つい思ってもないことを言ってしまう…!恋愛に素直になれない不器用な人の特徴
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

「彼に対してつい思ってもないことを言ってしまう」

これは特に恋愛に素直になれない不器用な人の特徴のひとつです。

素直な気持ちが言えたらどんなに楽かと悩んでいたら、恋愛に素直になれる方法についても解説しているのでさっそくチェックしてみてくださいね。

 

復縁メニューはこちら

思ってもないことを言ってしまうのはなぜ?恋愛に不器用な人の特徴とは?

共感能力に長けていて感情移入しやすく、相手の気持ちを考えすぎてしまう

つい思ってもないことを言ってしまうのは、共感能力に長けていて感情移入しやすい性格が特徴です。

感情移入しやすい人は、何かにつけ相手の気持ちを考えすぎてしまいます。

相手が本当にそう思っているかはわからないのに、なぜか自分の考えでそう思い込んだり判断してしまうのです。

その判断がプラスなものならまだしも、ほとんどがネガティブな思考です。

「絶対に怒ってる」

「たぶん私を嫌いになったに違いない」

「面倒な女と思っているだろうな」

その他にも「疲れただろうな」「眠いだろうな」「苦しいだろうな」など。

これらの思い込みは相手に対する優しさの現れですが、その裏には恐れも隠れています。

その恐れから自分のことはさておき相手に感情移入してしまうのですが、そこには弊害もあります。

「自分はなんて不器用なんだ」とつらくなるのは、自分の考えではなく感情移入による思い込みで対処しようとするからなのです。

 

過去に他人に裏切られた経験がトラウマになっていて、心から相手を信用できない

恋愛に不器用な人は、過去に男性から裏切られた経験がトラウマになっている場合があります。

そのため、どんなに好きになった相手でも心から信用できません。

心のどこかで相手を許容していない部分があるのですが、トラウマがあるとそれほどまでに自分を防御しようとする力が働くのです。

再び過去に味わった苦しくつらい思いはしたくありません。

それには完全に心を開くわけにはいかないのです。

決して不器用でいたいわけではないし改善を努めようとするのですが、事あるごとにトラウマがひょっこりと顔を出し、邪魔を仕掛けてくるのです。

これらの点が恋愛に素直になれない大きな原因です。

トラウマが解消できない限り、理想的な恋愛は経験できないでしょう。

 

本音を知られたら恥ずかしいし、特に彼氏には絶対に知られたくない

恋愛に不器用な人の内面は「本音を知られたくない」という思いでいっぱいです。

特に彼氏には「本当の本音」を知られたくありません。

言えないのではなく恥ずかしいから言いたくないのであって、表面上は偽りの自分を演じているのです。

自分を恥じる思考は、罪悪感につながっています。

罪悪感は本来の自分のエネルギーを落とすため、ますます本当の自分を出せなくなってしまうのです。

本当の自分ではないのに、どうやって自分らしさを出せるのでしょうか?

つい思ってもないことを言ってしまうのは、言っているのは自分でありながらその思考は自分ではないからです。

本音を知られた時、どうなるかといった想像力は働いていません。

ただそうなる前に防げることは防いでおきたい、そのことだけに必死なのですが、特に好きな人の前では絶対に自分を出したくないのです。

そんな自分を「恋愛下手かも」と思うようなら、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

 

決めつけや思い込みが多く、マニュアルやルールにのっとった行動しかできない

思ってもないことを言ってしまう人は、何かと決めつけてしまったり思い込みも多いです。

またマニュアルやルールにのっとった行動しかできないのも特徴です。

このタイプは好むと好まざるに関わらず縛りの世界の住人です。

縛られた不自由な世界の中でないと、逆に不安でたまらないのです。

決めつけや思い込み、ルールで縛ると、思いのほか安心でいられますが、それも次第に歪みが起きてきます。

人はそもそもルールで縛り付けた世界では息苦しさを感じるだけです。

しかし自ら課したルールやマニュアルは、さらに思い込みを激しくします。

それでも縛りを止めることができないのは、そうしてしまったら自分の中の指針がなくなってしまうからです。

本来人は自分の中の軸がしっかりしていれば外部から縛りは厄介なだけで、むしろ手かせ足かせ状態です。

不器用なのは、成長の伸びしろや無限の可能性があるからです。

ところがそこに気づけなければ、永遠に同じ場所にとどまることになるのです。

 

コミュ障な性質があり、人に対してどう対応していいのかわからない

コミュ障な性質がある人は、たいてい恋愛に素直になれないし不器用さもあらわです。

そもそも人に対してどう接していいかもわからないのですが、それが彼氏となったらもはやお手上げでしょう。

最初はそこそこ無難にコミュニケーションが取れていたとしても、ちょっとしたことで頓挫してしまうのです。

コミュ障の人の多くは自分から頓挫した壁を乗り越えようもしないし、積極的に動こうともしません。

積極的に問題解決しようと考えないのは、相手がどう思っているのかわからないと思考停止状態におちいってしまうためです。

そんな調子の彼女に、彼の方も何を考えているのかわからなくなるのは当然でしょう。

コミュ障の傾向の人は、たとえ恋愛関係がスタートしたとしても頻繁に問題が起きます。

一般的には「問題は解決するために起きるもの」と認知されていますが、コミュ障の人にとって問題はさらなる問題を引き寄せるので解決は非常に難しいのです。

 

常に冷静でいたいから、思っていることや感情を表に出したくない

恋愛に不器用な人の多くは常に冷静でいたいと考えるタイプで、いつも冷静でいるためには思っていることや感情を表に出さないことが必須です。

自分の感情をコントロールすることだけで、いっぱいいっぱいなのでしょう。

これは恋愛関係のもっと大事なことが抜け落ちている一例です。

言いたいことや思っていることを「言わないことを良し」とする女性は大変に多いのですが、これは「我慢は美徳」と同じこと。

「自分が我慢すれば伝わるかもしれないし」と期待している一面もあるでしょう。

また「言わなくてもわかってほしい」という心理がスタンダードな状態です。

しかしこれは相手との間に誤解が生じやすいです。

誤解は誤解を呼び、どうにもならない最悪な状況を招いてしまいます。

言葉で伝えるのは正直なところ難しい点もあるのですが、これは言い方次第で間違って伝わってしまうからです。

それならば言いたいことがあっても、言わない方が得策というもの。

そしてそれこそが恋愛に不器用になってしまう原因なのです。

 

「我ながら自分はプライドが高すぎるのでは?」と自覚している部分がある

プライドが高すぎる人は、つい思ってもないことを言ってしまう傾向があります。

そしてそれを自覚していても、簡単には治せないことにも気づいています。

プライドが高すぎる原因は、ひとえに自分を大きく見せたい点にあります。

つまり本当は自分に自信がないので、小さい自分を大きく見せたいためにプライドという鎧(よろい)で身を固めずにはいられないのです。

そういう人がもっとも恐れるのがプライドが傷つくこと。

プライドが傷ついてしまった時のことを考えたら、身震いするほどなのです。

プライドの高さは、恋愛関係にも影響を及ぼします。

彼と会話が噛み合わなかったり意見の相違が出ても、つい思ってもないことを言ってしまい、そのたびに後悔するのです。

しかし後悔したり「プライドが高いのかも」と自覚することがあっても、プライドを崩すことまでは考えていません。

また恋愛に素直になれない原因は自分ではなく「相手との相性が悪いから」と思っている人も多いです。

プライドの高い人は総じて頑固ですが、その頑固さがうまくいかない原因を外に見出すのです。

 

相手から否定されて傷つくことを極端に恐れている

恋愛に素直になれないばかりか不器用な人は、相手から否定されて傷つくことを極端に恐れるタイプです。

「傷つくくらいなら最初から全面的に相手を受け入れなければ良いこと」

本気でそう考えているのです。

自分の方から相手に踏み込まずに初めから距離をおきますが、そうすれば傷つく可能性は低くなるからです。

そんな風に傷つくのを恐れていても、実はいつでも相手から嫌われてもいいよう準備万端整えていることも多いです。

あるいは「いつ嫌われてしまうかヒヤヒヤしている」といった状況でしょう。

傷つくことを恐れる人は、別れる心配もしています。

きっと別れるだろう、きっと他にもっと好きな女性が現れる、自分が彼に好かれるとは思えない

このように相手から否定されて傷つきたくない人は、付き合い始めた頃から「恐れ」という防御線を張っているのです。

このようなタイプは自分らしくリラックスした恋愛を楽しむなど、どう頑張ってもできないでしょう。

 

思ってもいないことを言ってしまうと恋愛成就は難しい!その理由とは?

本当は甘えたいが彼の負担になりそうだし、上手な甘え方がわからない

思ってもいないことを言ってしまう人は、彼に素直に甘えることができません。

甘えたくてもついあれこれ考えるため、つい二の足を踏んでしまうのです。

たとえば

・甘えたら相手の負担になる
・上手に甘える方法を知らない
・人に甘えるのは性格的に無理
・冷たくされたら後悔する

このように彼に甘えることに対し意固地なほどに否定的なために、何かとギクシャクしてしまうのです。

さらにギクシャクを埋めようとして、つい思ってもないことを言ってしまうのです。

恋愛関係をより向上させたいと思っていても、素直に彼に甘えられなければそううまくはいきません。

 

思っていることがうまく言えないため、相手に真意が伝わらずに誤解されることが多い

恋愛関係に立ち塞がる壁が、思っていることがうまく言えないことです。

彼に真意が伝わらないために誤解されることも多いし「何を考えているのかわからない」と呆れられることも出てきます。

そんなことがたびたび起きるようなら、彼にも愛想を尽かされるのは時間の問題でしょう。

恋愛関係において、思っていることをきちんと相手に伝えることは基本中の基本です。

しかし恋愛関係に障害が起きるカップルの多くが「相手にうまく伝わらない問題」を抱えているのが現実です。

中には思っていることをもれなく相手に言う人もいるのですが、問題なのはその言い方です。

感情的になったりあまりにも良くない態度なら、ここでも誤解を招いてしまいます。

またなんとかして無理にでも話そうとする時も、思ってもいないことが口をついて出てしまいます。

つまり好きな彼に対して思っていることがうまく言えないのは、自分らしさを失っている時なのです。

一方で、lineやメールもなかなか難しいものがあります。

言いたいことを文字にしてネットで送信した場合、よほど注意しないと相手に冷たい印象を与えてしまうからです。

それを避けるためには絵文字やスタンプを利用すれば良いのですが、これも使いすぎれば逆効果です。

これらのことから彼氏に真意を伝える場合、多少誤解を生む可能性もあることを想定しておくべきでしょう。

 

「いい人そうに見えて本音が見えてこない」「何を考えているかわからない」と思われがち

思ってもいないことを言ってしまうと恋愛成就が難しいのは、いい人そうに見えて本音が見えてこないからです。

また相手から「何を考えているかわからない」と思われがちな点も影響しています。

そういうタイプはたいてい性格に二面性があって、表面上ではうまく取りつくろうのです。

しかし時折見せる裏の顔は驚くほど別人で、それがさらに極端な場合、表と裏の顔が正反対です。

恋愛関係へと踏み込んだとたん突然本音を出すため、別人のように思えるでしょう。

つまり相手が抱いていたイメージは、単にその人の表面上の幻想に過ぎなかったのです。

相手からは「こんな人とは思わなかった」と敬遠されたり距離を置かれるので、恋愛関係もうまくいきません。

理想的な恋愛関係を望んでいてもこのように二面性のある性格の場合、相当ネックになると言わざるを得ないのです。

 

基本的にネガティブな発言多し。相手が困ってしまうことが多ければ関係性も発展しない

思ってもないことを言ってしまう人は、基本的にネガティブな発言が多いです。

思考そのものがネガティブなので相手も反応に困ってしまうのですが、スピリチュアル的に見ればネガティブは停滞や後退を表すので、関係性が発展しないのは当然なのです。

人は誰でも好きな人と良い関係を築きたいと思うものですが、それが恋愛関係の最たる理想型だからです。

一緒にいる時も離れている時も、お互いに相手に大満足している。

それこそが出会えて良かったと思える感情です。

一方で思ってもないことを言ってしまう人は、ネガティブさが災いして関係性の進展を滞らせます。

内面ではポジティブでいたいのですが、しかし口をついて出てくるのはネガティブな言葉なので自分でも驚くことも。

このように内面は白の状態なのになぜか黒へと反転するのが、思ってもないようなことを言ってしまう人です。

これでは相手が困るのは目に見えるし、関係性も発展しないどころか後退するばかりでしょう。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

思ってもいないことを言ってしまう人は恋愛以外でも障害が!よくある失敗談

「めんどくさい人」という印象で受け取られてしまうことも多い

思ってもないことを言ってしまう人は、めんどくさい人をいう印象で受け取られることも多いです。

実際どんなことが起きたのか、何人かの女性に尋ねてみました。

・「バカにされないようにと頑張ったつもりが、相手は見下されると思ったみたい」
・「職場でみんなに嫌われる覚悟で言わないといけないこと言ってたら、SNSで私の悪口を書いていたことがわかってすごいショックだった。
・「せめて彼氏の前では本音を出そうと少しだけわがままや愚痴を言ってみたら、見事に振られた」
・「普段おとなしい方なんだけど突然ムカついたことがあってキレたら、友達に「どうした?らしくないやん!」と言われたことにめちゃくちゃ腹が立った」

 

周りの人とケンカになったり、険悪なムードになってしまうことが多々ある

思ってもないことを言ってしまう人は、周りの人とケンカになったり、険悪なムードになることも多々あります。

具体的にどんな状況になったのか、代表的なケースをみていきましょう。

・「心にもないことを言っているといつかはバレる。私は次々友人をなくしたしその中の1人には「悪い性格が顔に出てる」とまで言われてしまった」
・「私の妹は外面がいいタイプ。 もう慣れてはいたけど、私に対してだけあまりにも身勝手だから信用できなくなった」
・「私の場合は親の過干渉から判断力がまるでないのを自覚してる。それでいて周りの反応もすごく気になるからもう自分が潰れていきそう」
・「本心を言わずに嫌われまいとする言動は信用されていない気がして不快、と元カレから言われたことがある」
・「相手の沈黙が怖いので、そうならないようつい喜びそうなことばかり言ってしまいます」

 

自分に素直になれない人の多くはいい子を演じるのが習慣になっていて、つい思ってもないことを言ってしまう

つい思ってもないことを言ってしまう人は、たいてい自分に素直になれずにいい子を演じています。

いくつかのケースを紹介します。

・「私の場合、何もかもが順風満帆で彼氏も仕事うまくいってる。でもうまくいけばいくほど、自分の心が違う!って叫んでる。これがいつまで続くのかを考えると本当に怖い」
・「いつもできる子のフリをしてしまうのは、人の期待を裏切ることができないから。全力投球ばかりで疲れます」
・「親の再婚がきっかけで思ってもないことを言ってしまうように。親からは何を言ってもワガママと聞く耳を持ってもらえなかったし、お前のためだから感謝しろとまで言われた」
・「私は自分がHSP(ハイリーセンシティブパーソン)だったことがわかった。正直生きづらい」
・「思ってもいないこと言っちゃう人って、無理して作ってる自分を演じてるからだよね」
・「必要以上に周りにどう思われているかを気にする癖があって、無理に相手を立てたりなど自分でも何やってんの?って思う」

 

思ってもないことは言わない!改善して恋愛上手になるには?

自分を信じることが何より重要。思ってもないことを言ってしまうのは不安な証拠だから

思ってもいないことを言わないためには、自分を信じることが何より重要です。

自分を信じられないのは不安な証拠ですから、自分を信じさえすれば自ずと思ったことが言えるようになるのです。

また「思ったことを言えるようになりたい」と心から決めることも大切です。

自分を信じられるようになることも思ったことが言えるようになることも、どちらも「そうなる!」と決心してください。

決心できれば、自分の言動に責任を持つことができます。

自分の言動に責任を持つと何が起きると思いますか?

まず不安がなくなります。

するともう2度と思ってもないことを言えなくなるのです。

さらに「思ってもないことを言うのは苦しくつらいことだった」と振り返ることができるでしょう。

完全に改善するまでには多少時間がかかるかもしれません。

しかしここまで来ればもう改善したも同然ですから、変化はわずかでも一歩ずつ前に進めるはずです。

 

相手がどう思っているかを深読みせず、自分に気持ちを向ける

恋愛上手になるには相手がどう思っているかを深読みするのはやめ、自分に気持ちを向けてください。

それまで相手に向けていた思いを全て自分に向けるのです。

では具体的にどうやればいいのでしょうか。

放っておけば今まで通りに相手がどう思っているかだけに気持ちを向けてしまいますから、そうなったらまずはそういう自分を認めてください。

改善すべき点を教えてくれているのが自分の中の潜在意識ですから、内側の意識に向け「教えてくれてありがとう」と感謝します。

すると、それまであれほど気になっていた相手に対する深読みがなぜかできなくなっているのに気づきます。

ここからがスタートです。

「自分はどう思うのか」を自分に聞いてみます。

聞くと言うよりも、感じとってみてください。

潜在意識はちゃんとその答えを返してくれますが、これが潜在意識との連携が取れた状態です。

潜在意識と連携が取れるようになると、さまざまな情報を「直感」という形で提供してくれます。

そのたびに「ありがとう」と感謝してください。

あなたは永遠に信頼できる相手を見つけられたのです。

それが「自分」なのです。

 

人の話をよく聞くこと。お互いに誤解を生まないしより良いコミュニケーションが図れる

思ってもいないことを言わないようにするには、人の話をよく聞くことが重要です。

誤解を生まないようにしたりより良いコミニュケーションを図るには、自分を変えるしかありません。

なぜなら思ってもいないことを言ってしまう時、人の言うことを話半分で聞いている可能性があるからです。

この点も改善できれば、少なくともこれ以上相手との関係性を落とすことはないでしょう。

もし「彼に嫌われたくない」という思いが強ければ、その観念を変えるのは難しいです。

しかし「自分らしくいられないのはもうコリゴリ」というなら、頑張って自分を変えましょう。

人は誰であれ、素直な自分でいられないのは苦痛に感じるものです。

苦痛は手放さなければなりません。

苦痛は当たり前ではないのです。

「嫌われてもいい」と思うくらいでちょうど良いです。

それくらいで嫌われるようなら、相手は本当のあなたを見ていないし「見たくもない」と思っているのです。

相手のその意識は2人の間に大きな壁として立ち塞がっていますが、その壁は相手が越えてくれるだろうと期待してはいけません。

あなた自身が登らなければ越えられないのです。

 

たまには人を頼ることを考え、自分の力だけで頑張りすぎない

たまには人を頼ることを考えましょう。

重要なのは、自分の力だけで頑張りすぎないことです。

恋愛に素直になれないのは、傷つくことが怖いからです。

傷つく恐怖がある人の多くが恋愛に問題が起きるのは必然なのです。

傷つくのが怖いなら、自分のパワー不足を認識しなければなりません。

パワー不足なのに、頑張ろうとするから問題が起きるのです。

どうしたらいいかわからない時こそ、自分に素直になってみましょう。

しかし頑張りすぎてる人はなかなか素直になれないのが現実です。

解決策としてつい思ってもないことを言ってしまう時、しゃべりすぎないこともひとつの方法です。

特に相手の沈黙が怖い人は、自分からペラペラとしゃべりすぎないよう注意が必要です。

なぜならそういう時こそ思ってもないことを言ってしまうからです。

沈黙を恐れないでください。

相手が何もしゃべってくれなかったり笑顔でいてくれないとしても、心配する必要などこれっぽっちもありません。

人の顔色をうかがうことを止めれば、もっと楽になるはずです。

 

気づいた時だけでも良いので「ありがとう」と「ごめんなさい」だけは素直に言えるようにしておく

「ありがとう」「ごめんなさい」だけは言えるよう心がけていれば、やがて恋愛にも反映されるようになるでしょう。

気づいた時だけで大丈夫です。

まずは今までの習慣や癖を外す必要がありますが、長い間にわたって刷り込まれた習慣を外すのは並大抵ではありません。

もし最初から大改善を図ろうとしても、たいていうまくいかないので無理は禁物です。

改善するつもりが、また元の木阿弥ならまだ良いのです。

「うまくいかなかった」と後悔するとそれが罪悪感となって、さらに状況を困難にさせてしまうのです。

でももしそうなってしまってもあきらめないでください。

引き続き、ことあるごとに「ありがとう」や「ごめんなさい」を言えるようにしましょう。

注意すべきは相手に「ごめんなさい」と言ったあと、言い訳ををしないこと。

言い訳は、罪悪感の現れです。

そうなると再び思ってもないことを言うきっかけとなってしまうのです。

なので「言い訳はNG」と覚えておいてください。

ドライなくらいに「ごめんなさい」と言うだけで十分です。

 

好きな人が思ってもないことを言うタイプだったらどう接する?

思ってもいないことを言っているようでも誤解かもしれない。いきなり相手に詰め寄らないこと

好きな人が思ってもいないことを言っているようでも、それは誤解かもしれません。

なので感情的なって、いきなり相手に詰め寄らないことが大事です。

相手は何も考えていないのかもしれません。

また言い争いから最悪な雰囲気になってしまった場合、こちらの言い分に煽られた結果、思ってもいないことを口走ってきた可能性もあります。

口は災いの元です。

単純なひと言でも十分に相手を傷つけることもあるし、致命的な別れにつながることもあるのです。

もし相手がいつも思ってもいないようなことを言うタイプなら、その言葉に反応しないこと。

2人の関係を左右するのは、相手の言葉に自分がどう反応するかにかかっているのです。

もし激しく反応して言い争いになっても、結局は何も解決しないでしょう。

それどころかお互いに誤解したまま別れることになるはずです。

 

どんな状況でもお互いの信頼関係だけはキープし、明るく振る舞うことだけは忘れないで

どんな状況下であっても、お互いの信頼関係だけはキープしてください。

そして何より忘れて欲しくないのが、明るく振る舞うことです。

ポジティブな意識とネガティブな意識は同居できません。

明るく振る舞っていながら、同時に苦しみを味わうことはできないのです。

それを習慣づければ、自然と相手もそれに同調するようになるはずです。

お互いに明るく振る舞っていれば、不安や心配事も自然に消えていくことでしょう。

もし何か問題が起きても相手が普段通り平然としていたり穏やかな表情なら「別に大したことじゃないな」と思えるものです。

信頼関係はそんなささいなことからもキープできるのですが、これこそがお互いに支え合える理想的なパートナーシップと言えます。

 

相手に納得いかないことや黙っていられないことがあっても、むやみに周りに話さないこと

相手に対し納得いかないことや黙っていられないことがあっても、むやみに周りに離さないようにしましょう。

話すことで楽になれる場合もありますが、話を聞かされる方にとっては愚痴や不満でしかありません。

同じような経験がある人なら少しは共感してもらえるかもしれませんが、あまり理解してもらえないと思っていた方がいいです。

なぜなら多くの場合、感情的になっているために説得力に欠けるからです。

どんなに納得がいかなくても、それを周りの人に言ったところで自分の思った通りに伝わることはないのです。

ひとつの原因として、話を聴く側に関心がないことが挙げられます。

こちらが熱を上げて話せば話すほど、相手の関心は薄れる傾向にあります。

一方で話を聴く側にとって関心の高いトピックなら、向こうから「それで?」と矢継ぎばやに質問してくるでしょう。

また人によっては陰口を歓迎しない場合もあります。

陰口を言う人は誰彼と糸目を付けず、相手を変えながら陰口を言う癖があります。

つまり「この人、陰で私のこともきっと悪く言っているに違いにない」と思われる可能性があるのです。

陰口を繰り返していれば、最終的には誰からも信頼されなくなることでしょう。

そうならないためにも、周りに話したくなってもグッとこらえることが必要なのです。

 

時には相手を褒めることが大切なのは、褒められることで自信を取り戻すから

時には相手を褒めてみてください。

思ってもないことを言ってしまうのは、自分に自信が持てないからです。

おそらく小さい頃から「いい子」で育ってきたのでしょう。

しかし「いい子」とは、自分軸ではなく完全に他人軸です。

他人とは親のことです。

親から見た「いい子」とはおよそ自分らしくない自分で、まるで絵に描いた餅なのです。

単に親の理想であって、本来あるべき姿ではありません。

しかしそのまま大人になってしまった今となっては、何かと問題も多いはず。

あらゆる問題は自ら引き寄せるのですが、なぜそうなるのは本人も謎でしょう。

実は自信のない人は磁石のように問題を引き寄せるのです。

周囲の人たちをよく観察してみてください。

たびたびミスしたり考えられない失敗をする人はみな、自分に自信のない人ばかりです。

つまり「自信の欠如=問題を起こす源」なのです。

自信を取り戻したくても本人だけの力では難しいので、周囲の人から褒めてもらえることがマストなのです。

人から褒めてもらえて初めて、自らの存在価値を認めることができるのです。

そうなれば、もう思ってもないことを言ってくることはなくなるでしょう。

 

相手が何を言ったかに注目しすぎない。あくまでも行動を重視しよう

好きな人が思ってもないことを言ってきても、それに注目しすぎないよう注意してみてください。

あくまで相手の行動を重視すれば、それほど気にならなくなるはずです。

なぜ注目しすぎてはいけないのでしょうか?

それは注目することでそこにパワーを与えてしまうからです。

あえて見過ごすことができる人は、パワーを与えません。

だから何を言われててもあまり気にならないのです。

一方で言われたことをグッと捕まえてしまう人は、相手の言葉にパワーを与えてしまいます。

つまり本来のパワーをより強化させてしまうのです。

こうなると相手が何を言ったかよりも「自分の受け取り方に問題がある」となってしまうのです。

人に言われたことに強いパワーを与えるのは、実は自分なのです。

では相手の言葉にパワーを与えないようにするには、どう受け取ればいいのでしょうか?

重要なのは、以下の4点です。

相手の話を真に受けないこと

相手の話を真に受けず、スルーするスキルを学びましょう。

状況次第ではジョーク交じりにスルーしても良いのです。

「この人が本当に言いたいことは何だろう?」と第三者目線になる

言いたいことがわからない時は、第三者目線になってみてください。

その時に会話の結論を出さなくてもいいし、多少話をはぐらかしたりうまくすり替えることも考えて。

「心ない言葉を言う人ほど弱いやつ」と思うこと

パワハラやモラハラっぽい言葉で無意識に傷つけようとするのは、弱い証拠です。

心ない言葉と感じたら「弱い人」と思えば、波立った心も落ち着きます。

反論せずにとりあえず話を聞くこと

とりあえず反論せずに最後まで話を聞いてみてください。

それが最も話を早く終わらせる方法です。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「思ってもないことを言うのは損!恋愛はありのままの自分を認め素直になろう」

占い師 姫乃

思ってもいないことを言うのは実に損なのよね。

とは言え、ありのままの自分を認めるのはちょっと難しいかもしれない。

なぜなら長いことそうやってきちゃったから。

でも「そんな自分が嫌だ!」と思えるなら、少しずつでも素直になれるはず。

自分を変えられれば状況はどんどん良くなるから、まずはそこから始めましょ!

 

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事