社会人と学生カップルは別れやすい?長続きするカップルがしている危機対策&復縁ステップ
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「社会人と学生カップルって別れやすい」って聞いたことはありますか?

確かに学生にとって社会人は、未知の世界の人たちです。

相手が社会人ではなく、自分と同じ学生ならきっともっと相手をよく理解できるかもしれない、と感じているかもしれません。

そこであなたと彼氏がもし社会人と学生カップルに該当するなら、ぜひこの記事に目を通してみてください。

この記事を読めば、社会人と学生カップルは別れやすい?という不安が解消するだけでなく、長続きするカップルがしている危機対策&別れた場合の復縁ステップまで明らかになります。

社会人と学生カップルが別れてしまう原因ともなる「これだけはしてはいけないNG言動」は、必読です。

ではさっそく一緒に見ていきましょう。

復縁メニューはこちら

忙しさや金銭感覚の違い…社会人と学生カップルによくある別れの理由

収入に大きな開きがあるため、平等の関係を保ちにくい

社会人と学生には収入に大きな開きがあります。

あまりにも収入に格差があると、金銭感覚の違いなどから平等の関係を保ちにくくなるため、別れる原因になることがあります。

社会人であればそれ相応の収入が見込めます。

「生活していくため」というのはもちろん、趣味や娯楽のために仕事をする人も多いはずです。

このように仕事をして収入につなげるのは、何より「目的があるため」です。

しかし学生ともなると、事情が変わってきます。

学生にとって、一番の目的が「学問」です。

一般的に学問とは、それなりに費用がかかるものです。

ところが学生たちのほとんどは、収入を見込める手段がありません。

潤沢に親の支援を受けられるなら無収入でも問題ありませんが、親の援助が無かったり自活している学生の場合は、アルバイトが唯一の収入手段です。

とは言え、学生にとっては勉学が最も需要なタスクですから、アルバイトに費やせる時間も限られます。

このように社会人は収入につながる仕事を存分にできるのに比べ、学生は収入を大幅に増やせるような時間が取れません。

結果的に、収入に大きな開きが出てしまいます。

カップルのどちらかが極端に収入が多い場合、相手が引け目に感じるだけでなく双方が負担に感じてしまいます。

どんなに公平にしようとしても、結局は収入の多い側の負担が増えることには間違いありません。

カップルとしてのスタンスは「平等」であることが一つの理想です。

収入の格差で平等を感じられなくなった時、そこには「ストレス」が待ち受けています。

「不満」という現状を変えることができないストレスは、十分に別れる原因となってしまうでしょう。

スケジュールを合わせにくいために、すれ違いが起きてしまう

社会人と学生では一日の生活スケジュールも違えば、休日が違う場合もあります。

もしそのような二人がカップルなら、当然すれ違いが起きることも多いはずです。

デートの日を決める時も「いつなら空いてる?」という会話がスタンダードで、お互いのスケジュールが合わないと場合によってはデートが1ヶ月先になることも珍しくないかもしれません。

せっかくの休日も相手が休みでないと会うことすら許されず、結局一日をぼーっと過ごして終わってしまうことになります。

また学生は一般的に試験休みという長期休暇がありますが、これも社会人にとっては蚊帳の外に感じるものです。

有給を取る、という手もありますが、常に相手に合わせなければならないのがストレスになることも多いです。

さらに問題になのは、だいぶ先にスケジュールを入れた時に他の予定を入れにくくなるという点です。

予定は先約が優先されるものです。

しかしどうしても予定が合わないときは、別の予定を入れ替えなければならないことも出てきます。

これでは一体何のために付き合っているのかわかりません。

もちろん社会人同士、学生同士でもデートにはお互いのスケジュール調整は必要です。

しかし社会人と学生のカップルには、ややそのハードルが高くなってしまいます。

「社会人VS学生」根本的なスタンスの違いから相手を理解できなくなるため

社会人と学生カップルは、根本的なスタンスの違いから相手を理解できないと簡単に別れにつながってしまうことも多いです。

長続きしたりうまくいっている場合は、相手にあまり干渉しないか、相手に対して理解しようと努めているかのどちらかです。

想像にたやすいことですが社会人と学生では、環境や人間関係などあらゆる要素においてその違いが顕著です。

この「違い」を理解できないと、もし何か問題が起きた時に相手との衝突を避けられないことがあります。

特に違いを感じやすいのが「学生側」です。

人生経験が少ない学生にとって、社会人は未知の世界の人たちです。

アルバイトにしろ、パートにしろ、少しでも会社組織に加わったことがなければ、どんな状態なのか想像もつかないのです。

知らない世界だからこそ、相手の行動に納得できない部分も出てきます。

些細なことに誤解が生じたりするのは(本人は些細なことと思ってませんが)、こういう時です。

相手に対する誤解は、そのまま相手に対する信頼をも失ってしまいます。

信頼関係を失った二人に残された選択肢は「別れ」しかありません。

相手に合わせる「ストレス」から、関係が疲弊してしまうため

相手に合わせてばかりいるとストレスになってしまいます。

これは誰にでも経験あることですが、ストレスを我慢しているとお互いの関係が疲弊してしまい、いずれ別れることになるでしょう。

社会人と学生にはあらゆる違いがあることはお伝えした通りですが、ストレスになるのはこの違いに対して我慢を強いられる時です。

どちらかというと男性よりも女性に多いのが、我慢強いタイプです。

女性ならではの優しさから相手に合わせようとするため、そこから我慢が始まります。

我慢にも限界があります。

しかし「もう辛い」とか「苦しい」と言えば相手に伝わるものの、実際には黙ったままでただ機嫌が悪くなる女性も多いです。

この状態が続くと、お互いに大変なストレスとなってしまいます。

何かがきっかけで、大げんかへと発展してしまうのがこういう時です。

ケンカからの別れは、あっけないほど瞬足となって二人を襲うでしょう。

ピークは社会人1年目の夏前。社会人と学生カップルが別れやすいタイミング

転勤が決まるのが夏前。遠くなるとなかなか会えないため自然消滅しやすい

社会人と学生カップルが別れやすい時期が、転勤の時期です。

日本のみならずグローバルに事業展開している会社の場合、転勤話はついて回るものです。

転勤する時期的な目安は会社によって変わりますが、だいたい春先から夏になる少し前にかけてが多いです。

それまで会おうと思えばいつでも会えるほど近い存在だった相手と、遠く離れてしまいます。

もし海外駐在になった時、もう今までのように簡単に会うことはできません。

せいぜい半年に一度くらいでしょう。

転勤先が国内の場合でも、今までより物理的に相手と離れてしまうのは確かです。

デートしたいと思っても「遠距離」ということを考えると、どうしても「ちょっと億劫だな」と感じてしまいます。

どうしても会わなければならない用事がない限り、相手と疎遠になってしまうのは否めません。

このように社会人と学生のカップルにとっての「転勤」は、別れやすくなる原因の一つです。

男性にとって仕事は恋愛より大事。会社に慣れて余裕が出てくる夏前くらいが仕事への意欲が高まる時

多くの男性たちにとって仕事は「恋愛よりも大事」と考えます。

女性にとってはあまり嬉しくない事実ですが、男性が10人いたら8人は「その通り」と答えるでしょう。

もし入社一年目の場合、社内の雰囲気に慣れて気持ちに余裕が出てくるのが、だいたい夏前くらいです。

この頃、彼女が学生なら特に別れやすくなる時期です。

仕事にはまだ余裕を見せられないかもしれませんが、会社通勤にも慣れて仕事への意欲も湧いてきます。

社会人男性にとって大事な仕事であればあるほど、そこに全エネルギーを注ぎたいと思っています。

そのようなスタンスでいる男性にとって、学生はまるでぬるま湯に浸かっているようにしか見えません。

過去に試験や卒論の大変さを経験したことがあっても、社会人の大変さとは比べ物にならないと気付くのは、実際に社会に出てからです。

そこには「社会人としての責任」が伴いますが、ここだけでも学生と社会人とは大きなギャップがあります。

この違いを実感するようになるピークがだいたい夏前くらいで、彼女が学生なら一番別れやすくなる時期です。

会社の付き合いが増えるのが夏前頃。彼女のことをつい忘れてしまうため

社会人として切っても切り離せないのが「会社の付き合い」です。

夏前頃になると、会社の付き合いが俄然増えます。

一通りの業務を理解しつつ、全体の流れを把握できるようになるとまずは最初のゲートは突破したも同然です。

既存の社員たちにも認められるようになったり、顔馴染みになると必ず「飲み会」に誘われるようになります。

中には「毎週末は飲み会」はおろか、営業職の場合、毎日が接待になってしまう可能性があります。

こうなるとせっかくの週末の夜なのに、デートの予定を組み込むことはできません。

また休日も会社の用事でデートできないことも出てきます。

たとえば、会社の草野球チームに入ったり、趣味の同好会に参加するなど、休日にしかできないことを始めた場合です。

あとさき考えずに参加を決めた時、後で彼女と会える時間がなくなっていることに気づくものです。

ほとんど会えない現実を知るやいなや、彼女としてはお手上げ状態です。

これは、女性とは全く違う男性心理が影響しています。

男性たちの多くは、いくら彼女が好きでも常に優先順位を一位にはしません。

他に面白そうなことがあれば、そちらを優先します。

彼女としてみれば「私のこと嫌いなんだ」とつい思ってしまいますよね。

しかし実はそういうことではなく、男性が女性の気持ちを察することが苦手なためです。

彼女という立場でいる以上、何よりも自分を優先してほしいのですが、男性はそれを理解できないのです。

このように男女間の考え方には違いがあり、これが結果的に別れへと繋がってしまうのです。

オンオフをはっきりしたくなるのが夏前頃。のんびりしたい派の彼とデートしたい派の彼女とでいさかいが起きやすい

入社一年目、仕事時のオンと休日のオフとをはっきりと分けたくなる時期が、だいたい夏前頃です。

社会人としてスタートを切ったばかりの頃、何もかもが慣れぬことでとても疲れます。

緊張にさらされるようなことも多く、ストレスも溜まりがちに。

心身ともに仕事で疲れてしまうと、休日は家でのんびりしたい男性が多いかもしれません。

休日もしっかりアクティブに遊びまわりたい男性なら、彼女が学生の場合でも相手を退屈させないはずです。

女子学生にとっての休日は、あちこちにデートに出かけ彼氏とおいしいものを食べたり、楽しく過ごすことがリフレッシュにつながります。

しかしもし彼氏がグッタリと疲れていて「家にいたい」というのなら、それに従うしかありません。

ここで学生VS社会人のギャップが現れます。

のんびりしたい派と、デートに行きたい派が、とても共存できるとはいえませんし、この先良好な関係も危ぶまれるというものです。

「なんで休日なのに出かけないの?」

「疲れてたって、一日家にいて終わりじゃいや」

と、こんなふうにケンカ腰に言ってしまったら、彼の怒りを買ってしまいそうです。

またこのような休日が続いたら、いずれ激しいいさかいに発展するのは避けられないでしょう。

仕事で忙しくなった彼が彼女にかまえなくなってしまうため

社会人と学生カップルが別れやすいタイミングとして「彼の仕事が急に忙しくなった場合」が挙げられます。

それまでほとんど社会人としての経験がないと、いつどんな時に忙しくなるかなど予想がつかないものです。

また慣れない仕事に時間がかかってしまい、焦りを感じることがあったり、適性にあった部署に「急遽異動」ということも考えられます。

やっと慣れたところなのに、新たな環境に慣れるまでにまた少し時間がかかるかもしれません。

いずれにしても仕事が忙しくなってしまうと、彼女のことをかまえなくなってしまうのが現実です。

あまりにも疲れてしまって、彼女からのLINEを読んでも返信できぬまま寝てしまうこともあるかもしれません。

彼氏の疲労状態が理解できていないと、彼女の口から出るのは「彼に対する不満だけ」です。

このような状況が続くと一体なんのために付き合っているかが分からなくなり、いずれ別れることになります。

気になる女子ができる可能性大。新しい人間関係が築かれる社会人一年目

新たな環境で社会人としてスタートを切った時、気になる女子ができる可能性があります。

とは言え男女関係なく彼にとっては新たな人間関係が築かれるので、ワクワクするような毎日でしょう。

しかし、もし彼がイケメンでちょっと目立つようなタイプだったら、何人かの女子たちにアプローチをかけられることが考えられます。

「彼女がいる」と公言していても、果敢に近寄ってくる女性はどこにでもいるものなのです。

彼女としては、かなり気がかりなことでしょう。

彼が分別のつく大人なら、それほど心配は要りません。

心配しすぎると「うざい」と思われ、逆に距離を置かれることになってしまいますからご注意を。

一般的な男性の多くは、女性にちやほやされると悪い気はしません。

自分が認められているような気がして、仕事に行くのが楽しみになることでしょう。

この後に考えられることが「彼が浮気という道を選んでしまうかもしれない」ということです。

もし浮気の事実が判明したら彼がどんな言い訳をしても、すぐに別れることになるでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れの危機は事前に回避せよ!長続きする社会人と学生カップルがしている対策

相手の状況を理解し、相手の立場になって考える

長続きする社会人と学生カップルは、いつも相手の立場になって考えるようにしています。

相手に対して何か不満を感じた時は、相手の状況を理解しようと努めたり「わざと困らせようとしているわけではない」と自分に言い聞かせることを習慣にしています。

もし相手のことを非難したくなったり怒りの感情が起きた時、どうやって自分の思い込みを変えようかと考えます。

たとえ相手に理解できない部分があっても、怒りを持ち続け相手を責めることはしません。

そういう時こそ「相手とは考え方が違うのだ」と考えれば気分を落ち着くのを知っているのです。

こうすれば二人の関係にヒビが入ることは無いし、無駄に喧嘩することもありません。

危機的状況も未然に防ぐことができます。

思い通りに付き合えなくても、相手を変えようとしない

長続きする社会人と学生カップルは、自分の思い通りに相手と付き合うことができなくても「まぁしょうがないか」とか「会えなくても大丈夫」と考えます。

「これで終わりじゃないし、もう会えないわけでもないし」というように決して相手を変えようとしないし、会えないことを相手のせいにしません。

いたって前向きであきらめも早いのは、いつまでもそれにしばられてつまらない思いをしたくないからです。

普通なら楽しみにしていたデートをドタキャンされたら、誰でもイヤな気持ちになるものです。

人によっては未練タラタラでいつまでも相手に文句を言ってしまうかもしれませんが、相手はあなたに会いたくないからキャンセルしたのではありません。

ですから、いくら相手のことが気にいらないからと文句を言ってしまうと、自分だけでなく相手もイヤな気分にさせてしまいます。

この状態が何度もあれば、カップルとして長続きするわけがないのです。

デートの予定をすぐにリスケしない。約束が守れない時はその後のフォローもしっかりする

とは言っても、長続きする社会人と学生カップルは、デートの予定をすぐにリスケしません。

デートの予定を変えずにいることは、最も二人の関係に重要と考えています。

リスケしなければならないシチュエーションが多いのはどちらかと言えば社会人の方ですが、やむなくリスケする時は「必ずこの埋め合わせはするから」と謝り、別の日を提案しデートを完結させます。

それくらい約束事には慎重で、必ずしっかりとフォローを行います。

なぜなら約束を簡単に破ってしまうと、あれよあれよと言う間に信頼関係が崩れてしまうためです。

一度崩れた信頼関係を取り戻すのは、とても大変なことです。

なぜならその先には「別れ」があるからで、別れに伴って必ず面倒ないざこざが起きると分かっているからです。

付き合いを長続きさせるには、このようなところに神経を張り巡らせるのも一つの秘策です。

なかなか会えない時こそ、一人の時間を大切にする

長続きする社会人と学生カップルは、一人の時間を大切にする傾向があります。

社会人は仕事、学生は勉強することが、それぞれに課せられた大事なミッションです。

1ヶ月単位で見たら、ミッションに費やす時間の方が圧倒的に多いはずです。

デートはその合間を縫って、ということになるでしょう。

ミッションとデートに忙しい二人だからこそ、一人になれる時間を大切にします。

帰宅後のお風呂タイム、寝る前の読書、好きな音楽を聴いたり、映画を観たり。

このように一人で過ごす時間を楽しみ、心からのリフレッシュを堪能します。

これが心の栄養となり、さらに人としての魅力が増すのです。

相手と会える日がさらに待ち遠しくなるでしょう。

一人にならなければ、相手と会える楽しみを感じることは無いのです。

相手に不満があっても感情的にならず、冷静に話し合う

長続きする社会人と学生カップルは、たとえどんなに相手に不満があっても感情的になることがありません。

相手に対して怒りが爆発しそうだからこそ、冷静に話しあおうと努力します。

もし少しでも感情的になろうものなら、お互いに傷つけ合う結果となるのが目に見えます。

最悪別れるようなことにもなりかねません。

負の感情の爆発とは、それほどまでに強力なパワーを持つものです。

冷静に対応できるカップルは、負の感情が湧いてきたらいったん相手と距離を置こうとします。

そうして、自分の中の弱さとか不安がよりいっそう掻き立てられないようにするのです。

少し時間が経てば、激しく気持ちを揺り動かしていた感情から解放され、冷静な気持ちに戻ることができます。

冷静にならない限り相手とは理解を深められないばかりか、決定的なダメージとなることを知っているのです。

相手との違いをネガティブにとらえずに、お互いの立場の違いを楽しむ

社会人と学生のカップルが長続きする場合、相手との違いをネガティブにとらえない点が大きなポイントです。

お互いの違いをポジティブに考えることはもちろん、立場の違いを楽しもうとします。

誰もが想像する通り、社会人と学生とではあらゆる面でかなりの違いがあります。

収入、生活、人間関係、責任 etc…。

こう考えると、むしろ違うところだらけかもしれません。

このような「違い」が、スムーズな恋愛関係のネックになることもあります。

もし「違い」をネガティブにとらえてしまうと、ますますネガティブなことばかりに囲まれてしまいます。

しかし長続きさせることができるカップルは、お互いの違いをネガティブにとらえることは誓ってもしません。

これは損得で考えているのではなく、相手を尊重しているからこそなのです。

お互いに相手を尊重することができれば、自ずとその関係は長く続きます。

別れを早めるかも…長続きしたい社会人と学生カップルでしてはいけないNG言動

「あなたも早く社会人になれるといいね」上から目線な態度

気づかぬうちに相手を見下してしまう「上から目線な態度」は、別れを早めてしまう可能性があります。

特に社会人は学生を見下してしまいがちです。

「勉強しなくて楽だ〜」と言うのは本音たっぷりで、これはまだいいとしても「あなたも早く社会人になれるといいね」というセリフはあまりいい感じがしません。

これから社会人になろうとする学生たちにとって「??」でしかなく、ただ困るだけでしょう。

現代社会は多様性に富んでいる上、人それぞれに歩む道は違います。

今、学生だとしても社会に出る時、誰もが羨むような道を歩む可能性もあるのです。

いくら先に社会人になったとしても、社会人が特別偉いわけではありません。

しかし分かってはいても、つい「上から目線」になってしまうこともあります。

もし気づいた時は、すぐに「自分は今、謙虚かどうか?」と確認するようにしてください。

「安かろう悪かろうだよね」学生の相手から奢ってもらった時、必ず不満を口にする

長続きしたい社会人と学生カップルを目指していたら、できる限りしてはいけないのが「不満を口にする」ということです。

社会人と学生では収入もお金の使い方も違いますが、学生はそのことに対して多少引け目に感じているものです。

たまには学生の相手から奢ってもらうようなシチュエーションもあるでしょう。

その時、決して相手をけなすつもりではなくても、無意識に不満が出ることもあります。

最も言ってはいけないのが「やっぱり値段が値段だしね」とか「安かろう悪かろうだよね」のようなことです。

言ってしまってから相手の反応に「しまった」と思っても後の祭りです。

「もう二度と奢るもんか」と思われるか、相手に失望するだけでしょう。

このようなことが何度もあればお互いに不満がつのり、いつかは別れてしまいます。

「試験休みとかいいなぁ、自分ももっと休みたい」相手の気持ちを無視した態度

社会人が学生との付き合いの中で別れを早めてしまうような態度として、相手の気持ちを無視したり、自分と比べて嫉妬することが挙げられます。

例えば大変だった試験が終わった時、そのことには一切触れずただ「試験休みいいなぁ」などと言ってしまうこと。

「自分ももっと休みたい」とつぶやかれても、学生の相手はいい気分はしません。

確かに試験休みはたいていが長い休暇ですから、羨ましいのは仕方がありません。

しかし試験休みは、その前提として「試験」があります。

試験にパスして単位を取るために、死に物狂いで勉強したかもしれないのです。

そのことはさておき休みだけに焦点を合わせてしまうと、相手はドン引きしてしまうでしょう。

学生には学生の大変さがあります。

まずはそこを認めてあげることが大切です。

職種にもよりますが、多くの社会人は「有給」というシステムがあります。

また学生よりは休暇を自由に取れる場合が多いです。

それに比べ学生は、試験休みに「バイト」という仕事で収入を得なければなりません。

ですから一概に「試験休み」と言っても手放しで喜べないし、決して羨ましがられるものでもないのです。

ここを理解できないと、相手の心はどんどん離れてしまいます。

カギは「相手を思いやること」。社会人と学生カップルの復縁ステップ

ケンカ後の修復したいなら、まずは素直に謝ることが最優先

社会人と学生カップルが復縁するために、まずは相手に素直に謝ることを最優先に実行します。

ケンカ後は特に「先に謝った方が勝ち」です。

お互いの意見がぶつかることで起きるケンカは、どんなに自分が正しいと思っていても感情を爆発させた時点でどちらもアウトです。

冷静に話し合えないなら「どちらも正しくないし間違っている状態」なのです。

この状態から二人の関係を修復する最も手取り早い方法が「先に謝る」ということです。

先に謝ることができた方が、より相手を思いやれる「大人」です。

過去を思い出してみてください。

もしケンカした後に相手に先に謝られたら、なんとなくバツが悪い経験をしたことがあるはずです。

ポイントは、謝罪の際の言い訳はNGということ。

謝る時、つい言い訳をしそうになりますが、簡単に「ごめん」だけで十分です。

ケンカしても「嫌いになったわけじゃなくて好きなことに変わりない」とはっきり告げる

社会人と学生カップルの復縁には、「嫌いになったわけじゃない」ということをはっきり告げておく必要があります。

激しく言い争ったりケンカしたあと、ある程度の時間が経てば誰でも冷静になれるものです。

「お互いに傷つけ合ってしまった。どうしたらいいんだろう?」という後悔は、冷静になれないと起きない感情です。

怒りや悲しみを爆発させるようなケンカの最中は、まるで相手から嫌われているような錯覚を起こします。

いとも簡単に別れてしまうのは、このように「嫌われたという錯覚」のしわざなのです。

関係修復には、まずは相手の「嫌われた」という思い込みを外さなければいけません。

「ケンカしちゃったけど、嫌いになったわけじゃない」

「好きなことに変わりない」

このように伝えるだけで相手の態度は180度変わり、一気に復縁へと突き進みます。

音信不通や既読スルーの場合、相手を追わずに距離をおくことが必須

音信不通や既読スルーは、それをされた側は精神的にかなりキツく感じるものですが、こういう時こそ相手を追ってはいけません。

とりあえず、落ち着きましょう。

今、できることは「相手との距離を置くこと」以外にありません。

いくら相手のことが気になっていても、距離を置かないことには解決は遠いままです。

実際に何をやればいいのでしょうか。

とりあえず一瞬でもいいので相手を忘れるように努めましょう。

でも相手の存在を頭の中から消し去ることは意外に難しいのが現実で、思い出したくない時ほど思い出してしまいます。

心理学的には、相手を忘れるためには逆に「とことん相手のことを考える」という方法もあります。

しかしこれは時間がかかるのが難点です。

最も早く忘れるためには、あなた自身「いい気分になる」ということです。

いい気分になれるのはどんなことでしょうか?

好きな音楽を聴くのが一番手っ取り早いかもしれません。

良い天気なら、屋外を歩き回って自然を楽しむ、なんていう方法もおすすめです。

好きな香りのアロマオイルを垂らしたバスタイムでリラックスする、というのも良さそうですね。

あなたの心の状態が良くなれば、不思議とそれは相手に伝わります。

あなたが変われば、相手も変わるのです。

彼が社会人なら「仕事が一番大事」ということを忘れない

もし彼が社会人であなたが学生なら「彼にとって一番大事なのが仕事」ということを忘れないようにしましょう。

「え〜?なんで私じゃないの?」

こんな風にガッカリする必要はありません。

なぜなら仕事と彼女とは、同一線上に並べて比較できないものだからです。

例えば、あなたがコーヒーが好きで、アイスクリームも好きだとします。

「じゃどちらが好き?」と聞かれたら、困ってしまいますよね。

どちらも好きだし、比較対象などできません。

「仕事と彼女」との関係も、これとほぼ同じことです。

つまりカテゴリーが違うので比べることはできないし、どちらも「一番」なのです。

とは言え「彼にとって最も大事なのが仕事」というのにはワケがあります。

仕事を大事にする理由は「彼女を幸せにしたいため」です。

ガッツリ稼いで彼女を喜ばせたい、と思っているのです。

これならもう「仕事と私、どっちが大事?」などと彼に聞くことはできないはずです。

意味もなく一方的に別れを告げられた時は、相手の迷いが落ち着くまで放っておく

意味もなく一方的に別れを告げられたとき、いったん相手を放っておきます。

一方的な別れの背景には「相手の迷い」が隠れています。

それを知りたくても、今は我慢してください。

気分は一気に地獄かもしれませんし、相手の迷いが落ち着くまでどれくらいかかるかわかりません。

しかし相手の態度によってあなたの気分が上げ下げするなら、そこはあなた自身を改善する余地があります。

相手が別れようと決めた原因を話してくれるなら、なんらかの解決方法を相手に提示できるかもしれません。

しかし原因を明かさない一方的な別れなら、あなたにできることは当面何も無いのです。

相手の迷いを早く落ち着かせるためには、この時、相手にすがったり、泣いたり、わめいたりしないことです。

冷静に別れを受け入れましょう。

この時点でかなり辛くても「あなたが別れを冷静に受け入れてくれたこと」は、彼の中でプラスの実績となっているのです。

このことを踏まえ、日々少しでも気分が楽になれるよう努めてください。

乗り越えられない問題はありません。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「危機的状況になっても別れずに済む方法はある。もし別れても復縁ステップを試してみて」

占い師 姫乃
社会人と学生カップルが他のカップルと違うのは「お互いをより理解しあうことが必要」という点よね。

公私共に忙しいと自分のことで精一杯だし、相手を思いやれる余裕もなくなってしまう。

実はこの傾向は女性より男性に多いの。

多くの男性たちは、二つのタスクを同時にこなすことを難しく感じてしまうのね。

だから優しくて広い心を兼ね備えた女性なら、彼にとって最高の彼女ってこと。

あなたはどうかしら?

もし彼と別れた後だったら、復縁ステップもぜひ試してみて。

あなたが本当の幸せをつかめるよう、いつも見守っています!

【期間限定・5月31日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事