好きな人に連絡したいのを我慢するとうまくいく?我慢しないでOKのケースとやっぱり我慢が必要な時の対処の仕方
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

好きな人に連絡したいのを我慢するとうまくいくのは本当でしょうか?

さっそく本記事で我慢しないでOKのケースとやっぱり我慢が必要な時の対処の仕方をチェックしてみてください。

好きな人に何かと構いたくなる自分に困っている場合や我慢するのがつらい時、ぜひ参考になさってください。

 
 
 

復縁メニューはこちら

好きな人に連絡したい!我慢しないでOKのケース

付き合う前の連絡はマスト。むしろ連絡するべきなのは好きアピールが次に繋がるから

好きな人への連絡を我慢しなくてもOKなケースは、付き合う前の段階の時です。

むしろ連絡するべきなのは、相手に対する好きアピールが次なるステップに繋がるからです。

連絡方法にlineを使うなら、まずは相手とお友達になっているかをチェックします。

同じ職場や学校という場合、グループライン登録だけの関係でも彼に直接連絡を取ることができます。

もしお友達登録がまだなら、line IDの交換を提案してみましょう。

これだけで、相手に好意を持っていることがわかってもらえます。

無事IDが交換できたら、さっそくトークを開始してみてください。

最初は挨拶だけのやりとりにします。

相手からも挨拶が来たら、第1段階は成功です。

第2段階は、少し踏み込んだ内容のlineにします。

彼に聞きたいことを考えておきましょう。

質問形式にすれば、確実に返信が返ってきます。

彼に好感を持ってもらうには「あなたに興味がありますよ」ということを相手にわかってもらう必要があります。

そのために自分のことはさておき、彼のことにトピックを集中させてください。

しかしあまりにもプライバシーに入り込みすぎるのは良くありませんから「ほどほど」を忘れずに。

第3段階は、lineするのを一定期間やめます。

まずは2〜3日おいてからlineし、次も同じように間隔を空けてください。

連絡しないことで、彼に「おや?」と思わせるのです。

彼は連絡を心待ちにするようになるでしょう。

初めから好きなことを意思表示しておけば、連絡する頻度は自然に上がる

好きな人に連絡したい時、初めから好きなことを意思表示しておくことが大切です。

最初に好意があることを相手にわかっていてもらえば、連絡する頻度は自然に上がるのです。

そうなれば連絡を我慢する必要もないし、連絡したい時に連絡しても問題ないでしょう。

告白となるとしばし重い雰囲気になりがちですが、あくまでライトで明るい気持ちでサラッと伝えてください。

「そういうところ好きなんだよね」というような感じです。

ただし今相手がどんな状況かを考えてから連絡を取るよう、心がけることが大事です。

明らかに寝ていそうな深夜の時間帯は、絶対にアウトです。

また早朝もやめておきましょう。

さらに仕事中は言わずもがな。

連絡に適切なのは、平日なら1日が終わりホッとリラックスしていそうな時間帯で、午後10時〜11時くらいまでです。

もちろん彼の仕事状況によっても違うので、この限りではありません。

仕事が深夜に及ぶ人もいますから、そういう場合は休日の夜がベストです。

連絡を取り合ううちに、何時頃が1番いいのかが把握できるようになるでしょう。

より密に連絡が取れるようになれば、我慢することもなくなります。

とは言えケンカをした時、連絡を戸惑ったり我慢することも出てきます。

こういう場合「先に連絡したほうが勝ち」と覚えておいてください。

明らかに相手が悪い状況でも、ケンカになってこじれたのはお互いに問題があったからです。

ここはいさぎよく、自分にも非があったことを認めてしまいましょう。

ひと言「ごめんなさい」だけでOKです。

たったこれだけで一気に解決しますから、再び我慢せずに彼に連絡を取ることができます。

【脈ありサイン①SNS投稿の頻度】彼のSNSの投稿頻度が高ければ連絡を我慢している可能性が否めない

彼のSNSを覗いてみてください。

もし投稿の頻度が高いようなら、連絡を我慢している可能性が否めません。

また我慢するほどではなくても、スマホを手にとって操作する時間はある程度取っているのがうかがえます。

メールチェックや新規コンテンツのチェックは、おそらく彼にとって欠かせないルーティンなのでしょう。

そんな彼が「連絡してみようかな」と思っていても、別のことに気が向いているとつい後回しになるものです。

またせっかくlineを打ったのに、送信ボタンを押し忘れてそのまま閉じてしまったり。

そうこうしているうちに、彼はいつのまにか連絡することなどすっかり忘れてしまうのです。

重要度で言えば、lineも重要かもしれませんがSNS投稿の方がもっと重要かもしれません。

彼が多くのフォロワーを持つアカウントなら、いつも「何か投稿しなければ!」という気持ちでいるからです。

そんな彼が連絡するのを我慢しているなら、投稿が済んだあとやるのはネットサーフィンだけでしょう。

しかしそれで満足できないとさらにSNS投稿へと気持ちが駆り立てられるため、投稿頻度が高くなるのです。

【脈ありサイン②既読スルー】すぐに既読になるのに連絡が一切来ない

脈ありサインのひとつが、既読スルーです。

トーク送信後、すぐに既読になるのに一切返信が来ません。

彼が何を考えているか分からないので、悶々とすることでしょう。

しかし真実をわかろうとするのは無理があります。

真実はどうであれ「既読がつくだけでも脈あり」とみることが大事です。

ここで彼の本音を深掘りしてみましょう。

送信したトークを彼は確実に読んでいますが、どんな反応を示したのでしょうか?

男性が既読スルーする原因を見ていきましょう。

・「おはよう」の挨拶→ 忙しい時間帯で返信する余裕がない。

・彼に対する要望や提案→返信が面倒だったり返信するより話した方が早いと思っている。

・取り止めのない内容や業務連絡的なトーク→ 既読をつけたらOKで返信する気なし。

・質問形式のトーク→ちょっと考えてはみたものの、どう返したらいいかわからないし面倒なのでスルー。

脈があってもなくても男性の心理状態は以上のようにだいたい同じなのですが、既読をつけてくるからには多少なりとも脈ありなのです。

【脈ありサイン③長文line】自分の気持ちをわかってもらおうとして、つい長文に

長文lineも男性の脈ありサインです。

男性の長文は珍しいのですが、それだけ自分の気持ちをわかってもらいたいのでしょう。

そうでなければ一行にも満たない短文で済ませるはずです。

なぜならそれこそが、多くの男性たちのスタンダードなスタイルだからです。

その方が相手に伝わりやすいのと、何より効率を考えての短文なのです。

長々とした文面に「何を言いたいのかわからない」と思うかもしれません。

短文なのがスタンダードなのに、言いたいことが山ほどあって結果的に長文になってしまうと、受け取った相手は「何を言いたいのかわからない」ということになってしまうのです。

それでも彼は満足しています。

自分の思いの丈を存分にlineにしたたためられたのだし、それを読んでくれた人もいるからです。

「読んでくれたのなら、きっと俺の気持ちもわかってくれているはず」

そう信じて疑わずにいるのです。

 

好きな人に連絡したくなったときに「しつこい」と思わせずに連絡するポイント

つぶやき的内容はNG!相手が返信しやすいトークを心がける

好きな人に連絡したくなっても、つぶやき的内容は控えてください。

相手が返信しやすいトークを心がけるといいでしょう。

多くの女性は感情に訴えかけるトークを得意とします。

イヤなことがあれば「もうイヤになっちゃう」とか、嬉しいことがあれば「やっば!めちゃくちゃうれピー」といった感じになるものです。

女性同士ならそれでトークは盛り上がりますが、相手が男性だとそうはいかないようです。

もちろん女性並みに感情を盛りに盛って会話してくる男性もいますが、それはごく一部です。

たいてい「だから何?」と、冷たい態度です。

人によっては、感情に訴えかける女性特有のlineを苦手とする男性もいるのです。

その手の会話に乗れないので「つまらない」と思ってしまうのです。

それに気づかずに再び似たようなトークを送ると「しつこい」と思われてしまうのは確実です。

そう思われないようにするためには、相手が返信しやすいようちょっとした工夫が必要なのです。

連投NG!連投はエゴとして伝わる。相手に対する心遣いが本当の優しさ

連絡を我慢するとつい連投してしまいがちですが、絶対にNGです。

連投はエゴな姿勢そのものです。

返信するのは、少なくとも相手からのレスポンスがあってから。

それが相手に対する心遣いであり、本当の優しさです。

しかしそれに気づかずに無意識に連投してしまう人もいるので、ここはぜひとも注意が必要です。

lineを連投された男性は、相手の女性にどんな印象を持つのでしょうか?

男性たちの本音を見ていきましょう。

・好かれてるのはわかるけど、正直めんどくさい

・ノリがいいヤツなら気にならないだろうけど、俺は無理

・厚かましくて図々しいイメージ

・相手にしたらそのままいろいろなことを押し切られそうで怖い

・そういう女性は眼中にない

・通知がたくさん入っているのを見ただけで頭痛がする

こちらの記事では、元彼と復縁したいときの連絡方法について解説しています。

男性は長文のlineやメールを見ただけで「返信するのが面倒」と思ってしまう

好きな男性に「しつこい」と思われないためには、長文のlineやメールはできるだけ避けることが重要です。

長文を見ただけで、返信するのが面倒と思われてしまいます。

あるいは全部読まずに斜め読みされるのは確実でしょう。

それどころか長文と分かっただけで、まったく読まない人もいるくらいです。

必死で文を考え何とか文脈を整えてやっとの思いで送信した方の身としては、がっかり極まりません。

しかしこれが現実です。

長文のlineやメールは、送った方と受け取る側でこれだけ意識が違うのです。

しかも送った人はそこにありったけの感情を込めているので、返信がないととたんに不安になってしまいます。

つまりレスポンスを期待しての長文なので、レスポンスがなければ無駄なエネルギーを使うだけなのです。

このような点だけ見ても、長文は避けるに値する十分な根拠です。

明らかに駆け引きとわかる連絡は、相手がドン引きするだけ

好きな人に連絡したくなったとき注意すべきは、明らかに駆け引きとわかる内容にしないことです。

駆け引き的な用件は、相手がドン引きするだけです。

そればかりか、確実に相手から距離をおかれてしまいます。

たとえば相手の気を引きたくて必死になるのはもちろん、自分への好意があるか確かめるのは愚の骨頂です。

駆け引きするのはそういう自覚があるないにかかわらず、自分に自信を持てないからでしょう。

相手も自分を好きかどうかがわからないし、自信がなければ残された選択肢は駆け引きすることだけです。

駆け引きしてくる女性を「愚かなタイプ」と見る男性も多いですから、もしどうしても駆け引きに出たくなったらくれぐれも慎重に進めるべきでしょう。

駆け引きではなく、さりげなく気を引くことが大切です。

そんなスキルをいくつか紹介しましょう。

・lineは相手の返信で終わらせる

・誘われても1度は断る

・悩みを相談する

・適度に褒めるが褒めすぎはダメ

・ベタベタせず冷静を装いながらも、ごくたまに甘える

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

好きな人に連絡したいけど連絡を絶つとうまくいくケース

「返信や対応が雑になってきた」と感じたらすぐに連絡を絶ってみる

相手の対応が雑になってくると、自分がどうでもいい存在のように感じて悲しくなってしまうものです。

別に傷つけられたわけでもないのに傷ついてしまうのは、相手のやり方に納得できないためです。

そして同時に怒りも感じますが、すぐに連絡を絶つのはこういう時です。

傷ついた悲しみを相手にぶつけるのではなく、自分の中で昇華しましょう。

そのためにしばらくの間、完全に連絡を絶つ必要があるのです。

そうすれば彼に「俺、なんかやっちゃった?」と気づかせられます。

面と向かって「傷ついた」と正直に言うのも時には必要ですが、連絡をしばらく絶つことで相手を気づかせる方がより効果的です。

もしそれができない場合、どんなことが考えられるでしょうか?

まず1つ目ですが、彼は雑な対応をしているとは思っていない点に注目してください。

それが彼のやり方なのです。

なので彼自身が気付けるか、あるいは誰かに言われるまでそのままの姿勢は永久に変わりません。

2つ目は、雑な対応が許されていると彼が勘違いする可能性があります。

許しているわけないのに何も行動に起こさなければ、許しているのと同じです。

ここで彼にも成長をうながさなければ、この先ずっと悩むことになるでしょう。

返信してくれないし雑に扱われているとしか思えないなら、すぐに行動に移すべきなのです。

彼を変えるには、まずは自分を変えることです。

仕事が超多忙だったり残業で疲れていると思われる場合は、迷わず連絡を絶つ

彼と連絡を絶つべきなのは、仕事が超多忙を極めていたり残業続きで疲れていると思われている時です。

疲労困憊している時に口が重くなるのは、あなた自身も経験しているはずです。

彼も同じで、疲れている時は口も聞きたくないほどなのです。

そんな彼の気持ちを察してあげることも愛情です。

また自分も「今日はすごく疲れてる」という自覚があるなら、彼への連絡は控えてください。

無理しても何もいいことはありません。

疲れているとストレスも溜まっています。

ストレスフルな状態で連絡しても、軽やかで明るい空気感は出せません。

彼と連絡をとって疲れを癒したいと思うのはごく自然なことですが、しかし疲れを癒したいならそれが本気でできるのは自分だけなのです。

彼が疲れを癒してくれる…それはそういうイメージなだけで幻想に過ぎません。

彼も自分も疲れている、そういう時も迷わず連絡を絶ってください。

彼に「話したいな」思わせることが大切です。

「1人になりたい」と言ってきたら「連絡して欲しくない」と考えている

「1人になりたい」と彼が言ってきたら、連絡を絶つべき時です。

彼が1人になりたいのは、何か考え事や悩み事があるからです。

男性たちの多くは、事あるごとに1人になりたいと考えます。

たとえば問題が山積みで頭が混乱している時や、どうしても考えがまとまらない時です。

また決心を迫られている時も1人になる必要があると考えますが、誰がそばにいるとまとまりそうな考えもまとまらなくなってしまうからです。

なので彼が1人になりたいと言ってきたら、それは「連絡して欲しくない」と言っているようなものと考えましょう。

彼を1人にしてあげてください。

でもそれだけではダメです。

彼から連絡があるまで、完全に連絡しないでください。

心配だからと、ちょいちょい連絡するのは逆効果です。

「1人になりたい」という望みを受け入れてくれた彼女を見直すに違いないし、もっと好きになってくれるでしょう。

好きな男性と恋愛関係に進みたいなら、突然連絡を絶って大事な存在と思わせるのもひとつの方法

友達関係から恋愛関係に進みたい男性がもしいるなら、突然連絡を絶ってみるのもひとつの方法です。

そうすることで彼に「大事な存在」と思わせることが可能です。

しかし単純に連絡を絶つだけでは意味がありません。

lineのやり取り中に相手のトークを最後にし、lineを終えるのです。

すると彼は返信が「いつ来るかいつ来るか」と待ちわびることになるでしょう。

恋愛関係に進ませるためには、相手に大事な存在と思わせること。

そのためには「待ち」の姿勢になってもらうのが、重要なポイントなのです。

その際、相手を待たせていることに罪悪感を感じないようにしてください。

彼に悪いからと連絡してしまうと、また1からやり直しです。

連絡を絶つということは、その間に自分のやりたいことができるということです。

連絡することを忘れ、自分のやりたいことに目を向けましょう。

いつのまにか時間が経っているので、難なく連絡を絶つことができます。

 

好きな人と連絡したいけど我慢しないで即連絡したほうがいいとき

我慢せずに連絡した方がいいのは、ケンカして仲直りしたい時

好きな人とケンカした時すぐに仲直りできたら何も問題ないのですが、もしそれができないようなら我慢せずに連絡した方がいいです。

お互いの気持ちがこじれてしまう前に、なるべく早めに「ごめん」とだけ伝えてください。

細かい説明や言い訳は必要ありません。

むしろ「ごめん!」だけで十分に彼に気持ちが伝わります。

言い訳をすると再び話がこじれる原因になったり、新たな誤解を生む要素となることもあるからです。

一方ですぐに連絡しないとどうなるでしょうか?

彼は彼で、ますます怒りをあらわにするでしょう。

この時点ですでに誤解が生じています。

ケンカしたのはお互いの成長のために致し方なかったことです。

つまりケンカによって成長できるカップルもあると、肝に命じましょう。

言いたいことを言い合うのは大事ですが、感情的になってはいけません。

そんな怒りの感情を一気にクリアにするのが「ごめん」という謝罪の言葉なのです。

「火は熱いうちに打て」という言葉があるように、この場合の連絡は早ければ早い方がいいでしょう。

どちらからともなく別れ話が出ていて、もう1度だけやり直したいので別れを考え直した時

好きな人とどちらからともなく別れ話が出ている時、もし「もう一度やり直したい」と考えているなら折を見て彼に連絡した方がいいでしょう。

人の考えは、日々変化するものです。

1度別れ話が出たからといって、その流れに沿わなくても良いのです。

とは言えその話が別れ話ともなるとさすがに2人の関係は絶望的だし、またネガティブな感情の影響によってなおさら別れなければならない気がしてくるものです。

そんな時こそ連絡を取るべきですが、別れ話を撤回できることもあればできないこともあると考えていてください。

どんなに決定的な別れのように思えても「もう1度だけやり直したい」と考えているなら、あきらめてはいけません。

その際、いつも通りに接するのがベストです。

別れ話について触れないようにするのです。

すると不思議なことに、いつのまにかその話がなかったことになるのです。

一方で連絡するたびに別れ話について触れていると、実際に別れを引き寄せてしまいます。

これはエネルギー的な要素が影響しています。

人は自分の意識を向けた方向にエネルギーを注ぐと、自らのエネルギーがその存在を強化させるのです。

つまりスルーすれば無くなり、フォーカスすればどんどん強く現れるのです。

別れ話が出たとしてもやり直したいなら別れ話をスルーするべきなのは、このようにエネルギーが介在しているからです。

倦怠期を迎えたカップルがお互いに連絡しなくなっても、連絡したくなったらするべき

倦怠期を迎えたカップルは、とかく連絡することが激減するものです。

自分たちもそうであっても、もし彼に連絡したくなったら自分の気持ちに正直になってください。

連絡することこそが、倦怠期を乗り越える鍵なのです。

だからといって倦怠期を乗り越えようするあまり無理に連絡をすることは避けてください。

何事も自然体が大切です。

「連絡したいなら、連絡する」

「声が聞きたいなら、声を聞く」

このようにいたって単純なことです。

しかし倦怠期カップルはこんなシンプルなことでさえ忘れかけています。

なぜなら連絡を取らないのが当たり前になっているからです。

彼に連絡した時、めんどうそうにしていてもガッカリしないでください。

男性は気恥ずかしいと、めんどうそうにするものです。

彼にもそんな態度が想定できるなら、トピックを厳選してみるのもひとつの方法です。

「お!」と思わず体を乗り出すほど興味深いトピックなら、少なくともめんどうそうな対応はしないでしょう。

このように彼とは倦怠期であろうとも、ちょっとした工夫で軽々と乗り越えることができるのです。

長く友人関係にあってなかなか恋愛に発展しなくても、連絡は必須

長く友人関係にある男性でも、連絡したいならするべきです。

なぜなら何がきっかけで恋愛関係に発展するか誰にもわかりませんし、連絡さえ取り合っていれば少なくともフェードアウトは避けられるからです。

もしフェードアウトしてしまったら、さらに恋愛関係への発展は難しくなるでしょう。

「フェードアウトしたということは、彼女は俺のこと好きでもなんでもなかったのか」と思われるに違いありません。

その点、そうしたい時だけでも連絡しておけば、彼が抱く印象も違ってきます。

長く友人関係にあるなら、話題にも事欠かないでしょう。

だから長く続いたのです。

そういうところだけ見ても友達から恋愛関係に進める要素は十分にあるので、そのためにも連絡は必須なのです。

連絡したい時にだけでも、ぜひそうするようにしてください。

あえて好きな人に連絡しないで我慢する時の対処方法

「私にできることがあれば何でも言って」と伝えたら、あとは放置しても大丈夫

あえて好きな人に連絡しない時、前もって「私にできることがあれば何でも言って」と伝えておきましょう。

そうすればあとは放置しても大丈夫です。

自分のことに専念してください。

連絡したくても、それがすべてではありません。

「相手のことを思ったら我慢するしかない」と思うかもしれませんが、それも考え方次第です。

彼に選択権を与えること。

そうすれば相手だけでなく自分も自由になれるので、むしろできるだけ彼を放置した方がいいくらいです。

放置というと言葉のイメージは良くないですが、放置の意味は自由にさせてあげることであって、お互いに自由なら最高のパートナーシップを築けるのです。

いくら相手が好きでも、考えることに違いがあって当たり前です。

そして違いをマイナスととらえることが、うまくいかなくなる原因なのです。

相手との違いを前向きにとらえれば、お互いに自由でいられるはずです。

そのためには今までよりも少し距離をおき、自分ができることを相手にリクエストしてもらうくらいのスタンスがちょうど良いのです。

「落ち着いたら連絡してね」と伝え、その後は彼から連絡が来るのを気長に待つこと

好きな人に連絡しないであえて我慢する時、彼にひと言伝えてから気長に待ってみることをおすすめします。

その言葉とは「落ち着いたら連絡して」です。

それを聞いた彼は、ホッとひと安心することでしょう。

なぜなら「いついつまでに」というリミットがないからです。

連絡するにしても相手に期日を決められたら、億劫になってしまうものです。

そしてこの場合、気長に待つことも大変に重要です。

彼からの連絡はあるかもしれないし、ないかもしれません。

それらすべてを想定内にしておきましょう。

連絡するのが彼の使命ではないし、するもしないも彼の自由ですから彼の意思を尊重してください。

そこで執着すると、むしろ彼は連絡しづらくなる空気を感じ取ってしまいます。

これは人生そのものにも言えることです。

執着があるとうまくいくことでも、必ずと言っていいほど障害が現れます。

スムーズな関係を築くには、相手に執着しないこと。

それを心がけていれば、いずれ彼は連絡してくれます。

返信がなくても挨拶だけは忘れない。「おはよう」と「おやすみ」の連絡だけでも心は伝わる

彼から返信がなくても挨拶の連絡だけは忘れないようにすれば、心や思いは彼に伝わります。

挨拶が大事なのは、挨拶ひとつで印象がガラリと変わるからです。

誰かに挨拶した時、向こうから挨拶が返ってこなくてイヤな思いをしたことはありませんか?

挨拶とはお互いにするもので、一方的にすることではありません。

「おはよう」と言われたら「おはよう」と返す…、人としてこれはごく自然なことです。

なので彼から連絡が欲しいなら、まずは自分から挨拶してみること。

大切なのはその点です。

一方で「挨拶なんて関係ない」と考える人は、彼との距離は遠のくばかりでしょう。

途中距離が近づいたように思えても、基本的なコミュニケーションが欠けていると着実な信頼関係は築けません。

つまり相手が大事な存在ほど、ささいな習慣がとても大切なのです。

遅かれ早かれ、いずれ挨拶の大切さを学ぶことになるでしょう。

lineやメールの送受信だけにとらわれていない?自分に問いかけてみれば答えは自ずと出るはず

あえて好きな人に連絡しないで我慢する時、lineやメールの送受信にとらわれているとつらいばかりでしょう。

なぜひとつのことにとらわれてしまうのか、自分に問いかけてみてください。

そこには欠乏感があるはずです。

欠乏感とは何かが足りない、満たされていないと感じることです。

ある物事に対する欠乏感を何とかしようとする状態を「トンネリング」と言います。

集中して対処しようとするので場合によっては解決を早めますが、他の部分がすべておろそかになってしまうデメリットもあるのです。

他にもっと大事なことがあるのに、メールに気を取られているとつい忘れてしまったり行動に移せなかったりすることも出てきます。

そうなると生活全般も機能しなくなるため、ますます欠乏感にさいなまれことになるのです。

欠乏感としての自覚は、ほとんどありません。

しかしいつもlineやメールが気になっているようなら、それこそが欠乏感なのです。

欠乏感への対処法としてベストなのが「(lineやメールが)来ても来なくてもどちらでもいい」と自分に言い聞かせることです。

するとあれほど気になっていた連絡のことがあまり気にならなくなるのです。

連絡に対する執着もなくなるので、またいつもの自分に戻れるでしょう。

lineやメールだけにとらわれるのは、正直なところ自分の首を絞めているようなものです。

なので早めの対処が必要です。

男性が思わず連絡したくなるような女性を目指すには、好きな人に連絡することにこだわらない

好きな人に連絡しないで我慢する時、男性の方から連絡したくなるような女性を目指すサインと見てください。

連絡を我慢するということは、相手より自分のエネルギーが強くなっているということ。

彼から連絡したくなるように仕向けるには、自分のエネルギーを別の方向に向けるべきなのです。

それがいわゆる「自分磨き」です。

自分磨きを楽しめる女性は、男性だけでなく同姓から見ても魅力的です。

一方で好きな人がそばにいてくれるから、自分は磨かれると思う人がいるのも確かです。

そう考える人は、毎日のように連絡を取り合わないと気が済みません。

連絡と取り合わなくなったらそれだけで危機的状況と考えるので、ますます連絡にこだわってしまうのです。

自分磨きなど考えもしないでしょう。

なぜなら頭の中は連絡を取ることで精一杯だからです。

そういう女性が、果たして魅力的に見えるものなのでしょうか?

まずはエネルギーのほこ先を変えるよう工夫してみましょう。

彼以外に熱意を傾けられることを探し出し、すぐにでも行動に移してください。

そして楽しむことを忘れずに。

いずれ彼は、思わず連絡したくなるような衝動を感じるはずです。

1人の時間を大切にしてみて。魅力的な女性になれば男性たちが放っておかない

連絡を我慢してつらいようなら、ぜひ1人の時間を大切にしてみてください。

1人を楽しめる女性を男性たちが放っておかないのは、たまらない魅力に満ちあふれているからです。

今まで何をするにも友達や彼氏がいなければできなかったのなら、この機会に「おひとり様」にチャレンジするべきでしょう。

これがソロ活です。

ソロ活を始めると、人を気を遣わずに行動できることに感動すら覚えます。

1人を楽しめるアクティビティは数多く存在します。

遊園地、映画、カラオケ、焼肉、温泉、マッサージetc。

お酒が飲める人なら、1人居酒屋を本気で楽しめたならかなりの上級者です。

1人を楽しむとは、自分と向き合うことです。

自分と向き合うには、他人がいないことが最低条件なのです。

自分のペースで1人を楽しむ。

これ以上、自分を大事にする方法はないのです。

自分を大事にする人がどれだけパワフルな存在になるか、知っていますか?

それを実感するには、1人を楽しむことに専念するのみです。

そういう女性を彼のみならず多くの男性たちは、絶対に放っておきません。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「好きな人に連絡するのを我慢したらうまくいくのは彼との関係性とタイミングがポイント」

占い師 姫乃
好きな人に連絡したくても、ちょっと待って。

我慢した方がいい時と我慢しなくてもOKなケースもある。

また彼との関係性とタイミングによって違うから、様子見も大事よ。

もし我慢が必要でも「我慢はちょっとやだなぁ」と思っていたら、発想の転換のチャンス。

最終章でもお伝えしたけれど、1人時間を楽しめば我慢する必要なんてなくなるわ。

しかももっと魅力的になれるなら、これはやるっきゃない!

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事