情で復縁して付き合う男性の本音とやり直した後惰性の恋愛にならず本気で愛し合える方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

情で復縁してもらったらどんな風になるか、考えてみたことはありますか?

情の先には何が待っているのか、苦しいのか、つらいのか、それとも??

想像もつかないその裏事情には何が隠されているのでしょうか。

この記事では、そのような「情で復縁する」すべてに対応しています。

今回は、情で復縁して付き合う男性の本音と、やり直した後惰性の恋愛にならず本気で愛し合える方法について詳しくご紹介します。

私たち女性が知る術もない、情で付き合う男性心理についても解説しました。

ではさっそくみていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

情で付き合う時の男性心理

嫌いではないがすっかり冷めてしまっている

情で付き合う時の代表的な男性心理が「嫌いではない」ということ。

好きか嫌いかで聞かれたら「嫌いではない」が、かと言って別に好きとか嫌いで決められない相手、という心境でいます。

これは恋愛に完全に冷めている証拠で、元々恋愛志向ではなく女性との関係を冷静に考える男性に多いです。

性格的に恋愛にのめり込むことができず、いつも傍観者でいることを望みます。

彼女にも自分の生活を乱されるのもイヤだし、深入りして欲しくない気持ちでいます。

そのように自分のスタンスがはっきりしている男性は特に恋愛関係が「情」になりがちです。

冷めているため自分から関係性を良くしようと思うこともなく、常に受け身です。

自分から連絡することもあまりありません。

女性側から見たら「本当に私のことが好きなの?」と疑惑を感じますが、これは想像上の恋愛関係とあまりにも違うためです。

少なくとも、甘い恋愛関係ではありません。

彼氏からのアプローチがほとんどないので、女性側から歩み寄るしかないのです。

しかし歩みよれば歩み寄るほど、彼氏は逃げていってしまう感じがします。

本来男性は狩猟本能によって、女性を追いたい性質を持っていますが、これでは真逆です。

追えば逃げる関係になってしまうと、ますます相手は冷めてしまいます。

付き合っているメリットは何も感じられないが仕方なく付き合っている

彼氏が「付き合っているメリットが何もない」と感じているとき、そこには「情」しかありません。

この時、彼氏がイメージしている理想の恋愛関係と大きくかけ離れている状態です。

何とか理想の恋愛関係を目指したいと思いますが、相手がいることですからなかなかうまくいきません。

恋愛関係でちょっとしたいざこざは避けられないもの。

そんな「ちょっとしたこと」が理想の恋愛関係にわずかな亀裂を生じさせます。

目に見えないような亀裂でも、「ちょっとしたいざこざ」が回数を増すごとにどんどん大きくなります。

気づいた時には修復不可能になり、結果的にそこには「情」だけが残ります。

こうなると付き合いそのものに何もメリットはなくなります。

お互いに問題を乗り越えるパワーと情熱がない限り、デメリットだらけの関係が変わることはありません。

このようにメリットがないのにすぐに別れるわけにはいかないなら、そこにあるのは「情」だけです。

 

別れたいが彼女を傷つけるかと思うと二の足を踏んでしまう

情で付き合う男性の多くは「別れたいがそのために彼女を傷つけたくない」と二の足を踏んでいます。

このように考える男性は少なくともサイコパスタイプではありません。

サイコパスタイプは人の痛みがわかりません。

相手がどう思っているかに関係なく、自分の考えを優先し実行に移します。

「おそろしく冷たい人」というのがサイコパスタイプの印象で、情のかけらもないのが特徴です。

このサイコパスと正反対の性格なのが「彼女を傷つけたくない」と考える男性です。

良くも悪くも「情」に縛られています。

相手の気持ちに深く分け入り、その心情を察します。

優しい性格といえば響きは良いのですが、そこには優柔不断という性格も潜んでいます。

別れたくても「スパッ」と切ることは、性格上どうしてもできないのです。

このように優しくて優柔不断な性格には「情」がからみついているため、本当の自分らしさを出せません。

情に縛られず本当の自分でいられればどんなに楽か、と思っても「彼女を傷つけたくない」という気持ちがそれを許してくれません。

まったくタイプではないが彼女から必要とされてる

まったくタイプではない彼女でしかも彼女から必要とされている時、その男性心理は「情」だけです。

その情の中には、あらゆる感情が交錯しています。

「なぜこの女性と付き合うことになったんだろう?」

「どうしたら会わずに済むだろうか」

「別れるきっかけが見つからない」

「いつまでこの関係を続けるのか」

このように自問自答を繰り返しています。

本意ではない関係の多くは、彼女の押しの強さで継続しています。

押しの強さによって、なぜか彼氏は「必要とされている」と思ってしまいます。

もちろん「彼氏を失いたくない」「必要としている」から「押す」のです。

ここには彼を手放したくない執着心が隠れています。

執着心は、男女関係が苦しくなってしまう一因です。

彼女から執着を持たれた彼氏は、「めんどくさい」「うざい」というような、マイナスな印象しか持ちません。

そんな感情を起こさせる執着心をおとなしくさせるには、彼氏が「情」を持って対応するしかないのです。

この時の「情」は。「好き」とか「嫌い」を超えた「あきらめ」に近い感情です。

悶々とあきらめの感情は、恋愛初期のワクワクとは正反対です。

ここから恋愛初期のワクワク感に戻るのは至難のワザです。

仕事の方が大事で恋愛なんてめんどくさい

情で付き合う男性は「仕事の方が大事」と考えている人も意外に多いのが現実です。

「恋愛自体に興味が持てないし、恋愛なんてめんどくさい」と思っています。

そう思うには何らかの理由があります。

「過去の大失恋」は情で付き合う理由の一つです。

軽く済む失恋もあれば、場合によっては消すことのできないダメージとして残ってしまいます。

心のダメージは恋愛に対する恐怖を植え付けることもあります。

さらなる恐怖心やダメージを抱いていると「もう恋愛なんてコリゴリ」と思ってしまいます。

恋愛をあきらめたあとは、仕事や趣味にその情熱を傾けます。

特に大好きな趣味がある男性なら、その趣味によって自分が癒されるを感じます。

また仕事に没頭する場合、恋愛から自分を切り離し過去のダメージを消そうとします。

このようなプロセス中に、女性からのアプローチがあっても乗り気にはなれません。

過去の大失恋によるダメージが疼くためです。

自分を守ろうとするため、本気になれません。

こんな時、仕方なく「情」で付き合うことになります。

別れた方がお互いのためになりそうだが、別れたあとを考えると前に進めない

情で付き合う男性は「本当なら別れた方がお互いにためになる」と密かに考えます。

しかし別れるためにどうアプローチしたらいいか、また別れたあとのことを考えると前に進めません。

お互いに別れたいならまだしも、自分だけの都合で別れを告げることが意に反して仕方がありません。

つまり別れるためのきっかけが見つからないのです。

もし別れられたとしても、その後2人の関係がどんな風に変わるか予想がつかないことも前に進めない原因です。

「別れたら寂しくなってしまうのではないか」

「別れたことを後悔してしまうのではないか」

このように悶々とします。

あれこれと考えを巡らせながら結局は何も行動に起こせないし、彼女からのデートの誘いにはいつも気乗りしないままです。

「情だけで付き合ってるな」と彼氏が感じるのはこういう時です。

情が湧いて手放しきれない…そう思わせる女性の特徴

言いなりにならず自分軸を持っている

思わず情が湧いてしまうタイプが「自分軸を持っている女性」です。

彼氏のことが好きでも決して言いなりにはなりません。

2人の間で何か決め事をするとき、きちんと自分の意見を言える女性です。

とはいえ、自己中な性格とは違います。

むしろ人の意見を尊重しながら、自分の考えを伝えることができる人です。

性格的にはとてもしっかりしていて姉さん女房型です。

男性をグイグイ引っ張っていく強さがありますが、むやみやたらとしゃしゃり出ることはしません。

もしかすると、結婚したら鬼嫁になるタイプかもしれません。

このように自分軸をしっかり持っている女性に対して男性は、情が湧いてしまい手放しきれません。

適度にわがままな性格だったり病気がちなどで何かと手がかかる

情が湧いて手放せなくなる女性のタイプに「適度にわがままなこと」が挙げられます。

「わがまま」と言うと聞こえが良くないかもしれませんが、見方を変えれば「甘え上手」と言うことです。

甘え上手な女性に、男性はたまらない魅力を感じます。

意外にもわがままでない女性よりわがままな女性の方が、男性の「守ってあげたい本能」が発動するものです。

「しょうがないなぁ」と言いながらも、心の中は「女性に喜んでもらえる至上の喜び」と感じています。

また彼女が体調を崩しやすかったり、病気がちで何かと手がかかる場合も同様です。

一人暮らしなどで頼れる人がいない時、必然的に頼ってしまうのが「彼」です。

彼としては「彼女を助けてあげられるのは自分しかいない」という使命感が湧いてくるのを感じます。

さすがに病気の人を放っておくわけにはいきませんし、自分のことはさておき彼女のために行動を起こすしか他に手立てはありません。

「手がかかるなぁ」と思いながらも、その気持ちはいつしか情へと移行します。

病気がちであればなおさら情によっていつも彼女の体調が心配になるため、まるで親のような気分です。

彼女を手放せないと感じるのは、このような時です。

「本当に俺のこと好きなの?」と思わせるような時がある

「情が湧いて手放しきれない」と思わせるのが「本当に俺のことが本当に好きなの?」と疑いたくなる時です。

そう疑いたくなる彼女の行動の一つが「連絡が取れたり取れなかったりすること」です。

また急に行方知れずになったり、突然予定をキャンセルするなど、行動全般が読めません。

まるで彼女に翻弄されるような扱いによって、今まで情でしかなかったものが手放せないほどの執着心に変化してしまいます。

このような時「本当に俺のことが好きなの?」と疑いたくなり、それが高じて「情が湧いて手放しきれない」ということに。

彼氏の気持ちが自分でもよくわからなくなるのが、このようなときです。

彼女が仕事や趣味に忙しそうで2人で過ごす時間があまりない

彼がいくら情で付き合っているとはいえ、2人で過ごす時間があまりない場合「なんとなく手放しきれない」という気持ちへと変化します。

それも「彼氏はいくらでも時間はあるのに彼女の方が仕事や趣味に忙しそうな時」という条件が付きます。

彼がヒマを持て余している時、彼女が忙しそうにしていると「おや?、なんか変だな」と思います。

せっかくの休みに1人でボーッとしている自分に気づくと、いてもたってもいられません。

やらなければいけないことや没頭できる趣味がない限り、休日が終わるのはあっという間です。

なんで自分だけヒマなの?という疑問が湧くと、忙しそうにしている彼女に嫉妬心さえ起きます。

このような時「情」で付き合っている自分が損をしているような気分です。

「いっそのこと別れてしまおうか」とも思いますが、そこに情が絡んでいるとバッサリと彼女を切り捨てることはできません。

それよりも忙しくしている彼女を待つ身にとっては、ただただ「手放せない」という意識です。

なぜなら彼は「いつか俺と同じようにヒマになるかもしれない」という淡い期待を抱いているためです。

勘が鋭くて何も言わなくてもわかってくれている

情が湧いて手放しきれないタイプが「勘が鋭く何も言わなくてもわかってくれている」ような女性です。

そのような彼女だったら、彼氏の考えていることのほとんどがお見通しです。

食べたいものや欲しているものが何なのか、だいたい察しがつきます。

また何を考えているかがその表情から読み取れます。

その勘の鋭さに、いつも驚くのが彼です。

彼にとって自分のことをなんでもわかってしまう彼女は、とてつもなく脅威の存在です。

なぜなら彼女に隠し事ができないからです。

彼女と同じように自分も勘が鋭いなら、その気持ちが理解できるでしょう。

しかしなんの前触れもなく突然自分の考えを言い当てる女性は、そうやすやすといるものではありません。

「これが運命の人なのか?」という思わされることもたびたび出てきます。

このように勘が鋭く、何も言わなくてもわかってくれる女性なら「情で付き合っていてもなかなか手放せない」ということになります。

ケンカしてる時以外はすごくいい彼女

情が湧いて手放せないのが「ケンカしている時以外はすごくいい彼女」という場合です。

「ケンカしている時以外は」という前置きがつくのがポイントです。

すごくいい彼女なのにケンカすると最悪、というのはよくあることです。

彼氏としてみれば、100年の恋も冷めてしまうほどでしょう。

ケンカしている間は「すぐにでも別れたい」と思い、いつそう言おうか迷います。

ケンカ後もすぐに落ち着くわけではありません。

気分が悪いまま「どうしてああいう性格なのだろう」と、彼女を恨みます。

このようなことが続くと相手に対する感情は「嫌い」に大きく傾きます。

気分の悪さが抜けると同時にそこからは「嫌いだけど仕方なく」という「情」で付き合う形になります。

そうかと思うと、彼女の良い面を見るようになるとその意識が一変します。

ただしケンカが多発している場合、情で付き合っているという意識にあまり変化はないかもしれません。

同じことの繰り返しになると、もう彼女に期待はできないと理解できます。

このように情で付き合っていて手放せなくなるのは、彼女にも良い一面があるためです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「幸せの杜」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元彼に情で復縁してもらいもう一度付き合った先に待っている事

情で復縁すると以前と同じ繰り返しになって別れる可能性あり

元彼に情で復縁してもらった時に起きうる出来事が「同じ繰り返しになりやすい」ということです。

根本の原因が解決されない限り、いずれはまた別れてしまうでしょう。

このことをよく踏まえた上で復縁を考えた方が良さそうです。

そもそも相手に「情」だけを頼りに復縁してもらおうと考えるのは、リスキー極まりません。

なぜなら恋愛関係は、彼氏と彼女が対等の立場でなければうまくいかないからです。

どちらかが上から目線になると簡単に2人のバランスが崩れてしまい、本来楽しくなければいけない恋愛関係も一気に苦しいものになってしまいます。

情だけしかない関係の場合、楽しく嬉しい恋愛はほぼ望めません。

しかし情だけで繋がっているカップルが意外に多く存在することも事実です。

これをどうとらえるかはあなた次第ですし、こればかりはやってみなければわかりません。

待ち受けている別れにどう対処するか「チャレンジしがいはある」といったところです。

「まだ自分のこと好き」と彼氏に思わせると、ぞんざいに扱われる可能性あり

情で復縁してもらおうとした時「まだ自分のことが好きなんだ」と彼氏の思わせると、結果的にぞんざいに扱われてしまうことがあります。

ぞんざいとは大事にされなかったり、適当にあしらわれることです。

恋愛関係でぞんざいに扱われることは、あってはならないこと。

中にはぞんざいに扱われることが好みの超ドMな女性もいますが、多くの女性たちは彼に大切にされたいと願っています。

そう願っているにもかかわらず、情で復縁してもらったとき残念ながらその願いははかなくも葬り去られます。

情で復縁してもらう場合、彼には「渋々」というネガティブな感情がともなっています。

情を別の言葉で表すと「パーフェクトな愛情とは少し違うもの」という表現がぴったりです。

その言葉の中には「本当は乗り気じゃないのに」とか「できればやめておきたい」という心理がほんの少し隠れています。

このようにまったく乗り気ではない「情」だけでの復縁にも、ちょっとしたコツが必要です。

それには「好き」のメーターをグンと下げておく、ということです。

彼が「まだ俺のことすごく好きなのかも」と思われるだけで、あなたにとって復縁の妨げとなってしまいます。

復縁できたからといって決して浮かれず、冷静になることが長続きする秘訣です。

「結局はカラダが目的だったんだ」と理解することもある

情で復縁してもらった先に待っている可能性があるのが「カラダ目当てだった」という現実です。

これがわかったとたん、仮に復縁できことは成功だとしてもイマイチスッキリしません。

「カラダ目当てでも復縁できたらもうそれでいいわ」と考えられる女性なら何も問題ありませんが、「デートはいつもホテル」か「どちらかの部屋だけ」であれば、ちょっと考えた方が良さそうです。

彼の心の中からは「情で復縁してやったから」という言い訳が聞こえてきそうです。

あるいは「抱いてやればそれで満足だろうから」などと極悪非道な考えにいたる男性もいるでしょう。

このように情で復縁したときに起きるのが、「してやってるから」という彼の誤った犠牲的精神です。

別に頼んでいるわけではないので、このように思われるのは心外ですよね。

しかし恋愛関係に「情」が入ったとき実際に起こってしまうのが、このような考え方の行き違いなのです。

復縁後に何らかの変化があれば情が愛情に変わる

復縁後に何らかの変化があれば、情が愛情に変わることもあります。

これは、自然に任せておいただけでは変化は起きません。

せめて喜びのあまりに彼を束縛するようなことをしたり、彼の自由を奪ってしまうことだけは避けましょう。

つまり、彼との程よい距離感を保つことが重要なのです。

彼に接近しすぎて「うとましい」と思われるより、距離をおいて「あいつ何してんだろう?」と思わせた方がいいと思いませんか?

彼に心配させるくらいでちょうどいいかもしれません。

ちょっぴり心配したあと彼女と連絡が取れたのなら、いやで彼女に対する愛おしさが倍増します。

これが、情から愛情に変わる方法です。

あなたから連絡を取る習慣があるなら、それをやめましょう。

彼が「連絡をしたい」と思う気持ちを尊重し、それに委ねます。

連絡をしたいという欲求が満たされると、さらに愛情が高まります。

このように情から愛情へと変化させるには、お互いの努力やちょっとしたコツが必要なのです。

 

復縁してもらったことを引け目に感じていると良い関係を築けない

元彼に情で復縁してもらったとき、もしそのことを引け目に感じていると良い関係は築けません。

復縁後お互いに居心地の良さやしっかりした安定感を感じられる関係になれたのなら、それがもっとも理想的です。

しかし「復縁してもらった」という背景には、彼女側が引け目に感じている場合が多いです。

「不本意ながら復縁した」

「そんな気持ちでもないが復縁した」

言葉にはしなくても、間違いなく彼にこう思われている、と勝手に判断してしまいます。

この状況は、彼女にとって大変に不利と言わざるを得ません。

なぜなら、いつも彼の顔色を伺ったりご機嫌とりをするような、まったく自分らしくない行動に出ることが必要になるためです。

このように下手に出ると、彼はどんどん調子に乗ってくることが予想されます。

この時点で理想的なリレーションシップから、かなりかけ離れてしまいます。

このように復縁が引け目になっていると、思わぬ弊害を生んでしまうのです。

元カレとやり直した後惰性の恋愛にならず本気で愛し合える方法

元カレが気になる相手になるように自分を変える

復縁後、元カレと惰性の恋愛にならないようにするには「元カレが気になるような相手に自分を変えること」が必要です。

元カレが求める相手に変わることができれば、いずれ本気で愛し合えるようになるでしょう。

それには元カレとやり直すとわかったあたりで、気持ちを切り替えることが大切です。

まずは「今までの付き合い方ではNG」と理解してください。

今までの愛情表現、連絡の取り方、あなた自身の在り方、すべてを変える必要があります。

あなたが気になる存在になるには「頻繁に会わないこと!」、これにつきます。

会えないから、会いたくなるのです。

自分から「会いたい」とは言わないようにし、デートの約束は彼に任せます。

連絡も同様です。

今まで毎日のようにLINEしていたら、自分からLINEすることを避けます。

「そんなことしたら連絡が来なくなっちゃう」と心配だったら、今までのやり方をすべて変えることが必要ということを再び思い出してください。

荒療治に感じるかもしれません。

しかし「彼があなたのことが気になるようにするためにはこの方法しかない」のです。

彼の趣味や仕事に興味を持つ

自分から「会いたい」と言わないようにする代わりに、彼の趣味や仕事に対して興味を持つようにします。

何かにつけ「話題は彼氏のこと」に仕向けていきます。

誰でも自分のことを聞かれ興味をもたれると、相手に好感を抱きます。

自分のことをどんどん喋りたくなったり、相手に大きな信頼を寄せてくれるようになります。

聞き上手になるためには少々コツが必要です。

「うん、うん」と聞くばかりでなく、「それで?」とか「へぇ」などと相槌を変化させます。

こうすると相手がより心を開き、しゃべりやすくなるので会話が長続きします。

続けてしゃべっているうちに、心の奥に溜まっていたことまで吐き出すようになるでしょう。

会話が終わったあと彼は「なぜこんなにスッキリするだろう?」と思うはずです。

一方的に自分の話ばかりしないようにする

彼から本気で愛されるようになるには「自分の話はしないこと」に徹します。

もしいつもあなたが彼の前で自分の話ばかりしていたら、ここはちょっとつらく感じるかもしれません。

しかしあなたが変われば彼も変わるのです。

彼は自分の話をきちんと聞いてもらえれば、人が変わったようにあなたを本気で愛してくれるでしょう。

ポイントは「自分の話は聞かれたら話す」です。

会話の中心はあくまで「彼」です。

彼が話している最中に、少しでも自分の話に持っていってしまったら元の木阿弥です。

彼は「あなたといてもつまらない」と感じてしまいます。

あなたは彼をインタビューするインタビュアーだと思ってください。

しかしただ聞くだけではなく、彼の話に興味を持たなければいけません。

彼が気分よくしゃべり続ける姿をあなたは目の当たりにするでしょう。

イエスマンにならず自分の意見を持って接する

元カレとやり直したあと、惰性の恋愛にならず本気で愛し合えるようになるためには「彼のイエスマンにならないこと」が大切です。

彼のイエスマンにならないというのは、具体的には「自分の意見を持って接する」ということです。

恋愛関係はお互いに共感できる部分があればあるほど、幸せを感じるものです。

しかしそれぞれ違う環境や人間関係で成長してきたこともあり、考え方に相違があっても何ら不思議ではありません。

彼の意見に同意できない時もあるはずです。

そのような時に「復縁がうまくいくには自分が我慢すればいい」という精神は、超NGです。

相手の考え方に対して「それちょっとヘンだよ」と思っていたら、相手にハッキリそう言っていいのです。

我慢し作り笑顔まで作って同意することだけは避けましょう。

長い間には、お互いの関係に亀裂が入ってしまいます。

でも彼を敵に回すようなことはちょっと言いにくい?

ここがイエスマンにならないための重要なポイントです。

反対意見を言われた彼は、ちょっと不機嫌になるかもしれません。

しかし不機嫌になるのは彼の問題であって、あなたは関係ないのです。

たとえ彼が不機嫌になっても意に介せずスルーしてください。

言い訳したり食ってかかるのは、ケンカのもとです。

反対意見を伝える時、言い方次第ではトゲになって相手の心に深く刺さって傷つけてしまいます。

あくまで「やんわり」と、伝えましょう。

元カレに過剰な期待を抱かないようにする

元カレと復縁したあとお互い本気で愛し合えるようになるためには、相手に過剰な期待を抱かないことが必要です。

あなた自身も元カレから過剰に期待を抱かれると「重い」と感じるはずです。

別れたことは一つの学びでもあり、学んだことから次へのステップが始まります。

新たなステップをスタートさせるには、自分自身の努力無くしては実現しません。

一番努力すべきは「相手に対する期待」です。

今までもし何かと相手に期待することが多かったのであれば、その期待を自分に向けましょう。

彼は期待という重荷を外せるため、自由を手に入れます。

あなたの存在そのものも明るく軽いものに変化します。

あらゆる人間関係は重いよりも軽い方が何かとスムーズです。

このように相手に対する期待を外すだけでお互いに本気度が増し、さらに愛し愛されるようになります。

彼から素っ気ない態度を取られても気にしない

元カレと惰性の恋愛にならないためには、相手から素っ気ない態度を取られても気にしないことが大切です。

今までも彼の機嫌が悪いことがよくあったなら、あなたもとても神経を使ってきたことでしょう。

気にしない方がいい、と分かっていても、やはり彼にはいつもご機嫌でいてほしいのが正直な気持ちです。

また彼が機嫌が悪い時、なぜか「自分のせいではないか」と思いがちです。

しかしあなたが彼の機嫌が悪さまで責任を負う必要はないのです。

彼には彼の考えがあり、そこまで進入してはいけないという絶対領域があります。

その領域に足を踏み入れてどうにかしようと思っても、それはできないのです。

素っ気なかったり、機嫌が悪いのは彼の問題です。

あなたのせいばかりではありません。

こんな時は、彼を1人にしてあげましょう。

1人になることで、じっくり考えることができます。

大切に思われたいなら自ら自分を大切にする

彼から大切に思われたいなら、自分も大切にしましょう。

彼から誘われた時、他の約束を断るようなことをしていませんか?

友人関係をおろそかにすると、大事な友人たちは離れていってしまいます。

なぜなら信頼関係を失ってしまうためです。

他に約束があったら、必ずそちらを優先するべきです。

また自分が予定していたことと彼とのデートがかぶった時、自分の予定を取りやめるのも避けた方が無難です。

彼に大切に思われたいのなら、自分を含めた彼以外の人たちをもっと大切にしましょう。

習慣にし定着させていけば彼があなたに対する信頼度が上がり、もっと愛されるようになります。

元彼に追われる女性になれば復縁も簡単!その方法がこちら。
 


 

同情だけの苦しい付き合いをすっぱり諦める方法

元カレのことを考えると気持ちが下がるなら復縁しない方が良い

同情だけの苦しい恋愛は、もうしたくないですよね。

元カレのことを考えると気持ちが下がるなら、復縁はしない方が良いです。

諦めるためには、まずは「嵐が過ぎ去るまでジッと待つ」ことです。

あなたの感情が落ち着かない限りたとえ復縁がうまくいきそうでも、相手から見たらとても魅力ある女性には見えません。

いざ復縁となったとしてもその後、急速にどちらかが冷めてしまうのが目に見えています。

復縁は難しいかな、と思ったらすっぱり諦めましょう。

すっぱり諦めるためには、少々辛抱することがもっとも重要です。

嵐は必ず過ぎ去ります。

まずは連絡するのをやめてみる

同情だけの恋愛をもう終わりにしたい、もう諦めたいと思ったら、まずは元彼に連絡するのをやめます。

どんなに連絡したくても、自分からは連絡しないようにします。

ここも我慢のしどころです。

もう二度と連絡が取れないかもしれない、という焦りを感じるかもしれません。

しかし焦りが出た時こそ、強く決心します。

「もう諦める!」

これを大きな声で3回繰り返してください。

自分の声に必ず勇気づけられます。

苦しさを紛らわすには仕事や趣味に忙しくするしかない

同情だけの苦しい恋愛をすっぱり諦めるためには、仕事や趣味に忙しくすることが一番ベストです。

苦しさを紛らわすには、誰かをあてにするよりも自分から行動を起こすようにする方が、解決が早いです。

行動を起こせば、周囲の状況にも変化が起きます。

この変化は急激なものではありません。

ジワジワとした変化なので、一見何も変わらないように思えます。

しかし何よりあなた自身のメンタルが、とても平和になっていることに気づくはずです。

平和な気持ちは、あなたが頑張ったご褒美です。

 

同じことで苦しまないためには「相手に追わせる」のが重要

同じ苦しみを味わわないためのコツは「好きな相手に追わせること」です。

「だって好きになったら相手を追う方が楽しいし〜」という人は、いつまでも理想の彼氏とは出会えません。

恋愛関係で苦しむのはほどほどにした方が良いと気づくのは、ある程度人生経験を摘んだあとです。

とは言え、苦しいより楽しい恋愛の方がいいに決まってます。

それには「相手に追わせる」のを実行するのみ、です。

もっと相性のいい男性がいると信じる

すっぱり諦めると決めた時、硬く信じてほしいのが「もっと相性のいい男性はいる」ということです。

人との相性の良し悪しは星の数以上ありそうで、いったいどんな人と相性がいいのか検討もつきません。

ですから別れた彼氏に未練を持ち続けるのは、実にもったいないこと。

素晴らしい可能性を自ら捨ててしまうことになります。

もっと相性のいい男性がいる、と心から信じましょう。

そう信じることで、本当に心から愛し愛される男性が現れるものです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「本気で愛し合えるようになるためには、こまごまとした工夫も必要!

占い師 姫乃
復縁したあともっと本気で愛し合えるようになるためには、こまごまとした工夫が必要!

今までの恋愛のスタンスをライトなものに変えれば、お互いに楽に付き合えるようになるはず。

楽だからといってもそのカップルに味わえない本気度も必ずアップするわ。

情で復縁できる関係は、いろいろな経験を共有したカップルならでは。

もはや空気のような存在かもしれないけれど、空気って何より大事よね。

これからも末長くうまくいくように見守ってるわ。

【期間限定・3月1日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事