復縁の返事待ち期間の目安は?返事を保留する元彼の心理&保留中に復縁成功率アップする方法  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

勇気を出して復縁の告白をしたものの「ちょっと考えさせて」と保留にされた時、あなたは心配で不安でいてもたってもいられないことでしょう。

「ごめん」と言われれば、まだあきらめがつくというものです。

でもなぜ保留にしたり、返事をしてくれないのでしょうか。

そんな時、あなたの悩みはこの記事を読めば解決します。

この記事では、復縁の返事待ち時間の目安、返事を保留にする元彼の心理と復縁成功率アップの方法について詳しくご紹介しています。

待っても返事が来ない場合の対処法と、返事待ちの時にしてはいけない言動は必読です。

あなたの不安をそのままにしておいてはいけません。

すぐに読み進めていけば、必ず解決の糸口が見えてきます。

復縁メニューはこちら

返事がないのはなぜ?復縁を保留している元カレの心理

保留にしたり返事がないのは復縁に迷いがあるから

元彼が復縁を保留にしている理由の一つに「復縁への迷い」があります。

迷いがあると、頭の中はその迷いで埋め尽くされてしまいます。

またそのような状態だと良い考えは何も浮かばず、ただいたずらに時間だけが過ぎてしまいます。

あなたは、元彼のこの「迷い」を理解できないでしょう。

いったい何を理由に迷っているのか知るよしもありません。

あなたはなんとかヨリを戻したくて「復縁したら、私頑張るから」と言いたいところでしょう。

しかし元彼は「頑張るって…何を?」と、素っ気ない振る舞いを見せるはずです。

なぜなら、元彼の考えは「そういうことではない」からです。

自分の迷いは、自分でしかコントロールできません。

元カノがどう頑張ろうとも、解決できない問題なのです。

あなたが何をしようとも、元カレはさらに迷い続けるでしょう。

出口が見つかるかどうかは、誰にもわかりません。

元カノが嫌いなわけではなく、恋愛そのものがめんどうに感じている

復縁を保留にする元カレは「別に元カノのことが嫌いというわけではない」と考えています。

元カノとしてはそのあたりが一番気になるところですが「嫌いじゃないならなぜ付き合えない?」と疑問に思うことでしょう。

実は元彼は「恋愛そのものがめんどうになっている」という可能性があります。

これは人付き合いが苦手なタイプの男性に多くみられる現象です。

人間関係全般に言えることなのですが、さらに濃い密度となるために「めんどう」と思ってしまうのが、男女の仲です。

付き合い始めた頃はお互いに新鮮な気持ちでいるため、もめ事やいさかいはほとんど見られません。

その内、どちらからともなく無意識に相手をコントロールしようとします。

自分の欲求や不満を遠慮なく相手にぶちまけるようになると、それまでうまくいってた恋愛関係にヒビが入ります。

お互いに「なんかヘンだな」という感じると同時に、すぐさま相手を理解できない苦しみに襲われます。

元カレが恋愛をめんどうに感じるのは、こういう部分です。

「元カノが嫌いなわけじゃない、でも何かが違うんだ」と考え、返事を保留にしたくなります。

もう完全に終わったと思っていたから驚いている

元彼が復縁を保留にしたり、連絡してこないのは「もう完全に終わった」と感じている場合です。

「さすがにもう復縁はないだろう」と元カレが思っていた矢先の復縁話で、その驚きはあなたの想像以上です。

このような心情なら、返事を保留にする気持ちも多少理解できるというものです。

この時元カノのことはほぼ吹っ切れているので、もうほとんど思い出すこともありません。

それどころか「早く忘れたい」と必死になっていた可能性もあります。

「それなのになんで?「俺は終わったと思ったのに、あいつはまだ終わってなかったんだ」と、元彼は動揺するばかりでしょう。

とりあえず復縁を保留にするしかなく、連絡を絶ってじっくり考えたいのです。

他に進展中の恋愛関係や気になっている女性がいる

元彼が復縁を保留にしなければならない時、他の女性との恋愛関係が進展している場合があります。

恋愛関係ではなくても他に気になっている女性や、好きになりつつある人がいる場合も考えられます。

復縁を考えているあなたとしては「うそ?!」と、信じがたいことです。

しかし可能性としてまったく無いことではありませんし、あなた自身も「そういう危険性はあるかも」と察知していたかもしれません。

こういう時でも前向きにとらえることが大切です。

二股ならまだしも、もうすでに別れているので、元カレは自由の身です。

好きな人ができてもなんらおかしくはないのですが、保留にするということは「元カノからの復縁に迷っている」からです。

でもどんな結論を出そうとも、その判断は元彼にゆだねられています。

元彼の保留期間が終わる時まで、ジッと待つしかないでしょう。

明快に答えたくない。曖昧なままにすれば何とかなると思っているから

返事がなかったり、復縁を保留する時の元彼は「それについては今は答えたくない」という心理状態でいます。

「曖昧なままでもきっとそのうちなんとかなるだろう」と気楽な気分でいます。

元彼の復縁に対する考えは、なんと「どっちでもいい」なのです!

今、手放しで復縁に乗ってしまったら「男としてのプライドが許さない」と感じているためで、多くの男性たちは何かとこのように「プライド」を引っ張り出す癖があります。

また考え方によっては、元カノから復縁話に少々調子に乗っている、という見方もできます。

男性の性格によっては「返事を待たせてヤキモキさせてやろう」などと意地悪く考えている場合もあります

返事をしない、とか保留にする心理は、このように「男のプライド」がかなり影響していて「どうしても復縁したい」という切羽詰まった思いでないことだけは確かです。

タイミングが悪い。今は考えてもみなかったから戸惑っている

 

元彼から復縁話の返事が来ない時「このタイミングで復縁話なの??」と戸惑っていることがあります。

これは、仕事や学業、あるいは遠距離などが原因か、元彼がすでに冷めてしまったことで別れた場合に多いです。

超多忙だったり、なかなか会えないシチュエーションだと、別れた後は早く相手のことを忘れようとするものです。

「早く忘れて自分を立て直したい」そう思うのは確実に愛に冷めてしまった元カレの方です。

そう思っているさなか、いきなり元カノから「復縁したい」と連絡が来た時、元カレは困惑するだけでしょう。

元カノとしてみれば「いきなり」というつもりはないかもしれません。

しかし元彼にとっては「タイミング悪すぎでしょ」と思います。

しかし「復縁したい」と連絡してしまったからには、もう後戻りできません。

困惑したままの元彼が結論を出せないまま、保留にしたり連絡が途絶えるのは、このような理由も考えられます。

復縁の返事待ちの期間はだいたいどれくらい?目安になるのは一ヶ月

当日返事をくれる人は「もうすでに心が決まっている」

復縁の返事を当日中にくれる人は「以前からもう答えが決まっている人」です。

早ければ「即決」です。

答えに迷いは一切ありません。

普段から迷うことのない元彼だったら「何事も即決がマスト」「無駄に考える時間がもったいない」と思うタイプなので、行動力もあります。

また相手への気遣いから、返事を待たせることに対し、とても罪悪感を持ちます。

復縁に関する返事なら特に「元カノを待たせてはいけない」と思うはずです。

その結果が「OK」か「ごめん」のどちらにしても、いつまでも待たされるよりもはっきり答えてもらった方があなたにとっても好都合でしょう。

翌日から1週間以内に返事する人は「筋道を立ててよく考えるタイプ」

復縁話をした翌日から1週間以内に返事する男性も、かなり多くみられます。

これは筋道を立ててよく考えるタイプの男性に多く「筋が通らないことはだめ」と考えるガンコ親父気質な傾向もあります。

問題が起きた時、あらゆる方向からよく考え、きっちりした答えを出すのが信条なのです。

このような男性は「即決なんてもってのほか」と考えます。

レストランで食べる料理を選ぶのに時間がかかるもこのタイプの男性です。

とは言え、いつまでも返事しないのは気が引けてしまうので、あまり相手を待たせるようなことはしません。

「1ヶ月待たせて出した答えがNOだったら悪いよな」と元カノを気遣う余裕もあります。

このようにだいたい1週間程度の時間が必要な男性は、よく考えてから行動に移す慎重派といえるでしょう。

返事までに1ヶ月ほどかかっている時「考えすぎて返事を先送りにしている可能性大」

返事までに1ヶ月ほど要している場合は、考えすぎているか、あるいは考えすぎた挙句に返事を先送りにした可能性があります。

これは迷いに迷って、結局行動に移せないタイプに多いです。

慎重派でもありますが、ややのんびりしているところも見受けられます。

しかし復縁に迷いがあるのは間違いありません。

「すぐには決められない」と半泣き状態かもしれません。

そうしているうちに日々の雑事に紛れてつい忘れてしまい「気づいたら1ヶ月たっていた」という具合です。

こういう時、元彼の復縁に対する重要度は、やや低めです。

重要度が低いために、先送りにしてしまえるのです。

元カノのあなたとしてみれば、残念極まりないところですが、とは言え、この1ヶ月間元カレを急かすことなく待っていられたことについては、高評価を差し上げたいほどです。

元彼から連絡が来ないからといって、相手を急かしたりペースを乱すのは逆効果だからです。

というわけで、元彼が抱くあなたへの印象も決して悪くありません。

待てど暮らせど返事がないのは「忘れているかもしれない」

待てど暮らせど返事が来ないことに、あなたはもうすっかりあきらめているかもしれません。

驚くべきことに元彼は「すっきりと忘れている」可能性があります。

なんとショックなことでしょう。

しかしここでよく考えて欲しいのが、もしかすると「あなたの復縁のアプローチに問題があった可能性がある」ということ。

そのアプローチによって、元彼が「別に返事を急いでるふうじゃなかった」と判断していたら?

あるいは「元カノの復縁したい気持ちはわかった」…、で終わってしまったかもしれません。

元カレが「だから何?」と思っていたら、返事が来ないのは当然です。

こんな悲しいことを避けるために「できれば早めに返事してくれる?」とお願いしておくといいかもしれません。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

不安になっても仕方ない!返事待ちの期間に復縁成功率を上げるためにできること

引き寄せの法則を使って思い通りの結果を引き寄せる

復縁成功率を上げるためにするべきことは「引き寄せの法則」です。

「引き寄せの法則は聞いたことはあるけれど、実際のところはどうなの?」という人もいるかもしれません。

引き寄せの法則をマスターすれば、復縁だけでなくいい意味で人生そのものがガラリと変わってしまいます。

あなたが想像する以上に強力なものですが、ここでは一番シンプルな方法をご紹介しましょう。

最大のポイントは、とにかく「いい気分でいること」です。

嬉しいことを引き寄せるためには、いつもいい気分になれることだけを選んで実行します。

「そう言われてもイヤな気分になることばかりで」という人もいるでしょう。

これからは、ほんの少しでも気分が晴れることをやってください。

これにはわけがあります。

宇宙へ放ったあなたの思考は、あなたの感情通りの結果となって戻ってきます。

良い気分でいれば喜ぶことばかりが待っているでしょう。

もし「願い事なんて叶うわけがない」と思っていたら、宇宙は「はい、そうですか」と、あなたが思った通りに受け取ります。

それがあなたの本当の願望ではなかったとしても「あなたの願いどおりに願い事が叶わない現実」を引き寄せます。

「現実を作り出すのは自分」で、その「現実を変えられるのは自分だけ」なのです。

これが引き寄せの法則の基本です。

ですから、日頃から考えるや望むことすべてにおいて「意図的に」ポジティブになる必要があります。

そしてもう一つの基本は「元彼に感謝すること」です。

朝起きた時、元彼を思い出しながらいくつか感謝できることをつぶやきます。

寝る前にも同じように感謝します。

あとはいつもいい気分でリラックスするだけです。

たったこれだけで、驚くほど状況が変わります。

ぜひ楽しみながらやってみてください。

返事を催促すると逆効果。返事は必ず来ると信じ「待つ」覚悟でいる

復縁成功率を上げたいなら、返事を催促してはいけません。

「返事は必ず来ると信じる」ことが大切です。

なぜなら催促してしまうのは、相手を信頼していないからで、相手を信頼しているなら待つことも難しくないでしょう。

でも「待つのはイヤ」という人もいるかもしれません。

何事においても積極的に行動したい人は、待つことが苦痛に感じるものです。

苦痛の原因は「そのことばかり考えるから」です。

苦痛に思える思考から離れられないために、待つことが苦痛になるのです。

なんとかその苦しみから逃れたい一心で、相手を変えようとしてしまいます。

誰でも自分を変えようと指図する人を嫌います。

元彼が抵抗を見せるのがこういう時です。

返事を催促された元彼は、強い抵抗感を覚えます。

抵抗感と共に素直に従うことがとても馬鹿らしく思えてしまうのです。

返事が欲しいのに逆に音信不通になってしまうのは、このような背景があるためです。

自分の性格を見直す時。せっかちになっていないか?彼をコントロールしようとしていないか?

返事を待っている時こそ、自分の性格を見直すいいチャンスです。

もしイライラしたり、気分が落ちるようだったら「改善の余地は大アリ」です。

この場合、問題になる性格は「せっかちなこと」と「相手をコントロールしようとする」ことです。

せっかちさは、あらゆるプロセスにおいて正常な流れを阻害します。

せっかちなタイプの人は、放っておけば解決することに首を突っ込むのが好きです。

余計なことに介入しなければスムーズなのに、せっかちさが災いします。

またせっかちな性格から、何かと相手をコントロールしようと試みるのが癖です。

常に「正しいのは自分」と考え、自分に従ってもらおうとします。

しかしこれがまさか「相手をコントロールしてる」とは気づきません。

元彼が二つ返事で復縁を了承しない理由がここにあります。

人は誰でもコントロールされることを嫌がります。

「もし復縁したらまた相手の言いなりにならなければいけない」

元彼が復縁を保留にする時、こう考えている可能性が高いです。

自分の思い通りに事が進むのがベストです。

しかし相手をコントロールするのは、逆効果になることに間違いありません。

復縁ばかり考えるとネガティブから抜けられない。新たなことにチャレンジする

もし毎日のように復縁ばかり考えていたら、ネガティブな状態から抜けられない上、さらにネガティブなことを招いてしまいます。

こういう時は何か新しいことにチャレンジしたり、復縁とは全く関係のないことをしましょう。

あなたの視野からいったん復縁という文字を外し、別の方向を見るように心がけます。

初めは難しいかもしれませんが、毎日少しづつでも良いのです。

慣れるに従って、自分がやりたい事が見つかったり復縁を忘れるようになります。

そうなったらしめたもの。

「なぜあんなに復縁のことばかり考えていたんだろう?」というように心に変化が起きますが、これは「執着が消えた状態」です。

執着をなくし前向きになるためには、自分の中からいったん「復縁を忘れる」ということをやってみてください。

前向きになった時こそ、本当のあなた自身になれる時です。

何事もポジティブにとらえられるようになるので、とてもいい気分でしょう。

いい気分でいれば、恐れることもなくなります。

復縁を重く考えない。ダメならあきらめるつもりでいよう

不安になるからこそ、復縁を重く考えないようにしましょう。

人によっては復縁を「人生の最重要事項」に考える場合もあります。

その気持ちも分かりますが、これからはできるだけフワッと軽い感じで考えるようにしてみてください。

鼻歌でも歌うように「ダメならダメであきらめよう」という風にしていられれば、かなり楽でしょう。

復縁を重く考えてしまうと、結局は自分をネガティブな世界に追いやってしまいます。

それはまるで自分で自分の首を絞めるかのようです。

身動きすることもできないので、さらに苦しみが増してしまいます。

気づいた時にはネガティブな世界にどっぷりとはまり、完全に四面楚歌になってしまうでしょう。

こうなると自分をコントロールできなくなるため、精神的に支障が出てきます。

たとえば考えすぎて眠れなくなったり、泣いてばかり、といった具合に。

「いけないいけない!ポジティブにならないと!」と考えるかもしれません。

でもこの状態から、いきなりポジティブになるのはかなり難しいのが現実です。

こうなる前に普段からできるだけ「復縁を重くとらえない」ことが大切です。

あなたの気持ちの持ちようで、状況はいくらでも変わるのです。

 

彼から連絡がくる気配ナシ…待っても復縁の返事が来ない場合はどうする?

「逃げの体制」と感じたら絶対追ってはいけない

元カレからの返事が来ない時、「もしかして逃げてる?」と感じる事があります。

実際に逃げてるかどうか定かではなくても、こういう場合、絶対に追ってはいけません。

追ってしまいたくなる時は、積み重なったあなたの不安が爆発した時です。

一方的に何度も連絡をしてしたり、ひどい時には元彼の家に押しかけてしまったりするかもしれません。

「元彼の気持ちがわからないと気が変になりそう」と考えるためですが、こうなるとストーカーと何ら変わりありません。

でも元彼を追っても解決しないことを覚えておきましょう。

追ってしまいたくなる時だからこそ、自分に向き合うことが重要です。

「この不安はどこから来ているのだろう?」

「こんなに不安になっているなんて私らしくない」

自分がどう感じているか、心の奥底を読み取ります。

すると最後にはたいてい「見捨てられる恐怖」という感情が現れます。

元カレがあなたから離れていく不安の全てがこの恐怖に隠れています。

「見捨てられる恐怖」を感じる原因の多くは、幼児体験にあります。

甘えたい盛りの幼児の頃、存分に親に甘えられなかったつらい経験が「見捨てられる恐怖」にすり替わります。

見捨てられる恐怖は大人になっても潜在意識に残り続けるのです。

連絡して欲しい相手から全く連絡が来ないのは、とてもつらいことです。

しかし不安を解消したいがために元彼を追っても100%期待通りにはいかず、さらに窮地に追い込まれることになってしまうでしょう。

まずは自分の心を落ち着かせることを優先する

元彼から連絡が来ない時、まずは自分の心を落ち着かせましょう。

ため息をつきながらスマホを見つめるあなたは、少なくとも落ち着いた気分ではありません。

心の中は「なぜ?」という疑問でいっぱいになっているはずです。

正直なところあなたとしては、ダメならダメで吹っ切るだけなので、ただ「はっきりして欲しいだけ」です。

でもいちるの望みがあるなら「その返事をいつまで待てばいいの?」といったところです。

自分ではどうしようもできないのでくやしいやら情けないやらでモヤモヤしっぱなしなうえ、ストレスもマックスです。

しかし感情の波に飲み込まれてしまうとなかなか「落ち着こう」とは思えないもの。

こういう時はまず初めに「過剰に期待している自分に気づく」ことが大切です。

「過剰な期待」は、人を不幸にします。

期待が膨らめば膨らむほど逆に期待は外れてしまい、逆に悲しい気持ちになるだけです。

元彼に対しても過剰な期待を外せば、次第に心は落ち着き、明るい日差しに照らされるようになるでしょう。

結果を急ぎすぎていないか、自分の感情を振り返ってみる

復縁の返事が来ないとイライラするようだったら、もしかすると結果を急ぎすぎているかもしれません。

何かにつけすぐに「結果を知りたい!」と考える癖があるなら、ここでちょっと立ち止まってみましょう。

「結果を急ぎすぎる」のは、暴風雨の中にあえて出かけていくようなものです。

あと少しで台風は去っていってくれるのに、なぜあなたはリスクを承知で出かけていくのでしょう。

気持ちを落ち着けて自分の感情を振り返ってみれば、答えは出るはずです。

何かが足りないと感じていたのは「辛抱」です。

「少々の我慢」によって、あっけなく解決する問題もあるのです。

そのためには結果を急ぎすぎないことです。

深呼吸し、瞑想したり、音楽を聴いたり、食べたいものを食べるなど。

あなたが今できることは、たくさんあります。

ヒマだと考えすぎてしまうから、できるだけ忙しくしよう

待っても復縁の返事が来ない場合、あなたが「とてもヒマな状態」なのです。

ヒマだとつい考え過ぎてしまうため、できるだけ忙しくしましょう。

特に休日、何も予定が入っていない日の朝「TO DO リスト」を作ります。

紙でもスマホのメモ機能でもどちらでもOK。

大まかでもかまわないので、時間ごとにやることを記入していきます。

例えば10時から11時までは断捨離する、12時ランチタイム、1時からDVDを観る、という具合に。

時間に沿って行動すると、ヒマさを感じません。

特定の思考にはまってしまうときは、何もすることがない時です。

前もってその日のスケジュールを決めておけば、大切な休日をつまらない思考で費やすこともないでしょう。

デートに誘うのは、元彼の反応に変化が現れたときだけにする

元彼と連絡が取れる場合、もしデートに誘いたくなってもちょっと待って。

元彼の反応に変化が現れた時が「GOサイン」とみましょう。

もしこのように積極的に行動したくなっても、相手は「いつでも大丈夫」というわけではありません。

なんだか元彼が優しくなってる気がする、お互いのやりとりに無理がない、という状態なら大丈夫そうです。

元彼の方から誘ってくることもあります。

これも元彼の気持ちに変化が現れた証拠です。

元彼の気持ちに寄り添って、受け入れましょう。

会う場所も時間もできる限り、元彼の提案を受け入れます。

このプロセスを慎重に行えば、会った時もお互いに違和感を感じることがなくスムーズに進展します。

元彼と話をしたくても電話はNG。相手に踏み込みすぎるので引かれてしまう

連絡が来ない、返事してくれないからといって、元彼に電話をするのは「NG」です。

相手の様子を伺いたかったり返事の催促は、相手に踏み込みすぎた行動です。

元彼は返事をするどころか引いてしまい、この時点で完全に終わります。

こちらから連絡できるのは「元彼と復縁できた時だけ」と覚えておいてください。

つまり「放っておくのが一番」ということです。

一見遠回りに見える「放置」が、実は最も近道なのです。

あなたの執着から元彼を解放することで、元彼が自由を感じます。

自由を感じれば、自分がどうしたいのかをじっくり考えることができます。

また元彼は「元カノに催促されたから」と無理やり返事するのは自分らしくない、と考えています。

最終的に返事するかどうかは自分で決めたいのです。

 

復縁できなくなるかも…返事待ちの時にしてはいけないNG言動に注意!

「考えてくれてる?」と待ちきれない気持ちを態度に表す

返事待ちの時にしてはいけないNG言動は「考えてくれてる?」と、待ちきれない気持ちを態度に表すことです。

「これはついやってしまいそう」と思う人はかなりいるかもしれません。

確かに待たされる方としてみれば、つらく苦しい状態です。

時には「わざと待たせてる?」と誤解してしまうこともあります。

結果はどうであれひたすら待ち続けるしかないのですが、ついに待つことに我慢できなくなった時、間違いなく問題勃発します。

元彼の心情を悟りつついくら控え目に「いつになる?」と聞いたとしても、元彼はその言葉をプラスにとらえることはできません。

まるでお尻を叩かれたかのように感じているのです。

この時、元彼は重い腰がさらに重くなってしまいます。

いくら待ちきれなくてもそれとこれとは別で、元彼にとっては関係のないことなのです。

「こんなに好きなのにわかってほしい」とLINEを連投したり長文で気持ちをつづる

返事待ちの時、LINEを連投したり、長文で自分の思いの丈をつづるのはやめておきましょう。

多くの男性たちは内容はなんであれ、長文のLINEを好みません。

また「こんなに好きなのに」というような相手の感情に訴えかける方法も、残念ながら男性には響きません。

せっかく気持ちを込めて打った文章も、無駄になるだけです。

どうしてもLINEしたくなったら、明るく「元気にしてる?」くらいだったら大丈夫です。

短文で明るい内容だったら、逆に元彼の好感度を上げます。

好感度の高いLINEだったら、誰が読んでも悪い気はしません。

それとは正反対にくどくど長い文章で自分の気持ちだけのLINEを見た日には、元彼はそれを読むどころかスマホを放り投げたくなってしまうでしょう。

くれぐれもLINEを使う際には気をつけるようにしてください。

「飲みに行かない?」元彼をなんとか誘い出そうとする

元彼からの連絡待ちの時にやってはいけないのが「元彼を飲みに誘うこと」です。

もし付き合っている頃からよく元彼と飲みに行ってたら、つい気軽に誘ってしまいそうです。

元彼がお酒好きなら、その誘いに乗ってくれるはずです。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

お酒が入った時にどんな感情が出るかは飲む前までは想像もつきませんが、酔いが回るにつれ、必ずと言っていいほど心に溜め込んだ本音が出ます。

その本音にはおそらく、元彼が聞きたくないようなことも入っています。

もしジワジワと復縁を説得されるようなシチュエーションになったとしたら、酔っている時はまだいいのですが、問題なのはお酒が覚めた時です。

元彼は説得されたことに抵抗を覚えます。

「説得される」ということは自分の考えをねじ曲げられ、否定されることです。

復縁を望んでいる元カノが、元彼を誘って飲みに行ってもあまりいいことがないのは、こういう理由があるからです。

元彼に気に入られようとあれこれ尽くし過ぎてしまう

元彼に気に入られようと尽くし過ぎてしまう。

身に覚えのある人も多いのではないでしょうか。

「嫌われたくない」という切実な思いから、相手の言いなりになってしまったり過度に尽くしてしまうことがたびたびあったはずです。

性格的に「尽くさずにはいられない」のかもしれません。

しかし「尽くす」ことをやり過ぎると、相手はなぜかあなたに興味を失います。

なんでも先回りしてやってしまうので、元彼自身が「自分で何かをやろう」というやる気がなくなってしまうのです。

恋愛関係もドキドキすることがなくなります。

つまらなさを感じ、その後は惰性で付き合うことになるでしょう。

このように相手に気に入られようと尽くし過ぎると、結果的に理想の恋愛関係からかけ離れてしまいます。

元彼と共通の友人や同僚と元彼について話題にしない

元彼がいない時に、共通の友人や同僚と元彼について話題にしないことが大切です。

噂話というものは、その話の中身がたとえいいことであっても、当事者にとってはあまり歓迎されないものです。

もしあなたが知らない間に、自分についてのトピックで盛り上がっていたことを知ったら「え?」という気分でしょう。

話の筋によっては、嘲笑の種になっているかもしれません。

なぜなら噂話は笑いのタネになる話の方が、その場が盛り上がるからです。

噂話をしている人たちにとっては、とるに足らない大した内容ではないかもしれません。

しかし噂話の当人がそれを知ったら、いささか「ムッ」とするはずです。

復縁の返事待ちの時や、元彼が復縁についてどう思っているかが気になっていても、元彼についての話題はあえてさけるべきです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「復縁を成功させるには、あなたの気持ちをどうやって静めるかにかかってる」

占い師 姫乃
元彼に復縁を保留にされたり、なかなか返事が来ない時、あなたはかなりイライラしてしまうわよね。

「もうどうでもいいわ!」なんていう投げやりな気分になってしまうかもしれない。

そう思う時こそ、イラだったその気分をどう静めるかにかかってる。

恋愛関係だけでなく何かうまくいかないことが起きた時、あなたの内面は大嵐のように波立った状態。

こういう時に気をつけなきゃならないのが、負の連鎖なの。

次々にネガティブなことに襲われてしまうかもしれないわ。

これは引き寄せの法則がマイナスに働いている状態。

あなたの望みが叶わないのは、こういう時にマイナスの感情を放っておくから。

まずは「自分がネガティブになっていることに気づくこと」が大切よ。

そこから少しでもいい気分になれることを探してみて。

それを繰り返していくうちに、必ず望み通りの現実を引き寄せるわ。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これからもあなたの恋愛をしっかりサポートしていきますね。

【期間限定・7月12日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事