価値観が違うと言われた時は別の原因を疑え!振られた真実の理由の確認方法と別れたくない時の復縁術
※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

付き合っていた彼氏からある日突然告げられた別れ。

原因を聞くと「価値観の違い」と言われた・・・という経験はありませんか?

そんなとき、あなた自身も彼との価値観の違いを日頃から感じていたのなら、理由に納得がいくかもしれませんが、「あれ?突然どうして?」と、理由にピンとこない人もいることでしょう。

「価値観の違い」という別れの理由は、よくあるようで、実は受け取り方次第ではさまざまに解釈できるほか、はっきりと目に見えるものではない分、ごまかしのきく理由でもあります。

ですから、「価値観の違い」と言う理由で彼氏に別れ話を切り出されたとき、本当は隠したい真実の理由があることがあります。

真実の理由は、千差万別。

ほかに好きな人ができた、二股をしていたなど、彼に非があるような後ろめたい理由だったり、もしくはあなたの行動にドン引きするところがあったからなど、正直にいうとあなたを傷つけてしまうような時に波風立てずに別れる理由としても使われることがあります。

この記事では彼氏から「価値観が違う」と言われやすい原因や価値観が違ってもうまくいくカップル、価値観の違いを持ち出して別れようとする男性心理、価値観が違うと言われた時に疑うべき振られた本当の理由、別れたくない時の復縁術をご紹介いたします。

記事を読んだ後は、振られた真実の理由を見抜く方法がわかると同時に、復縁に向けて具体的な作戦が立てられるようになるでしょう。

復縁メニューはこちら

彼氏から「価値観が違う」と言われやすい原因

部屋の片付けや清潔さの度合いなど、ちょっとした生活習慣の違いから

彼氏から「価値観が違う」と言われやすい原因としては、意外にも部屋の片付け方やそれぞれの清潔さの度合いといった、ちょっとしたことが原因になりやすいです。

付き合いがまだ浅いうちはこういったことはなかなか分かりづらいのですが、一緒に過ごす時間が長くなり、お互いの部屋に行ったりすると、わかり始めます。

初めは気を使っていても、慣れてくるとだんだんボロが出てしまうのも人の性です。

そのため、見た目は清潔感があっておしゃれにも気を配れる清楚な女性が、実は不意打ちで部屋に行ってみると意外にものすごく汚かった、と言うとき、男性は「えっ、こんな人だったの?」とびっくりして引いてしまうかもしれません。

男性は女性に幻想を抱きがちな生き物で、清楚な女性の部屋は女性らしく綺麗にまとめられていて、イイ匂いがしていてほしい・・・と、そんな分かりやすい妄想をしています。

そのため、食べかけの食べ物が散らかっていたり、服が脱ぎっぱなし、部屋にはホコリが舞っている・・・というような汚い部屋を見てしまったとき、そのショックは相当です。

男性は繊細な生き物なので、自分の抱いていた夢が壊されたように感じ、ドン引きし、「もう元には戻れない・・・」とすら感じてしまうことがあります。

そこから今までは見過ごしていた小さなことも、よくよく考えてみると、実はサインだったのかも・・・と思い始め、「本当はこんな人だったのか・・・」と気づいて、さっさと別れを切り出してくることすらあるのです。

生活習慣や清潔レベルについては、個人の感覚によって差がある上、「部屋が汚い」とは言いづらいので、価値観の違いという言葉で表されることがあります。

あなたから、「もっと詳しく言って欲しい。直せるところがあるなら直す」と言ってみると、気になっていることを教えてくれるかもしれません。

意外とストレスの原因になる!食の趣味がまったく合わない

「食」と「恋愛」というのは、どうしても切っても切り離せない関係にあります。

例えば、気になる人ができたとき、一緒に食事に行ってお互いをよく知ることから始めたり、記念日やお祝い事があるときは一緒におしゃれなレストランでお祝いしたり、といった風に、恋愛関係を始めるとき、そして始めた後も一緒にご飯を食べることで関係を深めていくように、とても重要な役割を果たします。

一番幸せを感じるときは「好きな人と一緒に美味しいものを食べている時」という人も多いのではないでしょうか。

そう思っているからこそ、パートナーと食の趣味が合わない、一緒にご飯に行っても同じものを美味しいと思えないというのは、結構ストレスになったりします。

レストランを決めるのにもどちらかが妥協しなければいけなかったり、そもそも男女問わず「食べるものは食べられればなんでもいい、こだわらない」という食への関心がもともと薄い人もいます。

楽しみにしている記念日のお祝いに行くレストランを決めようとしているときに、「どこでもいい」という冷めた対応されると、盛り下がってしまうものです。

例えば、グルメな彼氏があなたのために手の込んだ料理を作ってくれたものの、好きな食べ物がそもそも違ったり、あなたが食にそこまでこだわりのないタイプであるため、あまり良い反応ができず、彼氏の機嫌を損ねてしまったといった経験に覚えはないでしょうか。

逆に、彼がいつもファミレスやチェーン店の手頃な店に行きたがる一方、あなたがいつも高い有名店に行きたがって喧嘩になる、といったこともあるかもしれません。

こんな風に食の趣味や関心レベルが違うことから、「価値観が違う」と言われて別れることになるカップルもいます。

無理に高いプレゼントをおねだりしていませんか?金銭感覚の違いは重要

「金銭感覚の違い」というのは、相手と長く付き合っていきたいなら、かなり重要なポイントです。

付き合っている男性に「金銭感覚が違うな」と思われやすいのは、男性が女性の消費行動を理解できない場合がほとんどです。

例えば、女性がデパートでブランド物の高級化粧品を買ったり、洋服に使う額の桁が違う、といったところはなかなか男性には理解され難いものです。

特に、デートに出かけるときの行き先選びや期待されるプレゼントの額は男性にとってはプレッシャーになりやすいものです。

デートで食べたいものを聞かれて、フレンチや高級中華など高めの価格設定のところを毎回リクエストされると、男性は相手の要望に応えるのは大変ですし、泊まるところも毎回高級ホテルというわけにはいきません。

プレゼントにもブランド物をリクエストされたりすると、無理が募って「別れたい・・・」と思うことがあるでしょう。

そもそも男性は服飾品等にかけるお金は女性と比べると格段に低めです。若い男性は特に、ブランド物のアクセサリーやバッグのプレゼントなどを要求されると「ついていけない・・・」と思うことでしょう。

このほか、そんなに収入があるわけでもないのにブランド物にこだわったり、高級レストランにいつも行きたがるなど、身の丈に合わないような支出の仕方をしていると、そばで見ている彼は「結婚すると自分の収入を使い込まれるかも」という危機感を抱いて別れたくなることもあります。

結婚を前提に付き合うなら最も大切なポイント。家族観や将来のビジョンの違い

家族観や将来のビジョンは、結婚を前提に付き合うのなら早めに確認しておきたい大切なポイントです。

まだ若く、純粋に恋愛を楽しみたいだけなら問題はありませんが、長く付き合うにつれてお互いの将来のビジョンは重要になってきます。

例えば、結婚願望はあるのかないのかはもちろん、結婚の時期や、子どもはいるのかいらないのか、結婚後の両親との別居や介護についてなども後々トラブルになりやすい問題です。

あなたに強い結婚願望があっても、彼にまったくその気がない場合は、あなたからの結婚して欲しいというプレッシャーに耐えられずに男性が別れを決意することもあります。

また、彼が結婚後に両親と同居を希望する場合は、女性が苦労することもよくあるので、かなりデリケートな話題です。

具体的に彼が「将来自分の両親と同居できる女性と結婚したい」、「子供は絶対に欲しい」という要望があっても、あなたが反対の希望を持っている場合は、二人の希望がかみ合わず、どちらも譲らないのなら別れの原因になりやすいでしょう。

また、あなたは今後もずっと東京に住みたい、地方には住みたくないと思っていても、彼に地方で農業をやりたい、海外に移住したいなどの夢がある場合も、真剣に結婚を考えるほど価値観が合わずに別れることになります。

共働き家庭が当たり前になり、男性も育児をすることが当たり前になりつつある昨今でも、結婚後男性が女性に期待するものは、「両親の世話」、「子どもが生まれた後は育児に専念」など、まだまだひと昔前の価値観に基づくものが多いです。

女性にとっては、自分の生きたい人生を生きるためにも、結婚前にお互いの価値観を確認しておくことはとても重要です。

そのためには、多少の価値観の違いを恐れず、自分が譲れるところと譲れないところをはっきりさせておくのが良いでしょう。

価値観が違ってもうまくいくのはこんな恋人同士

お互いに相手に干渉しすぎないよう、きちんとルールを決める

お互いの価値観が違っていても、うまくいっているカップルは沢山あります。

例えば、お互いに相手に干渉しすぎないよう、きちんとルールを決めて付き合っているカップルです。

もしも二人の金銭感覚が違うのなら、一緒に住んでいても財布は別々で、お互い自分の買いたいものは自分の収入から買う、月に○万円は必ず貯金する、生活費と家賃は折半する、といったルールを決めれば、相手のお金の使い方にそこまで口を挟みたくなることもありません。

そして、収入が一時的に下がっている時は、余裕のある方が助けるようにする、というようにすれば、お互い助け合うことができます。

また、好きな食べ物が全然違うカップルの場合も、毎日交代で料理を作り、自分が料理する時は自分の好きなものをメインにしていいようにしたり、もしくは、そもそも同じものを食べることにこだわらず、自分の食事の用意は自分でする、という風に決めれば、ストレスを感じることなく一緒に生活することができます。

相手と長く一緒にいたい場合は、ストレスを感じる要因をどれだけ工夫して減らせるかが重要なキーポイントになってくると言っても良いでしょう。

価値観の違いを受け入れて、相手を一人の人格として尊重している

そもそも生まれ育った場所が違う二人の大人なのですから、そもそも価値観は違って当たり前です。全ての価値観がぴったり合うカップルなんてほとんどいません。

うまくいっているカップルというのは、お互いの価値観の違いを受け入れ、相手を一人の人格として尊重しています。

そして、価値観が違うということは自分にはないものを相手は持っているということでもあります。「違い」も少し見方を変えることでポジティブにとらえ、相手から学ぶきっかけにできることがあるのです。

例えば、彼が女性たるもの身だしなみをいつもきちんとしているべき、キレイ好きで当たり前という考えを持っていて、女性に「清潔さ」や「上品さ」を求め、あなたの部屋が片付いていなかったり、すっぴんで外に出かけようとするとお説教モードに入る、という場合。

あなたからすると「口うるさく言わないでよ!」、「価値観を押し付けられている」、もしくは「価値観が古い」と感じてしまうかもしれません。

でも、裏を返せば彼は上流家庭の出身で、女性に上品さを求める一方、男性も女性を守って当たり前、という紳士的な考えを持っているのかもしれません。

育ちの良さはお金では買えないので、彼の食事の仕方や身だしなみ、冠婚葬祭といった場での振る舞い方など、学べるものはたくさんあることでしょう。

また、あなたがブランド物好きで高級なバッグや化粧品を買ったり、高級レストランに行くのが好きでも、彼は良い顔をしてくれない、プレゼントも安物が多い・・・という場合。

多くのブランド物の高級化粧品というのは半分以上が広告費用にあてられています。

言い換えると、ブランドのイメージにお金を払っているとも言えます。つまり、高いからと言ってその分良いもの、とは限らないのが現実です。

そしてお金を無駄遣いしない男性は、地に足のついた堅実な考え方を持っていて、ギャンブルやお酒にお金を使い込むといったことも少ないです。

「ケチ」ととらえるのではなく、「堅実」「節約上手」と捉えることで、かなり見方が変わってきます。

もしかするとあなたとの将来を見据えて、お金を貯めようとしてくれているのかもしれません。

「価値観が違う」と言うと、なんだかもう諦めるしかないようなイメージですが、見方を変えれば相手の良い一面ももっと見えるようになります。

言うは易しで実際に実行するのはなかなか難しいのですが、それでも相手の価値観をまず否定するところから入るのではなく、受け入れようとする姿勢をもつとポジティブに捉えられるようになることが多いのです。

そして、こうした努力は彼との関係だけでなく、あなたの人間関係構築スキルを全体的に上げてくれることになりますので、あなた自身も人として成長することができます。

もしどうしても、相手に直して欲しいところがある場合は、それを一方的に押し付けるのではなく、「私はこう思っている」と、自分の気持ちを相手に伝え、具体的にどう行動を変えるかは相手に任せた方がいいかもしれません。

具体的にあなたから「こうしてほしい」と言うよりも、自分自身で考えて決めた方がわだかまりが残ったり、ストレスが溜まることも少ないでしょう。

違いを深刻にとらえすぎない。ほとんどのことは実は大したことではないと知っておく

価値観が違う、と言っても、二人が付き合っていく上では、実はそんなに大した問題ではないこともよくあります。

例えば、部屋の片付け方や清潔さのレベル、といったちょっとした生活習慣の違いは生死に関わるような深刻な問題に発展することはありませんし、一緒に住んでいない間ははっきり言ってどうでもいいことです。

また、食の趣味に関しても、確かに好きなものを一緒に楽しめないと寂しいものですが、時間が経つほど、相手の好きなものも少しずつトライして美味しさがわかるようになるかもしれませんし、栄養状態に影響があるほど偏った食べ方をしていなければ、問題はないのです。

問題視されがちな「金銭感覚の違い」ですら、相手が自分の稼ぐお金で、借金さえしなければ金遣いがどんなに荒くてもたかが知れています。

心配であれば、「借金だけはしないでね」と最低ラインを決めておけばいいのです。

このように、「価値観が違う」ということを深刻にとらえすぎず、「別に大した問題じゃないな」という風に軽く受け止めることは、恋愛関係を長続きさせるためには良い心構えです。

命に危険があったり、破産するほど金遣いが荒い、などという状況でない限り、あまりストレスを感じすぎず、「どうでもいいよね」と適当に流せるカップルの方が、うまくいくことがあります。

ひとりの時間がきちんと確保できている

人間誰しも、「ひとりになる時間」は必ずどこかで必要です。

どんなに仲の良いカップルでも、四六時中ずっと一緒で、お互いにひとりになる時間が全くとれないと、ストレスが溜まって、二人の関係もギクシャクしてしまいます。

価値観に合わないところがあると感じているカップルなら、なおさら自分自身と向き合う「ひとりの時間」は必要でしょう。

それはお互いを避けているのではなく、考えを整理したり、自分の好きなことをしたり、心身を休ませたりする大切な時間です。

良い人間関係を築く上では欠かせない、いわば心のメンテナンス時間です。

もしひとりになれる時間が少ないと感じているのなら、パートナーともしっかり話し合った方がいいかも知れません。

週末は土日両方一緒にいるのではなく、土曜日だけにしたり、同棲しているのならお互いに自分の部屋を持てるようにしたりなどの工夫が必要です。

お互いに相手の「ひとりの時間」を尊重できることこそ、価値観が違っていてもうまくいく秘訣と言えるでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

価値観の違いを持ち出して別れようとする男性心理

実は言いたくない理由がほかにある!言いづらいので「価値観の違い」でごまかしたい

「価値観が違う」と言われて彼氏に別れを切り出された場合、もちろん本当にお互いの価値観のズレが理由であることもあるのですが、「価値観」とはかなり意味の広い言葉なので、言われた方はなかなかピンとこないかもしれません。

また、なんとなく突っ込んで理由を聞きづらく、具体的に何がどう違うのか教えてほしいと思っても、「フィーリング」や「ただ合わない」といった曖昧な理由が返ってくることもよくあります。

また、一言に「価値観」と言っても、人によって解釈の仕方に大きな差があります。

逆に言うと「価値観の違い」とは、別れの理由に使うにはかなり融通のきくもので、実は本当の理由があるけれど、それを相手に言いたくないときなどにも使われがちなのです。

ですから、もしあなたが彼氏に「価値観の違い」で別れたい、と言われて心当たりがないとき、実は彼には本当の言いたくない理由があるのかもしれません。

彼の様子を見て、あまり突っ込まれたくない、さっさと別れたい・・・というようなそぶりがあれば、もしかしたら隠していることがあるのかもしれません。

本当の理由は、二股をしていたり、もうただ好きじゃなくなったり、そもそも別れの本当の理由を言わないと言う点で誠実さにかけるということも言えます。

残酷なようですが最初からそんなに本気ではなかったという場合もあるかもしれません。

または、どうしても体の相性が合わないけれど、そんなこと彼女にはとても言えない、という事情がある場合もあります。

もう相手に合わせるのに疲れた・・・価値観が違いすぎて限界を迎えているのかも

「価値観が違う」から別れたいと言われたからと言って、全部が全部本当の理由をカモフラージュするための言い訳ではありません。

もちろん、本当に耐えられないくらいお互いの価値観が違う!だから別れたい!と言う場合だってあります。

この記事を読んでいると言う時点で、そもそもあなたには「価値観の違い」で別れた彼氏
になぜそんなことを言われなければいけないのか、突然のことでピンときていないのではないでしょうか。

考えられるのは、あなたが知らぬ間に彼をあなたのわがままに付き合わせてしまっていたということです。

例えば、デートの行き先を決めるのはいつもあなた、約束をしていてもいつも平気で遅刻したり、ドタキャンしたり、気まぐれに変更したり・・・と、彼を振り回していたのではないでしょうか。

こういった女性に振り回されるのが好きなタイプの男性もいることは事実ですが、そうでない人もたくさんいます。

もしかするとあなたの彼は、これまでずっとあなたに頑張って合わせてきたけれど、
正直「もうわがままには付き合いきれない」、「もうこりごりだ、勝手にしてくれ」と言う気になっているのかもしれません。

男性が長年片思いしていた女性で、「超本命」のような女性と付き合うと、どうしても無理をしてでも相手に合わせたい、と構えてしまうので、結局長続きしないことがあります。

長年思い続けていた女性とやっと付き合えたと言うことで、彼はこれまでなんとか頑張ってきていたのかもしれませんが、そろそろ我慢も限界で、疲れ果てて結局、「価値観が違う」というどうしようもない事実に打ちのめされているのかもしれません。

金銭感覚などの重要な部分が異なると、一大事です。溜まりに溜まったものが爆発して。「もう無理だ!」と思ったとき、その別れの理由は「価値観の違い」にほかなりません。

もうできるところまでやった、これ以上は無理だ、そう思っているのが、今の彼の心理なのかも知れません。

人ときちんと向き合うのが苦手なタイプ。今までの彼女とも長続きしたことないかも

付き合ってまだ半年程度なのに、「価値観の違い」を理由に彼が別れを切り出してきたのなら、もしかすると彼は人間関係を浅いレベルでしか築けない人なのかも知れません。

付き合って半年なら、関係も落ち着いてきて、お互いをもっと深いレベルで理解し合い、より関係を深めていこうとする時期です。

ですが、もしも彼が人に向き合うことに恐怖心や不安があり、これまでも浅い人間関係しか築けてこなかったタイプであれば、恋人との仲を深めるのに躊躇することがあります。

ちょっとした考え方の違いでも、「やっぱりダメだ」とすぐに諦めて、「価値観の違い」を理由に別れを切り出すことがあります。

これまでの彼女もほとんど長続きした試しはなかったのではないでしょうか。

また、仲が良いと言える友人もほんの数人で、彼らは幼馴染などが多いかも知れません。

意外と初対面の人や仕事相手などには愛想よく、フレンドリーな対応をできるのですが、特定の人たちと人間関係を深めていくのが苦手です。

プレイボーイとして知られる遊び人タイプの男性にもこういうタイプの人はけっこういて、これまで真剣に女性と交際をしたことがないので、どうすれば分からないことがあります。

なんか最近突然冷たくなった気がする・・・避けられているのかも?でも、何かした心あたりがない・・・と感じているのなら、実は彼は不安でいっぱいで、あなたとこれからもっと関係を深めていこう、という時に、恐怖心すら感じていたのかも知れません。

この場合は、あなたが悪いのではなく、彼の心の問題なので、話し合ってこれからも付き合い続けていきたいのなら、一緒にカウンセリングにかかるなどした方が良いかも知れません。

価値観が違うと言われた時に疑うべき振られた本当の理由

真っ先に疑うべきは浮気・二股など他の女性の存在

本当の理由としてまず疑うべきはもちろん、浮気や二股など、他の女性の存在です。

本当の理由を隠そうとするのは、彼に後ろめたさがあるからにほかなりません。

素直に「ほかに好きな人ができた」と言えないのなら、もしかすると二人はあなたと彼が別れていないうちからしばらく付き合っていた可能性もあるので、突っ込んで聞くなら相当の覚悟が必要です。

そんな後ろめたさから本当の理由なんて言えるはずもなく、「価値観が違う」と曖昧な理由で別れたがっている可能性があります。

「げ、こいつとは無理!」と思われたかも?彼にドン引きされるような行動をした

実は彼は最近あなたにドン引きするような出来事があり、「価値観の違い」を思い知ったのかも知れません。

例えばデート中、行ったお店の店員さんに横柄な態度をとったり、身近な友達の悪口を平気で言う、食べ方が汚い、相手の家族の悪口を言う、などなど、一気に減点されるような行為をした覚えはありませんか?

これは生まれ育った環境によるところが大きく、指摘されないと自分ではなかなか気づかない部分もあります。

これらは本人を前にして直接口には出しづらいでしょうし、彼は今「とりあえず早く別れたい」という気持ちでいっぱいなので、素直にドン引きしたことを言ってあなたを傷つけるのではなく、「価値観の違い」と言って波風立てずに別れようとしているのかも知れません。

ちょっとついていけない・・・自分の家族と合わないと思われた

日頃は顔を合わせる機会があまりなくても、付き合っている人の家族の存在というのは大きいものです。

あなたの彼は別れる前にあなたの家族に会ったことがあったでしょうか。

意外と自分では気がつかなくても、家族に会ってもらったら、自分の家族がやたらと馴れ馴れしかったり、仲良くなるつもりで彼にズケズケとプライベートな質問をぶつけていたりなど、そのほか彼を困らせるようなことをしたりすることが時々あります。

そして、あなたが困っている彼に気がつかず、放置していたりしていなかったでしょうか。

そんな時、彼は「俺が合わせろってこと?とてもじゃないけど付き合いきれない・・・」と思ったのかも知れません。

好きな人と家族は別とはいえ、真剣に交際している相手であれば将来家族との付き合いは避けられません。

真剣に交際している相手であれば、あるほど家族の問題は深刻です。

でも、あなたの家族と合わないとは言いづらいので、別れる理由としては価値観の違いという風に言ったのかもしれません。

価値観が違うと言われても諦めない!別れたくない時の復縁術

別れの本当の理由を探ることがまず第一歩

これまでにご紹介したように、「価値観の違い」と言われた時は、本当の理由が隠されていることが多々あります。

もしもあなたが「価値観の違い」という理由に納得がいかないのであれば、はっきりとした本当の理由を知ることのがまずあなたのすべきことです。

それは、彼本人に直接聞いて教えてもらえるのならそれが一番良いのですが、どうにもはっきりしない態度を取られた時は、彼の友人に探りを入れてみたり、彼のバイト先に突然現れてみる、などの方法で自分で理由を突き止めるしかありません。

あっさりと引き下がって別れてみると、向こうも油断して意外と簡単に別れの理由がわかったりするかもしれません。

彼との復縁に向けて、どのような手段を取るにせよ、まず別れの本当の理由を知ることが第一歩です。

彼の尊敬しているところをアピールする。違うからこそ一緒にいて成長できると伝える

「価値観が違う」と言われても、違う人と一緒にいるからこそ、人は成長できるものです。

とにかく彼の尊敬しているところを伝えて、あなたがどれだけ彼と一緒にいると成長できるか、もうこれ以上の人はいないと思っていると伝えましょう。

男の人は褒められたり、おだてられたりするのが大好きな生き物です。

もうこんなに自分を認めてくれる女性には出会えないかもというくらい、渾身の力で彼をアゲて彼をいい気分にさせることができれば、別れたいという彼の気持ちを変えることができるかもしれません。

ただしこれは突然前触れなく別れ話をされた時の急場しのぎの方法です。

彼とこれからも付き合い続けていくためには、継続した努力が必要なことは言うまでもありません。

価値観が違うと言われた以上、あなた自身が変わる努力は欠かせないと心得てください。

3ヶ月だけ時間をもらう。そしてその間に徹底的に彼に合わせて自分を変える

「価値観が違う」と言われても、どうしても彼と別れたくない!別れなくていいならなんでもする!と、あなたがそれくらい強く彼のことを思っているのならば、あなたにできることは「彼のためにあなたが徹底的に変わること」です。

まず、別れ話をされたら、彼の話をよく聞くことです。

反論せず、ただ彼の話をよく聞いて、どんなところが不満なのか、しっかり覚えておきましょう。

そして、一通り彼の話が終わったら、「私はまだ別れたくないと思っている。できるだけ変わるから、あと3ヶ月だけ時間が欲しい。その3ヶ月のうちにもしまだ変わっていないと思うなら、別れよう」と、別れ話をとりあえず「いったん保留」にできないか、交渉してみてください。

もし彼が本当に「価値観の違い」が理由で別れたいと思っているのなら、自分に合わせて徹底的に変えると言ってくれている彼女を3ヶ月待つことは、多くの男性が了承してくれるのではないでしょうか。

OKが出たら、どんなところを変えて欲しいのか、彼にヒアリングをします。

そして、「ここはこうする」、「次からはこうする」など、具体的に自分がどう行動を変えるのか彼に宣言しましょう。

その後はできるだけ早く行動に移すのがポイントです。

まずはすぐにできることから自分を変えて、「本当に変わる意思がある」と言うことを示すのです。

金銭感覚が違うのなら、相手には決して求めない、彼があなたにあげたいと思うもので満足する、家族とうまくいかないのなら、一年に一度ちらっと会うだけでいい、など、あなたが彼に合わせて譲らなければいけません。

3ヶ月の間に、「こんな風に変えてみたんだけど、どう?」と彼の反応も見ながら、随時これで良いか確認してください。

それだけ変わろうとしてくれている彼女の健気さに心打たれて心変わりしてくれる可能性は大です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「価値観の違い」という言葉の裏にある、もっと深い理由を探るのがコツ

占い師 姫乃
「価値観の違い」で別れる、と言ってもその裏にある真実の理由は千差万別。

本当はもしかしたらほかに好きな人ができたのかもしれないし、二股していたのかもしれない。

もしくは他の後ろめたい理由を隠そうとしているのかも。

あなたがそのことに気づいたとき、「価値観の違いなんて、嘘じゃん!本当は女がいるんじゃん!」と怒るかも知れないけれど、もしかしたら彼は嘘をついているつもりじゃなかったのかもしれない。

例えば、本命はあなたと思っていたけれど、やっぱりなんだかあなたとは合わない・・・だから別れることにする、と思ったのかも。

それに、深い人間関係を築くのが苦手な男の人だってそう。

自分は浅い人間関係しか築けない、だから深い関係になろうとしているあなたとは価値観が違う、という意味で言っているのかも知れない。

表向きは「価値観の違い」という言葉でひとくくりにされていても、その裏には本当にそれぞれの事情がある。

彼と別れたくないのなら、そこをどれだけ理解して、真実の理由に近づけるか、そして一緒に解決しようと努力できるかがポイントになるわね。

別れ話をされた時、「価値観の違い」なんて、納得できない!と感情的になって彼を責めるのではなくて、できるだけ心に寄り添ってあげて。

もしかしたら彼なりにできることは全部したけれど、それでもやっぱり合わないと思ったのかもしれないから。

あなたが彼と別れたくないのなら、あなた自身が変わるしかない。

そこは女として器の広さの見せ所よ。

まずは別れを考えるほど真剣に悩んでくれた彼に謝って、そして腹をくくって彼に合わせる覚悟をするか、しっかり話し合って二人で乗り越える努力をして。

いつだって、ピンチはチャンスなの。

「価値観の違い」から別れようと言われた時、そこから彼を惚れ直させることができるかどうかは、あなた次第よ。

【期間限定・1月26日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事