彼との将来や結婚が考えられるかが、別れるかこのまま付き合うかの分かれ目

彼との将来が考えられるか、また結婚まで行きつけそうかを考えてみてください。

傷つける彼の言葉がどれだけのものなのか、それはあなた自身にしかわからないことです。

人によっては「それくらいじゃ傷つかない」と考えますが、実は彼もそう思っています。

「それくらいの言葉で何で傷つくの?」と言いたいところでしょう。

お互いの気持ちのすれ違いがここまで問題を大きくしたのですが、そんな状況を変えられるのは自分だけです。

彼を変えるのは難しいですが、自分を変えた方が確実に解決が早いです。

それができて初めて、今後のことを本気で考えられるはずです。

傷ついて混乱している時に、将来のことまで考えてはいけません。

なぜなら別れることしか考えられないからです。

それをやってしまうと、今後も同じ理由で別れることになってしまいます。

魂の成長のためには、自分を振り返ってみることが重要です。

そうなれば解決できない問題はないと知ることができます。

 

彼が改善に努めているのが見受けられるようなら、それ以上は求めないこと

彼が改善に努めているのが見受けられるようなら、それ以上求めてはいけません。

すでに旗色は変わったのです。

彼女が優位になっているので、今までの不満をぶちまけたいところでしょう。

しかしそれをやってしまうと、これまでの良い流れが滞る可能性が高いです。

彼の気持ちを汲んであげてください。

彼は彼なりに改善しようとしているのです。

時には再び傷つく言葉を言ってくるかもしれませんが、「また悪い癖が出たな」とスルーすれば良いのです。

これからは「スルーできたもん勝ち」と思ってください。

それこそが、これからの人生の困難を避けるスキルです。

彼の言葉に傷ついていたのが懐かしい」と思う日が必ずやってきます。

そのためには、彼の言葉のはしばしをつかんで離さないのはもうやめましょう。

スルーしてください。

心の中が苦しければ、自分の中の小さな子供が苦しがっているのです。

その子供に「ありがとう」と伝えましょう。

傷ついた苦しみから解放される唯一の方法が「感謝」なのです。

男性の中には傷つけた彼女に後悔の念を抱いているケースもありますが、こちらの記事ではそんな男性心理を詳しく解説しています。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「何も考えずに傷つける言葉を言う彼氏はモラハラになる可能性あり」

占い師 姫乃

 何も考えずに傷つけることを言う彼は(そう思いたくないかもしれないけれど)モラハラかもね。

好きだから我慢しちゃう。

でも我慢は美徳ではないわ。

なぜなら我慢って限界を感じる時が必ずくるから。

傷つくほとんどの場合が、相手から踏み込まれすぎているのが原因なのね。

だから1番簡単なのが相手と距離をおくこと。

恋愛関係ってお互いの心を研磨させるためにあるの。

だから決していいことばかりじゃない。

だけど傷つけるのを許したままでは絶対に良くないわ。

今すごく我慢しているようならちょっと立ち止まって、まずはリラックスしましょ。

とにかく自分が少しでも楽になれることを考えて、できるだけ早く実行してみてね。

 

 

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事