婚活で一度断られた相手に連絡しても大丈夫!相手を振り向かせる婚活必勝戦略
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

婚活で悩んでいる人に朗報です!

もしあなたが婚活で出会った人に断られた経験があったら、何だか自信をなくしてしまいますよね。

「自分の性格に問題があったのかな?それとも容姿が好みじゃなかったのなら、もうなすすべなし…」

でもこれは、あなたの思い込みに過ぎないのです。

今回は婚活で一度断れられた相手に再度連絡してもいい理由と、相手を振り向かせる婚活必勝戦略についてご紹介します。

相手に連絡する際に気をつけたいことや、一度断られてもうまく行った婚活体験談は「読めば納得」です。

あなたの婚活事情に悩みがなくなれば、結婚まであとひと息。

近い将来、必ず訪れる幸せな結婚生活を夢見つながら、さっそく記事をチェックしていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

婚活で断られた…相手の心理は?私のことをどう思っているの?

初めて顔を合わせた時の第一印象が良くなかったから

ちょっとショックな可能性として、断られたのは「あなたの第一印象」にも原因があることをお伝えしなければなりません。

男性たちが抱く女性への第一印象は、その後のすべてを決定するほど重要なものです。

これは女性には理解しがたいものかもしれません。

男性は、出会った一瞬で相手を落とすことができるかどうかを見定めます。

その理由は「種の保存」にありますが、それは男性の本能です。

極端な話、ひと目見た時に「この人は種の保存行為ができるか?」それとも「できないか」を判断するのです。

もし男性にとって相手の第一印象がイマイチだったら、その後のことにまったく期待を持ちません。

これは第一印象が良くなかったことで、相手の女性に興味がなくなってしまうためです。

これと大きく違うのが、女性が男性に抱く第一印象です。

女性にとっても相手の第一印象は大切ですが、男性ほどではありません。

女性は第一印象があまり良くなくても、徐々に相手に惹かれていくうちに相手を許容することができます。

やがて体を許したあと、感じる愛情は最高潮に達します。

「男性は一瞬にして相手を見定め、女性はゆるやかに相手を好きになる」

このように男女の恋愛のとらえ方は、出会いの一瞬からまったく違うものなのです。

他の女性と同時進行していて結果的にそちらを選んだから

これも大変に心が痛む問題ですが、相手の男性が「他の女性と同時進行している」という可能性が無きにしもあらず、です。

と言うことは結果的にもし彼が他の女性を選んだら、あなたを断ることになります。

これについては「二股の可能性がある」というだけで、憶測に過ぎないのですが、女性の勘はよく当たるもの。

「キナ臭い匂いがしたら、まさにその通り」なんていうことになりたくないですよね。

彼と出会ったタイミングでもう彼に彼女がいたとしたら、彼ももおそらく「どうしたらいいだろう?」と真剣に悩んだはずです。

二股を取り続けられるより、断ってくれたのが「誠意ある対応」としてとらえるのがベストです。

相手に未練があったり裏切られたような気がしてくやしくても、一度完全に引きましょう。

相手を忘れることに集中しますが、決して婚活をあきらめないでください。

精神的に復活できれば、あなたの魅力が増します。

そうなれば、断られた彼よりももっと良い出会いに必ず恵まれます。

男性が求める理想の女性像と大きく違っていたから

とても残念なことに「相手の男性が求める理想の女性と大きく違っていた」ということも現実にあります。

もしそれが本当に断る理由だったら、これはもう仕方がない、とあきらめるしかないです。

男性によっては高い理想を掲げている人もいます。

高い理想のベースとなっている多くの場合「母親」です。

一般的に「マザコン」と呼ばれるゾーンの男性たちは、母親を特別な存在として見ています。

結婚相手にも、潜在的に母親のように特別な存在を求めてしまうのです。

男性たちにとって結婚は安らぎの場です。

「疲れた自分を癒してくれる人がいたらいいな」と願い、結婚を考えるようになります。

ところがそれに相反して、ほとんどの婚活女性たちは恋愛モード全開です。

「常にラブラブでいたい」「付き合っている時も結婚しても私だけを愛して欲しい」と思っています。

このように、男性たちが求めている結婚観とは微妙なズレがあります。

男性は平和で安心できる家庭を求め、女性は結婚しても常に恋をしていたいのです。

かと言え、男性たちは母親を求めているというわけではありません。

「あまりにも恋愛モード全開な女性はちょっと…」敬遠したいと考え、理想の女性像とかけ離れていることが結婚生活へのネックになりそう、と判断します。

仕事の都合など相手とのスケジュールが合わなかったから

相手の男性が超多忙だったり、どうしても仕事を優先せねばならない時、あなたの誘いを断ることがあります。

このあたり、男性の不器用さが現れた点と言えるのですが、男性は二つのことを要領よく同時に行うことが苦手です。

その上、何よりも仕事を第一に考える男性が多いのも事実です。

なので男性があなたよりも仕事を選んだからといって「あなたのことが嫌い」というわけではないのです。

大変に誤解を生じやすい点なのですが、男性たちがあまり配慮しないところも問題なのかもしれません。

ですから相手の男性が自分よりも仕事を選んだこと対して、憤慨する必要などないのです。

このように仕事関係で断ってきても、脈ありならいずれまた連絡してきます。

性格が合わなそうなイメージがどうしても拭えなかったから

男性たちは外見だけでなく、女性の性格も重要視します。

もし「どうしても性格が合わなそう」と感じた場合、容赦なく断ってきます。

これは男性だけでなく女性も同様で、相手の内面の印象は「イメージ」が先行します。

相手のことがまだよくわからないうちに見た目で判断し、頭の中にそのイメージを浮かべます。

性格も同じように「多分合わなそう」というイメージだけで相手を判断します。

これがズバリ当たっていればいいのすが、実際につきあってみない限りその人の本質はわからないものです。

このように相手が断ってきた理由がよくわからない時は、「合わなそう」と思われているかもしれません。

しかし付き合ってみて「合わない」と言われるよりは、数倍も良いことです。

カラダ目的?デートする目的が相手と違っていたから

相手が女性のカラダだけが目的の場合、女性とデートする目的が完全に一致しないために誘いを断ることがあります。

女性側がそれを受け入れるなら、大人同士の恋愛ですから何も問題なさそうです。

しかし女性が本来目的としていることが「婚活」であれば、相手から断られたのはラッキーなことです。

婚活を成功へと導かせるためにも、カラダ目的の男性とは距離を置かなければなりません。

付き合って早々に二人きりになれるところへ誘われたら、カラダ目的を疑いましょう。

「嫌われないように」と、無理に承知する必要はないのです。

婚活によって結婚することがあなたの最終目標なら、そこにたどり着くまで遠回りしないで済みます。

趣味や好みの違いから相手が乗り気ではないために、結婚する意味がない

婚活中、相手と何度か話をしているうちに「なんとなく乗り気じゃないな」と思うことはよくあるものです。

相手に対してだんだん冷めていくにつれ、「結婚する意味がない」と気づくので断られるのもやむを得ないでしょう。

例えば、トピックが趣味や好みなどの時、このような状況になることが多いです。

特にアウトドア好きとインドア派が出会って付き合うなら、それは世にも稀に見る悲惨な間柄かもしれません。

どちらかが相手に譲られなければ、いくら大好きな趣味でも結婚する意味がなくなります。

男性がとてもこだわりのある趣味に没頭するタイプだったらなおさらでしょう。

相手がどんなに楽しそうにしていてもまったく共感できないので、お互いの溝は深まるばかりです。

そのまま結婚できたとしても、相手にかなり魅力がなければいずれ破綻してしまう可能性は否めません。

 

婚活で一度断られた相手に再度連絡してもいい理由

断られた理由が明らかで自分なりに問題点を改善できた時

もし婚活で一度断れられたとしても相手に再度連絡してもいいのが、「断られた理由が明確でしかもその問題点を改善できた時」です。

断られた問題がわからない時はどうするの?とあなたはいぶかしがるかもしれません。

わからない時は、問題を改善しようがありません。

自分に問題があってもわからなければ仕方がありません。

もしかすると相手に問題があるとしたら、さらにお手上げです。

それ以外で、もし自分の問題点が明るみに出ているのであれば、改善に努めましょう。

あなたの問題点を指摘してくるのは、相手の理想が高い時です。

相手の理想に当てはめた時、もしそれと大きく違っていたら指摘せざるを得ません。

あなたとしてはその理由が理解できなかったり、同意できない場合かなり困ってしまいます。

改善できる、できないを決めるのは、あなた次第です。

再度連絡した際に、改善するよう努力していることを伝えてください。

相手が納得すれば、断ったことを取り消してくれるはずです。

結婚目的を出さずに友人としてなら連絡しても大丈夫

断られた相手にもし連絡したいとき、「結婚目的ではなく友人として」というスタンスなら大丈夫です。

相手があなたを「友人」と認識できるなら、彼との関係は一気に軽く明るいものに変わります。

もしかするとそれまでのあなたは「結婚」ばかりを強調する態度だったかもしれません。

ともすると男性は「結婚」を重いものにとらえがちです。

結婚という言葉を聞いただけで大人の男性としての責任を感じ、「もう逃げられない!」と叫びたくなるのです。

そのような男性に対して「結婚」を迫るような態度で接すれば、逆に相手を引かせてしまいます。

縁があれば、いずれは結婚できます。

もしその前にガツガツしてしまうと逆効果ですから、いったん友人として接してみてください。

未来に向けた可能性が、さらにより良いものになっていくのを実感するでしょう。

相手にまだ彼女がいないかもしれないと分かった時

婚活で一度断られた相手にまた連絡しても大丈夫なのは、「相手に彼女ができていない時」です。

このことは、相手に確かめるわけにはいかない内容ですが、女性ならなんとなく「勘」でわかるものです。

または何回か連絡を取ってみた時、なんとなく匂ってくるかもしれません。

相手に彼女がいるかどうかはとても聞いにくいことですが、初めが肝心です。

それとなく彼女がいそうかどうか、探ってみてください。

はっきり「いる」と言われたら、あきらめるしかありません。

でも、もし「いない」と答えてくれたら、もう普通に連絡しても問題ないことがわかります。

結婚相手として「この人しかいない」と確信できた時

婚活で一度断られた相手に再度連絡してもいい理由の一つが、「もうこの人しかいない」と確信できた時です。

これは相手に迷いがある時、とても効果があります。

またあなたの勘が試される時です。

例え断られても、それで終わりではありません。

もし様々な理由から一時的な気の迷いから、断るのはよくあることです。

これは自分に自信がなかったり、気の弱いタイプの男性に多いです。

このようなタイプは女性に押されることで、前に進めます。

むしろ女性に「積極的に押して欲しい」くらいに思っています。

ですから、一度断られたからと言ってそのまま女性に引かれるのは、本意でなかったりします。

これが迷いの多い男性の特徴です。

めんどくさいと思うかもしれませんが、彼はグイグイ引っ張ってくれるような強い女性を頼りにしたいのです。

同じ趣味や好みがあったり興味がある場合、情報交換としての連絡ならOK

もし一度断られても「情報交換」として連絡するなら、大丈夫です。

例えば同じ趣味や好みがあったり、興味がある場合です。

共通の話題があれば、話は盛り上がります。

この時、相手に恋愛感情は期待できないかもしれません。

しかしここでも男性と女性の考え方の違いがあります。

男性は、自分のことを理解してくれる女性に心地良さを感じるものなのです。

こだわりのある趣味や好みについて女性と情報交換するひと時は、彼にとって幸せです。

また興味津々で話を聞いてくれる女性には、深い感動を覚えます。

「自分を認めてくれた」というような承認欲求も満たされ、最高の気分となることでしょう。

自分を気分良くさせてくれる女性を、彼が悪く思うはずもありません。

仮に一度断られたとしても、これがきっかけで普通に連絡がとれるようになるはずです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

婚活で一度断られた相手に連絡する際に気をつけたいこと

連絡するタイミングには注意が必要

婚活で一度断られた相手に連絡する際、そのタイミングには注意が必要です。

特に連絡する時間帯には気をつけてください。

相手が忙しい時間帯だと、せっかくメッセージを送ってもなかなか既読にならなかったり、未読スルーだったりします。

返信したくても忙しさにかまけて忘れられるか、面倒に思われるだけです。

いくら待っても何もアクションが起きないと、あなたもイライラしてしまいお互いのために良くありません。

相手に「タイミング悪いな」と思わせないような工夫も大切です。

ディタイム勤務の男性なら、朝の忙しい時間帯はNGです。

ランチタイム時か、帰宅後のんびりできそうな時間帯を狙いましょう。

ホッとリラックスしているようなタイミングを見計らって送信すれば、相手も違和感なくメッセージを読むことができます。

夜勤の男性だったら早朝から昼近くくらいの時間帯、午前中なら間違いないでしょう。

相手を急かさない。冷静さを保つのが大切

婚活で一度断られた相手に再び連絡する時に気をつけたいのが「相手を急かさない」ということです。

いつも冷静さを保ちつつ相手に連絡するようにすれば、OKです。

相手をつい急かしてしまうのは、あなた自身がせっかちな性分だからかもしれません。

このような性分の場合、「相手がなかなか思い通りに動いてくれない」「相手からの返信が遅い」などという時、あなたは急かすのが当たり前になっています。

しかし急かされるほど、逆にやる気が起きなくなるものです。

これは心理的に抵抗感が働くためです。

誰でも「やらされる」というのはイヤなもので、相手が男性なら特にそう思うはずです。

「自分はせっかち」という自覚があるなら、今すぐにでも相手を急かすのを改善すべきです。

LINEするならわかりやすい文章で短文にするのがポイント

婚活で一度断られた相手に再び連絡する際に最も気をつけたいのが「LINEの文の長さ」です。

LINEするならわかりやすい文章かつ、「短文」がポイントです。

相手に伝えたいことが山ほどあるからと長々と長文にしたところで、相手はそれをひと目見ただけでゲンナリしてしまいます。

文章が長くなってしまう原因は「感情が入ってしまうから」です。

これは女性特有のもので「私はこう思う」とか「私のことをもっとよく知って」という感情の現れです。

これとは正反対なのが男性のLINEです。

多くの男性は「LINEは業務連絡のようなもの」ととらえています。

ですから女性たちにありがちな「誰がどうしたこうした」とか「私はこうだけどあなたはどう思う?」的な周りくどいLINEは超苦手なのです。

もし長文ばかり送っていたのなら、これからは伝えたいことを要約しできる限りコンパクトにまとめるようにすれば、より相手に伝わりやすくなります。

手始めは「挨拶」から。その後メッセージのやり取りが可能かを伺う


婚活で一度断られた相手に再びLINEで連絡する際、初めは「挨拶から」がベスト。

「こんにちは!」とか「元気?」などという「挨拶LINE」をポーンと送信してみてください。

この挨拶LINEにどんなレスポンスが来るかで、その後のメッセージのやりとりが可能かどうかがわかります。

未読スルーだったらブロックされてるかもしれません。

いつまでたっても既読にならなかったら潔くあきらめましょう。

既読が付いて返信がない場合、もう一度だけメッセージを送ります。

メッセージの内容は「あくまでポジティブな言葉で」がコツ。

返信がないからと悲観的なメッセージにしてしまうと、その時点でブロックされる恐れがあります。

めでたく相手からレスポンスが届いたら、なんとかメッセージを続けられるようにひと工夫します。

おすすめは「インタビュー形式」です。

相手に質問し、それについてコメントする方法です。

相手はあなたにいろいろ聞かれたり興味を持ってもらえることに、不思議と気分の良さを感じます。

いつの間にかLINEでのメッセージ交換が日常的になれば、こっちのものです。

LINEの既読スルーをあらかじめ想定しておく

婚活で一度断られた相手に再びLINEで連絡する際、残念ながら既読スルーという事態を想定しておく必要があります。

なぜ既読スルーなのか?送ったメッセージに興味がなかったのか?もはや眼中にないのか?というように、あなたの頭の中は混乱しまくることでしょう。

読んでいるなら返信して!というのがあなたの本音です。

しかし相手が返信する気がないなら、もうどうすることもできないのです。

既読スルーほど悲しく切ないものはありません。

相手からの返信を期待するよりも「既読スルーもあり得る」と思うようにしましょう。

これは自分が苦しまないようにするための、一つの予防策です。

 

誠実さと熱意が大切。一度断られた相手を振り向かせる必勝戦略

相手の心理を読み取っておくこと。一度断っても相手はあなたの動向を気にしている

断られた相手を振り向かせるには、相手の心理を読み取っておくことも重要です。

一度断ったとは言え、実はあなたのことを顔も見たくないほど嫌っている、というわけではなく、むしろあなたの動向を気にしています。

「迷いがあるから」というのも一因ですが、多くの場合「ただ単純に気になるだけ」です。

次にあなたがどんな行動に出るのか、また何を言ってくるのかが気になります。

LINEにメッセージが入れば、あなたからのLINEかどうか確かめますが、この時点では、まだあなたのことを振り向こうとは思っていません。

しかし一度断った事実がいつまでも相手の心に残っていることだけは、確かです。

この後、流れがどう変化するかは、誰も知るよしもありません。

重い話はNG。断られた相手には気軽な雰囲気作りが大切

一度断られた相手を振り向かせるには誠実さと熱意が大切なのです。

そのためのポイントは「気分が重くなるような内容の話を避ける」ということです。

断られた相手に対して重い話ばかりしていると、相手の気持ちは冷め切ってしまいます。

いずれ「やはり合わない」「もう無理です」というような最後通牒をもらうことは確実でしょう。

再び断られてしまわないためにも、常に気軽で明るい雰囲気作りが大切です。

「もうネガティブな話をしない」と固く決心してください。

しかしネガティブな思考は一つの癖でもあるため、ネガティブな言葉を発しているのにもかかわらずそれに気づかないことも多いです。

これを機に自分を変えることができるなら、きっと相手を振り向かせることもできるはずです。

「振り向かせたい」と思われないような工夫をしよう

断られた相手を振り向かせるには、「振り向かせたいと思われないような工夫をする」ことです。

これは相手に対する熱意があれば、難なく行うことができます。

振り向かせたい時にやってしまいがちなのが、LINEの連投、返信の要求、自分を理解してもらおうとして喋りっぱなしになる、などです。

これらは、相手が振り向くどころか、反対に離れていってしまいます。

相手に振り向いてもらいたいなら、まずは距離をおきます。

自分からラインしない、相手からのLINEを既読スルーする、自分は喋らず相手に話させるようにする、などをやってみてください。

相手のLINEを既読スルーするのは、初めは勇気が必要です。

しかし一度でもやってみれば相手の反応が変化するし、あなたに好意を持っていれば相手からのLINEが増えます。

【必勝戦略法その1】何となく振り向いてもらえそうになったら一度連絡を断つと、相手はあなたを手放さなくなる

婚活で一度断られた後に何となく振り向いてもらえそうになったら、一度連絡を断ちます。

相手は「おや?」と戸惑ったり動揺し、いずれはあなたを手放したくなくなります。

これは相手の心理を操ることで勝利を手にできる、最も効果的な必勝戦略法です。

これとは逆に、してはいけないことが「マメな連絡」です。

また自分のことをよく知ってもらおうとして、プライベートをどんどん明かしてしまうことです。

どちらも相手との距離が近づくような気がするものですが、これをやってしまうと相手はあなたに興味を失ってしまいます。

良かれと思ってやったことがまさかのマイナスとは、想像もつかなかったかもしれません。

しかし、マメに連絡することもプライベートなことを包み隠さず伝えようにするのは、戦略と考えてください。

【必勝戦略法その2】心を平和に保てば意外な方向性で勝ち組に

続いて効果の高い必勝戦略法が「心を平静に保つ」ということ。

婚活で断られると、かなり傷つくものです。

「どうせ自分なんか」とか「くやしい」というように、自分に自信が無くなったり不安や悲しみに襲われることもあります。

もう婚活なんてやめちゃおう、なんて思う人もいるはずです。

このように心の中に嵐が吹き荒れてしまうと、良くないことを引き寄せてしまいます。

例えば、婚活には全く関係のないことに問題が起きたり、何か支障が起きたりします。

心のあり方が、このような問題を引き起こしているとは考えもしません。

しかし、大いに関係あり、なのです。

簡単に言うと、周りで起きた出来事に振り回されると、まるで磁石のように他のマイナスの出来事を引き寄せる仕組みになのです。

こうなると次々に悪いことが連鎖します。

勝ち組になるためには、何か問題が起きても「心を平静に保つこと」が大切です。

そうは言っても、辛い、苦しい、と言う状況の中で、心を平静に保つのはとても難しいです。

起きてしまう問題には必ず意味がある、と考えるとわかりやすいかもしれません。

その問題に対して「感謝する」ことを、ぜひ習慣として身に付けてください。

心の中が荒れ放題になったらすぐさま「ありがとう」とつぶやきます。

何度か繰り返しているうちに、波立つ心が穏やかになっていることに気づくはずでです。

 

婚活は根気!一度断られてもうまくいった!みんなの婚活体験エピソード

結婚相談所で相手から何度も断られる経験をしても結婚できたのは「あきらめなかった」から

結婚相談所に登録後、何度か気になる人に申し込んだり会ってみたのですが、相性が悪かったり何度も断られたりで自信をなくしかけていました。

どうすればいいのかわからず、自分の結婚観に迷いも出てきて落ち込んでばかりいました。

でもあきらめずに婚活パーティがあるたびに参加し、やっと「この人なら」と言う人に出会えました。

実はその人にも一度断られたんです。

でもその後すぐに担当の方から連絡をもらいお断りを取り消して、お付き合いすることになりました。

断ってきた理由は想像通り別の女性からのアプローチがあったと後で聞きましたが、正直に言ってくれたのでセーフです。

出会ってちょうど半年後にプロポーズを受けました。

(女性/32歳/総合職)

婚活パーティで知り合った人に断れられたが、その後合コンで出会った人と縁があった

婚活パーティで知り合った人がかなり積極的な感じで、お茶しに行ったら嫁に求める条件を喋り始めたので、引いてしまいました。

でもこんな出会いも大事にした方がいいのか、と次も会うことにしました。

ところが結婚後も仕事がしたいと言ったら途端に機嫌は悪くなってしまい、その後お断りされてしまいました。

相手の男性は結婚後、家庭に入るのが当たり前と考えていたようです。

でもあまりにも一方的な話だし、断られて正解、と自分を諭しました。

その後、知人が主宰した婚活パーティで出会った人がとても良い印象で、気もあったのでお付き合いを決め、一年後に結婚しました。

婚活パーティにはいろいろな男性が来るし、正直キモいオタクも多いです。

すごく疲れるけど、どこかに必ず縁はあると思います。

(女性/32歳/IT関連業務)

相手に不満があっても条件に合わなければ逆に断られるが、出会いは必ずある

アラフォーの私は昨年結婚しました。

旦那とは婚活パーティで知り合いました。

婚活パーティの男性参加者は、見た目も性格的にもちょっと…って感じの人が多かったですね。

その中でもまともに見えるイケメン調の人は、やはり人気が高いせいか申し込んでも大抵最初から断ってきました。

旦那も決してイケメンとは言えず、どちらかと言うとブサメン(笑)

でも性格が素晴らしく良くて、しかも高収入。

私を一番に大事にしてくれるのが、結婚を決めた理由です。

相手の両親ともとてもうまくいっています。

(女性/36歳/管理栄養士)

断られるのが辛くて結婚相談所をやめようとしたら、婚約できた

結婚相談所に登録して一年。

その間、気になる人に申し込むといつも断られてばかりでした。

もう退会しようかとコンシェルジュの人に相談したら「後1ヶ月だけ頑張りましょう」と引き止められました。

そうしたらすぐに相手が見つかり、婚約しました。

断られてもあきらめず、退会しないで良かったと思うし、どんなに頑張っても出会いがなければ、結婚相談所に頼るしかないですから。

(女性/28歳/販売)

条件は高収入と性格。イケメンは断ってくるが、イケメンででなくても幸せになれる

私が結婚できたのは、ひとえに旦那のおかげ。

旦那はイケメンじゃないし、背も低くてしかも超肥満体。

でも性格はいいし、年収は今だいたい2千万円くらいあるので満足しています。

婚活で人気の高いのはイケメンですけど、イケメンはプライドが高いから、よっぽどじゃないと婚活女子を断ってきます。

どんなにイケメンでもお金が持ってなかったら、完全にアウトでしょ。

結婚するなら絶対、お金のあるブサメンの方が幸せになれますよ。

(女性/25歳/総務)

婚活で知り合ったオタクでダサい主人。でも私を大事にしてくれるから幸せ

婚活デート二回めに会ったのが主人ですが、一度断られたんです。

ちょっとした誤解が原因だったのですが、その後改めてお付き合いを始めました。

ただオタクな雰囲気で女性に慣れていないのが丸わかりな上、コミュニケーション能力も疑わしい感じでした。

でも優しさにかけては驚くほどで、今までの男性にはいないタイプでした。

公務員なので収入はそれなりにいい方だと思います。

こんなオタクでも私が変えたる、と思い、結婚を決めました。

今だにダサいんですけど、大事にしてもらっているので幸せです。

(女性/40歳/会計)

断りたかった相手に先に断られてしまう。でもその直後に出会った男性が旦那に

30代に突入した時点で彼と別れ、結婚相談所に登録しました。

某国立大の大学院生の男を紹介され、とりあえず会ってみました。

会ってすぐ「僕はお金ないからね」と釘を刺される(笑)

で、その日の夜に担当から「お断り」の連絡が。

こちらが断ろうとしてたのに「やられた!」と思いましたよ。

傷心のまま旅に出た先で、今の旦那に出会いました。

人生どこにいい結末があるかわからないですね。

(女性/36歳/営業)

断られるよりも失礼な言葉に傷ついたが、いろいろな人に会った結果本命に出会える

結婚相談所で婚活していました。

傷つくような言葉や失礼な態度を取られて参ったこともあります。

絵に描いたようなケチな男性や、理想が高すぎる男性、今までの女性遍歴を語り出す男性とかも、人間的につまらなすぎて最悪でしたね。

断られた方がまだマシだったかも。

でも理想の男性に出会うためには、あきらめずに数をこなすこと。

私も2年の月日がかかりましたが、やっと理想の彼に出会うことができました。

相手に完璧を求めなければ、必ずいい出会いはあると思います。

(女性/29歳/ショップ勤務)





占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「一度断られても動揺せずにいれば、相手を振り向かせることができる」

占い師 姫乃
婚活は何かと苦労が尽きないから、やめたくなる気持ちもよくわかる。

特に一度断られた経験があると、自信も無くなっちゃうわよね。

断ってくる男性はおそらくちょっとイケメンタイプが多いんじゃないかと推測するわ。

女性にとっていい遺伝子を受け継ぐのが一つのミッション。

イケメンはその条件を満たしているから、人気が高いの。

でもプライドも高い人が多いから、もし相手がいくら素敵でも結婚したらちょっと問題児だった、なんてこともよく聞くわ。

寄せられた体験者がほとんど、イケメンを選ばず性格と経済力を選んで幸せになっていることからも、婚活でうまくいく秘訣が読み取れるはず。

あなたの婚活が成功するまで、これからもずっとサポートしていきます!

 

【期間限定・5月31日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事