告白したのに保留にされて待つのに疲れた…待たせる男性の特徴と男性心理や対処方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

告白したのに保留にされて、待つのに疲れたあなたへ。

本記事で告白した女性を待たせる男性の特徴と男性心理&対処法についてぜひ詳しくなってください。

待たせられた時の女性心理や見極めポイント、また待たされても諦めたくないという人のための対処方法まで紹介しているので、最後まで目を通せばとことん待たされた疲れも一気に吹き飛ぶはずです。

 
 

 

復縁メニューはこちら

「告白をしたのに保留にされて待つのに疲れた」待たせる男性の特徴

【既婚者の男性】はっきりとした返事をもらえないのは家庭があるから

はっきりした返事をもらえない時、相手が既婚者という可能性があります。

待てど暮らせど相手は何も言ってこないので、もはやあきらめの境地でしょう。

告白に悪い気はしていません。

しかし相手は「人として好き」ととらえていることがほとんどです。

既婚男性が婚外恋愛に積極的ではない場合、家庭を壊したくないという思いが強いです。

妻以外の女性に興味がないわけではないのですが、それにブレーキをかけるのが自制心です。

仮に不倫に走ってしまった場合、その時はいいかもしれませんが、もし妻にバレたらと思うと身の毛がよだつばかりでしょう。

それだけでなく、自分の全てとも言える家庭や人間関係の何もかもが終わってしまうのは確実なのです。

告白してきた女性に好意を持っているならなおさら、彼は慎重にならざるを得ません。

このように告白を保留にされたりスルーされた時、相手は既婚者かもしれません。

【思いやりに欠ける男性】相手がどう思っているか深読みができないタイプ

告白を保留にしたり返事を待たせるのは、思いやりにかける男性かもしれません。

相手がどう思っているか深読みできないタイプなのでしょう。

女性側にしてみれば「こんな大事なことスルーするなんて信じられない」と言いたいところですが、この世にはとことん思いやりにかける行動を平気でやってのける男性も存在するのです。

たまたまそういう男性に当たってしまったのでしょうか?

「なんで自分だけ」とマイナスな気持ちになるのも当然なのですが、明らかにマイナスな場面でもスピリチュアルでは学びの機会と考えます。

その学びとは、鏡の法則によって得られます。

鏡の法則では、相手を「自分を映し出す鏡」と見ます。

つまり思いやりに欠ける行動を取られたのは、自分にも思いやりに欠ける部分があるととらえるのです。

それを映し出してくれているのが相手の男性です。

自分1人でいたら、自分の内面を映し出してくれる人はいません。

相手の男性がいるからこそ、内面に隠れた自分のマイナス面を知ることができるのです。

それが自分にとってどんなにマイナスな経験であろうと、鏡の法則を知っていれば「それらすべては自分の中にもある」と気付けるのです。

気づきのために相手は存在します。

相手に保留にされたり待たされても平然としていられるなら、ひとつの学びを終えたということです。

【他に好きな人がいる男性】彼女がいるか、他に好きな女性がいるためキープ案件と考える

告白したのに保留にしてくる男性は、他に好きな人がいる可能性があります。

好きだけどまだ付き合うまでの段階にない場合、あろうことか告白してきた女性をキープ案件と考えるのです。

もし好きな人とうまくいったら、彼は告白されたことを完全にスルーします。

待たせるのは、もうすでにうまくいっているかもしれないからです。

好きな人とねんごろになっていてすっかりお互いに夢中なら、告白してきた女性のことなど気にも留めないでしょう。

むしろその存在すらすっかり忘れているかもしれません。

一方で好きな人とうまくいかなかった場合の彼は、告白してきた女性に突然気持ちを傾けてきます。

つまり彼が待たせたのは2人の女性を両天秤にかけたからで、告白を受け入れてくれるかどうかは本命女性との関係次第で決まるのです。

それがわかるまで彼は保留にしたり、こちらが疲れ果てるまで待たせます。

【相手を恋愛対象として見れない男性】好きでも嫌いでもなく恋愛対象として見ていない

告白された彼は、恋愛相手として見れないから保留にしているのかもしれません。

正直なところ彼は、好きでも嫌いでもないと思っているのでしょう。

本気で好きで付き合いたいなら、保留になど絶対にしないし待たせたりもしないはずです。

しかもいかにも好感触なら告白に即「OK」の返事をくれるだろうし、仮に保留にするとしたら並々ならぬ事情がある時くらいです。

つまり好きな女性からの告白は男性にとってまさに飛んで火にいる夏の虫で、飛び上がりたいほど嬉しいものなのです。

一方で男性によっては告白が嬉しくても、その嬉しさをうまく表現できない人もいます。

たとえば恥ずかしがり屋や照れ屋のほか、真面目な男性も喜びをあまり表には出しません。

そのため「え?嫌いなのかな?」と疑ってしまいますが、実はどうしたらいいのか困っているだけなのです。

表情が明るくなくても告白を迷惑と思っているわけではないので、あまり気にしないように。

ところが恋愛対象として見れないと思っている男性も、困った様子を見せるのは同じです。

そのあたりどう見極めるかは、しばし様子見といったところでしょう。

こちらの記事では元彼への復縁話を保留にされるケースについて、詳しく解説しています。

告白したけど保留にして待たせる男性心理

既婚者だから告白されても無理だし、どうしてもその気持ち沿うことはできない

告白した相手が既婚者という場合、告白されても無理だしその気持ちに沿うことはどうしてもできないと考えています。

好意がないわけではないのですが、告白を受けたあとの彼は重い口を閉ざしたままでしょう。

不倫になるもならないも彼次第といった状況ですが、しかし彼の中では「結婚」という2文字が自制心となって働いているのです。

結婚は自分だけの問題ではありません。

妻がいて、その周りには妻の家族もいます。

そして自分にも同じように支えてくれる家族の存在があるし、さらに子どもがいればなおさら結婚が重さを増すのです。

このようにひと口に結婚と言ってもその周りには何十人もの縁者の存在があり、彼はその状態の真っ只中にいるのです。

1歩先に進めないのは、そのような事情があるからです。

つまり告白してきた女性のことがどんなに好きでも、家庭を壊すようなリスキーなことはできないし、したくもないのです。

しかし告白されたことによって、彼の中の熱い想いが目覚めた可能性も否めません。

このように彼は葛藤の渦中で迷い続けるため、結果的に告白してきた女性を待たせることになるのです。

つきあうかどうか見定めていたり、本気で悩んでいるので次に進めない

告白した男性が保留にして待たせる時、付き合える相手かどうかを見定めていることがあります。

本気で悩みいっこうに次に進めないことから、迷いが多いタイプと見られます。

このタイプの男性は何かを決める時、いつも頭の中に否定的な言葉が浮かびます。

「だって」「でも」などの否定的はワードは、積極的に行動しようとするモチベーションを簡単に奪ってしまいます。

つまり否定的な思考によって自分を動けなくしているのは、頭だけで考えるからです。

付き合える相手かどうかを見定めている時も、自分が納得するまで相手を待たせます。

とは言え、いつもそのことだけを考えているわけではないので、結果が出るまでに時間を要するのです。

結果がいつ出るかは彼自身もわかりません。

なので当然ながら、告白した女性もいつになるかなど予想もつかないのです。

確実に言えるのは、長く時間がかかるほど良い結果が待っているわけではないということ。

また彼の方も「待たせている」という自覚がないなら、答えが出るまでに相当時間がかかると思って良さそうです。

他に気になる女性が何人かいて、比べるのに時間がかかっている

告白した男性が保留にして待たせるのは 他に気になっている女性がいてその女性と比べていることが考えられます。

即決できないために選ぶのに時間をかけますが、気になっている女性がその他に何人かいる可能性もあります。

また同時進行で付き合っている女性がいるかもしれないし、彼女と別れたばかりかもしれません。

女性が絶えないという点ではモテモテですが、女性からモテるからこそ1人の女性に決められないのがモテ男のデメリットなのです。

女性から告白されることも珍しくないので、彼の周りにいる女性たちともつい比べます。

たとえば「顔はこっち方が好きだけど、性格は断然こっちだな」といった調子です。

1人に絞れないのは、決め手になる要素がないからです。

気になる女性が何人かいるならさらに選択肢が増えるので、時間はかかる一方でしょう。

いずれは誰かに決まるのですがそれまでの間、保留にするか待たせるしかありません。

ところが彼の頭にあるのは自分の選択肢だけですから、返事を待たせているという意識はまったくと言っていいほどありません。

「待たせている」という意識があるなら「早く返事しないと」という気にもなるのですが、そうでもなさそうなら、彼ののんびりペースは変わることはないでしょう。

モテている優越感がたまらないので、とりあえずキープしておきたい

告白した男性が保留にして待たせるのは、モテている優越感を味わっていたいと考えている場合があります。

「好かれているかも」と感じるだけならまだしも、告白されたとなれば恋愛感情が芽生えているのは確実です。

そんな夢のような現実は、彼にとって甘い蜜のようなもの。

承認欲求も満たされるで、いい気分なことこの上ないのです。

そんないい気分をいつまでも味わうには、告白に対する返事をしないにつきます。

告白を受けるか断るかは考えていないかもしれませんが、告白されたことそのものがホットな気分でいられる要素なのです。

ひとたび返事したら状況が変わることは、彼も薄々わかっています。

もし断ったら、その時点でモテている状況は消し飛んでしまうでしょう。

かと言って告白相手からの好意を受け止めて付き合うことになれば、それはそれでモテる男とは違う状況になってしまいます。

これらのことを避けるためには、なにがあっても告白の返事はしないこと。

彼はそれを知っていて、あえて告白を保留にするのです。

仕事やプライベートに忙しいために、恋愛に気持ちが向かないだけ

告白したのに待たせる理由のひとつに、仕事やプライベートに多忙なことが挙げられます。

忙しすぎるために、恋愛に気持ちを向けられないだけなのでしょう。

それがたとえ「告白された」という事実があっても、です。

彼はいわゆる仕事人間と呼ばれるタイプです。

仕事あっての自分だし、仕事がなければ自分ではないとすら考えているのです。

そういう男性に告白しても「きっと二つ返事でホイホイと乗ってはくれないだろうな」というのは、なんとなく勘でわかるものです。

それを押してまで告白したということは仕事を凌駕するほどの自信が自分にあるからですが、一転保留にされたら確固たる自信も見事に打ち砕かれてしまいます。

このように仕事第一主義の男性に告白し成功するのは、かなりの恋愛上級者です。

そして彼を手中に収めるには、それ相応のスキルが必要なのです。

スキルを持たない女性が彼を振り向かせるには非常に難易度が高いことから、チャレンジ精神で突き進むことが重要です。

いざ告白まではこぎつけたとしてもその後、期待すればするほど、必ずと言っていいほど期待外れに終わります。

告白されても恋愛対象ではなかった相手なので、どうしようか迷っている

告白の返事を保留にして待たせる理由としては、恋愛対象ではない説がもっとも有力です。

嫌いではないけれど、恋愛対象としては圏外なのでしょう。

「告白されちゃったけど、どうしたものか?」

彼はこう思いながら、頭を抱えます。

断る選択肢ももちろんあるのですが、断ったことでこの先、険悪なムードになってしまうことを考えると簡単には結論を出せないのです。

告白を受け止めてOKを出すべきなのか?と考える一方で、安易に告白を受け入れてはダメと押し留める意識も感じています。

告白を受け入れることは簡単ですが、将来的に果たして自分が満足できる関係かどうか。

これこそが彼の目の前に立ち塞がる問題なので、迷わずにはいられないのです。

迷ったところで答えを出せるのは彼だけで、告白を受け入れるかそれとも断るかの2つに1つです。

告白された相手が恋愛対象ではない場合、彼はこんな風に「どうしたらいいのだろう?」と、誰かに助けを求めたいほど迷いに迷っているのです。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

告白して保留にされたときの女性心理

告白しただけでも達成感を感じるが、燃え尽き冷めてしまうこともあ

告白して保留にされても、告白しただけである程度の達成感を感じるものです。

しかしそのあたりがターニングポイントです。

着地点が「告白」なので、彼に言いたいことが言えただけで燃え尽きてしまうのです。

燃え尽きたら残念ながら後は冷めるだけです。

もし告白したその場で彼から良い返事を聞けたら、嬉しくてどうしたらいいかわからなくなるほどでしょう。

ところが片思い中の女性の多くが、告白することだけに膨大なエネルギーを注ぎます。

頬は紅潮し手に汗にぎり頭の中は真っ白で、もはやを何を言ったか覚えていないこともありますが、自分の気持ちを伝えられればそれでホッとし満足するのです。

そのあたりが気分としては最高潮ですが、その後、一気に気持ちが落ちてしまうことが多いです。

これがいわゆる振り子の法則と言われている状態です。

告白によって思いを遂げられたはいいけれど、同時に気持ちが落ちれば「変なことを言っちゃったのではないか」「彼に嫌われたのではないか」などと、なぜか後悔の念に襲われるのです。

このように告白で燃え尽きると振り子の法則によって、次は必ずと言っていいほどネガティブな思いに襲われるため一気に冷めてしまうのです。

保留にされるのは彼に好きな人がいるからという思い込みがあると、急に気持ちが冷めることもある

告白したのに保留にされる原因は、彼に好きな人がいるから。

そう考えて急に気持ちが冷めることもありますが、これは完全に思い込みです。

平和的思考は、彼に好きな人がいても自分が好きなら良いと考えることです。

しかし「彼に好きな人がいるならもう自分はダメ」と思えば、そこで終わってしまいます。

よく考えてみてください。

彼に好きな人がいるのか。

これは本当に真実なのでしょうか?

真実かどうか確証がないなら、単なる思い込みに過ぎません。

好きな男性に対し不信感を持つのはよくあることですが、これは自分が傷つきたくないからです。

傷つかずに済ませるためには確証を持てないことでも「確実にそうに決まってる」と、自分にすり込むしかないありません。

自分の思い込みをすり込めば、やがてそうなって欲しくないマイナスの現実を引き寄せることになるでしょう。

思ったことは多かれ少なかれ現実になると信じている人にとって、マイナスの思考は脅威です。

なぜなら強い思い込みは、現実化を早めるからです。

思い込みは手放すべきなのですが、そのためにはどう自分を変えたらいいのでしょうか?

それには「そうなるかもしれないし、ならないかもしれない」と考えることが非常に重要なスタンスとなります。

どちらに転んでもいいよう中立で考えておけば、片側にエネルギーが偏るのを防げます。

さらに宇宙に采配を委ねることになるので、もっと良い状況が向こうからやってきてくれます。

自分の力だけでなんとかしようと必死にならないでください。

思考と時空の歪みを引き起こすために良くない結果を引き起こしますから、頑張り過ぎているときほど流れに任せることが大切です。

告白したことも忘れそうなほど長い間待たされので、冷めるしかなかった

「告白したのも忘れそうなほど長い間待たされれば冷めるしかない」

これが告白の返事を長期に渡り保留にされた女性の本音でしょう。

蛇の生殺し状態とはまさにこのことです。

彼が断ってくるならそれでも良いのは、そのほうがあきらめもつくからです。

ところが問題なのは断ってくることもなく、告白を受け入れる様子もないときです。

自分を大切にする人なら、返事を待たずに速攻であきらめることでしょう。

待ち続けるのはつらいだけですから。

一方で相手の動向が気になって返事がいつ来るかいつ来るかと不安な人は、ずっと不安なままで待ち続けることになるのです。

しかしそんな状態がいつまでも続くわけがありません。

「女性は吹っ切るのが早い」と言われていますが、この言葉を肝に銘じてください。

告白したからといって、返事がないならとっとと吹っ切ってしまって良いのです。

来るか来ないか分からない返事を待っていたら、おばあさんになってしまいます。

いっそのこと冷めてしまった方が、次なるステップへとスムーズに移行できるのです。

いったいいつまで待てばいいのか、待ってても良いのかもわからず不安で仕方がない

告白して保留にされたとき「いったいいつまで待てばいいのか」と悩む人も多いです。

待てど暮らせど返事がなければ、果たしてこのまま待っていて良いのかどうかもわからないし、不安で仕方がないでしょう。

不安に感じるのは、立ち位置が「他人軸」だからです。

他人軸の人は「他人はどう思っているのか」をいつも気にしています。

しかし考えてもみてください。

自分以外の他人は、想像を超えるほどの人数です。

その中で関わり合いのある人はごく一部ですが、それでも大多数が他人です。

その人たちがどう思っているかを基準にしていたら、自分の存在はなきものとなるでしょう。

人に振り回されることが多い人が、まさにこのタイプです。

嫌われたくない、良い人に見られたいという意識が潜在的にあるから、無意識に人に合わせようとするのです。

なので告白したものの返事がないと「いつまで待てばいいの?」と真剣に悩んでしまうわけです。

しかし彼から直接聞く勇気はないのでいつまで待てばいいのかと、またしても悩んでしまうでしょう。

悩んでも悩んでも、答えは見つかりません。

見つからない答えを探していれば、不安になるのは当たり前なのです。

はっきり返事をしなかったり待たせる期間が長いのはあまりにも不誠実と人間性を疑う

告白を保留にされたとき、はっきり返事をしなかったり待たせる期間が長いのはあまりにも不誠実と考える女性も多いです。

相手の人間性さえ疑わしいので待たされた結果、相手を嫌いになることもあります。

そうなると告白したことさえも後悔することになるでしょう。

これ以上なすすべなしといった気分ですが、ほんの少し悩みながらもなんとかして彼を忘れようとするものです。

前向きな人ならすぐにでも新たな出会いを求めます。

もし理想の男性と出会えたなら「過去の経験が結果的には良かったんだ」と思うこともできるし、今度は告白しないことを選ぶかもしれません。

過去の経験によって「告白することばかりが良いことではない」と分かったからです。 

恋愛にガツガツしない様子の女性が、男性にとって魅力的に見えないわけがないのです。

人生とは、常に学びの連続です。

学びを恐れなければ、次なる恋愛も何もかも今までよりももっとずっとうまくいきます。

告白を保留にして待つのに疲れないために見切りを付けるポイント

告白を保留にされたあと全く脈ナシなら、見切る期限は約1カ月程度が目安


告白を保留にされた時、相手を見切る目安は約1ヶ月程度と思っていてください。

ひと月という期限を設ければ、待つのもそれほど苦になりません。

その間に連絡がなければ、いったんそこで見切りを付けてください。

潔くあきらめ、告白したことも忘れましょう。

「その後、もし連絡が来たら?」と思うかもしれませんが、その時はその時です。

もし彼が告白を受け入れてくれるとしても1カ月も脈ナシだったのですから、どんな事情があるにせよあまりにも一方的すぎます。

突然連絡される方の身にもなってほしいところだし、そんな気遣いもできない男性を彼氏にするのはいかがなものでしょう?

それでも彼の連絡が浮き足立つほど嬉しいなら、少しの間連絡を取り合ってみるのもいいかもしれません。

ただ彼から告白について何も言ってこなければ、待たされた怒りが心の中でくすぶっていないかの確認は必要です。

そしてもっと大事なことは、自分に正直になることです。

彼のことが本気で好きなら、1カ月前後も待たされたとしても許すのみです。

lineやメールの対応に問題がある時。連絡頻度が激減する一方なら早々に見切りをつける

lineやメールの対応に問題があるようなら、待つのもさぞ疲れることでしょう。

様子見も大事ですが、もし連絡頻度が激減する一方なら早々に見切りを付けた方が良さそうです。

相手には何か事情があるのです。

だから連絡もしてこないしスルーするのですが、もし事情など何もないし告白を嬉しく思っているなら何らかのレスポンスがあってしかるべきです。

しかしそんなことにも気づかない男性が、この世には存在するのです。

たとえば恋愛関係に進むのを億劫がる男性もいるし、女性そのものに興味を持てない男性もいます。

人間関係においてますます多様性が進む中「こうあるべき」と考えること自体、時流に乗り遅れているのかもしれません。

しかし恋愛関係を始めとするリレーションシップに何より大切なのが、コミニュケーションです。

lineやメールなどの連絡はその最たるものですが、相手を好きなのになぜか連絡は面倒くさがったり後手後手になる男性も多いのが現実なのです。

迷わず見切りを付けた女性に対し、彼は「俺に告白したじゃなかったの?」と焦ったり、怒りを見せることもあります。

非常に面倒極まりませんが、それでも「彼と考え方に違いがある」と広い心でとらえることができたなら、真の大人でしょう。

彼女持ちが既婚者か、待つのに疲れたら怪しむべきは女性の影

告白したあと保留にされて彼の返事を待つのが疲れてイヤになるようなら、女性の影があるかを怪しんでみるべきでしょう。

「彼には女がいるのか」を探ってみてください。

もしかすると、彼にはれっきとした彼女がいるのかもしれません。

だから保留にしたり、延々と待たせるのです。

あるいは既婚者という可能性もあります。

ただ結婚していることを言えなかったために、告白されても言葉を濁すしかなかったのでしょう。

彼女持ちか既婚者か。

「女」と言えばそのどちらかですが、彼はほとぼりが冷めた頃「告白したことを忘れてくれてないかな」と思っている場合もあります。

つまり告白されたのは良い気分なのでそれはそれでとっておきたいけれど、告白に対する気の利いた返事ができそうもないのです。

だから結果的に待たせる形になったわけで、その後、保留を解除する気もさらさらないのです。

「考えさせて」と言われた時の返事は「待つのは1週間。そのあとは待ちません」

告白を「考えさせて」と言われた時、返事は「1週間だけ待つね、そのあとは待たないよ」と伝えてください。

この返事にはポイントが2つあります。

ひとつが、期限を設けること。

そして「その後はもう待たない」が、2つ目のポイントです。

告白のシチュエーションでは、相手の存在を認めているだけでなく好意を伝えて振り向いてもらおうとしているため、完全に相手を優位に立たせている状態です。

つまり告白した時点では、2人の関係がどう展開するかは彼次第なのです。

しかしここで問題なのが、相手を優位に立たせたままでいることです。

勇気を振り絞って告白したのにのらりくらりと告白をかわされる可能性もあるし、ひどい時には告白されたことすら忘れられることもあります。

このように相手主導が待たされる原因なのです。

このような状況を避けるためには、前もって期限を設けておくことが重要です。

期限としては1週間くらいが遅くも早くもなく、ちょうどいいです。

そして必ず「1週間過ぎたらもう待たない」ということも伝えてください。

こうやって条件をつければ、彼だけを優位な立場にせずに済みます。

これは彼の背中をそっと押してあげることにもつながります。

告白して保留…本当は待つのに疲れているけれど彼を諦めたくない時の対処方法

返事がなくても気にせず好きなことをしよう。男性はポジティブな女性に惹かれずにはいられない

告白を保留にされ、さらに返事がなくてもあまり気にしないでください。

多くの男性たちは、ポジティブな女性に惹かれずにはいられません。

しかし返事がなくてイライラしていたら、ネガティブな波動を振り撒くことになってしまいます。

その波動を察した彼は、ますます保留を解除してくれることはないでしょう。

なぜなら考えただけでも、ネガティブな女性はめんどうだからです。

告白とは、自分の思いだけを告げる一方的な行動です。

相手がどう思っているかを知るまでは、無意識に強いプレッシャーをかけてしまうでしょう。

プレッシャーをかけられたら自分も好感触を表さないといけない雰囲気にさせられてしまいますが、そうしなければ相手を傷つけてしまうからです。

このように告白された方は。それなりに圧力を感じています。

それを考えたら保留にしたくなる気持ちもわからなくはないので、せめて彼にプレッシャーを感じさせないようにしたいものです。

そのためには、告白したことを忘れるくらいの気持ちで過ごしましょう。

自分の思いを告げたら、それで良しとしてください。

あとは自分の好きなことに熱意を傾けるだけで、万事OKです。

奥手な男性には「積極的に」が重要。お互いに楽しめそうなデートプランを提案する

彼が奥手なタイプなら、積極的に進めていくことが重要です。

まずはお互いに楽しめそうなデートプランを提案してみてください。

消極的な人を待ち続けていても思い通りにならないばかりか、貴重な時間を無駄にすることにもなりかねません。

まずは相手の性格を見極めることから始めましょう。

積極的な男性の場合、相手の女性に積極性を求めたりはしません。

なぜなら積極的な人同士が付き合えばうまくいきそうですが、意外にぶつかってしまうことが多いのです。

一方で消極的な男性の多くは、何かにつけ相手の女性に先導してもらうことを望みます。

なので彼が消極的なタイプとわかったら、さっそく積極的な行動に出てみましょう。

彼の趣味や好みに合わせたデートプランを提案すれば、きっと彼は喜んで話に乗ってくれます。

このように奥手な男性には、適度に積極的な行動をとるのがうまくいく秘訣です。

しかしあまりにも積極的になり過ぎて、彼を引っ張り回すのは良くありません。

一緒にいて彼が楽しそうなら、うまくいっている証拠です。

告白が保留になっていることを気のおけない友人に話してみて。リラックスが幸運を誘い出してくれる

彼を諦めたくないとき、告白が保留になっていることを気のおけない友人に話してみてください。

誰かにつらい思いを聞いてもらうことで、硬く閉ざした心が一気に解放されます。

そして話し終わったあとはそれまでの緊張感がほぐれとてもリラックスしているはずですが、これこそが幸運への変換地点です。

悩みがあったりつらい時、心身ともにカチカチに緊張している状態です。

告白を保留にされている時も当然ながら緊張していますが、待ちの姿勢でいる限りはどんな返事が来るかまったくわからないからです。

告白を受け入れてくれるかもしれない…、でも完全にスルーされるかもしれません。

もしスルーされたり告白を断られたら、心は完全にボロボロでしょう。

そんなことを考えただけでも憂鬱になるものですが、そういう時に頼りになるのが気のおけない友人です。

つらい思いをぜひ聞いてもらってください。

話せば必ず楽になります。

楽になるということは、心身ともにリラックスできるということ。

運気がガラリと変わるのは、こういう時です。

心身ともにリラックスな状態なら、ポジティブな流れによって運気上昇するしかないのです。

遅かれ早かれ目の前に、何らかの形となって幸運が現れることになるでしょう。

告白にとらわれず彼に連絡をとり続ける。明るく楽しいメッセ―ジに彼の心は揺り動かされるはず

告白したことにとらわれなければ、彼に連絡をとり続けるのは特に変なことではありません。

相手がどう思うかではなく、自分はどうしたいかを考えましょう。

ただし連絡の内容に関係なく、できるだけ明るく楽しいメッセージを心がけてください。

彼の心は必ず揺り動かされるはずです。

どんな人であれ、接点を持つ相手がポジティブであれば惹かれずにいられません。

それが「告白してきてくれた女性」ならなおさらです。

一方で告白を保留にされたことを根に持ち、陰険な態度をとる女性もいます。

これは自分が考えていた理想と大きくかけ離れたことに満足いかないからで、完全に本人の問題です。

こういう女性がどんなに熱く告白してきても、彼は保留するし保留を解除する気はないでしょう。

彼が好感を持てるのは告白した後も普通に接してくれる女性で、いつも通りに明るく楽しい雰囲気でいることが道を大きく2つに分けるのです。

ナチュラルな自然体を心がけるが、なれなれしくしないよう気を付ける

待つのに疲れている時こそ、ナチュラルな自然体を心がけましょう。

とは言え、あまりにもなれなれしくするのは良くありませんから「何ごともほどほどに」を頭に入れておいてください。

保留にされていたり返事を待たされていることが不満なら、まずは自分を変えるべきです。

彼に「早くして!」と返事をうながしてしまうと、反対にかたくなな姿勢になるものです。

待つのが疲れるなら、待たないこと。

待たないためには「彼のことを考えない行動をすること」に尽きます。

これは告白する時からそう決めておくと良いのです。

保留にされるかもしれない。

待たされるかもしれない。

この2点を想定内にしておけば、つらさも軽減できます。

また「待たせたらどっか行っちゃうよ」という姿勢も見せるといいでしょう。

彼は内心「返事するまで待ってくれているだろう」という気でいるから、のんきに待たせるのです。

待ちたくないなら「もう待たない!」と強気に出てください。

逆にその方が、彼はあわてます。

「自分のことが好きなはずだったのに、待たせたせいで嫌われた」

そう思って、心から反省するはずです。

「返事はまだ?」としつこく催促しない。彼の返事とは連絡に応じてくれることでもある

返事を催促してはいけません。

気になっても、彼を放っておくべきです。

「彼の返事とは連絡に応じてくれることでもある」と考えましょう。
 
つまり彼と連絡を取り合う仲なら、ほぼほぼ「告白にOK」なのです。

彼は告白のレスポンスの方法を知らないので、返事をしないのかもしれません。

恥ずかしくてその話に触れられたくないと考えていそうなら、あえて告白の件は言わないことです。

告白はあなたにとってとても大事なことだったかもしれません。

しかし2人がうまくいくためには告白がすべてではなく、むしろこれから先の未来を考えたら告白にとらわれない方が確実に良いと言えます。

そして今もこれからもずっと彼と仲良くいられるなら、それこそが「告白にOK」の返事なのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「告白したのに保留になったら気持ちは疲れる!見極めポイントも大切」

 

占い師 姫乃
告白したのに保留になったり延々と待たされたら、すごく疲れちゃうわよね。

でも疲れちゃう原因は、あなたの中の理想と現実が違ったから。

恋愛関係が難しいのは、予想がつかないことが多いからなの。

だから「想像した通りにいくことはあまりない」と考えておけば、もう疲れることはなくなるはず。

また夢のような熱い恋愛関係ほど、冷めるのも早いと覚えておいて。

いずれにせよ疲れた時こそ、自分を大事にするサインよ!

自分に目を向けて、自分のことを精一杯やってあげてね。

それが自分磨き。

どんどん自分を磨いて魅力アップさせれば、告白される側になるはずよ。

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事