30代の恋愛の始め方&進め方は何が違う?アラサーが恋に落ちれないのは嘘!30代の恋愛徹底マニュアル
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

あなたが30代のアラサー世代なら、恋愛の始め方や進め方は何となく知っているはずです。

なぜか失恋してばかりという人もいれば、男性には縁がないという人もいることでしょう。

アラサー(Around Thirty)にふさわしい恋愛って他の年代とどう違うの?」と思ったら、ぜひこの記事に目を通してみてください。

この記事ではアラサー世代の恋愛の始め方と進め方を中心に、30代の徹底恋愛マニュアルを紹介していきます。

「30代特有の恋愛の悩みとは?」

「20代と比較した30代の魅力って?」

「30代が恋愛で気をつけるべきこと」

以上、30代女性が知っておくべき恋愛のための情報を網羅しました。

「本気で恋愛に取り組んで今度こそ幸せになりたい」と思っていたら、ぜひ読んでみてください。

30代になったのだからもう激しい恋になんて落ちれない、というのは嘘だったと知ることができますよ。

復縁メニューはこちら

もう30代だし恋愛の始め方も進め方も忘れた…。30代特有の恋愛の悩みって?

いつも結婚を意識しているためこのまま彼と付き合っても結婚できるか不安

多くの30代女性は、結婚を強く意識する傾向があります。

もし彼氏がいたとしても「このまま付き合っていったところで、この先結婚できるかどうかわからない」といつも不安です。

また周りからの「もう30代なんだから」とか「そろそろ結婚しないの?」というぶしつけな言葉にいささかうんざりです。

アラサー世代は、ただでさえ年齢に対するトピックに敏感な年頃です。

わかっている事をあえて人から言われると、どうしようもないほどやりきれない気持ちになるのです。

「もう30歳なんだからとかアラサーだからとか、マジ大きなお世話!」と、心の中で怒りを爆発させたくなることもきっとあるはずです。

二人共結婚にこだわらないタイプだったら、人に何を言われようとスルーできます。

でもあなたが「年齢を考えたら1日でも早く結婚したい」と考えるなら、人の意見を真に受けてさらに気落ちしてしまいます。

それどころか、彼は結婚する気なんて全然なさそう、なんていう雰囲気だったら、絶望のあまり卒倒寸前でしょう。
「もしこのままアラフォーになってしまったら」という考えが頭を過ぎるたびに、あなたは激しく首を横に振ります。

この状態になると悩みの基準が数段階深くなるため、解決の糸口が見えず、泥沼化する場合も多いのです。

結婚より子どもが欲しいと思っている人が圧倒的に多い

30代女性は、結婚よりも子どもが欲しいと思っている人が圧倒的に多い傾向があります。

晩婚化が進んでいるとはいえ「20代のうちに結婚と出産を済ませたかった」と答えるアラサー女性もかなりの数に上ります。

その理由の一つが「自分の親が老齢のため引目を感じた経験があるから」です。

小学生の頃、行事で見かける若い母親の姿が心底妬ましく、また羨ましかった記憶がいつまでも忘れられないのです。

親は大好きだけれど、他の若い親と比べてしまうとどうにも悲しくて仕方がありません。

若い親から見たらまるで老人のように見えるため、そんなわけないのに「もうすぐ死んでしまうのではないか」と思わせるのです。

「もし子どもを持てたら、自分のようにつらい気持ちを味わせたくない」

常日頃そう感じているので「自分にできることは、できるだけ早い出産」と考えるのです。

そうは言っても、まずは結婚です。

ところが多くのアラサー女性は、結婚式そのものにあまり興味を示しません。

費用もかかるし、何かとめんどう。

「まぁドレスの写真だけは撮りたいかな」と自分の意思表示はするけれども「式も披露宴もナシで内輪で食事会でも」と、いたって現実的です。

結婚は一つの儀式に過ぎませんし、披露宴の内容により巨額のお金が必要になることもあります。

結婚式に使う費用を「今後の生活のために使いたい」とか「旅行や遊びに行くために使いたい」と、非常に現実を見据えた考え方ができるのがアラサー女性です。

付き合ってもなかなか安定した恋愛関係になれない

30代女性が悩んでいることの一つに、出会いはあってもいざ付き合った時に、なかなか安定した恋愛関係になれないことです。

出会った時から「まるで運命の人」と感じるくらい何もかもがピッタリ合う人だったら、恋愛関係もスムーズです。

「あきらめなくて良かった」とか「世の中にはこんなに合う人がいるんだ」というように、幸福感でいっぱいでしょう。

そういう30代女性も確かにいて「来月、式を挙げることになってね」と、満面の笑みで報告してきたりします。

結婚どころか恋愛すらうまくいっていないアラサー女性は「同じアラサーなのにこの違いとは!」と、あまりいい気分はしません。

この違いは何でしょう?

「男や結婚に縁がない」と言えばそれまでですが、両者には「違う何か」が必ずあります。

たとえばアラサー女性の中には「いつもダメンズばかり引き寄せてしまう」という人が少なからずいます。

その原因は、男性を選ぶ基準がいつも同じだからです。

「今度は大丈夫」と期待するも、結果的にまたダメンズと付き合ってしまうのは、無意識に「この人を何とか救ってあげたい」という心理が働くためです。

問題ある男性を選んでしまうのは、つまり選んだ方にも問題があるというわけなのです。

そして「あなたの対応の仕方次第で相手の態度は変わる」ということも覚えておいてください。

「実はダメンズにしてしまった原因はあなた自身だった」という可能性もあるのです。

恋愛はしたいけど彼氏がいると自由がなくなるのがイヤ

「恋愛はしたいけど自由がなくなりそうなのがイヤ」と答える30代女性も大変に多いのが現状です。

お互いに心の底から相手を求めるような激しい恋愛初期なら、このように考えることはありません。

しかしそのような状態も、1ヶ月もすれば安定期に入ります。

会うことが面倒に感じたり、相手のスケジュールに無理に合わせなくなるのがこういう時です。

彼が頻繁に会いたがるタイプだったらなかなか会えないことに対し、あなたに不満を漏らすようになります。

彼女を欲して会いたがる彼氏だったら、なんだかちょっとだけ理想的な感じです。

でもそれが度重なるようだと、女性も「束縛キツいわ〜!」と思うようになります。

彼の「会いたい」というセリフがどんどん重く面倒に感じるようになると、今度は彼の方が不満爆発です。

ここからケンカが勃発するまでに、それほど時間はかかりません。

このようにケンカになる一連の出来事をイメージするたびに「彼氏は欲しいけど自由がなくなるのは我慢できない」と思うのです。

30代女性は快適なライフスタイルを実現させている人多いです。

一例を挙げるなら、好きなインテリアに囲まれて好きな音楽を聴きながらリラックスするのが大好き、という人も多いのでは?

こんなに充実してる毎日なのに、自分の時間を彼のために捧げるのは「とうてい無理」と感じるのです。

今度こそ本命かと思いきや遊ばれて終わることばかり

今度こそ本命!と思って付き合い始めたものの、遊ばれたり振り回されたりして結局うまくいかなかった、というのも30代女性にありがちな恋愛事情です。

付き合い始めの時の期待値が高いだけに「やっぱりダメだった」というショックはかなり強烈です。

「何がダメだったんだろう?」と考えた時、いろいろと細かい問題があったかもしれません。

しかし決定的なことがなければ、ただ単にお互いのニーズが合わなかっただけのことです。

男性が女性を恋愛対象のターゲットに絞ったとき「とにかくこの女性をゲットしたい」と熱い想いを抱きます。

そこに全神経を集中させるので、女性から見たら笑ってしまうくらい、とにかく必死です。

マメに連絡がしてくるのはもちろん、何とか二人だけで会おうとします。

二人だけで会う約束ができたものなら、後は言わずもがな。

あなたは「彼氏ができた!」と束の間の喜びを感じます。

ところが多くの男性は、相手の女性をゲットしたらすっかり安心してしまいます。

一夜を共にしたとほぼ同時に、あれほど熱く優しかった彼の態度が急に素っ気なくなったり、生返事になるなど、あり得ないほど一変するのです。

彼の態度が急に冷たくなったことに対し、女性は不安を感じたり心からガッカリします。

「私のことを嫌いになったのだ」と。

間違った判断をしただけなのですが、あまりのショックに恋愛関係の存続も危ぶまれます。

男性心理を理解できないばかりに「嫌われた」「遊ばれた」と思い込み、また少しでも傷つくのを回避するために別れを選ぶのです。

このようなシチュエーションをたびたび経験したことがあるなら、今後の恋愛観を見直すいいチャンスです。

男性心理では、相手をゲットしたとたんに冷めたようになるのがデフォルトなのです。

彼のことを本気で好きなら、もし冷めてしまったように見えてもあまり気にしないようにすれば大丈夫。

彼の前で明るく振るまっていれば、ネガティブな思考は消えていくはずです。

そうすれば、もう二度と悲しい別れを味わわなくて済みます。

30代女性は恋愛市場で意外と人気!30代女性の魅力とは?

20代よりは確実に大人。気を使わなくて済む

30代女性の魅力の一つが「20代よりは確実に大人な恋愛ができること」です。

子どもと大人の中間のような20代女性には何かと気を使うものですが、相手が大人ならそんな必要もありません。

男性たちの多くは「気のおけないリラックスした付き合い」を求めます。

緊張したり気を使うのは、二人が深い関係になるまでのほんのわずかな間だけです。

一度仲良くなってしまえば、その後は落ち着いた関係が何より大事と考えるのです。

20代の中にも落ち着いた恋愛関係になれる女性もいますが、男性との年齢差がネックになることもあります。

何かと話題が噛み合わないと「つまらない」と正直に言ってしまうのが20代です。

アラサー女性ならその辺りもうまく空気を読むことができるので、問題なさそうです。

20代より30代の方が心身共に成熟した魅力がある

男性たちの多くは、30代女性の魅力を「心身共に成熟していること」と考えます。

特に20代女性と比べると、その違いは歴然です。

中には人生悟ったような20代女性もいますが、何事にも経験豊富な30代女性には勝てません。

それは年齢を重ねたからこそ、です。

恋愛経験の方も明らかに20代よりは多いはずです。

ワクワクするような出会いは嬉しいものですが、別れを目前にした不安や悲しみは並大抵のものではなかったかもしれません。

相手の男性の心が読み取れなかったり、気持ちのすれ違いが起きたりなど、出会いの喜びとはまるで正反対です。

しかしこのような恋愛の上げ下げをとことん味わい深い悲しみを経験すると、その後は必ず人生が好転するのです。

改めて「人生っていいな」と思える余裕が出る頃が、アラサー世代なのです。

このようなプロセスを経た30代はより一層輝きを増すため、20代女性よりももっと男性たちの心をとらえるのです。

地に足がついた恋愛を考えているので、男性にとっては付き合いやすい年代

30代女性たちは、地に足がついた恋愛を考える人が多いです。

なので男性たちにとってとても付き合いやすい対象なのです。

それとは逆に地に足がついていないのが、いわゆる「遊びで付き合う」「チャラい雰囲気」の恋愛です。

ナンパされたからと、嬉々として相手の男性について行ってしまうのがこのタイプです。

実は男性たちの多くは、たとえ相手がどんなに魅力的でもこのようなタイプの女性との恋愛を敬遠します。

「遊び」と割り切るので、もし付き合ったとしても長続きさせようとは思わないのです。

10代後半から20代にかけての女性の大半は、30代女性と比べ恋愛への捉え方が大きく違います。

「強烈に結婚したい」と考える女性もいれば「まだまだ遊びたい!」と考える女性もいて、実にさまざまです。

ところがもう少し上の世代になると「もう遊ぶのはいいや」とか「落ち着きたい」と考える女性が急増します。

「近い将来に結婚したい」と、現実的に結婚を意識し始めると「ナンパされた、と喜んでいいのは20代まで」と気づくようになります。

30代は精神的に余裕がある。陰で支えてくれるような頼もしさがある

30代女性は精神的に余裕がある人が多く、男性たちは「陰でそっと支えてくれるような頼もしさが魅力」と考えるのです。

20代に比べてそれなりに大人だからなのですが、そのような若い世代を見て「自分とは違う」と一線を引きます。

自分が通過してきた20代を振り返り、いいことも悪いことも思い出されます。

また「少なくともその世代よりはお姉さんでなくてはいけない」と考えます。

人は誰でも「成長したい」という願望があります。

30代女性の場合も、20代とあまり変わっていないのなら「何も学んでいない」ということになります。

しかし精神的な余裕のある人は「多くの学びがあった」ということです。

学びとは苦しみや悲しみ、不安など、コントロールできないような感情から得るものです。

それらの感情を乗り越えた時の、平和な気持ちこそが「学び」です。

その学びが「頼もしさ」となって反映されるのです。

「自分を知っている」ことがファッションや会話に現れているため好感度が高い

30代女性は自分のことをよく理解しているか、理解しようと努める人が多いです。」

どんなファッションが自分によく似合うか、何に興味があって、どんなことにワクワクするのか、自分についてのアレコレをよく知っているため、それが外面にも現れています。
自分の好みにあったものを追求してきているし、そんな自分が何より好きなのです。

自分が好きな人は自信に満ち溢れていることから高感度も高く、男性からの注目も寄せることができます。

見た目の好感度はもちろんなのですが、なんと言ってもその魅力は「会話」にあります。

ポジティブな好奇心も旺盛なので、相手からもさまざまな情報を得ようと聞き手に回る傾向があります。

男性側主導の会話は、相手にとっても快適だし女性にとっても興味深いものです。

二人の会話は弾むのは当然なのです。

これが30代女性の好感度がさらにアップする理由です。

男性経験もそこそこあるため、肉体的な関係をさらに発展させていく楽しみがある

30代女性の多くは、それなりに男性経験があるものです。

そんな30代女性と「もし恋愛関係になれたなら、肉体的な関係を発展させていくのが楽しみ」と男性たちは考えます。

過去の恋愛関係は大っぴらにすることではないので真実は闇に隠れたままですが、男性たちの興味はこの闇の部分に注がれています。

「どんな男性と付き合ったのか」

「その男性と自分を比べるとどんな違いがあるのだろうか」

機会があれば聞いてみたいことをチラチラ考え、どんな答えが返ってくるかを妄想します。

縁あって晴れて彼氏となった時、過去に付き合った男性のことをいろいろ知りたがります。

誰にでもある傾向なのですが、彼女としては「そんなこと聞かれても困る」と引いてしまいます。

これは男性心理として、その内面に「彼女を幸せにしてあげられるだろうか?」という不安が潜んでいるためです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

30代で恋に落ちれないのは嘘!30代の恋愛は20代と具体的にどう違う? 30代の恋愛の始め方

20代の若さと比べるとどうしても見劣りするため自信がない

30代女性は「若さ」だけで比べると、どう頑張っても20代には勝てません。

どうしても見劣りしてしまうため「自分はもう若くはない」「今さら恋愛なんか」と引け目に感じてしまうのが恋に落ちれない原因の一つなのです。

20代に見えるような若作りをしようと思えばできますが、ほとんどの30女性は「そこまでしたくない」と感じています。

多少「若さ」は意識しますが、年相応でいるのが一番ナチュラルで自分らしいのです。

単純に20代と30代を年齢だけで比べると、人によっては20歳近くの年齢差になるため、親子ほども違うわけです。

ひと世代ほどの違いは、大きなギャップです。

このようなことから、20代と比べると自分に自信が持てず、恋愛が億劫に感じてしまうのです。

恋愛に冒険できなくなるのは落ち着きたい気持ちが優位になるため

30代女性が恋に落ちれなくなるのは、年相応に「落ち着きたい」という気持ちが優位になるためです。

20代の頃のように、恋愛に冒険心がわかないのです。

ライフスタイル全般が「自分」を中心に回っているため、恋愛に向けるエネルギーがほとんどありません。

恋愛のスイッチはあるのですが、いつでも「オフ」のままです。

「きっと一度スイッチが入れば、恋愛モードになるかも」と思っていますが、なかなかそういう機会はやってきません。

まずは新しく出会えるようなシチュエーションが見当たりません。

飲みにも行かず、これといった趣味もないし、その上、職場が女性だけだったら目も当てられません。

このような状態が続けば恋愛モードはオフのままで、落ち着いた老後を迎えることになってしまいそうです。

「燃えるような素敵な恋をしたい」と白馬に乗った王子様の登場を待っている

30代女性の中には「萌えるような恋をしたい」と考えている人も多く「いつかは白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる」と甘い幻想を抱きます。

これは、映画やアニメの影響を強く受けているためです。

ディズニーのプリンセスシリーズを観て育った、30代の女性たちはかなりの数に上ります。

小さい頃に目にした恋愛ものの作品は、まるで洗脳するかのように潜在意識に刷り込まれます。

あまりその手の映画やアニメは観なかったという人でも、何らかの影響は受けているものです。

燃えるような恋はあまり現実的な恋愛とは言えないのですが、さも「自分もそうなる」としっかり脳に埋め込まれるのです。

「今はまだ出会えていないけれど、いつかは必ず」と、理想の相手が現れてくれる、と信じているのです。

新たな出会いがあってもすぐに別れに結びついてしまうのは、自分の理想とかけ離れているからです。

こうしているうちに「いつかは必ず出会える」と、相手が華々しく登場してくるのを待ち続けることになります。

結婚したい気持ちが強いので男性はやや近寄りがたいと感じている

たいていの女性は「もうすぐ30代を迎える」というあたりから徐々に結婚願望が強まるものです。

結婚願望を持つ女性が抱く結婚のイメージは、「幸せな家庭」です。

大好きな旦那さまや可愛い子どもたちに囲まれた自分を考え「いつかはこうなりたいな」と、ほのぼのとした幸せを感じるのです。

しかし「結婚したい」という雰囲気は、男性たちを近寄りがたいものにします。

なぜなら「ひょんなことがきっかけで、その女性と結婚することにならないとも言えない」と考えるためです。

ひょんなことで結婚することになっても、おそらく不本意なだけです。

男性にとって結婚は、大きな責任が伴うものです。

また近寄りがたい雰囲気なのは「年齢的にもきっともう彼氏がいるんだろうな」と思わせることも一因です。

周囲にその女性のことが気になっている男性がいても、アプローチしてこないのはそのような理由があるためです。

恋愛や結婚も考えるがつい出産までのリミットを考えてしまう

独身の30代女性たちは。恋愛や結婚を考えているものですが、結婚願望がある女性なら考えない日はないかもしれません。

結婚のことを考えると次に「出産までのリミット」も頭に浮かびます。

健康そのもので、子どもを産み育てるのに何も問題がなくても、パートナーなしには子どもを持つことはできません。

もちろんパートナーなしでも「養子縁組」という方法もあります。

しかし実の子どもを産み育てたいと考えるのは、実に自然なことです。

近年、結婚も出産も高齢化が進んでいますが、できるだけ早い出産の方があらゆるリスクを避けられます。

高齢になればなるほど、母体にも赤ちゃんにもさまざまな影響が及ぶ確率が高くなるのです。

30代女性たちはそれぞれに、出産のリミットを考えています。

本心は「できるだけ早く」ですが、周りの状況を考えると「遅くても40歳までには子どもを持ちたい」と考えます。

 

20代は勢いで進んでいったけど…30代の恋愛の進め方ってどうすればいいの?結婚願望はいつ聞くべき?

「結婚したい」と思ったらそれが結婚に向けたプロセスのスタート

30代の恋愛を結婚に結びつけるのは、心から「結婚したい」と思うことが「スタートです。

「それはいつもそう思っているけど?」という人もいるでしょう。

しかし「いつかは結婚できるかも」というように決意が曖昧だと、結婚はおろか恋愛すらままなりません。

まだ付き合っている男性がいなくても「もうこんな生活はイヤだ!結婚する!」というくらい強い決意を持ってみてください。

「近い将来、結婚する以外考えられない」というくらいの強い臨場感を持つことも大切です。

あなたがイメージできることは、実現可能なことなのです。

結婚に向けたプロセスを、できるだけ鮮明にイメージしてみましょう。

運命の羅針盤が大きな音を立てて、行き先を変えます。

「結婚しないの?」という周囲の遠慮ない意見に惑わされないようにする

いつもあなたを悩ましていた「結婚しないの?」という周囲からの遠慮のない意見に惑わされないようにしましょう。

決まり切った「結婚」や「恋愛関係」についてあれこれ細かいとこまで聞かれても、できるだけスルーするようにします。

プライベートなことに他人が首を突っ込んでくるたびに、あなたはイヤな気持ちがしたり、言葉を濁したり、誤魔化してきたかもしれません。

あなたがいつ誰と結婚しようが、他の人にはまったく関係のないことです。

このような質問をされても「聞かれたからには答えなければいけない」ということはないのです。

無表情か、あるいは微笑みながらその場を離れましょう。

興味本位で質問してきた人も、もうそのことを聞いてこなくなります。

相手がのらりくらりと結婚話をかわすようなら何か原因がある

付き合っている相手がのらりくらりと結婚話をかわすようなら、結婚したくない、あるいは結婚できない原因があります。

「彼女は好きだけれど、結婚そのものに興味がない」という人もいるし「バツイチだから結婚はもうコリゴリ」と考える人もいます。

理由を尋ねてもそれについて一切答えないなら、他に女性がいる可能性もあります。

「どちらが浮気対象?」と、しつこいくらい聞いてもおそらく黙秘を貫きます。

仮に妻子持ちだったら、当面は結婚など無理な話でしょう。

それどころか妻にバレない限りそのまま不倫関係を続けるため、妻との離婚など考えもしません。

その他「借金を抱えている」とか「結婚したいけど勤め先を辞めたい」と思っている場合もあります。

どんな理由があるにせよ、うまく結婚話をかわされてしまうようなら、相手は結婚を考えていません。

はっきり言わないと理解できない男性が多いため結婚話もあいまいにしない

多くの男性たちは、はっきり言わないと理解できない人が多いです。

結婚話についても「きっと彼は私の気持ちをわかってくれるだろう」と予想しても、その期待は裏切られるだけです。

これはどんな男性にも言えるのですが、きちんと言わないとわかってくれないのです。

そんな男性たちに反して、女性は相手の気持ちを察することが上手です。

相手の表情から、何かを読み取ります。

彼の機嫌が悪い時も、その表情からいち早く情報をつかみます。

多くのカップルたちが恋愛関係を長続きさせているのは、女性ならではの細やかさがあるからこそ、なのです。

相手の性格によっては積極的に話を進めた方が早くまとまることもある

相手の男性の性格によっては、女性の方から結婚話を積極的に進める方が早くまとまることもあります。

いざ「結婚」となると、臆病になったり後ずさりする男性も多いです。

女性は結婚に夢見がちですが、男性は現実的に考えます。

特に経済面については、とても真剣です。

男性たちの多くは「自分が養っていかなければ」という責任感でいっぱいなのです。

男性が結婚を重く感じてしまう理由が、この「責任感」です。

ですから結婚話が出た時に、もし彼がひるんでしまうようなら、結婚の進め方を変える良いチャンスなのです。

このような時、女性側が積極的に話を進めていった方が話が早いです。

彼は責任の重大さに恐れをなしているだけなのです。

あなたがどっしりと構え、話をどんどん進めてくれれば、きっと安心してあなたに任せてくれるはずです。

 

20代の頃のように奔放にはなれないのが30代。30代の恋愛の始め方&進め方で気をつけるべきこと

「結婚するなら絶対この人!」と頑固に決めつけると相手もあなたも苦しくなる

30代の恋愛で気をつけるべきことが「結婚相手を決めつけない」ということです。

「どうしてもこの人じゃなきゃイヤだ」と、頑固になってしまうと相手もあなたも苦しくなってしまいます。

この苦しさとは、相手に対する執着や彼を失うことへの恐れといった「ネガティブな感情」です。

恋愛を始める時も進めるときもどちらも、幸せに満ちた感情でいることが大切です。

そうでなければ仮に結婚が決まって彼が旦那さまになったとしても、おそらく一生幸せを感じないままです。

「どうしても」というかたくなな思いを手放しましょう。

「もしうまくいかなくても、きっといいことがある」と信じることが大切です。

執着や恐れのような感情は出ていないので、少なくとも苦しさは感じないはずです。

いずれにしても自分の感情の状態にいつも気を配っていれば、何が起きてもうまくいきます。

頭で思い描いたように話が進まないこともあると理解する

彼との恋愛がなかなか思い通りにいかなくて不安な時「自分の頭で思い描いたように話が進まないこともある」と理解しましょう。

うまくいくことだけが恋愛ではないのです。

ここが恋愛の興味深く面白いところなのですが、一見「こりゃダメかも」と思えるようなシチュエーションでも、あきらめないでいると、その後思わぬご褒美が待っていたりするのです。

ちなみに「こりゃダメかも」という言葉が頭で考えたことですが、頭で考えた通りにいかないのが恋愛なのです。

ですから自分だけの判断で、彼との恋愛をあきらめないように。

どんなに不安で辛くてもジッと我慢し、いったん恋愛から目をそらしてください。

この時、力ずくでなんとか状況を変えようとすると、たいていうまくいかないので注意が必要です。

思いつめた状況から少し距離をおくと、意外に恋愛関係がスムーズに進むのです。

ネガティブさが顔に出るのが30代。表情に老いを見せると男性は近づかない

あなたも思い当たるフシがあるかもしれませんが、ネガティブさがつい顔に出てしまうのが30代です。

ネガティブな表情は老いた雰囲気を加速させます。

なので、いつも素敵な女性でいたいなら、自分が今どんな表情なのか気を配る必要があります。

あなたがいつも暗くネガティブな顔をしていたら、男性は誰も近寄りたがりません。

とは言え年々、つらいことが増えていくような気がするのは確かでしょう。

なぜならそれは、あらゆる経験を重ねているという結果なのです。

未知なる経験によって、人は成長することができます。

しかし問題を乗り越える気力がないと、成長はストップしたままです。

逆に経験を成長に変えていくことができる人なら、誰からも好まれるような好感度の高い表情に変化していくのです。

恋に落ちた感覚はある?もしなければ長続きしないかも

あなたが彼と恋愛関係になる前、恋に落ちた感覚はあったでしょうか?

もしハートを射抜かれたようなドキドキがなければ、あまり長続きしないかもしれません。

これはちょっとした目安なのですが、女性にとって「彼を想ってのドキドキ」は大変に重要です。

これが「恋に落ちた」という感覚です。

女性はいったん恋に落ちると、キラキラと輝かんばかりに美しくなります。

これはホルモンバランスによるものですが誰が見ても美しくきれいになるため、思わず人体の不思議を感じてしまいます。

逆に恋に落ちた感覚がない恋愛関係の場合、彼を想ってもほとんどドキドキしません。

それどころかデートの約束も「めんどくさい」と感じてしまいます。

フェイドアウトは避けられないでしょう。

このようなことから、恋愛関係がうまくいく秘訣はある意味「女性次第」なのです。

惰性で付き合うような腐れ縁でも相手の良いところだけを見ればうまくいく

惰性で付き合うような腐れ縁の場合、相手の良い面だけにフォーカスすれば必ずうまくいきます。

腐れ縁にありがちなのが、たび重なるケンカです。

ケンカする原因の多くは「相手を否定的にとらえるため」です。

彼を好きだからこそ付き合ったのに、だんだんイヤな面が出てきてウンザリすることが多くなったら、彼を否定的に見てしまう癖を直さなければなりません。

彼のイヤな面とは、あなたの主観でしかありません。

なので彼はあなたがどう思っていようが、自分を変える気などさらさらないのです。

彼に「私はあなたのこういうところがイヤだから直してね」とお願いした時、彼が快く直してくれるなら問題ありません。

しかし自分を否定的に見られたことに対して、彼が腹を立ててしまうこともあるのです。

いざこざを起こさず状況を好転させるために一番簡単なのは、相手に変わってもらうのではなく「自分が変わること」なのです。

あなたができる唯一のことは「たとえどんなにイヤな面であっても、プラス思考でとらえること」です。

お互いの家族や友人を巻き込もう。結婚に結びつきやすいうえ皆が幸せになれる

 

30代の恋愛の進め方の最後のポイントが「お互いの家族や友人を巻き込もう」です。

結婚に結びつきやすいのはもちろん「関わる人の誰もが幸せになれる」という共存共栄の世界が待っています。

二人にもし最悪な事態が起こり、別れも辞さないという時、周囲の人たちが「そうさせないようにしてくれる」のです。

言わば問題から守る城壁的役目を担ってくれたり、二人の守護神のようなスタンスです。

何かにつけ、グループ単位で集合したり遊んだりするようになるかもしれません。

まるで大家族のような強い絆ができるので、結婚後もきっと楽しく過ごすことができるはずです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「30代女性の恋愛の極意は、大人な関係を楽しめること

占い師 姫乃
いつの間にかアラサーになっちゃった!」なんて絶望的な気分のあなた。

心配ご無用!

30代の恋愛を思い切り楽しむコツは「大人な恋愛」にシフトチェンジすること。

つい最近まで20代だったら、これを機に「30代の大人恋愛」へと自分を変えてみて。

いつまでも若くいたい気持ちもわかるけれど、30代にしか味わえない感覚も大事にして欲しいな。

輝ける30代は、きっとあっという間に終わってしまうわ。

だからこそ1日1日を大事にして、ぜひ素敵な恋愛を楽しんで欲しいと思います!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事