国際恋愛は復縁しにくい?海外在住の外国人元彼と必ず復縁できるパターンを徹底解明
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

彼氏が外国人ってちょっと憧れますよね。

グローバルな国際恋愛は、時代の最先端という感じで羨ましい限りです。

でもあなたがもし、海外在住の外国人との彼と別れたばかりで復縁を望んでいるなら、さっそくこの記事を読んでみて。

国際恋愛で別れてしまう原因や海外在住の元彼が考えていること、復縁するためにとるべき行動、外国人の元彼と必ず復縁できるパターンまで徹底解明!

「国際恋愛は復縁しにくい説」までワイドにご紹介します。

復縁メニューはこちら

国際恋愛で別れてしまう時の代表的な原因

お互いに言いたいことや本心が伝わらず微妙なギャップがすれ違いを生んだから

国際恋愛で別れてしまう時、お互いに言いたいことや本心が伝わらないことが原因の一つです。

本心が伝わらないと、微妙なギャップから大きなすれ違いを生んでしまいます。

ここが国際恋愛の難しい一面です。

微妙なギャップは、誤解も起きやすいのです。

一度起きた誤解をそのままにしておくと、その誤解はその後予想以上に大きくなってしまいます。

国際恋愛についてとても大切なのは、本心を伝えることです。

思ったことを率直に伝えること。

英語力が追いつかず、思ったことを伝えるのが難しいかもしれません。

または相手の言葉に対して過剰に反応してしまったり、誤解してしまうことも考えられます。

些細なことでも積み重なった時に、大きな問題になりがちです。

問題が大きくなってしまうともう後戻りできず、「もう別れよう」ということになってしまいます。

「遠距離にもほどがある」遠すぎてなかなか会えないから

遠距離がネックになり、なかなか会えないことが別れる原因につながります。

元彼が住む地域がアジア圏なら日本の隣くらいですが、南米の場合は日本の真裏です。

もし日本の隣なら数時間で会いに行くことができるので、さほど問題ないかもしれません。

しかしいざ会うとなれば渡航費用から宿泊代その他もろもろ、それなりにお金がかかります。

住む地域が欧米ともなるとさらにもっと遠くなるため、会うための条件はさらに過酷になります。

そのため「ちょっと会いに行く」というわけにもいかなくなります。

中には「彼への愛情があればそんなこと何でもない」と気楽に考えられる人もいますが「仕事を休まなければならない」「お金がかかる」というリスクが伴うことには変わりありません。

トータル的に見て国際恋愛のハイリスクさは、他の恋愛関係の足元にも及ばないものです。

いったん別れてしまった時、復縁が難しく思えるのもそのハイリスクさが影響を及ぼしています。

時差によるタイムラグのためにお互い冷めてしまったから

国際恋愛の元彼と別れる原因の一つが「時差」です。

時差によるタイムラグによって生活パターンが真逆になることで、別れを招いてしまいます。

もし相手の国との時差が2〜3時間程度なら、その違いを余裕で楽しめます。

しかし時差が10時間以上ともなると「相手が朝起きた時、日本ではそろそろベッドに入る時間」ということになります。

これは由々しき問題です。

なぜなら海外在住で滅多に会えないのに加え、生活パターンまで違うということになるからです。

つまり「おはよう」と「おやすみ」が同時ということです。

朝の爽やかな目覚めの中で連絡しても、相手は一日の疲れをためてぐったりしていることもあります。

チャットをしながら「いつの間にか相手は寝てしまっていた」ということも日常茶飯事でしょう。

「愛してる」「私も愛してる」とチャットしていて楽しいのは、最初だけです。

「何だかつまらない」とネガティブに感じても何もせずにいると、やがてそんな状況にお互い飽きてチャットも途絶えがちに。

このように国際恋愛が別れに発展してしまうのが、時差による生活パターンの違いです。

 

相手との愛情表現の違いが2人の間に溝を作ったから

国際恋愛で相手と別れる原因は「愛情表現の違いから」ということもかなり多いです。

愛情表現の違いは、外国人彼氏との恋愛経験のある人なら「そうそう!」とうなづけることでしょう。

濃く深い愛情表現をする男性は、日本人にはほとんど見られません。

これは日本人男性の生真面目さや、根強い島国育ちの性質が古来から受け継がれている証拠です。

ところが英語圏に住む男性のほとんどは、甘く強い愛情表現をします。

「honey」「sweet 」「darling」「my love」など、直訳したら思わず笑ってしまいそうです。

相手の熱すぎる思いにタジタジとした人もいるのでは?

日本人にとってこのようなワードは「歯の浮くようなセリフ」と揶揄されます。

そもそも多くの日本人は日常的にそういう表現をする人は皆無です。

しかし英語圏の男性は普通に使ってきますし、そこに偏見や意図はありません。

愛情表現も大事なコミュニケーションの一つで、2人の間に何が起きても愛情表現さえしっかりしておけば少なくともヒビが入ることはないと考えているためです。

「大事な人」という意味合いだけでこの言葉を使うほどで、恋愛関係でない人、例えばレストランで働く年配の女性がお客さんに対して使うくらい、非常にスタンダードなものなのです。

でもこの言葉に慣れていないと、自分から言うのにはかなり抵抗がありますし勇気も必要です。

問題はその「違い」です。

この違いを敏感に悟って、相手にうまく合わせられる女性なら外国人男性とうまく付き合っていけるでしょう。

でもそうでないなら相手は彼女の愛情表現に物足りなさを感じます。

いずれ我慢の限界が来ると、別れを選ぶことになります。

些細な誤解が積み重なったことで、決定的な別れに繋がってしまったから

些細な誤解が積み重なったことが原因で、国際恋愛が終止符を打つことはよくみられることです。

一つ一つは小さいことでもそれが積み重なった時、いつかは決定的な別れを迎えることになります。

例えば今までの恋愛関係について本当のことを言わずにいた時、それが相手にバレた場合です。

「君はそう言ってなかったよね」

「聞いていたことと違う!」

そう言われても弁明する余地がありません。

日本人特有の「なぁなぁにする風潮」がこういう時、災いします。

これはほんの一例で、些細な誤解を生む原因は大挙にいとまがありません。

原因は「過去の出来事をクリアにしておかなかったこと」です。

「言わなくてもわかるだろう」が通じるのは日本人だけです。

誤解されそうなことは前もってはっきり言っておいた方が、相手も安心するのでお互いのためです。

正直に言った方が言わずにごまかすよりも、相手が感じる好ましさが数倍違います。

国際恋愛の外国人元彼が考えていること

元カノに未練を感じるのは外国人も同じ

国際恋愛で別れた後、外国人の元彼は日本人の男性と同じように未練を感じています。

英語圏の男性は、恋愛中のやり取りで「I miss you、my sweet」(寂しいから会いたいよ)というセリフが日常的なことから、日本人よりも寂しがり屋が多いかもしれません。

彼女と別れ一人きりになった寂しさの陰には「未練」が隠れています。

未練は「復縁したい」という願望の現れです。

しかしそれを望んだところで、どうにもならないということは本人が一番よく知っています。

どうにもならないからこそ、未練はどんどん膨らみ大きくなっていきます。

元彼からパッタリ連絡が途絶えても、元彼は彼女のことを忘れているわけではないのです。

むしろ付き合っていた頃の甘い思い出に浸っています。

相手との距離がとても遠いからこそ逆に強い執着を生み出す

国際恋愛の元彼が相手に強い執着を抱いていることもありますが、それは日本との距離がとても遠いことも影響しています。

同じ地球に住んでいながら、相手の指一本にさえ触れることができないもどかしさを強く感じています。

遠距離恋愛の難しさは、こういうところです。

いくら通信機能が発展したとはいえ、ムービーで相手の顔を見たり声を聞くだけでは欲求不満になってしまいます。

恋愛関係のハイライトは「肌と肌との触れ合い」です。

手を握ったり、彼氏の温かい腕をつかむ。

たったこれだけのことで、相手に対する愛情が深まります。

広い胸でしっかりと抱きしめられたい、頭を撫でてもらいたい。

普通の恋人同士なら当たり前のことが、国際恋愛だとそうやすやすとは叶わない願いです。

このように簡単にはいかないのが国際恋愛です。

思い通りにならないことばかりなので、さらに元彼の強い執着を生み出してしまいます。

最終的には言葉の壁が一番の問題

国際恋愛の最終的な問題はやはり「言葉の壁」です。

ネイティブな会話に「スッ」と入っていける人なら何の問題もありません。

しかし多くの日本人が抱える悩みが「相手が何を言っているのかがわからない」ということです。

相手の言っていることがわからなければ、返事のしようがありません。

そこでやってしまいがちなのが、「わからないのにわかったフリをする」ということ。

これでは相手がどんなに理解者でも、いつかは誤解を招いてしまいます。

実はネイティブでも聞き取れなかった時には、すぐに「what’s?」とか「yes?」と聞き返します。

そのほかの例文を挙げておきます。

「Can you say that more slowly?(もうちょっとゆっくりしゃべって)」

「I don’t understand」(よくわかんないよ)」

「Can you say that again?(もう一度言って)」

「Can you explain that more?(もっと説明してくれる?)」

もし言ってる単語がわからなければ「I don’t know that word」と聞きます。

わからないままでやり過ごしてしまったら、その後のコミュニケーションにも影響が及ぶため、最低限これだけでも覚えておくといいでしょう。

復縁を考えるも将来の不安が消えない

国際恋愛の元彼は「復縁を考えたところで将来の不安は消えない」と考えていることがあります。

これはきちんと元彼が「将来を見据えている」ということですから、決して悪いことではありません。

将来への不安は「先が見えない」というところから始まります。

国際恋愛は通常の恋愛関係と違い、問題が山積みです。

多くの国際恋愛のカップルは、物理的に離れていることもあり心を強く結んでおけずにあっさりあきらめてしまうことが多いです。

もちろん楽な道を選ばずに、頑張るカップルもたくさんいます。

しかしいくら頑張っても「先が見えない不安」はおさまることはありません。

元彼は「元カノがこっちに引っ越してくれたら完璧なのに」と思っているかもしれませんん。

確かに近くにいればいつでも会えるし、そばにいるからこそ愛情も深まるというものです。

このようにあらゆる方面から問題解決に挑むも「もしそうだったら」とか「もしそうなれば」というような「たられば」で終わってしまうのが現実です。

元カノの気持ちがあいまいで、何を考えているのかがわからない

国際恋愛の元彼と別れた時「元カノの気持ちがあいまいで、何を考えているのかがわからない」というのが、正直な感想です。

例えば、自分はストレートに愛情表現しているのに、元カノはあまり愛情表現をしてくれない、と考える外国人男性はとても多いです。

それは文化の違いに他ならないのですが、彼らはそういう違いを理解できないのです。

また2人で何か決め事をする時も元カノの「どっちもでもいい」というリプライに、彼らは驚き、「え〜こんなに大事なことなのにどっちでもいいなんてあり得ない!」と考えます。

英語圏の男性の多くが、自分の考えをしっかり持つ女性に好印象を持ちますが、そうでない女性があやつり人形のように見えます。

元カノからしてみれば、相手への好意から「どっちでもいい」と答えますが、この返事ほどあいまいで相手が困るものはありません。

この点が「何を考えているのかがわからない」と思われる原因です。

どのタイミングで連絡をとったらいいのかわからない

国際恋愛の元彼がもし復縁したいと思っていても、どのタイミングで連絡をとっていいかわかりません。

国内なら何となくそのタイミングは押し計れても、海外の場合はそう簡単ではありません。

時差の問題に加え、相手がどこで何をしているのかがわかりにくい、というような点が挙げられます。

あれこれ考えを巡らすうちに、そのタイミングを逃すことも大いにあり得ます。

これではいくら復縁したくても、うまくまとまる確率はとても低いです。

とりあえずLINE一本入れれば済むことですが、元カノの反応を想像すると「迷惑かな」と思ってしまうと二の足を踏みます。

結局はタイミングがわからないまま、元カノに連絡が取れないままとなるでしょう。

元彼から一切連絡が来ないからと言って、元カノへの思いが全部消えているわけではないのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

国際遠距離恋愛の元彼との冷却期間はこう取るのがベスト

別れた時のイヤな思い出をお互いにデリートさせるために必要と考える

国際遠距離恋愛の元彼との冷却期間は「別れた時のイヤな思い出をデリート(削除)させるために必要」と考えましょう。

冷却期間中は、誰でも元彼のことを忘れようと必死になってしまうものです。

ところが忘れようとすればするほど、なぜか心に刻まれた元彼の残像が強くよみがえってしまいます。

これは失恋によって、自分の一部を失ったような心理が働くためです。

こういう時こそ傷ついた心を完全に癒さなければいけません。

元彼と復縁するにしても、次の恋を見つけるにしても、いずれにしてもいったんは傷を癒すことに専念します。

傷が癒えるまでの間が、冷却期間とみてください。

その期間は人により違いますが、一般的に人がいやな記憶が薄れるために必要な期間は「約半年」です。

その後は心が晴れてくることも多くなるでしょう。

冷却期間を無事通過できたら「この期間はとても重要だった。冷却期間を置いて良かった」と思えるはずです。

ネガティブで不安な思いがあると復縁は遠ざかる

ネガティブで不安な思いがある時、なぜか復縁は遠ざかります。

復縁が本当にあなたの望むことなら不安な思い自ら一転させ、気分が良いことを始めることが必要です。

思い通りにならない現実ばかりだったら、あなたの心の中に問題が潜んでいます。

ネガティブな不安でいっぱいの心を持ち続けていると、「そうなって欲しくはない状況」を引き寄せてしまいます。

それは「2人の関係の破綻」か、もしくは毎回同じことで悩まされる、ということ。

幸せになるためには、今から幸せでいることが重要なポイントです。

悩んでいるだけでは何も解決しませんが、そこから一歩でも抜け出れば問題解決の糸口が見えてきます。

もしいつまでもネガティブな不安にとらわれていたら、気分をリフレッシュさせることをやってください。

不安な現状から抜け出るには、それが一番早いです。

元彼を思った時、温かく豊かな気持ちになれたら冷却期間は終了

元彼を思い出した時、温かく豊かで、かつ幸せな気分になれたのなら冷却期間は終了とみてください。

それでもまだ時々、別れた時のネガティブな感情が出てくることもあるはず。

そういう時は台風が過ぎ去るがごとく、ネガティブな感情が過ぎるまで腰を据えてじっと待ちます。

「つらい、苦しい、復縁してどうなるのか、いっそもう二度と会わない方が良いのでは?」

このようなネガティブな思いを、とことん味わい尽くします。

ポイントは、この感情を鵜呑みにし「あきらめた方がいいかも」というようなネガティブな判断を下してしまうことです。

あなたの周りで起こることに意味のないことなどありません。

あなたの意思で判断を下したことで、すべてが台無しになってしまうのです。

一度でいいので判断せずに、流れのままに任せてみてください。

きっと思わぬ方向に進み始めるでしょう。

元彼もあなた以上に復縁を考えていると想像してみる

冷却期間中、元彼もあなた以上に復縁を考え、元彼なりにつらい状況にあると想像してみてください。

「つれない態度だから、そんな風にはとても思えない」という場合もあるでしょう。

しかし「元彼のこの態度に真実は現れていない」としたら、どう思いますか?

実はつれない態度は「冷却期間が必要」という暗黙のサインなのです。

元彼は、元カノに関わっている気持ちの余裕がないのです。

しかし、お互いの誤解が生んだ別れなら「やり直しは効く」のです。

国際恋愛のメリットは、物理的な距離があるために冷却期間を置くことがとても効果的なのです。

近くに住んでいるよりも、もっと短時間で効果が上がるかもしれません。

その間に、元彼の心情を思いやってください。

次にイメージの中で元彼に優しく接してみてください。

イメージの元彼に優しく微笑みかけ、そっと手を握ります。

「Thank you so much(本当にありがとう)」

「I’m sorry, please forgive me(ごめんね、私を許して)」

元彼に向かってこう囁きます。

これは、元彼と潜在意識下では繋がっていることを最大限に利用した方法です。

寝る前にぜひやってみてください。

きっと驚くような結果が待っています。

ネガティブな感情が出てきたらノートに書き出す

冷却期間中は、何かとネガティブな感情が出てしまうもの。

このような時は一冊のノートを用意し、そこに自分の思いの丈をすべて書き込んでいきます。

ネガティブな感情には、思い通りにいかないジレンマやトラウマなど「ちょっとこれは書きたくないない」ということもあるはず。

しかし心にしまった感情ほど、書き出す必要があります。

書いていくうちに、次々に新たな感情が湧いてきます。

それを全部書きます。

ノートに書き表していくうちに「人に見られたらどうしよう」と不安になってしまうかもしれません。

もし書くことに不安や抵抗が起きたら「これは私だけのもの。誰にも見えない」とつぶやいてください。

ノートには恋愛に関係のないことも書いていきます。

そこには思わぬ深層心理が隠れていますが、そこまで掘り出さない限りあまり役には立ちません。

「もう何も出てこない」とすっきりした気分になれたら、そこで終わりにし、ノートは引き出しの奥にしまっておきます。

自分の置かれた現状を知ることは、とても大切です。

なぜなら現状を知ることで、次へとステップアップできるからです。

後になってこのノートを見たとき、自分がさらに成長していることを実感します。

何でも話せる友人や家族がいたら強い

何でも話せる友人や家族の存在は、冷却期間中の強い味方です。

自分1人で考えるとどうしても思い詰めてしまったり、不安に襲われてしまいます。

そのような時こそ何でも話せる友人や家族を頼りましょう。

頼れる第三者の意見ほど、あなたにとって必要なものはありません。

凝り固まった頭の中が整理されると同時に、心が癒されます。

もしかすると一番のあなたの味方は、友人や家族かもしれません。

頼られた方も実は嬉しいのです。

どんどん頼ってしまいましょう。

その代わりに「お茶代やランチ代は任せて!」と言えば、きっと喜んで協力してくれます。

国際恋愛から復縁するためにとるべき行動

「自分はどうしたいのか」その気持ちをはっきりと告げる

国際恋愛から復縁するために大切なのは「自分はどうしたいのか」をはっきりと相手に告げることです。

以前のようにチャットのやり取りをしたいのか、フレンドリーな関係を続けたいのか、元彼ともっと仲良くしたいのか。

これらのような「私はこうしたい」という気持ちを曖昧なままにしておくと、相手の不信感を招きます。

「俺のことは好きなんだろうけど、ちゃんと言ってくれないことにはわからない」と元彼は考えます。

「言わなくてもわかる」ということは、何一つないのです。

また「遠距離の2人がデーティングするためにどうしたらいいか」ということも具体的かつ積極的に考えてくれた方が、元彼の好感度は高いです。

あらゆる提案をしたり、2人にとって一番最適な方法を考えてくれたら、即復縁です。

自分の気持ちをはっきり告げて積極的に行動する、という姿勢は国際恋愛には必要不可欠です。

相手に気を遣い過ぎたり褒めてばかりいるのはNG

復縁を前にして、もし元彼に対して気を遣いすぎたり褒めてばかりいたら、少々軌道修正が必要です。

もちろん相手にまったく気を遣わないよりは、気がきく人の方がリレーションシップとしては最適です。

褒められることが嫌いな人はいませんし、褒められれば誰でも嬉しいですよね。

しかしここでも「やりすぎはご法度」です。

潜在的に良い人に見られたいからと気を使い過ぎると、逆に相手を疲れさせてしまいます。

また何かにつけ褒めてばかりいたら、褒められるのに慣れてしまいます。

褒めワードは頻繁に使うより「ごくたまに」の方がより効果的です。

「気を遣う」「褒める」は多用しすぎないこと。

使う時はタイミングを考えること。

この二つの点を踏まえておけば、万全です。

復縁後も国際恋愛を続けるための覚悟ができているか考える

国際恋愛からの復縁に大切なのが「復縁後も国際恋愛を続ける覚悟ができているか」ということです。

これについては、先のことまで思いをはせて想像しうる限りの問題点を探ることが求められます。

復縁がうまくいった時、いずれはどちらかが相手の国に移住しなければならなくなる可能性が出て来ます。

あるいは結婚を視野に入れた移住になるかもしれません。

もしあなたが相手の国に移住する必要が出て来ても、抵抗なく行くことができればこの上ない幸せを感じるはず。

でもいくら相手が好きだからと、さっさと日本の生活に見切りをつけ移住できる人などそうそういません。

これは国際恋愛を続けるための非常に大変に高いハードルです。

このように想定できることを全て踏まえて元彼と復縁するなら、ある程度の覚悟ができている、ということです。

しかしあなたにとって本当に元彼が必要なら、チャレンジ精神を持って突き進めば思ったより簡単かもしれません。

 

遠くにいても優しさだけは伝えることが大切

国際恋愛を復縁させるために重要なのは「遠くにいても優しさだけは伝えること」です。

別れたとはいえ一度は付き合った仲ですから、もし元カノに優しくされたら再び愛が再燃するはずです。

そういう計算抜きにしても、相手に対する優しさを忘れないようにしてください。

時々チャットする、旅行に行った時の写真を送る、など、簡単なことで大丈夫です。

相手にその気がなければ、このような行動は起こしません。

元彼もそれを察するので、遠くから送られてくる連絡を楽しみに待つようになります。

このように細く長くの付き合いが続けば、いつしか見えない糸で繋がっていられるようになります。

意外と芯が強いのがこういった絆ですから、先々2人の関係性にも大きな変化が現れることでしょう。

気楽に挨拶程度の連絡はするべき!

国際恋愛を復縁に導くためには、気楽な気分で「元彼への挨拶」だけは続けます。

明るく軽い気持ちを持った上での連絡なら、まったく問題ありません。

気負ったり暗いイメージの連絡ならやめておいた方が良いのですが、気をつけるのはこの点だけです。

別れたときに関するトピックも、この場ではふさわしくありません。

あなたのことを嫌いになったのではなければ、リプライは確実に来ます。

しかし初めは頻繁なやり取りは避け、挨拶だけに留めておく方が無難です。

メッセージの内容は、常に明るくライトを心がけましょう。

元彼の気分がすっきり後くされなければ、再びメッセージの交換が始まります。

復縁したあとに想定できることとは

うまくいくコツは、お互いにリスペクトできる関係

復縁した後に想定できるうまくいくコツが「お互いをリスペクトできる関係」です。

相手のことは、存在そのものをリスペクトすればOKです。

「いてくれてありがとう」という気持ちを元彼に対してきちんと表現します。

ではあなたはどうやってリスペクトしてもらえるのでしょうか。

他人より抜きん出ていることはありますか?

もし無ければ今から挑戦することをチョイスしていきます。

それを元彼に伝えましょう。

頑張るあなたをきっとリスペクトしてくれるでしょう。

挑戦し続けるプロセスを元彼に伝えることを忘れずに。

会うためには費用がかかる。そのための資金作りを考慮できるか

復縁した後、会うための費用をどう捻出するか、そのための資金作りをどうするかが焦点となります。

遠い国に住んでいる間柄とは言え定期的に会う機会がなければ、国際恋愛とは言えません。

それには「頑張ってお金を稼ぐ」または「超節約モード」に入る、などが挙げられます。

一人暮らしの場合、シェアハウスに引っ越すという手もあります。

また週休二日あるうちの一日をバイトに当てる、ということも考えてみましょう。

一日1万円稼げば、月に4万円貯められます。

2ヶ月あれば、欧米各地の格安往復航空券が楽に手に入ります。

買いたいものがあっても彼に会うことが先決なら、何とか我慢できるのでは?

会うための資金作りを頑張っていることを元彼に告げれば、心からあなたを応援してくれるだけでなく、元彼自身も日本に遊びに来ることを考えてくれます。

 

お互いに相手の国の文化や考え方に寄り添えばさらにうまくいく

国際恋愛からの復縁がうまくいった後、お互いに相手の国の文化や考え方に寄り添うようにすれば、さらに2人の仲が強固になります。

今までもそうしていたかもしれませんが、復縁できたからにはさらにその気持ちを強く持つようにします。

何より元彼自身が自分の国や文化に興味を持ってくれるのは、大変に嬉しいこと。

あなたが元彼の国に対し興味を持ってくれるのと同じように「日本のことをもっと知りたい」と言ってくるようになるでしょう。

相手の国や文化に多大なる興味を示す、ということは国際恋愛に欠くことはできません。

誰しもが、生まれ育った国に愛着があるものです。

愛着のかたまりである母国のことを「もっと知りたい」と言われるのは、自分を認めてもらったのと同じことなのです。

承認欲求が満たされた元彼は、心からあなたを愛してくれるようになります。

2人の関係性をアップデートさせるように考えれば、新たな絆が生まれる

復縁した後、2人の関係性をアップデートさせるように工夫すれば、そこには新たな絆が生まれます。

アップデートに必要なことは「共有できる2人の体験」や「お互いの好みの共通点を再度すり合わせる」ということです。

特に「共有できる2人の体験」は、新たな絆と共に素晴らしい思い出まで残してくれます。

提案するのは「旅」です。

まずは行ってみたい国の候補をあげます。

そこで、待ち合わせするのです。

考えただけでもワクワクしませんか?

もちろん旅費は折半できるし、便利なことこの上ありません。

例えばアメリカに住む元彼がいたら、ハワイで集合するのです。

元彼にとっては国内ですから、移動も簡単です。

宿泊先は元彼にリザーブしてもらうのがいいかもしれません。

あなたは自分の航空券だけでOKです。

素晴らしい休日を共有できた2人は新たな絆によって、再び愛し愛される関係になるでしょう。

どちらかが不安になった時が肝心!相手をうまくフォローできるようになればGOOD

もし元彼が何か不安を訴えてきたら、うまくフォローしてあげることが肝心です。

国際恋愛での復縁は、何かと不安材料が尽きないものです。

頭で色々考えても、実際には何が起きるかわからないし、正直面倒なことも多いです。

ふと不安に感じた時、どんどんネガティブな発想が起きてしまうこともあります。

あなたがこういう心境にならないという保証はありません。

このような時のために、元彼に「ネガティブになった時、励まして!」とお願いしておきます。

元彼はあなたのお願いを喜んで聞いてくれます。

一番やってはいけないのが、元彼に事情を話さずにただ不服そうにしていること。

もうわかりますよね。

国際恋愛には「正直にありのまま思ったことをきちんと相手に伝えること」が何より大切なのです。

必ず元彼に「もし私が不安になった時、お願いだからフォローして」と伝えておきましょう。

遠距離に困難を感じた時が次なるステップへのサイン

国際恋愛からの復縁の場合「遠距離に困難を感じた時が次のステップへのサイン」です。

困難を感じたからとあきらめていたのでは、復縁は叶いません。

困難を感じたからこそ、このハードルを超えなければいけません。

問題は解決するためにあります。

2人の関係をよりよくするために、次々に問題が起きることがあります。

落ち着いてハードルを見据えれば、必ず越えられる手段が見つかります。

なんとか超えられた時、2人は互いに大きな成長を遂げています。

神様は乗り越えられない試練は与えません。

次なるステップは、いつでもあなたたち2人を待っています。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「国際恋愛の復縁は難しそう?コツはあなたが変わること

占い師 姫乃
国際恋愛の復縁って、ちょっと難しそうに感じるよね。

距離も離れているし、お互いの意思疎通を図るのも大変そう。

でも実はお互いの距離が離れている方がいい場合もかなりあるの。

ただし「誤解」だけは解かないとダメ。

英語があまり得意じゃない時は、相手がそれを知ってたとしても、微妙な誤解だけは後々引きずるから気を付けてね。

あなたの恋愛がうまくいくよう、いつも応援しています。

【期間限定・9月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事