遊び人が落ち着く時はどんな時?彼の内面や心理から読み解く本気にさせる女性の特徴と恋愛テクニックとは?
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

 「遊び人」と言われる男性が落ち着くのはどんな時でしょうか?

こちらでは遊び人の彼の内面や心理から読み解く本気にさせる女性の特徴と恋愛テクニックについて解説しています。

彼が遊びを辞めて落ち着くのはどんな女性か、また彼が最後に選ぶ女性になるための方法も併せて紹介していきます。

遊び人の彼が心配でたまらない時、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

 

復縁メニューはこちら

昔遊んできた男の人が落ち着くきっかけ

遊び仲間の1人が結婚し家庭を持ったり子どもが生まれたのを知ったとき

今までさんざん遊んできた男性でも、遊び仲間が結婚して家庭を持つとガラリと落ち着いてしまうものです。

落ち着いてしまう根本の原因は、遊び友達と自分の間に入り込んできた「嫁」の存在がとても大きいです。

嫁がいたら、もう今までのように自由に遊ぶことは許されません。

さらに落ち着くのは、その友達に子どもが生まれた時です。

良いパパっぷりが板についている友達に衝撃すら感じますが、友達のあまりの変わりようが意外すぎてもう遊びに誘うこともできないと自覚します。

彼は、友達の様子を見て「これが落ち着くということだ」と理解します。

そして「自分もいずれは遊びを卒業しなくてはならない」とため息まじりに腕組みします。

彼にとって友達の環境の変化は、嬉しさ半分がっかり半分でしょう。

友達と自分とのギャップも彼にとって痛いところで、なんとなく先を越された感や置いてきぼりをくらったような気分なのです。

彼は自分の立場を振り返り「俺もいつまでも遊んでないでそろそろ落ち着かないとな」とか「大人になるにはもう落ち着かないと」などとややあせり気味です。

このように遊び人な男性は、遊び友達が結婚したのをきっかけに衝動的に遊びをやめることも多いです。

どんな遊び人でも子どもができたのをきっかけにいったんは落ち着くもの

どんな遊び人でも、自分に子どもが生まれたのをきっかけにいったんは落ち着くものです。

子どもの存在は、遊び呆けている男性を否が応でも大人にさせるのです。

つまり年齢を重ねても遊びたがる男性は、心が子どものままということ。

子どもが子どもを育てるわけにはいかないため、自分が大人になるしかありません。

まだ手が掛かる小さいうちは「子育て」といいう厳しい現実に向き合わざるを得ないためにいったんは落ち着きます。

好き嫌いにかかわらず自分の子どもはやはり可愛いものですから、遊びたい気持ちにもブレーキがかかるものなのです。

ところがいったんは落ち着いたに見えた遊び人魂は、数年も経てば例外なく蘇ります。

子育てに熱中して遊ぶのを忘れる男性もいますが、たいてい以前と同じように遊びたい虫が騒ぎ出します。

このように遊び人の男性は子どもができればいったんは落ち着くものの、その後は家庭をかえりみなくなるなど根本はあまり変わりません。

自分自身の遊び癖に疑問を抱き「このままじゃだめだ」と決意したとき

遊び人の男性が落ち着くのは、自分の遊び癖を疑問に感じた時です。

ふとしたときに「このままでいいのか」と思い、悶々とします。

彼なりに大きなきっかけがあったのかもしれないし、天からの啓示でもあったかのように突然、目覚めることもあります。

あるいは「もう十分」と、遊ぶことに飽き飽きした可能性も考えられます。

いずれにせよ、とことん遊んだからこそ先が見えてきたのです。

自分の行動に疑問を持つことで改善を図れるなら、たとえ今は遊んでばかりでも悪いことではないでしょう。

人が成長できるのは、経験があるからです。

彼が遊んでばかりいるという場合、実は遊ぶという経験から成長を遂げるプロセスの真っ最中とも言えるのです。

年齢的に地に足がついた結婚生活を考えるようになったから

遊び人の男性が落ち着こうと考えるのは年齢的に結婚を意識した時ですが、早ければ10代後半から遅くても20代後半くらいには身を固めることを視野に入れます。

遊び人の多くが早い時期に結婚を意識するようになるのは、地に足をつけた生活に魅力を感じるためです。

遊びに熱中しているうちは自由奔放な生活が当たり前ですが、いずれそれだけでは満足できなくなったり物足りなくなるのです。

自分を満足させるためには、新たな分野や環境に身を置くしかありません。

そう考えているうちに、いつのまにか自分が結婚できる年齢に差し掛かっていることに気づきます。

おそらく今まで自由すぎる環境にいた反動で、今度は自由でいられない環境を体験したくなるのでしょう。

自由でいられなければ落ち着けるのは容易に想像できます。

しかし地に足を付けた結婚生活がどんな世界かは経験してみないとわかりませんが、遊び人の男性は迷いを見せず果敢に挑戦するのです。

このように遊び人の男性が他の男性と違うのは、結婚という未知の分野を不安に思わず冒険ととらえるところにあるのです。

「この人となら結婚し落ち着いてもいい」初めて結婚を意識する女性に出会った

遊び人の男性が落ち着くのは、結婚を意識する女性と出会った時です。

「この人ならもうしょうがない。落ち着くしかないか」

そう思って、遊ぶことを辞めるのです。

と言っても遊ぶのを辞めたいわけではなく、結婚のイメージが彼をおとなしくさせるのです。

しかし昔から遊び人で名を馳せた男性が結婚を意識するとあって、相当な覚悟でいることは確かです。

完全に遊びとは縁を切れるかきれないかは、結婚生活がうまくいくかにかかっています。

子どもにも恵まれ嫁とも仲睦まじくいられる関係なら、彼の中で「遊ぶ」という意識は完全に過去のものです。

落ち着きはらった彼は、以前の彼とは別人ようでしょう。

結婚によって幸せ太りする男性がこういうタイプです。

遊びは彼にとって結婚へのイントロダクションに過ぎなかったのです。

遊び人の本音や心理から読み解く!彼が遊びを辞められない理由

まだまだ遊び足りないし落ち着くなんて早すぎる

遊びを辞められない男性は、まだまだ遊び足りないし落ち着くなんて早すぎると考えています。

彼の中では遊びのない人生など無いに等しく、また自分が落ち着くのは遠い未来の話でしかありません。

それどころか「一生落ち着くつもりなんてない」と考えている可能性もあります。

それくらい彼の頭の中は遊ぶことしかないのです。

そんな彼ですが、遊びを辞めようと思ったことがないわけではありません。

それなりに人生のターニングポイントを通過してきたなら、遊びどころではない一大事的な案件に遭遇するものです。

しかし平静を取り戻したなら再び「遊びたい」という欲求が高まります。

彼にとって遊ぶことが自分らしさであって、遊びを辞めないのはそれが1番自分らしくいられる方法だからです。

遊ばない理由はないし遊ぶのを辞めた自分を想像できない

遊びを辞めない彼は「遊ばない理由なんてない」と考えています。

たとえ遊びを辞めたとしても、そのあとの自分はいったいどうなるのかが想像つきません。

今まで遊びに費やしていた時間が全て空白になるわけで、彼としてはその時間に何をすればいいのかわからないのです。

とりあえず今の段階では遊ぶのを辞めるつもりはないので、あれこれ考える必要はないのですが「遊びを辞めなきゃならない時はその時考えればいい」と軽くとらえているのです。

遊び人特有の思考回路がこのような事なかれ主義に現れていて、どうにかなるさ的な考え方が彼の基本なのです。

「先を見通すことなんてしたくないし、ただひたすら今を楽しみたい」

このような意識でいるために、彼は遊びを辞めようなどと思えないのです。

遊びを辞めなければずっとモテモテでいられるから

男性が遊びを辞めないのは、女性からずっとモテモテでいたいと考えるためです。

女性からモテるには魅力的でいなければならないし、そのために遊びは欠かせない要素なのです。

またモテたいと考える男性の多くは「男たるものこうあるべき」という思考を手放せません。

その思考の大部分を占めるのが女性からモテることで、そのための最低条件が遊ぶことなのです。

しかしもし遊ぶのを辞めてしまったら、きっと急激に老け込んでしまうだろうと考えます。

それほど怖いことはないし、むしろ老け込まないために遊びに依存しているのかもしれません。

遊びに徹すれば、永遠に男として第一線でいられるのですから。

このように遊びを辞められない理由が「モテたいから」と考える男性のそのほとんどは、年齢を重ねてもその思考が大きく変わることはないのです。

性欲は強い男の象徴。性への探求をやめたら男は終わる

遊びを辞められない男性は、女性にモテたい心理と同様に性欲も強い男の象徴と考えています。

遊ぶのを辞めるということは、性への探究を辞めるということ。

そうなると男として生まれてきた意味がなくなるのです。

そうならないためには、遊びを辞めなければ良いことです。

遊び続けている限りは、性的な対象となる女性を引き寄せられるからです。

今も昔も風俗が存在するのはそのためです。性への探究をしたい男性が存在する限り商売として成り立つのです。

つまり男性が風俗に走るのは単純に遊びであって、それで気が済んでしまう男性も意外に多いのが現実なのです。

今まで本気で好きになった女性がいなかったがこれからはどうなるかわからないから

遊び人の男性は、本気で好きになった女性がいないことを遊びが辞められない理由にします。

今まではそんな感じだったとは言え、これからはどんな展開になるかわかりません。

突然本気で好きになる人が現れるかもしれませんが、遊ぶのはそれまでと決めているのです。

なのでとりあえず今はそういう状況ではないので、遊びを辞めないだけなのです。

パートナーが現ればすぐさま遊びは辞めるはずです。

しかし男性が遊び人を辞められないのは、パートナーがいない寂しさを埋めるためでもあるのです。

寂しさを紛らわすために遊ぶのですが、実は遊ぶことで出会いを求めても逆に真の出会いを阻んでしまうこともあります。

なぜなら女性から見た遊び人は、とても信頼がおけるタイプに見えないからです。

そんな女性の意見を知ってか知らずか今までずっと遊び人でやってきた男性は、遊びを辞めたくてもそのきっかけが見つかりません。

心の中ではパートナーを欲しているのに寂しさを埋めるための遊びを辞められないので、ますます真の出会いとは疎遠になってしまうでしょう。

恋愛はもう最後にしたいから結婚を前提とした女性を望んでいる

どんなに遊びまくっているように見える男性でも内面では「もう遊びの恋愛は終わりにしたい」と考えている人は意外に多いです。

遊びの恋愛はこれで最後にしたいと考えるのは結婚してそろそろ身を固めたいからで、今度こそ結婚を前提として女性と付き合いたいと考えるのです。

結婚を視野に入れるようになるのは年齢的なことや、周囲からのプレッシャーがあるのかもしれません。

あるいは自分自身、もう遊びに疲れたと思っている場合もあります。

遊びに疲れてしまうと、楽しめないのは確実でしょう。

そもそも遊び人は遊ぶことがミッションでもあるのですが、遊びに飽きてしまうとそれに変わることが見つからなかったりします。

こうなると「自分に残された道はもう結婚しかないのかも」と思うようになるのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

結婚したら本当に落ち着く?遊び人と結婚する時に知っておきたい本質

遊び人は相手を熱烈に好きでも飽きたら他に行く可能性大

遊び人の男性は相手を熱烈に好きになっても、いつかは飽きがくる時がきます。

また相手にとことん飽きてしまったり愛想が尽きてしまった途端に、他の女性に目が向いてしまう可能性も否めません。

一般的に恋愛関係のピークは約3年と言われています。

つまり3年過ぎればそれまでどんなに激しく愛し合った仲でも、2人の関係は落ち着きを見せるものなのです。

落ち着いた関係になってもそれで満足するかあるいはあきらめるなら、浮気の虫を黙らせておくことができます。

しかしそんな関係に満足できないとどうしても遊びたくなるのが遊び人の本質で、彼の中では「飽きたら他の女性」という図式が成り立っている男性が多いです。

相手の女性から激怒されたり別れを持ち出されたら、いったんはおとなしくなるかもしれません。

ところが遊び人の心に潜む浮気虫のおかげで、チャンスがあればいつでもOKというスタンスでいるのです。

仕事が出来る男ほど人間関係が複雑だったりプレイボーイなこともある

仕事ができる男ほど他人に比べ人間関係が複雑だったり、プレイボーイなところがあるものです。

プレイボーイに見られるのは、立ち居振る舞いに遜色ない点やいつも紳士的ということから女性が近づきやすいためです。

また仕事ができる男性は、積極的に根回しを行うのも得意です。

女性に対してもいつもマメですが、遊ぶつもりなどまったくないのにそのマメさから相手の女性が「好かれてる」と勘違いすることもあります。

そんな様子を見た同僚が「あいつうまくやってるよな」とねたんだりしますが、仕事も女も思いのままなのがなんとも歯がゆいのです。

同じ男性でこうも違うものなのですf、根本は仕事ができるかできないかが違いの原因なのです。

理由をつけて家に帰らないことが増えるのは家に自分の居場所がないから

遊び人な彼と結婚したら、なんだかんだと理由をつけて家に帰らないことが増える可能性があります。

子どもでもできたあかつきには、毎日ように午前様でしょう。

家に帰らないのは、そこに自分の居場所がないからです。

家族にしてみたら「自分の家なのだからいくらでも居場所はあるでしょ」と考えます。

しかし遊び人の男性は家にいること自体が落ち着かないし、留守が増えるにつれますます家族と顔を合わせるのが億劫になります。

家にいるよりも、外に出かけてぶらぶらしていた方がまだマシなのです。

声をかければすぐ遊びに付き合ってくれる友達がいるなら間違いなくそちらを選ぶなど、よほどのことがなければ家にいることはありません。

このように一般的な夫像とは少々かけ離れているのが、遊び人の男性なのです。

家庭の温かさがわからない男性はお金だけ稼げばいいいと思っている

遊び人の男性の中には、家庭の温かさを知らない人も存在します。

冷え切った家庭で育ったために、家庭の温かさがどんなものなのかがわからないのです。

そのため結婚しても家庭の中でどう振る舞ったらいいのかが謎で、自分なりに考えた結果、お金さえ入れれば妻はご機嫌なことに気づきます。

もめ事が起きて口論になった時「誰のおかげで生活できてるんだ?」などと話をすり替えてくるのもこのタイプの男性です。

しかし毎月きちんと生活費を受け取っている妻は、こう言われても何も反論できません。

夫が外で何をしているのかわからないし、知りたくもないのが現実でしょう。

このようにして家庭の温かさがない結婚生活だと、お金だけでつながっている夫婦になってしまいます。

昔遊び人だった男性が最後に落ち着いた女性の特徴

純粋に彼だけを思う一途な姿勢の女性

昔遊び人だったとしても最後に落ち着くのは、彼に一途な女性と出会った時です。

誰よりも純粋に彼だけを思うその姿は彼を感動させるに十分だし、遊びで付き合った女性とは完全に一線を画しています。

なぜなら今まで出会った女性にはいなかったタイプだから。

そしてこれほど自分に一途になってくれる人などそうめったに現れるものではないと思うと、身が引き締まる思いなのです。

彼女を悲しませることだけはしたくありません。

そのためには遊ぶことを辞め、落ち着くしかないのです。

遊び人というレッテルを貼られていることを知っていても、自分を変えようと努力する彼の本気度はかなり高いと見ていいでしょう。

付き合う前に身体の関係を簡単に結ばない女性

遊び人の男性が最後に落ち着くのは、簡単に身体の関係を結ばない女性です。

付き合ってもいないのにすぐにエッチを許す女性は、遊び人にとって一夜妻のようなもの。

そこで縁が切れてもなんらおかしくないし、むしろ縁を切りたいくらいでしょう。

なぜなら、これまでいったい何人の男性に身体を許したのかと懐疑的になってしまうからで、いくら遊び人とはいえ男にだらしない女性とわかった時点で終了なのです。

しかし付き合う前はもとより付き合ってからも簡単に身体の関係を結ばない女性は、遊び人にとって大変に魅力的です。

謎が多い相手ほど「もっと知りたい」という欲求が高まるのですが、逆に簡単に欲求を晴らしてくれる女性には興味がなくなってしまうのです。

やっとの思いで身体の関係を結べたあかつきには、遊び人魂はすっかり影をひそめます。

その女性のことを大切にしたいと思うので、以前とは打って変わりどっしりと落ち着いてしまいます。

自分に自信ある女性で感じたこと思ったことを包み隠さず自己主張出来る人

遊び人の男性は自分に自信がある女性にはかたなしで、最後に落ち着く女性もこのタイプが多いです。

具体的には自分が感じたことや思ったことを包み隠さず言えたり、良い意味で自己主張出来る人です。

彼の中では、今まで言いたいことがあっても黙っていたりただ機嫌が悪くなるだけの女性が多かったことも影響しています。

そういう女と付き合うたびに彼は「遊びだから仕方がない」と自分に言い聞かせていたのです。

遊び人の男性は、めんどうな女性が嫌いです。

一方、自分に自信があり、言いたいことをきちんと言える女性には一目おきます。

多くの男性たちは、意味もなく女性が黙り込んでしまうことを恐れます。

口を固く閉ざし不機嫌な表情の女性を前に、どうしていいのかわからなくなってしまうのです。

そして「めんどうなやつ」と距離をおきます。

かたや女性の方は「私の気持ちをわかってくれない」と怒り心頭ですが、男性が距離をおくのは単純にめんどうなだけです。

しかし感じたことをはっきり言える女性なら、男性はわかりやすいのでめんどうとは感じません。

遊び人の男性が、めんどくさい女性より考えていることがわかりやすい女性を選ぶのは当然なのです。

勘がするどく空気が読むのが得意な女性には隠し事ができない

遊び人の男性は、隠し事ができないタイプの女性を最後の人に選びます。

たとえば異常に勘が鋭い女性や、空気を読むのが得意な女性です。

空気の読みは天才的で他人に半端ない気遣いができるため、彼を感動せることしばしば。

誰よりも一緒にいて安心なのです。

ところが勘の鋭さから、隠し事をしようものならすぐにバレます。

それどころか「この女性と付き合ったら隠し事はできない」と自覚させられます。

遊び人としては、彼女に隠し事ができないのはかなり致命的です。

そのうち遊ぶことをあきらめてしまうので、半強制的に落ち着くことになるでしょう。

自分の価値観を押し付けることなく、人の意見に耳を傾けることができる女性

遊び人だった男性が最後に落ち着く女性は、自分の価値観を押し付けない人です。

最初は好印象でも徐々に「正しいのは自分。いつもあなたは間違っている」と決めつけられるようになったら、すぐさま逃げたくなってしまうでしょう。

価値観だけでなく、自分の好みを押し付けてくる女性も苦手です。

自分の好みを押し付けてくるのも、価値観を押し付けなのです。

相手の好みを無理強いされると楽しいはずの恋愛もまったくつまらないものになってしまうため、最後の女性にしたいとは間違っても思わないでしょう。

また人の意見に素直に耳を傾けてくれる人も、彼にとってポイントが高いです。

なぜなら「うん、うん」と熱心に聞いてくれるだけで、彼は満足できるからです。

私たちは誰もが自分の話をじっくり聞いてくれる相手に好感を抱くものです。

しかしひとたび反論されようものなら即、気分を害します。

これはいつでも認めてられたい心理が働いているからです。

そしてこれが遊び人の男性が「最後の女性」と決めるポイントでもあるのです。

それには価値観を押し付けず、人の意見に素直に耳を傾けることができるのが条件なのです。

ここぞという時に必要としてくれたり頼ってくれる女性

遊び人の男性が最後に落ち着く女性とは、ここぞと言う時に必要としてくれたり自分を頼りにしてくれる人です。

多くの男性たちは自分の存在価値をそういうところに見出しますが、特に遊び人は自分を必要としてくれることに喜びを感じるのです。

逆を言えば自分が誰からも必要とされてこなかったことが、遊びへと向いてしまった原因なのです。

好きな女性から必要とされているなら、遊んでいる場合ではありません。

普段はとてもしっかりした女性こそ、いざと言うとき頼れる存在に守ってほしいもの。

このギャップが「彼女を守りたい」と彼を奮起させるエネルギーへとつながるのです。

だからと言って遊び人の彼を束縛したり行動を制限する女性は、守りたいと思うどころか嫌われます。

彼自ら「守りたい」と思わせるところに意味があるのです。

苦しい時にどっしりと支えてくれるので大舟に乗った気分でいられる

遊び人の男性が「最後の女性にしたい」と考えるのは、苦しい時にどっしりと支えてくれる人です。

彼は大船に乗った気分でしょう。

遊びに熱中する理由の多くは、嫌なことを忘れたかったり、思い出したくないことにふたをしておきたいからです。

また遊び人は表面には現れない繊細な一面を持っていて、気楽なように見えて実はいつも見えない不安と闘っていることが多いです。

それが彼を遊びへと駆り立てるのですが、そんな不安を吹き飛ばしてくれるのが彼を支えてくれる「最後の女性」なのです。

以前に比べ遊ばなくなった彼は「この女性ならきっと俺を支えてくれるだろう」と確信しているし、そういう彼女を裏切るわけにはいきません。

苦しい時や不安な時もそばにいて支えてくれる女性を一生大事にしたいと考えるのです。

心に余裕があり心配や不安を感じさせず細かいことを気にしない女性

心に余裕があり心配や不安を感じさせない女性も、遊び人の彼の心をとらえて離しません。

彼が最後の女性にしたいのは、すべてにおいて余裕を感じさせてくれる人なのです。

また細かいことを気にしない人も、彼が好きになるタイプです。

逆に細かいことまでうるさい女性は、昔遊び人だったことからちょっと外出しただけで浮気してるんじゃないかと疑ってかかります。

根拠のない疑いをかけられた彼は心からガッカリし「いずれ別れてもしょうがない」と思うようになります。

彼女は彼の過去だけに焦点を当てていて、今の彼を信頼していません。

彼の気持ちを理解できないなら、いずれお互いの信頼関係にもヒビが入ってしまうのは確実です。

心に余裕があって「細かいことなんてどうでもいいわ」と考えることができる女性が、彼がもっとも大切にしていきたいタイプなのです。

楽しく明るい性格で会っている時はいつも笑顔を絶やさずにいてくれる女性

遊び人の彼が最後にしたい女性の条件は、楽しく明るい性格の人です。

いつも笑顔を絶やさずにいるので評判も良く、彼にとってそれだけで自慢の種です。

明るい性格の女性は優しさを兼ね備えていることも多いのですが、彼が自慢に思う彼女の優しさとは彼の言いなりになることではありません。

重要なのは、優しさの中にある見極める力や分別です。

言いなりになるタイプには、たいてい物足りなさを感じるものです。

なので彼としては「たまには自分の意見を言えばいいのに」と思うことでしょう。

なんでも言いなりになる相手とは、いずれ服従とい関係につながりかねません。

そのためには自分軸をしっかり意識する必要があります。

楽しく明るい性格であっても自分軸が無ければ、彼は最後にしたい女性とは思わないのです。

努力家だが必死に頑張っているように見えない女性

遊び人が思わず落ち着きたくなるのが、努力家のようでも必死に頑張っているように見えない女性と知り合った時です。

それまで遊ぶことにしか脳がなかった男性でも、ていたらくな自分と彼女とを比べ思わずコンプレックスにおちいります。

さらに彼女の中に自分の理想を見出し、尊敬の念を抱くこともあります。

これは良好なパートナーシップにおいて大変に重要なことです。

お互い相手に尊敬の念を抱ける間柄であれば、何か問題が降りかかってきてもあらかた乗り越えられはず。

そのたびに2人の絆はますます強く結ばれていくことでしょう。

相手に尊敬の念を抱くのは簡単なようで難しいものですが、相手の良いところを見つけ褒められる人は難なく尊敬することもできます。

しかしネガティブな思考が渦巻いている人だと、相手の良いところを見つけても心から褒めることができません。

なぜなら相手を褒めるよりまず自分を褒めて欲しいという承認欲求が強いタイプだからです。

そのため「私はこんなに頑張ってます」風な印象を周囲に与えようと必死なのです。

このような女性だったら、相手から尊敬されるはずもないでしょう。

ぱっと見で人目を引くくらい容姿が整っている女性

遊び人がもうこれで最後にしたいと考えるのは、人目をひくくらい容姿が整っていたり自分好みな女性です。

好みがドンピシャであれば、再び遊び始めることもなくまた彼女を放っておくこともしません。

もし彼女を放っておいて他で遊びまくっていたら、きっと他の男に取られてしまうかもしれません。

取られてしまってからでは遅いのですが、周りの反応は「自業自得だよ」といたって冷酷です。

そうならないためには、前もって遊びを辞めておくことが何より重要です。

しかし自分に自信がある男性の多くは「彼女は自分だけを愛してくれている」という現実にあぐらをかきます。

自信があるのは良いことですが、彼女からの愛のパワーは永遠に変わらないわけではないのです。

あぐらをかかれてしまった女性は彼を愛することがつらく感じてしまい、近寄ってきた他の男性と思わぬ関係になってしまうことも実際にあるのです。

このように彼が「最後の女性にしたい」と思っても容姿端麗な女性の場合、引く手あまたなためになかなか思ったようにはうまくいきません。

昔から遊び人だった男性を本気にさせて落ち着かせたいなら

好きだったら好きアピールはNG!彼に追わせる手法を使う

昔から遊び人だった男性を本気にさせ、かつ落ち着かせたいなら、彼に追わせる方法がベストでしょう。

彼のことが好きでも「大好き!」「愛してる!」というように言葉がけするのは避けてください。

今までずっとそうやってきてしまっていたら、速攻で改善しましょう。

言葉で愛を伝えたくなるのはそうしないと自分の思いが伝わらないと信じているためですが、それは大きな誤解です。

彼を追わせるには、自分から好きアピールはNGと思っていてください。

好きアピールしないだけで、彼は追ってくる態度を見せます。

しかし今度は彼が好きアピールをしてくるかもしれません。

これは好きアピールをしなくなった彼女のことを不安に思うためです。

好きアピールをしてきたら「ありがとね」くらいは言ってもいいかもしれませんが、お礼にと自分も好きアピールはしないこと。

すげなくスルーするとさらに効果的です。

悪い面はキッパリ叱り良い面は感謝してその場で褒めるなどメリハリを付ける

昔から遊び人だった男性を落ち着かせたいなら、悪い面はきちんと指摘し良い面は感謝するなどメリハリをつける言動を心がけてください。

遊び人とて自分を認めて欲しいと考えています。

そのためまずは良い面を見つけ、ほめてみてください。

そして「ありがとうね」と感謝します。

それに慣れたら、今度は悪い面を指摘しきっぱり叱ります。

その際、グダグダと長い時間をかけないように。

長い説明を加えると、逆に受け入れにくくしてしまいます。

なぜなら叱るつもりが、いつのまにか愚痴や不満にすり替わってしまうからです。

「それは良くないよ、もう辞めてね」と、これだけで良いのです。

褒める際は的確さとタイミングがポイントで、やっていくうちに「今ここしかない!」というタイミングが次第にわかるようになります。

的外れな褒め方では、彼はピンときませんし効果ゼロです。

仕事や趣味を一生懸命に取り組めば誰よりも輝く女性になれる

昔から遊び人だった男性を本気にさせて落ち着かせたいなら、何事も一生懸命に取り組むことをやってみてください。

輝く女性になって彼をトリコにするためには、まず自分を変えることが重要です。

一生懸命に取り組む内容は、趣味でも仕事でもなんでも良いのです。

無理して新しいことを始める必要はありませんが、考えるだけでなく行動に移すことが大切です。

とは言え、仕事の日の朝は動くのも億劫なもの。

「こんなんでは輝く女性になんてなれない」と意気消沈していても大丈夫です。

自分に優しくなりましょう。

それには意識を変えるだけです。

「こんなに仕事に行きたくない自分に気づかせてくれてありがとう」

こんな風につぶやいてみてください。

次第に気力が湧いてきます。

なかなか湧いてこない時は、何度もつぶやきましょう。

これが感謝のエネルギーによる波動アップのアクションです。

さらに1日を通しもしイヤなことがあったら、その場で同じように「ありがとう」と感謝をしてみてください。

イヤだなと思っていた気持ちが簡単にリセットできます。

適度におしゃれを意識し身綺麗でいることを心がけよう

以前からずっと遊び人だった男性を本気にさせて落ち着かせたいなら、適度におしゃれを意識しいつも身綺麗でいることが大切です。

ファッションのトレンドを追う必要はありませんが、女性らしいソフトで優しいイメージをまとい、いつもきれいにしている彼女がそばにいれば、いつのまにか遊び人というレッテルが剥がれていることに気づくでしょう。

おしゃれさが倍増するのが肌の色が綺麗に見えるカラーで、たとえばパステル系ベージュや淡いシャンパンカラー、ベビーピンクなどです。

これらの淡いトーンにオフホワイトを足せば爽やかなイメージに、そして濃い目のカラーを挿し色にすれば一気にトレンド感がアップします。

さらにおしゃれに見える重要なポイントが、靴とヘアスタイルです。

特に足元はとても目立ちます。

どんなにお気に入りでも履き古して汚くなっていたら潔く処分し、きれいな靴を履くようにしてください。

玄関のシューズクローゼットの中にある古い靴も全部捨てましょう。

これだけで運気アップにつながります。

ヘアスタイルのトレンドはゆるふわ感ですが、ちょっと間違えるとボサボサになったりだらしなく見えてしまいます。

髪質によってもゆるふわ感が出ないこともありますから、ヘアサロンでアドバイスしてもらってください。

どんなヘアスタイルがベストかは、美容師さんが1番よく知っています。

そのためにも普段から気になることや質問を考えておき、サロンに行った折にいろいろ聞いてみれば喜んで教えてくれるはずです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「昔から遊んできた男性を落ち着かせるには女性も恋愛テクニックが必要」

占い師 姫乃
昔から遊び人と呼ばれてきた男性を落ち着かせるには、数々の恋愛テクニックを駆使するのがポイント。

相乗効果によってさらに良い結果を得られるはずよ。

またこれらの方法によって「遊んでいるよりもっといいことがある」と彼に知らしめることも必要なの。

ただし遊び人は自分を遊び人と自覚していないことも多いから、遊び人ということを否定的な目線で見てはダメよ。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事