ホワイトデーのお返しに隠れた元彼の心理と復縁の可能性
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

ホワイトデーに元彼から、バレンタインのお返しが来たことはありますか?

バレンタインギフトを元彼にあげたのならまだしも、なんの前触れもなくホワイトデーにプレゼントを渡してくる元彼はいったい何を考えているのでしょうか。

この記事では、ホワイトデーに隠れた元彼の心理と復縁の可能性について詳しく解説しています。

元カノからもらったバレンタインチョコをどう思っているのか、元彼がホワイトデーにお返しをしてくる心理、またプレゼントをもらったらどういう対応をすればいいのか、さらにはホワイトデーを復縁につなげる戦略まで、具体的にご紹介します。

もしあなたが復縁を考えている時、ホワイトデーの時にどうすればいいかがよくわかります。

もう「元彼が何を考えているかわからない」と悩むこともなくなります。

ではさっそくチェックしていきましょう。

復縁メニューはこちら

バレンタインにチョコをあげた時の元彼の心理

優しくマメなタイプならすぐに「ホワイトデーのこと」を考える

元彼が優しくマメなタイプなら、バレンタインデーにチョコをもらったらすぐに、ホワイトデーのことを考えます。

そのような元彼にとって、バレンタインチョコとホワイトデーは同義語です。

「もらったらお返しをする」この一連の行動は、もしかすると親の影響かもしれません。

親が義理がたい性質だと、子どもも必然的にそれを真似ようとします。

ですから元彼にとって、もらったらお返しをすることに特別な意味を持ちません。

もし復縁したいという思いがあっても、このときはそういう気持ちを出さないことが多いです。

ここにもその元彼が持つ性質である「優しさ」が隠れています。

優しさのある人の多くは、場の空気を読もうとします。

バレンタインのお礼のためのホワイトデーに、復縁したい思いを告げるのは場違いと思っているのです。

このように優しさやマメさのあるタイプの元彼だったら、ホワイトデーは「バレンタインのお返し」に過ぎません。

「ホワイトデーってなんのこと?」バレンタインデーに興味がない元彼ならホワイトデーも素知らぬ顔

バレンタインデーに興味を示さないタイプの元彼だったら、ホワイトデーも素知らぬ顔です。

バレンタインデーに誰かからチョコをもらったとしても「それはそれ」。

チョコをもらったお返しについては「だんまり」を決め込みます。

このようなタイプの男性は人に対する気遣いが、他の多くの人たちと違います。

まったく気遣わないわけではないのですが、人によっては冷たい印象を感じます。

自分のスタンスをとても大事にするので、人になんと言われようと自分のやり方を死守します。

特に興味のない分野に関しては、それらの情報に耳を傾けようともしません。

むしろバレンタインやホワイトデーの買い物に熱中する人を、冷ややかな目で見ます。

ワゴンに群がる人たちを見て「恥ずかしい」と感じ、「俺は絶対買わない」と心に誓います。

復縁を考えていない元彼だったら、チョコをもらっても喜べない

元彼が復縁を考えていない場合、チョコをもらっても、嬉しいという気持ちよりは困る方が強いです。

元彼は、いつの間にかバレンタインが「女性からの愛の告白の日」のようになってしまったことに憂いを感じ、この日めがけて突進してくるかのようにチョコを送りつけてくる元カノに対しても、引き気味になっています。

自分が復縁したいのなら喜べますが「今しばらくは1人でいたい」というのなら、嬉しくないのは理解できますよね。

当面は1人でいたい。

でも元カノから「復縁」を匂わせるチョコが届く。

この展開にかなりゲンナリした気分です。

「どうしてこの気持ちをわかってくれないのだろう?」と疑問に思いますが、元カノはそれに気づくことはありません。

なぜならバレンタインデーとは「好きな人にチョコをあげる日」だからです。

その原則にのっとって、他の女子たちと同じようにチョコを渡したい相手のことを考え、プレゼントするチョコを買いに行きます。

つまり、チョコをもらった相手が「喜ぶと信じている」わけです。

しかしいざ蓋を開けた時、元彼がどんな風に感じているかは予想だにしません。

 

単純にチョコが好きだから「嬉しい」

元彼が甘いもの好きでチョコも大好きだったら、素直にバレンタインチョコを「嬉しい」と思うはずです。

そこには深読みするべき心情は、まったくありません。

最近はスイーツのトレンドの情報発信が盛んです。

気になる美味しそうなチョコなら、一度は食べてみたいもの。

この時、元カノが素晴らしく美味しそうなチョコをプレゼントしてくれたら飛び上がるほど嬉しいのです。

ここにはシンプルな男性心理が働いています。

「好きなチョコをもらって、それを心ゆくまで味わうことができて嬉しい」

本当にただこれだけです。

これ以上でも以下でもないのが、チョコ好きな男性心理なのです。

もしかすると、ほんの少し元カノのことが頭をかすめるかもしれません。

でもほとんどの場合、「好きなチョコだ!嬉しい!」で終わってしまいます。

もしかしたらこれは復縁の合図なのか?とドキッとする

元カノからもらったチョコを眺めながら「これってもしかして元カノの復縁したいっていう合図なの?」と気づき、思わずドキッとすることがあります。

ドキッとするということは、思わぬ出来事にやや興奮気味ということです。

元彼は「現状では復縁は難しいかもだけど、いずれは元サヤになるかもしれない」とぼんやり考えます。

期待半分、驚き半分といったところでしょう。

興奮している状態のまま、どこかに手紙でも入っているのではないかと探します。

何も見つかなかったとき、元カノがなぜチョコを贈ってきたのかがいよいよわからなくなります。

「まぁ間違いなく復縁したいんだろうけど、でもそういう意思表示がないからなぁ」

元彼はその謎を解き明かそうとしますが、依然としてわかりません。

こういう時「小さいメモでも入っていたらわかりやすいのに」と考えます。

しかもこのチョコに対してホワイトデーにお返しするべきなのか、頭を悩ませてしまいます。

復縁したい元彼なら「天にも登るような気持ち」でハイになる

元彼が復縁を切望しているなら、元カノからのチョコを手にしたとたん、天にも登るような気持ちになります。

地に足がつかない状態とはまさにこのことです。

ハイになったその姿は、誰が見ても「お、なんかいいことあっんだな」と思わせます。

この時点から元彼の中では、あらゆる妄想をかき立てます。

「俺のこと嫌いじゃなかったんだ」

「また元カノを付き合える」

「どうやってヨリを戻そうか」

「手始めにご飯に誘おうかな」

このように次から次へと、元カノとの復縁を連想します。

連想しながら、どんどん興奮していく自分を感じています。

ホッとするような安心感に包まれると同時に「幸せとはこういうことを言うんだろうなぁ」とつぶやくでしょう。

 

ホワイトデーにお返しをしてきた元彼が考えていること

「バレンタインデーに俺を思い出してくれて嬉しいよ」

ホワイトデーにバレンタインのお返しをしてきた元彼は、自分を思い出してプレゼントしてくれたことを嬉しく思っています。

誕生日にしろバレンタインにしろ、もし忘れてしまったら、あっという間にプレゼントするタイミングを失います。

バレンタインチョコを贈ってくれたということは、少なくとも元彼を思い出してくれたということで、決して嫌いになったわけではない、という証明でもあります。

元カノの頭の中に自分の存在が忘れられずに残っていたこと、そして自分が決して嫌われていないことが単純に嬉しいのです。

元彼の心の中はポッと光が灯り、あたりを明るく照らします。

2人の間の絆がほんの少し強くなったような気がするのは、このような時。

何かしらのタイミングで「復縁」ということも大いにあり得ます。

「ホワイトデーをスルーじゃ申し訳ないからな」

ホワイトデーにバレンタインのお返しをしてくる元彼の中には「スルーしたら申し訳ない」という心理を持つ人もいます。

「周りの男性たちの中にホワイトデーを意識してるヤツは一握り」

そんな観念でいるため、ホワイトデーそのものにあまり関心がありません。

しかし「バレンタインにチョコをもらった」という現実には変わりなく、メディアで「ホワイトデー」が取り上げられた時などつい気になってしまいます。

「ホワイトデーにお返しする」ことがジワジワと元彼の心に浸透してくると、次に「もらっといてスルーは悪いかな」と思うようになります。

このときにタイミングよくホワイトデーギフトのワゴンを目にしたら、足を止めて覗き込むことになるでしょう。

「どれが喜びそうかな」と選ぶ元彼の頭の中は、元カノの笑顔でいっぱいです。

どうせあげるなら喜んでもらえるものを、と必死です。

なんとかゲットできたとき「これでお返しができる」と、心からホッとします。

「ホワイトデーなんてなくなればいいいのに」

元彼の中には「ホワイトデーなんてなくなればいいのに」と考える人もいます。

それでもホワイトデーにバレンタインのお返しをしてくるのは、そこに「義理」があるためです。

この時元彼は、自分がしたくないことをやらなければいけない、という矛盾を強く感じています。

このような男性は、一般的な流行や時流に乗るのがとても嫌いです。

「みんながやるから、自分もやる」という回れ右的なことを毛嫌いする傾向があるのです。

しかしなんだかんだ言っても、義理は大事にするタイプ。

「もらったものにはお返しをするのが礼儀」と考えるので、お返しができた段階で義理立ては完了します。

このように、ホワイトデーにお返ししたあと何事もなかったかのように振る舞う元彼なら、ホワイトデーを好ましく思っていない可能性が高いです。

 

「これが復縁のきっかけになればいいのに」

バレンタインデーのお返しとしてホワイトデーにプレゼントを贈ってくる元彼の多くは「復縁のきっかけ」を狙っています。

ギフトの内容にもよりますが、もし高額商品だったら間違いなく復縁願望が高いです。

「元カノからもバレンタインチョコもらってるし、これは完全に復縁だろ」と熱い期待を寄せ、胸が高鳴ります。

そういう感じですから、ホワイトデーギフトをあげたと同時に、元カノの反応が気になります。

「気にいってくれただろうか」

「”こんなもん要らない!”と思われて嫌われたらどうしよう」

「プレゼントの感想を連絡してくれないかな」

このような不安と焦りに襲われます。

元カノとよく連絡を取り合うような仲になっていたら元カノから直接いろいろ聞けるので、このような心配は無用です。

しかし、お互いにギクシャクしている関係なら相手に対する誤解から、ホワイトデーギフトをあげたことを後悔することもあります。

「お歳暮やお中元と同じようなものだからしょうがない」

男性の中にはホワイトデーを「お歳暮やお中元と同じようなもの」ととらえている人もいます。

このような元彼がもしバレンタインにチョコをもらったら「お歳暮と同じようにお返しすればいいんでしょ」とイヤイヤ行動に移します。

「めんどくさい」のと「仕方がない」という心情は、やはり「お歳暮そのもの」です。

また「チョコをもらったからには返礼をしなければならない」という義務感だけで、ホワイトデーギフトを贈ってきます。

とは言え、このような男性には復縁の可能性がまったくない、というわけではありません。

ホワイトデーに関してあまり乗り気ではないだけで「できることなら避けたい」と思っているだけです。

状況によっては、ホワイトデーが復縁のきっかけになることも十分に考えられます。

なぜならバレンタインもホワイトデーも「お互いに気がある」意思表示だから。

お互い一緒にいるのが一番居心地がいいと感じているなら、すぐにでも復縁への扉が開くでしょう。

「どうやら元カノが俺に未練があるらしいけど、とりあえずお返ししとくか」

ホワイトデーにお返しをしてきた元彼の中には「元カノが俺に未練があるらしい」と考える人もいます。

未練があってプレゼントしてきたなら、ルールに乗っ取って「ホワイトデーにお返ししとくか」となるわけです。

しかしバレンタインデーにチョコを贈るのは、当然ながら元彼に未練があるからですよね。

嫌いだったらバレンタインは考えませんし、まったくお察しの通りです。

元彼がこのように考えるのは「元カノには未練がない」という背景が読み取れます。

この心理にはさすがに元カノであるあなたもガックリといったところです。

だからと言って、元彼があなたを嫌いになったというわけではなく、まだいくらでも希望はあります。

最後は元カノの反応次第で復縁が決まるようなものです。

たとえば卑屈になって「どうせ私なんか」というような態度を取ったら、元彼はいっぺんであなたのことを嫌いになってしまいます。

しかし反対に、いつでも笑顔の癒しキャラだったら?

誰からも愛されるような素敵な女子だったら?

元彼が未練を抱くのは、これらの要素がいくらかでもある女子です。

元彼が仕方なくお返しを贈っている段階では、まだまだというところでしょう。

なんだか会いたくなってきたからホワイトデーに贈ってみよう

「なんだか元カノに会いたくなったから」という理由だけで、元彼がホワイトデーギフトを贈ってみようと思うことがあります。

買ったからには渡さなければいけません。

渡すには「会う」しかないありません。

しかし元彼の目的は「会うこと」です。

会ってどうするというわけでもなく、ただ「会いたい」のです。

元カノの顔を見るだけで満足かもしれません。

なぜなら、久しぶりに会う懐かしさを感じたり、付き合っていた頃の甘い思い出が蘇るためです。

会っただけで満足なので、特に復縁は考えません。

その理由には双方が多忙であったり、復縁の障害になるような、なんらかの問題があるためです。

このような時、元彼は復縁を望みません。

でもただ「会いたい気持ち」に正直になっただけです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「幸せの杜」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

バレンタインデーに何もあげなかったのにホワイトデーにプレゼントしてきた元彼の心理

「バレンタインは残念だったけど、ホワイトデーで一発逆転を狙おう」

バレンタインデーに何もあげていないのに、ホワイトデーにプレゼントしてきた元彼の心理の一つに「ホワイトデーで一発逆転」を狙おうとすることが考えられます。

バレンタインデーもそれなりに期待はしていたものの、結局元カノからは何ももらえずじまいだった元彼。

ここであきらめたら終わり、とばかりホワイトデーに復縁のきっかけを作ろうとします。

なぜならそうでもしない限り、復縁への道が見出せないためです。

また少しでも元カノとの繋がりを保ちたいこともあることから、ホワイトデーはまたとないチャンスなのです。

なんでもない普通の日に復縁を持ちかけるより、ホワイトデーという名を借りてのきっかけ作りならお互いに抵抗を感じません。

また元彼が考慮しているのがもしうまく復縁に繋がった時、ホワイトデーが2人の記念日になるかもしれない、ということです。

しかし元彼は、自分が元カノにどう思われているかは少々疑問に思っています。

一方的に復縁を持ちかけていいものかどうか半ば博打のような心模様で夜も眠れないほどの不安を感じ、ホワイトデー当日まで悩みます。

「ホワイトデー売り場でつい買っちゃったから」

バレンタインデーに元彼に何もあげなかったのにもかかわらず、ホワイトデーに元彼がプレゼントしてきた理由の一つに「つい買っちゃった」というものがあります。

バレンタインデーを過ぎたとたん、ショッピングモールの売り場は「ホワイトデー」へと一新します。

バレンタインデーは明らかに女性たちが群がっていましたが、今度は男性たちが買い求める番です。

しかしその数は女性ほど多くはありません。

元彼がホワイトデーギフトを「つい買っちゃった」のは、たまたま立ち寄ったモールのホワイトデー売り場を覗いたことから始まります。

カラフルで可愛らしいパッケージのホワイトデーギフトは、見ているだけでも楽しいものです。

元彼が雑貨類好きなら、間違いなくその売り場に足を止めるはずです。

物色するうちに、「プレゼントしてもいいな」と思える人を思い浮かべます。

それはダントツで「元カノ」でしょう。

元カノの好みならなんとなくわかるし、喜ぶ顔が目に浮かぶようです。

一つ一つ吟味し、選んでいくうちにどんどん楽しい気分になります。

やがて「コレ」というものに決め、会計終了。

「つい買っちゃった」のは、このようなシチュエーションです。

「つい」とは言え、やはり元カノが好きでないとこうはいかないです。

「別れた時、さんざん迷惑かけちゃったから」

バレンタインに何もあげなかった元彼からなぜかホワイトデーギフトをもらった時、「元カノにはさんざん迷惑かけたから」というような謝罪を意味する場合があります。

これは、別れたときに元カノを泣かせてしまった、あるいは元カノにショックを与えてしまった、など、元彼が原因となって元カノを傷つけてしまった時です。
お互いに納得ずくの円満な別れだったら、元彼はこのような気持ちにはなりません。

しかし、どう考えても問題ある別れだった時、いつまでもそのことを引きずるのはいつでも男性の方です。

元カノが哀れに泣く姿を見た元彼は、その時はどうしようもなかったけれど、今となってはトラウマのようにも感じています。

「どうしても謝りたい」そして「また元カノの笑顔を見たい」と切に願い、ホワイトデーにその願いを託します。

もしかすると受け取ってもらえないかも、という不安もあります。

でも「この機会を逃したら永遠に元カノに謝れない」とも感じ、思い切って行動に移します。

この時、元彼には復縁の文字はまだ見えてません。

元彼にとって復縁はまだまだ先の話です。

「俺という男を思い出してほしい、ただそれだけ」

バレンタインデーは元彼にあげるのをスルーしたのに、ホワイトデーにプレゼントをくれた元彼は、ただシンプルに「俺という男を思い出してほしい、ただそれだけだから」と考えています。

別れてからお互いに冷却期間に入ったものの、しばらくすると元彼はやたら元カノのことが気になり出します。

また元カノのことが気になればなるほど、連絡したい気持ちがつのります。 

とは言っても、自分から連絡を取るのは気が引けるもの。

そんな時「俺のこと思い出してくれることがあるのかなぁ」と疑問に感じますが、その疑問を払拭するきっかけになるのが、ホワイトデーなのです。

ホワイトデーなら、みんなにまぎれてプレゼントを贈ることができるのであまり目立ちませんし、何かと好都合です。

元彼はホワイトデーギフトを手にした元カノを想像し「たぶん思い出してくれるはず」と確信します。

自分の存在感だけわかってくれれば良し、後は自然にまかせたい、と思っています。

「別れたからもう恋人にはなれないけど、友人としてあげよう」

バレンタインにチョコをあげてないのにも関わらず、ホワイトデーにプレゼントしてくれた場合、「友人として」という気持ちが強い場合があります。

友人なら気兼ねなく「これ美味しいから食べて〜!」と言えますよね。

しかし恋愛関係が破綻した場合、そこから友人関係になるのはなかなか難しいです。

人にはそれぞれ思い込みがあるためで、恋愛は恋愛、友人は友人、とはっきり線引きしてしまいます。

一度恋愛関係が終わると誰もが線引きを崩すことができないので、友人関係に持っていくのは至難の技です。

こういうときに合理的に考えられる元彼なら、線引きを無視し恋愛関係からの友人関係に持っていくことができるのです。

その方法の一つが「ホワイトデー」です。

友人としてあげるホワイトデーギフト、とはなんて素晴らしい響きでしょう。

恋愛のぐちゃぐちゃしたものがまったく見えず、クリアな関係だけが読み取れます。

このように元彼が友人関係として元カノを見れるようになったとき、ホワイトデーギフトを抵抗なく渡すことができるのです。

 

状況別ホワイトデーにお返しをもらったときの対応の仕方

【復縁したい時】嬉しそうに喜ぶのがコツ。元彼も心からホッとして「あげて良かった」と思う。

もし復縁したい時にホワイトデーのお返しをもらったら「嬉しそうに喜ぶ」のが最大のコツです。

ただ単に嬉しそうにすればいいのではなく「感動した」「泣けてきそう」というような表情がベストです。

お礼の言葉をたくさん並べる必要ありません。

また大げさに喜ぶような態度も控えます。

何かに感動して「ジーンときた経験」を思い出して、それを再現しましょう。

元彼も心から「あげて良かった」と思うはずです。

男性たちの多くは、女性に喜んでもらうことが何より一番大事と考えています。

相手が元カノならなおさらでしょう。

【復縁したい時】お礼の連絡は、食べた感想を交えること

復縁したい時、そのポイントの一つが「お礼の連絡は必ずプレゼントのお菓子を食べた後」です。

ついでにその感想も連絡すると、さらに元彼に良い印象を与えます。

気のおけない間柄でない限り、マイナスな感想は控えます。

「おいしかったよ」

「すごく食べ応えあっておいしかった」

「今まで食べた中で一番だった」

「こんなに美味しいの食べたことない」

このように元彼のハートを、ひょいと持ち上げる工夫もお忘れなく。

ホワイトデーのお礼とともにもらえるポジティブな感想に、元彼はいっそう復縁の決意を新たにするでしょう。

【復縁したい時】「嬉しかったから、今度はご飯おごりたい」と言ってみる

復縁したい時「嬉しかったから」「今度はご飯をおごりたい」と持ちかけてみるのもいい方法です。

この「嬉しかったから」を付け加えるのがポイントです。

こう言われたら元彼も断ることなどできないはず。

さらに「おごる」と言うのも、相手が誘いに乗ってくれやすいです。

あくまでカジュアルかつ気楽な気分で誘ってみてください。

きっと、いや必ず「OK」がもらえることでしょう。

 

【復縁に迷いがある時】サラリとお礼を言って元彼の様子をうかがう

もし復縁に迷いがあるなら、サラリとお礼を言うだけにしましょう。

お礼は必ず言ってください。

元彼との確執があると、お礼を言うのをスルーしてしまいたくなるものです。

しかしこれは人として必要なこと。

プレゼントしてもらったことに対して、きちんとお礼を伝えるのが大人対応というものです。

その後は元彼の様子をうかがいましょう。

元彼がホワイトデーにプレゼントをくれたのなら、もうすでに復縁への準備段階に入っています。

大きな迷いがなければそのままの流れに乗ってみる、というのも一つの方法です。

自分の頭で考えたこと以外の流れに、抵抗することなく素直に乗ってみたら、思いも寄らない幸運に恵まれることだってあるのですから。

【お返しをもらえると思っていなかった時】心からの「ありがとう」を伝える

ホワイトデーのお返しが思いがけないものだった時、元彼に心からの「ありがとう」を伝えましょう。

「ありがとう」という言葉には、非常に強いパワーがあります。

素晴らしく光り輝くエネルギーを持つため、それを伝えたとたんに誰もがいい気分になります。

またありがとうを言った人の周りにも良いエネルギーが取り囲みます。

元彼と復縁したい時にも何かにつけ「ありがとう」と付け加えるようにすれば、想像もつかないほどの良い展開が待っています。

ふと気付いた時には、円満に復縁していることもあるのです。

【今はまだ復縁したくない時】お礼は一言「ありがとう」だけでOK

今はまだ復縁したくない時のお礼も「ありがとう」だけにします。

元彼に何か恨みでもない限り「笑顔で」 がマストです。

もし元彼に何か嫌なイメージがあったとしても、頑張って笑顔を演出しましょう。

「ありがとう」は笑顔で言うからこそ、相手にしっかりと伝わります。

また「ありがとう」とだけ伝えることが、逆に好感度を高くします。

相手がどんなに復縁を望んでいたとしても、自分がその気にならなければ無理ですよね。

そういう時でも復縁について特に言及せず「ありがとう」と伝えるだけでも、マイナスな印象になりません。

ホワイトデーを復縁につなげる5つの戦略

復縁の可能性に着火した状態が、バレンタインデーのお返し

ホワイトデーを復縁につなげる第一歩が「お返し」です。

「バレンタインのお返し」こそが復縁の可能性に着火した状態で、お返しが来た時点で復縁にむけた次のステップが始まっているのです。

まずは元彼からいただいたバレンタインデーの返礼品のキャンディなりスイーツを、美味しく堪能しましょう。

元彼が選んでくれたホワイトデーギフトは、どんな味でしょうか。

元彼を思い出しながら食しているうちになんとなく喜びが湧いてきたら、復縁への進路が確かなものになっている証拠です。

とにかく喜べば元彼は褒められた気分になる

復縁につなげるにはホワイトデーのお返しをもらったら、とにかく喜びましょう。

そして「嬉しい」と気分を言葉にして伝えましょう。

喜ぶとなぜか元彼は褒められた気分になるのです。

嬉しくないと喜べませんよね。

「元カノは嬉しい」

「元彼は褒められた気分」

まさにwin-winの関係です。

これがホワイトデーによる理想的な復縁への道です。

とにかくギフトをもらったら喜んでください。

喜ぶと元彼はもっといろいろしてあげたくなるのです。

もしもらったギフトに対する不満があっても、そっと胸の内にしまっておきましょう。

そうしているうちに何気なく言ってしまう不満が、現状をマイナスなものに変えていたことに気づくはずです。

ホワイトデーにお返しが来たからと焦ってはいけない

人によってはホワイトデーのお返しが来たからとき、焦ってしまう元カノもいます。

焦ってしまうと不安につながり、状況をプラスにすることが難しくなります。

こういう時こそ、落ち着いて状況を受け止めましょう。

とは言え、元々元彼があまりプレゼントに気を配るタイプではない場合、ホワイトデーのお返しにちょっと焦るかもしれません。

だからこそ、逆に元彼の真意を量りやすい時と言えます。

ホワイトデーに元カノにお返しをしてくる元彼は、かなり本気とみて間違いありません。

ですが、ホワイトデーギフトをあげたあと正直なところどうしたらいいのかわからないのです。

不安定な感情になっているために、潜在的に元カノを頼りにしています。

元カノまで不安や焦りを感じていたら、うまくいくこともうまくいかなくなってしまいます。

不安や焦りを感じたら、ぜひとも気分転換をはかってください。

気持ちを切り替えると、意外にすっきりと不安が消え去ってくれます。

元彼が自分から行動を起こすように仕向ける

ホワイトデーを復縁につなげるには、元彼自身が自分から行動を起こすように仕向ける必要があります。

なんでも先回りして事を進めてしまうと、元彼が自分で決められないばかりかやる気を失います。

元彼の行動が緩慢に見えても、ぐっと我慢しましょう。

本当に復縁につなげたいのなら、元彼の足を引っ張るようなことだけはしてはいけません。

良かれと思って元彼の前に線路を敷いてあげるのは元彼のためにならないばかりか、お互いのためにならないのです。

もし自分が先導するときが多ければ、今度は元彼を見守るスタンスでいられるよう工夫してください。

元彼に愛されるようになるには追うより「追われること」が大切

元彼と復縁できた後、以前よりももっと深く愛されるようになるには「追うより追われること」が大切です。

まずは彼を追っていることに気づかなければならないのですが、夢中になってしまうと気づけません。

もし追ってしまっていたら「元彼からの連絡が少ない」とか「態度が素っ気ない」ことが、表面に表れます。

気付いたらすぐに追うのはやめます。

方法はただ引くだけです。

自分から連絡をする回数を減らし、元彼からの連絡をそっと見守りながら待ちます。

気付いた時点でこのように引けば、まだ間に合います。

しかし、追うのが癖になっていたらこれはちょっと難しいかもしれません。

あるいは追わないと不安になる人もいるかもしれません。

男性を追ってはダメです。

追われるようになれば、相手はもう二度とあなたを手放したくなくなります。

「元彼と永遠に一緒にいたい」と思ったら、まずは元彼に追われるようにしましょう。

「追われてるな」という目安は、元彼から「LINEなんでいつも未読スルーなの?」とか「なんで返事くれないの?」というような不満が出てきた時です。

今までとは立場が逆転するようになれば、大成功です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス・ホワイトデーのお返しは、少なくとも「良いきざし」と考えて!

占い師 姫乃
元彼からホワイトデーにお返しが来たら、少なくとも良いきざしに間違いナシ!

でもどんなに良いきざしでも、あなた自身が「良いこと」として受け取らないとだめよ。

「でも」「だって」は言わないように!

物事は考え方次第で、良くも悪くもなるわ。

あなたが今発信した「不安」は、近い将来に現実化する恐れがあるの。

だからこれから先、本気で幸運を招きたかったら、今から幸せでないとね。

復縁についても「自分がいい気分になれること」を選んでいくうちに、いつの間にか実現するはず。

元彼からホワイトデーもらったら、まずは心から喜んでね。

【期間限定・3月1日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事