元彼のちょっかいから見抜く男性の本音と復縁の可能性!行動に惑わされずに復縁するためには  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

元彼のちょっかいから復縁の可能性を見抜くことはできるのでしょうか。

こちらでは元彼のちょっかいから見抜く男性の本音と復縁の可能性と元彼の行動に惑わされずに復縁するための方法について解説しています。

元彼がちょっかいを出してくるのは構ってほしいだけではなく、復縁を考えていることも大いにあり得るのです。

彼のちょっかいに振り回されて困る時に自分を保つ方法や、彼の言動を逆手にとって復縁に持ち込む方法まで詳しく検証していますので、ぜひ参考になさってください。

復縁メニューはこちら

元カノに平気でちょっかいを出してくる男性の特徴

別れた後に元カノの良さがわかりイジりたい気分になっている

元カノに平気でちょっかいを出してくる男性の多くは、別れた後に元カノの良さを実感しています。

そして別れたとは言え、以前と同じようになんとなく元カノをイジりたい気分なのです。

こういう男性は付き合っている頃からちょっかいを出すのがデートの時のルーティンになっていて、彼女をからかったりイジるのが好きです。

むしろちょっかいを出さずにはいられないし、ちょっかいを出すことが愛情表現の一つになっています。

イジられる女性は、完全に「Mタイプ」です。

マゾヒスティックという意味のMタイプは、相手を優位に立たせたり見下されることをいとわない一面があります。

「ちょっかい」もかなり見下された行動なのですが、Mタイプの女性は「ちょっかいを出してくるのは私のことが好きだから」と理解しています。

確かに嫌いだったらちょっかいを出すどころか見向きもしないでしょう。

好意があるからちょっかいを出すのです。

何らかの事情で別れてもそれが相当深刻なものでない限り、元彼は元カノへの好意を失ってはいません。

だからこそちょっかいを出してくるのです。

「あれ?なんか可愛くなってない?」と元カノの変化に気づいた

元カノの変化に気づいた元彼がちょっかいを出してくることは、かなりの確率で見受けられます。

元カノが可愛く変化した時など元彼は「あれ?」と驚き、「なんか可愛くなってる、なんかあったのか?」と、微妙な面持ちです。

これは別れた後、二人が会わない期間が元カノに変化を起こさせたのです。

元カノなりに自分磨きをした結果かもしれません。

また「なんとか吹っ切らなければ」と、彼のいない新しい生活になじむための努力をしたからでしょう。

いずれにせよ元カノの以前とは違う良い変化に、元彼はちょっかいを出さずにはいられないのです。

ちょっかいには、(こんなに可愛い女子が元カノなんだぜ…)と自慢したいような気分も手伝っています。

また真面目な表情で元カノに近づけない、というのも理由です。

シリアスな表情で元カノに面と向かっても、いったい何を話したらいいのかがわかりません。

また照れもあるので、茶化さずにはいられないのです。

別れた暗い過去に触れないためには、目の前にいる元カノにちょっかいを出す以外の選択肢がないのです。

別れても元カノにちょっかいを出せば何かしら反応してくれると知っている

元彼は元カノが何かしらの反応を示してくれるだろうと知っていて、ちょっかいを出してきます。

この「元カノの反応」だけが目的の場合もあります。

「猫じゃらしに猫パンチを喰らわす猫と同じ」と考えてください。

なので復縁を考えての行動ではありません。

多くの男性たちは、女性に対し深く考えずに行動を起こすことが多いです。

気まぐれに意見してみたり、上から目線で言ってみたり。

優しい性格の女性なら、それを笑顔で受け止めるでしょう。

相手が優しいからこのような言動が出るのであって、ちょっかいを出すのは相手が笑顔で受け止めてくれると知ってるからです。

「ちょっかい出したらきっと元カノはこういうだろうなぁ…」とその一部始終を想像できているし、ちょっかいを出す前から元カノの反応がわかるのです。

友達から「なんで別れたの?もったいない」と言われた

元彼がちょっかいを出してくる背景には、友達から「なんで別れたの?もったいない」と言われた可能性が見えてきます。

友達も元カノの存在が気になっていたのかもしれません。

しかし友達の彼女です。

気になっていたとはおくびにも出せなかったのですが、別れた今となっては「なぜ?」と問いたい気持ちでいっぱいなのです。

その時になって「え?」と元彼は気づくのです。

「元カノがいかに周囲から注目されていた存在だったか」ということに。

しかしもう別れてしまったからには、どう元カノに接していいかわかりません。

けれども元彼には「以前は彼女だった」という強みがあります。

その強みが生かせるのが「ちょっかい」なのです。

友達同士でもちょっかいを出すことはできますが、元カノには友達にはない特別な思い入れがあります。

その思い入れが強く働くのが、友達に「え?別れたの?なんてもったいない!」と言われた時なのです。

付き合うのは無理かもしれないが遊ぶ機会を狙っている

ちょっかいを出してくるのは「復縁は無理かも」と考えていますが、できれば一緒に遊べるような機会を狙っている可能性があります。

元彼は「自分から復縁したい」とは言わないでしょう。

特にちょっかいを出してくるタイプは、絶対に言いません。

元彼には元彼のプライドがあります。

しかしちょっかい程度なら、元彼的にはノープロブレムです。

ちょっかいを出す程度なら、少なくとも元カノに嫌われることはないからです。

そしてちょっかいには、元カノの気が変わってくれないかと期待半分な気持ちと「ちょっと遊びにいければな」という軽いノリが相まっているのです。

いきなり復縁できなくても全く問題ではないし、関わりだけは持っていたいと元彼は考えています。

 

復縁したがっている?元彼のちょっかいから本音を見抜く

別れてもちょっかいを出せるくらい気軽に接することができると考えている

元カノにちょっかいを出す元彼の多くは「別れても元カノと気軽に接することができてる証拠」と前向きにとらえています。

別れるまでに一悶着やトラブルなどがあった場合、もし再会しても気軽に接することはちょっと難しいです。

なぜなら別れによってお互いの心に傷を残したから。

「ちょっかいなんてとんでもない!」といったところでしょう。

これとは反対に双方が納得ずくの円満な別れなら、元彼は元カノにちょっかいを出しやすいです。

むしろちょっかいを出したくてウズウズしていたかもしれません。

「元彼は元カノにまだ気がある」とみていいでしょう。

このように元カノと気軽に接することができてる証拠として「ちょっかい」を出してきますが、たいていは円満に別れられた時のみです。

復縁したくてもシリアスに打ち明けられないためにきっかけとしてちょっかいを出す

当然ながら復縁したいと思っている時も、元彼はちょっかいを出してきます。

しかしシリアスに打ち明けることができずに、きっかけとしてちょっかいを利用します。

これは衝動的な行動ともとれます。

そうするしかないのでしょう。

元彼にとって復縁は、今までに経験したことのない分野で人生最大のハードルのようにも思えます。

「経験値はゼロ」と言ってもいいでしょう。

戸惑いや迷いがあっても不思議ではなく、何とか成功させるために必死なのです。

それほどまでに必死なのは「復縁を断られるかもしれないから」です。

復縁を断られるほどプライドが傷つくことはありません。

もしかすると一生忘れられない不幸な出来事になってしまう可能性も否めません。

元彼は自分が傷つかないための防護策として、ちょっかいという作戦を決行します。

元カノにちょっかいを出した時すげなく距離をおかれても、元彼は傷つかずに済みます。

単純にやっぱり元カノが好きだからちょっかいを出さずにいられない

元彼が「単純に言ってやっぱり元カノが好き」と思っている時も、元カノにちょっかいを出してきます。

ちょっかいを出さずにいられないのは、磁石のように元カノに引き付けられるからです。

人は誰でも「好きな人には少しでも近寄りたい」と思うものです。

そして世間話でもなんでもいいから、興味あるトピックで会話できれば最高と考えます。

楽しい会話で盛り上がれば次へとつながり、ますますいい関係が築けるでしょう。

元カノとも会話が盛り上がり「また会いたい」と思ってもらえたら復縁は大成功です。

「でもなぁ…」と元彼は考えます。

元彼の中で問題なのが「元カノはまだ自分を好きかどうか」です。

実は元彼は別れた後も「自分はまだ好きなのにあいつは俺のことを嫌っていたらどうしよう?」とネガティブに考えているものなのです。

でも相手の気持ちはどうであれ、元カノを好きには変わりありません。

それを確かめるべくちょっかいしてくるのであって、本当に好きならちょっかいを出さずにはいられないのです。

ちょっかいを出したら元カノからどんな反応が来るか期待半分なのが本音

ちょっかいを出してくる元彼は「元カノからどんな反応が返ってくるか期待半分なのが本音」です。

別れる前にも元彼はちょっかいを出してくることが多かったかもしれません。

仲が良かったのなら、ちょっかいはイチャイチャするきっかけという場合が多いです。

元彼にはイチャイチャへとつながる「定番のちょっかい」があったかもしれません。

たとえばお笑いコンビのボケとツッコミのようなものです。

ボケツッコミの多くは定番の流れなので、笑いにつながると分かっているので安心して観ていられますよね。

元彼にとってちょっかいは、お笑いネタのツッコミと同じジャンルなのです。

しかし唯一違うのは相手が彼女で、その後は彼女とイチャイチャする流れになることです。

「あの頃と同じ反応が返ってきたら…」と考えると元彼はの心はハートでいっぱいになり、はやる気持ちを抑えられないでしょう。

そんな期待を半分持ちつつ、ちょっかいを出してきます。

元彼の表情に注目する。復縁に本気ならちょっかいでも目が真剣

元彼の本音は彼の表情に注目すればだいたいわかります。

復縁に本気ならちょっかいを出しながらも、表情は固く緊張を隠せません。

そのポイントは「目」にあります。

「ちょっかい」というシチュエーションなのにも関わらず、目は真剣なのです。

この時の元彼の心情を察するなら「この機会を逃したらもう終わりだ」「やっぱり元カノが好きだけど戻れるか不安」「どうしたらいいかわからない」という状態です。

つまり真剣な眼差しの影には不安や恐れが渦巻いていたり「元カノと元サヤになれるのか、それとももうダメか」というような強い葛藤に襲われているのです。

逆に「大して復縁など考えていない」「復縁なんてどうでもいい」という場合は、ちょっかいを出しながらヘラヘラと薄ら笑いを浮かべ不屈な表情でいることが多いです。

こういう男性は、今が楽しければいいのです。

このように女性ならではの優れた勘を起動させれば、元彼の表情から読み取れることは大筋で当たっています。

ちょっかいを出しながら「今どうしてるか」「二人で会えないか」探りを入れてくる

ちょっかいを出してくる元彼がもし復縁したがっているなら「今どうしているのか」「二人で会えるのかどうか」の探りを入れてきます。

復縁するにはなんと言っても「二人だけで会うのが大前提」だからです。

そのためそれまで頼ってきた友人は必要なくなり、元カノに直談判ならぬ直接ちょっかいを出して様子をうかがうのです。

元カノのスケジュールをだいたい知っているなら「休日はいつなのか」「いつがヒマなのか」を知っています。

その辺りを踏まえつつ元カノに拒否されないように注意を払いながら、ちょっかいを出した後二人で会おうと画策してきます。

まず初めに観たい映画やライブ、イベントなどにトピックを絞ってきます。

盛り上がったときに「じゃ行こうよ」と言われたら「うん」と言うしかありません。

このように二人で会う機会を探すのですが、そのやり方はかなり慎重です。

ちょっかいを出しながらも堀から埋めていく方式で足元がためをしているのですが、反面ちょっかいに乗ってきた時点で元カノとの復縁は可能と信じているのです。

男性心理を読み取るためには、こちらの記事にも目を通しておいてください。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

脈ナシかも…ただかまってほしいだけの元彼のちょっかいとは

からかうだけのちょっかいでその後何も変化がない場合

元カノをからかうだけのちょっかいをされその後何も変化が起きないなら、ただかまって欲しかっただけかもしれません。

彼の性格をよく知っているなら今も、そしてこれからも元彼に期待をかけない方がいいでしょう。

プラスのイメージで復縁を引き寄せようとしても、中には復縁しない方がいい男性もいるからです。

たとえばただ気を引くためにちょっかいを出してくる男性は、こちらから願い下げにするべきです。

また人としていかがなものかと思えるタイプが、もうすでに新カノがいるのにも関わらずちょっかいを出してくる男性です。

こういう男性は「元カノはまだ俺のことが好き」と信じ込んでいます。

元彼にまだ残っているなら、彼がそう思い込むもの仕方がありません。

しかしヒマだからとかかまって欲しいからちょっかいを出されたのでは「人をバカにするのもいい加減にして!」と言いたいところで
す。

ちょっかいを出されて嫌な気分になるなら、頭の中から元彼を完全に切り離す工夫をした方が良さそう。

元彼への気持ちがなくなれば、ちょっかいする対象ではなくなります。

友達と一緒になってちょっかいを出してくるのは復縁する勇気がない

元彼だけでなく彼の友達も一緒になってちょっかいを出してくる場合は、復縁する勇気はほぼナシでしょう。

元彼の真意はおそらく友達も知っていて「二人の復縁はない」と折り込み済みです。

ヨリを戻したい、また付き合いたいという考えでいるなら、友達と一緒にからかったりちょっかいを出すことはしません。

元彼は友達と遊んでいる方が落ち着くのかもしれません。

あるいは元カノへの好意はあるけれど、恋愛関係が苦手ということも考えられます。

いつの世でも男女間で精神年齢の違いがあるのは明らかです。

さらに精神的に幼い男性は、どうすれば良い恋愛関係を築けるかを真剣に考えたことがありません。

一度好きになって付き合ったからといっても、問題が起きた時に解決する能力を持ち合わせていないのです。

経験値の低さが原因もあるのですが残念ながらこのようなタイプの男性はたとえちょっかいを出してきたとしても、復縁する気はありません。

「お前まだ彼氏できないの?俺彼女できたし」とはっきり言われる

元彼がジョーク混じりとはいえ「俺にはもう彼女できたし」とはっきり言ってくるなら復縁を考えていない証拠です。

「お前まだ彼氏できないの?」など言われたら「あんたに言われたくないわ!」と言ってしまいそうですよね。

このように元カノを試すかのような態度は非常に挑戦的で、こんな軽口を叩く男には近づかない方が良さそうです。

しかしこういう男に限って、たびたびちょっかいを出してくるものです。

しかも想像以上にしつこかったりします。

この世には相手が嫌がることを好んでする人間がいることは確かです。

なぜそのようなことをするのでしょうか。

それは「相手が嫌がること=相手に興味を持って欲しい」という現れです。

ちょっかいを出すタイプの深層心理は「相手からの反応が欲しいだけ」なのです。

相手が好むと好まざるに関わらず、反応して欲しいからちょっかいを出すのです。

動機が不純だし性格も謎すぎるので、こういう男性とたとえめでたく復縁できたとしても問題山積みになることは間違いないでしょう。

裏の無いちょっかい。明らかに以前と違う彼になってしまった

元彼が裏の無いちょっかいを出してくる時、彼が以前とは違う人になってしまった可能性が高いです。

裏の無いちょっかいとは、ちょっかいを出してくる真意が全く読めないものです。

別れたことがあまりにショックで、元彼を別人にしてしまったのかもしれません。

また何か別の問題が起きたことが原因ということも考えられます。

どちらにせよ、元彼は以前の彼とは違う人になってしまいました。

ちょっかいを出されても元彼から何も感じてこないのはそのためです。

しかし変わってしまった元彼を元に戻そうと必死になるのはやめておきましょう。

また「元彼が変わったのは自分のせい」と自分を責めるのも間違った考えです。

元彼には元彼の考え方があります。

せめて元彼が元気でいられるよう願うことだけが、元カノとして唯一できることです。

付き合っている頃からマウントを取るのが癖なだけ

元彼がちょっかいを出してくる時、付き合っている頃から何かとマウントを取るのが癖なだけという場合も往々にしてあります。

このような男性は自分を優位に保ちたいがために、弱者と言われる人たちを下に置こうとします。

彼にとって女性も弱者で、元カノの存在も下に置きたがります。

なのでちょっかいを出してくる時も「あいつにちょっかいを出してやろう」くらいに考えています。

そのため元彼の心理には「はっきりとした明確な復縁願望は無いに等しい」と考えてください。

そうは言っても元彼が好きで忘れられないなら、どうしても復縁したいですよね。

彼に復縁願望がなくても、元カノを必要としている場合もあります。

なぜならマウントを取る男性の多くは、孤独だから。

孤独に耐えられない時、元カノとヨリを戻そうと復縁話を持ってくることがあります。

孤独感はマウントを取る男性の最大の弱点です。

広い心で接することができれば、彼の孤独を癒すことができるでしょう。

こちらの記事では元彼の心理について、さらに深く掘り下げています。

 

元彼のちょっかいにほだされずに自分を保つ方法

ひどいちょっかいには毅然とした態度で元彼を叱る

元彼のひどいちょっかいに屈せず自分を保つには「毅然とした態度」がポイントです。

いつものようにちょっかいにほだされるようではいけません。

彼を変えるためには、まずは自分から変えましょう。

「元カノは優しかった」というイメージを払拭するべく、元彼を叱っても良いのです。

叱られた元彼は、さぞ驚くことでしょう。

その「一発」で、もうちょっかいを出してこなくなりますよ。

そこまでしたくないなら、叱らずに彼をさとしてください。

「そういうのはやめてね」と。

言わなくてもわかるだろう、という考えは今後捨て去りましょう。

人によって考え方は全く違うのです。

むろん同じように考えられる人もいれば、全く共感できない話の通じない人もいます。

「言わなくてもわかる」と考えるのは自由なのですが、考え方が違う人には理解できません。

「さとす」ということは、彼に理解を求めることです。

ちょっかいを出されると不快なこと、からかわれるのは望んでいないことをはっきりと伝えてください。

つまらないジョークを言ってきた時でも必ずしも反応する必要はない

元彼がちょっかいを出してきたり、つまらないジョークを言ってきても必ずしも反応しなければいけないことはありません。

冷たい性格と思われたくないからといつも笑ってあげたりウケてあげていたのでは、彼のためになりません。

そんな無駄な時間は今後一切減らすべきでしょう。

具体的にはちょっかいを出してきても、真顔でスルーします。

「はー…」とため息をつくのもいいかもしれません。

とにかくちょっかいに対して反応しないことが大切です。

元彼は「あれ?」とスルーされたことに唖然とします。

これでOKです。

もう二度とちょっかいしてこなくなります。

「ちょっかいを出す男性は子供」と自分に言い聞かせる

何をしてもちょっかいしてくる元彼に対し、考え得る対策がもう無いなら「彼は子ども」と自分に言い聞かせてください。

彼はちょっかいをやめる気は毛頭ないのです。

何しろ「ちょっかい」という方法で元カノとの接点を持ち続けたいのですから。

大変に面倒なタイプの男性ですが、彼を子どもと思うことができれば多少気分は楽になることでしょう。

男性たちの中には、中身は子どものままで見かけばかり成長してしまった人がかなりの数で存在します。

どう見ても立派な大人なのにその思考は驚くほど幼いため、周囲の人を困らせることも多いです。

そしてその標的になりやすいのが「彼女」です。

好きになった彼氏なので一生懸命尽くしますが、精神年齢の低い彼にとってそれはプラスになることばかりではありません。

付き合いが長くなるにつれ徐々に「彼って子どもみたい」と感じるシチュエーションが多くみられるようになるのです。

つまり彼の幼さを良しとし甘やかしたことも加わって、幼さを助長してしまった可能性があります。

遅かれ早かれ彼女としては、彼に愛想が尽きてしまうのは間違いありません。

別れた後でもちょっかいを出してくるのは、他人の感情やその場その場の状況の空気を読めないからです。

「彼は子どもなんだ」と思えれば、ちょっかいしてきても「子どもな元彼のなせる技」として捉えることができます。

のれんに腕押し方式で何も言わず微笑んでいれば元彼はちょっかいを出す気が失せる

ちょっかいを出されても自分を保つには、何も言わずに微笑んでいること。

こののれんに腕押し方式はスルーするのと似ていますが、ここでは「微笑む」がポイントです。

元彼は確実にちょっかいを出すことにやる気を無くします。

とは言え、初めは微笑む元カノを小馬鹿にしてくることも予想されます。

これは微笑まれたことに対して、元彼がバカにされたように感じるからです。

元彼はちょっかいを出すのは元カノの反応を期待しているからで、からかった時の反応が楽しくてちょっかいを出すのです。

いつもだったら感情的に嫌がったり笑ったりするのに、今日に限っては無反応で微笑むだけ。

「これは何か考えてるに違いない」と元彼は疑心暗鬼です。

気分が落ちると、もう元彼はちょっかいを出す気にはなれません。

ため息をついて「つまらないんだけど?」と首をかしげる

元彼のちょっかいをやめさせるためには、ため息をつきながら「つまんないんだけど?」と言ってみてください。

小言や文句を言ってくるかもしれませんが、これでちょっかいを出してくるのをやめてくれるはずです。

元々元彼がちょっかいなどしてこなければ、自分を保つことができるのです。

我慢できる範囲なら甘んじてちょっかいを受け入れてもいいかもしれませんが、だんだん面倒になってきたならさっさとやめてもらいたいですよね。

それには元彼に気付いてもらうしかありません。

(あ、つまんないんだ…)と気づくので、相当ショックに感じることでしょう。

なぜなら自分のちょっかいに元カノは喜んでいると勘違いしていたから。

このように「ちょっかいは相手が迷惑する」と認識してもらえば、もうちょっかいを出してくることはなくなります。

元彼に興味を示さなければ、ちょっかいを出してこない

元彼のちょっかいに興味を示さないことも重要なポイントです。

元カノはまだ自分に興味があると思っているから、ちょっかいしてくるのです。

元彼が何を言ってきてもどんなちょっかいを出してきても、今後は興味を示さないでください。

元彼に引きずり下ろされないくらい高い位置に自分を持って行きましょう。

ちょっかいに惑わされない、気高い自分でいることが大切です。

また元彼との接点を急激に減らすことも考えたり、極力距離を置きましょう。

簡単に手が届く元カノよりも手が届かないくらい遠い存在の元カノの方が、元彼の目には魅力的に映ります。

元カノが大事な存在だと気づけば、もう二度とちょっかいを出してきません。

元彼のちょっかいを逆手にとって復縁に持ち込むためにすべきこと

「私のことまだ好きなんでしょ?」ちょっかいにはジョークで返して盛り上がる

元彼のちょっかいを逆手に取るには、ジョークで切り返したり軽いノリの会話で盛り上がることをやってみてください。

たとえば「まだ私のこと好きなんでしょ?好きなら好きって言えばいいじゃん!」と冗談めかして言ってみます。

ちょっかいを出してくるのは元カノにまだ気が残っているのと、元カノに注目させて気を引きたいだけなのです。

でも元彼にはどうしたら元カノとの距離を縮められるかがわかりません。

失敗して嫌われたら元も子もないですし。

「せめて元カノからも何かアクションがあれば」…と考えていると想定して、こういう時は陽動作戦といきましょう。

ちょっかいにくじけることなくジョークで切り返しましょう。

こういう男性には少々強気で嫌味も含んだジョークの方が相手のテンションが上がります。

ちょっかいに決してめげないこと。

これもとても大事なことです。

ちょっかいを出されたら重要なポイントは「その後の会話のノリ」

ちょっかいを出された時はなるべくジョークで切り返すと同時に、その後の会話のノリも重要と考えてください。

彼にとってちょっかいは「きっかけ」に過ぎません。

元カノとの接点を作るためにちょっかいを利用しているのです。

なのでちょっかいを出されことをいつまでも根にもたないようにしましょう。

すぐさま会話のトピックを変えることも含めて、すべての会話には「楽しさ」を考慮してください。

楽しい会話を心がければ、元彼が抱く元カノの印象をガラリと変えてくれます。

元彼に最も歓迎されるトピックは「彼についての質問」です。

インタビュアーになったつもりで、なんでもいいので元彼に質問してください。

自分のことに興味を持って質問された元彼は、とてもいい気分を味わっています。

しかしあまりにも気分が良くなって調子に乗ってしまうあまり、ちょっかい出してくるのが癖になったらそれはそれで面倒ですよね。

「何事もほどほどに」が大切です。

ちょっかいに反応して腕をつかんだり叩くなど元彼にボディタッチする

元彼にちょっかいを逆手にとって復縁に持ち込む最も効果的な方法が「元彼にボディタッチすること」です。

ちょっかいに対してすぐさま元彼の腕をつかんだり軽く叩いたりしてみてください。

ほんのりと温かい元カノの手に、元彼は思わず癒されてしまうでしょう。

それだけでなく元カノ自身のハートも伝わります。

元彼は自分に触れてきてくれるくらい、二人の関係の修復を察知します。

会話というコミニュケーションから一歩進むので、ここからの復縁は早いかもしれません。

これはちょっとした実験なのですが「つかんだ腕をしばらく離さない」というのも一つの方法として覚えておいてください。

腕と一緒に元彼の心もつかむことができますよ。

ちょっかいされた途端にクルッと踵を返し泣くフリをする

復縁へと持ち込みたい時にぜひ試してもらいたい方法が「ちょっかい出された途端に少しだけ泣てみる」ということです。

クルリと背中を向け、手で顔を覆ってうつむくだけでもOKです。

元彼は慌てふためくでしょう。

「オレ、なんか悪いこと言っちゃった?」と自問自答し始めます。

「ジャーン!冗談だよー!」と言いながら振り返るのもアリですが、ここではちょっかいに対して傷ついた心でいる元カノを演じます。

多くの男性たちは、女性の涙に弱いもの。

とは言え「元彼を騙すのは辛い」という人もいることでしょう。

しかし騙すのではなく「元彼に軌道修正を図ってもらう」と考えてください。

このままでは何の進展も見られません。

一気に復縁へと持ち込むには、何らかの動機付けが必要になってきます。

元彼は、がっくり肩を落とし泣き続ける元カノにか弱さを感じるため「オレが守ってあげなきゃ」という心境に達するのです。

彼氏に「この子を守ってあげたい」と思わせるのは、うまく付き合っていく上で何よりも大事なことです。

本当に元彼と復縁したいなら「泣き真似はイヤだ」という抵抗感を、今だけ外してみてください。

元彼からのちょっかいに幸せそうな顔をしたり終始笑顔でいる。

最後のとっておきの方法を伝授しますが、その方法のコツが「元カノの幸せそうな顔」です。

多くの男性たちは好きな女性を幸せにしたいと考えています。

彼女が喜ぶことなら何でもやりたいし、もっと喜ばせることはないかと目論むのです。

サプライズ好きな男性の場合、特にこのような一面が強く現れています。

ちょっかいを出されても幸せそうにしたり終始笑顔でいれば、彼は嬉しく感じるのです。

そうしているうちに、元彼はちょっかいを出すことに飽きてきます。

なぜなら永遠にちょっかいを出し続ける男性などこの世に存在しないからです。

元カノの方もちょっかいに辛抱するわけでもなく、平和に復縁を迎えることができます。

元彼の本気度についての詳細は、こちらの記事をぜひ一読してみてください。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「元彼のちょっかいは本音が見抜きにくい!復縁を狙うなら彼の本音を分析すべし」

占い師 姫乃
元彼のちょっかいって、そこに隠された本音を見抜くのはかなり難しいのよね。

聞くわけにもいかないので推測するしかないのだけど、勘の鋭い女性ならいとも簡単に見抜けるわ。

この記事を参考にすれば、ある程度の傾向はつかめるはずよ。

復縁の願いが叶うよう、陰ながらいつも応援しています!

 

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事