実家暮らしの女は結婚できないってホント?実家暮らし女性の結婚への不安&実家暮らしでも結婚できる女性の特徴  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「実家暮らしってすっごく楽」と感じているあなた。

でも「実家暮らしの女は結婚できない」ってホントでしょうか?

もしそうなら、その根拠はどこから来ているのでしょう。

この記事では実家暮らし女性の結婚への不安&実家暮らしでも結婚できる女性の特徴をご紹介していきます。

あなたが「最近なんだかモテない」と感じていたら、さっそく最後まで目を通してみてください。

まずは実家暮らし女性がもつ悩みとデメリットにはどんなものがあるのか、また実家暮らし女性のメリットを詳しく解説します。

また結婚相手を見つけるためのアイディアも、たっぷりお届けします。

近い将来、予想もしなかった「婚約指輪」と「入籍」が、あなたを待っているかもしれません!
 

復縁メニューはこちら

自立していないと思われがち?実家暮らしの女性は結婚できないと言われる理由

親の干渉が激しいため自立ができないから

「あなたが自立していない」と男性から思われてしまうは、親の干渉が激しいことが原因で自立できていないためです。

あなた自身「もう大人なんだから自立してるに決まってる」と思っていても、実際のところ男性たちの多くが「実家暮らしなんて甘いよなぁ」と考えるのが現実なのです。

親の過干渉に逆らうのは面倒だとばかりに、もしあなたが親の言いなりになっているともはや思考停止状態です。

つまり成長と共に「言わなければやらない」という性質が顕著になるのです。

親の接し方とあなたの自立は全く関係なさそうですが、実はそうではなく、親の過干渉は子の自立の芽をそいでしまいます。

何かとあなたの言動に介入してくるような親の場合、まだ幼い子どもであれば問題ないのですが、あなたはもう立派な大人です。

あなたがずっと実家暮らしならたとえどんなに立派な大人になったとしても、親に従わなければならないシチュエーションが日常的に訪れます。

親はあなたの表情に敏感です。

めんどくさいと言わんばかりの表情のあなたを見て「何も間違ったことは言ってないのに」と、苦虫を噛み潰すような思いです。

親との関係で問題なのは、このように親が「自分は間違ったことは言っていない」と考えるところにあります。

確かに決して間違ったことは言っていないでしょう。

親は子よりも経験値が高く、失敗から学んだこともたくさんあるからです。

親は「あなたには自分がしてきたような失敗をして欲しくない」と常に考えています。

この思考が、子への過干渉へとつながります。

もちろん親は、自分が過干渉になっていることに気づいていません。

ところがあなたの周囲ではすでに「言わなければやらない人」という烙印が押されている可能性大です。

親と仲が良すぎて彼氏の入る隙間がない

あなたが親との仲が良すぎたり、親を優先することがたびたびあるなら、そこに彼氏が入る隙間はほとんどありません。

あなたと彼氏が恋愛関係に入ったばかりの頃は、お互いに相手を知るために一生懸命です。

本当は家のことも気になるけれど、恋愛のワクワクドキドキは家族のことも忘れさせるほど強力なパワーであなたを取り込みます。

でもそれも初めの間だけです。

どんなにワクワクドキドキしても、それが続くのは半年からせいぜい2〜3年程度です。

早ければ、数ヶ月で彼氏のことは二の次です。

親との関係が彼との関係以上にうまくいっているなら「休日に出かけるのはいつも親と一緒」ということも多いはず。

次々に親とのスケジュールが決まるので、彼氏の出る幕はありません。

それでも初めのうちはきっと「彼氏と親のどっちを優先すればいいの?」と悩むこともあります。

しかし彼氏との絆がまだ不確かなうちは、家族を優先します。

その理由は、なんといっても家族と遊びに行ったり、食事に行く方がホッと安心できるから。

彼氏と遊びに行くものもちろん楽しいのですが「家族よりも気を遣ってしまう」ことや「やっぱり疲れる」と感じてしまうのです。

このようなことから彼氏は「あなたと家族の間に入れる隙間がない」と、終始控え目です。

またまだ彼氏ではないけれどあなたのことが気になる人がいても、家族との予定で埋まっているため、いつまでたっても恋愛関係に進むことができません。

「食べる」と「住む」が整った実家暮らしがあまりにも快適だから

実家暮らしの女性は結婚できないと言われる理由は、生活に必要な「食べる」「住む」が揃っているため、あまりにも快適だからです。

結婚して家を出たらそのような快適な暮らしは夢のまた夢で、子どもが授かった時点で楽な生活とは完全におさらばです。

子どもの世話に加え、掃除、洗濯、食事作りと、休むヒマなどゼロでしょう。

「結婚」と「快適で楽な生活」、どちらを取るかは究極の選択ということです。

結婚はしたいけれど今の生活に満足しているなら、永遠に結婚するきっかけはないままです。

結婚や自立を実現させるには、動機付けが肝心です。

今の暮らしがどうにも不便で嫌だ、とか、なんとしても親の干渉を避けたい、というように。

そういう心境の時、いくら「住む」「食べる」が保証されているとしても、あなたは自立の道を歩むことでしょう。

しかしそれでも「楽で快適な道」を選ぶなら、おそらく結婚して家を出ることなど考えにも及びません。

苦労して働かなくて済むのでストレスが溜まらない

実家暮らしは結婚できないと言われるのは、経済的に安定しているので苦労して働かなくても暮らしていけるからです。

一人暮らしと実家暮らしでは、ストレスの溜まり方にもかなり違いがあります。

一人暮らしは何かと苦労が多い分、他人の苦労にも理解を示すことができます。

それとは反対に、実家暮らしをしている多くの人は、実際にかかる生活費諸々、ほぼ親任せです。

やりくりする必要もほとんどないし、生活費が足りないからと節約することもありません。

お金の苦労だけでみたら、一人暮らししている人とは比べ物にならないでしょう。

人によっては実家暮らしでもカツカツな生活をしているかもしれませんが、生活にかかる費用を何人かで分担できるため一人暮らしよりもかなり楽なはずです。

このように実家暮らしよりは一人暮らしの方がやりくりの苦労がある分、現実味ある生活をしているため、結婚に結びつきやすいのは確かでしょう。

実家暮らしは家に帰れば必ず誰かがいるので寂しさを感じない

実家暮らしをしていて一人暮らしの経験がない場合、寂しさや孤独を感じることがほとんどありません。

なぜなら家に帰れば必ず誰かがいたり、夜になれば家族全員が帰ってくるからです。

小さい頃から大家族の中で育っている場合は特に、家庭内がいつもバタバタと騒がしいのがスタンダードです。

このような場合、時々なら一人暮らしをしてみたくなるものですが、いざ一人になってみると「やっぱり家族っていいな」と思ってしまいます。

実際に一人暮らしを経験すれば、家族のありがたさが理解できるのです。

何か困ったことがあれば、やはり頼りになるのは身近にいる家族の存在です。

ケンカしたり気まずい空気になっても、家族は家族です。

その絆はどんな人間関係よりも強いものです。

ただ一つの例外として「家族との関係が犬猿の仲」という場合に限っては、家に誰もいない方が幸せを感じるし、一人暮らしがベストと考えます。

正直、結婚への不安はある?実家暮らし女性がもつ悩みとデメリット

決定権はいつも親。ほとんど自分の意見が通らないことが多い

実家暮らしの女性は「決め事の決定権がいつも親にあるのが悩み」と感じている場合が多いです。

自分の意見が通ったことは、ほとんどありません。

実家暮らしの多くの人は、親がいつも自分を子供扱いしていることに対していつも怒りを感じています。

「いつになったら大人として認めてくれるのだろう?」と考えますが、いつまでたっても状況は変わりません。

理解ある親だときちんと子どもにも意見を求めてきますが、結局、最終的に決めるのはいつでも親です。

あなたは自分の意見をスルーされたことで、無力感でいっぱいです。

実家暮らしはメリットがたくさんあるように見えますが、実は一人前の大人として認められることがあまりないのが意外に大きな悩みなのです。

何かと口出しをされるし、それが当たり前になっている

実家暮らしの女性は、何かと親から口出しされることが多いです。

たいていどんな親でも細かいことに口出してくるものなのですが、それが続くと実家暮らしの生活全般が窮屈に感じるようなります。

そういう時、親に対してちょっとでもネガティブな態度を取ろうものなら、それに対してますます親は口出しせずにはいられなくなります。

つい親と口論になってしまうのがこういう時です。

実家暮らしをしていると、日常のほんの些細なことでもストレスになることがあります。

もっともストレスになるのが「わかっていることを何度も言われた時」です。

何回も同じことで注意されたり、耳にタコができそうなほど不満をぶちまけられた日には、どこかへ逃げたくなってしまいます。

親にしてみれば「できていないから注意するのだ」とか「不満を言える相手は娘くらいだから」と反論したい気分です。

しかし相手のマイナス面に注意を向けると、それが強化されてしまいます。

ですから何度言っても変わらないのは、実は「何度も言うから」なのです。

何度も言ってしまうのは、相手を信頼していないからに他なりません。

このように親から口出しされることは、実家暮らしにとってかなり我慢を強いられることなのです。

親の用事に付き合わされることが多い

実家暮らしの女性は親の用事に付き合わされることが度重なると、それが悩みになってしまいます。

親だから仕方がないのですが、例えば病院への付き添いや車での買い物に駆り出されるような時です。

せっかくの休日ですから好きなことをしたいし、友達と遊ぶ予定を入れたいところなのに、いつもこの調子では自由を奪われたような気さえします。

親はそれを知ってか知らずか、お構いなしなところも非常に悩ましい点です。

親なりに申し訳ないと思い「悪いねぇ」と一言あっても、あなたは「大丈夫」としか言えません。

本当は大丈夫じゃないのに。

こんな時「私がひとり暮らしだったらきっと親は私を当てにせず、自分でなんとかするんだろうな」と思うことでしょう。

これをデメリットと決めてしまうのは少し違うかもしれませんが、本心は「もっと自由を味わいたい」と感じているはずです。

旅行、外泊など家を留守にする理由を詮索される

実家暮らしの女性は、一人暮らしよりも自由に旅行の資金調達ができるものの、留守にする理由を詮索されることがとてもストレスです。

ここで親の気持ちを代弁するなら、親は「ただ心配なだけ」なのです。

一応、子どもの動向を知っておきたいし、お互い何かあった時に「知らない」では済まされないこともあるからです。

あなたにしてみれば、もう自分はすでに大人なのだし「心配する必要なし!」と、心配顔の親を突き放したい気分です。

これは世代間のギャップによるものです。

親世代になると安定を求めます。

それが毎日の仕事であれ、旅行であれ同じこと。

とにかく無事で帰ってきて欲しい、それだけを考えているのです。

仕事の場合は行き先を知っていますが、旅行や無断外泊となるとそういうわけにいきません。

だから子どもが家を留守にする時「どこへ誰と行くのか」、それを聞かずにはいられないのです。

もしその相手が親に紹介する前の彼氏だったら、あなたはつい「友達のところに泊まる」などと嘘をついてしまうかもしれません。

それもこれも全て「親を心配させないよう仕方なく」なのです。

「ウマが合わない」「ソリが合わない」そんな親なので会えばケンカばかり

親とは性格が正反対のように「親とはどうもソリが合わない」「ウマが合わない」という関係だったら、実家暮らしは相当ストレスです。

会えばケンカばかりだったら、過去に何度も家を飛び出した経験があるかもしれません。

このような親子関係は、親から逃げ出したいことが結婚の動機となることが多いです。

一つ屋根の下に暮らすことそのものがストレスなので、こうなると実家暮らしがいつまで続くか根比べの状態です。

また頼れるのが彼氏だけになると、彼氏への依存度も高くなります。

彼氏にどっぷりと頼ってしまうため「重い」と感じさせてしまう恋愛関係に発展しやすいです。

このように親との関係の良し悪しは、恋愛関係にも影響を及ぼします。

「恋愛関係がうまくいったためしがない」という人の多くは、親との関係もうまくいっていません。

のんべんだらりとリラックスしたことがない

実家暮らしの人が一人暮らしに憧れる理由の一つが「好きなようにのんべんだらりとリラックスできる」という点です。

つまり実家暮らしだと、そういう風にのんべんだらりとリラックスしたことがないのです。

小さい頃から誤ったことを正される人生を送ってきたのが、実家暮らしの女性です。

「だらしないことはいけない」

「体に悪いものばかり食べてはいけない」

「家に閉じこもってばかりいるな」

「部屋をきれいにしろ」

とかく親は「命令口調」です。

指示出しが親の役目であり、それに従うのが子の役目と決まっているのです。

あなたはこんな生活に飽き飽きしていることでしょう。

なぜなら昭和初期の軍隊のようだから。

親の考え方とのギャップに我慢できても、それがいつまで続くのかは疑問です。

経済的な理由で独身男女が同棲するようなシチュエーションにならないから

実家暮らしの女性は、経済的な理由から独身男女が同棲するようなシチュエーションにはなりません。

なぜなら実家暮らしは「実家」という真綿でしっかり保護されているようなものだから。

それに対して一人暮らし同士が恋愛関係になった場合、即同棲に移行することが多いです。

同棲した方が何かと便利だし、何よりお互いに経済的に助かるためです。

なので実家暮らしの女性は結婚にも憧れるのですが、もっと憧れるのが同棲なのです。

「結婚よりもお互いを束縛しないし、自由に恋愛生活を楽しめる」

そんな風に思えるため、同棲カップルが羨ましくて仕方がないのです。

当然、結婚も現実味を帯びるものではなく、遠い未来の幻想にしか思えません。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

この時代モテるのは貯金できる女!実家暮らし女性のさまざまなメリット

稼いだお金は全額貯金!溜まったお金で好きなものが買える

実家暮らしのメリットのNo.1は、仕事で稼いだ多くのお金を貯金に回せるという点です。

好きなものがすぐに買うことができたり、高額なブランド品もたやすくゲットできます。

何か目的があるのなら収入の全額貯金が可能なのは、実家暮らしだからこそ、なのです。

ある程度まとまった資金が貯まれば、マンションなどの資産購入も夢ではありません。

しかしこれが一人暮らしだったら、とうてい無理な話です。

日々の生活で手一杯だしそもそも毎月の家賃の支払いがかなりキツいので、給料の中から月に数千円でも貯金できたら奇跡です。

何を切り詰めたらいいのか見当もつきませんが、実家暮らしなら滅多に生活を切り詰めることはありません。

気乗りしない飲み会は家の都合で不参加にすればどんどんお金が貯まる

気乗りしない飲み会ほど、無駄にお金を使うことはありません。

実家暮らしで当面、結婚資金を貯めるのが目的なら「家の都合で行けなくなった!」と、不参加にする手が使えます。

誰も「なんで?」と深く追求してきません。

なぜなら家の用事なら、不参加の理由は不透明だし追求しても仕方がないからです。

「それにしても飲み会はお金がかかる」と、あなたは考えます。

大して飲み食いしていないのに、二次会も含めれば軽く10,000円近く飛んでしまうこともあります。

でも誘いを断ってばかりいると、だんだん誘われなくなってしまいます。

「それでもいい!」と、あなたは貯金への強い意思を固めます。

実家にいるからこそ面白いようにお金が貯まるし、無駄に使いたくないから、と考えるのです。

このようにしっかりした金銭感覚なら、きっと結婚後もしっかり奥さんになれるはずです。

「ちょっとお金貸して」が気軽に言える

実家暮らしだと、家族に気軽に「ちょっとお金貸して」が言えます。

借りるばかりでなく、家族から「ちょっと貸して」と言われたら二つ返事で貸しますよね。

家族であれば、よっぽどのことがない限り「お金の貸し借りはお互い様」と考えます。

でもこれが一人暮らしなら、お金を貸してくれる人を探すのはちょっと大変です。

相手とどんな関係であっても基本的にお金の貸し借りはNGだし、友達に「今月足りないからちょっとだけ貸して」と気楽に頼んだら、おそらく困惑されてしまうでしょう。

友達にお金を無心すると「お金にルーズな人」という印象を与えてしまうのです。

さらに悪いことにルーズな人はお金を借りた後、そのことをすっかり忘れてしまうことが多いです。

貸した方はしっかり覚えいて「もう二度とお金は貸さない!」と激怒するか、絶縁です。

家族間でもなるべくならお金の貸し借りはしない方がベストなのですが、そうは言っても例えば「小銭が足りないから10円貸して」とか「ついでにコーラ買ってきて」と家族に頼んだ時、快く買ってきてくれるなら「今度は私も買ってきてあげよう」と思うものです。

そういった家族ならではのやりとりができるのも、実家暮らしの良さでもあります。

毎日が決まったルーティンなので生活が荒れない

実家暮らしの女性の多くは家族と共に暮らしているので、毎日が決まったルーティンで動きます。

そのため、生活習慣が荒れることはほとんどありません。

とは言え、たまには無茶をしたくなることもあります。

飲み会で終電を逃したり、そういう時に限ってスマホのバッテリーが切れてしまったり。

そういう時、実家暮らしならすぐに心配する親の顔が浮かんできます。

無事に帰れた時、親とは目も合わさずに自分の部屋に駆け込むことでしょう。

そして「親に心配かけてしまった」と自責の念に駆られるのです。

これは無茶しなければ、わからなかったことです。

「多少無茶してもそこから学べるのだ」ということを覚えておけば、実家暮らしも問題なくうまくいきます。

何かあれば頼れるのが親。親もそれを理解してくれている

何か困ったことがあれば頼れるのが「親」です。

過干渉気味だったり、何かと口を出してくる親の存在が悩みでも、そこは親。

あなたをよく観察しているし、あなたが心を閉ざしている時も常にあなたを心配しています。

子どもの頃のように親を頼らなくなっていても、もし何かあったら頼っていいのです。

あなたがどんなに大人になろうと、親にとってはいつまでも「子」なのです。

そのことを親はちゃんと理解しているし、(もし頼ってきた時つい文句を言ってしまうことがあっても)何より子どもの存在を大切に思っているのです。

実家暮らしでもモテる人はモテる!実家暮らしでも結婚できるのはこんな女性

キッチンを母専有にしない。自らキッチンに立つ

実家暮らしでもキッチンを母専有にしないようにし、自ら進んでキッチンに立つようにしましょう。

母親にとって台所は「サンクチュアリ」のようなものです。

あなたが小さい頃から、そこでなるべく子どもたちが喜ぶようなメニューを考え作ってきた聖地なのです。

その聖地は、いつでも母親のペースで仕切られます。

ですから家族が「手伝おうか」と言ってきても断るのは、母親のペースが乱れるからです。

それを恐れないでください。

これからあなたが自立し、結婚するために家を出るためには、キッチンを制することが大切です。

迷惑そうな顔をされても気にせずにどんどんキッチンに立ちましょう。

今まで何もせずに母親任せだったら、きっと親はびっくりするかもしれません。

この時、親は理解します。

「これは自立の芽が出始めたのだ」と。

そのように前向きに捉えられる母親なら、夕飯作りを手伝わせるだけでなくその全てをあなたに任せるようになります。

家族間で問題が起きたらその都度解決する

家族間で何か問題が起きたら、その都度解決することが重要です。

実家暮らしは全てにおいて親主体ですが、もうすでに大人であるあなたが先導することが大切です。

積極的に解決できる糸口を見つけていけば、問題が大きくならず、またこじれることもなく解決できます。

問題が起きるたびにこれを繰り返していけば、永遠に良好な家族関係でいられます。

家族関係が良好な人は、たとえ実家暮らしだとしても必ず「もらい手」が現れます。

多くの女性たちは結婚を夢見たり目標にするものですが、結婚したあとに始まる生活は、実は自分が育ってきた家庭環境の雛形のようなものなのです。

小さい頃から家族間にいざこざばかりだったり、うまくいっていないかったら、同じように結婚生活もうまくいかないことが多いのです。

逆に家族関係が良好な女性は、結婚した後に何か問題が起きても、たいていうまく乗り越えることができます。

積極的に「何か手伝おうか?」と顔を出すのが大切

実家暮らしの場合、積極的に「何か手伝おうか?」と顔を出すことが大切です。

休日は部屋に篭るか、外出するかのどちらかだったら、たまには用事を頼まれてみてください。

何も頼むことがなくても、あなたのその前向きな行動はちゃんと家族に伝わっています。

家族間においてもこのように気遣いを大事にしてみると、ますます家族関係がスムーズになります。

お互いに助け合い、楽しみを共有するようになれば、家族にとってもあなたにとっても大きなプラスです。
家族だからこそ、ちょっとした気遣い、心遣いを、これからちょっとづつやってみてください。

「俺がいなきゃダメなんだ」と思わせるには完璧主義を捨てること

男性から「俺がいなきゃダメなんだ」と思わせるには「完璧主義を捨てること」が求められます。

つまり「ユルキャラ」がベストということです。

とは言え、本来の性格を急に変えることはそう簡単にできるものではありません。

恋愛関係を結婚へとつなげるには、彼に完璧を求めないこと。

これにつきます。

彼に完璧を求めてしまうと、あなたも同じように完璧でいないとなりません。

「他人に厳しく、自分に甘く」という姿勢ほど呆れた性格はありません。

きっとすぐにでも彼は、あなたから離れていってしまうでしょう。

さっそく「俺がいないとダメなんだ」と思わせましょう。

それには、あなたのダメなところをどんどん彼に見せてしまうことです!

親とうまくいってなかったら結婚との向き合い方を考えてみる

親とうまくいっていない場合、結婚との向き合い方を考えてみましょう。

常日頃「親から愛されていない」と感じている時、その代償を「結婚」に求めることが往々にしてあります。

親から愛されなかった分、夫から愛されたい。

そう思って彼氏を見つけ、結婚へと漕ぎ着けるのです。

しかしいつだって、何もかもが思い通りになることなどありません。

結婚に描いていた夢が、全て幻想だったと気づくのに時間はかかりません。

いずれ破綻するか、仮面夫婦となるかのどちらかでしょう。

このようなことから、あなたと親との間に何らかの問題があるなら結婚前に解決しておく必要があります。

もしそれが無理そうなら「結婚後、悩ましい問題が起きるかもしれない」ということを記憶に留めておいてください。

 

「結婚できない…」と感じている実家暮らしの女性が結婚相手を見つけるためにできること

人が何と言おうと実家暮らしを引け目に感じてはいけない

誰が何と言おうと、実家暮らしを引け目に感じてはいけません。

あなた自身も「実家暮らしだから結婚できないのかも」と捉えていませんか?

もしたびたびこのようにネガティブな考えにとられていたら、ますます結婚は遠のいてしまいます。

結婚するためには「結婚できるのかなぁ」と気弱に考えるよりも「結婚する!」という強い意志が必要です。

ただし自分に自信が持てないと、強い意志は起きません。

自信を持つ、と言うと見栄っ張りの人が胸を張るような、薄っぺらい姿を考えてしまいます。

そうではなく「これから家庭を持ち、子どもを産んで、人生を楽しみたい!」というような中心軸がブレていない姿勢が大切なのです。

ある意味「気の強さ」を持つことも重要なのですが、気の強さを持つ女性に惹かれる男性は非常に多いです。

しかも、どんどんあなたのもとに吸い寄せられるように集まってきます。

「引く手あまた」とは、まさにこのことです。

家族と離れて一人で過ごす時間を増やす

実家暮らしの女性が結婚相手を見つけるには、一人で過ごす時間を増やしましょう。

実家がどんなに楽で過ごしやすい環境でも、です。

今の家庭環境が結婚相手を引き寄せられないのは、あなたがそこを選んでいるからです。

結婚相手を見つけるには、いったんそこから離れる時間を持ちましょう。

そうするとあなたの波長に変化が現れます。

そうこうしているうちに、あなたの波長に合った男性が現れるはずです。

家族との時間は大切にしたいもの。

しかし家族と共に過ごすことだけをしていると、無意識に結婚できなくなる「結界のようなもの」を張ってしまうこともあるのです。

家族のために「しなければいけないことはない」

あなたがもし「家族のために」といろいろ動かざるを得ないようなことがあるなら、少し考えを改めてみる必要があります。

家族がどんなに困っているかのように見えても「あなたが家族のためにしなければいけないことは何もない」のです。

どこまで手を出していいのかわからないこともあるでしょう。

一人の家族の問題のために、全員が疲労困憊する場合もあります。

そのような問題をもしあなた一人で抱え込むようなら、もっと大問題です。

「しなければいけないこと」は、何一つありません。

こういう時、「でも」とか「たら」「れば」と考える癖があったら、改善するチャンスです。

結婚を目標にするなら「家族のために」と考え行動していたエネルギーをほんの少しでいいので、減らすようにしてみてください。

きっと「あれ?あんなに頑張ってしまっていたけれど、そんなに頑張らなくても大丈夫だったのね」と理解できる日が必ず来ます。

いくら実家が好きでも模範にしすぎない

自分の実家がいくら好きでも、彼との家庭の模範にしすぎてはいけません。

これは、もし彼氏ができて「いざ結婚」となった時、あまりにも多くのことを自分の実家と比較するようなことはやめておきましょう、ということです。

「うちではこうしてた」とか「うちではぜったいやらない」などということをあまり言わないように。

あなたと家庭を築くのはあなたの実家ではなく、愛する彼氏なのです。

新たに家庭を築くのにもかかわらず、自分の実家と比べるようなことをしたら彼は鼻白む思いでしょう。

すっかり興醒めし、結婚に興味を抱かなくなる恐れもあります。

あなたは「あなたと彼の新たな家庭を築く」ということを常に念頭に置くようにしてください。

「新たな縁を掴む」お金に余裕があるなら慈善団体への寄付が効く

もしあなたに多少なりともお金に余裕があるなら、慈善団体に寄付することを視野に入れてみてください。

新たな縁を掴むためには、今所有するものを手放す必要があります。

断捨離によって不要なものを処分するのも一つの方法ですが、最も強力なのがお金に対する執着を手放す「寄付」です。

多くの人は、お金が手に入ると同時に失う恐れを感じるため、なんとか保持しようとするものです。

これが執着心です。

執着があるうちは無理に寄付など考えない方が良いのですが、一度寄付してみると「なるほど!」と理解できることがあります。

それは「とてもすっきりとした良い気分になれる」ということ。

これが執着を手放せたというサインです。

一度寄付したら、もしかすると病みつきになるかもしれません。

生活に必要なお金まで寄付する必要はないのですが、多少余裕があるならぜひやってみてください。

寄付した後、あなたの無意識の領域では空き容量が発生します。

そこへ新たな縁がやってきてくれます。

結婚相手を見つけるためには積極性が大事「とにかく行動あるのみ」

結婚相手を見つけるために大切なのは「積極性」で、とにかく行動あるのみです。

まずは人が集まるところへと出かけましょう。

英会話のサークルや趣味を通じたオフ会など、出会いのきっかけはあなたが行動を起こした数だけあります。

どんなところで出会えるかは予想もつきませんが、あなたが行動することでムーブメントという変化が起きることは確かです。

ムーブメントは、思いも寄らない出来事を引き起こします。

あれよあれよという間に結婚し子どもまで授かった、というミラクルなことも大いにあり得るのです。

しかし全ては無意識の領域で采配されること。

あなたが恐れや不安を感じないようにすれば、必ず良い方向へとあなたを運んでくれます。

 結婚運急上昇のカギを握るのは「おまじない?」「ジンクス?」「待ち受け?」詳しくはこちら。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「実家暮らしでも結婚はできると信じて

占い師 姫乃
さまざまな理由から「実家暮らし」は、結婚の障壁になることもあるわ。

でもどんな風に人に言われようと最終的にはあなたの軸がブレなければ、絶対に大丈夫。

これはたくさんの実家暮らしのクライアント様を見てきたから、言えること。

どんな状況でも自分磨きに頑張れば、よりいっそう輝ける女性になれるはずよ。

これからもあなたの恋愛の後押しをどんどんパワーアップさせていきます!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事