はっきり別れを言わないのはなぜ?はっきりしない彼氏に別れを言わせる方法&音信不通ぎみでもやり直せる復縁ステップ  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「彼氏との仲がイマイチ、別れたいならはっきり言ってくれればいいのに…」

「でもどうしたらいい?」

そんな時、この記事が役に立ちます。

この記事では彼氏がはっきり別れを言わない理由とはっきり別れを言わない彼との復縁ステップ、さらに彼に別れを言わせる方法について解説します。

「別れが近いことを感じるときって?」

「自分から別れを伝えて次に進むべき?

あなたの疑問に沿ってその見極めポイントまで、詳しく検証していきます!

復縁メニューはこちら

はっきり別れを言わないけど、別れが近いのかな?と感じるとき

LINEの頻度が激減。既読にすらならないことも

別れが近いと感じるのは、定期的にやりとりがあったLINEの頻度がある日突然に激減した時です。

また送信したメッセージが既読にすらならない時には、彼の心が遠く離れてしまったかのようです。

このような場合、彼がはっきり「別れよう」と言わなくても、その日は近いかもしれません。

あなたは彼からのLINEが「いつ来るかいつ来るか」と不安を隠せません。

「もう嫌いになられたのかな?」

「だったら素直にそう言ってくれればいいのに」

「LINEできない理由がきっと何かあるに違いない」

このようにあなたの頭の中は、あらゆる妄想で膨らみ続けます。

残念だけどもし他に好きな人が出来たのなら、あきらめがつくというものです。

しかし相変わらず彼からのLINEは減る一方なので、それを聞くことさえできません。

特に理由もないのにたびたびデートをキャンセルされる

特に理由もないのに彼からたびたびデートをキャンセルされると「私たちもうダメかな」と、別れが近いように感じます。

ドタキャンの時が最悪です。

すでに出かける準備を終えているのに「今日ゴメン!」などという連絡が来たら、開いた口がふさがりません。

彼氏に100歩譲っても、ドタキャンが続いたら誰でも傷つきます。

なぜなら自分よりも大事な用事があるということだから。

そしてそれと両天秤にかけて、そちらを選んだから。

デートがキャンセルになったということよりも、自分を大事にされていないことの方にショックを感じるのです。

あなたにだって一応プライドがあります。

「このような状態で付き合っていると言えるの?」と疑問に思うと、夜も眠れなくなってしまいます。

ケンカした後、音信不通のまま数ヶ月経ってしまったとき

彼とケンカした後、音信不通のまま数ヶ月経ってしまったとき「このままもう別れてしまうのかな?」と思ってしまいます。

はっきり言わないけどきっともう嫌なんだろうな、と思うと、あなたは絶望のどん底です。

さまざまな思いが頭の中を駆け巡りますが、ケンカの経緯を何度も反芻し「ちょっと言いすぎたかな」と反省することもあれば「やっぱり彼の方が悪い」と、猛烈に気分が悪くなったり。

どちらにしてもお互いに意地を張っている状態です。

別れるにしても「自分から言うのはちょっと…」とあなたは考えます。

あなたは、別れたいなら早くそう言って欲しいと思っていますが「じゃどうしたらいいんだろう?」と困惑します。

音信不通だと、この先永遠に彼と連絡できない可能性があるからです。

自分から連絡すればいいことなのですが、自分から折れるのもちょっとくやしい気もします。

このようにどっちつかずの状態の時、そこから早く抜け出てスッキリしたい気分でいっぱいでしょう。

けんもほろろに「H」を断られる

彼からけんもほろろに「H」を断られたとき「別れが近いのかも」と感じます。

彼ははっきりと言わないけれど「もうお前には飽きたよ」と言われたようなものです。

恋愛関係でお互いの愛を確かめ合うための「H」は、とても重要なひと時です。

しかし彼はそう思っていなかった、ということです。

たまたまそんな気になれなかったのかもしれませんが、断られた方のショックはとても大きいです。

あれほどお互いを求め合っていたのに、今ではすっかり過去の出来事となってしまいました。

「こうやって恋愛関係は終わりを迎えるのかもしれない」と、あなたはいたたまれない気分です。

ちょっとした心の傷になっている場合もあるので、もう二度とあなたの方から誘うことはしなくなるはずです。

本気か浮気かわからない女性の影があるとき

彼に、本気か浮気かわからない女性の影があるとき、別れが近いことを感じさせます。

あなたは、彼がいつ「別れよう」と言ってくるか不安でなりません。

もしかするともう心の準備ができているかもしれません。

女性は男性と違い、パートナーの気持ちに敏感です。

相手がどんな心理状態かをつぶさに感じ取ります。

相手の気持ちが自分にない時も、すぐに悟ります。

「彼が自分以外の女性に夢中なら、別れるのもやむを得ない」とあなたは考えます。

しかしまだ白黒はっきりしてグレーゾーンな部分です。

「別れる?別れない?どちらなの?」と、言葉にすれば実に簡単な文章ですが、それを彼に問いただすにはかなり勇気が必要です。

聞きたくないことを聞かなければいけないシチュエーションに、心臓がバクバクし卒倒してしまうかもしれません。

このような状況に、あなたは悶々としてしまうでしょう。

デートを早めに切り上げられたり、気もそぞろだったりする

せっかくの楽しいデートも途中でさっさと切り上げられたり、なんだか気もそぞろ。

彼がこんな態度だったら、あなたは「別れが近いのかも」と思わざるを得ません。

彼と付き合っているのは楽しいからだったはず。

なのに最近の彼の態度には不満噴出です。

「でもなんで?」とあなたは首をひねります。

「私にもう飽きた?それとももう冷めた?」

明らかにそう思ってしまうような彼の態度に「じゃなぜ別れる、って言わないの?」と、疑問に思うのです。

もしあなたがドライな性格なら「別れたいなら別れるって言えばいいのに」と、冷静です。

しかし彼の態度に不安だけしかなければ、どうしていいかわからないでしょう。

もう次回のデートを約束する気にもなれず、落ち込んでしまいます。

あなたが彼に聞きたいことは、ただ一つ「別れたいの?」です。

【男性心理】最近音信不通ぎみ…彼氏がはっきり別れを言わない理由

自然な成り行きでフェイドアウトしようと企んでいる

彼氏がはっきり別れを言わない時、自然な成り行きで「フェイドアウトからの別れ」を企んでいることが多いです。

音信不通にしたり「予定があるから」と、会う機会を減らします。

こういう男性はデートの予定をキャンセルしてくる時、口ごもったり気まずそうに言ってくるので大変に分かりやすいのです。

本当はキャンセルしたくないなら「この埋め合わせは必ずするから」と言ってくれたり、心から謝ってくれるからです。

フェイドアウトを企んでいる時は、そのような言葉が出ない場合がほとんどです。

出ても、その表情はとても気まずそうで暗いままです。

これがLINEのやり取りであれば、表情を察することはできませんが、特徴は「短文」ということ。

LINEの場合、できるだけ簡単な内容で連絡してきます。

「ごめん、明日行けなくなった」

こんな感じです。

この超短い言葉から、さまざまな彼の裏事情が読み取れます。

あなたに対して気まずい思いを持っていることは確かでしょう。

また「これから先も今までと変わらずにあなたと恋愛を楽しみたい」というよりは「ちょっと距離をおきたい」と考えているのは明確です。

このように付き合っている彼女とフェイドアウトしようと企んでいる男性は、ほぼ100%自分から別れを切り出しません。

彼女に冷めてしまったが、次が見つからないから

最近音信不通ぎみな原因の一つに「あなたに冷めてしまったこと」が考えられます。

とても残念なことですが、これが事実なら受け入れるしかありません。

しかしもっと残念なのが「次が見つからないから」と考えている場合が多いこと。

つまり別れを言わないのは、次に付き合いたい女性ができるまでの「キープ案件」ということです。

悲しくも非情な現実に、あなたは言葉が出ないほど打ちのめされた気分でしょう。

このような男性はただ「寂しいから」というだけで、付き合う女性を選びます。

とは言え、好きになったら初めはその女性に熱意を注ぎます。

そのように熱意を注ぐのもわずか数ヶ月ほどと、あっという間です。

女性の熱意が高くなればなるほど、彼は逆に熱意が冷め切ってしまいます。

この後どうなるかは、お察しの通り。

彼女の熱意が高ければ、彼は一生懸命彼女に連絡しなくて済みます。

これが音信不通になる理由です。

彼の心情を代弁するなら「冷めてしまったが、別れるほどではない」です。

そして「もしもっといい女性が現れれば、なんとか別れるしかないだろう」と考えているのです。

別れ話をしたら修羅場になりそうなので、考えるだけでめんどくさいから

冷め切ったような態度の彼氏が別れを言ってこないのは、別れ話によって修羅場になるのを避けたいからです。

ゴタゴタした揉め事の様子を想像しただけで「めんどくさい」と考えます。

もしかすると彼は、過去にそのような修羅場を経験したことがあるのかもしれません。

恋愛関係の修羅場は、文字通り「地獄の様相」を呈する場合が往々にしてあります。

一度でも修羅場を経験した男性は「もう二度とあんな経験はコリゴリ」と肩を落とします。

また「別れ話には気をつけよう」と肝に銘じるのです。

このように別れ話をせずにうまく別れにつなげたいと考えている男性は、はっきり別れを言いません。

彼女を傷つけたくないし、悪者になりたくないから

彼がはっきり別れを言わない理由の一つに「彼女を傷つけたくない」という場合があります。

また別れを告げたことで彼女から恨まれたり、悪者になるのを避けたいと考えています。

この場合、彼に対する彼女の依存度がとても高い場合がほとんどです。

「彼がいないとダメになっちゃう」というタイプや「常に彼にそばにいて欲しい」と考えるタイプです。

ややメンヘラ傾向があるかもしれません。

精神的にもろい性質があるためいつでも不安を抱えていて、彼の心模様にも敏感です。

彼が少しでも自分から離れていこうものなら、必死で追いかけます。

相手に尽くし過ぎるのは良いとして、その見返りを求めてしまうのもこのようなタイプに多いです。

このような性質の彼女に別れを言うのは、かなりハードルが高い行動です。

彼女を傷つけてしまうのは当然でしょう。

悪者になるのも避けられません。

彼にとってこのような彼女に別れを言うのは、リスキーでしかないのです。

別れを切り出しにくいから彼女から言わせるように仕向けている

彼が別れを言わないようにしているのは、彼女から言わせるように仕向けていることがあります。

彼は何がなんでも、自分から別れを言いたくないのです。

このような男性は、彼女がサバサバした男っぽい性格の場合が多いです。

完全なる女性上位のカップルで、主導権は常に彼女にあります。

女性の方が何もかもが強いカップルの場合、別れを切り出すことは彼にとって自殺行為です。

どんな仕打ちをされるか分かりません。

ですから絶対に言えないのです。

しかしどうしても別れたい、と考えている時、逆転の発想で「彼女に言わせよう」と考えるのです。

そのためにいろいろ対策を練ります。

彼女に興味を示さない、連絡を控える、会うのも控える、など、相手と別れたい時、いたって一般的ともいえる距離の置き方です。

彼女がどんな変化を見せるか、考えただけでも自分の恐怖心がビクつきます。

「せめて別れたいことを気づかないまま、俺のことあきらめてくれたら」と、その内面は必死なのです。

彼氏として付き合っていくことに自信をなくしてしまったから

彼が別れを言わない理由の中には「自信をなくしたから」と答える男性も意外に多いです。

彼氏として彼女と付き合っていく自信をなくしてしまうと、後は別れたくなる一方です。

これは彼氏と彼女との考え方の相違から起きる、かなり厄介な問題です。

男として自分に自信がない状態で、いくら彼女とうまく付き合っていこうとしてもそれは無理なのです。

一言で言うなら「恋愛が重く感じている」ということです。

だからと言って彼女のことが嫌いになったわけではありません。

恋愛関係は「一人の男女が付き合う」という超個人的な関係です。

女性とは付き合いたい気持ちはあるけれど、超個人的な関係が苦手、という男性は少なからず存在します。

付き合い始めの頃は、二人ともいい感じだったかもしれません。

が、月日が経つにつれさまざまな問題が起きるようになります。

恋愛関係は楽しいことばかりではない、と気づくのがこういう時です。

友人たち複数で遊びに行くのとは全く違う現実が、そこにはあります。

「結局、自分には恋愛は無理なのかも」と思い始めると、彼女が好きとか嫌いとかではなく、彼氏としての自分に自信を失います。

最も大きな葛藤が「こんな俺より、彼女にはもっとふさわしい相手がいるのではないか」です。

こう考え始めるとネガティブな急坂をどんどん転げ落ちていくため、もう後戻りできません。

しかし「別れたいけれどどうしたらいいのかわからない」と、別れるためのスキルを持っていないことに気づきます。

彼の頭の中は混沌とし、明快な答えを出せません。

この状態が続くと、彼女に連絡をとることさえ億劫になってしまいます。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

はっきり別れを言わない彼…自分から別れを伝えて次に進むべき?見極めポイント

「もう無理」と思った時点で次に進むが勝ち

はっきり別れを言わない彼に「もう無理」と強く思った時点が見極めポイントです。

「次」に進みましょう。

それで良いのです。

どっちつかずの彼に執着を持ったままでは、絶対に幸せにはなれません。

少しの希望や期待があっても、これを機会に潔く切り捨てる覚悟が必要です。

とてつもなく巨大な山を乗り越える前は、その先が見えないので不安になるものです。

確かにあなたから彼に別れを告げたからと言って、その先に幸福が待っているという保証はどこにもないから。

しかし運命の輪を回すのは、あなたの役目です。

悶々としている気持ちを吹っ切って、前を向いて歩き始めましょう。

きっと「もう無理」と思っていたのが、嘘のように感じるはずです。

あまりにもつらい時、別れを言われるより言う方が楽になれる

次の見極めポイントが「自分から別れを言えるか、それとも彼が言うまで待ってるか」です。

あまりにもつらい時は、別れを言われるよりは「自分から言ってしまう方が100倍楽」です。

お互いの関係が膠着状態のとき、彼の方から先に「別れよう」と言われたら、あなたが感じるショックは想像以上です。

まるで顔面パンチを喰らったかのような痛手を負うことになります。

あなたは彼から「二人の関係を終わらせる」というような先手を打たれたため、身もふたもありません。

完全に方向を見失った紙飛行機のようで、体制を立て直すのに相当時間がかかるでしょう。

これに対し、自分から別れを言ったらどうなるでしょうか。

ありったけの勇気を振り絞って、LINEするなり会って言うなりしてみてください。

別れることを言えたあなたは、羽が生えたかのように軽やかな気分になるのを感じるはずです。

一切の執着から解放され、まるで生まれ変わったようです。

しかし、こういうタイプの女性ばかりではありません。

彼への執着がある女性は、別れを言った後に自責の念に駆られることもあります。

「言わなきゃ良かった」と。

彼のレスポンスが意外にあっさりしていたり逆に引き止められた時、かなり動揺してしまうためです。

でも、あなたの行動は間違っていません。

こういう時こそ、自分の勇気を褒め称えてあげてください。

これが「次へ進むための重要なポイント」です。

既読スルーや音信不通は不毛でしかないので次に行く

彼とLINEのやりとりが激減している中、既読スルーばかりだったり音信不通になりかかってるなら、それはすでに不毛な関係です。

「次」に行くしかありません。

そこへとどまっていたら、あなたの大事な人生はグレーに染まったままでしょう。

この世に生まれてきたからには、あなたオリジナルの美しいバラ色の人生にしなければなりません。

しかし既読スルーや音信不通は「彼のやる気のなさの現れ」です。

あなたとの未来のことはもちろん、わずか先のデートのことですら彼はもうそういう気持ちにはなれないのです。

冷却期間を置くのもあまり意味がありません。

冷却期間を置いた後、結局あまり変わらない状況だったとしても、その時間は永遠に戻ってはきません。

時間を元に戻すことはできないし、実にもったいないことです。

不毛な関係を断ち切り前へ進みましょう。

自ずと道は開けていきます。

「復縁脈あり」は、彼の気持ちを聞いたら逆に彼から聞かれた時

彼の気持ちを聞いた時、逆に「お前は俺のことどう思ってる?」と聞かれたら、驚くなかれ「復縁あり」です。

「私が先に聞いたのだから!」と、あなたは意地になってでも彼の気持ちを先に聞きたいところでしょう。

でもその意地を通してはいけません。

これはちょっとした駆け引きのようなものです。

あなたは彼の気持ち次第で自分の気持ちを変えようとしていますが、実は彼の方もあなたの気持ち次第なのです。

二人の関係がギクシャクし始めたあたりから、お互いにどう思っているのかを確かめなくなっていたはず。

だからこそ彼は、あなたが自分のことをどう思っているか知りたいのです。

あなたが彼と再び恋仲になりたいのなら、別れるかどうかの瀬戸際のこのワンチャンを逃すわけにはいきません。

彼に聞かれたら、はっきりと言いましょう。

「あなたが好き」と。

「今までも好きだったし、これからもずっと好きでいたい」と言ったとき、彼はどんな反応を示すでしょうか。

態度に表すことはなくても、迷いのないあなたの本心を確かめられて満足します。

大きな溝があった二人の関係も、徐々に修復されていくでしょう。

しかし注意すべき点は、彼がモラハラ系の場合です。

きっとそんなふうに言ったら笑われてしまいます。

モラハラ男に、素直な愛情表現はNGです。

「ふん!」と言わんばかりの態度で、モラハラな彼をさらに超えるようなモラハラドS女を演じてみてください。

復縁は無理かも。今まで感じたことがなかった彼のネガティブな本性が出た時

復縁はちょっと無理かな、と思えるのが、今までに感じたことがなかった彼のネガティブな本性を垣間見た時です。

そこで見たものは、あなたが今まで思っていた彼とは全く違う人格の人です。

たとえば彼が「今までデートで出した金やプレゼントしたものを返して」と言ってくる場合があります。

ちょっと信じられませんが、実際にこのように豹変する男性もいるのです。

あるいは、一生懸命作った食事をその時は喜んで食べていたのに、つい最近では「食べたくないのに無理に食べさせられた」のような。

このように驚くような事例がいくつも報告されています。

この時の彼の心理は、理性を失った状態です。

自暴自棄になっていたり、感情のコントロールができていません。

なので普通では考えられないような、理不尽な態度になってしまうのです。

最低限の理性を保てない彼なら、この先、未来に希望は持てません。

ケンカすることが増えたら、今後もお互いに傷つけ合うだけ

自分から別れを切り出した方がいいのは「ケンカすることが増えた時」です。

ケンカはお互いを傷つけ合うだけです。

たとえ傷つけあってもその後、きちんと和解できるなら理想のパートナー同士として成長しあえます。

しかし和解しないままズルズルと関係を続けているなら、お互いの足を引っ張りあっているということです。

またケンカは繰り返せば繰り返すほどますます激しさを増すもので、そのたびにお互いを傷つけ合ってしまいます。

さらにひどい状況を作り出さないうちに、見切りをつけた方が良いでしょう。

あなたから別れを切り出すことが重要なのは、もう一つ理由があります。

それはカオスな状況から一歩引くことで、お互いに冷静になれるというメリットがあるためです。

冷静になれば「本当に必要なのは彼女だった」と、彼が気づくこともできるのです。

本当にもうやり直せないの?はっきり別れを言わない彼と復縁するステップ

結論を先延ばしにすればするほど解決が遠のく

別れるのかそれとも復縁するのか彼がはっきりしない場合、結論を先延ばしにすればするほど解決は遠のきます。

答えを待っているだけでは、永遠に解決しません。

本当にやり直したいなら、あなたから行動に出る以外残された道はないのです。

このように二人の関係が頓挫している時こそ、突破口になれるのはあなただけです。

方法はいたってシンプルで「私はこうしたい」ということをまず彼に伝え、彼には「これからどうしたいか」を聞きます。

たったこれだけで良いのです。

あなたの真剣さに、彼はおそらく心を揺さぶられるはずです。

フェイドアウトしようと思っていたけれど、その気持ちにもストップがかかります。

男性はめんどうな話し合いが苦手と知っておく

復縁を目指す前に「男性はめんどうな話し合いが苦手」ということを知っておく必要があります。

過去、彼との関係が思うようにいかないからと、彼に詰め寄ったり、ダメ出しをしたことはありませんか?

あなたが「こんなことで?」と思うようなことでも、男性は簡単に傷つき自信を失くします。

もしかするとあなたの言葉に傷つき自信を失くしたことが、はっきり別れを言わない原因だったのかもしれません。

愚痴や不満を言われっぱなしだったら、彼は反論する気にもなれなかったはずです。

またあなたとの付き合いに魅力を感じなければ、別れたいと感じるのは関の山です。

復縁に向けてコンタクトをとる際も、彼が「めんどくさい」と思うような展開にならないよう気を付けましょう。

彼は今までさんざん、めんどくさいシチュエーションに我慢してきました。

またあなたからめんどくさい話をされたら、おそらく彼の中で「別れは決定的」となってしまいます。

今までの付き合い方を見直してみる

彼との付き合い方を見直すのは、復縁へのステップには欠かせません。

音信不通ぎみや、別れたいのかはっきりしない時、たいてい彼は何かを考えています。

多くの男性たちは何か問題が起きた時、一人で殻に閉じこもり思案にくれます。

誰かに相談することもありますが、ほとんどの場合、自分だけで解決しようと試みるのです。

彼女との間が気まずい状態なら、そのことを一番に考えます。

「どうしたらうまくいくんだろう」と考えることが多いですが、残念なことに「別れたい」と考えていることも非常に多いです。

このような状態の時こそ、今までの付き合い方を見直すチャンスです。

彼が「別れたい」と考えるのは、その恋愛関係に多少息苦しさを感じているから。

彼はもっと風通しの良い関係を望んでいるかもしれません。

でもあなたはいつもベッタリでいたいなら、二人の考え方には天と地との差があるわけです。

これではうまくいくわけがありません。

お互いに心地よい恋愛関係を築くには「見直し」は必要で、そのためにお互いに黙っていてはいけません。

あなたからコミュニケーションをとるようにし、彼の本音が出るよう、彼の話を聞く側に徹してみてください。

どんな風に付き合ったらお互い心地良いか、それを探るのです。

こうすれば別れる必要などなくなります。

さらに今までより二人の関係は、もっとうまくいくでしょう。

彼に別れを告げるのは復縁のための戦略。連絡がくるようなら様子を見る

あなたから別れを告げるのは、復縁のための戦略です。

別れたい気持ちは無くても、いったん別れを告げましょう。

あなたの気持ちや細かい理由などは言わない方が良いです。

ごく簡単に「別れよう」だけでOKです。

しかしその後、間違いなく彼から連絡が来ます。

彼から連絡が来た時、あわてたり飛び付いたりせず、まずは様子をみましょう。

いつも通りの明るさで、さりげない返信を心がけてください。

彼は何か用事を見つけて連絡してくることが多いのですが、一番の目的はあなたの様子を知ることです。

彼は「俺のことを嫌いになったのだろうか」と不安になっています。

しかしあなたの気持ちを聞いてくるようなことはしません。

これは、別れたことでお互いに線引きした関係になっているためです。

このように少し距離をおいた関係が、復縁には重要なのです。

彼はじっくりと二人のことを考える時間ができたし、そのおかげであなたへ連絡することを決めたわけです。

順調にいけば、その後もLINEをやり取りなどが普通にできるようになるはずです。

男らしくはっきりして!はっきり別れを言わない彼に別れを言わせる方法

「私は別れても傷つかない」とはっきり宣言する

どうしても彼に別れを言わせるなら「私は別れても傷つかない」とはっきり宣言します。

本気で別れたいと考えている彼なら、この宣言を聞いたあとちょっと安心します。

なぜなら、自分が別れを告げた時、彼女が傷つくことを何より一番に恐れているからです。

あなたの「傷つかない」という言葉を信じ「わかった、別れよう」と言われるかもしれません。

しかし逆に「何言ってんの?」と言われてしまうこともあります。

彼に別れる気がない場合、彼女のセリフに気が動転します。

「そうか、俺はそんなに彼女を不安にさせていたのか」と反省します。

このような場合なら、二人が再び寄り添えるようになるまでそれほど時間はかかりません。

あなたがすっかり吹っ切れて自然消滅もアリなら、無理に別れを言わせなくてもOK

彼のことがすっかり吹っ切れているなら、彼に無理に別れを言わせなくても大丈夫。

自然消滅もアリと考えていたり復縁しなくてもいいと思うなら、彼をそっとしておきましょう。

このような時、あなたは彼への執着がありません。

「なるようにしかならない」とか「彼は彼の考え方がある」というように振り幅を広げた考え方ができるようになると、執着が外れ、あなた自身、とても楽になるのです。

不思議なことにこのような精神状態になると、突然相手が何らかのアプローチをしてくることがあります。

今まで何の音沙汰もなく、別れるのか、それとも続行するのか分からなくてヤキモキしていたとしても、暗雲が一気に吹き飛ぶような感じです。

例えば「厳格なダイエットをしている時はびくともしなかった体重が、ダイエットをやめたと同時に体重が落ち始める」そんな感じです。

無理に動かそうとしても動かないものは、放っておいた方が良いのです。

彼との仲も、一時的に放っておいた方が解決は早いです。

彼への想いをうまく断ち切ることができると、今度は彼があなたのことが気になって仕方がなくなるのです。

「男らしくはっきりして!」と迫ったら、硬く口を閉ざしてしまう可能性大

「男らしくはっきりして欲しい」と思っていても、それを口に出して彼に迫るのはNGです。

彼はきっと固く口を閉ざしてしまうでしょう。

このような形で彼に迫ってしまうのは、感情が先走った証拠です。

感情が先走ると冷静な判断ができません。

彼が口を閉ざしてしまうのは「感情的になった人に説明する必要などない」と考えるためです。

男性たちの多くは彼女から叱られたり責められたら、必ず逃げ道を探します。

「男らしくはっきりして」と言われても、何のことかさっぱり分からないし「男らしくってどういうこと?」と、混乱するばかりなのです。

この時点であなたへの熱はほぼ冷め切っていて「一刻も早くこのめんどうな状況から逃げたい」と考えています。

「この先のことを考えるとどうなんだろう?」と、自分主体で独り言のように彼に話しかけてみる

彼に別れを言わせるためには、自分主体で独り言のように彼に話しかけてみることが効果的です。

たとえば「この先のことを考えるとどうなんだろう?」というように。

また「うちらに未来はあるのかな?」とか「潮時ってこういう状態なのかな」という感じです。

この方法によって、彼は二人に置かれた状況をじっくりと考えることになります。

出会った頃や仲が良かった頃に比べ、明らかに変わってしまった二人。

気持ちがすれ違いすぎて、やり直すのも大変かもしれない、そんな風に考えたら、次は「別れる」しかありません。

彼の口から「別れの言葉」が出ることは間違いないでしょう。

しかし例外もあります。

そこまで彼女に不安を感じさせていたことに対し、彼が「心から悪かった」と思うなら「やり直したい」と言ってきます。

「約束をドタキャン」を数回繰り返せば諦めて別れを告げてくる

彼に別れを言わせる最終手段が「約束をドタキャン」を繰り返すこと。

早ければ2回目のドタキャンで彼は諦め、別れを告げてくるはずです。

もうすでに彼とは音信不通ぎみなら、会う頻度もごくわずかでしょう。

そのわずかな会う約束を、思い切ってドタキャンするのです。

彼は「もうめんどくさい」という心境です。

めんどくさい状況から逃れるには「別れるしかない」のです。

あなたの方から「別離」というカードを切ったため、彼から別れようと言われてもそれほどショックは感じません。

泥沼化を避けるためには「もう別れよう」と自分から言う

泥沼化を避けるためには、あなたの方から「もう別れよう」ときっぱり告げることが大切です。

別れを告げる方はちょっとした勇気が必要なだけですが、別れを告げられた方はすさまじい激震が走ります。

つまり「先に別れを告げたもん勝ち」ということです。

仮に彼に別れを告げたとしたら、その時はあっさりと受け入れることでしょう。

しかしその後は、悶々としたり例えようのない苦悩を味わいます。

ところがあたなはスッキリ爽快な気分です。

次に、この逆のパターンを考えてみてください。

彼から想定外に別れを告げられたら、きっとかなりのショックを感じるはずです。

行き場のない怒りや悲しみに襲われてしまうでしょう。

ところが彼は気まずさを感じながらも、スッキリ爽快な気分です。

このように別れのプロセスには、両者のパワーバランスが働いているのです。

彼から先に別れを告げられて悔しい思いをしたくないなら、自分からさっさと見切りをつけた方がいいのかもしれませんね。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼がはっきりしなくても、それで良しとすることを学ぶ機会」

占い師 姫乃
彼がはっきりしないのは「はっきりさせたくないから」。

あなたが白黒はっきりさせたい性格なら、こういう彼と合わせるのはちょっと難しいかもしれないわ。

このようなカップルの場合、その他にも色々な場面で「合わないな〜」と思うようなことが多々あるもの。

もしあなたがこの恋愛から何かを学びたいと思うなら、彼がはっきりしなくても「それで良し」としてみて。

今までの観念が外れると、きっと彼ともうまくやっていけるはずよ。

苦しい気持ちが出てきたらいつでもこのページに戻ってきて。

あなたの心の支えになれるよう、これからも見守っていきますね。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事